2018年06月23日

R 大変お待たせいたしました!『平成30年黒森歌舞伎正月公演フォトグラフ』をくろもりんHPにアップしました♪



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

大変長らくお待たせいたしました。
庄内PHOTOSの宮田浩之氏が撮影し、ご提供くださった『平成30年黒森歌舞伎正月公演2018年2月17日』の写真をくろもりん公式ホームページにアップさせていただきました。

私はこの日、マス席にて、凍えながら、歌舞伎を楽しませていただきました。
役者の皆さんが、寒さに耐えて、素晴らしい歌舞伎を演じてくださった感動が、この写真を見て蘇ってきました。

今年は、写真の枚数が多かったので、一幕目、二幕目、三幕目とページを分けています。
『高田馬場十八番切』一幕目/安之助母おてる仇討ちの場
『高田馬場十八番切』二幕目/松平右京太夫館、兜割の場
『高田馬場十八番切』三幕目/八丁長屋、赤だすき拝借の場、高田馬場

それぞれの場面の見どころが、写真に収まっていて、とても見ごたえがあります。
特に、今年は、雪がちらついたので、『雪中芝居』らしい写真がたくさんあって嬉しかったです♡
やはり黒森歌舞伎は、雪中だからこそ絵になるのだということを感じました。

素晴らしい写真を提供してくださった宮田さんに、心より感謝を申し上げます。
ぜひとも、多くの方々にお楽しみいただきたいと願っています。

そして、宮田さんより、酒田公演の写真データもいただいております。
こちらは、また後日に時間をとってアップロードいたしますので、どうぞお楽しみに〜♪


宮田さん、今年も、黒森歌舞伎の写真を撮っていただきまして、誠にありがとうございましたm(_ _)m





先週、黒森歌舞伎妻堂連中の冨樫座長と五十嵐副座長が、来年の黒森歌舞伎ポーランド公演実現のために、現地視察へ行かれました。
その際に、このくろもりんのポスターをポーランドへ持参してくださったそうです。
くろもりんがポーランドで黒森歌舞伎のPR活動に役立っていることを知って、とても嬉しいです。

7月4日に黒森歌舞伎保存会の総会が行われますので、その時に、ポーランド視察の報告が聞けると思います。
実際に訪れてみて、ポーランドはどんな感じだったのか、お話しをお聞きするのが楽しみです♪



<今日の俳句>
雪中芝居 ネット配信 海外へ

↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

  


2018年05月30日

R 廃材を使って『黒森歌舞伎/くろもりん押絵キーホルダー』を作ろう!FUN☆PRINTさんで、シルク印刷体験の巻♪



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2018年5月30日(水)

酒田市『FUN☆PRINT』さんの工場へ、『くろもりん押絵倶楽部』のみなさんと一緒にお邪魔させていただきました。

「きゃー!くろもりんのTシャツが可愛い〜!」と一瞬思ってしまいましたが、実は、これは、Tシャツのデザインではないんです!
このくろもりんのお顔を一つ一つ切り取って、押絵にして、キーホルダーを作ります!

では、なぜ、Tシャツにプリントしているのか?というと・・・
このTシャツは、『廃材Tシャツ』で、『FUN☆PRINT』の佐野さんから、ご提供いただいたおかげで、プリントをさせていただきました。


『くろもりん押絵倶楽部』のみなさんが、『黒森歌舞伎押絵』の廃材を使って、『くろもりん押絵キーホルダー』を作りたいという相談をしたところ、佐野さんは、「以前、黒森歌舞伎の冨樫久一座長にお世話になったので、恩返しがしたいので、うちにある『廃材Tシャツ』をぜひ使っていただきたい!」とありがたいお申し出をいただきました。

まさか、冨樫座長と佐野さんとご縁があったとは知らなかったので驚きました!
『くろもりん押絵倶楽部』も、冨樫座長の発案で結成されたので、このご縁に、不思議とありがたさとを感じました。

そして、佐野さんは、「せっかくなので、『くろもりん押絵倶楽部』のみなさんが、自分たちの手で、シルクスクリーン印刷を体験してみてはいかがでしょうか?」とご提案をしてくださいました。

はっきり言って、佐野さんが、お一人でさっさと印刷した方が早いはずなのに、体験をさせていただく機会を作っていただいて、とてもありがたいと思いました。
自分たちの手でプリントしたくろもりんで、押絵キーホルダーを作れたら、愛着が何十倍にも膨らむことでしょう。
というわけで、遠慮なくみんなと一緒に工場へ押しかけました!




早速、シルクスクリーン印刷の初体験!
まずは、『くろもりん押絵倶楽部』の代表/佐藤久美子さんからスタートしました!
いつも先頭切って、みんなをまとめてくださる頼もしい存在です!

佐野さんが、一人一人に丁寧にご指導してくださいました。




最初は、隈取りから。
赤のインクをスケージを使ってシルクスクリーン印刷します。




一色ごとにスポット乾燥機で、乾燥させます。
160度以上の高温で15秒くらい乾燥させると固まるという特殊なインクを使用されていました。
なので、すぐに次の黒のインクをのせることができました。




続いて、佐藤一恵さんが挑戦しました!
一恵さんのご主人は、黒森歌舞伎の名役者さんだったということもあり、こうして『くろもりん押絵倶楽部』の活動を通して、『黒森歌舞伎』を応援してくださっています。




続いての佐藤裕子さんは、『黒森コミュニティセンター』に勤務されていらっしゃいます。
黒森地区全体をいつも見守っていらっしゃる方です。
今回の『くろもりん押絵キーホルダー』は、裕子さんからのご提案でした。




最後は、星川ふじさんでした。
今年のご神撰の儀で、見事に来年の演目『ひらかな盛衰記』を引き上げたのは、ふじさんの息子さんでした。
それだけに、来年の『黒森歌舞伎押絵』の製作には、気合いが入ることと思います。




最後に、プリントしたTシャツを持って、みんなで記念撮影をしました!
『酒田のTシャツプリント屋/FUN☆PRINT』と『黒森地域の女性たち/くろもりん押絵倶楽部』とのコラボで、山形県指定民俗無形文化財『黒森歌舞伎』を応援します!!!

今夜、この工場で誕生したくろもりんの顔がこれから、どんな風に押絵キーホルダーとして加工されるのでしょうか??
一つずつくろもりんが拡散されていき、たくさんの人を楽しまてくれたらいいなぁ〜と期待が膨らみますね♪

佐野さんから『廃材Tシャツ』を提供していただいたおかげで、安い価格で販売することができそうです。
完成が楽しみです♡

この度は、佐野さんにご協力をいただいて、心から感謝いたします♡





佐野さんに相談すれば、TシャツA4プリント1枚1,080円〜作れるそうです。

相談しやすい方ですので、お気軽にお問い合わせください。
夏場のTシャツシーズンは、混み合う場合がありますので、お早めにどうぞ。



<今日の俳句>
廃材や くろもりんにて 生き返る

↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村  


2018年05月20日

R 酒田まつり【本祭り】2018/黒森歌舞伎・酒田花魁道中・酒田大獅子・酒田のラーメン



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2018年5月20日(日)酒田まつり【本祭り】
絶好のまつり日和になりましたー!!!

小雨まじりで寒かった【宵祭り】は、人出が少なかったのですが、その反動で、今日は、ものすごい人・人・人・人でした〜!!!




ものすごい人だかりの中、マリーン5清水屋前にて、『黒森歌舞伎/高田馬場十八番切』が披露されました。
中山安兵衛が敵討ちのために、悪者18人をバッサバッサと斬るという名場面でした。




見物人がいっぱいで、写真がよく撮れませんでしたが、「こんなにたくさんの人だかりの中での黒森歌舞伎の公演だった」という臨場感が伝わってほしいと願っています。




高田のババァ!もとい、おてつ婆さんも、安兵衛さんの応援に駆けつけてくれました。




中山安兵衛と村上兄弟の対決の場面です!




歌舞伎では、正義のヒーローは『赤』、悪者は『青』と色で表現されていることが多いので、遠目に見ても、わかりやすくて楽しめます!

斬られて倒れている役者さんたちは、大変だったと思います。(今日は、道路がヤバチグネグでいがったのぉ!)




中山安兵衛は、赤穂浪士で有名な堀部安兵衛の若い頃のお話しです。
酒田まつりでの安兵衛も、めっちゃカッコよかったです♡
360度からたくさんの拍手が送られる光景を見て、感動しました!
沿道の見物人が黒森歌舞伎を楽しんでいらっしゃったのが、とても嬉しかったです。




2019年11月の黒森歌舞伎ポーランド公演へ向けて、酒田まつりで、黒森歌舞伎をPRするために、宵祭りの『白浪五人男』と本祭り『高田馬場十八番切』を公演し、役者さんはじめ、関係者の皆さんは、頑張りました!

『黒森歌舞伎妻堂連中』の冨樫久一座長は、今日も、ポーランド公演実現募金箱を持って、頭を下げ回っていました。

黒森歌舞伎のポーランド公演の実現には、酒田市民の皆様からの応援が必要です。
募金は、黒森コミュニティセンター0234-92-2255で受付ておりますので、よろしくお願いいたします。




こちらは、庄内PHOTOSの宮田浩之氏が撮影された『黒森歌舞伎と立て山鉾』の写真です。
当ブログに掲載の許可をいただきました。




こちらの『中山安兵衛』(役者/尾上貴基さん)の写真も、宮田さんが撮影してくださったものです。
宮田カメラマンも、人が多くて、思うように写真が撮れなかったとおっしゃっていました。
ポーランド公演への募金にもご協力くださったそうです。
ありがとうございました。




黒森歌舞伎が終わってから、『酒田花魁道中』が披露されました。

殺陣の勇壮な『黒森歌舞伎』とは対照的に、艶やかな美しさの『酒田花魁道中』は、日本の伝統芸能の良さをタブルで楽しめてとてもよかったです!
今年の酒田まつりは、本当に素晴らしかったです!!!




酒田市内をたくさんの山車が巡行しました!
山車行列に参加した人数だけでも4,000人になったということで、どれだけ、酒田っ子は、お祭り好きなのかがうかがえますね!
山車行列の中に知り合いが多くて、驚きました。

こちらは、酒田青年会議所の山車です。
信号機に引っかかりそうになるほどの高さがありました。




写真中央は、丸山至酒田市長です!
丸山市長になってから、酒田市政が、ぐんぐん動き出した感じがします。




酒田商工会議所青年部の山車です。




人力車『酒田湊屋』さん(写真中央)とその応援に他県から駆けつけてくださった人力車の方々です。




白崎映美さん率いる『まづろわぬ民』のみなさんです。
知り合いが多く参加されていたので、驚きました!




JA庄内みどりさんの山車には、女性部のみなさんが手作りされた傘福が飾られていました。
五穀豊穣を願った飾り物がわんさか!
おにぎりの傘福を発見しました!




太鼓道場『風の会』の山車です。




太鼓道場『風の会』の山車と立て山鉾です。




『酒田まつりの日の鳥海山』(マリーン5清水屋のエレベーターの中から撮影)
午後4時頃でも、これだけの人出がありました。




金剛禅総本山少林寺 酒田中央道院のみなさんによる『少林寺拳法』の演舞でした。
酒田には、いろんな人がいるんだなぁ〜と感じた1日でした。




中町中和会のお神輿です。
萬谷さんを発見!
(知り合いを中心に写真をアップさせていただいております)




酒田まつりのシンボル『酒田大獅子』が、パレードを終えて、市役所へ戻るところに遭遇しました!
纏を持ったみなさんがいらっしゃいますが、『酒田大獅子』は、酒田大火復興のシンボルとして作られました。

酒田もあの大火から立ち上がった街なんですよね!
東日本大震災で復興へ向けて頑張っていらっしゃる皆様にも、酒田も、復興したことを知ってもらえたらと思っています。




『酒田大獅子』は、全部で、4つあります。




パレードの一番最後は、『山王』という名前の『酒田大獅子』でした。

酒田まつりは、『山王例大祭』の通称です。
今年で、創始410年のお祭りになります。
酒田市民が一丸となり、お祭りを盛り上げて、神様もお喜びになられていると思います。




酒田まつりの〆は、『酒田のラーメン』で決まりでしょ!!!
というわけで、王道の『川柳/ワンタンメン』をありがたくいただきました。
んめけ〜!
ごちそうさまでした♡


<今日の俳句>
酒田まつり 黒森歌舞伎 人だかり

↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村  


2018年05月09日

R おいしいアート♪『Restaurant Nico』ディナーdeくろもりん押絵倶楽部女子会の巻♪



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2018年5月9日(水)18:30〜
くろもりん押絵倶楽部のみなさまから、『Restaurant Nico(レストラン ニコ)』のディナーへご招待をいただきました♡




私は、『ノンアルコール スパークリングワイン』で乾杯をしました♪

今年の『高田馬場十八番切(中山安兵衛)』の黒森歌舞伎押絵は、おかげさまで、完売となりました。
やはり、完売の報告をお聞きするとホッとするものですね!
気持ちよくみんなで乾杯をしました!




前菜/庄内産ヒラメのグジョーネット、うるいのサラダ、春菊ソース

グジョーネットとは、グージョンというヨーロッパに生息するハゼのような小魚の形に切ることを指すのだそうです。
フランスでは、このようにフライにしていただくのだそうです。
ヒラメなのにヒラメじゃないように感じるお料理でした。

斬新なお皿に盛り付けられ、新しいフレンチを楽しませていただきました。




こちらもまた、アート作品のような斬新な盛り付けに驚きました!
真ん中は、たらの芽のフリットです。たらの芽は、なんといっても、こうして揚げて食べるのが一番おいしい食べ方だと思います。




金華豚の自家製ソーセージの上に乗っている海老は、ニューカレドニア産の『天使の海老』。
セルバチコというルッコラに似た風味の野菜のソースが色鮮やかで、今の季節にぴったりでした♡
ハーブが程よくあしらわれていて、一言で言い表すのは難しい味わいでした。





舟形産マッシュルームのスープです。
濃厚なマッシュルームのこっくりとした味わいが、とてもおいしい一品でした。





こちらは、メインの庄内牛フィレ肉のローストです。
とはいえ、メイン料理をチョイスできるコースだったので、この皿は、私のお皿ではありませんでした(^^;
でも、見るからに、おいしかったに違いありませんよね!(笑)





私がチョイスしたメイン料理は、こちらのフランス産小鴨ローストです!
先日、「フランス産小鴨ローストってどんな味がするんだろう?食べてみたいなぁ〜」とNicoさんのホームページをちょうど見ていたら、押絵倶楽部の代表から、「今回は、Nicoさんに会場が決定しました!」というご連絡をいただいて、驚きました!
願えば叶うんですね〜!(笑)

月山高原の「はるか」というジャガイモや八幡のカブ、他に、アスパラガス、原木しいたけ、赤ネギなど、庄内で採れたお野菜の美味しさに大満足でした!




フランス産小鴨ローストの上にちょこんと『シブレットのお花』が咲いていました!
こうした愛らしさを演出するのがNicoさんらしいなぁ〜と思いました。

フランス産小鴨ローストは、鶏肉とは思えないほど、とってもジューシーで、食べ応えがありました。

Nicoさんは、庄内の旬の食材とフランス産の食材を楽しめる貴重なフランス料理のお店です。
酒田にいながらにして、フランス産の食材を使ったお料理をいただけるなんて、本当にありがたいことだと思います。




デザートも3種類の中からチョイスできました。
私は、バナナとチーズのタルトをチョイスしました。
鳥海高原ヨーグルトのアイスクリームが添えられていました。
ボリュームのあるデザートでした。




こちらは、黒豆のブラマンジェです。
以前、頂いたことがありますが、こちらも、絶品ですよ!




こちらは、アイスクリームの盛り合わせです。




太田舟二シェフからのサービスで頂いた焼きたてのマドレーヌと生チョコです♡
別腹は、やっぱりあるんですね〜!
お腹がいっぱいでも、美味しくいただきました!(笑)
大満足でした!
すっかりごちそうになりまして、ありがとうございました。


今日は、来年の『黒森歌舞伎』へ向けて、『くろもりん押絵倶楽部』の新商品開発の打ち合わせをしました。
みなさんから、どんどんやりたいことの相談事が増えてきています。
年月が経つにつれ、マンネリするのではなく、拡張しているのは素晴らしい事だと思います。
たくさんの人に喜んでいただけるオリジナル商品が作れるように頑張ります!
『くろもりん押絵倶楽部』は、これからもっともっと『黒森歌舞伎』を応援していきたい!と気持ちを一つにしました!

それから、来年の『黒森歌舞伎押絵』の主役の顔がまだ決定しておりません!
黒森歌舞伎のポーランド公演の準備などがあって大変だとは思いますが、来年の『ひらかな盛衰記』の勉強会を開催していただきたいと願っています。



<今日の俳句>
くろもりんと おいしい話題 尽きぬ夜

↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村
  


2018年04月29日

R 黒森日枝神社【春例大祭】2018「黒森歌舞伎子供山車/ひらがな盛衰記」



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2018年4月29日(日)11:30〜
黒森日枝神社【春例大祭】へお邪魔させていただきました。
黒森歌舞伎演舞場で、黒森小学校の子ども達が踊りを披露してくれました。

大人顔負けの見事な踊りっぷりで、「さすが、黒森っ子!」と拍手を送りました。




黒森日枝神社の社殿では、神事が執り行われていました。
山車の3台の車には、『黒森歌舞伎ポーランド公演』のポスターが貼られていました。
上手にポスターを活用していただいて、嬉しかったです♡
『くろもりん』が、頑張ってますよ〜!




黒森少年歌舞伎の子ども3名が、来年「平成31年正月公演狂言/ひらかな盛衰記」の衣装を着て、山車に乗る準備をしていました。
着物の刺繍が見事だったので、思わず後ろ姿をパチリ!





昨年12月に、黒森小学校でくろもりんのお話しをさせていただいたので、子ども達が、「もっとたくさんの人から、『黒森歌舞伎』を見てもらいたい」という気持ちが強いことを知りました。

私には、ブログで発信することしかお手伝いできませんが、少しでも多くの方に関心を持っていただけたらありがたいと思っています。

歌舞伎役者魂が伝わってくる子ども達の姿に、感動しました!
子ども達は、大人が思う以上に、『黒森歌舞伎』を誇りに思っています。





こちらは、山車に乗ったところを撮影しました。
平山役の佐藤太誠くんの目力が素晴らしいですよね!
隈取がかっこいいです!

今日は、好天に恵まれたのは嬉しいのですが、この着物を着ての山車行列は、さぞ暑かったことでしょう。
子ども達も頑張りましたが、それをサポートする大人たちも大変だったことと思います。




こちらは、女の子たちの山車です。
女の子たちも、綺麗にお化粧をして、暑い中、踊りの披露を頑張りました!

当ブログへの写真掲載許可をいただきたいということを黒森歌舞伎妻堂連中の方から、保護者のみなさまへアナウンスをしていただいて、助かりました。

黒森地域の人間でない私が、黒森地域のことをブログにアップすることを快く思わない方も、おそらくいらっしゃることでしょう。
それでも、私が生きている間に、こうして黒森地域のみなさまとのご縁をいただいたことに感謝し、『黒森歌舞伎』のお役に立てることがあればと思っています。ご理解をいただけますようお願い申し上げます。





山車が、華やかに出発するところです。
黒森地区を練り歩きます。

カメラマンさんたちも、結構いました!
初めて、このお祭りに足を運んだという方もいらっしゃいました。





こちらは、黒森日枝神社の手水舎です。
黒森歌舞伎正月公演の時は、2月で、水道管が破裂するといけないので、水が止まっています。
やっと水が張り、春になった喜びを感じます。





こちらが、黒森日枝神社です。
私も、ようやく黒森歌舞伎の役者さんの素顔とお名前が判別できるようになってきました!





このお神輿は、かなり重いらしく、昔は、8人で担いでいたそうです。




こんな風に、黒森地区を山車が周ります。
今年は、『黒森歌舞伎ポーランド公演』の募金箱を持って、ご協力を願っている姿が印象的でした。
2019年11月のポーランド公演へ向けて、ただいま、寄付を募っております!

黒森コミセン0234-92-2255でも、受け付けておりますので、ご協力をお願い申し上げます。





ミゴイ家で、お昼をごちそうになってしまいました!
車を停めさせていただいただけなのですが、「昼めしを食べでいげ〜!簡単なものしかねんでも!」と言われました。しかし、この手料理の数々は、簡単なものではありませんよね!
私の大好物ばかりだったので、ありがたくごちそうになりました。

豚の角煮は、絶品でした!
プロ顔負けの男の手料理です!
鮭のハラスも脂がのっていました!
こういうのをいただくと、翌日の肌のツヤが違うんですよね〜♪
全て美味しくいただきました!
ごちそうさまでした!





おまけに、こちらのお土産まで頂戴してしまいました!
ミゴイ家のお母さんが炊いた赤飯は、もっちもちで、とっても美味しいんです!

なんだか、すっかりお祭りに招いていただいたような展開に、「もっけだのぉ〜!」という気持ちでいっぱいでした。

これが、黒森気質なんですよね〜!
くるものなんでもウェルカム!
だからこそ、黒森へ還元できることはないか?という気持ちになるんですよね!



これから、くろもりん押絵倶楽部のみなさんと来年の『黒森歌舞伎押絵』のデザインの打ち合わせをします。
まずは、来年の『ひらがな盛衰記』って、どんな話しなの?というところから勉強をしなければなりません。
今日、「ざっくり言えば、『子どもを取り違えた話し』」という情報を役者の方から教えていただきました。

子どもだから、ひらがななのかしら???
黒森妻堂連中のみなさん、過去のDVDを見ながら、『ひらがな盛衰記』の勉強会の開催をよろしくお願いいたしますm(_ _)m



<今日の俳句>
黒森っこ 歌舞伎役者 さながらに

↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

  


2018年03月20日

R 嬉し涙!黒森小学校のみなさんから、メッセージをいただきました♡



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2018年3月20日(火)
私が帰宅すると、酒田市立黒森小学校5・6年生のみなさんからのメッセージが届いていたのでびっくりしました!

担任の石垣裕子先生が、我が家へ届けてくださったということを受け取った父から聞きました。

石垣先生へ
わざわざお届けいただきまして、誠にありがとうございました。
この場を借りて、心より御礼を申し上げます。


メッセージの内容は、黒森小学校5・6年生の総合学習で『くろもりん誕生』の話しをしてもらったことや『くろもりん』で、缶バッジ&マグネットを作らせてもらったことのお礼などでした。

思いがけずいただいたメッセージに、思わず嬉し涙がこぼれました。
みんな!ありがとう♡

私の方こそ、愛犬ぽぉ〜をモデルにデザインしたキャラクターを黒森地区のみなさんのおかげで、『くろもりん』という名前をつけていただき、こうして、黒森小学校のみなさんに活用していただいて、ありがたい気持ちでいっぱいです。

黒森小学校5・6年生がプロデュースした『くろもりん』缶バッジ&マグネット500個は、見事に完売しました!
「売上金で、黒森少年歌舞伎の小道具を買いたい」ということが書かれてありました!
素晴らしい発想ですね!
『くろもりん』缶バッジ&マグネットをご購入くださったみなさまへ、ぜひともお伝えしたい情報だと思いました。

『くろもりん』のバッジをつけて喜んでいる大人がたくさんいて、私に、「3種類大人買いしたよ!」と自慢に来る人もいます(笑)
「100円は、安すぎないか?俺だったら、200円にして、もっと儲けるのになぁ〜!子供達に先を越されっちゃったなぁ〜!」と悔しがる大人もいました!(笑)
「黒森歌舞伎の来場者数を増やしたい!」と大人よりも、子供達の方が真剣に考え、実際に行動したということが素晴らしいと、みんなが褒めていますよ!
「黒森小の子供達に負けていられない!」といい刺激をもらった大人は多いはずです。

私自身、子供達の期待にこたえられるよう、これからも、『くろもりん』と一緒に、黒森歌舞伎を応援させていただきたいと思います。

まだまだ、デザインでできることってたくさんあるよね!
まだまだ、ブログなどのSNSで発信できることってたくさんあるよね!
いまから、ここから。

くろもりん押絵倶楽部様との出会いから、黒森歌舞伎妻堂連中様&黒森歌舞伎保存会様、そして、黒森小学校のみなさまとのご縁とが、ようやく繋がったという喜びを感じています。
それを繋いでくれたのは『くろもりん』のような気がします。

今日は、モデルになってくれた天国のぽぉ〜に、こんなに素敵なメッセージをいただいたことを報告しました。
ぽぉ〜ちゃんのおかげです。ありがとう♡




そして、本日3/20の山形新聞に、県教職員の人事異動の記事が掲載されていました。
黒森小学校の岩本諒子校長先生は、4月から、酒田市立第二中学校の校長先生へ転任されることを知りました。

岩本校長先生には、黒森小学校創立記念スクールコンサート『かっちゃんとルリアールの音遊び』で、演奏をさせていただく機会をいただいたり、『くろもりん』のお話しをさせていただいたりと、大変お世話になりました。

地域の大人との交流を上手に活用される教育方針は、大変素晴らしいと思いました。
例えば、野菜作りの上手な地域の方の力を借りて、学校で野菜作りをして調理したり、野菜を売ったりして、社会性のある子供達を育てていらっしゃる先生でした。
黒森小学校のみんなは、素晴らしい校長先生に恵まれて幸せだったと思います。




私は、個人的に、センスの良い岩本校長先生から、素敵なバラ園さんをご紹介いただいたり、サンタクロースっているんでしょうか?という絵本を教えていただいたりと、お会いするたびに、素敵な情報をいただいておりました。

先般も、こちらの絵本を教えていただいたのですが、ブログにアップする機会を逃していました。
こちらの絵本を翻訳された方は、酒田市出身の荒木文枝さんという方で、岩本校長先生の同級生なんだそうです。
すごいですよね〜!
こちらの絵本は、ウォーリーを探せ!的に、楽しめる絵本でした。

黒森小学校へお伺いする=岩本校長先生のお話しをお聞きすることが楽しみだっただけに、転任を知って、寂しい気持ちなりました。
とはいえ、今度は、酒田二中は、私の母校ですので、こちらでのご活躍を願っております。

岩本諒子校長先生へ
黒森小学校では、大変お世話になりまして、誠にありがとうございました。
これからも、黒森歌舞伎の公演会場でお会いできることを期待しておりますので、今後ともどうぞよろしくお願いいたします。




黒森小学校のみなさまへ
こちらの黒森歌舞伎ポーランド公演のポスターを黒森歌舞伎妻堂連中様へ500枚寄贈させていただきました。
3/22に冨樫座長のところへ納品予定ですので、ぜひとも、黒森小学校にも貼って、ポーランド公演を応援していただきたいと願います。
必要な枚数があれば、座長へ申し出てください。
私の方から、座長へ、黒森小のみなさんにも、ポスターを差し上げてくださいとお伝えしておきますので。
よろしくお願いいたします。


<今日の俳句>
黒森の 子供ら書いた 文嬉し

↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村  


2018年03月11日

R 黒森歌舞伎『ご神撰の儀』&『太夫振舞』/黒森歌舞伎ポーランド公演ポスター



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2018年3月11日(日)11:00〜
酒田市黒森日枝神社にて、来年の本狂言の演目を決める『ご神選の儀』が行われました。

毎年、黒森地区の若者が、ご神撰者として選ばれます。
今年は、星川慶祐さんでした。
慶祐さんのお母様は、くろもりん押絵倶楽部でお世話になっている星川ふじさんだったので、驚きました。
こんなに立派な息子さんがいらっしゃったとは知りませんでした。




井戸水を7回半、頭から浴び、身を清めます。
今日は、お日様が顔を出したとはいえ、まだまだ気温が低く、さぞ水は冷たかっただろうと思います。
腕を握っていたのですが、どんどん指が食い込んでいき、寒さに耐えているのが伝わってきました。




水を浴びてから、また社殿に戻ってきたところです。





お米を入れた升の上に、演目が書かれてある小さな紙が3つ置かれてあります。





ご神撰者が、このように細長い紙を垂らして、1つをすくいあげるのですが・・・今年は、あっという間に、1つの紙がピョンをすくいあげられて、一同ビックリでした!
昨年は、なかなかすくいあがらならなかったのとは対照的でした。

無事に大役をお務めいただきまして、ありがとうございました。





そして、決まった演目は、
『ひらがな盛衰記』でした。
平成12年に公演されて以来なので、19年ぶりの演目になるそうです。

私には、さっぱりわからない演目なので、これから、勉強しなければなりません。





ちなみに、今年は、こちらの3つの演目の中から選ばれました。





黒森歌舞伎演舞場にて、『太夫振舞』が行われました。
私は、昨年に引き続き、今年も、お招きをいただいてしまいました。





達筆で書かれた来年の演目が、壁に掲げられました。
これを書いてくださったのは、写真左から2番目の黒森歌舞伎保存会の菅井儀一会長です。
私の父が、若い頃に仕事でお世話になった方だということを知り、黒森歌舞伎には、やはりご縁があったのだとますます感じました。
今日は、会長と初めてゆっくりとお話しをさせていただくことができて嬉しかったです。





2019年11月に『黒森歌舞伎ポーランド公演』が決まったことで、私なりに何か応援できることはないかと考えて、こちらのポスターをデザインさせていただきました。
いきなり印刷しては押し付けになってしまうと思い、座長・副座長にサンプルをお見せし、「このポスターを使っていただけるのであれば、ポスター500枚印刷をして寄贈させていただきたい」とご提案をさせていただきました。
お二人から、すぐにOKをいただき、印刷をさせていただけることになりました。

座員の方々の各ご家庭や職場に貼ってきただき是非とも身近な方々のご協力をいただいてほしいと願っています。
もちろん、多くの方々に、黒森歌舞伎初の海外公演のことを知っていただき、応援をいただくきっかけになってもらえたら幸いです。

こうしたことは、一方的に感じられたり、でしゃばりだと思われないかと、とても気を遣います。
私自身の言葉で、「黒森歌舞伎を応援させていただきたい」という気持ちを座員のみなさまにお伝えすることをもっと大事にしたいと思います。
黒森歌舞伎のみなさま、今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。

『くろもりんも、応援しているよ〜!』



そして、3月11日。
東日本大震災で犠牲になられた方々へ、心より哀悼の意を表します。合掌

あの日以来、人の命のはかなさを身近に感じ、生かさせていただけることがありがたいと思うようになりました。
そして、誰かのためにお役に立たせていただけるような生き方をしたいと心に誓いました。
私なりにできることで、お手伝いさせていただけることがあれば、頑張らせていただきたいと思います。

被災地への慰問演奏活動は、これからも続けさせていただきますので、よろしくお願いいたします。



<今日の俳句>
海越える 黒森歌舞伎 応援し 

↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村










  


2018年03月04日

R『平成30年黒森歌舞伎酒田公演(希望ホール)/高田馬場十八番切』くろもりん缶バッジ&マグネット完売!



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2018年3月4日(日)12:00〜
『平成30年黒森歌舞伎酒田公演』が、希望ホールにて開催されました。

ホワイエの掲示板に、酒田市立黒森小学校の児童が書いたこちらのレポートを発見し、衝撃を受けました。
「年々、黒森歌舞伎の来場者数が減ってきていることをどう改善したら良いか?」と子供たちが真剣に考えていました。




そこで、5・6年生が、「『くろもりん缶バッジ&マグネット』作って、会場で販売しよう!」とプロデュースしました。
当初は、2月15・17日の正月公演のみの販売で、200個の予定だったのですが、あっという間に完売してしまい、買えなかった人が続出しました。
そこで、今日の酒田公演で、300個追加販売することになりました。




幕間に、子供たちが、一生懸命声を上げて販売し、見事、300個完売しました!
子供たちの嬉しそうな顔!
トータル500個!すごいね〜!
完売おめでとう!!!

子供たちの笑顔に、パワーをもらいました。




黒森歌舞伎の子供たちは、自分たちの意気込みを書いて掲示しました。
他の小学校のみなさんにも見ていただきたいのだそうです。




黒森歌舞伎について調べたことを各自工夫をしてレポートをしていました。




「黒森歌舞伎の演目をどうやって決めているのか」ということを座長に取材をした子もいました。
子供たちの意気込みがすごいですね!




一人一人が『黒森歌舞伎』について深く考えて、今日の公演に臨みました。
こちらは、『黒森少年太鼓』です。
今年、3度目の本番ということで、初日よりも上達していました。




『少年歌舞伎』は、『白浪五人男/青砥稿花紅彩画(あおとぞうしはなのにしきえ)より「稲瀬川勢揃いの場」』でした。




画面右から、
日本駄右衛門
弁天小僧菊之助
忠信利平
赤星十三郎
南郷力丸

今年は、黒森小学校のみんなのパワーを感じた素晴らしい公演でした。
お見事でした!
大人も負けていられない!という気持ちにさせられました。





くろもりん押絵倶楽部のみなさんと一緒に、記念撮影!
みなさんは、押絵の販売だけでなく、パンフレット、おこし、黒森納豆などの販売もされ、『黒森歌舞伎』を応援している黒森地域のメンバーです。
来場者にとっては、幕間に買い物を楽しめるのは、嬉しいですよね!
今年も、3公演での販売、大変お疲れ様でした。





いよいよ、平成30年度黒森歌舞伎本狂言『高田馬場十八番切』の第一幕目/安之助母おてる仇打ちの場が始まりました。
安兵衛の幼い頃(安之助)のお話しです。
安之助母おてるが斬り殺される場面です。




母の仇打ちをする場面。
安之助は、子供の頃から剣術の腕があったというお話しです。




こちらは、舞台上手にあった『ツケ(左)と拍子木(右)』です。
ツケの方が高音で、黒森歌舞伎では、このツケの方をメインで鳴らしています。
この広い希望ホールでも、マイクなしの生音で、ツケが鳴らされていることを知って驚きました。
こんなに小さくても、遠くまで通る音が出るんですね〜!





『庄内PHOTOS/宮田浩之氏』から、楽屋にて撮影した役者さんの貴重なオフショット2点を拝借いたしました。
宮田氏が撮影された『黒森歌舞伎』の素晴らしい写真の数々は、後日、くろもりん公式ホームページにて公開させていただきますので、どうぞお楽しみに〜♪
というわけで、本日は、歌舞伎を演じている写真はあまりアップしません!




『二幕目/松平右京太夫館、兜割の場』
御前試合ということで、舞台も金箔を貼ったような襖で、とてもゴージャスな世界でした。
農民芝居という感覚はありません。
中央の歌舞伎を観ているような美しさでした!




『三幕目/八丁長屋、赤だすき拝借の場、高田馬場』
二刀流の安兵衛の敵討ちのシーンがクライマックス!
やっぱり安兵衛かっこいい〜♡




公演を終えて、お見送りをする役者さん達をパチリ。
写真左は、村上兄弟の弟/三郎役の中村健さん。実にいい味を出していて、好演でしたよ!




歌舞伎にとって、女形は重要です!




黒森歌舞伎の名役者さん達です。
昨年は、骨折の痛みに耐えながらも名演技をされた方もいらっしゃいました。
今年は、みなさん、元気に出演することができて、本当に良かったです!
ただ、村上兄弟の兄/村上庄左衛門を演じた坂東烈矢さんが、激やせしていたのでびっくりしました!
お顔が半分くらいにシュッとなりカッコよくなっていました。
今度、どんなダイエットをしたのか、聞いてみなくては!!!

私も、少しずつですが、役者さんの顔と名前がわかるようになってきました。
そうすると、ますます歌舞伎が面白くなってくるものですね!




黒森歌舞伎妻堂連中の座長/冨樫久一さんとおてつ婆さん役/中村秀章さんです。
私は、冨樫座長から、黒森歌舞伎押絵のデザインの依頼をいただいたおかげで、黒森歌舞伎の素晴らしさを知ることができました。
まだまだ、わからないことがたくさんありますが、冨樫座長がおっしゃるように、「伝統を守ろうとすることよりも、今を生きる自分たちが黒森歌舞伎を楽むことが大事」ということがようやくわかってきました。
なので、ここまできたら、私もとことん、黒森歌舞伎にどっぷりハマって、楽しませていただきたいと思っています。
来週3/11(日)11:00〜黒森日枝神社にて、来年の演目を決める『ご神選の儀』と『太夫振舞い』に私も参加させていただく予定です。
今年もまたお世話になりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。




2019年11月に黒森歌舞伎ポーランド公演が決定しました!
こちらの詳しい情報もお聞きしたいと思っています。
初の海外公演、楽しみです!!!



<今日の俳句>
くろもりん バッジ完売 子供らが  

↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村  


2018年02月17日

R 吹雪の中のイケメン安兵衛♡『平成30年黒森歌舞伎正月公演/高田馬場十八番切』2日目



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2018年2月17日(土)正午
酒田市黒森地区の知人宅のお正月礼に、今年もちゃっかりとお邪魔させていただきました。
今年も、YOSHIKO先生のお母様はじめ、まるで、自分の親戚のように新年のご挨拶をさせていただきましたm(_ _)m

豪華なごちそうの数々にびっくり!
男の手料理とは思えないおもてなし料理でしたが、ペロリと完食しました!
特に、豚の角煮が柔らかくて、絶品でした!
毎年のことながら、ありがたくいただきました。
ごちそうさまでしたm(_ _)m




お腹いっぱいになってから、黒森歌舞伎演舞場へ行くと、『くろもりん押絵倶楽部』のみなさんが、販売ブースで頑張っていらっしゃいました。
2日間、寒い中、本当に頭が下がります。




黒森の知人が、今年も、マス席を予約してくださいました。
マス席は、1マス4名分で、1万円です。
私一人では、申し込めないので、本当に嬉しいです♡
毎年、お気遣いをいただいて、誠にありがとうございますm(_ _)m

この写真は、黒森の知人が自宅から持ってきてくれたポットとおつまみセットです。
ポットは、熱燗とウーロン茶の2種類ありました!
さすが、地元の黒森歌舞伎の楽しみ方のレジェンドですね!
昔は、七輪を持参して、スルメや餅などを焼きながら、歌舞伎を楽しんだそうです。
すごいですね〜!
黒森歌舞伎ならではの観覧の楽しみ方を復活させたいような気もします!(笑)




ちなみに、こちらが、マス席の1名分の幕の内弁当とおみやげセットです!
この他に、ふかふかの座布団と湯たんぽと毛布を支給されます。
幸福感に包まれながら、今年も観覧させていただきました。




しかも、今年は、一番前の席で観覧させていただきました!
くろもりんの真ん前で、とっても嬉しかったです♡
珍しいチーズをパクパクほおばりながら、歌舞伎を楽しませていただいた贅沢な時間でした。




今日は、珍しく予定時間よりも早く公演が進んでいたため、私は、『高田馬場十八番切』第二幕目の『松平右京屋敷兜割の場』からの観覧となってしまいました。
名場面は、安兵衛の叔父(菅野六郎左衛門)が、刀で兜を割るシーンです。
六郎左衛門役の岩井克之さんの迫真の演技が天に通じたかのように、兜を割る瞬間に光が差し、こんなに素敵な写真が撮れていたので、びっくりしました!
兜が真っ二つに割れた瞬間の写真です!




三幕目の『八丁目長屋の場・高田の馬場』になると、天気が荒れだしました。
中山安兵衛(堀部安兵衛)役の尾上貴基さんが、腕や足の素肌を出し、黒森歌舞伎の安兵衛のトレードマークの『青ふんどし』姿になった時が一番荒れました。
「うわぁ〜!寒そう!めじょけね〜!」と思いましたが、それだけに、「頑張って!」という思いに力が入りました。
「これが、黒森歌舞伎の圧倒的な魅力なんだ!」と私は、6年目にしてようやく感じることができました。
私は、晴れ女なので、こんなに雪が降った黒森歌舞伎を見たのは、初めてだったので、感激しました!
一緒に、マス席で観覧した酒田の知人は、雨男ということで、「俺のせいで天気が悪くなってごめんの!」と謝られてしまいましたが、むしろ、雪が降った方が、感動的だということを知ることができて、ありがたいと思いました。

雪中芝居=黒森歌舞伎!
花道にも、雪が積もりました。
その上を裸足で歩くのですから、さぞ冷たかっただろうと思います。




高田馬場へ向かう途中、赤穂藩士堀部弥兵衛の妻と娘が通りかかり、安兵衛が縄だすきをしているのを見て、縁起が悪いからと娘の赤いしごきとかんざしを与える場面です。
この演目は、敵討ちの本懐を達したところで終わるのですが、この時の娘がやがて安兵衛の妻になり、入り婿の安兵衛が堀部の姓を名乗るいきさつとなります。
この娘との場面は、黒森歌舞伎のオリジナルということです。




高田馬場にて、勢揃いしている悪いやつらです!
見るからに、悪そうでしょ!(笑)
そうなんです!
歌舞伎は、悪役には、青などの色多用し、正義の役には、赤を使うといったわかりやすい演出で、大衆を楽しませてくれます。




安兵衛の登場に、「いよっ!待ってました!」との掛け声がかかりました。
赤いしごきと青いふんどしをひるがえして、悪い奴らに立ち向かう安兵衛を観客が応援します!
このライブ感がなんともいえませんね!




おっと!忘れてはいけないのが、『高田のババァ !』です!!!(笑)
このお婆さんには、セリフがないのだそうです。
なので、お婆さんと安兵衛の会話はアドリブなんですって!

お婆さんと安兵衛のやり取りがお笑いの場面となり、観客を楽しませてくれました。




そして、いよいよ安兵衛と村上兄弟との対決です!
役者さんたちの吐く息が白く、寒さが伝わってきました。
素足の安兵衛には、最後まで頑張って!と祈るばかりでした。




見事、敵討ちを終えた安兵衛の晴れやかなお顔は、「無事にやり終えたぞ!」という貴基さんの気持ちが重なっていたように見えました。
実にカッコよく、惚れ惚れする安兵衛の姿でした♡
「いよっ!日本一!」
痛快なお話しで、楽しませていただきました。




最後は、冨樫久一座長の挨拶がありました。
来年11月の黒森歌舞伎ポーランド公演決定のお話しには、感動しました。
ぜひとも、初の海外公演を成功させて欲しいと願います。
ひとまず、正月公演が無事に終了し、大変お疲れ様でした。

今日の終了時間は、15:30でした!
驚異的な早さで、驚きました!!!
いつも予定よりもはるかにオーバーしているので(^^;

今日は、とても寒かったので、早く終わってよかったです。
「黒森歌舞伎は見たいけれど、寒いのは嫌だ!」という方は、3/4(日)の酒田公演(希望ホール)12:00〜があります。
前売り500円(当日700円)で、見事な歌舞伎を楽しめますので、オススメします!




黒森の知人宅へ戻ると、今度は、黒森名物『黒森そば』を出されました!
お腹は、全然空いていなかったのですが、この十割そばがとても美味しかったので、完食してしまいました♡
『黒森そば』のことも詳しく書きたいのですが、それは後日のお楽しみに〜♪




そして、知人より、こちらの『黒森納豆/わら苞納豆』をおみやげにいただいてしまいました。
わらのフレーバーを楽しめる美味しい納豆です。
たっぷりごちそうになった上に、おみやげまで頂戴して、恐縮ですm(_ _)m




こちらは、本日、マス席にて、一緒に観覧した酒田の知人から頂戴した『丸藤菓子舗/シュークリーム』です。

黒森歌舞伎のおかげで、たくさんの方々に再会をさせていただいたり、新たな出会いをいただきました。
人と人との結びつきが財産であることを黒森歌舞伎は教えてくれますね。
私が、こうして、黒森歌舞伎に関わらせていただくことになったのは、偶然か?必然か??それはわかりませんが、『黒森歌舞伎を一緒に楽しみたい!』というスイッチが入ったことには間違いありません。




この『黒森歌舞伎押絵/中山安兵衛(堀部安兵衛)』ですが、たくさんの方々からご協力をいただいたおかげで、この第三幕目の安兵衛をうまく表現できていると思いました。
押絵は、黒森歌舞伎の話題作りにもなりますし、観覧記念にもなります。
今回安兵衛を演じられた貴基さんと前回の安兵衛を演じられた貴史さんが、この押絵をご購入くださいました。
演じられた役者さんに喜んでいただけるというのは、これほど嬉しいことはありません。
きっと、生涯大事に飾って楽しんでくださることと思います。ご購入いただきまして、誠にありがとうございましたm(_ _)m

3/4の酒田公演でも、この押絵を販売いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。


<今日の俳句>
小正月 黒森の地に 幸ありて

↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村  


2018年02月15日

R『平成30年黒森歌舞伎正月公演/黒森少年太鼓&黒森少年歌舞伎(白浪五人男)』初日



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2018年2月15日(木)10:00〜
酒田市黒森歌舞伎演舞場にて開催された『平成30年黒森少年歌舞伎正月公演』の初日に行ってまいりました!

黒森小学校の児童による『黒森少年太鼓』からスタートしました。
時折、雪がちらつく好天に恵まれて、ホッとしました♡




幕間に、黒森小学校5・6年生がプロデュースした『くろもりん/缶バッジ&マグネット』の売り子さんを見かけたので、呼び止めて、私も購入させていただきました。
10:20頃でしたが、缶バッジは、残り1個という状況でした。
バカ売れ!と言っていいほど、飛ぶような売れ行きでした!




前日の2/14に、読売新聞さんがこの『くろもりん/缶バッジ&マグネット』のことを記事にしてくださったのですが、おかげさまで、その効果がありました!
黒森小学校5・6年生のプロデュースは、大当たりでした!
やったね!
こうした地道な積み重ねが、黒森歌舞伎を盛り上げていくのだと思います。
黒森小の子ども達とのふれあいも、観客にとっては嬉しいものです。
来年も、ぜひ続けて欲しいと願っています。




『くろもりん押絵倶楽部』のみなさんと一緒に、記念撮影〜♪
写真の男性は、新庄市からお越しくださった熊坂様です。
熊坂様には、『黒森歌舞伎押絵』を6年前から毎年ご購入いただいております。
『黒森歌舞伎押絵』のファンの方に、実際にお会いすることができてとても嬉しかったです♡

熊坂様は、ご自宅の欄間に、これまでの押絵を全て飾っていらっしゃるそうです。
年が明けると、「今年もそろそろだよなぁ〜」と新しい押絵を楽しみにしているのだそうです。
お話しをお聞きして、今後の励みとなりました。
誠にありがとうございます♡




神事も行われました。
時間が経つにつれ、だんだん観客の数が増えてきました。




今年の演目と配役表です。




こちらは、おこしの会さん手作りの『黒森歌舞伎おこし』です。
1個200円という安さと美味しさで、これを目当てにおこしくださる方もいらっしゃいます。
2日分で、2,000個作ったそうですが、当日分は、午前中で売り切れてしまいました。
買えなかった方は、2/17の午前中のうちにどうぞ!




『黒森歌舞伎まんじゅう』は、昨年、黒森歌舞伎妻堂連中の発案で誕生したばかりなのですが、すっかり定着した貫禄がありました。
こちらも、昼過ぎには完売となりました!
この『黒森歌舞伎まんじゅう』は、黒森日枝神社にて、ご祈祷していただいたありがたいおまんじゅうなんですよ!
無病息災を願いながら、美味しくいただきました。




黒糖入りの美味しいおまんじゅうなので、私も、このおまんじゅうを買うことが楽しみの一つでもありました!(笑)




お昼近くになり、こちらのPOPが貼り出されました。
黒森歌舞伎では、呉汁と甘酒が、無料で振る舞われます。




幕間になると、無料で振る舞われることを知っている人たちは、テントに並びます。
特に場内アナウンスはしないので、幕間になったら、テントの中を時折、覗いてみてください。
なくなり次第終了となりますので、チャンスをお見逃しなく!




こちらが、呉汁のアップです!
具沢山で、身体があったまり、この無料サービスは、本当に嬉しいものです♡
黒森歌舞伎名物『呉汁』は、お早めにどうぞ♪





このこんにゃくも、無料で振る舞われました!
雪がちらつく中、フーフーしながら、熱々のこんにゃくをほおばりました♡
んめけ〜♪




11:00〜いよいよ『黒森少年歌舞伎』が始まりました!
今年の演目は、6年ぶりとなる『白浪五人男/青砥稿花紅彩画より「稲瀬川勢揃いの場」』でした。




『白浪五人男』を観たのは、私は初めてでした。
この『白浪五人男』の押絵のデザインのリクエストをいただいていたので、舞台美術や衣装の華やかさを目に焼き付けました。
百聞一見にしかずですね!
『白浪五人男』の魅力をしっかりと掴みましたよ!




昨年12月に、黒森小学校へお伺いした時に、子ども達がセリフを覚える練習をしていました。
それを見ていただけに、今日、こうして、立派に演じている姿を見て、感激しました。




大泥棒五人衆の大人顔負けの決めポーズでした!
場内からも、声援が飛んで、一体感がありました。




黒森少年歌舞伎が終わって、テントへ戻ると、『くろもりん押絵倶楽部』の方が、きな粉もちを用意してくださったので、遠慮なくいただきました。
自家製のたくあんとともに、美味しくごちそうになりました。
黒森地区では、今がお正月なんですよね!
お餅をいただいて、そのことを思い出しました。

午後からは、仕事があったので、本狂言の観賞は、2/17のお楽しみとさせていただきました。
本日は、『黒森歌舞伎正月公演初日』、大変お疲れ様でした。




黒森歌舞伎ポーランド公演の募金も始まっております!
詳しくは、黒森コミセンまで。0234-92-2255


<今日の俳句>
黒森小 大活躍の 歌舞伎なり

↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

  


2018年02月13日

R 『コミュニティしんぶん』さん、『山形新聞』さん、掲載ありがとうございました♡



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2018年2月9日の『コミュニティしんぶん』に、『黒森歌舞伎/くろもりん押絵倶楽部』を取り上げていただきました。

『くろもりん押絵倶楽部』のみなさんが、今年の押絵を手に、いい表情で載っていたので、とても嬉しかったです♡
『黒森歌舞伎』公演前に、『くろもりん押絵倶楽部』のみなさんの応援したいという気持ちを上手に記事にまとめていただきました。

『コミュニティしんぶん』は、新聞をとっていない地域の方々に読んでいただける媒体なので、取り上げていただいて、ありがたかったです。
「理子さんの名前が載っていたのを読んで、嬉しかったわ!この押絵を作るために苦労があったことでしょう!」と、ルリアールの衣装を作ってくださっている先生から、ねぎらいのお言葉をいただきました。
ものづくりをされている方の視点は、違いますね!
記事をしっかりと読んでいただいて、嬉しかったです。





こちらは、2018年2月11日の『山形新聞』で取り上げていただいた『黒森歌舞伎押絵』の記事です。
新聞を広げると、安兵衛の押絵が、パッと目に飛び込んできました。
今年の演目『高田馬場十八番切』の主役『中山安兵衛(堀部安兵衛)』の押絵を大きく取り上げていただいて、嬉しかったです♡
『黒森歌舞伎』の話題作りに一役となったのであれば、嬉しいです。

『山形新聞』で押絵を見て、注文をしてくださる方もいらっしゃいます。
遠方からわざわざ注文をいただくたびに、『くろもりん押絵倶楽部』のみなさんは、飛び上がるほど喜んでいます。
『山形新聞』さんの影響力の大きさを感じます。
取り上げていただきまして、誠にありがとうございました。
押絵は、公演当日、会場にて販売いたしますので、ご観覧記念やおみやげにいかがでしょうか?

いよいよ2月15・17日は、『黒森歌舞伎/正月公演』となります。
天気予報は、2日間とも雪マークです!やった〜!!!
みんなが、『雪中芝居』を楽しみにしています。
全国でも黒森歌舞伎だけが、雪の中で歌舞伎を演じているわけですから、その写真を撮りたいというカメラマンさんがいらっしゃることでしょう!
観客の一人の私としては、雨よりも雪を願っています。
今年も、黒森の知人が、私のためにマス席を予約してくださいました。
ありがたく、マス席から観覧させていただきたいと思います。
今年も、楽しみしています♡

無料で、呉汁やこんにゃくなどが振る舞われますので、お早めにどうぞ!
みなさまも、あたたかい服装でお越しくださいませ。





<今日の俳句>
話題作り 黒森歌舞伎 押絵なり 

↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村  


2018年02月07日

R ビッグニュース!黒森歌舞伎ポーランド公演決定〜♪&黒森歌舞伎衣裳展〜2/13まで開催中



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2018年2月4日(日)の山形新聞に、『黒森歌舞伎ポーランド公演決定』の記事が大きく紹介されていました!

来年の11月、日本とポーランドとの国交樹立100周年記念イベントの一つで、黒森歌舞伎の公演が決まりました。
演目『義経千本桜』を首都ワルシャワで2回、古都クラクフで1回公演する予定とのこと。

江戸時代中期から、280年以上、酒田市黒森地区で継承されている『黒森歌舞伎』にとって、初めての海外公演となります!
ポーランドの方々にとっても、日本の『歌舞伎』を初めて目にする方がほとんどでしょう!

冨樫座長にお話しをお聞きしたら、数年前、ポーランド人の女性が、大学の論文を書くために、『黒森歌舞伎』に何度も足を運ばれたのが、そもそものきっかけだったということでした。

たった一人とのご縁が、こんなにスケールの大きなお話しに発展したのですから、ご縁とは、本当に不思議で、素晴らしいものですね。
黒森歌舞伎や黒森地区のみなさんのフレンドリーな気質が、大きな要因だと私は感じています。

本当に、みなさんあったかいです!




こちらの世界地図は、黒森歌舞伎演舞場内にカラーコピーして貼ってあったものです。
ちゃんとポーランドのところをピンク色で囲んでいますね!

ポーランドって、こんなに大きな国だったんですね!
こんなに遠くの地で、『黒森歌舞伎』を上演することが決まったんですね!
すごいっ!!!

役者や関係者のみなさまにとって、お仕事との調整が大変だと思いますが、末代まで語り継がれる海外公演となりますので、貴重な経験を生かしていただきたいと願っています。

ポーランドって、どんなところなんでしょう?
私もワクワクしています。




酒田市役所1階で開催されている『黒森歌舞伎 衣裳展』へ、昨日、足を運んできました。
2/13まで開催されるそうです。
入り口で、『くろもりん』がおでむかえしてました♡
やっぱりこういうところに、ちょこんとキャラクターがあった方が、入りやすいですよね!
頑張れ!くろもりん!(笑)
ポーランドの子ども達にも『くろもりん』を喜んでもらえたら嬉しいのですが。。。




2/15・17『黒森歌舞伎 正月公演』で実際に着る衣裳が展示してありました。
正面の衣裳は、重厚感のある刺繍で、とても年季の入った素晴らしいお着物でした。
多くの人々を楽しませてくれている大事な衣裳なんだなぁ〜と見入ってしまいました。




今年の『黒森歌舞伎押絵』は、もちろん、歴代の押絵も展示されていました。
黒森地区の女性たちで結成されている『くろもりん押絵倶楽部』も、『黒森歌舞伎』の応援のために頑張っています!




平成30年度の『黒森歌舞伎押絵』は、こちらです!(予約受付中/黒森コミュニティセンター0234-92-2255)
『高田馬場十八番切/中山安兵衛(堀部安兵衛)』が今年の顔です!
赤穂四十七士の一人、堀部安兵衛の青年期『中山安兵衛』の二刀流の勇壮な立ち回りが見どころとなっています。

ポーランド公演前に、日本人に観て楽しんでもらいたい!と思っています。




『平成30年度 黒森歌舞伎公演予定』
雪中芝居で、黒森歌舞伎らしさを楽しみたい方は、2/15・17がおすすめ!無料です!(野外での観覧となりますので、あたたかい服装でお越しくださいませ)
寒いところが苦手という方は、3/4の希望ホールがおすすめです。入場料500円(当日700円)



<今日の俳句>
飛ぶが如く 黒森歌舞伎 ポーランドへ 


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村


  


2018年02月06日

R『くろもりん/缶バッジ&マグネット』が完成!黒森小学校5・6年生が初プロデュース!



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

酒田市立黒森小学校の5・6年生が、プロデュースした『くろもりん/缶バッジ&マグネット』が完成しました」というお知らせをいただいたので、学校へお伺いさせていただきました。




「2月15・17日に開催される『黒森歌舞伎』正月公演に、たくさんの人に足を運んでもらうにはどうしたらよいか?」
ということで、5・6年生の総合学習でみんなで考えました。




『くろもりん/缶バッジ&マグネット』を作って、当日、会場(黒森歌舞伎演舞場)で販売しようということになりました。
高学年のみんなは、『黒森少年歌舞伎・少年太鼓』へ出演するため、1・2年生に販売してもらうそうです。

缶バッジにするか?マグネットにするか?
色は何色がよいか?
何個作るか?
などなど、たくさんの意見を検討し、ようやく完成した『くろもりん/缶バッジ&マグネット』であることを先生からお聞きしました。
先生からは、「くろもりんのデータをあつかましくも使わせていただいて、ありがとうございました」とお礼を言われてしまいましたが、『くろもりん』は、黒森歌舞伎のキャラクターとして、みなさんに活用していただきたいと思い、無償で提供していますので、どうぞ遠慮なくご使用くださいませ。

今回は、黒森小学校の方から、自発的に商品化したいという申し出をいただいて、本当に嬉しかったです。
みんなで真剣に考えるということがとても大切なことだと思います。
その上で出来上がったこの商品ですから、愛着が大きいことでしょう。

もちろん、作って終わりではありません。
これを会場で、1個100円で販売するという情報を多くの方々へ拡散しなければなりません。
子ども達だけではできるものではありませんので、メディアの皆様のお力をお借りしたいと思います。
取材をどうぞよろしくお願い申し上げます。


今日、完成した現物を拝見させていただいたのですが、どれも可愛くて、とっても嬉しかったです♡
10時から子ども達の演目が始まりますので、これは、午前中にゲットしなければ!
2日間に半分ずつに分けて、販売予定です。2/17も販売いたしますので、お早めにお買い求めくださいませ。
「ここでしか買えない!」というプレミアム感がいいですよね!
今年のご観覧記念やおみやげにいかがでしょうか?





校内には、子ども達の『黒森歌舞伎・少年太鼓』に対する意気込みが掲示されていました。
「日々の練習の成果をたくさんの人に見てもらいたい!」その思いがひしひしと伝わってきました。
「他校の小学生からも見てもらいたい!」と言っていたのが印象的でした。
黒森小学校の子ども達の思いが、『くろもりん/缶バッジ&マグネット』という形になったんですね!
心から応援してあげたいと思います。



『くろもりん』を活用してみたいという方は、当ブログ左側の『メッセージを送る』というところから、私宛てにメールをお送りくださいませ。
『くろもりん』のイラストデータは無料で提供しておりますので、お気軽にご相談ください。



<今日の俳句>
くろもりん 上手く活用 子どもらが


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村  


2018年01月31日

R いよいよ2月!『黒森歌舞伎/高田馬場十八番切』正月公演へ向けて、緊張が高まってきました!



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2018年1月31日(水)夜
いよいよ2月15・17日の正月公演が迫ってきた『黒森歌舞伎』のお稽古を見学させていただきました。
黒森歌舞伎演舞場には、仕事が終わってから、役者さんたちが集まって、連日遅くまで練習をされています。

私がお邪魔した時は、『高田馬場十八番切/第一幕 安之助母おてる敵討の場」のお稽古中でした。
ベテラン役者さんから、演技指導をいただきながら、二人が動きを合わせる練習を何度も繰り返していました。
いよいよ本番が迫ってきている緊張感が演舞場全体に張りつめていました。


今年の主役は、赤穂四十七士の一人、堀部安兵衛の青年期『中山安兵衛』です。
演じられる役者の『佐藤貴基(役者名/尾上貴基)』さんが、ちょうどいらっしゃったので、少しお話しをさせていただきました。
貴基さんのお父さんも、おじいさんも、役者さんだったそうで、尾上の名前を代々受け継いでいらっしゃるのだそうです。
280年以上の伝統ある黒森歌舞伎の重みを感じました。

貴基さんは、堀部安兵衛(中山安兵衛)を演じるにあたり、昨年11月に生誕地/新潟県新発田市『長徳寺』に分骨されたばかりの安兵衛の墓碑に参拝をされてきたそうです。
安兵衛を演じる意気込みを感じました。
黒森歌舞伎の十八番と言われている『高田馬場十八番切』で、安兵衛を演じるということは、プレッシャーがあると思いますが、これまでの役者経験を生かしてくださることを楽しみにしています。




こちらは、黒森コミセンにて、必死の形相で黒森歌舞伎押絵を製作している『くろもりん押絵倶楽部』のみなさんです。
今年で6作目ということで、製作はみなさんに任せて安心です!

ただ、今年は、黒森歌舞伎押絵の告知が遅れているということで心配です。
メディアには、まだ取り上げていただいておりません。
『くろもりん押絵倶楽部』のみなさんは、黒森歌舞伎を応援したいという気持ちで、ボランティアで、日々製作されています。
せっかく人気のある赤穂四十七士、堀部安兵衛の青年期の話しですので、ぜひとも、話題に取り上げていただきたいと願っています。
押絵の販売は、もちろん大事なことですが、今年の演目が、『高田馬場十八番切』であることを周知させることがこの押絵の大事な目的の一つです。

お問合せは、黒森コミュニティセンター0234-92-2255まで。




今年は、『雪中芝居』が期待されています。
雪が降ってほしいと願うとは、黒森歌舞伎ならではですよね!(笑)
雪と歌舞伎のコラボは、全国唯一です!
カメラマンのみなさん、シャッターチャンスですよ〜!!!


<今日の俳句>
雪よ降れ 願う黒森歌舞伎なり

↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村  


2018年01月17日

R 平成30年黒森歌舞伎正月公演へ本格始動!『くろもりん押絵倶楽部』&『黒森歌舞伎妻堂連中』へお邪魔させていただきました



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

酒田市黒森コミセンにて、くろもりん押絵倶楽部さんの平成30年度の『黒森歌舞伎押絵』作りが、いよいよ山場を迎えております。

上の写真は、私が、押絵のデザインと型紙を作った時のものです。
私は、押絵のサンプルを1つだけ製作して、あとは、黒森地域にお住いの女性たちで構成している『くろもりん押絵倶楽部』さんが80部製作します。




今夜は、メンバー各自が作ってきた細かいパーツを黒森コミセンに持ち寄り、いよいよ繋ぎあわせる工程でした。
押絵作りがスタートした時は、できるだけパーツを少なくし、低コストで作ることが課題だったのですが、年々、お客様も、押絵倶楽部のみなさんも、鑑賞を楽しむために、手の込んだ作品を求めるように変化しました。
そのため、年々パーツが細かくなり、その分、製作時間がかかるようになりました。
2月15・17日の黒森歌舞伎正月公演までに、押絵を全て仕上げるために、今日は、緊張感が漂っていました。
女性たちの手で、黒森歌舞伎を応援したいという意気込みが感じられますね。




今年の『黒森歌舞伎押絵』の完成品はこちらになります。
平成30年度黒森歌舞伎正月公演狂言『高田馬場十八番切(たかだのばばじゅうはちばんぎり)』中山安兵衛(なかやま やすべえ)が主役となります。

仮名手本忠臣蔵に登場します「堀部安兵衛」の幼少期と成人してからの物語として高田馬場十八番切の演目があります。 全国の地芝居ではほとんど公演されたことがなく黒森独特の演目となっています。 
安兵衛は幼少期は中山の氏であり、演目中では中山になっています。 剣術は出来るが、酒びたりの日々を長屋住まいで過ごすなか、叔父上より手紙が届きます。 殿中で叔父上と模擬試合をして敗れた相手が逆恨みをし、その相手と果たし合いがあるので助太刀に来てもらいたいという内容でした。 常日頃より気に掛けてもらっている叔父上のため、急ぎ高田馬場に駆けつけるが、叔父上は相手の多勢に敗れたところでした。 安兵衛一人で多勢に立ち向かい叔父上の無念をはらす痛快な物語です。 この押絵はその中山安兵衛が高田馬場での決闘の時の姿を表現しました。


ただいま、『黒森歌舞伎押絵』の予約受付中です。
額入り4,000円 額なし2,500円
お問合せは、黒森コミュニティセンター0234-92-2255まで。




そして、今週から『黒森歌舞伎』の稽古が本格的に始まったということで、『黒森歌舞伎演舞場』へもお邪魔させていただきました。

「俺、おめから斬らいんなんけが?後ろから斬られて、振り向いて、また斬らいんなんよの?」
「ドリフみだいだよの!」
「わははははー!」

と、みんな明るくて、なんだか、とっても楽しそうでした!

「雪中芝居」で寒い!
「後継者不足」で大変!
いろいろ困難なことがありますが、当事者が一番楽しんでいるというのが、継続の力だと感じました。


今年の『黒森歌舞伎正月公演』は、若手の役者たちを中心にした躍動感あふれる歌舞伎をお楽しみいただきたいということでした。





平成30年度黒森歌舞伎正月公演狂言『高田馬場十八番切(たかだのばばじゅうはちばんぎり)』
2月15日(木)・17日(土)は、黒森歌舞伎演舞場で開催。
酒田公演(希望ホール)は、3月4日(日)です。


『高田馬場十八番切』のお楽しみといえば、クライマックスのバッサバッサの殺陣の場面です。
私も楽しみにしています。
これから、本番に向けて、深夜近くまでの稽古が続くのだそうです。
風邪など、お身体に気をつけていただきたいと願います。
本日は、お稽古中にお邪魔させていただきまして、誠にありがとうございました。




そして、今年も、『黒森歌舞伎まんじゅう』の販売が決まりました!
1箱6個入りで、800円(税込)です。
黒糖入りのおまんじゅうで、とても美味しいです!
数に限りがありますので、お早めのご予約をおすすめいたします。
ご予約は、黒森コミュニティセンター0234-92-2255まで。


<今日の俳句>
黒森や 歌舞伎近づき 緊迫し

↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村  


2017年12月18日

R 平成30年黒森歌舞伎押絵『高田馬場十八番切(中山安兵衛)』完成&黒森小学校で『くろもりん』のお話し



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

くろもりん押絵倶楽部で、毎年黒森歌舞伎正月公演(2月15・17日)の際に販売している黒森歌舞伎押絵のデザイン&サンプルが完成しました♪

平成30年正月公演狂言『高田馬場十八番切』の主役/中山安兵衛(のちの堀部安兵衛)が、押絵の顔となりました。

トレードマークは、赤いハチマキとタスキ。
そして、頭には、堀部の娘からもらったかんざしを刺しています。
青いふんどしも黒森歌舞伎ならではのトレードマークということで、バックの色を青にしました。

額入り4,000円。
額なし2,500円。
こちらの押絵は、ただいま、予約受付中です!
限定80部ですので、お早めにどうぞ。
お問合せは、黒森コミュニティセンター0234-92-2255まで。





2017年12月18日(月)は、酒田市立黒森小学校へお伺いさせていただきました。
5・6年生の担任の先生から、「黒森歌舞伎のキャラクター『くろもりん』誕生の話しを学校でしていただきたい」というご依頼で、お話しをさせていただきました。

2013年12月に『くろもりん』が誕生してから、私の知らない間に、『くろもりん』は、黒森小学校のみんなに愛されていたことを知りました。
学校の至る所に、『くろもりん』が貼ってあったので、とても嬉しかったです♡




今日は、KP法でお話しをさせていただきました。
5・6年生で15名という人数でしたので、KP法がちょうどよかったです。

子ども達は、とても真剣に話しを聞きながら、しっかりメモを取っていました!
『くろもりん』を使って、黒森歌舞伎への集客ポスターやパンフレット、CMなどを作りたいということをみんなで考えていました。
今後、『くろもりん』のグッズを販売したいという意見もありました。

そうした中で、『くろもりん』のデザイン使用について、著作権のことが気になっていたようです。
くろもりんの名前とイラストは、2014年に、デザインをした私が商標登録を取りました。
「商標登録は、他人から悪用されないように守るためのもので、黒森小学校のみなさんには、安心して、『くろもりん』を使っていただきたいです。そして、『くろもりん』で、黒森歌舞伎をどんどん宣伝してください!」と、私の方から、みんなへお願いしました。

『くろもりん』は、私のものではなく、黒森地域のみなさまの『くろもりん』だと思って提供したキャラクターです。
使用料などをいただくつもりは全くありません!
それよりも、私が死んだのちにも、『くろもりん』は、みんなに愛され、活躍して欲しいと願っています。
これからも、わからないことがあったら、私に気軽に問い合わせて欲しいと思います。




そして、出来立てホヤホヤの平成30年黒森歌舞伎押絵『高田馬場十八番切(中山安兵衛)』の押絵のサンプルをお披露目させていただきました。
みんなに見せた途端に「お〜!すげ〜っ!」という歓声が上がりました♪
何よりも、平成29年『黒森日枝神社』のお祭りの際に、中山安兵衛役をしてくれた佐藤悠万君本人が、「俺、そっくり!」と言い、周りのみんなも、「本当だ!悠万にそっくりだ!」と認めてくれたことがとても嬉しかったです♪
私は、悠万くんをモデルに、この中山安兵衛の押絵をデザインした話しをさせていただきました。




最後は、『くろもりん』を真ん中に、みんなで記念写真を撮りました♪
中山安兵衛の押絵は、モデルになってくれた佐藤悠万くんから持ってもらいました。
うん!やっぱり似てますね〜!(笑)
(顔写真のSNSへの掲載は、学校から許可をいただいております)

来年の正月公演(2月15・17日)の少年歌舞伎では、『白波五人男』を演じます。
なので、「『白波五人男』の押絵は作る予定はありませんか?」という質問が、男の子からありました。
「くろもりん押絵倶楽部さんから、ただいま『白波五人男』の押絵のデザイン依頼を頂いております」とお返事をしたところ、すごく嬉しそうな反応していました!
子ども達の期待になんとか応えてあげたいと思いますが、来年の2月までは間に合うかしら???

黒森地域に暮らし、実際に歌舞伎を演じている子ども達の黒森歌舞伎への思いは、私が予想した以上に強いものだということを感じました。
私にできることがあれば、サポートしてあげたいと思います。
そして、この子たちの歌舞伎を多くの方々から見てもらいたいという気持ちになりました。

今日は、黒森小学校の子ども達から、たくさんの学びを頂いた貴重な日となりました。
この度は、学校でお話しをさせていただく機会をいただきまして、誠にありがとうございました。



<今日の俳句>
くろもりん 学び舎貼られ 人気者

↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村  


2017年12月06日

R 鶴岡名物『切りさんしょ』と黒森歌舞伎『少年歌舞伎』の衣装



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2017年12月6日(水)19:00〜
来年の黒森歌舞伎押絵のデザイン&サンプルが完成したので、黒森コミセンに、くろもりん押絵倶楽部のみなさまにお集まりいただき、お披露目をさせていただきました。

平成30年黒森歌舞伎正月公演『高田馬場十八番切』の主役『中山安兵衛(のちの堀部安兵衛)』が来年の押絵の顔です!
「立体的な感じがいい!」と、みなさまから、喜んでいただけたのでホッとしました。
販売価格が決まり次第、当ブログでもお披露目させていただきたいと思います。


佐藤久美子代表が、鶴岡名物『切りさんしょ』を用意してくださっていたので、みんなでお茶を飲みながらいただきました。
山椒の風味豊かな餅菓子です。
白砂糖味と黒砂糖味の二種類があります。
お歳夜の時期限定で作られるため、『切りさんしょ』をいただくと、「今年もラストスパートしなければ!」と気が焦りますね!(笑)

冬の風物詩/黒森歌舞伎押絵作りも、いよいよスタートしますよ!
マスコミ・メディアの皆様方、取材をどうぞよろしくお願いいたします。
お問合せは、黒森コミセン0234-92-2255へ。




こちらは、来年の少年歌舞伎『白波五人男』の衣装です。
とても立派で、素晴らしいデザインだったので、感激しました!




今年の干支の酉と桜のデザインが、素敵ですね♡
鮮やかな色彩は、勉強になります!





五人それぞれのキャラクターに合わせたデザインの衣装を着ることを初めて知りました。
来年の少年歌舞伎が楽しみです!

『白波五人男』の押絵デザインのご依頼をいただいているのですが、この衣装を見た途端に、イメージが湧いてきました!
面白い押絵が作れそうです!!!



<今日の俳句>
くろもりんと 歌舞伎話しと 切りさんしょ

↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村
  


2017年10月21日

R 黒森歌舞伎押絵『中山(堀部)安兵衛』デザイン制作のため、黒森歌舞伎演舞場を訪問の巻♪



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2017年10月21日(土)19:00〜
くろもりん押絵倶楽部の方々と一緒に、黒森歌舞伎演舞場へお伺いさせていただきました。
来年の黒森歌舞伎正月公演は、『高田馬場十八番切』ということで、押絵の顔は、『中山安兵衛』(のちの堀部安兵衛)となります。
そこで、星川州さんにお願いをして、安兵衛が決闘場面で使用する小物などを拝見させていただきました。




助太刀をする安兵衛が、二刀流でバッサバッサと18人斬りするところが見せ所です。
というわけで、刀を拝見させていただきました。
刀というのは、身分に合わせて長さや形が違うということを教えていただきました。
私は、全部同じだと思っていたので、勉強になりました。




こちらは、決闘の場面で、安兵衛が頭に刺すかんざしです。堀部の娘からこのかんざしを受け取る場面があります。
頭にかんざしを刺すのは、黒森歌舞伎独自のストーリーとのこと。
ふんどしの色が『青』というのも、黒森歌舞伎の安兵衛ならではの特徴的なスタイルです!
いろんなところに黒森歌舞伎ならではのオリジナリティが隠されていることを知り、事前に、情報収集することが大事なことだと、これまでを振り返り反省しています。
これからは、黒森歌舞伎の役者さんから、直線情報収集する時間を早めにとりたいと思います。




来年の『高田馬場十八番切』の配役が、10月10日に決まったそうです。
私も、少しずつですが、役者さんの顔と名前がわかるようになってきました。

『中山安兵衛』役は、黒森歌舞伎きってのイケメン役者/尾上貴基さんです。
どんな安兵衛になるのでしょう???
今から、とても楽しみです♡ドキドキ

その前に、私は、黒森歌舞伎押絵のデザイン制作をUPしなければなりません。
貴基さんのお顔に少し似せた方がよいのかしら???
時間がないので、とにかく頑張ります!!!!

来年の正月公演へ向けて、黒森歌舞伎が本格的にスタートしました!!!


<今日の俳句>
安兵衛の 押絵作りに 気合い入れ

↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

  


2017年07月22日

R 和菓子の涼に感動♪新潟県新発田市『寿堂/涼しさの贈り物&助太刀もなか』



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

先日、堀部(中山)安兵衛の生誕の地/新潟県新発田市へ行った時のお話の続きです。
新発田市は、城下町だけあって、茶道の文化が盛んで、老舗のお菓子屋さんがたくさんありました。
私は、堀部(中山)安兵衛にちなんだお菓子が欲しくて、最初に、『寿堂』さんという和菓子屋さんへお邪魔させていただきました。

ショーケースを覗いた途端に、こちらの『金魚』が愛らしいお菓子に一目惚れしてしまいました♡
なんて可愛らしい金魚で、なんて涼しげで、そしてこんなにも美しいお菓子なのでしょう!




バラ売りもしていたのですが、6個入りの専用の箱がこれまた素敵だったので、思わずジャケ買いをしてしまいました♡
私のお目当ては、このお菓子ではなかったのですが、このお菓子がどんな味がするのか、無性に食べてみたくなったのです。





パッケージはこんな感じでした!
Ricoママに、これを見せたら、「わぁっ!すごい!綺麗だの!」と感激しました。
中を開けて、さらに、目をまん丸にして感激していました。
「これだば、食べるのがもったいね〜の〜!」と言いながら、いただきました!(笑)

お味は、青梅の爽やかなフレーバーが口の中いっぱいに広がって、美味しかったです♡
本当に、今の季節にぴったりでした♪♪♪
和菓子って、いいなぁ〜♡
日本人でよかったなぁ〜♡
心をときめかせながら、いただきました。





私の『寿堂』さんの目的のお菓子は、こちらの『助太刀もなか』でした!
来年の『黒森歌舞伎正月公演』で演じる『高田馬場十八番切』での中山安兵衛のトレードマークは、「青いふんどし」です!
それは、『黒森歌舞伎』ならではのトレードマークということで、確かに、こちらのパッケージには、「青いふんどし」は描かれていませんね〜!
そういったことを確認するのもまた楽しみの一つです!





こちらが、『助太刀もなか』です!
堀部(中山)安兵衛の刀の鍔をかたどったもなかに、4種類の『生チョコ(チョコ・抹茶・苺・コーヒー味)』が挟んであるという斬新なお菓子でした!
これが、ひんやり冷たくて、口に入れると滑らかにとろける生チョコの味わいが美味でした♡
ブラックコーヒーにぴったりで最高♡
『寿堂』さんのお菓子は、センスが良くて、ファンになりました♡

お菓子を包装していただいている間に、昆布茶とのし梅でおもてなしをいただいてしまいました。
私は、一見の客だというのに、丁寧な接客に驚かされました!
これが、城下町の老舗和菓子店の接客なのかと、感激しました♡
新発田へ行ったら、また必ず寄りたいお店です!
どんな季節のお菓子が並ぶのか、楽しみで仕方がありません。

ちなみに、『助太刀もなか』の鍔は、本物の堀部(中山)安兵衛の刀の鍔をかたどったものなのかどうかということを店員さんに伺ってみました。
すると、この鍔の型は、お菓子の型にあったものを利用したということで、あくまでも、イメージで作られているお菓子であるということがわかりました。それがわかっただけでも、私にしてみれば、現地へ足を運んだ価値がありました。
そのあとに、『堀部安兵衛伝承館』で、中山安兵衛の刀と鍔を拝見させていただいたので、その本物を押絵のデザインの参考にさせていただきたいと思います。





そして、もう一軒の老舗『翁屋』さんへも行ってみました。
『翁屋』さんの名物『浪花かん』が欲しかったのですが、夏場は販売していないということで、購入できませんでした。
その代わりに、堀部安兵衛にちなんだお菓子と翁最中を購入してきました。




こちらの、『老松』というお菓子は、堀部安兵衛が、新発田の『長徳寺』へ手植えした松を表現したお菓子です。
香りの良い青きな粉とこしあんの棹菓子で、自分の好きな大きさにカットしていただくことができました。
抹茶によく合うお菓子で、Ricoママ大絶賛でした♡

もっと早くに、この新発田の和菓子ネタをブログにアップしたかったのですが、日々、いろんなネタが重なってしまい、こんなに遅くなってしまいましたm(_ _)m
本当に、毎日、いろんなことがありますよね!
ジェットコースターに乗っているような毎日で、目が回りそうですが、こうして、当ブログにおつきあいくださる方々がいらっしゃるおかげで、頑張ろうという気持ちにさせていただいております。
いつも、誠にありがとうございますm(_ _)m



<今日の俳句>
新発田発 老舗の和菓子 涼やかに

↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村  


2017年07月20日

R おそらく鶴岡初?!『黒森歌舞伎展』開催中!/鶴岡市第三学区コミュニティセンター(にこふる併設)



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

ただいま、鶴岡市第三学区コミュニティセンター(にこふる併設)にて、『黒森歌舞伎展』が、7/29(土)まで開催されています。(入場無料)
山形県酒田市黒森地区にて、280年以上の伝統を持つ農民芸能ですが、鶴岡市において、このように展示していただけるのは、おそらく初めてのことではないでしょうか?
鶴岡の皆様の懐の広さを感じて、とてもありがたいと思います。

会場には、黒森歌舞伎押絵も、展示していただいております。
黒森歌舞伎のキャラクター『くろもりん』も、待っていますよ♪




会場には、150年前の貴重な衣装はじめ、白浪五人男のカツラなども展示されています。
こうして、鶴岡の地で、『黒森歌舞伎』を客観的に見てみると、雪の舞う境内で上演される全国でも珍しい歌舞伎の伝統の凄さを感じました。

『山形県指定民俗無形文化財/黒森歌舞伎』は、庄内の宝、山形の宝として、後世へ受け継いでいただきたいと改めて思います。




今回の『黒森歌舞伎展』の目玉は、『黒森歌舞伎』を20年以上も撮り続けた『松本鶴子さん』の写真の数々でした!
膨大な写真の中から、特に、「雪中芝居」「寒中芝居」らしい写真をセレクトして展示されていました。

外は、猛暑でも、雪の舞う中での『黒森歌舞伎』の写真を見ると一気に涼しくなりますよ!(笑)
7月に、『黒森歌舞伎展』というのも、いいものだなぁ〜と思いました。





鶴岡市第三学区コミュニティセンターは、荘内病院の近くにあります。
〒997-0033 山形県 鶴岡市泉町5−30 TEL0235-24-2212

『黒森歌舞伎展』で、たくさんの方に、『黒森歌舞伎』の魅力をこの機会に感じていただけたらと願っています。

最後に、この度の『黒森歌舞伎展』に関わってくださった皆様方に、心より御礼を申し上げますm(_ _)m



<今日の俳句>
鶴岡で 黒森歌舞伎 初展示


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村