2017年02月06日

R『う〜ちゃん』の正体が判明しました!



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

1/24の寒波の夜に我が家の玄関先にやってきた『う〜ちゃん』。
http://rico.n-da.jp/e721111.html

毎日、ドッグフードを食べに来るようになったけれど、誰も、『う〜ちゃん』の姿を見ることができませんでした。
天童温泉3泊4日の公演で、私の不在中は、Ricoママにエサやりを頼んで出かけました。

私が、天童温泉に到着したとたんに、Ricoママから、「『う〜ちゃん』に対面したよ!」というメールが届きました。
『う〜ちゃん』は、ビックリするほどのデブ猫だけ〜!
というオチでした〜!(笑)

飼い猫らしく、Ricoママから2メートルくらい離れたところから、「今日は、エサはないのか?」というガンを飛ばしてきたということでした。

猫の頭に比べて、丸々と大きい体をしていたので、「もうこれ以上食べたら、アンタ、ブタになるからやめなさい!早くお家へ帰りなさい!」と促したそうです。
その後、2日続けて、『う〜ちゃんの家』にエサがないかと見に来たけれど、エサがないことがわかり、それ以来、来なくなったということでした。

Ricoママの目撃情報をもとに、『う〜ちゃん』のイラストを描いてみました。
こんな感じだったそうです。

我が家のわんこよりもはるかに大きな体をしたデブ猫だったということでした。
私は、単なる食いしん坊猫に振り回されただけだったようです(笑)

でも、まあ、あの寒波の夜に、栄養失調で、ガリガリにやせ細った猫でもなく、迷い犬でもなく、良かったなぁ〜と思います。

どうりで、ジャーキーを紙に包んで置いてみたけれど、それには一切触れなかったわけですね!
4日目から、ドッグフードを食べ散らかすようになり、そんなことから、「犬ではないようだ」ということになり、「ハクビシンとかタヌキではないか?」という疑いまで出たのですが・・・
ビックリするほどのデブ猫だったとは!笑えるオチで、ホッとしました。

皆様には、ご心配をいただきまして、誠にありがとうございました。
一件落着ということで、ご報告を申し上げます。

本当に毎日、いろんなことがあるよね?!


<今日の俳句>
犬でなく デブ猫だった 寒波の夜


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
  


Posted by Rico at 23:46Comments(2)NEWS

2017年01月28日

R 企業文化誌『時代の先へ-エプタ Vol.80/特集 奄美』&『ヒノキハンド・ニークリーム』



企業文化誌『時代の先へ-エプタ Vol.80/特集 奄美』を東京の『エプタ編集室』のエディトリアル・コーディネーター/小室美登利様からお送りいただきました。

ちょうど1年前に、『エプタ Vol.75/特集 鳥海山を仰ぐ遊佐』に、私のブログに掲載した『ギャラリー&ティールーム翠sui』さんの写真を使わせていただきたいというご連絡をいただいたことがきっかけで、エプタを毎号お送りいただいております。

『エプタ Vol.75/特集 鳥海山を仰ぐ遊佐』をご覧になられた方はおわかりのことと思いますが、ディープな取材をされ、大変素晴らしい内容となっています。
今回は、奄美の特集ということで、奄美大島は、西郷隆盛先生が、最初に島流しされた場所ということで、大変興味を持って読ませていただきました。
私は、2度目に島流しされた沖永良部島へは行ったことがあるのですが、奄美大島へは行ったことがありません。
エプタを読むと、奄美大島と沖永良部島の雰囲気は全く違うことがわかりますね!
こうしてみると、奄美大島へ行ってみたくなるものです。

こんなに素晴らしい内容で、奄美を特集されているのを拝見すると、酒田市『飛島』も、ぜひとも特集をしていただきたいと願ってしまいます。




こちらは、今回のエプタの裏表紙の広告です。
『エプタ』は、基礎肌粧品メーカーのヒノキ新薬株式会社が発行する企業文化誌です。
昨年、小室様から、この『ヒノキハンド・ニークリーム』をお礼にと頂戴したのですが、使用感がとてもよくて、すっかり気に入ってしまいました。
手にす〜っと浸透して、ベタつかずサラッとするので、すぐにスマホやキーボードを触ってもベタベタしないハンドクリームなんです!
演奏家にも人気の高い商品ということでした。
1963年発売以来の大人気のハンドクリームというのが、納得です!
私が生まれる前からのロングセラー商品ということに驚きです!
これを使ったら、他のハンドクリームは使えないという感じですね!

手荒れでお悩みの方には、オススメですよ!
私は、『ヒノキ新薬ホームページ』http://www.hinoki.co.jp/から購入しました。

素晴らしい企業文化誌『エプタ』と『ヒノキハンド・ニークリーム』のご縁をいただいた小室様に心から感謝を申し上げますm(_ _)m


<今日の俳句>
働く手 強い味方の ニークリーム


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加  


Posted by Rico at 23:51Comments(0)DESIGN/ARTNEWS

2016年11月27日

R めでたいなぁ♪『斎藤染工場(斎染)』さんが、『酒田市新田産業奨励賞』を受賞されました♡



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

私が、ピアノ柄手ぬぐいやミニ風呂敷などのデザインでお世話になっている『斎藤染工場(斎染)』の代表/斎藤満さんが、2016年度の『酒田市新田産業奨励賞』を受賞されましたkao2

本来であれば、私が、斎染さんをお祝いして差し上げなければならない立場だというのに、昨日、こちらのグレードの高い生地『60(ろくまる)ブロード』を使って特別に染め上げた『グランドピアノ柄ミニ風呂敷』と可愛らしいマカロンを満さんがわざわざ私の家へお届けくださいました。
「Ricoさんのおかげで、この度、受賞させていただきました。」とお礼のお言葉まで頂戴してしまいました。誠に恐縮いたします。

『斎藤染工場(斎染)』さんは、斎藤満さんで三代目です。
庄内で、唯一の染物工場です。
神社の幟やお店の暖簾、大漁旗などを染める伝統的な技術を満さんは引き継がれ、守り続けていらっしゃいます。
そんな中、私は、『斎藤染工場』を『斎染(さいぞめ)』という愛称で、手ぬぐいや風呂敷などをオリジナルデザインで染めて、『斎染ブランド』を作ってはどうかというご提案をさせていただきました。
そして、2008年3月に、『斎染ブランド』第1号の『ピアノ柄手ぬぐい』が染め上げられました。
その後、『グランドピアノ柄風呂敷』など、デザインを展開していきました。

『斎染』さんは、ネットでの販売に力を入れ、『斎染ブランド』は、県外からご注文をいただいており、ピアノ柄シリーズは、おかげさまで、ロングセラー商品となっています。
音楽教室名を入れて引出物にしたり、ピアニストの方へのファンからの贈り物として使われたりと、たくさんの方々から、喜びのメッセージを頂戴しています♡
私も、嬉しく拝見させていただいております。


『斎染ブランド』の新作デザインを楽しみにしてくださっているお客様がたくさんいらっしゃるということで、ただいま、新作デザインを制作させていただいております♪
みなさま、どうぞ、もう少しお待ちくださいませ。





こちらは、斎染さんから頂戴した『マカロン』です。
こんなにたくさんいただいてしまいましたm(_ _)m
色とりどりで、見ているだけでもワクワクした気持ちになりますね♪
いやぁ〜、本当にめでたいです♡

8年前に、斎染さんとのご縁をいただいて、このように『酒田市新田産業奨励賞』を受賞されることを共に喜びあえる日が来るとは思ってもいませんでした。
時間をかけて、『斎染ブランド』を育て上げた染職人/斎藤満さんのおかげです!
そして、いつも満さんをサポートされている奥様の存在を忘れてはいけません!ありがとうございました。
この度は、『酒田市新田産業奨励賞』の受賞、誠におめでとうございました。

私も、多くの方々に喜んでいただけるデザインを目指して励みますので、今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げますm(_ _)m
『斎染ブランド』は『Made in SAKATA』ということで、全国や世界へ発信していきますよ〜♪♪♪


<今日の俳句>
斎染さん 伝統生かし 全国へ


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加  


Posted by Rico at 23:58Comments(0)FOODNEWS斎染ブランド

2016年11月22日

R 福島沖地震にビックリ!&「テーマ/働く」エッセイ受賞のお手紙



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2016年11月22日(火)
今朝の福島沖地震にビックリして目が覚めました!
幸い酒田は震度3で済みましたが、青森から千葉までの6県で最大時51万人に避難指示・勧告が出て、14人が負傷したという大変な地震でした。
先日、仙台で被災された方から、東日本大震災の際に、津波を体験された生々しいお話しをお聞きしたばかりだったので、今日は、避難解除が出されるまでは、心配でたまりませんでした。
あの震災を体験された方々は、どれだけ怖い思いをされたことでしょう。
余震が続かないことを祈るばかりです。


ところで、今日の夕方に、一通の郵便物が届きました。
差出人は、なんと、昨年「松山そばまつり」にて、偶然に相席した女性からでした。
お手紙を拝見すると、「テーマ/働く」エッセイに応募したところ、入賞したので、上京して表彰式へ出席されたということが書かれたありました。
そして、その受賞されたエッセイを添付してくださいました。

彼女のエッセイ『私の生きる道』を読ませていただき、感動に涙しました。
最後の「働くとは己を磨くこと、家族を育むこと、人は仕事で人になるということ。この道以外に、私の生きる道なし。」に彼女の強さと優しさを感じました。
明日は、『勤労感謝の日』ですよね。
働くということに対する大切なメッセージをいただき、ありがたいと思いました。

彼女とは、昨年、たまたま同じテーブルで、松山そばを一緒に食べただけなのですが、それから、時々こうして、文通が続いているというのがとっても不思議でなりません。
私よりも先輩で、明るくて素敵な女性なのですが、気にかけていただいて、嬉しいです♡
彼女は、ネットは見ないということで、私のSNSをやっていることを知りません。
いつも直筆でのお手紙を頂戴しています。
なので、私も、直筆で返信をしています。
手書きのぬくもりは、やっぱり嬉しいものだなとしみじみ感じます。

いつどこに、どんな不思議な出会いがあるのかって、わからないものですね!
ご縁に感謝し、素敵な出会いを大切にしていきたいと思います。


<今日の俳句>
働くとは 生きる道なり ありがたし


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加






  


Posted by Rico at 23:53Comments(0)NEWS

2016年11月01日

R 緊急のお知らせ『私の携帯のメールアドレスが変わりました!』&我が家の歴代わんこ



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

先日、数台の携帯電話を解約し、いろいろと複雑な手続きを経て、iPhone7 Plusに機種変更したため、私の携帯のメールアドレスを変更しなければならない事態となってしまいました。誠に申し訳ございませんm(_ _)m

これまでご登録いただいていた皆様へ、この場をお借りして、私のメールアドレスの変更をお知らせさせていただきます。
私のこれまでのソフトバンクのメールアドレスから
[ -hi ](ハイフン hi)を削除していただければ、これまで通りにつながりますので、今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げますm(_ _)m
お手数をお掛けいたしますが、メールアドレスの修正登録をお願い申し上げますm(_ _)m


ソフトバンクへ行ったところ、こちらのカタログのお父さんとギガちゃんに目を奪われてしまいました。
我が家の歴代わんこに2匹とも似ていたからです。
なんだか、天国で2匹がこうして楽しそうに飛んでいる光景を想像してしまいました。




こちらは、初代わんこの『コロン』です。
とても優しく賢い子でした。
『コロン』は、本当に素晴らしいわんこでした♡
顔が、私に似ているとよく言われました!(笑)

18年、頑張って長生きをしてくれました。
結構大きな犬だったので、当時、ジョリィとも呼ばれました。
面倒見の良い子なので、きっと『ぽぉ〜』を天国で優しく迎えてくれていることと思います。




こちらは、2代目わんこの『ぽぉ〜』です。
ぽぉ〜は、小さいけれど頭が良く、品格がありました。
自分が、「かわいい」ということをちゃんと理解して、よくドヤ顔をしていましたね(笑)
『ぽぉ〜』は、私の誇りでした♡

この2匹は、本当にお父さんとギガちゃんに性格までそっくりで笑えます。
ソフトバンクへ行くと、我が家の亡くなったわんこのことばかり思い出してしまいます。
偶然なんでしょうけど、面白いものですね。



<今日の俳句>
天国や 白犬二匹 楽しそう


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

  


Posted by Rico at 23:52Comments(0)NEWS

2016年10月13日

R 羽黒山正善院黄金堂&於竹大日堂ご開帳/江戸時代の羽黒山と於竹大日如来展



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2016年10月10日(月・祝)
羽黒山正善院黄金堂『出羽三山大権現』と『於竹大日堂』がご開帳されているということで、参拝をさせていただきました。

こちらは、羽黒山正善院黄金堂の写真です。
鎌倉時代に源頼朝が建てた『出羽三山大権現』羽黒山・月山・湯殿山の神仏の姿とされている仏像三体がご開帳されていました。

黄金堂の中は、一周できる構造になっていて、この建物の中を一周すると出羽三山詣したのと同じご利益があると言われています。

『出羽三山大権現』以外にも、素晴らしい仏像がたくさんあり、とても見ごたえがありました。




こちらは、同じ境内にある『於竹大日堂』です。
江戸時代の創建以来の初のご開帳ということもあり、注目を浴びていました。

ここには、江戸時代、羽黒の手向地区で生まれた「お竹さん」という女性が祀られています。
お竹さんは、18歳で江戸へ行き、奉公人の鏡として評判となり、大日如来の生まれ変わりと言われ、江戸で、大人気の女性となりました。
お竹さんの錦絵(ブロマイド的なもの)も売られるほどのフィーバーぶりだったということでした。

この『於竹大日堂』では、「お竹さんのように立派な女性になりますように」とか、「いい従業員に恵まれますように」といったお願いをするとよいのだそうです。
また、お竹さんは、女性の味方ということで、女性の願いを叶えてくれるとも言われているそうです。

江戸時代に実際に生きた女性がこのように祀られているというところにとても興味を持ちました。
しかも、奉公人から大日如来の生き仏と言われるようになるまでのストーリーが面白いと思いました。




こちらは、『出羽三山大権現』羽黒山・月山・湯殿山の神仏の御朱印と『於竹大日如来』の御朱印です。
御朱印に使われている紙は、お竹さんの奉公先とゆかりのある『小津和紙』を使用されているそうです。
書家の方が書かれたような見事な御朱印に感激でした!
ありがたく、私の御朱印帳に貼らせていただきます。




羽黒山の『いでは文化記念館』では、『江戸時代の羽黒山と於竹大日如来展』が開催されていました。
中を拝見させていただくと、お竹さんの錦絵がたくさん展示してあり、江戸時代の庶民のお竹さんブームを楽しませていただきました。
これまで、『お竹さん』のことを全く知らなかっただけに、このご開帳は大変ありがたいと思いました。

ぜひ、この機会に多くの方々に、足を運んでいただきたいと思います。


<今日の俳句>
お竹さん 一大ブーム 江戸の町


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加  


Posted by Rico at 23:59Comments(0)NEWS御朱印帳寺院

2016年10月02日

R『萬谷』和子専務よりお薄を一服。『唐津焼/五代目 中野陶痴 襲名披露作品展』のご案内




『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2016年10月1日(土)
『萬谷』さんへお邪魔し、萬谷和子専務のお話しをお聞きする機会をいただきました。

和子専務は、米寿を過ぎても、現役バリバリで、優しさと教養のあるとても素敵な女性です。





和子専務が、お薄を点ててくださいました。
深みと温かみのある一服。
美味しく頂戴いたしました。

お抹茶でのおもてなしは、やはり良いものですね。

昔の話しに興味のあった私は、戦時中の酒田のお話しを和子専務からお聞きしました。
戦時中は、酒田も悲惨であったということを生の声で聞かせていただきました。
しかし、戦後、世間体が悪いことは、すべて証拠隠滅されてしまったということで、和子専務より、当時のことを語っていただき、私は、大変貴重なお話しをお聞きしたと思っています。

特に、庄内の偉人と言われている『石原莞爾(いしわら かんじ)』氏が、戦時中に酒田駅前で演説を行った時に、興味を持って和子専務が聞きに行ったお話しに興味を持ちました。たった7人の聴衆に向かって、「日本軍は、負ける!」という話しをしたそうで、当時では、絶対にありえない内容だったということでした。
その後、和子専務は、石原莞爾氏の素敵な奥様との思い出話しをお話ししてくださいました。

そんなお話しをお聞きすると、今でも、遊佐町菅里にある石原莞爾の墓所には、たくさんの人々が訪れているということに納得でした。
いつか行ってみたいと思っていた墓所ですが、行かなくては!という気持ちになりました。




10月13(木)・14(金)・15(土)に、『萬谷』2Fで開催されるイベントのご案内をいただきました。

唐津焼『五代目 中野陶痴』襲名披露作品展

中野陶痴先生の講演「唐津の歴史と茶の湯について」
同時展示開催『東北初!出雲 加治工房 弘光の灯りのコラボレーション』
添釜

参加費/500円

私のようにお茶のことはよく分からないという方でも、お気軽にお越しいただきたいということでした。
詳しくは、株式会社 萬谷茶道部 0234-23-2222まで。





中野陶痴先生の作品の一部を拝見させていただきました。
この三島唐津茶碗は、私の好みのツボにはまりました〜!
使えば使うほど、こういうお茶碗は景色が見えてくるので、私は大好きなんですよね!





こちらは、粉引唐津茶碗です。
こういうシンプルなお茶碗も、大好きです!
侘び寂びの世界がここにありますね!
実に素晴らしいです。





こちらも、三島唐津茶碗です。
素晴らしい唐津焼を拝見させていただき、目の保養をさせていただきました。





こちらが、同時展示開催される『出雲 加治工房 弘光』さんの作品です。
鋼でしっかり仕上げているのに、リーズナブルなところも魅力です。
雑誌『家庭画報』や『サライ』にも取り上げられ、人気急上昇の加治工房ということでした。





こちらは、添釜の際に使われる和菓子のサンプルだそうです。
3日間、違う和菓子でおもてなしをされるそうで、地元の和菓子屋さんから、サンプルを作っていただいたのだそうです。
そういった心配りが素晴らしいですね。

和子専務のお話しから、たくさんのことを学ばせていただきました。
貴重なご縁に感謝を申し上げます。


<今日の俳句>
唐津焼 本物に触れ 良さを知る


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加  


Posted by Rico at 23:48Comments(0)NEWS

2016年06月19日

R『中山みどり/フェルトアート展』酒田市美術館で開催中♪



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪

私がわんこを飼っていることを知っている方から、酒田市美術館で開催されている『中山みどり/フェルトアート展』のチラシをいただきました。

本物そっくりにフェルトで作られた犬や猫ちゃんたち!
これほどまでにリアルに作れるってすごいですよね!





「愛犬・愛猫を作ろう」フェルトアート講習会も開催されるということだったのですが、私は、都合が合わずに断念いたしました。
初心者は、どこまでリアルに作れるんでしょうね?

早く酒田市美術館へ足を運んでみたいのですが、仕事が立て込んでいるため、どのタイミングで行こうかと思っています。
うっかり忘れないように、ブログにチラシをアップしておきたいと思います。


<今日の俳句>
わんこ隊 フェルトアート 作りたし 

↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
  


Posted by Rico at 23:10Comments(2)DESIGN/ARTNEWS

2016年06月07日

R『キャンドルナイト2016inしょうない』のご案内



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

今年の『キャンドルナイト2016inしょうない』のご案内をさせていただきます。

私たち、オカリナ&エレクトーン『ルリアール』は、今年で、4年続けて出演させていただくことになります。
毎年、新しい曲を織り交ぜながら演奏をさせていただいております。





こちらは、昨年のキャンドルナイトコンサートの様子の写真です。
今年は、このウィンドーム立川(庄内町/風車村)の屋内ドームが会場になります。
これまでは、ほたるの里(二俣農村公園)の野外ステージで行っていましたが、「風のまち/立川」ということで、キャンドルがすぐに風に吹かれて消えてしまい、「どこがキャンドルナイトなの?」という感じでした。
昨年、雨だったため、こちらのウィンドーム立川で開催したところ、ご来場された皆様方には、ゆっくり音楽とキャンドルの灯りを楽しんでいただくことができ、とても評判が良かったので、今年からは、天候に関わらず、ウィンドーム立川で開催することが決まりました。





今年も、素敵な夜になるように、精一杯努めさせていただきますので、皆様のご来場をお待ちしております。





こちらは、昨年の写真ですが、風車村のとっても美味しいブルーベリーといい香りのラベンダーのプレゼントコーナーがありました!
今年も、企画されているようです。

それから、昨年同様に風車村の村長さんが、キャンドルナイトの開催に合わせて管理したホタルの観賞会も行われる予定です。
ホタルの幻想的な光にどうぞ癒されてください。



キャンドルナイトinしょうない
〜庄内町町民節電所プレイベント〜
キャンドルと蛍の光が織りなす幻想的な光景を一緒に楽しみませんか?
平成28年6月25日(土)19:00〜20:00
庄内町狩川地内『風車村(ウィンドーム立川)』

内容★軽音楽会
    オカリナ&エレクトーン女性音楽ユニット『ルリアール』による癒しの音楽をお楽しみください。
  ★じゃんけん大会(ブルーベリーやラベンダーがもらえる)
  ★ホタル観賞会
参加費/無料 どなたでも参加できます。(参加申込不要です)
    



<今日の俳句>
キャンドルと 蛍の光 癒しの音

↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

  


Posted by Rico at 23:38Comments(0)NEWSルリアール

2016年05月15日

R『大井俊子さんを偲ぶ会』總光寺〜墓参〜焼肉千山閣山王店



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2016年5月14日(土)10:30〜
鶴岡の焼肉『千山閣』の大井ママさんこと、『大井俊子さんを偲ぶ会』を總光寺様で行わせていただきました。

2014年8月19日に『眼瞼下垂の会in庄内交流会』で、總光寺さんに集ったメンバーを中心にお声掛けさせていただきました。
大井家の方にも、お声を掛けさせていただいたところ、大井家のみなさまにも喜んでいただき、大井ママの娘さんが代表で、ご参加くださいました。

私は、大井家のみなさまへ、『大井俊子さんの肖像画』を描いて差し上げたいと思い、こちらのパステル画を描かせていただきました。
生前、大井ママさんが、お客様の似顔絵をパステルで描いて、店頭に貼っていたことを思いだしました。
きっと、「お客様に喜んでいただきたい」という気持ちで、大井ママさんも描かれていらっしゃったのでしょうね。
私は、大井ママさんに母共々お世話になったお礼の気持ちと、大井ママさんや大井家のみなさまから喜んでいただきたいという気持ちを込めて、大井ママさんとのことを思い出しながら、描かせていただきました。

大井ママさんの遺影にしていただいている写真は、私が、千山閣さんへ初めてお邪魔したときに、私が撮影したものです。
家族全員が、私のブログにアップしていた写真を見て、「遺影に使わせていただきたい」と意見が一致したのだそうです。
Facebookなどで、たくさん写真をアップしていた大井ママさんなのに、なぜか、私の写真を遺影にしたいというお話しになったので、意外で驚きました。
遺影の写真は、スナップ写真でしたので、青白い光と顔に影があるのが、私としては気になっていました。
そこで、肖像画は、青白い光をとって、顔の影を消して、パワフルで、あったかい人柄の大井ママさんの内面を描かせていただきました。
肖像画には、遺影写真にはないよさがあると思っています。

大井ママの娘さんが、この肖像画を見た瞬間に、目にいっぱいの涙をためて喜んでくださったので、とても嬉しかったです。





大井ママの娘さんが、立派な御位牌と遺影写真をご持参くださいました。
本当にありがたかったです。
近しい仲間同士で、ご供養をさせていただけることのありがたさを感じました。
ご供養中、一匹の蜂が、娘さんの周りをぐるぐる回っていました。
みんなで、「これは、きっと大井ママだよね!」とあったかい気持ちになりました。

そして、ご供養が終わってからの原住職様のお話しが、心に沁みました。
大井ママさんの戒名は、「俊恵=すぐれた恵みという意味の素晴らしいお名前ですね」というお話しで、この日集ったメンバーは、みんな大井ママさんから、たくさんの恵みをいただいたメンバーなだけに、ありがたい気持ちで、涙が溢れました。
「桜の花が咲いて、散ることと同じように、死ぬことは悪いことではないのですよ」というお話しにも、深く共感しました。
原住職様のありがたいお話しをいただけるとは思っていなかっただけに、感謝の気持ちでいっぱいになりました。





ご供養が終わってから、大井ママさんを偲びながらの会食会。
大井ママの娘さんが、大井ママさんの昔の写真をご持参くださったので、私が知らなかった若かりし日の大井ママさんのことを知ることができました。

穏やかお天気に恵まれ、国指定名勝庭園の水の音と、ギタリスト/土門秀明さんが作ってくださった總光寺のオリジナルソングをBGMに、和やかな偲ぶ会となりました。
みなさん、お忙しい方々ばかりなのですが、やはり大井ママさんを偲びたいという思いは同じだったようです。
これも、すべて、大井ママさんのお人柄ですよね!

Ricoママは、大井ママの娘さんより、『目のお守り』を頂戴して、とても喜んでいました。
目薬とお守りを一緒に持ち歩くそうです。
私の母に、優しいお気遣いをいただきましたことに心より感謝を申し上げます。





ちょうど1年前に、大井ママさんへお贈りしたものと同じ、佐藤錦のチョコ箱入りをお供物にご用意させていただきました。
大井ママさんと私が最後に話しをしたのが、この佐藤錦お礼の電話だったので、佐藤錦を見ると、大井ママさんを思い出します。
偲ぶ会のみんなで分け合っていただきました。





偲ぶ会が終わってから、總光寺さんの峰の薬師堂へ移動し、みんなでそこからの眺望を楽しみました。
「晴れ女だった大井ママが、きっとこんなにいい天気にしてくれたんだよの!」とみんなで、そうだ!そうだ!と共感しました。





この後、大井ママさんの墓参をさせていただきました。
ウグイスが、元気よく「ほほほほほほほー!」と鳴くので、思わずみんなで笑いながら、「あ!大井ママが笑ってるの!」とあったかい気持ちになりました。

『大井俊子さんを偲ぶ会』は、ここで終了ということで、解散となりました。
参加された方の中には、これから、酒田を離れる方がいたり、飲食店をオープンさせる方がいらっしゃったりと、本当に良いタイミングでの再会だったと思います。
これも、大井ママさんが引き寄せてくださったよきご縁だと感謝いたします。

大井ママさん、本当にありがとうございました。合掌





そして、夜は、大井ママさんを偲びながら、川越からわざわざご参加くださった『眼瞼下垂の会』理事/フレイクさんの歓迎会ということで、焼肉千山閣山王店へ移動しました。
總光寺ファミリーの皆様にもご参加いただけて嬉しかったです♪

こちらは、「つぼ漬けカルビ」です。





炭火焼で、フレイクさんが、しっかりと焼き奉行になってくださいました!(笑)
もう、美味しいという解説は不要な画像ですよね!





良質の和牛肉の美味しさに、感動しました!
大井ママさんが守ってきた味をこうして、息子さんが守り続けています!
大井ママさんのおかげで、私たちは、美味しい焼肉を楽しませていただけるのです。
大井ママさん、本当にありがとうございます♡





顔よりでかい一枚肉にテンションMAXのフレイクさん!
フレイクさんは、『NPO法人 眼瞼下垂の会』の理事をされていらっしゃいます。
生まれながらにして、片方が、眼瞼下垂症ということで、同じ悩みを抱える当事者やそのご家族の皆さんの気持ちに寄り添う活動をされていらっしゃいます。
Ricoママが老化による眼瞼下垂症で手術を受ける際には、何度も応援のメッセージをツイッターでいただきました。
そんなフレイクさんは、大井ママさんが、中耳炎の手術の失敗により、片方の顔面の神経が切り取られ、顔に障がいを負ったけれど、明るく前向きに生きた人生にリスペクトしてくださっています。

フレイクさん曰く、「こんなに美味しい焼肉を食べたことが今までにない!」ということで、焼肉千山閣さんで歓迎会をさせていただいてよかったと思いました。





食後、大井ママさんの息子さんと娘さんも合流し、大井ママさんの話しで、盛り上がりました。
息子さんは、「こんなにお話が面白い方だったんだー!」という印象でした。
私は、お通夜の時の息子さんと娘さんのお気の毒なお姿の印象しかなかっただけに、この日、お二人とゆっくりお話しをさせていただく機会をいただいて、よかったと思います。
1年という時間が、偲ぶ会にはちょうどよかったのかもしれませんね。

最後に、「記念写真を撮りましょう!」と言ってくださったのも、息子さんです。
帰宅してから、この写真を見て、大井ママさんの息子さんと娘さんが、こんなに嬉しそうな笑顔をされていることに驚きました!

大井ママさんが見守ってくださる中、この日集ってくださった方々とのよきご絆が深まったことに感謝しました。





大井ママさんの息子さんと娘さんより、肖像画は、千山閣山王店に飾らせていただきたいと言われて、驚きました。
大井家に差し上げたものですので、どこに飾っていただいても構いませんと申し上げました。

この写真の書は、大井ママさんが書かれたものです。
味があって、いいですね〜!ここにピッタリです!

今まで、私は、大井ママさんとの思い出のある千山閣城南店へばかり足が向いていましたが、これからは、山王店でも、大井ママさんが待っていてくれるような気がしますので、どちらにも足を運ばせていただきたいと思います。
これからも、美味しい焼肉を楽しみにしていますね!
お腹いっぱいごちそうさまでした!



最後に、『大井俊子さんを偲ぶ会』にご参加いただいたみなさまはじめ、總光寺のみなさまに、お世話になりまして、誠にありがとうございました。
そして、最高のよき日にしてくださった大井ママさん、本当にありがとうございました。合掌


その日の夜は、私は、お腹いっぱいで、バタンQでした。
すると、不思議な夢を見ました。
私が鏡を覗いたら、なぜか、自分の顔が真っ黒だったのです。驚いて、顔を触ると、パカパカと分厚く真っ黒な皮膚が剥がれ落ちて、中から、新しい皮膚が顔を出しました!
夢の意味はわかりませんが、新しい顔になったぞー!という清々しい気持ちの夢でした。

偲ぶ会で忙しかったため、ブログをお休みさせていただきました。
ご心配いただいたみなさま、私は、おかげさまで元気です!どうぞご安心くださいませ。


<今日の俳句>
大井ママ 偲んで嬉し ご縁かな


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
  


2016年04月28日

R 熊本城を築いた加藤清正公墓碑のある鶴岡市丸岡『金峰山 天澤寺』へ墓参&募金



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2016年4月27日(木)
鶴岡の『BIG BLOCK』にて、Iさんとハワイアンランチをいただいた後、車で10分くらいの鶴岡市丸岡にある『金峰山 天澤寺(てんたくじ)』さんへ二人でお邪魔させていただきました。
目的は、この寺に眠る熊本城を築いた加藤清正公墓碑へ墓参することでした。
こちらの門をくぐった先に、加藤清正公墓碑があります。





こちらが、加藤清正公のお墓です。
この建物の中に、五輪の塔があります。
毎年7月に開催される『清正公祭』の時には、ご開帳されます。

この度の『平成28年熊本地震』の影響により、『熊本城』は、無残な姿となってしまいました。
『熊本城』は、熊本の皆さんの誇りです!
「『熊本城』が復興できますように」と加藤清正公の墓前で手を合わさせていただきました。





加藤清正公墓碑であることの解説が書いてありました。





加藤清正公墓碑の周りは、こんな感じののどかな風景が広がっています。
人気が少なく、私たちの他に墓参されている方は見かけませんでした。





私が、『天澤寺』さんにお邪魔させていただいたもう一つの目的が、『熊本への募金』でした。
『天澤寺』の住職さん自らが、募金受付のポスターを手作りし、掲示されていました。

『天澤寺』さんはじめ、地元有志でつくる『荘内加藤清正忠広公遺蹟顕正会』の皆さんが、募金を始めたのだそうです。『荘内加藤清正忠広公遺蹟顕正会』さんは、熊本の方々と交流を続けていらっしゃり、今回はの募金は、熊本城の敷地内にある『加藤清正神社』の方へ直接寄付するための募金ということでした。
募金の受取人が明確なのがありがたいですね!





掲示板には、新聞記事がたくさん掲示されていました。





こちらの写真の方が、『天澤寺』の庄司住職様です。
私たちが行った時は、不在だったため、お会いすることができませんでした。
奥様へ、募金を手渡しました。
微々たる金額でしたが、「何もせずにはいられない」という気持ちです。

誤解しないでいただきたいのは、自分が募金したことを書きたいわけではなく、『加藤清正公のお墓のある鶴岡の『天澤寺』さんで、熊本城敷地内にある「加藤清正神社」への募金を受付中である』ということを『んだ!ブログ』をご覧の皆様にお伝えしたいと思い、書かせていただきました。
ピンポイントで、被災地支援をしたいという方への情報の一つということで捉えていただければありがたいです。





なぜか、掲示板には、くまモンのポーチが挟んでありました。
頑張れ!くまモン!と声を掛けたい気持ちです。





『櫛引観光ガイド』の案内も掲示されていました。
今度、ガイドをお願いしてみたいのですが、一緒に聞いてみたい方はいらっしゃいますか?
なんだか、私一人では、申し訳ない感じがしますので、仲間を探さなければなりませんね!





こちらが、『天澤寺』さんの本堂の外観になります。





この白い猫は、『天澤寺』さんの猫でしょうか?
私たちを歓迎してくれて、とっても人懐っこい猫ちゃんでした。





こちらは、散歩途中のワンちゃんでした!
犬が好きな人がわかるということで、私に擦り寄ってきました!
体重25kgの『チビちゃん』という名前のインパクトが忘れられませんね!


『天澤寺』さんを後にして、112号線を走行していたら、歩道で、おじいさんが倒れているのを発見し、車を停めて、Iさんと二人で声を掛けてみました。
幸い意識があったので、良かったです。
おじいさん曰く、転んで動けなくなって、横になったまま、10分くらい経ったというお話しだったので、私は、すぐに救急車を呼びました。
5分後には、救急車が到着したのですが、その間、Iさんが、おじいさんに「喉は渇いていませんか?」と声を掛けて、自販機でお茶を買って差し上げました。
おじいさんは、喉が渇いていたらしく「親切にしてもらって、ありがとう。助かった!」とすごく喜んでいらっしゃいました。Iさんの細やかな配慮が素晴らしく、感動しました。
到着した救急隊員の方々にバトンタッチをして、私たちはその場を去りました。
あんなに交通量が多くて、明らかに人が倒れているのがわかる状況なのに、10分以上、誰も車を停めなかったということに、恐怖を感じました。
今回、おじいさんは、意識があったので良かったのですが、本当の救急救命が必要な状態だったら、10分も放置したら助かるものも助からない!ということもありえますよね!
確かに、「交通量が多いから、誰かが停まってあげるだろう」という気持ちになってしまいますよね。
でも、倒れた側から見ると、10分間誰も停まってくれなかったということになります。
自分が倒れたら、誰も停まってくれないことだってあるよなぁ〜と、とても考えさせられた出来事でした。

それにしても、本当に毎日いろんなことがあるものですよね〜!?



<今日の俳句>
清正公 墓参し募金 熊本へ


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加  


Posted by Rico at 23:41Comments(4)NEWS

2016年04月22日

R 2016新作『鳥海山/モンベルコラボ オリジナルTシャツ』発売開始♪



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

『とがしスポーツ モンベルルーム酒田店』の佐藤香奈子社長の発案により、昨年春に、『鳥海山/モンベルコラボTシャツ』3パターンのデザインを担当させていただきました。

昨年、販売してみたところ、おかげさまで、好評だったということで、今年は、鳥海山のイラストを白一色でプリントした3パターンを新発売!
今日、商品が入荷したというお知らせをいただいたので、早速売り場へ行ってみました。
お店の自動ドアが開くと、で〜んと真正面に、『鳥海山オリジナルTシャツ』コーナーが設けてありました。
カラーバリエーションが増えて、賑やかになっていたのが嬉しかったです♪

赤い鳥海山Tシャツは、秋田県の象潟から見た鳥海山の姿です。
酒田から鳥海山を見ると、右のほうが高い山ですが、象潟から見ると、左のほうが高い山になります。
全く違った印象になるのが、鳥海山の特徴ですね!
秋田バージョンを作ったのは、モンベルさんには、秋田県のお客様もいらっしゃるということで、香奈子社長の優しい心遣いです。





私は、ネイビー色が気に入って、こちらの種まき爺さんTシャツを購入しました。
サイズは、XS、S、M、L、XL。
1枚 2,400円(税別)。
イラストパターンは、6種類。
カラーバリエーションは、8種類。


モンベルさんのTシャツは、品物がよく、着心地が最高です!
Tシャツの後ろにmont-bellのロゴが入っていてカッコいいんですよ!


このイラストは、昨年のイラストをそのまま反転したものではありません。
雪の部分が白くなるように、時間をかけて塗り潰して、山肌の部分は、抜いていくという手作業だったので、このイラストだけでも一晩かかってしまいました。
登山をするような気持ちで、黙々と作業を続けて、完成させました!あ!先日、当ブログを1日休んでしまったのは、このイラスト制作に集中していたからでした!
一から描きなおした方が早いのですが、「昨年の鳥海山のイラストを反転させたように仕上げて欲しい」というのが、クライアント様のご希望でしたので、時間をかけて頑張りましたよ!
頑張って仕上げた分、今日、店頭に新作Tシャツがたくさん並んでいるのを見て、ホッとしました。

私は、『鳥海山』が大好きです♡
なので、このように、『鳥海山』オリジナルTシャツを販売していただけることに感謝を申し上げます。
『鳥海山』が好きな方に、ぜひ着ていただきたいTシャツです。
この商品は、モンベルルーム酒田店でしか取り扱っておりません!
お土産やお誕生日プレゼントにも喜ばれますよ!

そういえば、バレーボールをやっている私の友達が、この鳥海山Tシャツの背中にゼッケンをプリント発注して、チームのユニフォームにされていました。
遠征試合に、『鳥海山Tシャツ』を着て行ったら、強そうですよね!

『鳥海山Tシャツ』で、みんなが元気になってもらえたらありがたいと思っています。





それから、ゴールデンウィークまで、モンベル アウトレットフェア開催中でした!
現品限りのお買い得ですので、こちらも、お見逃しなく!!!

モンベルさんへ行くと、お出かけしたい気持ちになりますね♪



<今日の俳句>
鳥海山 Tシャツ元気 出かけよう


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加  


Posted by Rico at 23:32Comments(0)DESIGN/ARTNEWS

2016年04月20日

R 平成28年熊本地震『災害義援金』酒田市社会福祉協議会で受付中



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪

こちらは、私が、『ボランティア活動保険』でお世話になっている『酒田市社会福祉協議会』様です。





平成28年熊本地震の災害義援金を4月18日(月)より受付を開始されたということを知り、本日4/20に、『ルリアール』の二人で、義援金をお届けさせていただきました。
この度の『平成28年熊本地震』の被害によりお亡くなりなられた方々に謹んでお悔やみを申し上げますと共に、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。

酒田市社会福祉協議会では、酒田市とともに日本赤十字社山形県支部酒田市地区として、また、山形県共同募金会酒田市支会として義援金を受付けております。 受付け場所は、現在、酒田市役所1階(総合案内窓口)、酒田市役所3総合支所(地域振興課)、地域福祉センター(市社協窓口)、市社協3支部(八幡、松山、平田)、交流ひろばです。
※酒田市社会福祉協議会様のホームページより一部抜粋させていただきました。




それから、私たち『ルリアール』に、昨年11月に慰問演奏でお邪魔させていただいた仙台市若林区荒井小用地区仮設住宅『東通仮設住宅町内会』様より、郵便物が届きました。





中には、手作りの『復興風船』が二つと、お手紙が添えられていました。

平成28年3月30日で、『東通仮設住宅町内会』が解散したというご報告がありました。
194戸あった仮設住宅でしたが、各々、復興公営住宅や自宅再建などへと移られ、5月には、全員移転することになったそうです。

「仮設住宅で、多方面より多大なるご支援に感謝し、これからは、震災前の暮らしに戻れるよう一歩一歩進んでまいります。仮設住宅集会所には、イベント開催時には大勢集まり、特に一人暮らしの方にとっては励みになりました。
そこで、東通仮設住宅町内会より感謝を込めて創作した【復興風船】を送付致します。ご支援ありがとうございました」

このように綴られていました。


私たち『ルリアール』は、たった1時間の慰問演奏だったのですが、こうして、わざわざ私たちのために、ご連絡とお礼をいただいたことに、感謝の気持ちでいっぱいになりました。
たった1時間の慰問演奏だったとはいえ、皆さんと一緒に、音楽を通じて、泣いたり笑ったり、とってもあたたかい気持ちになれたひとときでした。
Rumiさんと、改めて、『東通仮設住宅町内会』の皆様のところへお伺いさせていただく機会をいただけて、ありがたかった!と当時を思い出しました。


『東通仮設住宅町内会』の皆様は、これから、また新しい環境で、新しいコミュニティー作りをしなければなりません。
気の合う人はいるのだろうか?
何か困ったときに、相談にのってくれそうな隣人はいるのだろうか?
仲間に入れてもらえるのだろうか?
自分は、迷惑だとは思われないだろうか?
etc

様々な不安を抱えて、また一からのスタートを切ることになります。

仙台市ボランティアセンター「復興支援“EGAO(笑顔)せんだい”サポートステーション」様では、新しい環境『復興公営住宅』の集会所での私たちの慰問演奏に期待をしてくださっています。
私たちの拙い演奏ではありますが、これからも、必要としていただけるのであれば、喜んでお伺いさせていただきたいと思います。
特に孤独な思いを抱えて日々を過ごされている一人暮らしの方に、集会所で、たくさんの方々と触れ合う時間を提供できればと思っています。
『ルリアール』が、仙台市ボランティアセンター様に登録しているのは、私の第二の故郷が仙台市だからという理由です。
6年間お世話になった仙台市へお礼がしたいという気持ちがあるので、仙台市ボランティアセンター様に登録させていただきました。
ボランティア活動は、その地域でボランティア派遣をきちんと調整してくださる組織の指示をいただいて行うことが、マナーではないかと思います。
善意の押し付けにはならないように、配慮しつつ、これからも支援を続けていきたいと思います。


本日(平成28年4月20日21時19分頃)、福島沖で震度3の地震が発生しました!
酒田は、震度2でした。

熊本地震のニュースを見て、東日本大震災当時を思い出している被災者の皆様にとって、今夜の地震には、恐怖を感じたことと思います。
津波で被災された方々は、地震が起きた途端に、津波から逃れるための避難のことを考えることでしょう。
私たちも決して、他人事ではないんですよね!





今日は、Rumiさんと二人で、由美子先生のところへ、『ルリアール』の衣装の製作のお願いのために、こちらの生地を持参しました。
これは、昨年の夏、仙台で見つけた刺繍の入ったカーテン生地です。(現物は、この写真よりも発色が綺麗です)
癒し系のデザインでありながら、豪華な刺繍がステキで、一目で気に入り、購入してきました。
夏向きの透ける生地なので、これから、夏に向けて、『ルリアール』の衣装に仕立てていただく予定です。
今年の被災地での慰問演奏は、熊本地震の影響を受けて、特に明るくさわやかにを心掛けたいと思います。


私たち『ルリアール』が、これまで、慰問活動を続けさせていただくことができたのは、地元の方々から応援をいただいたおかげです。
『ルリアール』を応援してくださっている皆様に、この場をお借りして、厚く御礼を申し上げます。
これからも、Rumiさんやアシスタントと力を合わせて、癒しの音楽をお届けいたしますので、引き続き、応援をよろしくお願い申し上げます。



<今日の俳句>
できること 続けることが 我が志事


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加  


Posted by Rico at 23:44Comments(0)NEWSルリアール

2016年04月15日

R『平成28年熊本地震』&『東日本大震災 被災地への慰問演奏』



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪

2016年4月14日午後9時26分ごろ、熊本県で震度7を観測した地震は、
『平成28年熊本地震』と名付けられました。
名付けるのは、気象庁のお仕事だということを知りました。

昨夜からずっと、強い余震が続く『平成28年熊本地震』の様子がテレビに映し出されていました。
今日の午後3時前にも、震度7という揺れがあり、熊本地方の皆さんは、どれほど怖い思いをされているのだろうと、気の毒に思いました。
早く、余震がおさまることを祈っています。
震度7の爪痕は大きく、倒壊した建物や新幹線の脱線など、被害が次々に報告されるたびにショックを受けています。
そして、お亡くなりになられた方やお怪我をされた方々がたくさんいらっしゃるようです。
犠牲になられた方々へ、心よりお悔やみを申し上げます。
東日本大震災での教訓が、少しでも生かされることを願っています。

そして、昨夜のブログにアップした『熊本城』が、地震後に無残な姿になっていたのが、ショックで、ショックで・・・倒壊しないだけでもすごいことだとも言われておりますが・・・。
熊本の方が、「『熊本城』は、私たちの誇りなんです!」とテレビの取材に応じて、悲しんでいらっしゃいました。
『熊本城』を築城された『加藤清正公』も、さぞ悲しまれていらっしゃるのではないでしょうか?
鶴岡市の『天澤寺(てんたくじ)』に眠る『加藤清正公』の墓碑に手を合わせに行ってあげたいという気持ちになりました。
昨年の『清正公大祭お逮夜』のブログレポはこちら。


そんな中、仙台市ボランティアセンター「復興支援“EGAO(笑顔)せんだい”サポートステーション」様より、ご連絡をいただきました。
オカリナ&エレクトーン『ルリアール』で、慰問演奏を希望されている仮設住宅もしくは、復興公営住宅をご紹介頂きたいとお願いしていたのですが、本日、マッチング先が決まったというご連絡でした。

5月22日(日)14:00〜仙台市宮城野区『燕沢復興公営住宅/集会所』で、演奏をさせていただけることになりました。
早速、『燕沢復興公営住宅』の代表の方と電話で打合せをさせていただきました。
演奏会のポスター&チラシを送っていただきたいということだったので、すぐに印刷へデータ入稿し、手配致しました。
いつものデータに日時&会場を修正しただけですが、初めてお会いする方々なので、問題はないと思います。
さすがに、私たち自身が、このポスターに飽きてしまったという感じなので、そろそろ、新しい写真を撮りたいなぁ〜とは思うのですが・・・(苦笑)

東日本大震災で被災された方々には、『心的外傷後ストレス障害(PTSD)』で苦しんでいらっしゃる方々がたくさんいらっしゃいます。
今回の『平成28年熊本地震』のニュースを見て、また、あの時の恐怖が蘇ってしまった方がいるかもしれません。
犠牲者の数は、約2万人。太平洋には、まだまだたくさんの方々が眠ったまま、帰ってきません。
被災者の方には、少しでも、音楽で癒されたり、元気になっていただければと願っています。
心の傷は、なかなかわかりにくいものなので、思いやってあげること、そして、相手のお話しに耳を傾けてあげることが大事だと感じています。

私たち『ルリアール』の活動にご協力をいただいている仙台市ボランティアセンター様には、心より感謝を申し上げます。



<今日の俳句>
大地震 心の傷や 癒す音を


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

  


Posted by Rico at 23:48Comments(0)NEWSルリアール

2016年04月14日

R 熊本地方『震度7』



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2016年4月14日午後9時26分ごろ、熊本地方で震度7の揺れを観測し、その後、震度6弱の余震が続いています。
報道を見ていると、5年前の東日本大震災のことがフラッシュバックしてきます。
あの時のドキドキと不安が伝わってきます。
我が家のぴぃ〜ちゃんにそっくりなわんこを抱きかかえて避難されている女性の映像もありました。
とても他人事とは思えません。

朝にならないと、被害の状況がわからないと思いますが、少ない被害であることを祈るばかりです。合掌

本日は、2014年3月1日に訪れた『熊本城』の写真を投稿させていただきました。
加藤清正公が築かれた このそびえるような石垣はすごいですよね!
地上に見えている石垣は、全体の3分の2ということで、残りの3分の1は地中に埋まっているのだそうです。
加藤清正公が、今でも、「土木の神様」と慕われているのが、わかるような気がします。
『熊本城』も無事であることを願っています。





昨日、『くまモン』ネタをブログにアップしたのは、単なる偶然なのでしょうか???
偶然すぎて、ちょっと怖いんですけど〜。

こちらの画像は、熊本城の熊本名物『いきなり団子』のお店の写真です。
この『いきなり団子』の出来立てあつあつは、とっても美味しいんですよ!
地震が起きると、観光客の数が減ってしまい、しばらくは大変だと思いますが、
「頑張れ!くまモン!」と応援してあげたいです。

そして、私は、5年前に、生きることに真剣に向き合ったあの頃を思い出して、犠牲になられた多くの方々の分も頑張らなくては!と改めて思います。



<今日の俳句>
熊本や いきなり団子 なつかしい


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
  


Posted by Rico at 23:23Comments(2)NEWS

2016年04月06日

R ストレスを力に変える方法!ケリー・マクゴニガル先生



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

先週の『世界一受けたい授業』というテレビに、『スタンフォードのストレスを力に変える教科書』などを著書に持つ、ケリー・マクゴニガル先生が登場されました。
お名前を一度で覚えられなかったので、メモ代わりに、テレビ画面を撮影しました。





私は、お名前も存じ上げていなかったのですが、なんと、YouTubeの再生回数が、スティーブ・ジョブズ氏やビル・ゲイツ氏を抜いて、ダントツ1位ということで、私はテレビに釘付けになりました。




そして、登場したケリー・マクゴニガル先生の美しさにも驚きました!
ストレスはあった方がいい!という内容で、ストレスを力に変えるというお話しがありました。




その話しの後に、こんな質問がありました。

質問/辛いことがあって、大きなストレスを抱えた時にある事をすると、早く立ち直る事が出来る。そのある事とは何でしょう?

スタジオのゲストの方々は、笑う、寝る、食べるなどの答えを出しましたが、全てハズレでした!





その正解は、なんと!
ボランティア活動する事
だったので、びっくりしました!





自分が辛い時こそ、人のために何かをする事が早く立ち直る事が出来るのだそうです。





ボランティア活動をすると『オキシトシン分泌』が、恐怖を鈍らせ勇気をわかすのだそうです。

確かに、あの東日本大震災の時に、じっとしているよりも、ボランティア活動をして、体を動かした方が、前に進む勇気が湧いたという体験をした方が多かったと聞きます。





苦しい時こそ誰かを助けると自分も早く立ち直る事が出来る

これには、深く納得しました。




ストレス状態の寿命というのにも、ボランティア活動するとこれだけ違いが出るんですね!

思わず、『情けは人の為ならず』という言葉を思い出しました。
日本でも、古くから、『情けは人の為ならずとは、人に情けをかけるのは、その人のためになるばかりでなく、やがてはめぐりめぐって自分に返ってくる。人には親切にせよという教え。』があるように、ボランティア活動は、自分にプラスに返ってくるということなんですよね。
だからこそ、ボランティア活動は、「させていただく」という謙虚な気持ちがとても大切だということを感じました。

今まで、東日本大震災の被災者支援のためだと思って、私は、慰問演奏を続けてきましたが、それは、大きな間違いであったことに気がつきました。
ボランティア活動を通じて、私は、お役に立たせていただけた喜びと、こんな私でも、お役に立たせていただけることがあるのだという自信をいただいていたのですね!辛い事があった時こそ、また、慰問演奏をさせていただきたいと思います♪

これからも、ボランティア活動を続けていくためのモチベーション維持のためにも、ケリー・マクゴニガル先生のお話しは、とても勉強になりました。
ケリー・マクゴニガル先生の本も、読んでみたいと思います。


<今日の俳句>
ボランティア 辛い時こそ 被災地へ


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

  


Posted by Rico at 23:48Comments(0)NEWS

2016年03月31日

R 2016年3月31日をもって閉店いたします。『CAFE RIDEA』



鶴岡の『CAFE RIDEA(リデア)』さんへお邪魔させていただきました。





『CAFE RIDEA』さんが、「3,650日のありがとう」ということで、2016年3月31日をもって閉店することになり、『リデアと愉快な仲間達/飲みましょ会』が開催されました。
こちらは、記念品のRIDEAオリジナル ステンレス製のかき混ぜ棒です。
RIDEAさんの思い出と共に、大切に使わせていただきます。
10年間の営業、お疲れ様でした。
そして、お世話になりまして、誠にありがとうございました。





RIDEA最後の夜は、80名以上の方が集まり、大盛況でした!
あつみ温泉の足湯カフェ『チットモッシェ』のチーフや湯田川温泉『つかさや旅館』の若旦那さんなどと初めてゆっくりとお話しをさせていただく機会をいただきました。それぞれの温泉地を盛り上げようと頑張っていらっしゃる方々に実際にお会いできて嬉しかったです。

また、鶴岡の『Candle Night』実行委員の方々と同席させていただき、継続のご苦労などのお話しをお聞きすることができました。
普段、鶴岡の方々とお話しができる機会が少ないので、貴重な夜となりました。





たくさんのお料理が用意された中に、RIDEA名物『ほうれん草のドリア』が登場しました!
最後に、食べたかった『ほうれん草のドリア』をいただくことができて感激しました。

RIDEAさんでは、私は、フォークバンド『ぽけっと』や演歌・歌謡『YOSHIKO&RICO』などで出演をさせていただき、思い出がたくさんあります。
私も、ブログを始めて10年!
それだけに、この10年をしみじみと振り返りました。





RIDEAの厨房人こと、さとうれいこさんからのご挨拶がありました。
やはり、最後のあいさつというのは、寂しいものですね。
10年間、本当にお疲れ様でした。
そして、今日のために、たくさんのお料理をお作りいただいて、ありがとうございました。
ごちそうさまでした。





「今日は、開店祝い?」と思うほど、たくさんのお花が寄せられ、とても華やかでした。
RIDEAさんの交友関係の広さを感じますね!

今後、この場所の予定は、白紙だそうです。
ここを借りたい方がいらっしゃれば、相談にのりますということでした。

RIDEAさんの2階は、デザイン事務所『はんどれい』さんです。
私は、『はんどれい』さんには、デザイン関係でお世話になることと思いますので、今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。


<今日の俳句>
年度末 けじめをつけて 新天地


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

  


Posted by Rico at 23:06Comments(0)FOODNEWS

2016年03月11日

R 酒田市役所正面入口『弔旗掲揚』東日本大震災犠牲者へ合掌



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪icon23

2016年3月11日(金)
住民票が必要になり、新しくなった酒田市役所へ初めて足を運びました!
酒田市役所の正面入口の自動ドアが開くと、
『弔旗掲揚』が目に飛び込んできました。

東日本大震災から丸5年。
日本国民が深い悲しみを背負った日であることを象徴する『弔旗掲揚』に、思わず足が止まりました。
この真新しい正面入口に、『弔旗掲揚』を考えてくださった酒田市役所職員の方々に、心より感謝を申し上げます。


東日本大震災発生から今日で5年。
    死者   行方不明者
北海道 1人     0人
青森県 3人     1人
山形県 2人     0人
岩手県 4,673人   1,124人
宮城県 9,541人   1,236人
福島県 1,613人   197人
茨城県 24人     1人
栃木県 4人     0人
群馬県 1人     0人
千葉県 21人     2人
東京都 7人     0人
神奈川県 4人    0人
合計 15,894人   2,561人
      (10日現在 警察庁)
全国避難者数 約17万4千人
   (16年2月現在 復興庁)
プレハブ仮設住宅入居者数 
        5万7677人
   (16年2月現在、岩手・宮城・福島まとめ)
『東北を忘れない。』


東日本大震災で犠牲になられた方々へ、心より哀悼の意を捧げます。
そして、被災された方々や避難生活をされていらっしゃる方々の復興を願っております。
合掌





酒田市役所入口からすぐのところに、北前船のデザインが配置された振り子時計が設置されてありました。
大きな振り子がゆったりと揺れながら時を刻んでいました。

5年前の今日、まだまだ生きるはずだった多くの命が、突然、失われました。
時を刻む時計をこの世で見られなくなった人がたくさんいるのだと思うと、複雑な気持ちになりました。
犠牲になられた方々のために、私は、これからも、被災地で鎮魂の曲を演奏させていただきたいという気持ちを新たにしました。


市役所の入口で、知り合いの市職員の方にバッタリ会いました。
「あ〜!酒田市 東日本追悼の集いのやつで、写真を見たよ!」と声を掛けてくれました。
去る3/6に、酒田市と酒田市社会福祉協議会と酒田市民・酒田に避難されている方が一緒になっての追悼式ができたことは、本当にありがたいことだと思いました。
これからも、酒田市と市民の距離がより近い関係を築ける場が増えて欲しいと願っています。

新市庁舎へ足を運んでみて、お役所っぽい雰囲気がなくなり、明るい印象になっていたことがとても嬉しかったです。
新しい市長を迎え、酒田市役所がようやく前向きに歩み出したような気がします。
これからの新しい酒田市役所に期待しています♡


<今日の俳句>
新庁舎 弔旗掲揚 5年の日


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

  


Posted by Rico at 23:25Comments(0)NEWS

2016年02月10日

R『酒田市 東日本大震災追悼の集い』(2016年3月6日)のお知らせ



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

『酒田市 東日本大震災追悼の集い』

もうすぐ、東日本大震災から5年が経とうとしています。
震災で犠牲となられた方々を追悼するとともに、これからも被災者の方々と酒田市民とが復興に向けて気持ちをひとつにするため、追悼の集いが実施されることになりました。

●日時/平成28年3月6日(日)午後1時30分〜3時30分
●場所/酒田市地域福祉センター
〒998-0864 山形県酒田市新橋二丁目1-19 電話0234-23-5765
●対象/酒田市に避難されている方、酒田市民
●内容/1.追悼式(午後1時30分)
    2.癒しのコンサート(式典終了後)
     ○SAKATAローゼンコール
      結成29年目を迎える市内の女性コーラスグループ
     ○ルリアール
      庄内在住のオカリナとエレクトーンの女性音楽ユニット


●申込み・問い合わせ/申込み・問い合わせは、酒田市社会福祉協議会まで。
○その他/当日は、平服でご参加ください。また、献花台は設けませんので、
     香料、供花、供物等についてはご遠慮申し上げます。

酒田市社会福祉協議会/電話0234-23-5765 FAX0234-24-6299

<主催>酒田市・酒田市社会福祉協議会



昨年に引き続き、私たち『ルリアール』に出演依頼をいただけたことを大変ありがたく思っております。
昨年は、東日本大震災で犠牲になられた方々への追悼のためにお集りくださった酒田市民のみなさまと一緒に、黙祷をささげ、前本間市長と酒田市社会福祉協議会の阿部会長のお話しに感動したことが強く心に残っています。
そして、会場にお越しくださった酒田市に避難されている方々が、追悼の集いの開催をとても喜んでいらっしゃるお姿を拝見し、嬉しく思いました。
今年も、酒田市と酒田市社会福祉協議会様のおかげで、開催していただけることを心からありがたいと思っています。

私たちは、式典後の『癒しのコンサート』での演奏となるわけですが、昨年、仙台の仮設住宅へ慰問演奏をさせていただいた際のお話しなども交えて、昨年とはまた違う内容にしたいと考えています。

酒田市にお住まいのみなさま方におかれましては、日々お忙しいことと思いますが、震災で犠牲になられた方々や現在も復興に向けて頑張っていらっしゃる被災者の方々に寄り添うお時間をいただけたらありがたく思います。



<今日の俳句>
5年経ち 追悼集う 酒田にて  


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



  


Posted by Rico at 23:23Comments(0)NEWSルリアール

2016年02月04日

R カルチャーショック!企業文化誌『時代の先へ-エプタ Vol.75/特集 鳥海山を仰ぐ遊佐』



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

この度、企業文化誌『時代の先へ-エプタ Vol.75/特集 鳥海山を仰ぐ遊佐』を東京の『エプタ編集室』のエディトリアル・コーディネーター/小室美登利様からお送りいただきました。

『ギャラリー&ティールーム翠sui』さんの紹介コーナーで、私の旧ブログ『Rico's Room』にアップしていた写真を使用させていただきたいと、当ブログへご連絡をいただき、この度、掲載誌をお送りくださいました。
以前の記事が、このようにお役に立ったということで、ただただありがたいと思っています。
旧ブログを始めてからもうすぐ10年になる今、ブログが運んでくれるよきご縁に心から感謝しています。

この『エプタ』という冊子は、70ページくらいのボリュームでした。
基礎肌粧品メーカーのヒノキ新薬株式会社が発行する企業文化誌です。
私は実物を手にするまでは、冊子の中は、ほとんどが、基礎肌粧品の宣伝ばかりで、遊佐町特集はほんの少しなんだろうと思っていたのですが、全く違っていました!基礎肌粧品の広告もなければ、モデルさんの顔写真などは一枚もありません!遊佐の魅力だけが純粋に特集されていました!
本屋さんに並んでいてもおかしくないほどの素晴しい読み物で、カルチャーショックを受けました!
これほどまでにクオリティが高い一企業様の季刊誌を見たのは初めてです!
遊佐町の写真も美しく、ディープな遊佐町のことまでしっかりと紹介してくださっています。

ただいま、遊佐町の『ブックスほんま』さんで取り扱っているそうです。
1冊700円(税込)です。
男性の方でも、違和感なく手にできる冊子です!


企業文化誌
『時代の先へ-エプタ Vol.75/特集 鳥海山を仰ぐ遊佐』
■新春対談 ゲスト 女優 ハ千草薫さん
■鳥海山を仰ぐ 遊佐
■湧水めぐり
■鳥海山大物忌神社
■十六羅漢岩の絶景
■遊佐の偉人列伝①
■鳥海山の四季
■遊佐の偉人列伝②
■杉沢比山
■アマハゲ
■高瀬峡
■遊佐の刺し子
■遊佐の味
■鳥海山の源泉湯


この一冊を見ると、遊佐町が大好きになります!
遊佐町の時田町長からも、エプタ編集室さんへ御礼状が届くほど、遊佐町のみなさんが、全面協力しての素晴しい完成度です!
遊佐町のみなさまには、ぜひとも一度は手に取って、故郷の素晴しさを再発見していただきたいと願っています。
庄内に住むみなさまにも、まだまだ遊佐町の知らなかった魅力をこの本で発見していただけることでしょう。
ぜひ多くの方々に読んでいただきたい一冊です!





ちなみに、こちらが、『エプタ』の裏表紙です。
ここにだけ、企業広告が載っています。
富谷一朗先生の素敵な世界で、思わずうっとりと眺めてしまいました。
『エプタ』は、きっと、男性の定期購読者も多い冊子だと思います。
男性でも違和感なく手にできるデザインですよね!
優良書との出会いに心が震えるほどの感動を覚えました。






こちらは、同封されていた『エプタ』のバックナンバーです!
毎号、一つのテーマを多角的に深く掘り下げているというのが、この3冊でよくわかりました。
他にも、バックナンバーを購入することができるというので、注文してみたいと思います。

ちなみに次号は「仮面の真実」(仮)というテーマで、取材を始めているそうです。
能面はもちろん、歌舞伎の隈取りも取り上げてくださるということで、『松山能』や『黒森歌舞伎』に、ほんの少しですが関わらせていただいている私にとっては、これは、シンクロニシティ(意味ある偶然の一致)だと鳥肌が立ちました!
次回号が今から楽しみです♡

製品の愛用者でなくても、読み物として、一般の方も購読することが可能です。
『エプタ』HPページはこちら→http://www.hinoki.co.jp/epta/epta/
ご注文フォームはこちら→http://epta.main.jp/orderform.html





それから、『ヒノキ肌粧品』の『ハンド・ニークリーム』と『薬用クリーム ヒノキAPクリーム』のセットを御礼状と共に、小室様から頂戴してしまいました。
お気遣いをいただいて、誠にありがとうございました。




ハンドニークリームは創業以来のロングセラー製品で、長年、あかぎれや肌荒れなどの悩んでいた方々にも、ご愛用いただいているという製品なのだそうです。
早速、私も使ってみました!エレクトーンを弾く手が、カサカサだったら嫌ですものね!
手に塗って、しばらく揉み込んでみたら、肌にじわ〜っと染み込んでいきました!
ベタベタしないので、パソコンのキーボードをタッチすることができます。
あれ?これは、今までにない皮膚感覚です!
水仕事をしてみましたが、水をはじいてくれますね!
これは、しばらく使い続けてみたいと思います。


小室様にはお会いしたことはありませんが、写真借用を通して、誠実なお人柄を感じました。
これだけ素晴しい本を編集できるということは、人間の根っこがしっかりされていらっしゃるのでしょう!
いつか是非ともお会いしてみたい女性です。
小室様は、今回の遊佐町の取材を通して、すっかり遊佐の魅力の虜になったそうで、またいつか、遊佐町に遊びにいらしていただけることを切に願っています。



<今日の俳句>
再発見 遊佐の魅力 外の目で 


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

  


Posted by Rico at 23:46Comments(3)NEWS