2020年03月14日

R 黒森歌舞伎『ご神撰の儀』&黒森歌舞伎応援プロジェクトより寄付金贈呈式



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2020年3月14日(土)9:30〜
酒田市黒森日枝神社にて、来年の本狂言の演目を決める『ご神選の儀』をはじめる前に、演目の候補を座員のみなさんで協議が行われました。
最初に5つの演目があげられ、その後、3つの演目に絞り込まれました。




『ご神選の儀』を行う前に、『黒森歌舞伎応援プロジェクト』より寄付金の贈呈式を行わせていただきました。
2019年10月25日〜2020年3月13日の期間に売り上げた黒森歌舞伎応援グッズの収益金の一部を寄付させていただきました。

寄付金額は、43,760円です。

Tシャツやキーホルダーなど、みなさまからお買い上げいただいたおかげで、寄付金を座員のみなさまの前で、座長へ手渡しすることができました。
ご支援をいただいたみなさまへ、この場をお借りして、ご報告とお礼を申し上げます。


『黒森歌舞伎応援プロジェクト』メンバー(写真左より)
●Design Office キャットミント/久松理子
●書の庵 /齋藤健太郎
●カメラの七桜/北村薫
●FUN-K/佐野圭(欠席)


黒森歌舞伎では、新しい衣裳やかつらなどが必要ということで、寄付金が必要となります。
応援グッズ販売は、これからも継続してまいりますので、今後ともご協力をいただけますようお願い申し上げます。

<黒森歌舞伎応援グッズ取り扱い先>
『カメラの七桜』〒998-0044 山形県 酒田市中町2丁目3-15 TEL0234-22-9431
『ネットショッピング』https://kuromorin.base.shop




黒森歌舞伎日枝神社です。
今年は、暖冬のため、残雪が全くありませんでした。




『ご神撰の儀』は、演目の番号が書かれたクジを毎年、黒森地区の若者が引いて、来年の黒森歌舞伎の演目を決めます。
今年は、羽黒高校の佐藤玲央くんがご神撰者として選ばれました。
ご神撰者の玲央くんが真ん中に座って、神事が行われました。




玲央くんは、この一週間、肉を断ち、精進料理で身を清めました。
暖冬とはいえ、小刻みに震えている玲央くんを見ていると、早く終わらせてあげてほしいという気持ちなりました。

井戸水を7回半浴びせられます。

玲央くん、がんばりました!!!




こちらの写真は、カメラの七桜の北村薫さんが撮影したものです。
さすが、いい写真ですね!

ちなみに北村薫さんは、現在開催中の山形県写真展で、入賞されたそうです!素晴らしい!!!
店内でも、入賞された作品が展示されていましたので、是非、ご覧いただきたいと思います。





今年は、こちら3つの演目がセレクトされました!
この番号を書かれたクジを作り、ご神撰者がコヨリで、一つだけを引き上げます。
さあ、どれに決まるでしょうか?





身を清めた玲央くんが、お米の上に乗っているクジにコヨリを近づけているところです。
すると、一つのクジが引っかかってきました。
(撮影/カメラの七桜 北村薫)




五十嵐座長がクジを開いた瞬間をちゃんと北村さんが撮影してくださってました!
よく薄暗い中、ピントが合いましたね!さすがです!!

結果は、2番です!!!




すぐに、黒森歌舞伎保存会の菅井儀一会長が、決定した演目を達筆で書いてくださいました。
多勢のカメラマン囲まれる中で、スラスラ書かれる姿を尊敬いたします。





神様が来年の黒森歌舞伎の演目に選んでくださったのは、『本朝廿四孝(ほんちょうにじゅうしこう)』でした。
斎藤道三が登場するお話しとのことです。
今、大河ドラマ『麒麟がくる』で、本木雅弘さんが、とてもかっこいい斎藤道三を演じていますよね!(かっこ良すぎます♡)
実際は、『美濃のマムシ』と言われ、下克上の乱世に産声を上げた冷酷非道な男として有名です。
歌舞伎の『本朝廿四孝』では、どんな風に登場するのか?
黒森歌舞伎では、どの幕を上演するのか???
平成18年に上演した黒森歌舞伎のDVDの観賞会を早く開催していただきたいと願うばかりです。
来年の黒森歌舞伎押絵の顔は誰なのか???デザインはどうするか????
私の課題がスタートしました!

それにしても、ちゃんと大河ドラマに合わせた演目に決まるとは!
毎年のことですが、神様がお選びになるセンスの素晴らしさは、さすがだと鳥肌が立ちます!





すぐに黒森歌舞伎演舞場の壁に貼られました。
例年だと、これを見ながら、『太夫振舞』という直会が始まるのですが、今年は、新型コロナウイルスの拡散防止のために、中止となりました。
やむを得ませんね。

今年は、3月8日の黒森歌舞伎酒田公演が中止となってしまいました。
残念という声が多いので、黒森コミセンで、DVD上映会を企画予定とのことです。
詳細が決まり次第、お知らせいたします。


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ  


2020年02月29日

R 新型コロナウイルスの影響で、『黒森歌舞伎酒田公演』が中止となりました。『義経千本桜/大物浦の場』伝説の背面ダイブ!



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

令和2年3月8日(日)に開催予定だった『黒森歌舞伎酒田公演』が、新型コロナウイルスの影響で、中止となりました。
酒田公演を毎年楽しみにされている方々が多いので、とても残念ですが、やむを得ません。

今年の酒田公演の演目は、『義経千本桜』より、第1幕/摂州渡海屋の場、第2幕/摂州大物浦の場』の上演予定でした。
これは、正月公演2/17と同じ演目です。
一番の見せ場は、クライマックスです!
平知盛が、大イカリを身体に縛り、大イカリと共に海へ沈むという名場面です。
背後を一度も振り向かずに、背面から飛び落ちます。その際、足の裏を観客へ見せながら、飛び落ちていくというというとても危険な演技です!
これまで、黒森歌舞伎では、危険すぎるため、落ちる寸前で幕を引いて、おしまいにしていました。

ところが、今年の平知盛役の笹本 敬さんが、この落ちにトライしたいと願い出ました!
当初、五十嵐座長は、「そんな危険なことはさせられない!」と言っていましたが、大道具部のみなさんが、安全にダイブできるようにと工夫をしてくださり、平知盛は、見事飛び落ちました!!!

黒森歌舞伎の年中行事を追っかけて撮影をしてくださっているフォトグラファー宮田浩之さんが、高速連写で、2/17の伝説の瞬間をカメラに収めてくださいました。
酒田公演を楽しみにしていたけれど、観ることができなかった方々のために、私のSNSでアップさせていただくことをご了承いただきました。








「わぁ〜っ!」と、拍手喝采が沸き上がった素晴らしい伝説の名場面となりました!!!
さすが、敬さん!やり抜きました!
度胸ある見事な飛びっぷりに、感動でした!
それを支えてくださった大道具部のみなさま方のおかげですね!
大イカリの製作は、小道具部の実さんです。
黒森歌舞伎の伝説誕生の瞬間を撮影してくださった宮田さんにも感謝です♡

「歌舞伎って面白いんだね」と、初めて観た方々からの感想をいただくことができて、とても嬉しかったです。

江戸時代から約280年以上続く『黒森歌舞伎』は、伝統を守りつつも、これからも進化し続けていくことに期待しています。
冨樫前座長が、「楽しんでやることが一番大事なことだ」とおしゃっていたことが、心に残っています。
きっと、「よくやった!」と冨樫前座長が天から観て喜んでいたことと思います。




ところで、酒田公演が新型コロナウイルスの影響で中止となり、こちらの『黒森歌舞伎押絵』の方にも影響が出てしまいました。
鑑賞記念品として会場で販売する予定だったのですが・・・(涙)
黒森コミュニティセンターで販売しております。
発送も承っておりますので、よろしくお願いいたします。

額入り4,000円(税込)
額なし2,800円(税込)

『くろもりん押絵倶楽部(黒森コミュニティセンター内)』
TEL0234-92-2255
http://www.kuromorin.com




そして、黒森歌舞伎応援Tシャツの方にも、影響が出ております!
令和2年黒森歌舞伎の公演会場のみで販売予定をしていた『黒森歌舞伎プレミアム金隈取りTシャツ』が、酒田公演で販売することができなくなり、在庫が残ってしまいました(涙)

Sサイズ 2枚
Mサイズ 完売
Lサイズ 1枚
XLサイズ 1枚←3/1 AM9:07ご注文をいただき完売
XXLサイズ 2枚

各3,000円(税込)

数量限定のため、売り切れ次第終了となります。
3月14日(土)の黒森歌舞伎・ご神撰の儀&太夫振舞の際に、Tシャツの売り上げの一部より寄付金としてお渡ししたいと考えておりますので、ご協力をいただけますようお願い申し上げます。
残りわずかの本当のプレミアム商品です!!!

こちらのネットショッピングから、ご購入いただけます。(送料・手数料込みとなりますので、1枚3,300円となります)
https://kuromorin.base.shop



新型コロナウイルスの影響は、いろんな方面へ深刻な影響が出ています。
『コロナショック!』
正直、私も影響を受けて、これには参っています。
まさか、こんなことになるとは!
感染が終息することを祈るばかりです。


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ  


2020年02月20日

R 新聞各社に掲載!令和2年『黒森歌舞伎正月公演』&黒森小学校6年生制作『歌舞伎ブック/黒森』



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

大大盛況だった令和2年『黒森歌舞伎正月公演初日』が、『山形新聞2020.2.16』の表紙に、カラーで大きく掲載されました!
写真は、『義経千本桜/伏見稲荷鳥居前の場』の荒事の狐忠信とコミカルな早見藤汰のベテラン役者2名と軍兵2名です。
「歌舞伎を屋外からたくさんの観客が楽しんでいる」ところを伝えたいという記者の思いが伝わってきました。

見出しに『酒田・黒森歌舞伎』と書かれているのが、さすが!と思いました。
酒田市内の方には、『黒森』というだけでどこなのかが伝わりますが、市外の方には、『黒森』って、一体どこなのかさっぱりわかりません!
『伝え方が9割』ということで、私もこれからブログやSNSで発信するときは、山形県酒田市『黒森歌舞伎』と必ず記載するように心がけたいと思います。

先日の正月公演の際に、東京からお越しくださった映像制作会社の三村さんから、「黒森歌舞伎の近況をネットで調べると、Ricoさんのブログしか出てこないんです!Ricoさんのブログの情報、とても助かりました!」とお声掛けをいただきました。
その時、私は初対面だったのですが、三村さんは、私のブログを見ていたためか、「やっと会えました!」という感じで、親しみを込めてごあいさつをいただき、とても嬉しかったです。

日々、天に向かって発信しているような気持ちでブログを綴っていますが、誰かのお役に立てていたのであれば、ありがたいと思いました。




こちらは、『朝日新聞2020.2.16』の山形欄に掲載された記事です。
知人が、教えてくれたのですが、『黒森歌舞伎』の写真が、朝日新聞にこんなに大きく載っていたのは見たことがないということでした。
朝日新聞に掲載されている写真は、『義経千本桜/伏見稲荷鳥居前の場』の源義経と静御前と家来衆です。
黒森歌舞伎の若手役者たちが朝日新聞を飾ったというのは、嬉しい出来事です!
同じ『黒森歌舞伎』の記事でも、どの場面の写真を掲載するかで印象が違いますね!
こちらは、桜の木の前で、主役の義経と女方の静御前の姿で、地芝居とは思えないとても豪華な印象が伝わってきます。
それもまた、『黒森歌舞伎』の魅力です!




こちらは、『コミュニティ新聞2020.2.21』の表紙に掲載された記事です。
限られたスペースでしたが、大立ち回りの力強い狐忠信の姿が印象に残る写真で引きつけます。
コミュニティ新聞さんは、正月公演前に、『黒森歌舞伎』のことを2度も取り上げてくださっていたので、今回は、公演がこのように行われたという結果報告的な取り上げ方となっています。
コミュニティ新聞様には、公演開催の告知にもご協力をいただきまして、心より感謝を申し上げます。





そして、こちらは、山形県酒田市立黒森小学校6年ブルースカイ学年のみなさんが制作した『歌舞伎ブック/黒森』です。
A4サイズで、全カラー12ページ。
小学生が制作したとは驚くほど、充実した内容となっています。
本当によくここまで頑張りましたね!素晴らしいです!

予算の関係で、モノクロ印刷したものを正月公演の会場で、子どもたちが、観客の皆様へ無料配布しました。
表紙の左上のロゴマークは、『日本・ポーランド国交樹立100周年記念/黒森少年歌舞伎・少年太鼓シンボルマーク』として、子どもたちが考えたのだそうです。思いがいっぱい詰まっているマークですね!

3/8(日)の黒森歌舞伎酒田公演(希望ホール)でも、無料配布いたしますので、是非とも手にとっていただけますようお願いいたします。
6年生にとっては、最後の公演となりますので、応援してあげてください!





↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ


  


2020年02月19日

R 二枚目歌舞伎役者/尾上貴基さんが『黒森歌舞伎押絵』と『プレミアム金隈取りTシャツ』をお買い上げくださいました♡



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

先日の令和2年『黒森歌舞伎正月公演初日』に、二枚目役者の尾上貴基さんが、『黒森歌舞伎押絵』と『プレミアム金隈取りTシャツ』をお買い上げくださいました♡

今年の押絵は、『義経千本桜/源義経』です。尾上貴基さんが、源義経役を演じられるということで、記念にご購入くださいました。
私は、できるだけ貴基さんに似るように意識して、押絵のデザインを仕上げました。
お化粧したお顔は、本番当日にしか見ることができないので、貴基さんが、お化粧したらこうなるんじゃないかな?というのをイメージして制作するしかありませんでした。
実際は、いい感じに似ていたと思います。
気になる方は、どうぞ、3/8の黒森歌舞伎酒田公演(希望ホール)で、貴基さん演じる源義経をご覧いただきたいと思います。


昨年の『ひらかな盛衰記/梶原源太景季』と一昨年の『高田馬場十八番切/中山安兵衛』と、3年続けて主役は貴基さんが演じられています。
役の共通点は、二枚目ということです。
色男役は、誰にでもできるわけではありません!

貴基さんが、ご自宅に『黒森歌舞伎押絵』を飾っていたところ、訪問したお客様が、それを見つけて、「どうして、ここに黒森歌舞伎の押絵があるんですか?」というのがきっかけで、貴基さんが、歌舞伎役者さんで、しかも主役をやっているということを知り、驚かれたというお話しでした。
『黒森歌舞伎押絵』が、黒森歌舞伎の話題の一役になったのであれば嬉しいです。





黒森地域の女性たちで構成している『くろもりん押絵倶楽部』のみなさんが、限定100部作りました。
3/8(日)の酒田公演(希望ホール)でも、こちらの『黒森歌舞伎押絵』を販売いたします。
今年は、桜の押絵がポイントになっています。
お店などに飾ると、お客さんとのコミュニケーションツールにもなりますので、ご商売をされていらっしゃる方にもおすすめいたします。

額入り4,000円(税込)
額なし2,800円(税込)

『くろもりん押絵倶楽部(黒森コミュニティセンター内)』
TEL0234-92-2255





2月15日の『義経千本桜/伏見稲荷鳥居前の場』では、狐が佐藤忠信に化けて登場する荒事に、尾上貴基さんが挑戦されました!
いつも色男役なので、どんな狐忠信になるのかと想像がつきませんでしたが、見事に化けました!!!
勇ましい姿に場内から拍手が湧き上がりました!
品格のある狐忠信は、しびれるほどカッコ良かったです!




私は、幕間に、『黒森歌舞伎応援Tシャツ』の販売をさせていただきました。
こちらの『プレミアム金隈取りTシャツ2020モデル』は、限定50枚で、売り切れ次第終了ということでの販売でした。
遠方からお越しのお客様が、黒森歌舞伎鑑賞記念としてご購入くださり、おかげさまで好評でした!
売り上げの一部が、黒森歌舞伎への寄付金になるということを知り、ご協力をいただいた方も多くみられました。
黒森歌舞伎を応援したいという方がこんなにたくさんいらっしゃるのだということを感じて、とても嬉しかったです。
「また来年もきます!」とか、「来年は、友達を連れてきます!」と、仙台・福島・東京・京都・カナダからのお客様からエールをいただきました。
Tシャツの販売を通して、私は、たくさんの方々とお話しができて、勉強になりました!

そして、尾上貴基さんからも、お買い上げいただきました!応援グッズなのに、役者さんからもご購入いただいて恐縮でしたが、とても嬉しかったです♡

在庫チェックしてみたら・・・すみませんが、3/8酒田公演での『プレミアム金隈取りTシャツ2020モデル』は、残りわずかしかありません!
プレミアムTシャツは、今回限りのデザインですので、「ゲットしたい!」という方は、希望ホールへ着いたら、真っ先にお買い求めいただけますようお願い申し上げます。
酒田公演でのTシャツ販売は、『黒森歌舞伎応援プロジェクト』メンバーの『書の庵』さんが担当いたします。和の小物なども取り揃えておりますので、お買い物もお楽しみくださいませ。


それから、『さくらんぼテレビ』さんが、黒森歌舞伎を密着取材し、特番を放映してくれるそうです!
『さくらんぼテレビ』2月29日(土)14:30〜
是非ともご覧いただけますようお願いいたします。






↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ


  


2020年02月17日

R 逆回転投稿!令和2年『黒森歌舞伎正月公演』2日目・『義経千本桜/渡海屋の場・大物浦の場』素晴らしかった!



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2020年2月17日(月)
令和2年『黒森歌舞伎正月公演』2日目が無事に終了しました!
2日目は、最初からではなく、あえて最後の記録写真から逆回転で投稿させていただきます!

最後に撮影した打ち上げの記念写真です!
全員で力を合わせてやり抜いた!という晴れやかなお顔が素敵でした♡

素晴らしい黒森歌舞伎をご披露いただきまして、誠にありがとうございました。
冨樫久一前座長も、みなさんの弾ける笑顔を見て、喜んでいることと思います。




『くろもりん押絵倶楽部』のみなさんと、ポーランドの大学教授/イガさん、そして、ポーランド公演で、通訳をしてくださったアル君です。




令和2年『黒森歌舞伎正月公演』2日目終了のごあいさつです。
時折、雨が降るあいにくの天気でしたが、最後まで応援してくださる観客が例年よりも多くて、とても嬉しかったです!




本狂言『義経千本桜/摂州大物浦の場』
ラストは、弁慶の法螺貝で〆るのですが・・・お化粧で唇が乾いてしまい、リハーサルのように吹けなかったと弁慶役の中村健さんが悔しがっていました。
お稽古の時、とてもいい音色で法螺貝を吹いていたのを私も知っていたので、お気の毒に思いました。
本番、何があるのかわからないものですね!





本狂言『義経千本桜/摂州大物浦の場』
平知盛の壮絶な最期は、大イカリを身体に縛りつけ、その重みで、背後の海へ背中から落ちていくというとても危険な演技でした。
これまで、危険すぎるので、黒森歌舞伎ではやってこなかったのですが、今回、平知盛役の笹本敬さんが、新たな伝説を作りました!

『足の裏を観客へ見せながら、海へ身を投げる』という姿が、バッチリと決まっていました!
歓声が上がり、境内に拍手が響き渡りました!
迫真の演技に、心打たれました!

この素晴らしい平知盛をぜひとも、3/8の酒田公演で、たくさんの方々に観ていただきたいと切に願っております。




本狂言『義経千本桜/摂州大物浦の場』
平知盛と弁慶です。
今回、弁慶役に中村健さんが、ピッタリだったと思います。




本狂言『義経千本桜/摂州大物浦の場』
今回、大活躍の現役高校生4人です!
普段はあどけないのに、今日は、バッチリ決まっていて、みんなカッコよかったです!
真剣さが伝わってきました。




本狂言『義経千本桜/摂州大物浦の場』
平知盛と源義経一行。
源義経役は、尾上貴基さんでした。

15日の会場で、私は、女性から声を掛けられました。
女性「すみません。義経役は、尾上貴基さんでしょうか?」
私「はい、そうです。」
女性「貴基さんという方は、二人いらっしゃるのでしょうか?佐藤さんという方もいますよね?」
私「貴基さんは、お一人ですよ。本名が佐藤貴基さんで、役者名が尾上貴基さんなので、同一人物です」
女性「ああ、そうなんですか!私、貴基さんのファンなんです!よろしく伝えてください!!」

貴基さん押しのファンがご来場くださっていました。
なので、誰ですか?今日、「貴基さんの影が薄い」と野次ったのは!(笑)




本狂言『義経千本桜/摂州大物浦の場』
笹本 敬さんの平知盛は圧巻でした!
これを見ずに帰った方々は、本当にもったいないと思いました。




本狂言『義経千本桜/摂州大物浦の場』
本当に高校生なの?!とビックリするくらい熟練の役者っぷりを披露してくれた光陵高校の中村優史くん!(右)
黒森歌舞伎が大好きで、歌舞伎を続けたいために、地元企業への就職を決めたという頼もしい青年です!
歌舞伎ことをよく勉強されているので、わからないところは、すぐに教えてくれます。




本狂言『義経千本桜/摂州大物浦の場』
相模五郎役の岩井克之さんは、パワーのある演技で、場を盛り上げてくれる大事な存在です。
スピード感あふれるキレのある演技はさすがでした!




本狂言『義経千本桜/摂州大物浦の場』
女形が主役のような場面は、歌舞伎には珍しいらしく典侍局役の市川絋也さんは、かなりプレッシャーだったようです。
いつもしっかりと演じられていらっしゃるので、終わってから、苦労したお話しをお聞きできてよかったと思います。




大人気の『黒森歌舞伎おこし』です。
とってもおいしい手作りです!
1袋200円です。
酒田公演でも販売いたします。




くろもりんの押絵キットと根付けの販売もありました。
根付は、裏のちりめんの色を選ぶことができます。




地元の消防団のお兄さんが、あつあつの振る舞いコンニャクをテントまで届けてくださいました。
『お・も・て・な・し』の優しさにあふれていました♡
心からあったまりました♡




本狂言『義経千本桜/摂州渡海屋の場』
お囃子部のみなさんです。
役者の動きに合わせて生演奏をしています。
東京からきたお客様へその話しをしたら、「えっ!CDじゃなかったの?」と驚かれてしまいました!
他の地芝居とは、黒森歌舞伎は違います!!!

ちなみに笛を吹いているのが、酒田東高の佐藤日和ちゃんです!




本狂言『義経千本桜/摂州渡海屋の場』
謡(うたい)という能のような舞をしている場面です。
お囃子も、鼓や笛で能のような演奏をします。
歌舞伎は、能の要素も盛り込んであるので、面白いです。

今回のこの衣装は、着付けが大変で、衣装部泣かせだったそうです。
楽屋で何人も着付けをしなければならない方々は、本当に大変だったと思います。




本狂言『義経千本桜/摂州渡海屋の場』




本狂言『義経千本桜/摂州渡海屋の場』




『くろもりん押絵倶楽部』のみなさんと『黒森歌舞伎応援プロジェクト』として参加した私。
『黒森歌舞伎プレミアム金隈取りTシャツ』は、おかげさまで、いい感じに売れまして、酒田公演では売り切れごめん!ということになりそうです。
幕間に、売店案内のアナウンスをさせていただいたおかげで、効果はありました!

今日は雨のため、下がデロデロデュ〜状態でした。
物を落としたらアウト!
ピチャピチャとスパネが上がらないように気をつけながら歩きました(笑)




お世話係をしてくださった田村高広さんとアル君。

他にも雨の中、交通整理をしてくださった方々のご苦労を思うと頭が下がります。
大変お疲れ様でした。




今年の黒森小学校6年生へのインタビューコーナーです。
3/8の酒田公演も頑張ってね!





『青砥稿花紅彩画/稲瀬川勢揃いの場』
黒森小学校の『黒森少年歌舞伎』です。
大人顔前に頑張っている子供たちをたくさんの観客が見守りました!

立派な『白浪五人男』でした!




今年初出店の『食房 一洋』さんのあったかいおそば1杯500円です。
私の両親会場へ来て、おそばを食べていました。
あったかくて、おいしかったと喜んでいました。




『食房 一洋』の菅井清洋子さんです。
ご主人の菅井儀一さんが、黒森歌舞伎保存会の会長を務められています。

今、重大なことに気がつきました!
『 一洋』の店名は、ご夫妻の名前の一文字を合わせたものだったのですね!




本日も、星川ふじさんが作った『きなこ餅』を美味しくいただきました。
黒糖&きなこは、黒森ではスタンダードな食べ方なのだそうです。
作り方を教わったので、今度、作ってみたいと思います。





『式三番叟』
子供たちも、立派に大役を果たしました!




黒森日枝神社の佐藤宮司が神事を行いました。
朝は、暴風と雨だったので、どうなるのかと心配したのですが、神事をはじめた頃から、風も雨も止み始めました。




『歌舞伎文字勘亭流書道』は、横浜の桂田久壽(ひさじゅ)先生と2名の方々で手書きされたものです。
毎年、これだけの大作を仕上げていただいて、頭が下がります。
15日に、先生がわざわざ会場へ足を運んでくださいました。




黒森小学校の子供たちが、黒森小学校6年生が制作した『黒森ブック』を無料で配布しました。




神楽の支度中です。




『黒森少年太鼓』
雨でしたが、楽しく叩いている様子が伝わってきました。




黒森歌舞伎酒田公演へも、ぜひとも足をお運びいただけますようお願い申し上げます。



↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ














  


2020年02月15日

R 約800名の超満員御礼!暖冬の令和2年『黒森歌舞伎正月公演』初日が無事に終了しました。



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2020年2月15日(土)
雪が全くないあたたかい日となり、令和2年『黒森歌舞伎正月公演』初日は、入れ換えの人数を含めて約800名の方にご来場いただいたそうです!
近年、これほどの人が集まったことがなかっただけに、驚きと嬉しさとで、いっぱいになりました。

黒森歌舞伎は、黒森歌舞伎日枝神社への奉納余興ということで、全ては神事から始まります。
私も、最初に参拝をさせていただき、お札や御神酒、そして、黒森歌舞伎まんじゅうを頂戴しました。



今年から、リニューアルした黒森歌舞伎まんじゅうが、神社の中へ納品となりました。
『黒森歌舞伎まんじゅう』は、ご利益のあるありがたいおまんじゅうです。
2/17も、100箱販売いたしますので、ご来場記念にどうぞ。




10:00〜黒森少年太鼓が始まりました。
黒森小学校の子供たちが、長い期間練習した成果を披露しました。




神事の後の神楽です。
出演している自分の子供を見つめているお母さんの姿が印象に残りました。




地元の消防団のみなさんが無料でふるまってくださる『玉こん』ならぬ『角こん』です!
ちょうど、大道具の安達さんが鍋を持っていたのでパチリ!
あつあつでおいしいこんにゃくをごちそうになりました♡




私は、黒森歌舞伎応援プロジェクトとして、Tシャツやキーホルダーの販売をさせていただきました。
私は、ブログ用に写真を撮らなければならないし、私のために、毎年、マス席をとってくださるみごい家の皆さんのところへも行きたいしで・・・正直、自分の身体が3つあったらいいのに!という慌ただしい状態でした。




黒森歌舞伎応援プロジェクトメンバーの『カメラの七桜』北村 薫さんにも、午前中、販売の御協力をいただきました。
「真冬に、屋外でTシャツを売る!」という初めての無謀な挑戦でした!
でも、おかげさまで、まずまずの売り上げだったと思います。
黒森歌舞伎をTシャツで応援したいというみなさんの熱意を感じました。
プレミアム金隈取りTシャツはおかげさまで好評でした!
お買い上げいただいたみなさまへ、心より感謝を申し上げます。

東京からお越しの映像制作会社の三村さん(女性)は、Tシャツを2枚もご購入くださいました!
2/10〜18まで、酒田に滞在して、黒森歌舞伎を密着取材されていらっしゃいました。
ポーランド公演にも同行され、すっかり黒森歌舞伎フリークになっていただき、嬉しい限りです!
どんな映像に仕上がるのか、楽しみにしています♡




こちらは、式三番叟です。
叟とは、翁という意味だったんですね!




写真の左から、酒田市長/丸山至様、衆議院議員/加藤鮎子様、ポーランド・ポズナン大学教授/イガ・ルトコフスカ様、黒森歌舞伎妻堂連中/五十嵐良弥座長です。
黒森歌舞伎への愛を感じるごあいさつをいただきまして、誠にありがとうございました。




こちらは、呉汁と甘酒を無料でふるまっていた黒森地域の女性会のみなさまです!
私があいさつへ行くと、「お父さんは元気?」と声を掛けられました。
父は昔、黒森へ勤めていたので、一緒に働いたことがあるという方々が結構いらっしゃるんですよね!
退職してかなり経つのですが、覚えていてもらっていることをありがたく思います。




呉汁と甘酒をごちそうになりました!
『くろもりん押絵倶楽部』の星川ふじさんから、とてもおいしい『きなこ餅』をごちそうになりました。
あまりにもおいしいので、この餅はどうしたのか?と聞いてしまいました。
前日、家でついたお餅をご持参くださったということでした。
おかげさまで、力もちとなりました!ごちそうさまでした。




歌・パーカッション&エレクトーン『旬風』の池田勝則さんが、応援に駆けつけてくださいました!
勝則さんには、黒森歌舞伎応援Tシャツの販売にご協力をいただきました。
「こんなはずじゃなかったのに!」というところを無理にお願いしてしまいましたm(_ _)m
ちなみに、昨年、黒森歌舞伎の衣裳代のクラウドファンディングの際、勝則さんからは、1万円もご協力をいただきました!
本日も、『黒森歌舞伎おこし』や『黒森歌舞伎まんじゅう』なども、いろいろお買い上げ下さいました。
黒森歌舞伎妻堂連中はじめ、黒森地域のみなさま、どうぞ池田勝則さんをお見知り置きくださいませ!!!

勝則さんへ
本当にいつも助けていただきまして、誠にありがとうございます。深謝いたしますm(_ _)m




黒森少年歌舞伎『青砥稿花紅彩画/稲瀬川勢揃いの場』を今年は、黒森歌舞伎演舞場の中から撮影してみました。




黒森小学校のみんな、よく練習して頑張りましたね!
『白浪五人男』の6年生のみなさん、大人顔負けでした!




楽屋の様子もパチリ!
高校生たちも、甲冑を着て、男前になっていました!
小道具部の実さんが、お忙しそうでした!



衣裳部の綺麗どころ3人が、静御前の衣裳の着付けをしていました。
次は、弁慶の衣裳の着付け・・・
楽屋では、こうして、役者さん一人一人の衣装を黙々と着付けていて、かなりの重労働だと思いました。




床山部のみなさんが、静御前のカツラをつけているところです。
見えないところで、いろんな人が支えているおかげで黒森歌舞伎が上演できていることをしみじみ感じました。




いよいよ本狂言『義経千本桜/伏見稲荷鳥居前の場』です。
この幕は、令和2年は、今回一回かぎりの上演となります。
黒森歌舞伎若手を中心に配役を構成されていました。




義経と弁慶です。
義経役は、中村慶祐さん!イケメンの若手のエースです!
『きなこ餅』をごちそうしてくださったふじさんの息子さんです。
弁慶役は、中村健さんです。はまり役でした!
健さんのお父様は、市議会議員の五十嵐英治さんです。
親子関係がわかると、見ている歌舞伎がますます楽しくなるものですね!




早見藤汰は、超ベテランの松本貴史さんで、軍兵は、ベテランの市川靖さんの他は、全て高校生でした!
貴史さんのさすがのアドリブで、場内が沸きました!
『ガストがベスト!』(笑)




狐忠信は、いつも色男役の尾上貴基さんが演じました!
力強い中にも、貴基さんらしい品格を持ち合わせた見事な佐藤忠信で感動でした!
いろんなプレッシャーをはねのけて、本当に素晴らしかったです!




ここに雪がハラハラと落ちてくれれば、カメラマンさんたちは大喜びだったんでしょうけどね〜!
今年は、海外からのメディアも多く駆けつけていました。
やはり昨年11月の黒森歌舞伎ポーランド公演の影響を感じました。




でた!『ダブル鳥居!』
この写真を見てわかりますか?
4本の槍でも、鳥居の形を作っています。
歌舞伎には、こうした粋な演出が散りばめられているんですって!




初音の鼓と狐忠信!
バッチリ決まりました!




今年は、練習の時から、見学させていただいていたので、楽しいだけでなく、ハラハラドキドキ感もありました。
がんばれ〜!といつの間にか応援している自分がいました。

メインの狐六法のところは、写真を撮るのはやめて、肉眼でしっかりと楽しませていただきました。
しっかりと脳裏に繊細な動きを刻みました。
お囃子のドロドロドロドロ〜♪というサウンドと共に。
やっぱり生演奏はいいものですね!




二幕目は、『摂州渡海屋の場』の上演でした。
こちらは、17日も上演されます。




お〜い!安徳帝〜!(笑)
いよいよここから!ということろで、本日は、幕でした。
続きは、17日に!
いよいよ17日は、平知盛が暴れます!(笑)
乞うご期待くださいませ!




令和2年2月15日『黒森歌舞伎正月公演』初日が無事に終わりました。
五十嵐良弥座長になって初めての正月公演でした。
ポーランド公演から正月公演へと、今までに体験したことのないハードスケジュールの中、本当に大変だったと思います。
本日はお疲れ様でした。




片付けが終わってからの直会です。
座長の奥様が、みんなのためにおでんやご飯を作って用意してくださっていました。
疲れたみなさんにとって、最高のごちそうですね!

私は、くろもりんTシャツの在庫を七桜さんへ取りにいかなければならなかったので、直会の参加はご遠慮させていただきました。
おかげさまで、くろもりんTシャツも、売れました!
くろもりんの可愛い系と隈取りのかっこいい系の2種類のTシャツを作らせていただいてよかったと思っています。
売り上げの一部は、黒森歌舞伎への寄付金とさせていただきます。




帰宅してから、『黒森歌舞伎まんじゅう』を食べながら、家族へ今日の報告をしました。
おみやげがあるといいものですね!
それにしても、小豆の皮をむいて潰した『むきあん』たっぷりのまんじゅうは、上品な味わいで、とてもおいしかったです!
家族にも好評でした!
17日にも販売いたしますよ!




『黒森歌舞伎押絵』も、好評発売中です!




↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ











  


2020年02月06日

R【源氏パイvs平家パイ】コミュニティ新聞に黒森歌舞伎『義経千本桜』正月公演の情報掲載されました!



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

源氏と平家のネーミングで、思わず衝動買いしてしまった『源氏パイ』と『平家パイ』。
『源氏パイ』は、昔からあった記憶がありますが、『平家パイ』は、初めてです!
どうして、『源氏と平家』というネーミングにしたのかは謎です!

これは、どちらを買うか、迷いますよね〜!
私のように選びきれず、両方購入する方も多いのではないでしょうか?(笑)





コミュニティ新聞2020年2月7日号に、『黒森歌舞伎/義経千本桜』正月公演の情報が掲載されました!
見どころがしっかりとまとめられていて、さすが!という内容でした!
都落ちする源義経一行と復讐に燃えて散る桜のごとく命を散らす平家勢を描いたお話しです。

2/15は、狐忠信の妖艶な動きを見ていただきたいし、2/17の平知盛の壮絶な最期に感動してもらいたいしで、できれば2日間とも、正月公演会場へ足をお運びいただきたいと願っております。
これだけ素晴らしい歌舞伎を無料で観覧できるのですから、すごいことだと思います。
黒森日枝神社への奉納余興だからこそ、無料で観覧できるのです!
ですから、黒森歌舞伎正月公演の際は、是非とも、黒森日枝神社への御参拝もおすすめいたします。





今年の黒森歌舞伎押絵は『義経千本桜/源義経』です。

ただいま、ご予約を承っております。(限定100部)
額入り4,000円(税込)
額なし2,800円(税込)

『くろもりん押絵倶楽部(黒森コミュニティセンター内)』
TEL0234-92-2255

正月公演/黒森歌舞伎演舞場(2/15・17)・酒田公演/希望ホール(3/8)の会場で販売を行いますので、よろしくお願いいたします。







↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ

  


2020年01月31日

R 超人気店『day by day』さんで初ランチ♡ & 『黒森歌舞伎衣裳展』酒田市役所1階フリースペースにて開催中



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪

酒田市役所前の『day by day』さんで、ようやく念願の『季節のおまかせランチ』をいただくことができました!
これまで、ワークショップでお伺いしたことがあったのですが、ランチは、いつも満席で何度もあきらめました!
超人気店のため、今日は、予約して滑り込みセーフでした!

「これぞ、栄養バランスがとれた理想的な食事」という内容に驚きました!
愛のある献立でした!

これは、女性に人気があるのがよくわかりますね!
ヘルシーだけれど、食材の数の多さで満足度が高く、毎日の食卓の参考になる内容でした。

ぬくもりのある陶器を上手に組み合わせるセンスも、お料理をさらに魅力的に演出していて、素晴らしかったです。





メニューボードを見て、「ここに書かれている半分以上の食材が、私の胃袋に入ったのか!」と驚いてしまいました!(笑)
本当に、いろんな食材のおいしさを楽しめるランチでした!

それにしても、激混みランチタイムをよくぞ女性お一人で、お店を切り盛りされていらっしゃるなぁ〜と尊敬しました。
頑張っているお姿を拝見し、私も頑張らなくっちゃ!という気持ちになりました!





カウンターもあるので、お一人様でも入りやすいお店です!
予約をおすすめいたします。
本日は、おいしいお昼ごはんをごちそうさまでした♡





食後は、酒田市役所1階フリースペースで開催されている『黒森歌舞伎衣裳展』へ行ってみました。
衣裳よりも『くろもりん押絵倶楽部』さんの『黒森歌舞伎押絵』がずらりと並んで目立っていました!
年々、作品が増えているため、『黒森歌舞伎押絵』の存在が大きくなっていることを実感しました。
その中でも、今年の『義経千本桜/源義経』は、桜のイメージで、今までにない作品に仕上がって良かったと思っています。




今年の衣裳のほかに、黒森歌舞伎ポーランド公演の写真も展示されていました。




ポーランド公演の記念写真です。
スタッフのみなさんが、『黒森歌舞伎応援Tシャツ』を着てくださっているのが嬉しくて嬉しくて、思わず見入ってしまいました。
黒森歌舞伎ポーランド公演の寄付金を集める目的で作ったTシャツだったのですが、まさか、ポーランドのみなさんから着ていただけるとは思ってもいませんでした。
最初は、「Tシャツを作っても、売れ残るんじゃないか?」という不安もありましたが、勇気を持って、作らせていただいて良かったと、この写真を見て思いました。
ポーランド人が着ると、Tシャツがさらにカッコよく見えますね!





こちらの写真は、『くろもりん押絵倶楽部』のみなさんが、ポーランドで、『くろもりん押絵作り』のワークショップを開催された時のものです。
完成した『くろもりん押絵』を手にしているみなさんにとって、よい記念になったことと思います。
『くろもりん』をポーランドまで連れて行ってもらえたことに感謝いたします。
ポーランド人にとって、『くろもりん』は、どんな印象だったんでしょうね???





そして、この鮮やかなお着物は、昨年のクラウドファンディングで、多くの方々からご支援をいただいたおかげで集まったお金で購入することができた貴重な衣裳です!
クラウドファンディングへご協力いただいたみなさまへ、改めまして御礼を申し上げます。
実際にポーランド公演で、静御前の衣装として着用されたそうです。
近くで見ると、刺繍が豪華ですので、是非とも、本物の衣装を間近でご覧いただきたいと思います。
2月13日まで、展示しています。




令和2年『黒森歌舞伎』正月公演と酒田公演のご案内です。

2月15日は、狐が佐藤忠信に化けた『狐忠信』の狐六法が見どころです!
2月17日と3月8日は、知盛の壮絶な最期が必見です!背面から、真っ逆さまに海へ落ちていくという命がけの演技です。これまで、黒森歌舞伎では、危険なのでやってこなかったのですが、今回、役者の笹本 敬さんは、挑戦されるそうです!
安全第一で、お願いします!!!ハラハラドキドキしますね〜!
役者さんが、真剣勝負で演じるのがわかると私もちゃんと観てあげたいという気持ちになります。
なので、『黒森歌舞伎応援Tシャツ』の販売は、幕間のみの販売とさせていただきますので、ご理解いただけますようお願い申し上げます。
上演中は、みんなで黒森歌舞伎を楽しみましょう!!!



↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ


  


2020年01月30日

R 祝・コミュニティ新聞が、黒森地域にも配布になりました!『くろもりん押絵倶楽部』さんを掲載していただきました♡



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

コミュニティ新聞2020年1月31日号に、『くろもりん押絵倶楽部』さんが掲載されました!

今年の黒森歌舞伎押絵のことを丁寧に掲載していただきました。
毎年、「コミュニティ新聞を見た!」と、『黒森歌舞伎押絵』を注文してくださる方がいらっしゃるので、ありがたいと思っています。

そして、今年の1月7日に急逝された冨樫久一前座長が『黒森歌舞伎押絵』を発案されたことまでも、しっかりと記事にしていただき、ありがたさで胸がいっぱいになりました。

掲載されている写真は、『くろもりん押絵倶楽部』のみなさんの優しさが伝わってきていいですね♡
これまで、コミュニティ新聞は、黒森地域に配達されていなかったのですが、ようやく黒森地域にも配布されるようになりました!!!
きっと、黒森地域のみなさんは、『くろもりん押絵倶楽部』のみなさんの写真を見て喜んでくださっていることでしょう!

それから、新聞には書かれておりませんが、この『黒森歌舞伎押絵』の材料を手配していただいた『書の庵』様と、シルクスクリーン印刷でご協力いただいた『羽田スクリーン印刷』様に、心より御礼を申し上げます。


これからも、みんなで力を合わせて『黒森歌舞伎』盛り上げていきたいと思います。





令和二年の『黒森歌舞伎押絵』は、『義経千本桜/源 義経』です!

ただいま、ご予約を承っております。(限定100部)
額入り4,000円(税込)
額なし2,800円(税込)

『くろもりん押絵倶楽部(黒森コミュニティセンター内)』
TEL0234-92-2255

正月公演/黒森歌舞伎演舞場(2/15・17)・酒田公演/希望ホール(3/8)の会場で販売を行いますので、よろしくお願いいたします。



↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ



  


2020年01月26日

R ギャル曽根気分で『トンタン麺』を食す!『とりみ亭』&『くろもりん押絵倶楽部作品展2020/あぽん西浜』



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2020年1月26日(日)
一年ぶりに、遊佐町『とりみ亭』の人気No.1メニュー『トンタン麺』をいただきました!
直径30cmもある巨大な器で、ボリューム満点!
ギャル曽根気分で、いただきました!




ちなみに大きさを比較するために、『トンタン麺』と普通の『味噌ラーメン』を並べてみました!
どれだけ巨大な器なのかがおわかりいただけると思います。ビックリしますよ〜!
『トンタン麺』とは、トンコツ×タンタン麺の味で、マイルドながらも、ピリッと辛いスープでした。
ふぅ〜!おなかいっぱい!
ごちそうさまでした!!!




『とりみ亭』のお隣の『あぽん西浜』さんでは、今年も、『くろもりん押絵倶楽部作品展』が開催されていました。
作品がずらりと並ぶと見応えがありますね!
遊佐町のみなさまにも、黒森歌舞伎へ興味を持ってもらえたらありがたいと思います。




『あぽん西浜』さんは、人気の日帰り温泉施設です!
小学生のお子様のいらっしゃる方へ朗報です!
家族サービスにいかがでしょうか?

私は、アイスクリームを食べながら、1回(15分間)200円のマッサージチェアに寝そべりながら、至福のひとときを過ごしてまいりました!
あんべいけ〜!



↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ  


2020年01月22日

R 夜な夜な頑張る黒森2020!『くろもりん押絵倶楽部』&『黒森歌舞伎妻堂連中』



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2020年1月22日(水)夜7:00〜
黒森コミセンにて、『黒森歌舞伎押絵』作りを頑張っている『くろもりん押絵倶楽部』のみなさんです!

今年の押絵製作は、かなり遅れてのスタートとなってしまったため、連日、夜なべをして、押絵を作っていらっしゃいます。
「役者のみなさんも、仕事が終わってから、夜遅くまで、演舞場で歌舞伎の練習をして頑張っているから、私たちは、押絵で応援してあげたい」とおっしゃっています。
細かいパーツがたくさんあり、100部製作となると、気が遠くなりますが、みなさんの「やり抜くぞ!」という情熱を感じて、頭が下がりました。




令和二年の『黒森歌舞伎押絵』は、『義経千本桜/源 義経』です!

ただいま、ご予約を承っております。(限定100部)
額入り4,000円(税込)
額なし2,800円(税込)

『くろもりん押絵倶楽部(黒森コミュニティセンター内)』
TEL0234-92-2255

正月公演/黒森歌舞伎演舞場(2/15・17)・酒田公演/希望ホール(3/8)の会場で販売を行いますので、よろしくお願いいたします。





『黒森歌舞伎演舞場』での歌舞伎の稽古へも、お邪魔させていただきました。
外にまで、稽古をしている音が聞こえていました。

今夜は、たくさんの役者さんはじめ、太夫&お囃子のみなさんが集まっていたので驚きました!
高校生たちも集まっていて、今までにないくらいに活気を感じて、嬉しかったです。





お囃子のみなさんも練習されていました。





酒田東高3年の佐藤日和さんは、ちょうど一年前から、お囃子に参加されたのですが、すっかり安心して見ていられる存在になっていました!
彼女の努力と成長ぶりには驚くばかりです!
歌舞伎の舞台の袖で演奏するので、本番では、彼女の姿をお客さんは見ることができません。
笛や三味線をこんなに可愛い女の子が、陰で演奏していることを知っていただければ幸いです。




こちらの画像は、2010年11月に『国立劇場』で開催された『民族芸能公演』ー『黒森歌舞伎/義経千本桜・伏見稲荷鳥居前の場』の狐忠信です。
この時の役者さんは、岩井克之さんでした。

昨年の夏歌舞伎で、笹本敬さんが演じられた狐忠信とは違った印象でした。
同じ黒森歌舞伎でも、演者の違いを見比べるのも楽しみの一つなのだということを感じました。

私も、与えられた楽曲をエレクトーンで演奏する時に、アレンジをあれこれ考えて、私らしい表現を楽しんでいます。
歌舞伎の表現も、役者の個性を楽しむものなのだと思います。もちろん、基本が大事ですが。

今年2月15日に登場する狐忠信は、尾上貴基さんが演じられます。
尾上貴基さんらしい狐忠信に期待しています。
どんな『狐六法』になるのか!
マス席から楽しませていただきますね!


それにしても、『国立劇場』での『黒森歌舞伎』の映像は、とても地芝居とは思えないハイクオリティで素晴らしかったです!!!
岩井克之さんの狐忠信は、さすがの一言!
他の役者さんは・・・10年前の映像となると私の知らない方々がほとんどだったので、それにも驚いてしまいました。
たくさんの役者さんたちによって受け継がれている伝統芸能なのだということを感じました。


私は、まだまだ黒森歌舞伎のことを知らないということを知りました。
今日、台本を拝見させていただいて、『源義経』の名前が、『源九郎判官義経』が正式な役柄の名称ということがわかりました!
来年からは、私も台本をいただきたい!と思いました。
『黒森妻堂連中』のみなさま、どうぞよろしくお願いいたします。
本日は、お邪魔させていただきまして、誠にありがとうございました。
本番へ向けて、頑張ってください!応援しています!



↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ


  


2020年01月17日

R ピンクで華やか!嗚呼、義経さま〜!令和二年『黒森歌舞伎押絵/義経千本桜(源 義経)』サンプルが完成しました♪



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

令和二年の『黒森歌舞伎押絵/義経千本桜(源 義経)』のサンプルがようやく完成しましたー!
今年は、ピンクで華やかに仕上げました!
頭の金銀の組み紐で、豪華さがUPとなっています。


狂言『義経千本桜』は、源義経の名前が使われていますが、滅びゆく平家の武将を散りゆく桜のごとく描かれた物語りです。
今年の『黒森歌舞伎』では、2月15日は、一幕目/伏見稲荷鳥居の場と二幕目/渡海屋の場を上演し、2月17日と3月8日の酒田公演では、二幕目/渡海屋の場と三幕目/大物浦の場を上演いたします。
『源義経』は、全ての幕に登場するという理由で、今年の黒森歌舞伎押絵の顔に決まりました。
狂言の見どころは、一幕目では、子狐が、鼓の皮になった親を慕い佐藤忠信の姿に化け、その鼓を持つ静御前を守る場面です。狐六法という独特の花道での引込み芸が見せ場です。
三幕目は、平知盛の最期が、平家最終の壮絶な悲劇を象徴するようで、見ごたえ十分です。

是非とも、2/15・17黒森歌舞伎演舞場もしくは、3/8希望ホール(酒田市民会館)へ足をお運びいただけますようお待ちしております。





『くろもりん押絵倶楽部』のみなさんは、ただいま、必死に押絵製作に取り組んでいます!
黒森コミセンに集まって製作しているのですが、それだけでは間に合わないので、各自が自宅でも製作作業を行なっています。
メンバーは、ご家族の方々から、「また、この時期が始まったか〜!」と言われているそうです。彼女らが『黒森歌舞伎を押絵で応援したい!』という気持ちをあたたかく見守ってくださっているそうです。
黒森地域のみなさんの理解があってこそ続いている『くろもりん押絵倶楽部』なのだと感じています。

『黒森歌舞伎押絵』は、おかげさまで、今年で8作目となります。
先日、この『黒森歌舞伎押絵』を発案してくださった冨樫久一前座長が急逝されました。
押絵倶楽部のメンバーは、「押絵作りを頑張ることが、前座長への恩返し!」と思い、これからも続けていく決意でおります。
今後とも、応援をよろしくお願いいたします。


ただいま、令和二年『黒森歌舞伎押絵/義経千本桜(源 義経)』のご予約を承っております。(限定100部)
額入り4,000円(税込)
額なし2,800円(税込)

『くろもりん押絵倶楽部(黒森コミュニティセンター内)』
TEL0234-92-2255

正月公演・酒田公演の会場で販売を行いますので、よろしくお願いいたします。


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ  


2020年01月12日

R 【くろもりんの押絵キット】で押絵作り。くろもりんが沖縄へ飛ぶ!の巻



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

『くろもりん押絵キット』があったので、久しぶりにくろもりんの押絵を作りました。




型紙にスポンジを貼って、ちりめんをパーツごとに包んでいき、最後に、パーツをボンドで合体させて完成!




寸松庵(ミニ色紙)の色は4種類の中から、キット購入時に選べるようになっています。
ちなみに、この『くろもりん押絵キット』は、黒森歌舞伎正月公演・酒田公演の際に、『くろもりん押絵倶楽部』のみなさんが販売いたします。
1キット800円(税込)です。
押絵作りの楽しさを体感してみませんか?




2016年に撮影した我が家のぽぉ〜ちゃんとB1くろもりんパネルの写真です。
ぽぉ〜がくろもりんのモデルなので、この写真は、大切な記念となりました。
くろもりんを見るたびに、ぽぉ〜を思い出します。




昨年、『黒森歌舞伎応援Tシャツ』を通じて、沖縄の方とお友達になりました!
「黒森歌舞伎Tシャツは、2,500円なのにクオリティが高く、着心地がとてもよい!洗っても形崩れがしなくていいです!」とご愛用いただき、お一人で何枚もご購入いただいております!
沖縄のヘビーユーザーさんです!とっても嬉しいです♡
今年の沖縄は暖冬のため、日中、24℃にもなり、Tシャツ日和が続いているそうです。
黒森歌舞伎応援Tシャツの収益金の一部は、黒森歌舞伎妻堂連中様への寄付金とさせていただきますので、冬でもTシャツをご購入いただけることは、本当にありがたいことです。

年が明けて、くろもりんTシャツ2枚のご注文を頂いたので、お礼に、私が作った『くろもりん押絵』をプレゼントしたいと思います。
『くろもりん』が沖縄へ飛びますよー!
びゅ〜〜〜〜ん!



↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ

  


2020年01月09日

R 黒森のアイデアマンが星になりました。冨樫久一さん、ありがとうございました。



『Rico's Room2』へ、ようこそ。

新聞のお悔やみ欄にも載りましたが、黒森の冨樫久一氏が、永眠されました。
64歳の若さでした。
9月に自宅にてくも膜下出血で倒れ、家族には、1ケ月もつのも難しい状況だと医師から告げられていたそうです。
11月の黒森歌舞伎ポーランド公演が無事に終わり、12月の解団式が終わるまで、頑張ってくださりありがとうございました。

私は、本日1/9のお通夜に参列させていただきました。
会場に入りきれないほどたくさんのお花と参列者の数に、人を愛し、愛された久一さんの生涯を感じてまいりました。

久一さんとの思い出は、ここに書ききれないほどありますが、今日は、特に、みなさまに忘れて欲しくないことを書かせていただきたいと思います。

こちらの新聞記事は、2017年2月2日『山形新聞』に掲載された記事です。
黒森歌舞伎妻堂連中の座長となられた久一さんは、『黒森歌舞伎まんじゅう』を考案され、商品化しました。
地元住民で手作りしていた弁当が廃止されたことで、代わりになるものが必要だと感じた久一さんは、『黒森歌舞伎まんじゅう』商品化へ向けて、デザインを私に依頼してくださいました。
「パッケージには、松本鶴子さんの写真を使い、できるだけ、昔からあったようなデザインにしてほしい」という依頼を受けて、このようなデザインに決定しました。
初年度は、200箱限定での発売だったのですね!
それ以来、『黒森歌舞伎まんじゅう』は、すっかり定着し、今年の正月公演では、500箱限定で発売する予定です。
ただ、諸事情により今年から、東根菓子舗さんから、まんじゅうを作っていただくことになりましたので、内容がこれまでとは変わります。
ただいま、新しいパッケージのデザイン制作を進めておりますので、後日改めて、新しい『黒森歌舞伎まんじゅう』の情報をお伝えいたします。



それから、私と黒森歌舞伎とのご縁を最初に結んでくれたのが、『黒森歌舞伎押絵』です!
私が、書の庵さんと一緒に商品開発した『酒田ふるさと押絵』を久一さんへお見せしたところ、「黒森歌舞伎の毎年の演目の主役の顔を押絵で作れないか?」というアイデアを思いつかれました!
以前、黒森歌舞伎では、毎年の演目をひょうたんに書いて売っていたのですが、『黒森歌舞伎押絵』が、その代わりになるのではないかと久一さんが考案されました。

デザインやサンプルを作るお手伝いは私ができるけれど、一体、誰が作るの?となったときに、「地元の女性たちに、協力してもらう!」ということで、久一さんが、選りすぐりのメンバーを集めてくださいました。
『くろもりん押絵倶楽部』の誕生です!!!
2013年12月に結成して以来、毎年の『黒森歌舞伎押絵』を制作させていただいております。
現在8作目のサンプルを制作中です。
これまでの作品を並べてみると圧巻ですよ!
久一さんのアイデアがなかったら、この世に押絵は存在していなかったのかと思うと、久一さんの素晴らしさを改めて感じます。

『くろもりん押絵倶楽部』のみなさまは、さすが、久一さんが見込んだだけあって、「黒森歌舞伎を支えたい」という愛に溢れた素晴らしい方々ばかりです。
ありがたいご縁をいただいたことに感謝しています。


冨樫久一氏が、「黒森歌舞伎をたくさんの方々からもっと楽しんでもらいたい」という願いを込めて、『黒森歌舞伎押絵』と『黒森歌舞伎まんじゅう』を考案された功績をたたえたいと思います。
残された私たちが、久一さんの遺志をついで、『黒森歌舞伎』盛り上げてまいります!


久一さんと私の最後のLINEのメールは、『黒森歌舞伎ポーランド公演』の完成したデザインデータを久一さんへ送ったあとのお返事でした。
「なかなか素敵なポスターになりましたね。ポーランド公演の成功間違いなし!」

久一さん、どうぞやすらかに。
ありがとうございました。
どうぞ、これからも、あたたい目で見守っていてください。
合掌


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ  


2020年01月08日

R さくらの押絵が可愛い♡令和二年『黒森歌舞伎押絵』義経千本桜サンプル制作中♪



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2020年1月8日(水)
昨年末に注文した『黒森歌舞伎押絵』の材料が、ようやくほぼ揃いました!
夕方に書の庵さんから材料をいただき、今夜は、夜なべ仕事で、押絵のサンプルを作ります!
でも、足りない材料が揃うのは来週になるということなので、完成したサンプルを公開できるのは、もう少し先になります。

令和二年正月公演の演目は、『義経千本桜』ということで、押絵の顔を誰にするのかで、いろんな意見が飛び交いました。
冨樫久一前座長の遺言となってしまいましたが、最終的に『源義経』に決定しました。




まずは、シンボリックな『さくら』の押絵から作りました。
『さくら』は、日本人にとって特別な花ですよね。
いろんな想いでいっぱいになりながら、花びら一枚一枚、ちりめん生地で包んで作らせていただきました。
押絵って、あったかみがあっていいですよね!

くろもりん押絵倶楽部のみなさんが、黒森歌舞伎ポーランド公演の際に、ポーランドのみなさんへ『くろもりん』の押絵キットを使って、押絵作りのワークショップを開催されました。

日本にしかないこの『押絵』の文化を令和の時代も大切にしていきたいと改めて思います。
私は、毎年『黒森歌舞伎押絵』のデザインを担当させていただいておりますが、サンプル制作は、一発勝負となっています!
「私、失敗しないので」(笑)
このセリフを自分に言い聞かせて、素敵な『源義経』の押絵を完成させてみせますので、ご期待くださいませ!!!


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ


  


2019年12月27日

R 令和元年は最高の年でした!『黒森歌舞伎ポーランド公演実行委員会派遣団解団式』へ、参加させていただきました♪



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2019年12月27日(金)18:30〜
『黒森歌舞伎ポーランド公演実行委員会派遣団解団式』が、酒田駅前『フランス風郷土料理 ル・ポットフー』にて開催されました。
私もお招きをいただき、参加させていただきました。

参加者へ、『黒森歌舞伎ポーランド公演報告書』とポーランドで配布されたフライヤーとパンフレットが渡されました。
私は、フライヤーやポスターなどのデザイン制作をさせていただいたのですが、完成したデータをポーランドへ送り、ポーランド国内で印刷してもらったので、このように無事に印刷できたことにホッとしました。
自分が作ったグラフィックデータを海外で印刷するという初めての経験に、実は、ドキドキだったんです!





『黒森歌舞伎ポーランド公演』のビデオ鑑賞をしながら、食事をいただきました。
ちょうど、『義経千本桜/伏見稲荷鳥居の場』で、義経と静御前のシーンが映し出さされました。
昨日、当ブログにアップした義経のかつらです!!!
静御前が、泣き出した途端に、場内から笑いが起きた公演があったそうです。
悲しいシーンなのに、なぜか静御前が泣けば泣くほど、笑いが起きるという不思議な現象だったそうで・・・それもまた、海外公演らしいエピソードだったよねー!と話題になりました。

『くろもりん押絵倶楽部』のみなさんが、『くろもりん』の押絵作りのワークショップを開催されている光景も映し出されました。
「ポーランドのハサミは、日本製のハサミとは切れ味が全く違った!」というお話しもリアリティがありました。文化交流体験、誠にお疲れ様でした!
ポーランドのみなさんが、完成した『くろもりんの押絵』を嬉しそうに持っている写真を見て、感激でした!
『くろもりん』も海を渡ってくれたんですね!イエーイ♪









本日のル・ポットフーさんの宴会料理をドド〜ッとご紹介します!
おいしかった上に、ボリュームがあって驚きました!!!
ノンアルカクテルも作っていただいて、サービスも嬉しかったです♡




途中、余興がありました!
衣装には着替えませんでしたが、役者の若手チーム(?)による『白浪五人男』でした!
長いセリフを覚えて、人前で演じるというのは、大変ですよね〜!
こうした機会に、若手の度胸試しをするのはとてもよいことだと感じました。
場数を踏むことが上達への道ですものね!
これからの黒森歌舞伎を担っていく役者のみなさんへエールを送ります!





そして、ル・ポットフーさんのお料理は、まだまだ続きました!
こちらは、白身魚を蒸したようなお料理でした!
これ、とってもおいしかったです♡




ツナ入りのペペロンチーノは、ガーリックが効いていて、こちらもおいしかったです。
これまたボリューム満点の一皿でした!




最後は、ショートケーキ♡
甘いものは別腹で、いただきました♡
ごちそうさまでした♡





会場にいらっしゃった全ての方にご挨拶をしたかったのですが、回りきれなくて、申し訳ありませんでした。
『黒森歌舞伎ポーランド公演』の成功、誠におめでとうございます!!!

それから、頂戴した資料の中に、今後の予定がありました。

2020年
3月8日(日)黒森歌舞伎 酒田公演(希望ホール)/『義経千本桜/渡海屋の場・大物浦の場』
3月14日(土)ご神撰の儀&太夫振舞(黒森歌舞伎演舞場)

え?!『ご神撰の儀&太夫振舞』が、土曜日に行われるとは、驚きました!!!
やったー!
私は、3月15日(日)『旬風』の演奏依頼が入っていたのですが、スケジュールが重ならないことがわかり、よかったです!!!
神様がちゃんと取り計らってくださっているんですね!
というわけで、正月公演・酒田公演・太夫振舞と、フル参加をさせていただきますので、今後ともよろしくお願いいたします。


帰り際に、ル・ポットフーの会場に貼られていた『黒森歌舞伎ポーランド公演』のポスターをパチリ!
ポスター&フライヤーは、ポーランドのみなさまに喜んでもらえたという報告をお聞きすることができて、デザイナー冥利に尽きます!
採用していただいて、ありがとうございました。

令和元年は、黒森歌舞伎ポーランド公演の寄付金集めのために、オリジナルTシャツをデザイン&販売と、超バタバタでした!
販売協力してくださる仲間ができ『黒森歌舞伎応援プロジェクト』を結成できたことは、素晴らしいご縁でした!
応援グッズを購入して、応援してくださったたくさんの方々に、改めまして御礼を申し上げます。
前座長と現座長より、『黒森歌舞伎応援プロジェクト』での応援グッズ販売は、ポーランド公演が終わってからも続けてもらいたいという要請をいただいておりますので、引き続き販売を継続させていただきます。これからも、『黒森歌舞伎』へのご支援&ご協力をいただけますようお願い申し上げます。
(今月、沖縄のFacebook仲間の方と勘亭流の桂田先生から、Tシャツのご注文をいただきました。誠にありがとうございました)

黒森歌舞伎応援プロジェクト
ネットショピングサイトはこちら
https://kuromorin.base.shop


それから、私事ですが、今年の10月21日に、黒森出身のYOSHIKO先生と共に、『ル・ポットフーYOSHIKO&RICOディナーショー2019』を開催させていただいた記念の年となりました。
令和元年は、みなさまのおかげで、最高の年となりました。
私一人では、何もできなかった年でもあります。
大変お世話になりまして、誠にありがとうございました。



↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ







  


2019年12月26日

R 義経公の豪華なかつらにビックリ!令和二年黒森歌舞伎押絵『義経千本桜/源 義経』のデザイン&型紙データ完成♪



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

来年、令和二年度 黒森歌舞伎正月公演狂言は、『義経千本桜』と決まりました!

2020年
2月15日(土)『義経千本桜』一幕目/伏見稲荷鳥居の場・二幕目/渡海屋の場
2月17日(月)『義経千本桜』二幕目/渡海屋の場・三幕目/大物浦の場

時間の関係上、1日に2幕までしか上演できないということで、このように狂言内容を変えてお届けすることになりました。

「黒森歌舞伎押絵の主役の顔を誰にするのか?」ということで、今年も意見が割れました。
しかし、3幕全てに登場する人物は、『源 義経』ということで、『義経千本桜』の押絵の顔は、『源 義経』と決定いたしました。

そこで、「押絵のデザインするために、『源 義経』のかつらを拝見させていただきたい」とお願いしたところ、座員の方から、こちらの写真を撮って送っていただきました。




さすが、義経公!
こんなに立派だったんですね!(黒森歌舞伎ポーランド公演でも使用しました)

この夏の特別公演では、静御前のまばゆい美しさやド派手な隈取りの狐忠信へ目が行ってしまい、義経公のかつらの後ろまでは、目が行き届きませんでした!
これは、大変素晴らしいものを拝見させていただきまして、ありがとうございました!
今の時代、こうしたかつらは大変高価なものなのだそうです。
歌舞伎を維持するためにも、お金が必要ということが伝わってきますね!

『源 義経』の人気は、令和の時代にも続いていると思いますので、押絵のデザインにも気合いが入りました!
義経といえば、イケメンのイメージですよね!
数日かけて、デザイン画を完成させ、それから、押絵の型紙データを完成させました。




そして、本日は、酒田市の『書の庵/ブルー』さんで、『くろもりん押絵倶楽部』のみなさんと一緒に、押絵に使う生地や材料選びを行いました。

まずは、私自身で、制作した型紙や色紙デザインに問題がないかサンプルを作って確認します。
年末押し詰まってしまい、年内に全ての材料を揃えることができませんが、作業できるところから進めたいと思います。
毎年、黒森歌舞伎押絵の完成を楽しみに待ってくださる方々のためにも、この年末年始は、頑張ります!!!!

サンプルが完成してからは、黒森地域の女性で構成する『くろもりん押絵倶楽部』のみなさんが、100部製作する予定です。
昨年の『ひらかな盛衰記/梶原玄太景季』の押絵は、完売しましたので、ご予約はお早めにどうぞ。



↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
  


2019年12月03日

R『二枚目』とは?!/黒森歌舞伎演舞場にて、来年の演目『義経千本桜』のビデオ鑑賞会の巻♪



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2019年12月3日(火)19:00〜
くろもりん押絵倶楽部のみなさんと一緒に、黒森歌舞伎演舞場にて、来年の演目『義経千本桜』のビデオ鑑賞会へ参加させていただきました。

26年前(平成5年)に上演されたビデオのため、現在、黒森歌舞伎を裏方で支えていらっしゃる方々が役者として生き生きと演じられている姿を拝見し、とても驚きました!
黒森歌舞伎は、こうして、脈々と次の世代へと受け継がれてきたのだとリアルに感じる貴重な映像でした。

「来年の黒森歌舞伎押絵の顔を誰にするのか?」
いろんな意見が出ましたが、全幕に必ず登場する人物は、『源義経』ということで、やはり『義経千本桜』の押絵の顔は、『源義経』ということで決定しました!

『源義経』といえば、二枚目の立役!
この一枚目、二枚目、三枚目というルーツは、歌舞伎なのだそうです!
江戸時代の歌舞伎の芝居小屋の看板には、役者名が掲げられました。
一枚目=荒事・実事(勇猛な役)
二枚目=和事の立役(色男・イケメン)
三枚目=道化役(笑いを誘う役)

確かに、現在でも、「いよっ!二枚目!」と言いますが、「なんで二枚目なの?」と突っ込まれると、「ボーッと生きてんじゃねーよ!」って、チコちゃんに叱られそうです(笑)

私は、黒森歌舞伎押絵のデザインを通して、いろんな歌舞伎の学びをいただいております。





こちらは、黒森歌舞伎ポーランド公演で実際に使用された『源義経』の采配です。
扇子を采配にしていたんですね!

こうした小道具を押絵のデザインに入れるかどうするか・・・
まずは、黒森歌舞伎の『源義経』役の写真を入手していただきたいとお願いしてまいりました。

今年は、11月にポーランド公演があったため、押絵制作のスタートが大幅に出遅れています。
私の仕事のスケジュールも詰まっているので、大変です!!!ぎゃ〜〜〜っ!





こちらは、黒森歌舞伎応援Tシャツです。
これまでは、黒森歌舞伎ポーランド公演へ向けて寄付金を集めるという目的での販売でしたので、商品タグには、日本とポーランドの国旗を持ったくろもりんのイラストを使用していましたが、これからは、国旗を持っていない商品タグにリニューアルしました!

今年の6月26日に、黒森歌舞伎妻堂連中の座長・副座長、株式会社ブルー(書の庵)/齋藤社長、そして、私の4人で面談をしました。
その際に、座長と副座長より、「衣裳やかつらなどを購入する資金が不足しているので、黒森歌舞伎応援Tシャツの販売は、ポーランド公演が終わってからも引き続き続けていただきたい」という要望をいただきました。

そこで、黒森歌舞伎応援プロジェクトを地元の有志で立ち上げ、黒森歌舞伎応援グッズをこれからも販売し、寄付金を集めようということに至っております。

黒森歌舞伎妻堂連中の座長・副座長からの依頼で、『黒森歌舞伎応援プロジェクト』を続けているということをこれまできちんとみなさまへお伝えしていなかったように思います。
どこまでお力になれるかわかりませんが、できるかぎりの応援をさせていただきますので、みなさまからのご理解とご協力を頂けますようお願い申し上げます。


『黒森歌舞伎応援グッズ』取扱先
●黒森コミュニティセンター
 〒998-0111山形県酒田市黒森字草刈谷地57-2 TEL0234-92-2255

●アパレルショップ FUN-K
 〒999-6701 山形県酒田市砂越楯之内31-52 TEL0234-52-3569

●カメラの七桜
 〒998-0044 山形県酒田市中町2丁目3-15 TEL0234-22-9431

●書の庵(株式会社ブルー)
 〒998-0842 山形県酒田市亀ヶ崎2-4-37 TEL0234-22-4477

ネットショッピングサイトはこちら→ https://kuromorin.base.shop



↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ  


2019年11月11日

R 源義経の四天王/佐藤継信・忠信のことが記されている『佐藤氏家世碑』が、酒田市『總光寺』にあります。



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2019年11月11日(月)9:30
酒田市『總光寺』さんの境内にある『佐藤氏家世碑』の銀杏が美しくて、感激しました!

写真で見ると、銀杏の木がとても大きいため、石碑が小さく見えますが、この石碑は、ものすごく大きいんです!
高さが約5m70cm、幅が1m85cmもあります!
見上げるほど大きなこの『佐藤氏家世碑』には、たくさんのことが刻まれています。

その中でも、私が特筆したいのは、源義経の四天王/佐藤継信・忠信のことが記されている部分です!

佐藤継信は、四国・屋島の合戦にて、身を以て義経を守り(平教経の)矢にあたり討ち死をした。
佐藤忠信は、吉野で義経を脱出させ京に隠れ敵に囲まれ自害し、義経は陸奥に下る途中、医王寺に立ち寄り、継信・忠信の髻を埋め、継信・忠信の墓を建てた。
※總光寺開基家『佐藤氏家世碑』要訳より


約635年前に、總光寺を建立したのは、義経の身代わりとなって討ち死にした佐藤継信の子孫『伊勢守佐藤正信』であるということが、ここに刻まれています。
ちなみに、この石碑の脇には、佐藤家一族を供養するために建立された『開基堂』もあります。




こちらは、先日の『黒森歌舞伎ポーランド公演』のポスターです。
義経千本桜/伏見稲荷鳥居前の場に登場する『佐藤忠信(実は源九郎狐)』の隈取りのイラストで、ポスターを制作して欲しいという依頼を受けて、私が描かせていただきました。

来年の『黒森歌舞伎』正月公演の演目は『義経千本桜』に決定していますので、これから、急ピッチで、主役『源義経/黒森歌舞伎押絵』のデザイン&試作を制作しなければなりません。

私がいつもお世話になっている『總光寺』さんを創立したのは、佐藤継信の子孫。
私が黒森歌舞伎の『佐藤忠信(実は源九郎狐)』や『源義経』のデザインをすることになるというのは、なんて不思議なご縁なのだろうと鳥肌が立ちます。

本日は、『總光寺』の御本尊様と開基堂へ、「次は、『源義経』の押絵制作をさせていただきます。よい作品に仕上がりますように」と、手を合わせてまいりました。

黒森歌舞伎のみなさまも、『總光寺』は、佐藤兄弟の子孫が開基したことを知ったら、面白いと感じてくださるのではないでしょうか?
おそらく知っている人は、まだ少ないと思いますので。


興味のある方は、是非とも、拝観して、住職様へお話しを伺ってみてください。
本堂には、源義経や佐藤継信の立派な絵が飾られています。



↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ


  


2019年08月01日

R 地元メディア『コミュニティしんぶん』に、『黒森歌舞伎応援Tシャツ』を大きく取り上げていただきました♡



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2019年8月2日号の『コミュニティしんぶん』で、黒森歌舞伎応援Tシャツを大きく取り上げていただきました!
11月の「黒森歌舞伎ポーランド公演」応援のために制作したTシャツです!

「いよいよ夏本番!Tシャツを買うなら、今でしょ!」
酒田のおみやげとしても、おすすめです!
帰省されるみなさまにも、お知らせしたいですね〜!
情報拡散のご協力をよろしくお願い申し上げます。


『黒森歌舞伎応援Tシャツ』は、2種類あります。
●『くろもりんTシャツ』
●『隈取り(くまどり)Tシャツ』
S、M、L、XL、XXL
各2,500円(税込)
収益金の一部は、『黒森歌舞伎ポーランド公演』への寄付金とさせていただきます。



『黒森歌舞伎応援Tシャツ』取扱先
●黒森コミュニティセンター
 〒998-0111山形県酒田市黒森字草刈谷地57-2 TEL0234-92-2255

●アパレルショップ FUN-K
 〒999-6701 山形県酒田市砂越楯之内31-52 TEL0234-52-3569

●カメラの七桜
 〒998-0044 山形県酒田市中町2丁目3-15 TEL0234-22-9431

●書の庵(株式会社ブルー)
 〒998-0842 山形県酒田市亀ヶ崎2-4-37 TEL0234-22-4477

ネットショッピングサイトはこちら→ https://kuromorin.base.shop




こちらは、『書の庵(株式会社ブルー)』さんの店内に設置していただいた『黒森歌舞伎応援グッズコーナー』です!
今年の黒森歌舞伎押絵『ひらかな盛衰記/梶原源太景季』を飾ってくださっていました。
素敵な色紙額は、書の庵さんで販売中です!

このように、各店舗で、『黒森歌舞伎押絵応援グッズ』の販売にご協力をいただいております。
『黒森歌舞伎応援プロジェクト』へ、有志で協力してくれる仲間ができたことが、とても嬉しいです♡

一人の一歩よりも、みんなの一歩!
という気持ちで、力を合わせています。


酒田市砂越のFUN-PRINTさんが、1枚、1枚、丁寧にプリントしてくださった職人魂を感じる仕上がりとなっています。
洗濯して、すぐにヘロヘロになるようなものではありません!
「ネットの写真で見るよりも、実物の方がさらにいいですね!」と言われることが多いので、
是非とも、お近くのお店で、Tシャツを手にとってご覧いただきたいと願っています。

デザインは、2種類ありますが、互角の勝負です!(笑)
くろもりんは、「ワンポイントがかわいい♡」と好評です!
隈取りは、「かっこいい!『黒森』という角字がすげー!」と人気です。
デザインコンセプトがそれぞれ違うので、両方ともご購入くださる方もいらっしゃいます。
『レタリング技能で、文部大臣賞を受賞したデザイナーがデザインしたオリジナルTシャツです!』
Made in SAKATAのオリジナルTシャツを着て楽しんでいただければと願っています。



↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ