2019年04月19日

R 鶴岡市『菅家庭園』へお伺いさせていただきました♪vol.1『満開の江戸彼岸しだれ桜』



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2019年4月18日(木)10:00〜
鶴岡市家中新町の『菅家庭園』へお伺いさせていただきました。
木曜日は閉園日でしたが、荘内南洲会の水野理事長からの紹介ということで、特別に開園していただきました。

以前から、「菅家庭園へ一緒に行きましょう」と約束をしていた鶴岡の小野寺美枝子さんと、Ricoママと三人でお伺いさせていただきました。

庭園の『江戸彼岸しだれ桜(エドヒガンザクラ)』がちょうど満開でした。
美しすぎて感動に震えました!




『江戸彼岸しだれ桜(エドヒガンザクラ)』の向こうには、『京都/嵯峨孟宗竹』がそびえ立っていました!
鶴岡市内に、こんなに見事な庭園があったとは、驚きました!
この素晴らしい庭園を無料開放していただけるとは!(要予約です)
ありがたい気持ちでいっぱいになりました。

当主でいらっしゃる菅秀二先生(庄内藩酒井家家老・菅実秀翁の玄孫)みずから、庭園を案内してくださり、たくさんの学びをいただきました。
あまりにもたくさんの感動をいただいたので、レポは分けて投稿させていただきたいと思います。




菅先生の奥様から、美味しいお茶をごちそうになりました。
そして、こちらの記念写真を撮っていただきました。
とっても笑顔が素敵な奥様でした♡

後ろの掛け軸は、明治8年に、西郷隆盛先生が、菅実秀先生へ書かれた真筆です!
西郷先生と菅先生が、無二の親友であったことが伺える内容でした。

菅秀二先生は、私の伯父(Ricoママの兄)に雰囲気が似ているので、とても親しみを感じました。
おかげさまで、Ricoママの圧迫骨折は、ほぼ治り、この通り元気になりました。





別室にも、西郷隆盛先生(南洲翁)の真筆が飾られていました。
鹿児島の武屋敷で、明治8年6月10日10時〜15時の間に庄内藩士たちのために、40枚ほどの書を西郷先生は、汗だくになりながら書いてくださったそうです。
そして、一枚一枚、違う内容を書かれたそうです。
敬天愛人の精神で、一人一人に向き合って書かれた西郷先生のお人柄を感じました。

鹿児島市内で、庄内藩士たちが紙を買い集め、和墨と支那墨を使い、庄内藩士たちがすって準備をしたそうです。
これだけの大作をたくさん書くとなったら、墨をするのは大変だったことでしょうね!
そのため、庄内には、西郷先生の真筆がたくさん残っているとのことでした。





こちらは、手先が器用だった西郷先生が作られた『孟宗竹の花器』ということで、見せてくださいました。
こんなに大きな孟宗竹があるのかと驚いてしまいました!
庄内藩士は、この『孟宗竹の花器』を背負い、鹿児島から庄内まで歩いて帰ってこられたそうです!
それまたすごいお話しですよね!

そんなこんなで、まだまだ書きたいお話しが盛りだくさんです!
庭園はもちろん素晴らしかったのですが、よきご縁をいただき、心からありがたいと感じた宝のようなひと時でした♡

美枝子さんとの念願が叶い、ご一緒できてとても嬉しかったです♡



↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ


  


Posted by Rico at 23:44Comments(0)CAMERATRIP荘内南洲会

2019年04月17日

R ほろ酔い気分の夜桜♡酒田『日和山桜まつり2019』



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2019年4月17日(水)
今日の日中は気温20℃以上になり、酒田市内の桜が満開となりました。

酒田『日和山桜まつり2019』へ夜桜見物へ行ってみました。
駐車場は大渋滞でしたが、年に数える程度のことなので、よしとしましょう!

今夜は、風もなく穏やかな月夜でした。
たくさんのぼんぼりに照らされた夜桜は、ほろ酔い気分で、ほっこりと咲き誇っていました♡




久しぶりに日和山公園へ行ったら、『湊庭園』というエリアが整備されていました。
平成31年3月に完成したばかりなのだそうです。
暗かったので、よくわかりませんでしたが、写真のこちらは、『枯山水の庭』でした。
東屋もありました。
日中は、ここでお弁当開きもよいのかもしれませんね!




日和山公園は、平日の夜にも関わらず、たくさんの人で賑わっていました!
こんなにたくさんの人がいるのに、知っている人に誰も会わなかったことに驚きました!
今週いっぱいは、お花見が楽しめそうですね!
平成最後のお花見を楽しませていただいて、ありがたいです。合掌


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ  


Posted by Rico at 23:58Comments(0)CAMERA

2019年02月23日

R『第53回山形県写真展』を鑑賞&中華料理『竹林坊』でランチの巻




『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2019年2月23日(土)10:30〜
毎年楽しみにしている『山形県写真展』(山形美術館)へ行ってきました!

今年は、2,347点の応募があったそうです。
酒田の数名の知り合いが入選されていて嬉しかったです。
入選、おめでとうございます♡
ただ、全体的に庄内の入選者が今までになく少なかったので、寂しい気がしました。

人物や生物、お祭りや風景など、バランスよく選ばれていて、全体のクオリティが、例年よりも高いように感じました。
思わず写真の前で、「うわぁ〜っ!」と声を上げてしまうほど、すごい写真があって、感激でした♡

わざわざ酒田から足を運ぶ価値のある素晴らしい写真展でした。
3月24日までの開催ですので、ぜひとも庄内のみなさま方にも、ご覧いただきたいと思います。




写真展をじっくり見ていたら、あっという間に時間が経っていました!
お昼は、山形市内の中華料理『竹林坊』へ、初めて行ってみました。

こちらは、お店の看板メニュー『四川牛麺(ご飯付き)』です。
スープは、四川の味『麻辣(マーラー)』の辛さと牛肉のダシで、クセになる美味しさでした♡
たっぷりの牛肉には、朝天辣椒と漢源花椒などの数十種の香辛料が使われていて、魅惑の味わいでした!




この横広拉麺が、激うまでした!!!
山形産ゆきちからと蒟蒻芋を入れたオリジナル麺。
麺の幅が、4cmくらいありそうでした!
コシとつるんとした食感が楽しめて、絶品麺でした。
いやぁ〜、新しい美味しさの虜になりました♡




こちらは、『シーフード青じそ炒め』です。
海老、ホタテ、イカを大葉と塩で炒めた一品料理です。
ぷるんぷるんした食感と大葉の爽やかさが、とても美味しかったです♡




『陳 麻婆黒豆腐』です。
料理の鉄人・陳建一さんの味を引き継ぎ、竹林坊風にアレンジした麻辣をより強くした一品料理です。
運ばれてきた時点で、美味しそうな匂いがプンプン漂いました。
一口食べてみると辛いというより、青山椒のビリビリ感で、しびれる旨さでした!
今まで食べたことのない麻婆豆腐のスパイシーな味わいに感動しました♡




こちらは、『手にぎり焼餃子』です。




餃子の皮ギリギリまで、パンパンに具が詰まっていて、まさに手にぎりというボリュームでした。
中身は、お野菜たっぷりで、野菜の甘みが美味しい餃子でした。
こんなに野菜の旨味を感じる餃子は初めてでした!




『竹林坊』さんは、1時過ぎても満席ですぐには入店できませんでした。
お店のスタッフへ人数を伝えると、「車の中でお待ちください」とブザーを手渡されました。
自分の車でゆっくり横になり、休憩しながら順番を待つことができたので、とても嬉しいサービスでした。

他にも美味しそうなメニューがたくさんありました。
ここは、お気に入りのお店に決定です!
また、食べに行きたいなぁ〜!
ごちそうさまでした。



↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ  


Posted by Rico at 23:54Comments(0)FOODCAMERA

2019年02月05日

R『酒田の下町ロケット!菅原鉄工所のネジのレジェンドに救われる!』の巻



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

先日、撮影用の照明機材が壊れてしまいました。
ソケット部分を覗いてみたら、1個ネジが外れていました。
ところが、ホームセンターでは、「ネジ型番が古いので取り扱っておりません!」の一言で終了!

この照明機材のパーツ売りはしてくれないので、一式再購入することになり、すんごい出費になってしまいます。
たったネジ1個のために、それは、ちょっとなぁ〜ということで、ネジのレジェンドこと、酒田の菅原鉄工所のぺぇ〜兄ちゃんのところへ行き、相談してみました。




いつも冗談ばっかり言っているぺぇ〜兄ちゃんですが、ネジを見るなり、表情が職人モードに切り変わりました!
そして、「すごい!奇跡的に、同じネジがありました〜!」とピタリと一致するネジを工場で見つけてくださいました。
(アルミとステンレスの違いはありましたが、問題はありません)
「これは、『◯△□※〜』というネジですよ!」とネジの名称を教えてくれました!
ネジに名称があるということに、驚きました!
さすが、ネジのレジェンド!
ぺぇ〜兄ちゃんが、下町ロケットの阿部寛に見えましたー!
というのは、冗談ですが、町工場のありがたさをしみじみ感じました。

ぺぇ〜兄ちゃんのおかげで、無事に直り、月曜日の撮影に間に合いました!
これまでも、ぺぇ〜兄ちゃんからは、エレクトーンのスタンドを2度も修理していただきました。
私は、ピンチを救っていただいてばかりで・・・また借りができてしまいました。
どうやってお礼をしたらよいものかと悩みます。




こちらは、ぺぇ〜兄ちゃんの事務所のアクアリウムです。
お魚の名前を聞いたけれど、難しくてすぐに覚えられませんでした(^^;
キラキラと宝石のように輝きながら、スイスイ元気よく泳ぐ様子に癒されました〜♡

ぺぇ〜兄ちゃんは、生き物が大好きな方です。
そもそも、我が家のわんこ隊のぽぉ〜、ぷぅ〜、ぴぃ〜の中に、「俺、ぺぇ〜になる!」と飛び込んできたのが、「ぺぇ〜兄ちゃん」誕生のきっかけです。
そして、去年、ぺぇ〜兄ちゃんは、ゴールデンドゥードゥルを飼い始め、「コロン」と名付けたのでびっくりしました!
我が家の先代わんこの名前が「コロン」だったので、偶然とはいえ、同じことに鳥肌が立ちました!

不思議とご縁のある方なんだなぁ〜。。。と、今回のネジの件で改めて思いました。

ぺぇ〜兄ちゃんへ
この度は、お忙しいところ、誠にありがとうございました。
本当に助かりました!
大切に使わせていただきます。


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
  


Posted by Rico at 23:45Comments(0)CAMERANEWS

2018年11月26日

R 父の悩みは、深刻です!! 12月1日から、新4K8K衛星放送がはじまります。



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

父が、「あ〜!困ったちゃ〜!どうすっでの〜!」と朝から深刻な顔をしながら、悩んでいました。

「何に悩んでいるのか?」と聞いてみたら、12月1日から、4K衛星放送が始まるので、アンテナを上げるべきか否か、お金がかかるので、真剣に悩んでいたのです!
父は、テレビっ子なので、すぐにでも、4Kにしたい様子でした!


そういえば、去る11月15日に、酒田市役所内のフリースペースで、『4K・8K映像展示会』をやっていました。
私は、初めて、4K・8Kの世界を体感して、びっくりしました!
8Kは、見えすぎて怖いくらいでした!
特に驚いたのが、紅白歌合戦の映像で、郷ひろみの顔が、鮮明に映し出されて、こんなにシワシワだったのかと、ショックを受けてしまいました。
見えすぎるって、良いのか悪いのか???(笑)
しばらく8Kの映像を見てから、4Kの映像を見たら、ぼんやりとした感じに見えてしまいました。
人間の目って、慣れると怖いものですね!





こちらは、4K8K映像展示の時にいただいてきたパンフレットです。

8Kテレビのお値段は、高額でびっくり!!
でも、お値段以上の感動がある映像の力で、素晴らしかったです。

4Kは、ハイビションの4倍の画素数で美しい画面が楽しめる放送ですので、やはり、我が家で、現実的に可能なのは、4K放送になります。

我が父は、スーパーハイビションを見たいんでしょうね!
そこは、価値観の問題なので、私は、あえて否定はしません!
むしろ、父の年齢で、スーパーハイビジョンに興味を持つ好奇心があることがすごい!とさえ思ってしまいました。





新4K8K衛星放送の番組ガイドももらってきました。
実際、4K放送チャンネルは、まだまだ限られています。
『NHK BS8K』に限っては、数える程度しか放送予定がありません。
これからのスタンダードになるには、もう少し時間がかかるかもしれませんね。

当たり前のことですが、衛星放送ということは、宇宙と繋がっているということですよね!
「私は、すごい時代に生かさせていただいているんだなぁ〜」としみじみありがたいことだと感じています。


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

  


Posted by Rico at 23:48Comments(0)CAMERANEWS

2018年11月23日

R 土田貴文・土田英里子 写真と器「11.22・(いいふうふ)」展/箸置き作りワークショップに参加しました♡



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2018年11月23日(勤労感謝の日)17:30〜
酒田市役所近くのカフェレストラン『day by day』さんで、11/22〜25まで開催中の『土田貴文・土田英里子 写真と器「11.22・(いいふうふ)」展』にお邪魔させていただきました。

陶芸家/土田英里子先生による『箸置き作り』のワークショップに参加させていただきました。
ちょうど、箸置きを探していたのですが、なかなか気に入った箸置きがなかったので、とてもタイムリーなイベントでありがたかったです。

『day by day』のオーナー/長南みゆきさんと二人で、初めて、箸置き作りに挑戦させていただきました。
こちらの写真は、ちょうど居合わせたカメラマンHidepさんから、撮影をしていただきました!
ラッキー♡




まあ素敵♡
長南みゆきさん作の箸置きです!
お店の『day by day』のハンコを押して、かっこいいですね〜♪
ハンコの押し方の感性が素晴らしいです!!!




こちらは、私が作った箸置きです!
ワークショップの基本は、2個だったのですが、私は、たくさん必要だったので、6個作らせていただきました。
初心者なのに、わがまま言ってすみません。
『R』のイニシャルをデザインして入れてみました!

あとは、英里子先生から窯で焼いていただきます。
完成が楽しみです♡

こちらのワークショップは、明日11/24もやっているそうですが、15〜16時頃は、予約でいっぱいなので、その時間帯を外せば、体験が可能だそうです。
ワークショップの参加費用は、箸置き作り体験(2個)、コーヒー&カステラセットで、1,000円です。




ワークショップ後に、コーヒーとカステラをいただきました。
こちらのカップとお皿も、英里子先生の作品です。

とても美味しいコーヒーとカステラをいただきながら、英里子先生のご主人/土田貴文さんの写真を楽しませていただきました。
芸術家のご夫婦による「11.22・(いいふうふ)」展。
なんて素敵なんでしょう!
お二人の作風が、ぴったり合っているところが、『いいふうふ』という印象そのものでした!




こちらは、英里子先生の作品です。
大きさも、色も形も、気に入った『ベールマグカップ』を購入させていただきました。
リーズナブルな価格なので、買い求めやすいのがありがたいです。




こちらが、『day by day』さんの店内です。
私は、今日の入店が初めてでした。
昼だけでなく、夜も営業されていらっしゃるのだそうです。
箸置きが出来上がったら、またお伺いするので、その時は、食事もいただいてみたいと思います。
英里子先生作の食器が使われているそうです。

本日は、お世話になりまして、誠にありがとうございました。
とても楽しかったです♡


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村


  


Posted by Rico at 23:35Comments(0)FOODDESIGN/ARTCAMERA

2018年10月27日

R 満員御礼♡土門拳記念館 秋のミュージアムコンサート『深まる秋の音楽会』オカリナ&エレクトーン/ルリアール



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2018年10月27日(土)16:00〜
土門拳記念館 秋のミュージアムコンサート『深まる秋の音楽会』オカリナ&エレクトーン/ルリアールが開催されました。

お天気の悪い中、酒田市、鶴岡市、山形市、仙台市、草加市など、たくさんの方々にお集まりいただきまして、誠にありがとうございました。
涙が出るくらい嬉しかったです♡
リピーターさんも多く、再会できた喜びを感じました♡♡

この度は、土門拳記念館で、演奏をさせていただく機会をいただきまして、心より御礼を申し上げます。


土門拳/古寺巡礼シリーズの中から、私たちはこちらの有名な作品の前で演奏をさせていただきました。
左側の作品は、『室生寺金堂/十二神将立像(丑神)頭部』昭和51年(1976)
右側の作品は、『室生寺金堂/十一面観音立像頭部』昭和41年(1966)

存在感のある作品に囲まれても、凛とした品格があるようにと斎藤啓子先生が、ルリアールの衣装を渾身の力を込めて作ってくださいました。
啓子先生の衣装の力をいただき、一期一会の気持ちで演奏をさせていただきました♪





満員御礼で、立ち見される方々もいらっしゃるほどで、ただただ、ありがたい気持ちでいっぱいでした。
今回、土門拳記念館様はじめ、たくさんの方々から、ご協力をいただいたおかげで、集客につながりました。
不肖ルリアールが、地元のミュージアムコンサートに、貢献できたのであれば嬉しいです♪
そして、ルリアールも、新しい出会いや再会の機会をいただいたことに感謝しています。





演奏後に、いろんな感想をいただきました。
「ルリアールの演奏に合わせて、仏像の写真の表情が違って見えるのが不思議でした!」
「土門拳記念館の雰囲気に合わせた選曲で、よかったよ!」
「ミュージアムコンサートって、いいものですね♪」
「涙が溢れて、癒されました」
などなど、感じ方は、人それぞれ個性があり、音楽のすごさを教えていただきました。





今日は、斎藤啓子先生の娘/阿蘇麻美さんが、初めてルリアールの演奏を聴きにお越しくださいました♪
麻美さんが、お母様をご紹介くださったおかげで、この衣装が完成しました!
麻美さんは、ルリアールにとって、恩人です♡
一緒に記念写真を撮らせていただいて嬉しかったです。
このバラのお花は、麻美さんから頂戴しました。
白いドレスに映えますね〜♪

麻美さん、ありがとうございました。これからも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

国連NGO 世界平和女性連合 WFWP山形県連合会のみなさまにも、遠いところお越しいただき、お花まで頂戴いたしまして、ありがとうございました。



↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村  


Posted by Rico at 23:58Comments(0)CAMERAルリアール

2018年10月06日

R ギャラリーなご美/写真と選曲『10songs 10photos』&黒森歌舞伎押絵『梶原源太景季』の素材集め



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2018年10月6日(土)
株式会社ブルー&書の庵内『ギャラリーなご美』にて、川上 直さんの写真と選曲『10songs 10photos』展が、1日限りで開催されました。

10枚の写真の下に、その写真のイメージ合わせて選曲したCDが一緒に展示されていて、聴きたいCDをリクエストするとその場でかけてもらえるという今までにない素敵な企画でした。

いろいろと新しいことに挑戦している川上さん。
これからも、アクティブにご活躍されることを期待しています。




今日は、『ギャラリーなご美』さんにお伺いしたついでに、株式会社ブルーの齋藤健太郎社長にお願いをして、黒森歌舞伎押絵に使えそうな材料はないか、紙や水引などのサンプルを拝見させていただきました。

来年の黒森歌舞伎押絵の顔は、ひらかな盛衰記『梶原源太景季(かじわら げんた かげすえ)』と決まりました。
源太の着ている衣装や装飾品に近いものを一緒に探していただいたのですが、なかなか見つけることができず・・・約2時間近くも、お付き合いをさせてしまいました。
こんなに材料を探しが難航するとは!
限りある予算の中で、いかに歌舞伎の鑑賞作品として楽しめるものを作れるか・・・

ただいま、産みの苦しみの真っ只中です!


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村
  


2018年09月24日

R 神秘的なサウンド♪戸沢村『幻想の森』にて『地下鉄のギタリスト/土門秀明プライベートライブ♪』



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2018年9月19日のこと。
池田拓さんの銅像へお伺いさせていただいた後、解散の予定だったのですが、せっかくの秋晴れの好天だったので、石黒重恭さんより、戸沢村の『幻想の森』へご案内いただきました。

石黒さん以外、全員初めての『幻想の森』ということで、国道47号線からいきなり道幅の狭い林道に入っていく道中に驚きました!
『幻想の森』への入り口は、いきなりワイルド!という印象です。

『幻想の森』には、樹齢1,000年を超えるといわれている巨大な天然杉が群生し、そのスケールに圧倒されました!
Ricoママの「わ〜!すごい!すごい!」のハイテンションの感動ぶりに、みんな思わず笑ってしまいました!

このひときわ大きな巨木の前で、土門秀明さんに、ギターの演奏をしていただきました。
天然杉が、まるでホールのような天然音響空間を作りだしていたので、土門さんのギターの音色が、極上の響きで、超感動でした♪
動画を撮影したのですが、残念ながら、風が強かったため、ノイズがひどく、動画は失敗でした。
やはり野外で撮影するときは、ウィンドスクリーンは、必須アイテムですね!
とはいえ、『幻想の森』は、予定外のコースだったので、ここで土門さんの生演奏を楽しませていただけたことは、まさにアメイジンググレイス!

この度は、池田拓さんと石黒重恭さんのおかげで、素晴らしいプライベートライブを楽しませていただけたことに感謝いたします。




遊歩道には、ウッドチップが敷き詰められていたため、とても歩きやすく、その上、迷子にならずに安心して、『幻想の森』を歩き回ることができました。
天然杉のパワーをいただいてまいりました。

Ricoママは、その日の夜、『幻想の森』にいる夢を見たそうです!(笑)
それだけ、素晴らしい世界だったのだそうです。


ここで、嬉しいお知らせです!
明日9/25(火)の山形新聞社会面トップに、土門秀明さんの記事が掲載されるそうです!
要チェックをよろしくお願いいたします。





2018年9月25日、山形新聞 社会面に大きく掲載されていました!
すごい!!!
土門さん、おめでとうございます♪



↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村  


Posted by Rico at 23:55Comments(0)CAMERATRIP

2018年09月16日

R 超常現象ライブ〜!!!第6回 宝谷そばお花見カフェ『豊穣祈願音楽祭』の写真を宮田浩之さんからご提供いただきました♪



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2018年9月15日(土)13:00〜
第6回 宝谷そばお花見カフェ『豊穣祈願音楽祭』に、エレクトーンソロで出演をさせていただきました。
庄内PHOTOSの宮田浩之さんが、わざわざお休みを調整して、ファミリーでお越しくださいました。
そして、撮影した画像を一式ご提供を頂きましたので、ありがたく使わせていただきます。

そばの花の花言葉は、『あなたを救う』だそうです。
私は、たくさんのそばのお花に救われながら、演奏をさせていただいて幸せでした。
このそば畑の生産者様やステージを設営してくださった方々に感謝を申し上げます。

今回は、いろんなジャンルの名曲を演奏させていただきました。
のどかな宝谷のそば畑の風景に合わせて、『赤とんぼ』を演奏させていただきました。
『赤とんぼ』を弾き始めると、私の頭上にたくさんのトンボが集まってきて、演奏が終わったら、さ〜っといなくなったことを私の友達やその周りの人たち、カメラマンさんたちが目撃し、とても不思議がっていたそうです。
我がアシスタントも、そのトンボの群れを目撃していて、「すごいけぞ〜!あれは、何だんでろ?」と、演奏が終わってから教えてくれました。

もちろん、私にも、なぜ、トンボが集まってきたのかはわかりません!
トンボは、「赤とんぼ」の楽曲を聞き分ける能力があるのかしら?(謎)
宝谷のそば畑で、記念すべき『超常現象ライブ』となりました(笑)
トンボにも、演奏を喜んでもらえたのであれば、嬉しいですね♪




入場無料!
そして、こちらのカフェメニューも全品無料で、ご来場された方々全員に振る舞われました!




こちらが、一人分のプレートです。
すべて手作りで、珍しいメニューばかりでした。
写真には写っていませんが、この他に、そば茶やそば茶オーレがありました。
お蕎麦の香りが高くて、どれも美味しくいただきました。

私の友達は、「まさかこんなにたくさんのメニューを無料で頂けると思わなかったから、びっくりした!」と感激していました。
こんなに大盤振る舞いなイベントは、私も、他に知りません!

お客様は、用意されたテーブルと椅子で、そばカフェを楽しみながら、音楽をお楽しみくださいました。






そばで村おこしをしたいというみなさんの情熱を感じました。

そして、新しいそばの品種BW-5の名称が決まりました!
『でわ宝(たから)』に決定!

鶴岡は、山形県内でも、そばの栽培面積が第一位なんです!
内陸よりも、そばが栽培されているということに驚きます。
なのでこれから、『でわ宝』を発信していきたいと意気込んでいました!

そば好きの私には何よりも嬉しい情報です。
早く『でわ宝』を味わってみたいものですね!


ちなみに、宝谷のそば畑からは、庄内平野が一望できます。
この写真は、宮田さんが9/16に撮影された画像を拝借したものですが、私が演奏していた場所から撮影した写真とのことです。
写真には写っていませんが、右側に鳥海山も見えるんです!

私は、この白い花の咲くそば畑の中で、黄金色に輝く庄内平野を一望しながら、『おくりびと』を演奏させていただきました♪
モッくんになった気分で、演奏させていただいて、感無量でした!
「宝谷の自然と『おくりびと』の演奏がマッチしていて、感動しました!」とたくさんの方々から、お声をかけていただいて、本当にありがたかったです。
庄内人にとって、『おくりびと』の楽曲は特別なものだと知る機会をいただきました。

素晴らしいシチュエーションの中、演奏する機会をいただきまして、心から感謝を申し上げます。
お世話になったすべての方がに、厚く御礼を申し上げます。

エレクトーンソロ演奏で1時間!
私にとって、初挑戦でしたが、やり終えることができて、ホッとしました。
この度は、ご縁をいただきまして、ありがとうございました。


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村  


Posted by Rico at 23:58Comments(0)FOODCAMERA

2018年09月10日

R 庄内町の演歌歌手『天音里望さん』の撮影立会い&RICOHのレトロな現役カメラにビックリの巻



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2018年9月10日(月)
本日の私のお仕事〜!
庄内町の演歌歌手『天音里望さん』の撮影の立会いのために、『みしまフォトスタジオ』へお邪魔させていただきました。

今日は、豪華に4着のお着物姿をカメラマンのTETSUさんから撮影していただきました。
私は、髪飾りや帯締めなどの小物を選ぶお手伝いをさせていただいて、とても楽しかったです♡

そして、美しい天音里望さんのお着物姿を4パターンも楽しませていただきました!
美しい女性を見ると、目の保養になるものですね〜♪
艶やかで、うっとり〜でした♡

今日は、この後ろ姿のスナップ写真のみ、公開許可をいただきました!
本編は、TETSUさんのカメラワークでお楽しみいただきたいと思っております。
どうぞお楽しみに〜♪





そして、こちらのレトロなRICOHのカメラは、ヘアメイクの先生が使っていたカメラです!
フィルムを巻き戻す「シャー」という音がカメラから聞こえてきたので、懐かしさのあまり、タイムスリップしたような気持ちになりました。
現在も、このカメラを使い続けていらっしゃるということに驚きました!
このカメラで、今日の天音さんが、どんな風に写っているのかが、とても気になりました!
現像したら、ぜひとも拝見させていただきたいと思います。




AUTOカメラなんですね!
いつ頃のカメラでしょうか?
このカメラで、どんな思い出を写し続けてきたのでしょうね?


ところで、先日、ブレーメンのマンマさんから、「Ricoさんは、デザイナーじゃなくて、音楽家だと思っている人たちが多いわよ!」と教えられて、びっくりしました。
SNSを見た人は、そう思ってしまうらしいのです。

演奏は、頼まれた時に演奏をする程度で、本業は、グラフィックデザイナー(アートディレクター、WEBデザイン、イラスト、筆文字、etc)です。
普段は、クリエイティブなお仕事を頑張らせていただいております。
たまには、自分の仕事を書くことも必要なのかな?と思ったのですが、きっと面白味はないように思います。
企業コンプライアンスの問題もありますので。
まずは、どんなことであれ、今、ここで、必要とされる人間になれるように努力いたします。



↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村  


Posted by Rico at 23:44Comments(0)CAMERA

2018年08月19日

R 土門がとらえた世界遺産日本遺産/筑豊のこどもたち/生きているヒロシマ『土門拳記念館』で開催中♪



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2018年8月18日(土)
酒田市『土門拳記念館』へ、10/27開催のルリアール秋のミュージアムコンサートのフライヤーをお届けしました。

すっかり秋の清々しい空になっていました。
土門拳記念館は、開館して35年経ったとは思えないシンプルイズベストな建物だと改めて思いながら、シャッターを切りました。





現在は、『土門がとらえた世界遺産日本遺産/筑豊のこどもたち/生きているヒロシマ』が開催されていました。
もちろん、土門拳の真骨頂『古寺巡礼』の作品も多数展示されていましたよ!
迫力ある土門拳の写真で、世界遺産や日本遺産を楽しませていただいて、大満足でした♡
やっぱり土門拳の写真は素晴らしいですね〜♪

筑豊のこどもたち&生きているヒロシマは、何度拝見しても、涙が溢れてきます。
土門拳の「写真で伝えたい」というメッセージ力は、半端ないって!

10/1までですので、ぜひとも多くの方々にご覧いただきたいと願っています。




こちらの庭園『流れ』は、土門拳と親交のあった華道草月流三代目家元勅使河原宏氏の作庭です。
癒しの空間となっています。





こちらが、お届けしたフライヤーのデータです。
10/27の展示内容は、まだよくわかりませんが、『古寺巡礼』シリーズではないようです。
土門拳記念館のバックヤードには、まだまだたくさんの写真があります。
パンフレットには、「全作品7万点」と記載されていますが、実際のところ、ネガを含めて、10万点くらいはあるのではないだろうか?と言われています。
来館するたびに、必ず初めて目にする作品があるというのも、土門拳記念館の魅力です!
私たちの音楽会の時は、どんな作品との出会いがあるのか、今から楽しみにしています。
土門拳記念館で、演奏をさせていただける機会をいただいたことに感謝いたします。

オカリナ&エレクトーン『ルリアール』ですが、この夏は、演奏活動が全滅でした!
演奏のご依頼を数件いただいたのですが、Rumiさんと私の予定が噛み合わず、やむなくお断りをしてしまいました。
「まあ、長年やっていれば、こういう夏もあるでしょう!」
そんな風に私は思っているのですが、いろいろご心配をしてくださる方も多く、不肖ルリアールに対して、気にかけていただけることに感謝しております。
10/27『土門拳記念館 秋のミュージアムコンサート/深まる秋の音楽会』にて、お会いできること楽しみにしておりますので、どうぞよろしくお願いいたします。


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村  


Posted by Rico at 23:54Comments(0)CAMERAルリアール

2018年06月27日

R カメラの七桜/北村カメラマンさんよりスタジオ撮影の巻♪



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2018年6月27日(水)
酒田市中町の『カメラの七桜』さんの2階のスタジオにて、私のお客様の商品撮影をお願いしました。
商品への写り込みが多く、撮影が大変だろうなぁ〜と思っていたのですが、そこは、さすがプロでした!
北村薫カメラマンさんは、いろんな撮影アイテムを使って、写り込みのない美しい写真を撮ってくださいました。

カメラに装着するこんな黒いカバーを見たのは初めてでしたよ!
やはり餅は餅屋ですね!




そして、この方の撮影もついでにお願いしました!(笑)
アーティスト写真は、必要だと思っていても、きっかけがないとなかなか撮らないものなんですよね〜!
というわけで、商品撮影のついでに、アーティスト写真も撮影をお願いしました。

アーティスト写真って、業界用語で、『アー写』っていうんですよね〜!
私の仕事上、「『アー写』をメールで送ってください」という依頼がよくあります。

カメラの七桜さんには、データ納品をお願いしました。
北村さんもおっしゃっていましたが、「今の時代、プリントしない人が多くなった」ということで、とってもリーズナブルな料金で、撮影だけの対応もしていただけます。
もちろん、プリント仕上げのプロですので、プリント仕上げの場合はご相談ください。

2階には、このような広いスタジオがありますし、着替える部屋もあります。
こんなに便利なのに、あまり知られていません!
「宣伝が下手なんですよね〜!」とおっしゃっていましたので、代わりに私が宣伝して差し上げましょう!(笑)

ちなみに、出張撮影も承っております!
集合写真などのひな壇のセットも持っていらっしゃいます。
幅広く対応されていますので、お気軽に相談してみてください!





ちなみに、こちらの『ルリアール』のアー写は、今年の3月に、このスタジオで撮影していただいたものです。
切り抜き合成用(クロマキー)に撮影していただき、データ納品してもらいました。
そのデータを使って、私が、合成して遊んで仕上げました。
オカリナとエレクトーンが一緒に写っている写真を求められることが多いので、こうして自由に合成できると助かります。

スタジオ撮影の面白さは、こういうところにあります。
そして、天候に左右されないところも、スタジオ撮影のありがたさです。

来月も、ルリアールの新作衣装の撮影をお願いしています。
北村カメラマンさんには、柔軟に対応していただけるので、とても助かっています。
北村さんは、撮影集団『庄内PHOTOS』のメンバーさんでもあります。
またお世話になりますので、どうぞよろしくお願いいたしますm(_ _)m



<今日の俳句>
アー写ブツ撮り 酒田中町 七桜にて

↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村


  


Posted by Rico at 23:55Comments(0)CAMERA

2018年06月24日

R Cafe Mo Ca 32「名庭の夏/清亀園」(カフェモカ32/モーニングカメラ撮影会)に参加♪



2018年6月24日(日)9:00〜
Cafe Mo Ca 32「名庭の夏/清亀園」(カフェモカ32/モーニングカメラ撮影会)へ、2度目の参加をさせていただきました♪
『Cafe Mo Ca(カフェモカ)』とは、月に一度、朝にカメラ散歩に出かけてカフェモカ(ドリンク提供 : 喫茶CLOAK)を飲むというイベントです。




昨年10/22にルリアール初自主企画『大人ライブ』をこちらの清亀園にて開催させていただいたということもあり、初夏の清亀園をカメラに収めてみたいという気持ちで参加させていただきました。




今回は、清亀園の建物の中ではなく、こちらの東屋に集合し、撮影後は、ここで冷たいカフェモカをいただきながら、みんなの写真を見せ合いっこしました!
今日は、爽やかな初夏の風がとても心地よい日曜日でした♡




清亀園は、約140年前に大地主の別荘として建てられました。
50名以上の門下を擁していたという、名庭師「山田挿遊」が手がけた庭園が見事です!
現在は、酒田市で管理しているため、誰でも無料で見学することができます。




この橋の形が、清亀園の庭園のシンボルになっています。
ストレートだったら、魅力が半減でしょうね〜!
デザイン力は大事です!!!




庭園の所々に、こうした謎の石像が立っているのが、清亀園の特徴です。
意味がわかりません!
そこが面白いところです!




石灯籠もいくつかありましたが、こちらは、純和風でした!
青もみじが、風にそよそよたなびいて、癒しのひとときをいただきました。




清亀園の玄関前にいる狛犬?でしょうか???
味のある表情にひきこまれます。




被写体とガチンコ対決!気分は土門拳?!(笑)




清亀園の屋根と新緑。

今日は、私にしては珍しく、レンズを3種類切り替えて撮影してみました。
やっぱり、広角レンズの感覚がまだ掴めません。

一緒に参加された方々の写真は、私とは全く違う視点で撮影されたものばかりだったので、勉強になりました。
私は、『清亀園』らしさを求めてシャッターを切っていたんだなぁ〜と最後になって気がつきました!(笑)

カメラのメーカーによっても、それぞれのテイストの違いがありましたし・・・
カメラって、面白いものですね〜!
雑談も盛り上がり、楽しかったです♪


<今日の俳句>
カフェモカと 夏の名庭 カメラ手に

↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

  


Posted by Rico at 21:50Comments(0)CAMERA

2018年06月23日

R 大変お待たせいたしました!『平成30年黒森歌舞伎正月公演フォトグラフ』をくろもりんHPにアップしました♪



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

大変長らくお待たせいたしました。
庄内PHOTOSの宮田浩之氏が撮影し、ご提供くださった『平成30年黒森歌舞伎正月公演2018年2月17日』の写真をくろもりん公式ホームページにアップさせていただきました。

私はこの日、マス席にて、凍えながら、歌舞伎を楽しませていただきました。
役者の皆さんが、寒さに耐えて、素晴らしい歌舞伎を演じてくださった感動が、この写真を見て蘇ってきました。

今年は、写真の枚数が多かったので、一幕目、二幕目、三幕目とページを分けています。
『高田馬場十八番切』一幕目/安之助母おてる仇討ちの場
『高田馬場十八番切』二幕目/松平右京太夫館、兜割の場
『高田馬場十八番切』三幕目/八丁長屋、赤だすき拝借の場、高田馬場

それぞれの場面の見どころが、写真に収まっていて、とても見ごたえがあります。
特に、今年は、雪がちらついたので、『雪中芝居』らしい写真がたくさんあって嬉しかったです♡
やはり黒森歌舞伎は、雪中だからこそ絵になるのだということを感じました。

素晴らしい写真を提供してくださった宮田さんに、心より感謝を申し上げます。
ぜひとも、多くの方々にお楽しみいただきたいと願っています。

そして、宮田さんより、酒田公演の写真データもいただいております。
こちらは、また後日に時間をとってアップロードいたしますので、どうぞお楽しみに〜♪


宮田さん、今年も、黒森歌舞伎の写真を撮っていただきまして、誠にありがとうございましたm(_ _)m





先週、黒森歌舞伎妻堂連中の冨樫座長と五十嵐副座長が、来年の黒森歌舞伎ポーランド公演実現のために、現地視察へ行かれました。
その際に、このくろもりんのポスターをポーランドへ持参してくださったそうです。
くろもりんがポーランドで黒森歌舞伎のPR活動に役立っていることを知って、とても嬉しいです。

7月4日に黒森歌舞伎保存会の総会が行われますので、その時に、ポーランド視察の報告が聞けると思います。
実際に訪れてみて、ポーランドはどんな感じだったのか、お話しをお聞きするのが楽しみです♪



<今日の俳句>
雪中芝居 ネット配信 海外へ

↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

  


2018年06月08日

R 土門拳記念館で、10/27ミュージアムコンサートの打合せ



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2018年10月27日(土)16:00〜『土門拳記念館/ミュージアムコンサート』に、オカリナ&エレクトーン『ルリアール』で出演させていただくことが決まり、打合せのために二人でお伺いさせていただきました。

こちらの主要展示室が、ミュージアムコンサートの会場になります。

土門拳記念館は、開館して35年になるということで、私自身、これまで何度足を運んだことか・・・数え切れないほど、たくさんの思い出がある場所です。
ここで、演奏をさせていただけることになり、とてもありがたい気持ちでいっぱいです。

土門拳記念館へ、ルリアールをご紹介くださった方に、心より感謝を申し上げますm(_ _)m




打合せが終わってから、土門拳記念館の会員登録を更新させていただきました。
久しぶりに館内を拝観させていただきました。
土門拳の写真は、迫力の中に慈愛を感じ、やっぱり素晴らしいと思いました!
今日は、私の大好きな作品がたくさん展示してあったので、とても嬉しかったです♡

こちらの庭園は、勅使河原宏氏作庭の『流れ』です。
ここも、癒される空間です♡




土門拳記念館の池の周囲には、あじさいが植えられているのですが、開花はまだでした。




現在は、こちらの特別展が開催されています。
もうすぐ平成が終わるということで、昭和が、遠く感じられました。
写真の中の人々は、生き生きとしていました。




土門拳記念館の会員登録をすると、好きなポストカードを1枚もらうことができます。
私は、主要展示室に飾られていた『平等院鳳凰堂夕焼け』のポストカードをいただいてきました。
これは、日本人の琴線に触れる素晴らしい作品だと思います。

このポストカードを眺めながら、実物の大迫力の写真の圧巻ぶりを思い出しています。
スマホやパソコンの画面の大きさでは味わえないあの大きなプリントサイズをリアルに楽しめる土門拳記念館って、やっぱり素晴らしい!と改めて感じています。
また、フィルム写真の柔らかさに癒されます。


10/27ルリアールのミュージアムコンサートが、土門拳記念館のお役に立てるのであれば、ありがたいと思っています。
コンサートは無料ですが、入館料は必要となります。

後日、詳細が決まりましたら、またお知らせをさせていただきますので、どうぞよろしくお願いいたします。


<今日の俳句>
土門拳 ルリアールライブ 秋の日に 

↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村  


Posted by Rico at 23:55Comments(0)CAMERAルリアール

2018年05月05日

R 『世界一と言われた映画館/酒田グリーン・ハウス証言集』鶴岡まちなかキネマで鑑賞の巻♪



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2018年5月5日(祝)11:15〜
鶴岡まちなかキネマで、5/10まで上映の延長が決まった『世界一と言われた映画館/酒田グリーン・ハウス証言集』を観に行きました。

通称『鶴岡まちキネ』は、昔、レストランが併設されていた時に、食事に伺って以来の訪問で、ここで映画を観るのは初めてでした。

ゴールデンウィークということもあってか、館内は、老若男女のお客さんで賑わっていました。

郊外の大型映画館とは違うアットホーム感があり、小回りのきく、素敵な映画館だと思いました。

『世界一と言われた映画館/酒田グリーン・ハウス証言集』は、5/3で終了の予定だったのですが、おそらく評判が良かったので、5/10まで延長が決まったのだと思います。
お客様の声が反映される劇場というのは、ありがたい存在だと思います。





こちらは、『世界一と言われた映画館/酒田グリーン・ハウス証言集』の展示コーナーです。
映画評論家の淀川長治さんが、『世界一の映画館!』と紹介してくださったことで、脚光を浴びました。

約40年前に、酒田に存在していた映画館『グリーンハウス』は、のちに『日本一と言われたフランス料理店/ル・ポットフー』を作った佐藤久一氏が最初に手がけた映画館です。

先日5/2のブログでも紹介した通り、6月1日に開催される『庄内の食を楽しむ会主催/日本一と言われたフランス料理店に乾杯!』という企画に、なぜか、私がお手伝いをさせていただくことになりました。
ちょうど、佐藤久一氏に興味を持ったところに、こちらのドキュメンタリー映画が上映中ということを知り、これもまた、偶然というよりは、必然という感じがして、鳥肌が立ちました。






こちらが、佐藤久一氏のお写真です。
これは、ル・ポットフーの店内で撮影された写真です。

是非とも、続編『日本一と言われたフランス料理店/ル・ポットフー証言集』のドキュメンタリー映画も作ってもらいたい!と思いました。





1976年、酒田大火の火元となった映画館『グリーン・ハウス』。
私は幼かったので、行ったことはありません。

でも、エレクトーンの先生が、『♪ムーンライト・セレナーデ』の楽譜を中学だった私に渡した時に、「この曲は、『グリーン・ハウス』で映画が始まる前にかならず流れていたのよ!とっても素敵な映画館で、おしゃれをして出かけるデートスポットだったのよ!」と詳細を話してくれました。

その話しに、私は引き込まれました。
「回転ドアをくぐると、バッグやスカーフなどのショーウィンドウが左右に並び、スタッフが並んで丁寧にお辞儀をしておもてなしをしてくれる特別な空間だった」と、目を輝かせながら、お話しをしてくださいました。

今日は、先生のお話し通りの映画館だったことを映像でしっかりと確認することができました。
私は、この空間を体験できなかったことを残念に思いました。





このドキュメンタリー映画の語りは、大杉漣氏でした。

今年の2月に急逝されただけに、惜しみながら、耳を傾けました。
心より御冥福をお祈り申し上げます。


佐藤久一氏は、1997年1月、食道癌でお亡くなりになられました。
「究極のおもてなしで、みんなを幸せにしたい」を実践された方だったんですね!
6月1日のル・ポットフーでの食のイベントでは、佐藤久一氏に敬意を表して、お手伝いをさせていただきたいと思います。
佐藤久一氏が作り上げたレストランの佇まいを楽しめる日もカウントダウンに入っております。
みんなで一緒に、思い出を作りましょう!



『庄内の食を楽しむ会』主催
イベント名
日本一と言われたレストランに乾杯 ルポットフー移転も近く思い出に残るスペシャルディナーを楽しみましょう!

酒田駅前再開発で、ル・ポットフーが移転する前に、1974年創業のル・ポットフーのレストランにて、『日本一と言われたレストランに乾杯!』というイベントを行います。
『酒田フレンチのレジェンド』初代料理長/太田政宏シェフと初代パティシエ/小林氏、そして、現在のル・ポットフー料理長/加藤忍シェフとの超豪華フルコースとなります!
伝統のル・ポットフーの懐かしい料理に新しいエッセンスを加えて!

2018年6月1日(金)
開場 18:00
受付 18:30
料金 ¥10,000(ワンドリンク付き)
人数 50名
お申し込み/ル・ポットフー TEL 0234-26-2218(代)

※おかげさまで、5/12の時点で、ご予約が満席となりましたので、締め切らせていただきました。


<今日の俳句>
世界一 酒田が誇る 映画館

↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村
  


Posted by Rico at 23:47Comments(0)CAMERA

2018年04月17日

R 『酒田駅前と鳥海山』



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2018年4月17日(火)正午撮影

『酒田駅前と鳥海山』

駅前開発で、この光景は、まもなく見納めになります。

今日は、朝から、嬉しいことがたくさん重なった絶好の1日でした。

全てに心より感謝いたします♡


<今日の俳句>
変身前 酒田駅前 見納めや 

↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村  


Posted by Rico at 23:42Comments(0)CAMERATRIP

2018年04月16日

R 庄内PHOTOS『五人展』(鶴岡市第三学区コミュニティセンター)へお伺いさせていただきました。



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2018年4月16日(月)
本日から、庄内PHOTOS『五人展』が、鶴岡市第三学区コミュニティセンターのギャラリーではじまりました。
お知らせをいただいたので、お伺いさせていただきました。

『庄内PHOTOS』さんとは、庄内の今の魅力を写真で伝えようとしている撮影集団のみなさんです。
現在、5人のメンバーで活動中です。





今回は、特にテーマを決めずに、各自3点ずつ出展されていました。
5人、それぞれの個性がダイナミックに伝わってくる見ごたえのある写真展でした。
衝撃的な写真がたくさんあって、驚きました。


夜9時までなので、仕事が終わってからでも足を運ぶことが可能です!
鶴岡の桜はまだまだ見頃でしたので、こちらのギャラリー&花見をセットで楽しんでみてはいかがでしょうか?

開催は、4/27(金)までです。



<今日の俳句>
五人の目 カメラの向こう 新世界

↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村
  


Posted by Rico at 23:37Comments(0)CAMERA

2018年04月07日

R 第11回 鶴岡市民写真展/鶴岡アートフォーラム



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2018年4月7日(土)
鶴岡アートフォーラムで開催されている『第11回 鶴岡市民写真展』へお伺いしました。

見ごたえのある作品が多く、「入場無料で、もっけだの!」という感じでした。

知り合いの宮田浩之カメラマンの『雪中歌舞伎2018』が、JA印刷山形賞を受賞されいたので、とても嬉しかったです!
『黒森歌舞伎』の魅力は雪中芝居にあるんだなぁ〜としみじみと感じました。
演じる人も、観る人も、撮影する人も、凍えながらなのですが、雪の舞う中での歌舞伎の美しさは、芸術的だと感動しますね。

そこに、偶然、宮田さんご本人がやってきたので、びっくりしました!
まさか、会場でお会いできるとは!
「入賞おめでとうございます」と直接お伝えすることができて、嬉しかったです。




鶴岡市民写真展は、4/15までの開催とのことです。
庄内の魅力が楽しめる写真展でした。
こんなに美しい庄内に住めることをありがたいと感じました。


<今日の俳句>
庄内や 美しすぎる ワンショット

↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村  


Posted by Rico at 23:58Comments(0)CAMERA