2022年08月09日

R 山形県酒田市『本間美術館・開館75周年記念企画展/江戸時代の絵画〜百花繚乱の画家たちの競演〜』〜9/6まで開催中



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2022年8月9日(火)15:30〜
山形県酒田市『本間美術館』で開催中の『開館75周年記念企画展/江戸時代の絵画〜百花繚乱の画家たちの競演〜』へお伺いいたしました。

チラシのメインになっている岸駒『猛虎図』の大作は、本当に虎に襲い掛かられるような大迫力で、一見の価値がありました!

本間北曜、狩野探幽、土佐光起、尾形光琳、池大雅、与謝蕪村、伊藤若冲、曾我蕭白、円山応挙、長沢芦雪、森狙仙、岸駒、松村景文、慈雲、白隠慧鶴、仙厓義梵、逸然性融、即非如一、小野通女、清原雪信、伊東梅月ほか

東京でも、こんなオールスターが並ぶことはない、戦慄ものの企画展でした!!
さすが、本間家!





今回の展示で、私が一番感激だったのは、曾我蕭白(そが しょうはく)の『雑画巻』でした!
初めて、曾我蕭白の肉筆を見ることができて嬉しかったです。
曾我蕭白は、生き方も作風も衝撃的で、引き込まれます!
今回の『雑画巻』は、一部しか展示していませんでしたが、なぜか「カエルとタコ」が相撲をとっているというなんともユーモラスな絵でした。

本間美術館の田中章夫館長にバッタリお会いしたので、「曾我蕭白の作品が面白かったです!」とお伝えしました。
館長曰く、「曾我蕭白の作品にしては、おとなしい作風ですが、面白いですよね。カエルとタコは、おそらく何かを風刺して描かれたものだと思います」とのことでした。
なるほど〜!「曾我蕭白は、何を風刺したのか?」と想像しながら作品を見てみるのも大事なんですね!





私は、密を避けるために、夕方にお伺いしたのですが、他の来館者がいなくて驚きました!
「第7波の影響で、来館者数が少ないんです」と、田中館長が肩を落としていらっしゃいました。
これだけ素晴らしい展示内容なので、県外から訪れたいという声はあっても、新型コロナウイルス感染症のためお伺いできないという連絡ばかりとのこと。
「行動制限のない夏」ということになっていますが、美術館を訪れる客層は、自主的に行動制限をされていらっしゃるようです。
9月6日までの展示なので、第7波が早く収束して欲しいと願うばかりです。





素晴らしい江戸時代の絵画と、この国指定名勝庭園『鶴舞園』を独り占めして楽しんだことを東京在住の書家・岡本光平先生へメールでお伝えしました。
「あり得ないね、そんな贅沢!東京の国博なら一部の人間は大騒ぎだ!」とのお返事をいただきました。
改めて、本間様に感謝しなければ!という気持ちになりました。





本間美術館の正面に、私がデザインさせていただいた『河村瑞賢』ののぼりが立っていたので、記念にパチリ!
とっても嬉しいです♡



↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
  


Posted by Rico at 23:58Comments(0)DESIGN/ART

2022年07月28日

R 夏は冷抹茶2!山形県酒田市『東根菓子舗』夏の上生菓子&『京絵付けガラス/小手鞠窯』ガラス抹茶碗(青もみじ)



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

昨日に引き続き、『夏は冷抹茶2』です!
ガラスの抹茶碗をもう一つ注文しました。
遅れて届いたのが、こちらの『京絵付けガラス/小手鞠窯』さんの『青もみじ』のガラス抹茶碗です♪

こちらは、上品な京絵付けの華やかさと清涼感が気に入って購入いたしました。
実際に冷抹茶を点ててみると、素敵なクールジャパンの世界が楽しめるガラス茶碗でした♡

山形県酒田市『東根菓子舗』さんの夏の上生菓子『朝の庭』と共にいただきました。
清々しい夏の朝の光景が目の前に広がりました。
そして、和菓子も冷抹茶もおいしくいただきました。




↑『涼風』という瓢箪の形をした寒天菓子です。




↑『すず風』という風鈴の形をした上生菓子です。




↑『朝の庭』という朝顔の蕾の形をした上生菓子です。
よくみると茶巾で絞って形を作っているのがわかります。
そこに、つると葉が添えられてありました。
大胆にして、繊細なデザインが、和菓子の魅力だと思います。
もちろん、食べておいしいのも、たまりませんね♡




↑小手鞠窯さんからのプレゼントの箸置きです。
京絵付けですが、花はガラスの上部に描き、葉はガラスの底に描かれてあるため、とても立体的に見えて素敵です。
ありがとうございました。

ガラス抹茶碗といっても、作り手によっていろんな個性があります。
今回は、大好きな青もみじのガラス抹茶碗を手に入れることができて、とても嬉しいです♡
この夏は、クールジャパンをおもいっきり楽しみたいと思います♡



↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ  


Posted by Rico at 23:58Comments(0)FOODDESIGN/ART茶の湯

2022年07月27日

R 夏は冷抹茶!山形県酒田市『東根菓子舗』の夏の上生菓子&東京『吹きガラス/なかむら硝子工房』のガラスの抹茶碗(白)



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

『夏は冷抹茶!』
ということで、かねてから欲しかった東京『吹きガラス/なかむら硝子工房』さんのガラスの抹茶碗を購入しました♡
いやぁ〜!購入してよかったです♡
冷抹茶は、やっぱりガラスの抹茶碗が涼やかでいいですよね〜♪
とっても気に入りました♡





こちらは、山形県酒田市『東根菓子舗』さんの夏の上生菓子『西瓜薯蕷(すいかじょうよ)』です。
山芋入りのまんじゅう生地のため、もっちりとした食感です。
ぱっくり割った瞬間、スイカ割りが命中した時のような感激がありました!(笑)
黒ごまでスイカのタネを表現しているところがいいですね〜!
和菓子職人さんの遊び心溢れる夏らしいおまんじゅうですね♡
思わず笑顔になりました♡





こちらの箸置きは、『なかむら硝子工房』さんからのプレゼントです♪
さわやかでいいですね〜♪
私は、夏の小筆置きとして使わせていただきたいと思います。

『ガラスの抹茶碗』に、手書きのお手紙も添えられてあり、とても嬉しかったです。
心を込めて作られていることを感じ、この『ガラスの抹茶碗』を生涯大切に使わせていただきたいという気持ちになりました。

ガラス職人さんと和菓子職人さんが、素晴らしい技術で手作りしてくださったおかげで、本日は、至福の一服をいただくことができました。
素敵な夏のティータイムに感謝いたします♡



↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ  


Posted by Rico at 23:56Comments(0)FOODDESIGN/ART茶の湯

2022年07月21日

R 酒田市美術館『平山郁夫〜シルクロードと奥の細道〜』&市民ギャラリー『篆刻・刻字/篁翠会会員展』



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2022年7月21日(木)夕方
酒田市美術館で、8/28まで開催されている『平山郁夫〜シルクロードと奥の細道〜』へ足を運ばせていただきました。

平山郁夫先生は、広島にて被爆し、その後遺症に苦しめられ、やがて「仏教伝来」を初めとする平和を願う作品を多く描くことになられたことを知りました。

本物を肉眼で鑑賞できる機会をいただいて、とてもありがたい気持ちでいっぱいになりました。
印刷物や映像では、残念ながら、金や銀などの作品の真の輝きは伝わりません。

シルクロードの雄大な作品は、いつまでも見ていたいという気持ちになるものばかりでした。




奥の細道シリーズでは、羽黒山五重塔、湯殿山、慈恩寺、平泉など、私が訪れたことのある親しみのある作品が並び、こちらも見応えがありました。

 現在、私の仕事で、絵本を描くお仕事をいただいております。
平山郁夫先生をリスペクトしたイメージで描いてみたいという気持ちになりました。
素晴らしいタイミングで鑑賞させていただけたことに、心より感謝いたします。




酒田市美術館は、夕方になると比較的空いています。
ゆっくりと鑑賞されたい方や感染症対策には、夕方がオススメです。




市民ギャラリーでは、7月24日まで『第26回 篆刻・刻字/篁翠会会員展』が開催中でした。
会員のみなさんの力作ぞろいで、こちらも、大変見応えがありました。

「篆刻は、手が痛くなるのでやめました」と、副会長の渡会さんへお話しをしたところ、「手は痛くなりませんよ!それは、力が入りすぎているんだと思います」とおっしゃられました。
「手が痛くならないんだったら、やりかけの篆刻があるので、再チャレンジしてみようかな?」と思いました。


新型コロナウイルス感染症の第7波が本格的になってしまいました。
全国で18万、東京で3万人以上の最多感染!

この夏は、県外への外出を控えて、絵や書、そして篆刻などの制作を楽しみたいと思います。



↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ  


Posted by Rico at 23:58Comments(0)DESIGN/ART

2022年07月13日

R 2022年『サライ8月号』大特集「俳句」で人生を豊かに・現代書家の岡本光平先生が4ページ掲載されました!



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

日頃、大変お世話になっている現代書家の岡本光平先生が、2022年『サライ8月号』に4ページ掲載されました!

大特集『「俳句」で人生を豊かに』では、俳句プレバトで有名な夏井いつき先生の解説がメインで、俳句初心者でもとてもわかりやすくて勉強になる内容でした。
岡本先生は、『「俳画」書中見舞いや季節のしつらいに俳句をしたためる』というテーマで解説されていらっしゃいます。




岡本先生のプロフィールは、かなり短めで紹介されてありました。




岡本先生は、今回、書に自信がない人への「俳画」をお勧めされていらっしゃいます。
「これなら、私にも書けそう」という遊び心満載の内容です。

ここに、岡本先生の優しさがあふれています。
岡本先生の表現の幅は、すごいですね!
勉強になります。





特集『旨い「メロン」を食べくらべ』も、興味深く読ませていただきました。
いろんなメロンの産地やおいしいメロンの切り方など、ためになる内容でした。




こちらの千疋屋総本店のマスクメロン桐箱入り(1.3kg)1個が、17,280円〜という金額に衝撃を受けました!
ブランド力ってすごいですね〜!

メロンの産地・庄内人の私には、想像がつかないお値段でした。
安くておいしいメロンをいただける環境に改めて感謝いたします♡
今が旬の『庄内砂丘メロン』は、最高に旨いです!
もっともっと全国的に知られてほしいと切に願っています。


それから、『サライ8月号』の特別付録は、『若冲・お散歩財布』でした。
サライらしい付録ですね!


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ  


Posted by Rico at 23:58Comments(0)SHODESIGN/ARTNEWSBOOK

2022年07月05日

R 歌・パーカッション&エレクトーン『旬風』のロゴデザインをリニューアルしました♪



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

歌・パーカッション&エレクトーン『旬風』のロゴデザインをリニューアルしました♪





2021年8月16日、酒田市内『毘夛汎(ピーターパン)』にて、現代書家の大先生から、『旬風』と書いていただきました。

『旬』の真ん中にまるで♪♪が並んでいるみたいで、とても気に入りました。
ながめているだけで、楽しい音楽が聴こえてくるような見事な書に感激しました♡
さすがですね!

私の膝がようやく復活し、この夏の『旬風』の活動再開をきっかけに、こちらの新しいロゴを使わせていただきます♪





たくさんの方々から応援をいただいたおかげで、3年ぶりに『八雲神社/キウリ天王祭』の『星空の音楽会2022』で演奏をさせていただけることに心より感謝を申し上げます。

7月15日は、きゅうりをご持参の上、是非ともご利益をいただいてほしいと願っています。
酒田伝統の夜会式をみんなで楽しみましょう♪




↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ  


Posted by Rico at 23:58Comments(0)SHODESIGN/ART旬風

2022年06月20日

R 山形県鶴岡市『レストラン モナミ/東京第一ホテル鶴岡』&『出羽ノ雪酒造資料館』ミュージアムスタンプラリー!



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

先々週の木曜日のこと。
東京第一ホテル鶴岡1Fの『レストラン モナミ』さんで、ランチをいただきました。
私は、週替りランチ「チキンソテーのレモンクリームソース」にしました。
「シーフードドリア」も、おいしそうでしたよ!




食後に、山形県鶴岡市大山の『出羽ノ雪酒造資料館』へ初めてお邪魔させていただきました。




杉の葉で作られたこの丸いものは、『酒林(さかばやし)』と言って、年に1度、新酒ができたことを知らせるために作られるそうです。




『酒林(さかばやし)』の詳細が書かれてありました。




資料館には、江戸時代からの酒造り方式、道具類、稲株資料、米作り関連資料などが展示されていました。
私が、特に感激したのが、歴代の内閣総理大臣の直筆で、『国酒』と書かれた色紙の展示でした!
もちろん、現在の岸田文雄首相の色紙もありました!
隣は、ガースー!その隣は、アベノマスクの人!(^^;
字には、人柄が表れて、面白いものですね!
このコーナーは、ずっと見ていられるほど、飽きませんでした!
一見の価値がありますので、ぜひ!

龍の水受け?は、外にあったものです。




こちらは、試飲即売コーナーです。
私は、運転手だったので試飲しませんでした。
ここは、資料館とは別棟で、入場無料です。
試飲して、購入できる場所ということで、これはいいですよね!




酒井家庄内入部400年記念『ミュージアム スタンプラリー』がコンプリートしました!
1.致道博物館
2.出羽ノ雪酒造資料館
3.本間美術館
4.今井アートギャラリー

この企画をやっていたおかげで、今回初めて『出羽ノ雪資料館』へ足を運ぶきっかけとなりました。




『ミュージアム スタンプラリー』の記念品として、こちらのエコバッグを頂戴しました。
このほか、名産品などが抽選で当たるそうなので、年末を楽しみにしています。
期間は、今年の11月30日までなので、もう1枚集めてみようかなと思っています。
まだまだ行ったことのないギャラリーがありますので、これを機会に訪れてみたいと思います。


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ  


Posted by Rico at 23:57Comments(0)FOODSHODESIGN/ARTTRIPNEWS

2022年06月16日

R 『草木染工房/瓶屋(かめや)』(山形県山形市)の染料畑で採れたお花たち&葉っぱの便箋



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

先週、Ricoママと二人で新潟へ行っている間に、山形県山形市の 『草木染工房/瓶屋(かめや)』さんから、お花がたくさん自宅に届いていたので驚きました!!

帰宅してから撮影したので、ベストな状態で写真を撮ってあげられませんでした。ごめんなさいm(_ _)m





瓶屋さんからのメッセージカードには、
「当店をご利用いただきありがとうございます。
染料畑で採れた花をお贈りさせて頂きます。
無農薬栽培ですので、稀に虫達が遊んでいる事も御座います。
どうぞ、御了承くださいませ。
 草木染工房 瓶屋」
とありました。

瓶屋さんらしさが溢れていて、今年の4月に『瓶屋』さんへお伺いした日のことを鮮明に思い出しました!

自分達の手で耕した畑で、大切に育てたお花たち・・・思いが伝わるお客さんへ届けたいというあったかい気持ちが伝わってきました。
無性に、あの素敵な瓶屋さんご夫妻にお会いしたい気持ちになりました。





こちらは、5月に瓶屋さんから頂戴したお手紙です♪
なんと、葉っぱの便箋でした!
しかも、葉っぱにさりげなくリボンがついているところが、「瓶屋スタイル」だと思いました!素敵すぎます♡
センスがぶれない瓶屋さんからは、学ぶことばかりです。

いい出会いをさせていただいたことに感謝いたします。
春に購入させていただいた『紅花二色染めのスカーフ』は、シルクの肌触りがとてもよくて、とても気に入っています。
今度は、夏向きの涼しげな色合いのスカーフが欲しいなぁ〜と思っています。

まずは、たくさんお花を頂戴し、この度は、誠にありがとうございました。




↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ

  


Posted by Rico at 23:50Comments(0)DESIGN/ARTNEWS

2022年06月11日

R 映えスポット!日本三大渓谷/新潟県『清津峡渓谷トンネル』へ行ってきました♪



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2022年6月7日(火)
宿泊させていただいた新潟県岩室温泉『小さなお宿 小松屋』のご主人から、おすすめスポットとしてご紹介いただいた日本三大渓谷/新潟県『清津峡渓谷トンネル』へ行ってきました。

ここは、インスタ映えスポットとして、大人気です!
私も、SNSで見たことはありましたが、新潟県だったとは、知りませんでした。

『清津峡渓谷トンネル』とは、清津峡の景観を楽しむために作られた「歩道トンネル」で、全長750mありました。
途中に3つの見晴所があり、最終地点が、こちらの『パノラマステーション』でした。
清津峡を反転して映す「水盤鏡」が不思議な世界を作り出します。
まるで、アートですよね!

ちなみに、この写真のカメラマンは、Ricoママです!!!
Ricoママと一緒だったおかげで、こちらの記念写真が撮れました♪
わざわざ足を運ぶべき価値のある場所でした〜!




トンネルの見晴所からは、轟音を立てながら流れるワイルドな景観を楽しむことができました!




こちらは、第3見晴所です。
ナウシカの王蟲(オーム)を思い出してしまうようなデザインのトンネルになっていました。
こちらもアートで面白いですね〜!




こちらは、第2見晴所です。
白と黒の大胆なストライプでワクワクする空間になっていました。
中央のカプセルは、トイレになっていました!
興味があったので、中に入ってみると・・・中から外が丸見えでした!(笑)
鏡のようになっている外からは中は全く見えません!
遊び心があっていいですね〜♪




『清津峡』には、「清津薬師堂」がありました。
『雲洞庵』の第40世和尚様が、ここに上杉謙信公縁りの「薬師如来像」を清津峡の守りとして安置されたことが記載されてありました。
この後に、『雲洞庵』へ伺う予定だったので、『清津峡』と関連があることを発見して嬉しかったです。




こちらが、「清津薬師堂」です。




この日は、時折強い雨が降る日でした。
ところが、車から降りると、不思議と雨が止み、天からありがたいおもてなしをいただきました。
新緑の清津峡の美しさを目に焼き付けました♡
Ricoママも清津峡の素晴らしさに感激していました。

素晴らしい映えスポットを教えていただいたことに感謝いたします。
アートなトンネルの演出は、とても勉強になりました。
トンネルの入坑料は、大人1,000円でした。
繁忙期は、事前予約が必要とのことです。
繁忙期は、ものすごい人混みになるようです。
要注意ですね。



↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ

  


Posted by Rico at 23:55Comments(0)DESIGN/ARTTRIPSNSRicoママ

2022年06月08日

R 越後一宮『弥彦神社』にて、Ricoママの病気平癒&デザインオフィス キャットミントの商売繁盛の御祈祷



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2022年6月6日(月)
越後国(新潟県)で一番社格の高い「一宮」の称号を与えられる『弥彦神社』へ、Ricoママの病気平癒&デザインオフィス キャットミントの商売繁盛の御祈祷に行ってまいりました。

『弥彦神社』は、創建から2,000年以上の歴史を有し、万葉集にも歌われている由緒正しい古社です。




新緑の美しい季節に訪れることができて嬉しかったです。
車から降りると雨が止みました。




隋神門がようやく見えてきました。
平日のためか、参拝者はまばらでした。




社殿から、ものすごいエネルギーを感じました。
清められた境内の凜とした空気感で、気持ちがシャキッとしました。





拝殿の脇には、たくさんの酒樽が奉納されてありました。
明治の大火後、大正5年に再建された社殿とのことです。





こちらが、御祈祷受付所です。
拝殿の中で、Ricoママの病気平癒&デザインオフィス キャットミントの商売繁盛の御祈祷をしていただきました。
拝殿内は、撮影禁止でした。
素晴らしい佇まいと巫女さんの美しい所作に感激でした。
私たち二人のために、御祈祷していただいて、ありがたい気持ちでいっぱいでした。





御祈祷後にお札やお守りなどいろいろといただいてまいりました。
この度、新しいスタッフと共に、お仕事をさせていただくことになりました。
御祈祷していただいたおかげで、気持ちよくスタートできます。
商売繁盛となるように努めます!





弥彦神社から御朱印もいただいてまいりました。

Ricoママの新潟大学医歯学総合病院への受診のおかげで、弥彦神社へ二人で参拝することができました。
緑内障の手術を受ける覚悟をしていたRicoママでしたが、診察の結果、その必要がなくなり、とても晴れやかな気持ちで参拝させていただきました。
とてもよき思い出となりました。心より感謝いたします。


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ  


2022年05月24日

R 緑に囲まれたレストラン『オーブンカトウ』&羽黒・芸術の森『今井アートギャラリー/殿様の書』展へ行ってきました♪



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2022年5月20日(金)のこと。
酒井家のお殿様の書展が、羽黒・芸術の森『今井アートギャラリー』で開催されているとのことで、Ricoママと一緒に足を運びました。

まずは、腹ごしらえということで、ギャラリーの隣にあるレストラン『オーブンカトウ』さんでランチをいただきました。




「ネコがいます」の看板があったのですが、残念ながら、姉妹のニャンコちゃん達は、お散歩中で不在でした。
会えなくて、Ricoママはがっかりでした。




広くて、木のぬくもりのある店内でした。




私は、『ラザニア』。
Ricoママは、『焼きカレー』をオーダーしました。

グツグツアッツアツが運ばれてきました♡
ほっこりするお味噌汁がかなりポイント高かったです♪




ひき肉たっぷりのミートソースにたっぷりのベシャメルソースで、とってもおいしかったです♡




ランチメニューです。




こちらは、『今井アートギャラリー』の入り口です。




『殿様の書』展を拝見させていただきました。




威風堂々とした書の酒井忠篤公。
日本画の酒井忠宝公。
優美な書の酒井忠明公。

そして今回、初めて酒井忠良公の書を拝見させていただきましたが、圧倒されました!




「墨客」としての酒井家というサブタイトルが風流で素敵ですね!
私も、書は、「墨客」として楽しみたいという気持ちになりました。




今井繁三郎氏の大作が展示されてありました。

この土蔵の建物は、江戸中期(元禄年間)に鶴ケ岡城に近い鶴岡市山王町に建てられたものです。
今井繁三郎氏が、自己の画業を収納・展示するために買い受けて移築しました。
2016年に「今井アートギャラリー」としてリニューアルしたそうです。

雪のため冬期休館となりますので、緑の美しい季節に、足を運んでみてはいかがでしょうか?


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ  


Posted by Rico at 23:53Comments(2)FOODSHODESIGN/ARTTRIPRicoママ歴史・史跡

2022年05月13日

R 大谷翔平選手のふるさと『奥州市伝統産業会館キューポラの館』で南部鉄器の文鎮を購入しました!



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2022年4月12日(火)に、大谷翔平選手のふるさと『奥州市伝統産業会館キューポラの館』を訪れました。
目的は、『大谷翔平選手の握手像』だったのですが、売店で、自分用に南部鉄器の文鎮を購入しました。

今回の購入したのは、赤い桜の文鎮と牡丹の花の小さい文鎮です。
黒い南部鉄器の文鎮は、私が子供の頃、岩手へ行った時に、Ricoママから買ってもらった愛用の文鎮の裏面です。
南部鉄器の作り方に感動し、ずっしりと重厚な文鎮は、子供ながらに、本物を与えてもらえた喜びを感じていました。
文鎮の裏面には、芭蕉が中尊寺金色堂で詠んだ句が刻印されてあります。

「五月雨の降り残してや光堂」

今まで、あまりこの俳句のことは気にしていなかったのですが、先月、中尊寺金色堂へ伺ったことで、芭蕉の気持ちに共感しました。
おかげで、これまで以上に、この黒の文鎮に愛着を感じます。

これまで、様々の文鎮を使ってみましたが、南部鉄器の文鎮が一番です!
「絶対に紙が動かない」という安心感は、書に集中するためにも、とても大切なアイテムです。

私が幼かった頃は、こんなに赤い南部鉄器の文鎮はなかったように記憶しています。
おそらく技術の進歩の賜物なのでしょう!
記念に購入させていただきました。

『大谷翔平選手の握手像』としっかり握手し、パワーをいただいた思い出もプラスされた南部鉄器の文鎮で書を書ける喜びを感じています。



↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ

  


Posted by Rico at 23:58Comments(0)SHODESIGN/ARTTRIP

2022年05月10日

R 山形県鶴岡市『日本料理 村上』の姉妹店【酒肴 刻しぐれ】オープン情報!!!



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

10月オープン予定の【酒肴 刻しぐれ】様のロゴデザインをDesign Office キャットミントで制作をさせていただきました。

日本酒と創作料理のお店です。
ゆったりとした刻の流れを表現しました。

日本料理 村上様の姉妹店として、現在の東京第一ホテル鶴岡アネックス9階のフロアの一角に誕生します。

創作料理だけでなく、江戸切子などの器にもこだわった新しいスタイルのお店とのことで、今からオープンが楽しみです♡



↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ  


Posted by Rico at 23:58Comments(0)FOODSHODESIGN/ARTNEWS

2022年05月08日

R 山形県酒田市『尾川園』のハイミックス+ハイミックスソフトクリーム&『本間美術館/本間家伝来の宝もの・第一部』



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2022年5月8日(日)
山形県酒田市『尾川園』で久しぶりにハイミックス+ハイミックスソフトクリームをいただきました♡
抹茶・ほうじ茶・バニラ・いちごの4つの味を楽しめる夢のようなソフトクリームです♡
どの味もおいしくて、一気にペロリといただきました。

『尾川園』さんの店内では、Ricoママ大好物のおかきなどのお茶請けを販売していたので、母の日ギフトとして包んでいただきました。




『本間美術館』にて、本日5/8まで、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』の主役『北条義時』と源頼朝&義経の従兄弟『木曽義仲』の書状を特別展示しているということで行ってまいりました。
人混みを避けるために閉館時間近くになってから足を運んだところ、独占状態で拝見させていただくことができました。

北条義時の書状は、クセ字ではありながらも、意志を伝えるパワーのある筆跡でした。
木曽義仲は、意外にも繊細な印象の筆跡で驚きました。木曽義仲の真筆は、この一通しか残されていないとのことで、大変貴重な書状を拝見できてありがたかったです。
筆跡は、人の内面を写し出しますね。




庭園には、燕子花(カキツバタ)が咲いていました。
水中で咲いているので、燕子花でいいんですよね?
燕子花、あやめ、菖蒲と区別がよくわかりません!

来週には、ツツジが満開になりそうでした。
年会員になっているので、また足を運びたいと思います。




帰宅したところ、Ricoママが、ちらし寿司を作って待っていました!
「母の日だから、ちらし寿司を作った!」ということでした(笑)

『尾川園』さんのお茶請けギフトは、Ricoママのツボにはまり、とても喜んでもらえました。

ちらし寿司を食べながら、大河ドラマ『鎌倉殿の13人』を観ました。
えさし藤原の郷でのシーンもたくさんありましたし、今回は、何といっても、壇ノ浦の戦いでした!
源氏側から見たストーリーなので、平家物語で有名な「波の下にも都がございます」の言葉は登場しませんでした。
歌舞伎では、涙を誘う名場面なので、それがないのはちょっと味気ない感じもしましたが、無言で海に身を投じる方が、リアリティがありましたね。


ところで、本日の酒田市の陽性者数は52名という爆上がりで驚きました!
感染爆発で、酒田まつりが中止にならないことを祈るばかりです。




↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ  


Posted by Rico at 23:58Comments(0)FOODSHODESIGN/ARTRicoママ

2022年05月03日

R 『文四郎麩/ふ料理処 清居(せいご)』(山形県東根市)の『ふ料理・春懐石コース』& 『楯岡焼』(山形県東根市)



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2022年4月14日(木)のこと。
山形県東根市『文四郎麩/ふ料理処 清居(せいご)』さんにて、『ふ料理・春懐石コース』をいただきました。
昨年の秋懐石コースが素晴らしかったので、再訪問させていただきました。

一、食前

一、先付

一、盛り合せ
春らしく啓翁桜があしらわれてありました。
生麩のもちもち食感がたまりません♡

こちらの懐石コースでは、地元の『楯岡焼』の器を使用されていらっしゃいました。
この安定感のある箸置きがとても気に入ったので、食後に、『楯岡焼』の窯元へお伺いさせていただきました。




一、お吸い物
春の山菜の香りに癒されました。




一、会炎
お麩だけでなく、豆乳スープも美味しかったです。




一、雲片
こちらも春を感じる一品でした。




一、酢の物
いちごの甘酸っぱさを生かした春の酢の物でした。
見た目にも美しい♡




一、煮物

一、香の物 

一、飯物
おこわ
麩やきとり

一、留椀

精進料理とは思えない満足のいく内容でした。
お麩は、立派な代替肉になりますね!




一、お菓子
  麩まんじゅうor アイスクリーム

一、お抹茶

私は、アイスクリームにしたのですが、シナモンフレークのようなカリカリ食感にしたお麩がトッピングされていて、とてもおいしかったです。
お抹茶での〆は、嬉しいですね♡

今回も、大変おいしかったです♡
ごちそうさまでした。




文四郎麩さんから車で約10分のところにある『楯岡焼』の窯元を訪ねました。
文四郎麩さんの箸置きの在庫を少し分けていただくことができました。




私は、この箸置きを筆置きにして使わせていただいております。
小筆〜大筆まで、安心して置けるどっしりとした形が気に入りました。
これくらいの大きさの箸置きは、珍しいと思います。

そもそもこの箸置きは、文四郎麩さんが懐石料理を始められた約30年くらい前に楯岡焼へ発注したオリジナルとのことです。
お麩の形をイメージして作られたそうです。
なるほど〜!納得!!!
作家さんのお話しをお聞きすることができて良かったです。
そう言われると、これ見るたびに、文四郎麩さんのおいしい『お麩』のことを思い出して、お腹が空いてしまいそうですね!

文四郎麩さんのおかげで、初めて『楯岡焼』を知ることができました。
店内には、素敵な焼き物がたくさん並んでいました。
次回、改めて時間を作って再訪させていただきたいと思います。

4月14日は、山形県内のいろんな職人さんに出会わせていただいた素敵な一日でした。
これだけ、いろんな方にお会いすると、一つ一つ分けてブログへ投稿したいという気持ちになったことにご理解をいただけたらありがたいです。



↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ  


Posted by Rico at 23:43Comments(0)FOODDESIGN/ARTTRIP

2022年05月01日

R 『草木染工房/瓶屋(かめや)』(山形県山形市)・紅花二色染めスカーフ



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

いよいよ5月がスタートしました!
たまってしまった4月のネタがまだまだ終わりません!(笑)
ゆっくり一つ一つ丁寧にアップさせていただきたいと思いますので、お付き合いいただければ幸いです。

2022年4月14日(木)のこと。
山形県山形市の『草木染工房/瓶屋(かめや)』さんへお邪魔しました。
昨年、かみのやま温泉の時代屋さんに宿泊させていただいた時に、館内の和小物が素敵だったため、購入先のこちらの瓶屋さんをご紹介いただきました。

店内には、五月用の巨大なのぼりがディスプレイされてあり、素敵な癒し空間でした。
月山和紙を使用した瓶屋さんのオリジナル和紙カーテンの素晴らしさに感動しました。




店内には、たくさんの箪笥が配置されてありました。




引き出しの中には、たくさんの草木染めの商品が保管されてありました。




草木染め商品を日光から保護するために、このように箪笥の中で保管されているのだそうです。




瓶屋さんご夫妻です。
突然の訪問にも関わらず、紅花染めや染料畑のお話しをお聞かせいただきました。
家族4人で、染料畑を管理し、採れた草木で、鶴岡シルク・月山和紙・繭・麻を染め、スカーフや暖簾、小物などを制作・販売していらっしゃるそうです。
染料栽培からやっていらっしゃるとは、ただただ感動でした。
お二人の草木染めへ対する深い愛情が伝わってまいりました。
なんて素敵なご夫婦なんでしょう♡




紅花染めの希少価値を解説していただきました。
観賞用の紅花とこちらで栽培している「最上紅花」は、別物で、染料用の花の周りには、たくさんのトゲがありました。
トゲが指に刺さりにくい朝露のある夜明けに、家族全員で紅花の花部分を摘むのだそうです。
そんな苦労をしてまでも、自家栽培にこだわり、紅花染めを愛おしく思っていらっしゃるところが素敵でした。




貴重な紅花で染めたお守りです。
紅花から取れるの紅色の成分は、たったの1%で、残りの99%は黄色なんだそうです。
これだけの色を染めるだけでも、たくさんの紅花が必要だということを知りました。




鶴岡シルク100%の草木染めの大判のスカーフです。
絹の端は全て手縫いされたありました。
ミシンだと、染め替えしたときに、ミシン部分に染めが入らないため、全て手縫いされるそうです。

草木染めは、日光で色が褪せていくというデメリットをきちんと説明してくださいました。
色が褪せたら、好きな色に染め替えを何度でもできるのだそうです。
最終的には、黒に近いに色になるまで染め替えを楽しまれる方がいらっしゃるそうです。

なんて素敵な発想なんでしょう!
『経年劣化』ということではなく、『経年変化』を楽しむという発想に切り替えたら、草木染めほど素敵なものはない!と思いました。
日本人の美意識『侘び寂びの』世界感がここにありました!




タイミングよく、瓶屋さんの蔵の中を公開されていたので、拝見させていただきました。




これも、紅花染めなんですって!
こんなに濃いピンク色に染められた紅花染めを初めて拝見させていただきました。
どれだけの紅花の量を使ったのでしょうか?




こちらは、男の子用の袴です。
少し紅色を抑えて染めたそうです。




紅餅と烏梅です。
紅餅は、紅花の花弁を集めた染料。
烏梅(うばい)は、梅の実にススをまぶしたのちに乾燥させたもので、紅花染の中和の酸として使用するもの。クエン酸や酢で代用できるそうですが、昔ながらの烏梅も自家製にこだわっていらっしゃるそうです。




こちらは、お母様が作られた草木染め和紙のアート作品です。
コロナ禍以前は、東京で展示・販売をされていたそうですが、現在は、お休みされていらっしゃるそうです。




瓶屋さんの外観です。
軒下には、たくさんの紅花のドライフラワーが下がっていました。
ちょうど雨が降りはじめたため、ご夫妻がわざわざ傘をさして駐車場までお見送りくださいました。




瓶屋さんの看板です。
小さい看板なので、見落としてしまう方が多いそうです。
この看板の揮毫は、お父様とのこと。
家族4人で、仲良く楽しく草木染めを楽しんでいらっしゃることが伝わってきました。
何から何まであったかくてぬくもりのある瓶屋さんでした。
お世話になりまして、誠にありがとうございました。




こちらが、私のところへ嫁いでいただいた『紅花二色染めのスカーフ』です!
なんて繊細な色合いの紅花染なんでしょう♡
鶴岡シルクを使用しているということは・・・酒田市の「松岡」の製糸工場で作られたシルクということですよね!
地元の製糸工場で作られたシルク製品を身にまとう喜びを感じています。
これから愛用させていただき、草木染めの『経年変化』を楽しみます!
何年後かに、染め替えすることを楽しみしながら・・・

その前に、もっと時間を作って、瓶屋さんへまたお伺いさせていただきたいと思います。
今回、小物とかをあまり見ないでしまいましたので。




帰りに、瓶屋さんからいただいた紅花と藍のドライフラワーです♡
藍の花を初めて見ました!
藍色ではなく、赤紫色なんですね!
紅花の収穫後に、畑は、藍畑にするそうで、紅花と藍は、相性がとてもよい組み合わせなんですね!

紅花のドライフラワーを見て、思い出したことがあります。
私の21歳の誕生日の時に、お世話になっていたデザイン会社の社長さんから、紅花の大きな花束を頂戴しました。
その時にいただいたメッセージが、「若い時は、若いというだけで価値がある。年々若さという価値は減っていくのだから、年を重ねるとともに、教養を補っていかなければいけないよ」というありがたいお言葉でした。
無駄に年を重ねてはいないだろうか?
紅花染めのスカーフを愛用しながら、日々、自問自答したいと思います。



↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
  


Posted by Rico at 23:44Comments(0)DESIGN/ARTTRIP

2022年03月29日

R 東京・蒲田の鳥専門の弁当屋『鳥久』さんの『書家・岡本光平先生の小風呂敷&手ぬぐい』シリーズを頂戴しました♡



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

東京・蒲田の鳥専門の弁当屋『鳥久』の小原社長より、『書家・岡本光平先生の小風呂敷&手ぬぐい』シリーズ全13枚を頂戴しました♡
毎年、『鳥久』さんの初売りの時に、お客様へ『お年賀』として差し上げていらっしゃるそうで、過去の作品をかき集めて、私にプレゼントしてくださいました。(嬉)

これほど素晴らしいオリジナル小風呂敷を作って、お客様へ配っていらっしゃることに驚きました!
なんという大盤振る舞いなんでしょう!
これは、毎年楽しみにされているお客様がたくさんいらっしゃることでしょう!
庄内には、こんなお弁当屋さんは、ありません!

岡本先生自身、全部持っていないとのことでしたので、写真を撮って、データを残すことにしました。
写真データを綺麗に残しておけば、安心して使用することができます。
粋な小風呂敷や手ぬぐいなので、使って楽しみたいと思います。

小原社長、この度は、誠にありがとうございました。
大切に使わせていただきます。



私の一番のお気に入りの小風呂敷です♡



『蓮』という作品です。
まるでアートですね!



こちらは、岩絵をモチーフにした作品。



『質素』・・・じわじわきます!



『龍』・・・岡本先生は、書家ですが、魅力的な絵を描かれます!




『寒青』は、高倉健さんの座右の銘なんだそうです。



金銀で豪華です!
岡本先生に、なんんと書いてあるのかお聞きしてみます。


全作をアップするのは大変なので、ここまでにします。
岡本光平先生の自由で楽しい作品に感激しています。
今から、来年の小風呂敷or手ぬぐいを楽しみにしています。



↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ

  


Posted by Rico at 23:57Comments(0)DESIGN/ART

2022年03月21日

R 最高の春分の日2022♡『牛たん炭焼 利久 天童店』『天童織田の里歴史館/天童の雛飾り』『岡縁里ひなまつり』



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2022年3月21日(春分の日)なのに、月山道の雪には驚きました!




月山越えをして、まずは、腹ごしらえということで、イオンモール天童内の『牛たん炭焼 利久 天童店』へ。




コロナ禍になってから、仙台の利久へ行けなかったので、久しぶりに利久の牛たんにお腹が鳴りました。




じゃ〜ん!
『小福定食・極』をいただきました。
ミニ牛たんシチューを選びましたが、ほかには、ミニ牛たんカレー、ミニ牛たんトマトシチュー、ミニ牛たんキーマカリー(辛口)、ミニ牛たん坦(辛口)の中からチョイスできるようになっていました。
これは、とってもお得な定食でしたよ!

厚切りの牛たんは、歯ごたえよく、とても美味しかったです!
天童で、利久の極牛たんを食べられるって嬉しいですね♡
ごちそうさまでした〜♪




ところで、今日の目的は、『天童織田の里歴史館(天童市旧東村山郡役所資料館)』で、本日3/21まで開催の『天童の雛飾り』でした。




山形県指定有形文化財/天童市旧東村山郡役所資料館『天童織田の里歴史館』には、初めてお伺いさせていただきました。




元禄雛、享保雛、古今雛など、たくさんの種類のお雛飾りが展示されてありました。
私が一番の楽しみにしていたのが、こちらの押絵雛です!
押絵雛が立派なひな壇にこれだけの数が飾られていて、圧巻でした!
これは、すごい!!!




江戸期〜昭和30年代までの作品とのことです。



『織田藩と天童』という本を購入してまいりました。
天童織田藩は、織田信長の次男信雄を祖とする織田氏の宗家ということを初めて知り、とても驚きました!
なぜ、織田信長の肖像画が天童にあるのか?という謎がようやく解けました!
今回は、お雛飾りの見学が目的だったので、来月再訪して、天童織田藩の詳細をさらに知りたいと思っています。




『天童織田の里歴史館』のスタッフの方より、中山町『岡縁里(おかえり)』で、3/21まで開催のひなまつりの情報を教えていただいたので、すぐに移動しました。




こちらが、中山町『岡縁里(おかえり)・右』と『Orai(おらい)カフェ・左』の外観です。




中山町『岡縁里(おかえり)』の絢爛豪華な押絵雛です。
お雛様だけでなく、歌舞伎の押絵などが展示されてあり、躍動感があり、一見の価値がありました。
16年ぶりに展示されたそうで、最終日最終時間に滑り込みセーフで鑑賞させていただけたことに感謝いたしました。




こちらは、花魁道中の押絵でした。
素晴らしい押絵の数々を拝見させていただいたおかげで、来年の黒森歌舞伎押絵のイメージが出来上がりました!!!




中山町『岡縁里(おかえり)』は、『NPO法人 柏倉家文化村』さんが運営をされていらっしゃるそうです。
今日は、ピザ作り体験をやっていました。




こちらのピザ釜は、昨年、みなさんで手作りされたそうです。




『Oraiカフェ』の店内です。
こちらのカフェには、若いスタッフの方々がいらっしゃいました。




『Oraiカフェ』は、2020年までは、山形市旅篭町にあった建物をこの中山町へ移築されて、カフェとしてオープンされたそうです。
とても印象的な建物ですよね!
この春からは、金・土のみ、11:00〜15:00まで営業されるそうです。

詳しくは、こちら→https://minnanoibashookaeri.jimdofree.com/

天童市も中山町も、私にとって未開の地でした!
同じ山形県民なのに、全く知らなかったというのは、お恥ずかしい限りです。
まだまだ知らないことだらけということを知ることができてよかったと思っています。



↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ  


Posted by Rico at 23:57Comments(0)FOODDESIGN/ARTTRIP

2022年03月20日

R YAMAHAカレンダー2022



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

山形県酒田市『畠山楽器』さんから頂戴したYAMAHAカレンダー2022が、とても素敵です。
1・2月は、ホルンのパーツを並べた画像でした。

一つの楽器に、これだけたくさんのパーツがあるんですね!
パーツを並べただけなのに、美しい!!

さすが、楽器メーカーYAMAHAさんらしいカレンダーで、気に入っています。




3・4月は、スピーカーのパーツでした。
私が愛用しているスピーカー(YAMAHA HSスタジオモニター)のパーツだったので、興味津々で拝見しました。
1個のスピーカーに、たくさんの部品と技術がつぎ込まれていることを知り、ますますスピーカーが愛おしく感じられました。
本当に、このスピーカーは、いい音がしますよ!

楽器やスピーカーを作ってくださる方がいるおかげで、私たちは、音楽を楽しめるんですよね!
ただいま、音楽活動は、コロナ禍のため自粛していますが、個人的にエレクトーンを弾いて楽しみたいと思います。


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ  


Posted by Rico at 23:49Comments(0)DESIGN/ART

2022年03月07日

R 酒田市立資料館『雛と風流の世界・酒田商人のたしなみ』酒田雛街道特別ひなめぐり券・お雛さまに願掛け・絵札蒐集巡り



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2022年3月4日に、酒田市立資料館へ足を運びました。




酒田雛街道『雛と風流の世界・酒田商人のたしなみ』〜4月4日まで開催中です。
『庄内押絵』も展示されてあり、『黒森歌舞伎押絵』のデザイン制作を担当している私としては、とても興味深く拝見させていただきました。




酒田雛街道『特別ひなめぐり券』を利用すると本間美術館と本間家旧本邸が入館料割引になります。
QRをダウンロードして、古今雛のポストカードを頂戴しました。




『お雛さまに願掛けしよう』BOXが設置してありました。
5色の短冊とペンが用意されてあり、好きな願いごことを書いて投函させていただきました。
酒田雛街道を盛り上げたいと、いろいろ頑張っている印象を受けました。




酒田市日本遺産推進協議会主催の『酒田市北前船日本遺産・絵札蒐集(しゅうしゅう)巡り』カードラリーもやっていました。
酒田市内11カ所で入手できるカード11枚を集めて、コンプリート&認定証カードをゲットしよう!という内容でした。
全て巡る強者がいらっしゃるんでしょうね!

少しずつ春めいてきましたので、酒田雛街道めぐりを楽しんでみてはいかがでしょうか?


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
  


Posted by Rico at 23:55Comments(0)DESIGN/ARTNEWS