2022年07月31日

R 猛暑日!山形県酒田市『黒森歌舞伎/虫干し2022』&『欧風中華料理 凰花園/冷たいトマトラーメン』



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2022年7月31日(日)
山形県酒田市『黒森歌舞伎』の衣裳の虫干し行事が、朝7時から行われました。
朝、黒森地区の男性陣が、黒森日枝神社境内にロープを張り、蔵から出した約500点の衣裳を干しました。

私は、10時頃に伺って、この写真を撮りました。
ジリジリと焼けるような日差しで、猛暑日となりました!




死にそうなほど、あっちぇ〜っ!!!
ということは、最高の虫干し日和ということです!!!
お天道様に感謝です♡




黒森日枝神社の屋根や外壁などの修繕工事が終わり、神々しく輝いていました!
黒森地域のみなさんが、神社を大切にされている気持ちが伝わってきて、とても嬉しかったです♡
こうして、村人が長年守り続けてきた神社なんですよね!




かつら約50点も干してありました。
次回の公演で使用するかつらを分けて収納しなければなりません。




ちなみにこちらのかつらは、安寿姫のものです。
令和5年黒森歌舞伎押絵は、『昔談柄三荘太夫』にちなんで、『安寿姫と對王丸(ずしおうまる)』を作ります。
デザインの参考のために、かつらを拝見させていただきました。
できるだけ、黒森歌舞伎のスタイルに合わせてデザインしたいと思います。




お昼は、山形県酒田市『欧風中華料理 凰花園』の『冷たいトマトラーメン』をいただきました♪
7・8月だけの限定メニューです。
こんなに暑いと、たくさんのリコピンとビタミンCをチャージしたくなります。
イカ・エビのほか、ナス・パプリカ・ズッキーニなどの夏野菜がたっぷり入っていて、とっても美味しかったです♡
これは、美容と健康によい、夏メニューだと思います。
ごちそうさまでした〜!




12:30、黒森歌舞伎演舞場2階からの写真です。
気温は高くなりましたが、日差しはやわらかくなっていました。




こちらは、令和元年に、ポーランド公演のために、クラウドファンディングで、みなさま方よりご支援をいただいたおかげで作った衣裳です。
実際にポーランド公演で着用しました。
この衣裳を見るたびに、コロナ禍ギリギリ前に、無事にポーランド公演ができて、本当によかったと思います。




13:00になると、黒森地域の女性のみなさんが集まり、黒森歌舞伎演舞場の中で、衣裳をたたむ作業が始まりました。
私も、少しお手伝いをしたのですが、膝を痛めて以来、正座ができなくなってしまったので、動きが遅く、足手まといな感じでした(汗)

結局、途中から、座長と黒森歌舞伎保存会事務局の方々と、次回の公演へ向けてのお手伝いの打ち合わせをさせていただきました。
私も無理せず、自分ができることで、お手伝いをさせていただきたいと思います。




本日お手伝いいただいたみなさんに、黒森歌舞伎妻堂連中さんから、カップ氷の差し入れが配られました。
熱中症になりそうな気温だったので、カップ氷でのクールダウンはとても嬉しかったです。





最後に、午後の部のお手伝いをされたみなさんの集合写真を撮らせていただきました。
(撮影の時だけマスクを外してもらいました)
みんなで一緒に汗をかいて、やり終えた清々しいお顔がとても印象的でした。

このように約280年前から、黒森地区の村人が集まり、一年で一番暑い日に虫干しを行い、一年で一番寒い日に歌舞伎の公演を行ってきたわけですよね。
村人の忍耐力と団結力が養われますよね!

私は、黒森住民ではありません。
あくまでも、黒森歌舞伎は、黒森の皆さんが主役だと思っています。
私は、同じ酒田市民として、でしゃばらないように応援をさせていただきたいと思います。
例えば、今日の虫干しなど、黒森の一年の行事をブログやSNSで発信することで、黒森のみなさまのモチベーションUPなどのお役に立てるのであればありがたいと思っています。

本日は、猛暑日の中、大変お疲れ様でした!



↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ



  


2022年07月23日

R 山形県酒田市『酒田料理/銀のすず』にて、『くろもりん押絵倶楽部』懇親会&次回作品打合せ



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2022年7月23日(土)18:30〜
山形県酒田市『酒田料理/銀のすず』さんへ、『くろもりん押絵倶楽部』様よりご招待いただき、懇親会&次回作品打合せを行いました。

4名個室利用で、感染症対策を行いながら会食をしました。




来年、令和5年黒森歌舞伎正月公演は、『昔談柄三荘太夫(むかしかたりさんしょうだゆう)』と決まりました。
平成15年の台本をお借りし、来年の『黒森歌舞伎押絵』の顔を誰にするのかをみんなで相談しました。

主役は、三荘太夫ですが、来年の押絵の顔は、安寿と厨子王こと『安寿姫と對王丸』に決定しました。
『黒森歌舞伎押絵』で初の子供の顔になります。その上、姉弟ということで、俄然、デザイン制作に気合が入ります!
頑張ります!!!




ところで、『酒田料理/銀のすず』さんは、私は、初入店でした!
こちらは、前菜です。
すごい演出に驚きました!





お造りは、タイ、スズキ、メバルで、鮮度よくとても美味しかったです!
睡蓮の葉の演出にもビックリでした!





油物/とうもろこし、アスパラの梅鰹肉巻き、裏白椎茸、ウドの葉の天ぷら
アッツアツのとうもろこしがとっても美味しかったです。





強肴/庄内豚の南蛮焼き
おいしいはもちろんですが、「この豪華な器がすごいね〜!」と話題になりました。
非日常の器でいただける喜びがいいですよね!





煮物/地物野菜の炊き合わせ
器ごとあっつあつで運ばれてきました。
野菜のおいしさをフーフーしながら頬張りました♡





食事/釜飯(真室川産コシヒカリ金賞米)
卓上の固形燃料で、30分かけて釜飯を炊き上げました。
炊きたてのお米は、ツヤツヤ光りながら粒が立っていました!





焼物/甘鯛
香の物/蕪漬け・自家製昆布の佃煮
止碗/味噌汁

コシヒカリのおこげがたまらなくおいしいお食事でした。




カスタードプリン、パイナップルのシャーベット、ほうじ茶寒天

ひまわりのお花が添えられていて、夏らしいデザートの演出でした。




〆のコーヒーまでついて、嬉しかったです♡

どのお料理も美しい盛り付けと演出で、気持ちが華やぎました。
女子会にピッタリですね♡
本日は、お腹いっぱいごちそうになりまして、誠にありがとうございました。


7月31日(日)は、黒森歌舞伎の衣装の虫干しが行われます。
その際に、『安寿姫と對王丸』の衣装やカツラを拝見させていただきたいと思います。
どうかお天気に恵まれますように♡





令和4年『黒森歌舞伎押絵/本朝廿四孝・八重垣姫』は、ただいま販売中です。
2/15・17の正月公演は、延期。
3/6の酒田公演は、中止。
押絵を販売する機会が全くなかったにもかかわらず、こちらの押絵は、おかげさまで売れております!
なんてありがたいことでしょう♡
人気の赤姫の押絵ということで、残りはわずかとなっております。
売り切れ次第、販売終了となりますので、お早めにお買い求めくださいませ。

額入り4,500円 額なし3,000円
お問合せは、黒森コミュニティセンター0234-92-2255まで。



↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ  


2022年07月07日

R 七夕の日・山形県酒田市『東根菓子舗/七夕の上生菓子』&『星空の音楽会2022/コミュニティ新聞掲載』



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2022年7月7日(木)七夕の日
山形県酒田市『東根菓子舗』さんへ、久しぶりにお伺いしました。

店内の棚の一番目立つところに・・・





くろもりん押絵倶楽部さんが製作した『黒森歌舞伎押絵/八重垣姫(令和4年度/本朝廿四孝)』が飾ってあったので、飛び上がるほど嬉しかったです♡
お店の雰囲気も華やいで、とってもいい感じにマッチしていました♡
老舗のお菓子屋さんに、『黒森歌舞伎押絵』を飾っていただいて、本当にありがたいです。

東根菓子舗の女将さんから、「この押絵、Ricoさんに似てますよね!」と声をかけられました(笑)
よく「似ている」と言われるのですが、そんなに私に似ているかしら??(笑)




今夜は、7月15日の『星空の音楽会2022(八雲神社・キウリ天王祭)』へ向けて、歌・パーカッション&エレクトーン『旬風』の練習を行いました。

旬風のもぐもぐタイムで、東根菓子舗さんの七夕の上生菓子と抹茶をいただきました。
こんなに素敵な七夕の上生菓子を愛でながらいただく抹茶は、格別に美味しく感じました。




『天の川』と『朝顔』の上生菓子です。
なんて繊細で、透明感のある涼しげな上生菓子なんでしょう!



『七夕飾り』の上生菓子も、七夕らしくていいですね!
もったいなかったけれど、美味しくいただきました♡

旬を大切にする『旬風』に、ぴったりのもぐもぐタイムでした♡





それから、コミュニティ新聞(2022年7月8日号)に、『星空の音楽会2022』の広告が掲載されていました!
例年通りの『キウリ天王祭』の広告が掲載されると思っていたので、驚きました!!!

これまで、お世話になった方々や応援をいただいたみなさまに、この広告を喜んでいただけたらありがたいと思っています。
このように楽しく音楽活動をさせていただけるのは、よきご縁に恵まれたおかげと心から感謝を申し上げます。





夏の夜に、楽しい音楽をお届けいたします♪
みなさまのご来場をお待ちいたしております。



↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ  


2022年04月29日

R 山形県酒田市『令和4年度・黒森日枝神社【春例大祭】』黒森歌舞伎/白浪五人男



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2022年4月29日(祝・金)
山形県酒田市『令和4年度・黒森日枝神社【春例大祭】』の山車行列が3年ぶりに開催されました。

あいにくの雨でしたが、13:00〜山車行列がスタートし、黒森地区を練り歩きました。

途中、黒森歌舞伎の若手メンバーによる『白浪五人男』が、沿道の地元住民のために披露されました。




●日本駄右衛門/尾上貴基さん
尾上貴基さんだけ若手ではなく、超ベテランの黒森歌舞伎の人気役者です。




●弁天小僧菊之助/中村太一さん
太一君は、令和4年3月13日に、来年の演目を決めるご神選者をつとめました。




●忠信利平/中村 健さん
中堅どころの役者さんです。




●赤星十三郎/中村慶祐さん
令和2年度黒森歌舞伎正月公演の源義経役が眩しかった中村慶祐さんです。




●南郷力丸/中村優史さん
圧倒的な力強さで、見事な南郷力丸でした!




バシッと決まりました!
本日は、冷たい雨の中、大変お疲れ様でした。




来年の黒森歌舞伎正月公演の演目「令和5年正月公演狂言/昔談柄三荘太夫」の衣装を着て、山車に乗る黒森小学校の子供達です。
前に座っている子供は、安寿と厨子王でしょうか?
名札がなかったので、よくわからなくてごめんなさい。
来年は、子役が活躍する演目というお話しを伺っています。




左より、
●元吉要之助/五十嵐海斗くん
●妻なぎさ/高橋勇人くん
●三荘太夫/五十嵐 漣くん

「昔談柄三荘太夫」は、どんなお話しなのか、これから予習のために、以前の黒森歌舞伎のビデオで勉強会をお願いしたいです!
黒森歌舞伎押絵の顔は誰になるのでしょうか?
素材集めから時間がかかりますので、早めに開催していただけることを願っています。




山車行列は、夕方まで行われました。
私は、仕事があったため、最初だけで、失礼させていただきました。




山車行列が行われている間、黒森日枝神社内では、神事が行われておりました。




こちらでも、黒森小学校の子供達が、愛らしく舞いを披露していました。
地域のみんなで例大祭を盛り上げていました。
こうした一つ一つが、地元愛=黒森歌舞伎愛につながっているのだと思います。




今日は、朝から、大忙しで、大変だったことでしょう。
コロナ禍の中、3年ぶりに山車行列が開催できてよかったと思います。




今年の2月15日・17日に開催予定だった黒森歌舞伎正月公演は、コロナのため延期となりました。
年内に開催予定ですが、まだ開催日は決まっていません。
GW明けに、コロナが感染拡大しないことを祈っています。


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
  


2022年02月09日

R 令和4年度『黒森歌舞伎』/正月公演延期・酒田公演中止のお知らせ



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

約280年以上続く山形県酒田市の県指定無形民俗文化財『黒森歌舞伎』。
新型コロナウイルスの影響で、令和4年度黒森歌舞伎/正月公演(2月15・17日)の延期が決定しました。
(画像は、2月8日のYBC news everyより)
延期の時期については、新型コロナウイルス感染状況を鑑みて、後ほど協議されるそうです。




酒田公演(3月6日希望ホール)は、中止と決定しました。




昨年の正月公演は、新型コロナウイルスの影響で中止となりました。




酒田市民会館(希望ホール)で開催される酒田公演は、3年連続中止となります。

「今年こそは!」と昨年から公演準備を進めてきただけに、落胆の色は隠せません。
正月公演の延期に望みを託したいと思います。




黒森歌舞伎の公演会場で販売予定だった『黒森歌舞伎マスク』200枚ですが、黒森歌舞伎妻堂連中で150枚必要ということで、残り50枚となりました。
『黒森歌舞伎マスク』が欲しいというご要望をいただいておりましたので、黒森歌舞伎応援プロジェクトのネットショップで販売を始めました。

黒森歌舞伎応援プロジェクト【ネットショップ】
https://kuromorin.base.shop

『黒森歌舞伎マスク』を不織布マスクの上に、重ねてご着用いただければ、感染症予防に効果的です!
布製ですので、洗って何度でもご使用できます。マスクはなくなり次第販売終了となります。
グッズの収益金の一部を黒森歌舞伎(黒森歌舞伎妻堂連中)への寄付金とさせていただいておりますので、コロナの影響で心折れそうな座への励ましということで、ご協力を頂けますようお願い申し上げます。


雪の中での歌舞伎!
日本中どこを探しても黒森でしかやっていません!
280年以上の間、先人たちが絶やさないように続けてきたバトンは、コロナ禍を乗り越えて伝承していただきたいという思いでいっぱいです。


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ  


2022年01月27日

R コミュニティ新聞に『くろもりん押絵倶楽部』掲載&『黒森日枝神社の御朱印』3種類が完成しました!



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

コミュニティ新聞(2022年1月28日号)で、『くろもりん押絵倶楽部』の黒森歌舞伎押絵『八重垣姫』をご紹介いただきました!

「理子さんの名前が載っていたよ!」ということで、知人からすぐに連絡をいただき、コミュニティ新聞さんの影響力を感じました。

今年の狂言『本朝廿四孝』の内容にも触れていただいて、見事に記事がまとまっていました。
きっと座員のみなさまも喜んでくださることでしょう。

どうぞみなさまにもご覧いただきたいと願っています。





それから、ようやく『黒森日枝神社の御朱印』3種類が完成しました!
令和4年正月公演入りの御朱印は、黒森歌舞伎へ寄付をしてくださった方へ、御礼として配布することになりました。
(黒森歌舞伎の公演は、みなさま方からの寄付金で成り立っておりますので、ご支援をよろしくお願い申し上げます)

こちらは、篆書をベースにしながら、鳥虫篆と飛白体をミックスしたオリジナル書体で、魔除けの御朱印となっております。





2月15日の御朱印は、歌舞伎の所作をイメージした書体です。いわゆる正統派の御朱印文字です。




2月17日の御朱印は、鳥虫篆と飛白体をミックスしたオリジナル書体で、森羅万象をイメージし、魔除けの御朱印となっております。

全てに、令和4年の黒森歌舞伎の狂言『本朝廿四孝』と入れてありますので、この御朱印は、今年しか手に入れることができません!
黒森日枝神社へご参拝してからいただいてください。
1枚300円です。

長引くコロナ禍だからこそ、パワーのある黒森日枝神社の御朱印が必要な時だと思っています。
人々は、心のうさを散らしたい、すがりたい、癒されたい、元氣をもらいたいと感じています。
今年の黒森歌舞伎の公演は、例年より大きな意義を発揮することでしょう。



↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ  


2022年01月15日

R 令和3年度「いじめのない環境をこの山形から」による『くろもりん根付けワークショップ』



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2022年1月15日(土)14:00〜
酒田市立黒森小学校PTA主催による【令和3年度「いじめのない環境をこの山形から」による『くろもりん根付けワークショップ』】が、黒森コミュニティセンター講堂で開催されました。

黒森小学校がどうして大きないじめや不登校がないのかを考える機会にしたいということで、山形県PTA連合会の取り組み「いじめのない環境をこの山形から」へ応募されたそうです。
黒森地域で活動されている「くろもりん押絵倶楽部」の方々による『くろもりん根付けストラップ作成ワークショップ』を通じて、児童・PTA・地域が一体となれるようにみんなで同じものを作り、共有することでより絆を深めるために、この取り組みを実施されました。





くろもりん押絵倶楽部の4名が講師となり、『くろもりん根付け(ストラップ)』の作り方を説明しました。




こちらが、全員に配布された材料です。
ちりめんの柄や紐・鈴などは、好きな色や文様が選べるようになっていました。
この組み合わせが全員違うので、オンリーワンの『くろもりん根付け(ストラップ)』作りを楽しむことができました。




くろもりん根付け作りに挑戦する親子の姿が微笑ましかったです。




ハサミでちりめん生地を慎重にカット中!
真剣モードでした!




大人も子どもも、根付け作りに集中していました。




最後のパーツをボンドでくっつけて完成です!




完成した根付けを見せ合う子ども達の姿です。
根付けを見ながら「かわいい〜!」と、とても嬉しそうでした。
苦労して自分で作る喜びを体験してもらえてよかったです。




ワークショップが終わってから、『くろもりん押絵倶楽部』の佐藤久美子代表より、本日、私が持参した『令和4年度の黒森歌舞伎押絵/八重垣姫』をみなさんにお披露目していただきました。。

「わぁ〜!」という声が上がりました!
根付け作りで、押絵作りの大変さを体験したあとだったので、感動が大きかったのかもしれません。




最後に、全員で記念写真を撮りました。
撮影の瞬間だけ、マスクを外して撮影させていただきました。
みなさまの顔写真の掲載許可は、黒森歌舞伎の校長先生よりいただいております。

自分が作った『くろもりん根付け』を手にして、みなさん嬉しそうですね♡




八重垣姫の押絵を手にしている五十嵐 司(役者名・市川 司)さんが、今年の黒森歌舞伎公演『本朝廿四孝』の『八重垣姫』役です!
このかっこいい男性が、艶やかな八重垣姫へ変身しますので、みなさん、どうぞご期待ください!

それから、黒森小2年の五十嵐 玲人(れいと)くんは、今年の三番叟でデビューします!
本番一週間くらい前から、「精進潔斎(しょうじんけっさい)」といって、肉や魚を断ち、心身を清めます。
給食も食べられないので、精進料理を学校へ持参するそうです。
そんな玲人のデビュー三番叟は、2月15日(火)10:00〜黒森歌舞伎演舞場となります。

そして、5歳の五十嵐 千晟(ちあき)くんは、目力が鋭く、今から役者として楽しみな感じがしますね!

『歌舞伎と押絵のふるさと黒森』という目標を掲げてくださった故・冨樫久一 前座長へ、今日はいい報告ができました。
ご参加くださったみなさまとくろもりん押絵倶楽部のみなさまに感謝を申し上げます。

私が描いた『くろもりん』がすっかり、黒森地域のみなさんに愛される『くろもりん』へと成長していたことを嬉しく思いました。
この度、ワークショップを企画してくださったPTAの皆様のおかげです。ありがとうございました。



↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ  


2022年01月13日

R 令和4年度 黒森歌舞伎『本朝廿四孝/八重垣姫』の押絵が完成しました!



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

令和4年度 黒森歌舞伎『本朝廿四孝(ほんちょうにじゅうしこう)/八重垣姫(やえがきひめ)』の押絵のサンプルがようやく完成しました!

女形が主役の演目は、大変貴重です!
八重垣姫は、武田勝頼のいいなずけ。
ということで、武田家の家紋を入れました。
それから、劇中に、おしどりの絵の衝立が登場しますので、おしどりを押絵で型取りました。

今回一番悩んだのが、かんざしの表現でした。
苦心しただけあって、華やかな押絵に仕上がりました。
写真で見るよりも実物は立体感があって豪華です。

これから、黒森地区の女性で構成している『くろもりん押絵倶楽部』の皆様へバトンタッチをして、押絵製作をしていただきます。

額入り 4,500円。
色紙のみ 3,000円。
ご予約は、黒森コミュニティセンターTEL0234-92-2255まで。
数に限りがありますので、ご予約はお早めにお願いいたします。


2年ぶりに開催される山形県指定無形民俗文化財『黒森歌舞伎』。
正月公演は、2月15・17日(黒森歌舞伎演舞場)、酒田公演は、3月6日(酒田市民会館「希望ホール」)で開催いたします。
今回は、密を避けるために、マス席を廃止し、観覧席は、間隔をあけた椅子席となります。
立ち見での観覧は控えていただきます。
※撮影は、観覧席で、他のお客様の迷惑にならないよう座りながらになります。三脚等の使用は、許可者以外は禁止となります。
※観覧者は、マスク着用の上で、受付で検温・消毒・氏名等の確認をさせていただきます。

尚、オミクロン株の感染状況を鑑みて、2月7日に、観客の入場制限などを最終決定する予定です。
感染が広がらないことを祈るばかりです。



↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ  


2021年12月30日

R 今年も一年、ありがとうございました。黒森歌舞伎押絵『令和4年度正月公演狂言/本朝廿四孝・八重垣姫』サンプル制作中!



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2021年最後の投稿となります。

今年は、左膝の治療に専念させていただいた年でした。
おかげさまで、11月より痛みがなくなり、通院せずに、自宅でリハビリするまでに回復することができました。

それから、この一年は、飲食店や宿泊施設への支援事業を活用し、おいしいものをいただいたり、宿泊させていただいたりと贅沢をさせていただきました。

人脈の輪が広がり、世界が広がった貴重な年でもあります。
このご縁を来年も大切に育んでまいりたいと思います。

2021年、残すところとなりましたが、来年の黒森歌舞伎押絵のサンプル制作に取り掛かっております。
令和4年度正月公演狂言は、『本朝廿四孝(ほんちょうにじゅうしこう)』で、主役の顔は、歌舞伎の三姫の『八重垣姫』となります。
久々に、女性の押絵制作ということで、嬉しいです♡

『押絵デザイン→押絵型紙制作→押絵サンプル制作仕上げ』とここまでが、私の仕事です。
その先は、黒森地区の女性で構成されている『くろもりん押絵倶楽部』のみなさんが、制作をされます。
材料が揃わず、年内のサンプル仕上げには間に合いませんでした。
来年早々に完成できるように頑張ります!

黒森歌舞伎は、令和3年度は、新型コロナウイルス感染症の影響により中止となりましたが、令和4年度は、無事に開催されることを祈っています。

今年も一年、お世話になりまして、誠にありがとうございました。
どうぞ皆様も、健やかによい年をお迎えくださいませ。



↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ  


2021年09月18日

R 山形県鶴岡市『鶴岡第三学区コミュニティセンター』にて、『黒森歌舞伎講演会&くろもりん押絵倶楽部作品展』



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2

2021年9月18日(土)
『鶴岡第三学区コミュニティセンター』にて、黒森歌舞伎妻堂連中の五十嵐良弥座長による『黒森歌舞伎講演会』が開催されました。

黒森歌舞伎が始まるきっかけとなった『享保の改革』のお話しは、初めてお聞きした内容だったので、私も勉強になりました。




後半は、『2019年黒森歌舞伎ポーランド公演』の映像を鑑賞させていただきました。
黒森歌舞伎ポーランド公演が、遠い昔のように感じられるのが不思議な感覚でした。

2020年1月から新型コロナウイルスが、武漢で感染拡大し、パンデミックへ。
2019年11月に、黒森歌舞伎ポーランド公演が無事に終えられてよかったと思う気持ちと、早くコロナが収束し、またポーランドとの交流が再開できる日が来ることを願う気持ちが交錯しました。





『鶴岡第三学区コミュニティセンター』では、9月29日(水)まで、『くろもりん押絵倶楽部』の作品展が開催されています。




今日は、会場で、『くろもりん押絵倶楽部』の佐藤久美子代表と佐藤一恵さんに、久しぶりにお会いしました。

来年の黒森歌舞伎公演は開催する方向で進んでいるため、今年は、黒森歌舞伎押絵を制作することになります。
押絵の顔は、歌舞伎の三姫の一人『八重垣姫(やえがきひめ)/本朝廿四孝』となります。
お姫様の押絵作りは、気合いが入ります!
デザイン→型紙制作→試作品制作を頑張ります!!!


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ  


2021年08月07日

R 熱中症警戒アラート発令!『黒森歌舞伎・虫干し2021』山形県酒田市・黒森歌舞伎演舞場



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2021年8月7日(土)7:00〜
山形県酒田市・黒森歌舞伎演舞場にて、『黒森歌舞伎・虫干し2021』が行われました。
8月1日に行う予定でしたが、当日の朝に、雨が降ったので、本日へ延期となりました。

年に1度、衣装やカツラをお日様に当てます。
今日は、熱中症警戒アラートが発令するほどの猛暑日となりましたが、おかげで、衣装はしっかりと干され、カビっぽい匂いが取れました。
お日様の殺菌パワーはすごいですね!




午後から衣装を取り込み、衣装をたたむ作業をお手伝いさせていただきました。




黒森地域の皆さんが、毎年、酷暑の中、このように衣装やカツラなどを虫干しして管理しているおかげで、「雪中芝居・黒森歌舞伎」が開催できるんですね!




衣装は、着物や裃など、様々あります。




こちらの衣装は、クラウドファンディングで、皆様からのご支援のおかげで仕立てた着物です。
2019年黒森歌舞伎ポーランド公演でお披露目したそうです。




長袴は、たたみ方がわからず、ベテランの西岡さんから、教えていただきました。
継承するって、大事ですよね!




床屋部の西岡さんが、来年の公演で使用するかんざしを土蔵の中で選んでいました。
今年も、元気な西岡さんにお会いできて嬉しかったです。




土蔵の2階に衣装が保管されています。




土蔵は、夏涼しく冬は暖かく、一年の気温を調整することができます。
こうした土蔵の役割も、黒森歌舞伎にとって大切な存在ですね!




作業がひと段落したところで、『カップ氷』でクールダウン!
みんな汗だくだくでした!




黒森歌舞伎は、1年を通じて、たくさんの行事があります。
8月16日は、『お面開き』が黒森日枝神社で行われます。
心霊が宿る翁面と三番叟のお面を出して神事を行います。




こちらが、黒森日枝神社です。
2月に行われる黒森歌舞伎正月公演は、黒森日枝神社への余興奉納です。
約280年、このように続いている『黒森歌舞伎』の素晴らしさを後世へ伝えていきたいと思います。



↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ  


2021年03月11日

R 山形県酒田市立黒森小学校5・6年生の『瓢箪ランプ』展示中!マリーン5清水屋4階



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2021年3月11日(木)
マリーン5清水屋4階にて、山形県酒田市立黒森小学校5・6年生の『瓢箪ランプ』が展示されていました。




子どもたち自ら、瓢箪を栽培し、瓢箪のタネを腐らせてかき出すというところから全て手掛けたそうです。
大変だっただけに、愛着のある作品に仕上がったことでしょう。




いろんな形の瓢箪に、個性豊かな作品がずらりと並んでいて、ほっこりとした気持ちになりました。

黒森少年歌舞伎のキャラクター『くろもりん』の瓢箪ランプがありました!
青いランプがピカーッと光って、かっこよかったです!
雪の結晶を描き込んでいるので、雪中芝居『黒森歌舞伎』のイメージなんでしょうね。




黒森少年太鼓のキャラクター『いろどりん』の瓢箪ランプは、完成度が高くて感動しました!
瓢箪は、いびつな形をしていて、描きにくかったはずなのに、こんなに丁寧に仕上げていて、素晴らしかったです!
反対側には、『くろもりん』を描いていたようなのですが、「作品に触れないでください」との注意書きがあったので、見ることができませんでした。残念!




瓢箪に願いを寄せ書きしたものもありました。
「お笑い芸人になりたい!」という願いの隣に
「ごはんを食べていける大人になる」という現実的な願いもありました。
しっかりしているなぁ〜!




みんなの願いは、「今年は、中止になりましたが、来年はコロナウイルスが収まって、黒森歌舞伎ができますように」ということでした。
本当に、来年こそは!と祈るばかりです。




清水屋から、黒森へ移動し、お昼は、『食房 一洋』にて、酒田のラーメンをいただきました!
優しい味わいで、癒されました♡
ごちそうさまでした。


東日本大震災から丸10年。
犠牲になられた方々へ謹んで哀悼の意を表します。合掌
私もあれから10年、「いただいた命を大切にしよう!」と、生かさせていただいております。
毎日、ブログを投稿できることに感謝いたします。



↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ


  


2021年02月14日

R 山形県飽海郡遊佐町『鳥海温泉 あぽん西浜/くろもりん押絵倶楽部作品展2021』&『お食事処 とりみ亭/トンタン麺』



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2021年2月14日(日)
新型コロナウイルスの影響で、今年の黒森歌舞伎正月公演・酒田公演は中止となりましたが、山形県飽海郡遊佐町『鳥海温泉 あぽん西浜』さんでは、今年も、『くろもりん押絵倶楽部作品展2021』を開催してくださっているとの情報をお聞きし、行ってまいりました。





『くろもりん押絵倶楽部作品展2021』2月9日〜4月11日

今年は、黒森歌舞伎が中止ということで、黒森歌舞伎押絵の制作も中止となりました。
黒森コミセンへは、黒森歌舞伎が中止になったことを知らず、黒森歌舞伎押絵の予約のお電話をかけてくださった方が数名いらっしゃったそうです。
せっかくお電話いただいたのに、申し訳ないです。
押絵を毎年楽しみにしてくださっている方々から、逆に励ましをいただき、ありがたい気持ちでいっぱいです。

会場には、作品の展示の他に、資料なども展示しています。
入場無料ですので、お気軽にお立ち寄りくださいませ。




今回、特別に、こちらの『くろもりんトートバッグ』を販売していました!
黒森地区以外での販売は初めてです!
限定品のため、なくなり次第販売終了となりますので、お早めにどうぞ♪




毎年、『くろもりん押絵倶楽部作品展』を見学した後は、お隣の『お食事処 とりみ亭』で、名物『トンタン麺』をいただくことが、私の恒例行事となっております(笑)
直径30cmのど迫力!ど〜ん!
あつあつの湯気がもうもうと運ばれてきました!

『トンタン麺』は、トンコツ×担々麺というオリジナルスープで、キャベツや海藻などが入っています。




『トンタン麺』完食!
ごっつぁんです!!!(笑)




『お食事処 とりみ亭』さんは、ラーメン以外にも、定食やカレーなど、メニューが豊富ですよ!
日帰り温泉『あぽん西浜』さんとセットでのご利用をおすすめいたします。


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ  


2020年12月08日

R 令和3年度『黒森歌舞伎・正月公演&酒田公演』中止となりました。



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

新型コロナウイルス感染症拡大防止のため、令和3年度『黒森歌舞伎・正月公演&酒田公演』中止となりました。
2020年12月8日の山形新聞に掲載されました。




NHKニュースでも、大きく報じられました。
今年の正月公演の映像が使われていました。




昨年、黒森歌舞伎ポーランド公演をプロデュースしてくださったイガ・ルトコフスカさんがアップで映し出されました。




ソーシャルディスタンスを保ちながらのお稽古は無理ですよね。




観客やカメラマンのソーシャルディスタンスも難しい問題となりますよね。




中止は、仕方がないと思います。




黒森歌舞伎の歴史は、約280年。
明治27年(1894)の庄内地震で衣装が焼失したため、公演ができなかった記録があるが、それ以降は、戦争や災害などがあっても続けてきたそうです。




黒森歌舞伎妻堂連中の皆様、黒森少年歌舞伎&少年太鼓の皆様、関係者の皆様、そして黒森地域の皆様にとっては、さぞ悔しいことと思います。

『くろもりん押絵倶楽部』の黒森歌舞伎押絵の製作も、中止となりました。
来年は、『本朝廿四孝』の『八重垣姫』という歌舞伎四大姫の押絵デザインということで、私は、きらびやかなかんざし部分に使う素材を探し続けました。ようやくぴったりなものを見つけて喜んでいただけに、中止となってしまい、残念でなりません。
あ〜あ、お姫様の押絵を作りたかったなぁ〜。。。
毎年、黒森歌舞伎押絵を楽しみにしていらっしゃる方々にも、申し訳なく思います。

新型コロナウイルス感染症が早く収束することを祈るしかありません。


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ











  


2020年09月26日

R 『くろもりんトートバッグ』&庄内小僧10月号『黒森歌舞伎隈取りTシャツ』&『ピアノ柄手ぬぐい』



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2020年9月26日(土)
『くろもりんトートバッグ』が完成しました!
黒森コミュニティ振興会様が、わざわざ私の家へ、届けてくださいました♡

私は、デザイン制作のお手伝いをさせていただいたのですが、これ、めっちゃいいです!
マチが広くて、お買い物にちょうどいいサイズです。
そして、なんといっても、『くろもりん』が、かわいいっ♡

こちらの『くろもりんトートバッグ』は、コロナの影響で敬老会が中止になってしまったので、黒森コミュニティ振興会から、地域の高齢者の皆様へ、オリジナルのトートバッグを差し上げたいということで製作したものです。

黒森らしいオリジナルトートバッグで、いいですよね!
『くろもりん』は、すっかり黒森地域の皆様に愛されています。
このトートバッグを持って、いろんなところへ元気にお出かけしてもらえたら嬉しく思います。
もちろん、私も、愛用させていただきま〜す♪





こちらの『紅白まんじゅう』まで、頂戴してしまいました。
この『紅白まんじゅう』と『くろもりんトートバッグ』をセットにして、高齢者の方々へ配られたそうです。

この度は、私にまで、頂戴いたしまして、誠にありがとうございました♡





『庄内小僧10月号』の特集は、「かわいい庄内 かっこいい庄内」ということで、私がデザインさせていただいた商品が掲載されていました!!!




まずは、『かっこいいオリジナルTシャツ』のページに、『黒森歌舞伎 隈取りTシャツ』と『種まきじいさん(鳥海山)Tシャツ』が並んで紹介されていました!
これは、かなり嬉しかったです!!!

『黒森歌舞伎 隈取りTシャツ』は、売上げの一部を黒森歌舞伎へ寄付されることをご紹介いただいてありがたかったです!
『カメラの七桜』さんから、販売にご協力をいただいております。
ちなみに、『黒森歌舞伎 くろもりんTシャツ』もあります!(←こっちは、かわいい系なので、このページには取り上げられなかったのでしょうね!)


『種まきじいさん(鳥海山)Tシャツ』は、モンベルさんとのコラボで、デザインをさせていただいたロングセラー商品です!!!
毎年、Tシャツのカラーやプリントカラーを変えて販売しています。
今年は、白Tシャツに紺色でプリントという王道の組み合わせなので、これは絶対におすすめですよ!




『かわいい工芸・染物』のページには、『斎染』さんが大きく掲載されていました。
2008年に、初めてデザインさせていただいた『ピアノ柄手ぬぐい』は、おかげさまで、現在でもロングセラー商品となっております。
斎染さんが、大切に染め続けてくださっているおかげです。
本当にありがたいと思っております。


私事ですが、今年は、コロナ禍で、デザインの仕事が、スカッと消滅しました!
「この先、デザイン業は、やめた方がいいのかなぁ〜?」と思うこともありましたが、こうして、過去に自分がデザインしたものたちが輝きを失っていないことを知り、とても励まされたような気がします。

これからも、地元のために、20年、50年、100年と普遍的に愛されるデザインを『敬天愛人』の精神で、制作し続けられたら、ありがたいと思います。


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ  


2020年08月02日

R 梅雨明けしましたー!『黒森歌舞伎/虫干し2020』お手伝いさせていただきました♪『八重垣姫』のカツラ拝見!



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2020年8月2日(日)、ようやく、梅雨が明けましたー!!!
朝から『黒森歌舞伎』の衣装の虫干しが黒森歌舞伎演舞場で行われました。




さわやかな風が吹き抜け、最高の虫干し日和となりました♡
衣装の数がありすぎて、数えきれません!!




衣装部のみなさんが、来年の正月公演『本朝廿四孝』で使用する衣装をこの中から探し出して、より分けます。
配役と衣装を事前に確認して作業をされるのですから、大変なお仕事ですね。
衣装のほつれを直したり、小物をアイロンがけしたりと衣装部のみなさんの見えないところでの支えには頭が下がります。




一瞬、ゾッとしましたが、さらし首ではありません!(笑)
カツラも、このように虫干しするんですね!




来年の『黒森歌舞伎押絵』の顔は、『八重垣姫』と決まりました!
こちらが、『八重垣姫』のカツラです。
花かんざしと鼓がお姫様のトレードマークです。
これを押絵で、どう表現したらよいのか???
悩みます。。。




長年、床山部を引っ張ってくださっている西岡さんです。
私が『花かんざし』を見たいということで、蔵の中から探し出してくださいました。

カツラは、役者さんの頭の形に合わせて、毎回結い直すのだそうです。
これまた大変な技術を伴うお仕事です!
西岡さん、元気に長生きしてくださいね!!




午後1時からは、衣装部だけでなく、『くろもりん押絵倶楽部』のみなさんや地域の女性の方々が集まり、衣装をたたむ作業が行われました。
衣装独特のたたみ方があり、私は、ご指導をいただきながら、お手伝いをさせていただきました。
ハカマのたたみ方が大変で、すぐには覚えられませんでした。
長年使い続けている衣装は、傷みや汚れがひどく、新しい衣装を増やすことの必要性を感じました。

それにしても、暑い!!!
みなさん、汗だくになりながらの作業でした。
男性陣は、たたみ終えた衣装を蔵の中へ収める作業をし、みなさんの手際の良さに感心しました。




作業が終わったところに『カップ氷』の差し入れをいただきました!
火照った身体をクールダウン!
汗が一気に引きました!

黒森には、『黒森弁』という独特の方言あることを教えていただき、その話しで盛り上がりました。
伝統芸能のある地域は、地域の繋がりが強くて、素晴らしいと思います。

『黒森歌舞伎』は、黒森日枝神社への奉納余興のために行われています。
黒森地域のみなさんが、新型コロナウイルスへ罹らないように、黒森日枝神社へ参拝させていただきました。

みなさん、本日は、暑い中、大変お疲れ様でした。
お天気に恵まれて、本当によかったです♡




(画像/NHKnewsより)

2020年8月2日、東京都の新型コロナウイルス感染者数は、292人でした。



(画像/秋田魁新報電子版より)

2020年8月1日の秋田魁新報電子版を見て驚きました!!!
WHOからの警告です!
「新型コロナウイルスの影響は、今後数十年に及ぶ」と警告しました。


予防は、もちろん必要ですが、新型コロナウイルスに負けないように『免疫力を上げる』しかありません!
1.栄養
2.睡眠
3.メンタルケア
この3要素を整えて、免疫力を上げたいと思います。



↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ






  


2020年07月11日

R 荘内南洲会『人間学講座』&『平成18年黒森歌舞伎正月公演・本朝廿四孝』ビデオ研修会へ参加



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2020年7月11日(土)は、学びの一日でした。

公益財団法人 荘内南洲会『人間学講座』へ久しぶりに参加させていただきました。
天気が悪かったのですが、参加者が多くて驚きました!

第1講『古典講座・人の上に立つ者の実学』講師・和賀敏章先生



和賀敏章先生が、平成29年に出版された『「論語」と「言志四録」から学ぶ・「人の上に立つ者の実学」』というこちらの本の内容を解説していただけるというありがたい講座でした。

この本に「著者略歴」が書かれてありました。

【著者略歴】
和賀敏章(わが としあき)
昭和44年4月 山形相互銀行(しあわせ銀行から現きらやか銀行)入行
       同行 新斎町支店・東根支店・酒田支店の支店長、
       執行役員鶴岡支店長を経て、
平成18年6月 山形ビジネスサービス(きらやかフィナンシャルグループ)
       代表取締役に就任
平成24年6月 同社 代表取締役を退任
平成24年7月 きらやか銀行に嘱託として勤務
平成28年9月 同行退職

輝かしいキャリアの先生から学びをいただけるとは、なんてありがたいことでしょう!
私も含め、経営者の方々にとって、とてもよい学びの機会になると思います。




本日は、『仁』について
ということで、渋沢栄一先生のお話しや徂徠先生答問書の教えをいただきました。

『経済』とは、『経世済民』という四字熟語からきていることを初めて知りました。

「今さえよければ、自分さえよければそれでいい。これを『サル化する世界』とよんだ人もいます。」
今日の学びの中で、特にインパクトを感じた一文でした!




第2講『致道博物館設立70年記念年に寄せてー先賢の初志に学ぶ地方文化の振興』講師・東山昭子先生

東山先生は、昭和34年4月、高畠より、山形県立鶴岡北高に赴任された国語科の教論をされた方でした。
致道博物館の歴代館長、3代全員と親交があったということで、大変貴重なお話しをしてくださいました。

東山先生のお話しにも、たくさん頷けるものがありました。
・コロナは、文化を根絶やしにする威力がある
・自粛と言っているうちに気力がなくなってしまう人がいる
・学び続ける気力を持ち続ける必要がある
・デジタルを使えないことで社会的な弱者にならないように「アナログでいいじゃないか」という開き直りも大切かもしれない
・文字化されたものは、時間と空間と自分との関わりを探究できる




この『人間学講座』で、長年にわたり「論語のことば」を教えてくださった堀 健悦先生へ、荘内南洲会より、感謝状と花束が贈られました。
本当にありがとうございました。
そして、これからも、ご指導をいただけますようお願い申し上げます。




この写真は、『黒森日枝神社』です。
18時〜黒森歌舞伎演舞場にて、『平成18年黒森歌舞伎正月公演・本朝廿四孝』ビデオ研修会が開催されました。
私は、『くろもりん押絵倶楽部』のみなさまと一緒に、来年の黒森歌舞伎押絵のデザインのために参加させていただきました。




これまでは、『テレビデオ』の小さなモニターで、密になりながらビデオ研修会を行なっていたのですが、今夜は、ど〜んと大きなモニターで三密にならずに鑑賞することができました。

こちらの大きなモニターは、黒森の佐藤耕一郎氏が寄贈してくださったのだそうです!
『くろもりん押絵倶楽部』の佐藤久美子代表のご主人様です!
いつもお二人には、黒森歌舞伎の大きな支えとなっていただいております。
誠にありがとうございます。


『本朝廿四孝』
1幕目・山本勘助住家の場(通称・タケノコ掘り)
こちらは、中央の歌舞伎でも、戦後2回しか上演されていないという超レアな演目なのだそうです。

話しの内容がややこしくて、私が、これまで見た歌舞伎の中でも、最も難しい内容だと感じました。
座員の方々から、解説してもらったおかげで、ようやく理解することできました。
これは、かなり手強いですね〜!
江戸時代に、こんなに複雑な物語を考えた人がいるということに驚きました。




2幕目・謙信館十種香の分
『八重垣姫』が主役??という感じでした。
個人的には、『武田勝頼』が好きなのですが、準主役という感じなので、令和3年の黒森歌舞伎押絵の顔は、『八重垣姫』に決定ということになりました。
後日、『八重垣姫』のカツラやかんざしなどをデザイン資料として、拝見させていただきたいと思います。

それにしても、、、ものすごい豪雪の中で演じられていた雪中芝居『黒森歌舞伎』の映像に驚きました!

昔は、こんなに雪が降っていたんですね!
雪がないのも困るけど、ありすぎも困るものですね!

来年の黒森歌舞伎正月公演までには、新型コロナウイルスが落ち着いていることを祈っています。



(画像/NHK newsより)

本日の東京都の新型コロナウイルス感染者数は、206人でした。
200人超えが3日も続いています。

若い世代が多いので、死亡率は低いということで安心してはいけません!
退院後も、後遺症が残っている人が、若い世代にも多いのだそうです。
・味覚や嗅覚を感じない。
・呼吸をすると肺が痛む。etc
風邪もコロナも同じだと思ってはいけないそうです!


幸いにも、庄内は、今のところ、感染者がいません。
経済を回せるうちに回さなければと考えていらっしゃる経営者が多いようです。
庄内は、コロナ予防をしつつも、経済活動を頑張るべきだと思います。
最近、閉店するお店が増えてきているので、経済悪化の深刻さを感じています。


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ  


2020年03月14日

R 黒森歌舞伎『ご神撰の儀』&黒森歌舞伎応援プロジェクトより寄付金贈呈式



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2020年3月14日(土)9:30〜
酒田市黒森日枝神社にて、来年の本狂言の演目を決める『ご神選の儀』をはじめる前に、演目の候補を座員のみなさんで協議が行われました。
最初に5つの演目があげられ、その後、3つの演目に絞り込まれました。




『ご神選の儀』を行う前に、『黒森歌舞伎応援プロジェクト』より寄付金の贈呈式を行わせていただきました。
2019年10月25日〜2020年3月13日の期間に売り上げた黒森歌舞伎応援グッズの収益金の一部を寄付させていただきました。

寄付金額は、43,760円です。

Tシャツやキーホルダーなど、みなさまからお買い上げいただいたおかげで、寄付金を座員のみなさまの前で、座長へ手渡しすることができました。
ご支援をいただいたみなさまへ、この場をお借りして、ご報告とお礼を申し上げます。


『黒森歌舞伎応援プロジェクト』メンバー(写真左より)
●Design Office キャットミント/久松理子
●書の庵 /齋藤健太郎
●カメラの七桜/北村薫
●FUN-K/佐野圭(欠席)


黒森歌舞伎では、新しい衣裳やかつらなどが必要ということで、寄付金が必要となります。
応援グッズ販売は、これからも継続してまいりますので、今後ともご協力をいただけますようお願い申し上げます。

<黒森歌舞伎応援グッズ取り扱い先>
『カメラの七桜』〒998-0044 山形県 酒田市中町2丁目3-15 TEL0234-22-9431
『ネットショッピング』https://kuromorin.base.shop




黒森歌舞伎日枝神社です。
今年は、暖冬のため、残雪が全くありませんでした。




『ご神撰の儀』は、演目の番号が書かれたクジを毎年、黒森地区の若者が引いて、来年の黒森歌舞伎の演目を決めます。
今年は、羽黒高校の佐藤玲央くんがご神撰者として選ばれました。
ご神撰者の玲央くんが真ん中に座って、神事が行われました。




玲央くんは、この一週間、肉を断ち、精進料理で身を清めました。
暖冬とはいえ、小刻みに震えている玲央くんを見ていると、早く終わらせてあげてほしいという気持ちなりました。

井戸水を7回半浴びせられます。

玲央くん、がんばりました!!!




こちらの写真は、カメラの七桜の北村薫さんが撮影したものです。
さすが、いい写真ですね!

ちなみに北村薫さんは、現在開催中の山形県写真展で、入賞されたそうです!素晴らしい!!!
店内でも、入賞された作品が展示されていましたので、是非、ご覧いただきたいと思います。





今年は、こちら3つの演目がセレクトされました!
この番号を書かれたクジを作り、ご神撰者がコヨリで、一つだけを引き上げます。
さあ、どれに決まるでしょうか?





身を清めた玲央くんが、お米の上に乗っているクジにコヨリを近づけているところです。
すると、一つのクジが引っかかってきました。
(撮影/カメラの七桜 北村薫)




五十嵐座長がクジを開いた瞬間をちゃんと北村さんが撮影してくださってました!
よく薄暗い中、ピントが合いましたね!さすがです!!

結果は、2番です!!!




すぐに、黒森歌舞伎保存会の菅井儀一会長が、決定した演目を達筆で書いてくださいました。
多勢のカメラマン囲まれる中で、スラスラ書かれる姿を尊敬いたします。





神様が来年の黒森歌舞伎の演目に選んでくださったのは、『本朝廿四孝(ほんちょうにじゅうしこう)』でした。
斎藤道三が登場するお話しとのことです。
今、大河ドラマ『麒麟がくる』で、本木雅弘さんが、とてもかっこいい斎藤道三を演じていますよね!(かっこ良すぎます♡)
実際は、『美濃のマムシ』と言われ、下克上の乱世に産声を上げた冷酷非道な男として有名です。
歌舞伎の『本朝廿四孝』では、どんな風に登場するのか?
黒森歌舞伎では、どの幕を上演するのか???
平成18年に上演した黒森歌舞伎のDVDの観賞会を早く開催していただきたいと願うばかりです。
来年の黒森歌舞伎押絵の顔は誰なのか???デザインはどうするか????
私の課題がスタートしました!

それにしても、ちゃんと大河ドラマに合わせた演目に決まるとは!
毎年のことですが、神様がお選びになるセンスの素晴らしさは、さすがだと鳥肌が立ちます!





すぐに黒森歌舞伎演舞場の壁に貼られました。
例年だと、これを見ながら、『太夫振舞』という直会が始まるのですが、今年は、新型コロナウイルスの拡散防止のために、中止となりました。
やむを得ませんね。

今年は、3月8日の黒森歌舞伎酒田公演が中止となってしまいました。
残念という声が多いので、黒森コミセンで、DVD上映会を企画予定とのことです。
詳細が決まり次第、お知らせいたします。


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ  


2020年02月29日

R 新型コロナウイルスの影響で、『黒森歌舞伎酒田公演』が中止となりました。『義経千本桜/大物浦の場』伝説の背面ダイブ!



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

令和2年3月8日(日)に開催予定だった『黒森歌舞伎酒田公演』が、新型コロナウイルスの影響で、中止となりました。
酒田公演を毎年楽しみにされている方々が多いので、とても残念ですが、やむを得ません。

今年の酒田公演の演目は、『義経千本桜』より、第1幕/摂州渡海屋の場、第2幕/摂州大物浦の場』の上演予定でした。
これは、正月公演2/17と同じ演目です。
一番の見せ場は、クライマックスです!
平知盛が、大イカリを身体に縛り、大イカリと共に海へ沈むという名場面です。
背後を一度も振り向かずに、背面から飛び落ちます。その際、足の裏を観客へ見せながら、飛び落ちていくというというとても危険な演技です!
これまで、黒森歌舞伎では、危険すぎるため、落ちる寸前で幕を引いて、おしまいにしていました。

ところが、今年の平知盛役の笹本 敬さんが、この落ちにトライしたいと願い出ました!
当初、五十嵐座長は、「そんな危険なことはさせられない!」と言っていましたが、大道具部のみなさんが、安全にダイブできるようにと工夫をしてくださり、平知盛は、見事飛び落ちました!!!

黒森歌舞伎の年中行事を追っかけて撮影をしてくださっているフォトグラファー宮田浩之さんが、高速連写で、2/17の伝説の瞬間をカメラに収めてくださいました。
酒田公演を楽しみにしていたけれど、観ることができなかった方々のために、私のSNSでアップさせていただくことをご了承いただきました。








「わぁ〜っ!」と、拍手喝采が沸き上がった素晴らしい伝説の名場面となりました!!!
さすが、敬さん!やり抜きました!
度胸ある見事な飛びっぷりに、感動でした!
それを支えてくださった大道具部のみなさま方のおかげですね!
大イカリの製作は、小道具部の実さんです。
黒森歌舞伎の伝説誕生の瞬間を撮影してくださった宮田さんにも感謝です♡

「歌舞伎って面白いんだね」と、初めて観た方々からの感想をいただくことができて、とても嬉しかったです。

江戸時代から約280年以上続く『黒森歌舞伎』は、伝統を守りつつも、これからも進化し続けていくことに期待しています。
冨樫前座長が、「楽しんでやることが一番大事なことだ」とおしゃっていたことが、心に残っています。
きっと、「よくやった!」と冨樫前座長が天から観て喜んでいたことと思います。




ところで、酒田公演が新型コロナウイルスの影響で中止となり、こちらの『黒森歌舞伎押絵』の方にも影響が出てしまいました。
鑑賞記念品として会場で販売する予定だったのですが・・・(涙)
黒森コミュニティセンターで販売しております。
発送も承っておりますので、よろしくお願いいたします。

額入り4,000円(税込)
額なし2,800円(税込)

『くろもりん押絵倶楽部(黒森コミュニティセンター内)』
TEL0234-92-2255
http://www.kuromorin.com




そして、黒森歌舞伎応援Tシャツの方にも、影響が出ております!
令和2年黒森歌舞伎の公演会場のみで販売予定をしていた『黒森歌舞伎プレミアム金隈取りTシャツ』が、酒田公演で販売することができなくなり、在庫が残ってしまいました(涙)

Sサイズ 2枚
Mサイズ 完売
Lサイズ 1枚
XLサイズ 1枚←3/1 AM9:07ご注文をいただき完売
XXLサイズ 2枚

各3,000円(税込)

数量限定のため、売り切れ次第終了となります。
3月14日(土)の黒森歌舞伎・ご神撰の儀&太夫振舞の際に、Tシャツの売り上げの一部より寄付金としてお渡ししたいと考えておりますので、ご協力をいただけますようお願い申し上げます。
残りわずかの本当のプレミアム商品です!!!

こちらのネットショッピングから、ご購入いただけます。(送料・手数料込みとなりますので、1枚3,300円となります)
https://kuromorin.base.shop



新型コロナウイルスの影響は、いろんな方面へ深刻な影響が出ています。
『コロナショック!』
正直、私も影響を受けて、これには参っています。
まさか、こんなことになるとは!
感染が終息することを祈るばかりです。


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ  


2020年02月20日

R 新聞各社に掲載!令和2年『黒森歌舞伎正月公演』&黒森小学校6年生制作『歌舞伎ブック/黒森』



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

大大盛況だった令和2年『黒森歌舞伎正月公演初日』が、『山形新聞2020.2.16』の表紙に、カラーで大きく掲載されました!
写真は、『義経千本桜/伏見稲荷鳥居前の場』の荒事の狐忠信とコミカルな早見藤汰のベテラン役者2名と軍兵2名です。
「歌舞伎を屋外からたくさんの観客が楽しんでいる」ところを伝えたいという記者の思いが伝わってきました。

見出しに『酒田・黒森歌舞伎』と書かれているのが、さすが!と思いました。
酒田市内の方には、『黒森』というだけでどこなのかが伝わりますが、市外の方には、『黒森』って、一体どこなのかさっぱりわかりません!
『伝え方が9割』ということで、私もこれからブログやSNSで発信するときは、山形県酒田市『黒森歌舞伎』と必ず記載するように心がけたいと思います。

先日の正月公演の際に、東京からお越しくださった映像制作会社の三村さんから、「黒森歌舞伎の近況をネットで調べると、Ricoさんのブログしか出てこないんです!Ricoさんのブログの情報、とても助かりました!」とお声掛けをいただきました。
その時、私は初対面だったのですが、三村さんは、私のブログを見ていたためか、「やっと会えました!」という感じで、親しみを込めてごあいさつをいただき、とても嬉しかったです。

日々、天に向かって発信しているような気持ちでブログを綴っていますが、誰かのお役に立てていたのであれば、ありがたいと思いました。




こちらは、『朝日新聞2020.2.16』の山形欄に掲載された記事です。
知人が、教えてくれたのですが、『黒森歌舞伎』の写真が、朝日新聞にこんなに大きく載っていたのは見たことがないということでした。
朝日新聞に掲載されている写真は、『義経千本桜/伏見稲荷鳥居前の場』の源義経と静御前と家来衆です。
黒森歌舞伎の若手役者たちが朝日新聞を飾ったというのは、嬉しい出来事です!
同じ『黒森歌舞伎』の記事でも、どの場面の写真を掲載するかで印象が違いますね!
こちらは、桜の木の前で、主役の義経と女方の静御前の姿で、地芝居とは思えないとても豪華な印象が伝わってきます。
それもまた、『黒森歌舞伎』の魅力です!




こちらは、『コミュニティ新聞2020.2.21』の表紙に掲載された記事です。
限られたスペースでしたが、大立ち回りの力強い狐忠信の姿が印象に残る写真で引きつけます。
コミュニティ新聞さんは、正月公演前に、『黒森歌舞伎』のことを2度も取り上げてくださっていたので、今回は、公演がこのように行われたという結果報告的な取り上げ方となっています。
コミュニティ新聞様には、公演開催の告知にもご協力をいただきまして、心より感謝を申し上げます。





そして、こちらは、山形県酒田市立黒森小学校6年ブルースカイ学年のみなさんが制作した『歌舞伎ブック/黒森』です。
A4サイズで、全カラー12ページ。
小学生が制作したとは驚くほど、充実した内容となっています。
本当によくここまで頑張りましたね!素晴らしいです!

予算の関係で、モノクロ印刷したものを正月公演の会場で、子どもたちが、観客の皆様へ無料配布しました。
表紙の左上のロゴマークは、『日本・ポーランド国交樹立100周年記念/黒森少年歌舞伎・少年太鼓シンボルマーク』として、子どもたちが考えたのだそうです。思いがいっぱい詰まっているマークですね!

3/8(日)の黒森歌舞伎酒田公演(希望ホール)でも、無料配布いたしますので、是非とも手にとっていただけますようお願いいたします。
6年生にとっては、最後の公演となりますので、応援してあげてください!





↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ