2018年02月17日

R 吹雪の中のイケメン安兵衛♡『平成30年黒森歌舞伎正月公演/高田馬場十八番切』2日目



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2018年2月17日(土)正午
酒田市黒森地区の知人宅のお正月礼に、今年もちゃっかりとお邪魔させていただきました。
今年も、YOSHIKO先生のお母様はじめ、まるで、自分の親戚のように新年のご挨拶をさせていただきましたm(_ _)m

豪華なごちそうの数々にびっくり!
男の手料理とは思えないおもてなし料理でしたが、ペロリと完食しました!
特に、豚の角煮が柔らかくて、絶品でした!
毎年のことながら、ありがたくいただきました。
ごちそうさまでしたm(_ _)m




お腹いっぱいになってから、黒森歌舞伎演舞場へ行くと、『くろもりん押絵倶楽部』のみなさんが、販売ブースで頑張っていらっしゃいました。
2日間、寒い中、本当に頭が下がります。




黒森の知人が、今年も、マス席を予約してくださいました。
マス席は、1マス4名分で、1万円です。
私一人では、申し込めないので、本当に嬉しいです♡
毎年、お気遣いをいただいて、誠にありがとうございますm(_ _)m

この写真は、黒森の知人が自宅から持ってきてくれたポットとおつまみセットです。
ポットは、熱燗とウーロン茶の2種類ありました!
さすが、地元の黒森歌舞伎の楽しみ方のレジェンドですね!
昔は、七輪を持参して、スルメや餅などを焼きながら、歌舞伎を楽しんだそうです。
すごいですね〜!
黒森歌舞伎ならではの観覧の楽しみ方を復活させたいような気もします!(笑)




ちなみに、こちらが、マス席の1名分の幕の内弁当とおみやげセットです!
この他に、ふかふかの座布団と湯たんぽと毛布を支給されます。
幸福感に包まれながら、今年も観覧させていただきました。




しかも、今年は、一番前の席で観覧させていただきました!
くろもりんの真ん前で、とっても嬉しかったです♡
珍しいチーズをパクパクほおばりながら、歌舞伎を楽しませていただいた贅沢な時間でした。




今日は、珍しく予定時間よりも早く公演が進んでいたため、私は、『高田馬場十八番切』第二幕目の『松平右京屋敷兜割の場』からの観覧となってしまいました。
名場面は、安兵衛の叔父(菅野六郎左衛門)が、刀で兜を割るシーンです。
六郎左衛門役の岩井克之さんの迫真の演技が天に通じたかのように、兜を割る瞬間に光が差し、こんなに素敵な写真が撮れていたので、びっくりしました!
兜が真っ二つに割れた瞬間の写真です!




三幕目の『八丁目長屋の場・高田の馬場』になると、天気が荒れだしました。
中山安兵衛(堀部安兵衛)役の尾上貴基さんが、腕や足の素肌を出し、黒森歌舞伎の安兵衛のトレードマークの『青ふんどし』姿になった時が一番荒れました。
「うわぁ〜!寒そう!めじょけね〜!」と思いましたが、それだけに、「頑張って!」という思いに力が入りました。
「これが、黒森歌舞伎の圧倒的な魅力なんだ!」と私は、6年目にしてようやく感じることができました。
私は、晴れ女なので、こんなに雪が降った黒森歌舞伎を見たのは、初めてだったので、感激しました!
一緒に、マス席で観覧した酒田の知人は、雨男ということで、「俺のせいで天気が悪くなってごめんの!」と謝られてしまいましたが、むしろ、雪が降った方が、感動的だということを知ることができて、ありがたいと思いました。

雪中芝居=黒森歌舞伎!
花道にも、雪が積もりました。
その上を裸足で歩くのですから、さぞ冷たかっただろうと思います。




高田馬場へ向かう途中、赤穂藩士堀部弥兵衛の妻と娘が通りかかり、安兵衛が縄だすきをしているのを見て、縁起が悪いからと娘の赤いしごきとかんざしを与える場面です。
この演目は、敵討ちの本懐を達したところで終わるのですが、この時の娘がやがて安兵衛の妻になり、入り婿の安兵衛が堀部の姓を名乗るいきさつとなります。
この娘との場面は、黒森歌舞伎のオリジナルということです。




高田馬場にて、勢揃いしている悪いやつらです!
見るからに、悪そうでしょ!(笑)
そうなんです!
歌舞伎は、悪役には、青などの色多用し、正義の役には、赤を使うといったわかりやすい演出で、大衆を楽しませてくれます。




安兵衛の登場に、「いよっ!待ってました!」との掛け声がかかりました。
赤いしごきと青いふんどしをひるがえして、悪い奴らに立ち向かう安兵衛を観客が応援します!
このライブ感がなんともいえませんね!




おっと!忘れてはいけないのが、『高田のババァ !』です!!!(笑)
このお婆さんには、セリフがないのだそうです。
なので、お婆さんと安兵衛の会話はアドリブなんですって!

お婆さんと安兵衛のやり取りがお笑いの場面となり、観客を楽しませてくれました。




そして、いよいよ安兵衛と村上兄弟との対決です!
役者さんたちの吐く息が白く、寒さが伝わってきました。
素足の安兵衛には、最後まで頑張って!と祈るばかりでした。




見事、敵討ちを終えた安兵衛の晴れやかなお顔は、「無事にやり終えたぞ!」という貴基さんの気持ちが重なっていたように見えました。
実にカッコよく、惚れ惚れする安兵衛の姿でした♡
「いよっ!日本一!」
痛快なお話しで、楽しませていただきました。




最後は、冨樫久一座長の挨拶がありました。
来年11月の黒森歌舞伎ポーランド公演決定のお話しには、感動しました。
ぜひとも、初の海外公演を成功させて欲しいと願います。
ひとまず、正月公演が無事に終了し、大変お疲れ様でした。

今日の終了時間は、15:30でした!
驚異的な早さで、驚きました!!!
いつも予定よりもはるかにオーバーしているので(^^;

今日は、とても寒かったので、早く終わってよかったです。
「黒森歌舞伎は見たいけれど、寒いのは嫌だ!」という方は、3/4(日)の酒田公演(希望ホール)12:00〜があります。
前売り500円(当日700円)で、見事な歌舞伎を楽しめますので、オススメします!




黒森の知人宅へ戻ると、今度は、黒森名物『黒森そば』を出されました!
お腹は、全然空いていなかったのですが、この十割そばがとても美味しかったので、完食してしまいました♡
『黒森そば』のことも詳しく書きたいのですが、それは後日のお楽しみに〜♪




そして、知人より、こちらの『黒森納豆/わら苞納豆』をおみやげにいただいてしまいました。
わらのフレーバーを楽しめる美味しい納豆です。
たっぷりごちそうになった上に、おみやげまで頂戴して、恐縮ですm(_ _)m




こちらは、本日、マス席にて、一緒に観覧した酒田の知人から頂戴した『丸藤菓子舗/シュークリーム』です。

黒森歌舞伎のおかげで、たくさんの方々に再会をさせていただいたり、新たな出会いをいただきました。
人と人との結びつきが財産であることを黒森歌舞伎は教えてくれますね。
私が、こうして、黒森歌舞伎に関わらせていただくことになったのは、偶然か?必然か??それはわかりませんが、『黒森歌舞伎を一緒に楽しみたい!』というスイッチが入ったことには間違いありません。




この『黒森歌舞伎押絵/中山安兵衛(堀部安兵衛)』ですが、たくさんの方々からご協力をいただいたおかげで、この第三幕目の安兵衛をうまく表現できていると思いました。
押絵は、黒森歌舞伎の話題作りにもなりますし、観覧記念にもなります。
今回安兵衛を演じられた貴基さんと前回の安兵衛を演じられた貴史さんが、この押絵をご購入くださいました。
演じられた役者さんに喜んでいただけるというのは、これほど嬉しいことはありません。
きっと、生涯大事に飾って楽しんでくださることと思います。ご購入いただきまして、誠にありがとうございましたm(_ _)m

3/4の酒田公演でも、この押絵を販売いたしますので、どうぞよろしくお願いいたします。


<今日の俳句>
小正月 黒森の地に 幸ありて

↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村  


2018年02月15日

R『平成30年黒森歌舞伎正月公演/黒森少年太鼓&黒森少年歌舞伎(白浪五人男)』初日



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2018年2月15日(木)10:00〜
酒田市黒森歌舞伎演舞場にて開催された『平成30年黒森少年歌舞伎正月公演』の初日に行ってまいりました!

黒森小学校の児童による『黒森少年太鼓』からスタートしました。
時折、雪がちらつく好天に恵まれて、ホッとしました♡




幕間に、黒森小学校5・6年生がプロデュースした『くろもりん/缶バッジ&マグネット』の売り子さんを見かけたので、呼び止めて、私も購入させていただきました。
10:20頃でしたが、缶バッジは、残り1個という状況でした。
バカ売れ!と言っていいほど、飛ぶような売れ行きでした!




前日の2/14に、読売新聞さんがこの『くろもりん/缶バッジ&マグネット』のことを記事にしてくださったのですが、おかげさまで、その効果がありました!
黒森小学校5・6年生のプロデュースは、大当たりでした!
やったね!
こうした地道な積み重ねが、黒森歌舞伎を盛り上げていくのだと思います。
黒森小の子ども達とのふれあいも、観客にとっては嬉しいものです。
来年も、ぜひ続けて欲しいと願っています。




『くろもりん押絵倶楽部』のみなさんと一緒に、記念撮影〜♪
写真の男性は、新庄市からお越しくださった熊坂様です。
熊坂様には、『黒森歌舞伎押絵』を6年前から毎年ご購入いただいております。
『黒森歌舞伎押絵』のファンの方に、実際にお会いすることができてとても嬉しかったです♡

熊坂様は、ご自宅の欄間に、これまでの押絵を全て飾っていらっしゃるそうです。
年が明けると、「今年もそろそろだよなぁ〜」と新しい押絵を楽しみにしているのだそうです。
お話しをお聞きして、今後の励みとなりました。
誠にありがとうございます♡




神事も行われました。
時間が経つにつれ、だんだん観客の数が増えてきました。




今年の演目と配役表です。




こちらは、おこしの会さん手作りの『黒森歌舞伎おこし』です。
1個200円という安さと美味しさで、これを目当てにおこしくださる方もいらっしゃいます。
2日分で、2,000個作ったそうですが、当日分は、午前中で売り切れてしまいました。
買えなかった方は、2/17の午前中のうちにどうぞ!




『黒森歌舞伎まんじゅう』は、昨年、黒森歌舞伎妻堂連中の発案で誕生したばかりなのですが、すっかり定着した貫禄がありました。
こちらも、昼過ぎには完売となりました!
この『黒森歌舞伎まんじゅう』は、黒森日枝神社にて、ご祈祷していただいたありがたいおまんじゅうなんですよ!
無病息災を願いながら、美味しくいただきました。




黒糖入りの美味しいおまんじゅうなので、私も、このおまんじゅうを買うことが楽しみの一つでもありました!(笑)




お昼近くになり、こちらのPOPが貼り出されました。
黒森歌舞伎では、呉汁と甘酒が、無料で振る舞われます。




幕間になると、無料で振る舞われることを知っている人たちは、テントに並びます。
特に場内アナウンスはしないので、幕間になったら、テントの中を時折、覗いてみてください。
なくなり次第終了となりますので、チャンスをお見逃しなく!




こちらが、呉汁のアップです!
具沢山で、身体があったまり、この無料サービスは、本当に嬉しいものです♡
黒森歌舞伎名物『呉汁』は、お早めにどうぞ♪





このこんにゃくも、無料で振る舞われました!
雪がちらつく中、フーフーしながら、熱々のこんにゃくをほおばりました♡
んめけ〜♪




11:00〜いよいよ『黒森少年歌舞伎』が始まりました!
今年の演目は、6年ぶりとなる『白浪五人男/青砥稿花紅彩画より「稲瀬川勢揃いの場」』でした。




『白浪五人男』を観たのは、私は初めてでした。
この『白浪五人男』の押絵のデザインのリクエストをいただいていたので、舞台美術や衣装の華やかさを目に焼き付けました。
百聞一見にしかずですね!
『白浪五人男』の魅力をしっかりと掴みましたよ!




昨年12月に、黒森小学校へお伺いした時に、子ども達がセリフを覚える練習をしていました。
それを見ていただけに、今日、こうして、立派に演じている姿を見て、感激しました。




大泥棒五人衆の大人顔負けの決めポーズでした!
場内からも、声援が飛んで、一体感がありました。




黒森少年歌舞伎が終わって、テントへ戻ると、『くろもりん押絵倶楽部』の方が、きな粉もちを用意してくださったので、遠慮なくいただきました。
自家製のたくあんとともに、美味しくごちそうになりました。
黒森地区では、今がお正月なんですよね!
お餅をいただいて、そのことを思い出しました。

午後からは、仕事があったので、本狂言の観賞は、2/17のお楽しみとさせていただきました。
本日は、『黒森歌舞伎正月公演初日』、大変お疲れ様でした。




黒森歌舞伎ポーランド公演の募金も始まっております!
詳しくは、黒森コミセンまで。0234-92-2255


<今日の俳句>
黒森小 大活躍の 歌舞伎なり

↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

  


2018年02月13日

R 『コミュニティしんぶん』さん、『山形新聞』さん、掲載ありがとうございました♡



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2018年2月9日の『コミュニティしんぶん』に、『黒森歌舞伎/くろもりん押絵倶楽部』を取り上げていただきました。

『くろもりん押絵倶楽部』のみなさんが、今年の押絵を手に、いい表情で載っていたので、とても嬉しかったです♡
『黒森歌舞伎』公演前に、『くろもりん押絵倶楽部』のみなさんの応援したいという気持ちを上手に記事にまとめていただきました。

『コミュニティしんぶん』は、新聞をとっていない地域の方々に読んでいただける媒体なので、取り上げていただいて、ありがたかったです。
「理子さんの名前が載っていたのを読んで、嬉しかったわ!この押絵を作るために苦労があったことでしょう!」と、ルリアールの衣装を作ってくださっている先生から、ねぎらいのお言葉をいただきました。
ものづくりをされている方の視点は、違いますね!
記事をしっかりと読んでいただいて、嬉しかったです。





こちらは、2018年2月11日の『山形新聞』で取り上げていただいた『黒森歌舞伎押絵』の記事です。
新聞を広げると、安兵衛の押絵が、パッと目に飛び込んできました。
今年の演目『高田馬場十八番切』の主役『中山安兵衛(堀部安兵衛)』の押絵を大きく取り上げていただいて、嬉しかったです♡
『黒森歌舞伎』の話題作りに一役となったのであれば、嬉しいです。

『山形新聞』で押絵を見て、注文をしてくださる方もいらっしゃいます。
遠方からわざわざ注文をいただくたびに、『くろもりん押絵倶楽部』のみなさんは、飛び上がるほど喜んでいます。
『山形新聞』さんの影響力の大きさを感じます。
取り上げていただきまして、誠にありがとうございました。
押絵は、公演当日、会場にて販売いたしますので、ご観覧記念やおみやげにいかがでしょうか?

いよいよ2月15・17日は、『黒森歌舞伎/正月公演』となります。
天気予報は、2日間とも雪マークです!やった〜!!!
みんなが、『雪中芝居』を楽しみにしています。
全国でも黒森歌舞伎だけが、雪の中で歌舞伎を演じているわけですから、その写真を撮りたいというカメラマンさんがいらっしゃることでしょう!
観客の一人の私としては、雨よりも雪を願っています。
今年も、黒森の知人が、私のためにマス席を予約してくださいました。
ありがたく、マス席から観覧させていただきたいと思います。
今年も、楽しみしています♡

無料で、呉汁やこんにゃくなどが振る舞われますので、お早めにどうぞ!
みなさまも、あたたかい服装でお越しくださいませ。





<今日の俳句>
話題作り 黒森歌舞伎 押絵なり 

↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村  


2018年02月07日

R ビッグニュース!黒森歌舞伎ポーランド公演決定〜♪&黒森歌舞伎衣裳展〜2/13まで開催中



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2018年2月4日(日)の山形新聞に、『黒森歌舞伎ポーランド公演決定』の記事が大きく紹介されていました!

来年の11月、日本とポーランドとの国交樹立100周年記念イベントの一つで、黒森歌舞伎の公演が決まりました。
演目『義経千本桜』を首都ワルシャワで2回、古都クラクフで1回公演する予定とのこと。

江戸時代中期から、280年以上、酒田市黒森地区で継承されている『黒森歌舞伎』にとって、初めての海外公演となります!
ポーランドの方々にとっても、日本の『歌舞伎』を初めて目にする方がほとんどでしょう!

冨樫座長にお話しをお聞きしたら、数年前、ポーランド人の女性が、大学の論文を書くために、『黒森歌舞伎』に何度も足を運ばれたのが、そもそものきっかけだったということでした。

たった一人とのご縁が、こんなにスケールの大きなお話しに発展したのですから、ご縁とは、本当に不思議で、素晴らしいものですね。
黒森歌舞伎や黒森地区のみなさんのフレンドリーな気質が、大きな要因だと私は感じています。

本当に、みなさんあったかいです!




こちらの世界地図は、黒森歌舞伎演舞場内にカラーコピーして貼ってあったものです。
ちゃんとポーランドのところをピンク色で囲んでいますね!

ポーランドって、こんなに大きな国だったんですね!
こんなに遠くの地で、『黒森歌舞伎』を上演することが決まったんですね!
すごいっ!!!

役者や関係者のみなさまにとって、お仕事との調整が大変だと思いますが、末代まで語り継がれる海外公演となりますので、貴重な経験を生かしていただきたいと願っています。

ポーランドって、どんなところなんでしょう?
私もワクワクしています。




酒田市役所1階で開催されている『黒森歌舞伎 衣裳展』へ、昨日、足を運んできました。
2/13まで開催されるそうです。
入り口で、『くろもりん』がおでむかえしてました♡
やっぱりこういうところに、ちょこんとキャラクターがあった方が、入りやすいですよね!
頑張れ!くろもりん!(笑)
ポーランドの子ども達にも『くろもりん』を喜んでもらえたら嬉しいのですが。。。




2/15・17『黒森歌舞伎 正月公演』で実際に着る衣裳が展示してありました。
正面の衣裳は、重厚感のある刺繍で、とても年季の入った素晴らしいお着物でした。
多くの人々を楽しませてくれている大事な衣裳なんだなぁ〜と見入ってしまいました。




今年の『黒森歌舞伎押絵』は、もちろん、歴代の押絵も展示されていました。
黒森地区の女性たちで結成されている『くろもりん押絵倶楽部』も、『黒森歌舞伎』の応援のために頑張っています!




平成30年度の『黒森歌舞伎押絵』は、こちらです!(予約受付中/黒森コミュニティセンター0234-92-2255)
『高田馬場十八番切/中山安兵衛(堀部安兵衛)』が今年の顔です!
赤穂四十七士の一人、堀部安兵衛の青年期『中山安兵衛』の二刀流の勇壮な立ち回りが見どころとなっています。

ポーランド公演前に、日本人に観て楽しんでもらいたい!と思っています。




『平成30年度 黒森歌舞伎公演予定』
雪中芝居で、黒森歌舞伎らしさを楽しみたい方は、2/15・17がおすすめ!無料です!(野外での観覧となりますので、あたたかい服装でお越しくださいませ)
寒いところが苦手という方は、3/4の希望ホールがおすすめです。入場料500円(当日700円)



<今日の俳句>
飛ぶが如く 黒森歌舞伎 ポーランドへ 


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村


  


2018年02月06日

R『くろもりん/缶バッジ&マグネット』が完成!黒森小学校5・6年生が初プロデュース!



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

酒田市立黒森小学校の5・6年生が、プロデュースした『くろもりん/缶バッジ&マグネット』が完成しました」というお知らせをいただいたので、学校へお伺いさせていただきました。




「2月15・17日に開催される『黒森歌舞伎』正月公演に、たくさんの人に足を運んでもらうにはどうしたらよいか?」
ということで、5・6年生の総合学習でみんなで考えました。




『くろもりん/缶バッジ&マグネット』を作って、当日、会場(黒森歌舞伎演舞場)で販売しようということになりました。
高学年のみんなは、『黒森少年歌舞伎・少年太鼓』へ出演するため、1・2年生に販売してもらうそうです。

缶バッジにするか?マグネットにするか?
色は何色がよいか?
何個作るか?
などなど、たくさんの意見を検討し、ようやく完成した『くろもりん/缶バッジ&マグネット』であることを先生からお聞きしました。
先生からは、「くろもりんのデータをあつかましくも使わせていただいて、ありがとうございました」とお礼を言われてしまいましたが、『くろもりん』は、黒森歌舞伎のキャラクターとして、みなさんに活用していただきたいと思い、無償で提供していますので、どうぞ遠慮なくご使用くださいませ。

今回は、黒森小学校の方から、自発的に商品化したいという申し出をいただいて、本当に嬉しかったです。
みんなで真剣に考えるということがとても大切なことだと思います。
その上で出来上がったこの商品ですから、愛着が大きいことでしょう。

もちろん、作って終わりではありません。
これを会場で、1個100円で販売するという情報を多くの方々へ拡散しなければなりません。
子ども達だけではできるものではありませんので、メディアの皆様のお力をお借りしたいと思います。
取材をどうぞよろしくお願い申し上げます。


今日、完成した現物を拝見させていただいたのですが、どれも可愛くて、とっても嬉しかったです♡
10時から子ども達の演目が始まりますので、これは、午前中にゲットしなければ!
2日間に半分ずつに分けて、販売予定です。2/17も販売いたしますので、お早めにお買い求めくださいませ。
「ここでしか買えない!」というプレミアム感がいいですよね!
今年のご観覧記念やおみやげにいかがでしょうか?





校内には、子ども達の『黒森歌舞伎・少年太鼓』に対する意気込みが掲示されていました。
「日々の練習の成果をたくさんの人に見てもらいたい!」その思いがひしひしと伝わってきました。
「他校の小学生からも見てもらいたい!」と言っていたのが印象的でした。
黒森小学校の子ども達の思いが、『くろもりん/缶バッジ&マグネット』という形になったんですね!
心から応援してあげたいと思います。



『くろもりん』を活用してみたいという方は、当ブログ左側の『メッセージを送る』というところから、私宛てにメールをお送りくださいませ。
『くろもりん』のイラストデータは無料で提供しておりますので、お気軽にご相談ください。



<今日の俳句>
くろもりん 上手く活用 子どもらが


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村  


2018年01月31日

R いよいよ2月!『黒森歌舞伎/高田馬場十八番切』正月公演へ向けて、緊張が高まってきました!



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2018年1月31日(水)夜
いよいよ2月15・17日の正月公演が迫ってきた『黒森歌舞伎』のお稽古を見学させていただきました。
黒森歌舞伎演舞場には、仕事が終わってから、役者さんたちが集まって、連日遅くまで練習をされています。

私がお邪魔した時は、『高田馬場十八番切/第一幕 安之助母おてる敵討の場」のお稽古中でした。
ベテラン役者さんから、演技指導をいただきながら、二人が動きを合わせる練習を何度も繰り返していました。
いよいよ本番が迫ってきている緊張感が演舞場全体に張りつめていました。


今年の主役は、赤穂四十七士の一人、堀部安兵衛の青年期『中山安兵衛』です。
演じられる役者の『佐藤貴基(役者名/尾上貴基)』さんが、ちょうどいらっしゃったので、少しお話しをさせていただきました。
貴基さんのお父さんも、おじいさんも、役者さんだったそうで、尾上の名前を代々受け継いでいらっしゃるのだそうです。
280年以上の伝統ある黒森歌舞伎の重みを感じました。

貴基さんは、堀部安兵衛(中山安兵衛)を演じるにあたり、昨年11月に生誕地/新潟県新発田市『長徳寺』に分骨されたばかりの安兵衛の墓碑に参拝をされてきたそうです。
安兵衛を演じる意気込みを感じました。
黒森歌舞伎の十八番と言われている『高田馬場十八番切』で、安兵衛を演じるということは、プレッシャーがあると思いますが、これまでの役者経験を生かしてくださることを楽しみにしています。




こちらは、黒森コミセンにて、必死の形相で黒森歌舞伎押絵を製作している『くろもりん押絵倶楽部』のみなさんです。
今年で6作目ということで、製作はみなさんに任せて安心です!

ただ、今年は、黒森歌舞伎押絵の告知が遅れているということで心配です。
メディアには、まだ取り上げていただいておりません。
『くろもりん押絵倶楽部』のみなさんは、黒森歌舞伎を応援したいという気持ちで、ボランティアで、日々製作されています。
せっかく人気のある赤穂四十七士、堀部安兵衛の青年期の話しですので、ぜひとも、話題に取り上げていただきたいと願っています。
押絵の販売は、もちろん大事なことですが、今年の演目が、『高田馬場十八番切』であることを周知させることがこの押絵の大事な目的の一つです。

お問合せは、黒森コミュニティセンター0234-92-2255まで。




今年は、『雪中芝居』が期待されています。
雪が降ってほしいと願うとは、黒森歌舞伎ならではですよね!(笑)
雪と歌舞伎のコラボは、全国唯一です!
カメラマンのみなさん、シャッターチャンスですよ〜!!!


<今日の俳句>
雪よ降れ 願う黒森歌舞伎なり

↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村  


2018年01月17日

R 平成30年黒森歌舞伎正月公演へ本格始動!『くろもりん押絵倶楽部』&『黒森歌舞伎妻堂連中』へお邪魔させていただきました



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

酒田市黒森コミセンにて、くろもりん押絵倶楽部さんの平成30年度の『黒森歌舞伎押絵』作りが、いよいよ山場を迎えております。

上の写真は、私が、押絵のデザインと型紙を作った時のものです。
私は、押絵のサンプルを1つだけ製作して、あとは、黒森地域にお住いの女性たちで構成している『くろもりん押絵倶楽部』さんが80部製作します。




今夜は、メンバー各自が作ってきた細かいパーツを黒森コミセンに持ち寄り、いよいよ繋ぎあわせる工程でした。
押絵作りがスタートした時は、できるだけパーツを少なくし、低コストで作ることが課題だったのですが、年々、お客様も、押絵倶楽部のみなさんも、鑑賞を楽しむために、手の込んだ作品を求めるように変化しました。
そのため、年々パーツが細かくなり、その分、製作時間がかかるようになりました。
2月15・17日の黒森歌舞伎正月公演までに、押絵を全て仕上げるために、今日は、緊張感が漂っていました。
女性たちの手で、黒森歌舞伎を応援したいという意気込みが感じられますね。




今年の『黒森歌舞伎押絵』の完成品はこちらになります。
平成30年度黒森歌舞伎正月公演狂言『高田馬場十八番切(たかだのばばじゅうはちばんぎり)』中山安兵衛(なかやま やすべえ)が主役となります。

仮名手本忠臣蔵に登場します「堀部安兵衛」の幼少期と成人してからの物語として高田馬場十八番切の演目があります。 全国の地芝居ではほとんど公演されたことがなく黒森独特の演目となっています。 
安兵衛は幼少期は中山の氏であり、演目中では中山になっています。 剣術は出来るが、酒びたりの日々を長屋住まいで過ごすなか、叔父上より手紙が届きます。 殿中で叔父上と模擬試合をして敗れた相手が逆恨みをし、その相手と果たし合いがあるので助太刀に来てもらいたいという内容でした。 常日頃より気に掛けてもらっている叔父上のため、急ぎ高田馬場に駆けつけるが、叔父上は相手の多勢に敗れたところでした。 安兵衛一人で多勢に立ち向かい叔父上の無念をはらす痛快な物語です。 この押絵はその中山安兵衛が高田馬場での決闘の時の姿を表現しました。


ただいま、『黒森歌舞伎押絵』の予約受付中です。
額入り4,000円 額なし2,500円
お問合せは、黒森コミュニティセンター0234-92-2255まで。




そして、今週から『黒森歌舞伎』の稽古が本格的に始まったということで、『黒森歌舞伎演舞場』へもお邪魔させていただきました。

「俺、おめから斬らいんなんけが?後ろから斬られて、振り向いて、また斬らいんなんよの?」
「ドリフみだいだよの!」
「わははははー!」

と、みんな明るくて、なんだか、とっても楽しそうでした!

「雪中芝居」で寒い!
「後継者不足」で大変!
いろいろ困難なことがありますが、当事者が一番楽しんでいるというのが、継続の力だと感じました。


今年の『黒森歌舞伎正月公演』は、若手の役者たちを中心にした躍動感あふれる歌舞伎をお楽しみいただきたいということでした。





平成30年度黒森歌舞伎正月公演狂言『高田馬場十八番切(たかだのばばじゅうはちばんぎり)』
2月15日(木)・17日(土)は、黒森歌舞伎演舞場で開催。
酒田公演(希望ホール)は、3月4日(日)です。


『高田馬場十八番切』のお楽しみといえば、クライマックスのバッサバッサの殺陣の場面です。
私も楽しみにしています。
これから、本番に向けて、深夜近くまでの稽古が続くのだそうです。
風邪など、お身体に気をつけていただきたいと願います。
本日は、お稽古中にお邪魔させていただきまして、誠にありがとうございました。




そして、今年も、『黒森歌舞伎まんじゅう』の販売が決まりました!
1箱6個入りで、800円(税込)です。
黒糖入りのおまんじゅうで、とても美味しいです!
数に限りがありますので、お早めのご予約をおすすめいたします。
ご予約は、黒森コミュニティセンター0234-92-2255まで。


<今日の俳句>
黒森や 歌舞伎近づき 緊迫し

↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村  


2017年12月18日

R 平成30年黒森歌舞伎押絵『高田馬場十八番切(中山安兵衛)』完成&黒森小学校で『くろもりん』のお話し



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

くろもりん押絵倶楽部で、毎年黒森歌舞伎正月公演(2月15・17日)の際に販売している黒森歌舞伎押絵のデザイン&サンプルが完成しました♪

平成30年正月公演狂言『高田馬場十八番切』の主役/中山安兵衛(のちの堀部安兵衛)が、押絵の顔となりました。

トレードマークは、赤いハチマキとタスキ。
そして、頭には、堀部の娘からもらったかんざしを刺しています。
青いふんどしも黒森歌舞伎ならではのトレードマークということで、バックの色を青にしました。

額入り4,000円。
額なし2,500円。
こちらの押絵は、ただいま、予約受付中です!
限定80部ですので、お早めにどうぞ。
お問合せは、黒森コミュニティセンター0234-92-2255まで。





2017年12月18日(月)は、酒田市立黒森小学校へお伺いさせていただきました。
5・6年生の担任の先生から、「黒森歌舞伎のキャラクター『くろもりん』誕生の話しを学校でしていただきたい」というご依頼で、お話しをさせていただきました。

2013年12月に『くろもりん』が誕生してから、私の知らない間に、『くろもりん』は、黒森小学校のみんなに愛されていたことを知りました。
学校の至る所に、『くろもりん』が貼ってあったので、とても嬉しかったです♡




今日は、KP法でお話しをさせていただきました。
5・6年生で15名という人数でしたので、KP法がちょうどよかったです。

子ども達は、とても真剣に話しを聞きながら、しっかりメモを取っていました!
『くろもりん』を使って、黒森歌舞伎への集客ポスターやパンフレット、CMなどを作りたいということをみんなで考えていました。
今後、『くろもりん』のグッズを販売したいという意見もありました。

そうした中で、『くろもりん』のデザイン使用について、著作権のことが気になっていたようです。
くろもりんの名前とイラストは、2014年に、デザインをした私が商標登録を取りました。
「商標登録は、他人から悪用されないように守るためのもので、黒森小学校のみなさんには、安心して、『くろもりん』を使っていただきたいです。そして、『くろもりん』で、黒森歌舞伎をどんどん宣伝してください!」と、私の方から、みんなへお願いしました。

『くろもりん』は、私のものではなく、黒森地域のみなさまの『くろもりん』だと思って提供したキャラクターです。
使用料などをいただくつもりは全くありません!
それよりも、私が死んだのちにも、『くろもりん』は、みんなに愛され、活躍して欲しいと願っています。
これからも、わからないことがあったら、私に気軽に問い合わせて欲しいと思います。




そして、出来立てホヤホヤの平成30年黒森歌舞伎押絵『高田馬場十八番切(中山安兵衛)』の押絵のサンプルをお披露目させていただきました。
みんなに見せた途端に「お〜!すげ〜っ!」という歓声が上がりました♪
何よりも、平成29年『黒森日枝神社』のお祭りの際に、中山安兵衛役をしてくれた佐藤悠万君本人が、「俺、そっくり!」と言い、周りのみんなも、「本当だ!悠万にそっくりだ!」と認めてくれたことがとても嬉しかったです♪
私は、悠万くんをモデルに、この中山安兵衛の押絵をデザインした話しをさせていただきました。




最後は、『くろもりん』を真ん中に、みんなで記念写真を撮りました♪
中山安兵衛の押絵は、モデルになってくれた佐藤悠万くんから持ってもらいました。
うん!やっぱり似てますね〜!(笑)
(顔写真のSNSへの掲載は、学校から許可をいただいております)

来年の正月公演(2月15・17日)の少年歌舞伎では、『白波五人男』を演じます。
なので、「『白波五人男』の押絵は作る予定はありませんか?」という質問が、男の子からありました。
「くろもりん押絵倶楽部さんから、ただいま『白波五人男』の押絵のデザイン依頼を頂いております」とお返事をしたところ、すごく嬉しそうな反応していました!
子ども達の期待になんとか応えてあげたいと思いますが、来年の2月までは間に合うかしら???

黒森地域に暮らし、実際に歌舞伎を演じている子ども達の黒森歌舞伎への思いは、私が予想した以上に強いものだということを感じました。
私にできることがあれば、サポートしてあげたいと思います。
そして、この子たちの歌舞伎を多くの方々から見てもらいたいという気持ちになりました。

今日は、黒森小学校の子ども達から、たくさんの学びを頂いた貴重な日となりました。
この度は、学校でお話しをさせていただく機会をいただきまして、誠にありがとうございました。



<今日の俳句>
くろもりん 学び舎貼られ 人気者

↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村  


2017年12月06日

R 鶴岡名物『切りさんしょ』と黒森歌舞伎『少年歌舞伎』の衣装



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2017年12月6日(水)19:00〜
来年の黒森歌舞伎押絵のデザイン&サンプルが完成したので、黒森コミセンに、くろもりん押絵倶楽部のみなさまにお集まりいただき、お披露目をさせていただきました。

平成30年黒森歌舞伎正月公演『高田馬場十八番切』の主役『中山安兵衛(のちの堀部安兵衛)』が来年の押絵の顔です!
「立体的な感じがいい!」と、みなさまから、喜んでいただけたのでホッとしました。
販売価格が決まり次第、当ブログでもお披露目させていただきたいと思います。


佐藤久美子代表が、鶴岡名物『切りさんしょ』を用意してくださっていたので、みんなでお茶を飲みながらいただきました。
山椒の風味豊かな餅菓子です。
白砂糖味と黒砂糖味の二種類があります。
お歳夜の時期限定で作られるため、『切りさんしょ』をいただくと、「今年もラストスパートしなければ!」と気が焦りますね!(笑)

冬の風物詩/黒森歌舞伎押絵作りも、いよいよスタートしますよ!
マスコミ・メディアの皆様方、取材をどうぞよろしくお願いいたします。
お問合せは、黒森コミセン0234-92-2255へ。




こちらは、来年の少年歌舞伎『白波五人男』の衣装です。
とても立派で、素晴らしいデザインだったので、感激しました!




今年の干支の酉と桜のデザインが、素敵ですね♡
鮮やかな色彩は、勉強になります!





五人それぞれのキャラクターに合わせたデザインの衣装を着ることを初めて知りました。
来年の少年歌舞伎が楽しみです!

『白波五人男』の押絵デザインのご依頼をいただいているのですが、この衣装を見た途端に、イメージが湧いてきました!
面白い押絵が作れそうです!!!



<今日の俳句>
くろもりんと 歌舞伎話しと 切りさんしょ

↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村
  


2017年10月21日

R 黒森歌舞伎押絵『中山(堀部)安兵衛』デザイン制作のため、黒森歌舞伎演舞場を訪問の巻♪



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2017年10月21日(土)19:00〜
くろもりん押絵倶楽部の方々と一緒に、黒森歌舞伎演舞場へお伺いさせていただきました。
来年の黒森歌舞伎正月公演は、『高田馬場十八番切』ということで、押絵の顔は、『中山安兵衛』(のちの堀部安兵衛)となります。
そこで、星川州さんにお願いをして、安兵衛が決闘場面で使用する小物などを拝見させていただきました。




助太刀をする安兵衛が、二刀流でバッサバッサと18人斬りするところが見せ所です。
というわけで、刀を拝見させていただきました。
刀というのは、身分に合わせて長さや形が違うということを教えていただきました。
私は、全部同じだと思っていたので、勉強になりました。




こちらは、決闘の場面で、安兵衛が頭に刺すかんざしです。堀部の娘からこのかんざしを受け取る場面があります。
頭にかんざしを刺すのは、黒森歌舞伎独自のストーリーとのこと。
ふんどしの色が『青』というのも、黒森歌舞伎の安兵衛ならではの特徴的なスタイルです!
いろんなところに黒森歌舞伎ならではのオリジナリティが隠されていることを知り、事前に、情報収集することが大事なことだと、これまでを振り返り反省しています。
これからは、黒森歌舞伎の役者さんから、直線情報収集する時間を早めにとりたいと思います。




来年の『高田馬場十八番切』の配役が、10月10日に決まったそうです。
私も、少しずつですが、役者さんの顔と名前がわかるようになってきました。

『中山安兵衛』役は、黒森歌舞伎きってのイケメン役者/尾上貴基さんです。
どんな安兵衛になるのでしょう???
今から、とても楽しみです♡ドキドキ

その前に、私は、黒森歌舞伎押絵のデザイン制作をUPしなければなりません。
貴基さんのお顔に少し似せた方がよいのかしら???
時間がないので、とにかく頑張ります!!!!

来年の正月公演へ向けて、黒森歌舞伎が本格的にスタートしました!!!


<今日の俳句>
安兵衛の 押絵作りに 気合い入れ

↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

  


2017年07月22日

R 和菓子の涼に感動♪新潟県新発田市『寿堂/涼しさの贈り物&助太刀もなか』



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

先日、堀部(中山)安兵衛の生誕の地/新潟県新発田市へ行った時のお話の続きです。
新発田市は、城下町だけあって、茶道の文化が盛んで、老舗のお菓子屋さんがたくさんありました。
私は、堀部(中山)安兵衛にちなんだお菓子が欲しくて、最初に、『寿堂』さんという和菓子屋さんへお邪魔させていただきました。

ショーケースを覗いた途端に、こちらの『金魚』が愛らしいお菓子に一目惚れしてしまいました♡
なんて可愛らしい金魚で、なんて涼しげで、そしてこんなにも美しいお菓子なのでしょう!




バラ売りもしていたのですが、6個入りの専用の箱がこれまた素敵だったので、思わずジャケ買いをしてしまいました♡
私のお目当ては、このお菓子ではなかったのですが、このお菓子がどんな味がするのか、無性に食べてみたくなったのです。





パッケージはこんな感じでした!
Ricoママに、これを見せたら、「わぁっ!すごい!綺麗だの!」と感激しました。
中を開けて、さらに、目をまん丸にして感激していました。
「これだば、食べるのがもったいね〜の〜!」と言いながら、いただきました!(笑)

お味は、青梅の爽やかなフレーバーが口の中いっぱいに広がって、美味しかったです♡
本当に、今の季節にぴったりでした♪♪♪
和菓子って、いいなぁ〜♡
日本人でよかったなぁ〜♡
心をときめかせながら、いただきました。





私の『寿堂』さんの目的のお菓子は、こちらの『助太刀もなか』でした!
来年の『黒森歌舞伎正月公演』で演じる『高田馬場十八番切』での中山安兵衛のトレードマークは、「青いふんどし」です!
それは、『黒森歌舞伎』ならではのトレードマークということで、確かに、こちらのパッケージには、「青いふんどし」は描かれていませんね〜!
そういったことを確認するのもまた楽しみの一つです!





こちらが、『助太刀もなか』です!
堀部(中山)安兵衛の刀の鍔をかたどったもなかに、4種類の『生チョコ(チョコ・抹茶・苺・コーヒー味)』が挟んであるという斬新なお菓子でした!
これが、ひんやり冷たくて、口に入れると滑らかにとろける生チョコの味わいが美味でした♡
ブラックコーヒーにぴったりで最高♡
『寿堂』さんのお菓子は、センスが良くて、ファンになりました♡

お菓子を包装していただいている間に、昆布茶とのし梅でおもてなしをいただいてしまいました。
私は、一見の客だというのに、丁寧な接客に驚かされました!
これが、城下町の老舗和菓子店の接客なのかと、感激しました♡
新発田へ行ったら、また必ず寄りたいお店です!
どんな季節のお菓子が並ぶのか、楽しみで仕方がありません。

ちなみに、『助太刀もなか』の鍔は、本物の堀部(中山)安兵衛の刀の鍔をかたどったものなのかどうかということを店員さんに伺ってみました。
すると、この鍔の型は、お菓子の型にあったものを利用したということで、あくまでも、イメージで作られているお菓子であるということがわかりました。それがわかっただけでも、私にしてみれば、現地へ足を運んだ価値がありました。
そのあとに、『堀部安兵衛伝承館』で、中山安兵衛の刀と鍔を拝見させていただいたので、その本物を押絵のデザインの参考にさせていただきたいと思います。





そして、もう一軒の老舗『翁屋』さんへも行ってみました。
『翁屋』さんの名物『浪花かん』が欲しかったのですが、夏場は販売していないということで、購入できませんでした。
その代わりに、堀部安兵衛にちなんだお菓子と翁最中を購入してきました。




こちらの、『老松』というお菓子は、堀部安兵衛が、新発田の『長徳寺』へ手植えした松を表現したお菓子です。
香りの良い青きな粉とこしあんの棹菓子で、自分の好きな大きさにカットしていただくことができました。
抹茶によく合うお菓子で、Ricoママ大絶賛でした♡

もっと早くに、この新発田の和菓子ネタをブログにアップしたかったのですが、日々、いろんなネタが重なってしまい、こんなに遅くなってしまいましたm(_ _)m
本当に、毎日、いろんなことがありますよね!
ジェットコースターに乗っているような毎日で、目が回りそうですが、こうして、当ブログにおつきあいくださる方々がいらっしゃるおかげで、頑張ろうという気持ちにさせていただいております。
いつも、誠にありがとうございますm(_ _)m



<今日の俳句>
新発田発 老舗の和菓子 涼やかに

↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村  


2017年07月20日

R おそらく鶴岡初?!『黒森歌舞伎展』開催中!/鶴岡市第三学区コミュニティセンター(にこふる併設)



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

ただいま、鶴岡市第三学区コミュニティセンター(にこふる併設)にて、『黒森歌舞伎展』が、7/29(土)まで開催されています。(入場無料)
山形県酒田市黒森地区にて、280年以上の伝統を持つ農民芸能ですが、鶴岡市において、このように展示していただけるのは、おそらく初めてのことではないでしょうか?
鶴岡の皆様の懐の広さを感じて、とてもありがたいと思います。

会場には、黒森歌舞伎押絵も、展示していただいております。
黒森歌舞伎のキャラクター『くろもりん』も、待っていますよ♪




会場には、150年前の貴重な衣装はじめ、白浪五人男のカツラなども展示されています。
こうして、鶴岡の地で、『黒森歌舞伎』を客観的に見てみると、雪の舞う境内で上演される全国でも珍しい歌舞伎の伝統の凄さを感じました。

『山形県指定民俗無形文化財/黒森歌舞伎』は、庄内の宝、山形の宝として、後世へ受け継いでいただきたいと改めて思います。




今回の『黒森歌舞伎展』の目玉は、『黒森歌舞伎』を20年以上も撮り続けた『松本鶴子さん』の写真の数々でした!
膨大な写真の中から、特に、「雪中芝居」「寒中芝居」らしい写真をセレクトして展示されていました。

外は、猛暑でも、雪の舞う中での『黒森歌舞伎』の写真を見ると一気に涼しくなりますよ!(笑)
7月に、『黒森歌舞伎展』というのも、いいものだなぁ〜と思いました。





鶴岡市第三学区コミュニティセンターは、荘内病院の近くにあります。
〒997-0033 山形県 鶴岡市泉町5−30 TEL0235-24-2212

『黒森歌舞伎展』で、たくさんの方に、『黒森歌舞伎』の魅力をこの機会に感じていただけたらと願っています。

最後に、この度の『黒森歌舞伎展』に関わってくださった皆様方に、心より御礼を申し上げますm(_ _)m



<今日の俳句>
鶴岡で 黒森歌舞伎 初展示


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村  


2017年07月04日

R 堀部(中山)安兵衛の生誕の地/新潟県新発田へ行ってきました♪



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2017年7月4日(火)
雨の中、堀部(中山)安兵衛の生誕の地/新潟県新発田市へ行ってきました。
堀部(中山)安兵衛といえば、高田馬場の英雄、赤穂四十七士一の剣豪と知られています。

平成30年『黒森歌舞伎』正月公演が、『高田馬場十八番切』に決定したことにより、私は、主役である『中山安兵衛(のちの堀部安兵衛)』の『黒森歌舞伎押絵』のデザイン制作をさせていただくことになりました。
そこで、 堀部(中山)安兵衛生誕の地を訪れ、デザインの資料になるものをかき集めてきました。




新発田市内では、『忠臣蔵』で活躍した堀部安兵衛の生誕の地であることを感じさせるものがたくさんありました。
新発田市民のヒーロー的な存在であることを感じました。
新発田駅前の『新発田市観光協会』へ伺い、堀部(中山)安兵衛の情報をいただきました。
いくらネットが普及したといっても、やはり現地でいただく情報にはかないませんね!
ネットには載っていないことがたくさんありました。




「『清水園』の中に、『堀部安兵衛伝承館』があり、刀が展示されていますので、ぜひ、行ってみてください」とご紹介をいただいたので、すぐに行ってみました。
新発田市は、城下町だったという佇まいをあちらこちらに感じられて、品格がありました。





国指定名勝『清水園(旧新発田藩下屋敷大名庭園)』です!

雨に濡れる大名庭園の素晴らしさにただただ感激でした!





「今日は、雨でよかった!」と思うほど、雨の優しい音と庭園の情緒がぴったりマッチしていました。





粋な茶室もありました。
平日のためか、他にお客様がいなかったので、私のこの庭園を独り占め!
まさに、大名気分で、癒しの時間を過ごさせていただきました。





堀部(中山)安兵衛のおかげで、私は、こんなに素敵な場所を教えていただけたことに感謝いたします。
ここは、一見の価値がありますよ!





日本の緑の美しさに、見とれてしまいました。
梅雨もまたよし!
青もみじや苔の瑞々しさって、よいものですね!





『清水園』の蔵を利用した『堀部安兵衛伝承館』がありました。





入り口の真正面に、堀部(中山)安兵衛の刀が展示されていました。





私は、これを見たかったのですが、ネットには、堀部(中山)安兵衛の刀が展示されているところがあることを見つけることができませんでした。
こんな風に展示されていることがわかれば、実際に足を運んでみたいという人が増えると思うのですが・・・もったいない気がします。





私は、中山安兵衛だった頃の刀を見たかったので、まさにドンピシャでした!
今日は、新発田市まで足を運んだ価値がありました!
ここ、『堀部安兵衛伝承館』の存在は、もっと多くの方に知られて欲しいと思いました。




『堀部(中山)安兵衛』の生い立ちをイラストでわかりやすく紹介していて、とてもよかったです!
中山安兵衛は、1670年(約350年前)に、殿様のひ孫として生まれました。
よいお家柄に生まれたんですね!

詳しくは、こちらの『堀部安兵衛伝承館』を訪れて、生い立ちを知っていただければと思います。

私が、この度一番関わりがあるのが、こちらの『おじのために高田馬場で助太刀』の場面です。
安兵衛といえば、二刀流ですよね!
この解説文を読んでみたら、安兵衛は、おじの助太刀で、3人を斬ったと書かれてありました!
あれっ?18人斬りというのは、歌舞伎のお話しの上でのことだったんですね!(笑)
ということは、呑んべえ安兵衛の姿は、歌舞伎を盛り上げるための作り話しなのでしょうね!

実際の安兵衛と歌舞伎の役での安兵衛とのギャップを感じました。
歌舞伎は、大衆演芸のために、面白おかしく、かっこよく演出しているということがわかり、とても勉強になりました。
中山家の家紋を教えて欲しいと、伝承館の方にお聞きしてみたのですが、残念ながら、いろいろ調べてみたけれど、わからないという残念な結果でした。
何がわかって、何がわからないのかということを知ることができただけでも、足を運ぶ価値があったと思います。





こちらは、『新発田城三階櫓』です。
新発田城前に、『堀部安兵衛』の像があるというので、行ってみました。





こちらが、『堀部安兵衛武庸像』です。
とても凛々しく、まさに、高田馬場の英雄、赤穂四十七士一の剣豪といったイメージにぴったりでした。

今日は、新発田市へお邪魔させていただいたおかげで、たくさんの収穫がありました!
おかげで、『黒森歌舞伎』上での『中山安兵衛』のお顔が浮かんできました。
『高田馬場十八番切』は、『黒森歌舞伎』の十八番です!
『黒森歌舞伎押絵』で、『高田馬場十八番切』を盛り上げていけるよう『くろもりん押絵倶楽部』の皆様と一緒に頑張りたいと思います。


<今日の俳句>
二刀流 安兵衛訪ね 生誕地


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村  


2017年05月25日

R 日本料理『ほたる』にて『くろもりん押絵倶楽部』黒森歌舞伎押絵大反省会の巻



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2017年5月25日(木)
酒田市・日本料理『ほたる』にて、くろもりん押絵倶楽部のみなさんと一緒に、今年の『黒森歌舞伎押絵』の反省会を行いました。

何年ぶりかの日本料理『ほたる』さんでしたが、相変わらずの演出にビックリしました!




前菜
・バイ貝の旨煮
・人参カステラ
・蛤とうるいの塩ジュレがけ
・甘海老の冷製スープ
・鯛の昆布〆 からすみ和え

左に生け花があったのにこれまたビックリでした〜!




吸碗
・鯛そうめん

そうめんを鯛で巻いたものが入っていました。
木の芽の香りが春らしくてよかったです。




お造り
・地魚三点盛り
ホウボウ、メバル、鯛でした!




ご飯が目の前で炊き上がりました!
真室川産コシヒカリ 金賞米でした。




こちらは、お魚料理をチョイスした方のマス料理でした。





私は、お肉料理をチョイスさせていただきました。
石焼で牛肉を焼いて楽しみました。




煮物
・野菜の炊き合わせ

インパクトのある器でした!




油物
・蓮根と白身魚の挟み揚げ
・射込みトマト
・長葱




デザート/3点
とっても美味しかったです!
甘いものは、やっぱり別腹ですね〜♪




〆のコーヒー!

ちょこちょこといただきましたが、最後にはお腹がいっぱいになりました!
これだけの器を管理されているって、すごいですよね!
お料理を運んでくださった方々の笑顔と対応が素晴らしかったです。


というわけで、『黒森歌舞伎押絵』の反省ですが・・・私個人的に大・大・大・大・大反省です!
昨年は、試作品完成が遅くれてしまったという痛恨のミスです!本当に申し訳ありませんでしたm(_ _)m
今年は、10月までには完成させます!!!
もうすぐ5月が終わりますので、そろそろデザイン画を仕上げなければ間に合わなくなってしまいます!
のんびりしていられません!
そういう意味でも、反省会を開催していただいて、スイッチが入り、とてもありがたかったです!

平成30年度黒森歌舞伎正月公演/高田馬場十八番切の主役『中山安兵衛』(のちの堀部安兵衛)の顔を押絵にいたします。
すでに来年の押絵のご予約をいただいている方々のためにも、頑張ります!!!


<今日の俳句>
懐石を 食べて反省 ほたるにて


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加  


2017年04月29日

R 平成29年『黒森日枝神社』のお祭りにお邪魔させていただきました♪



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2017年4月29日(日)正午
酒田市『黒森日枝神社』のお祭りにお邪魔させていただきました。
私の目的は、子供達の山車見学でした!
毎年、来年の黒森歌舞伎正月公演の演目の衣装で、黒森地区を山車で周ります。

『黒森歌舞伎演舞場』を正午に出発し、黒森地区を周り終わるのは、16時半頃になるという神事です。

来年の黒森歌舞伎正月公演の演目は、『高田馬場十八番切』ということで、主役の『中山安兵エ(後の堀部安兵衛)』の顔を私は『黒森歌舞伎押絵』にするために、じっくりと拝見させていただきました。




写真前列左が、主役の『中山安兵エ(後の堀部安兵衛)』です。
凛々しい男の子が、安兵エ役にぴったりでした!

そして、写真前列右は、娘役なのですが、自分のキャラをちゃんと理解している男の子でした!
いい味出してました〜!(笑)

後列左は、中津川勇範。
後列右は、村上庄左衛門。
青い隈(通称/青隈)をしている二人は、悪者ということで、とてもわかりやすいのが、歌舞伎の面白いところですよね!


一方、『中山安兵エ(後の堀部安兵衛)』の顔には、特に赤い隈取りはないのですが、赤いハチマキとタスキが正義のシンボルなんでしょうね!
この出で立ちで、二刀流でバッサバッサと18人斬りをするのが、とてもカッコイイのです!
今日のこの子達で、このまま正月公演を演じてもらいたい感じでした!

ちなみに、本日の子供達の写真のSNS投稿については、黒森歌舞伎妻堂連中の座長より許可をいただきました。






女の子たちは、日本舞踊を奉納しながら、黒森地区を回りました。




山車行列が行なわれている間、『黒森日枝神社』では、神事が執り行われていました。




こちらが、『黒森歌舞伎演舞場』です。
『八衢比古大神』とは、「やちまたひこおおかみ」と読むのでしょうか?
日枝神社とどういう関わりなのか??
知っていそうな方々は、神事に入られていたので、お聞きすることができませんでした。




境内には、大きなのぼりがたくさん立っていました。
ここにも、『八衢比古大神』ののぼりがありますが、黒森歌舞伎妻堂連中からののぼりの寄贈になっていますので、歌舞伎に関係のある神様なのかもしれませんね。
詳しくご存知の方に、教えていただきたいです。気になりますね!




私は、黒森の知人宅へ車を停めさせていただいたので、撮影が終わった挨拶をすると「お昼どご用意しったさげ、食べでいげ〜」と声をかけていただきました。
すると、テーブルの上には、手作りの豪華なお祭りごっつおが用意されていたので、びっくりしてしまいました!
「え〜っ!お騒がせてしまって、すみません!(汗)」と私が恐縮してお礼を伝えると、「これは、いつもの昼食だから!」と言われてしまいました!(笑)
へぇ〜っ!いつもの昼食に、赤飯やステーキ、刺身にカルパッチョ、ウドの胡麻和えに、昆布の煮物ですか!これを祭りごっつおと言わずに「いつもの昼食だから、一緒に食べよう」と言ってくださる心遣いに感激しました!
お世辞抜きで、本当にどれも美味しい手料理でした!
私の大好きなものばかりで構成されていたのも驚きました!
お野菜とのバランスもばっちりで、ミディアムレアのステーキが絶品でした♡




こちらの『玉こん』も、境内で売ればいいのに!と思うほど絶品でした♪
一品一品丁寧に作っていただきまして、誠にありがとうございました。




その上、お土産までどっさりいただいて帰宅してしまいました!icon10
車を停めさせていただいただけなのに・・・
『もっけだの〜!』
この言葉がぴったりな黒森のお祭りの思い出となりました。

美味しかったです!
夜になっても、お腹がパンパンデュ〜!
本日は、すっかりごちそうになりまして、誠にありがとうございましたm(_ _)m

黒森地域の皆様へ恩返しをするためにも、私は、黒森歌舞伎押絵のデザインをもっともっと頑張りたい!という気持ちになりました。


PS.平成29年度『黒森歌舞伎正月公演/絵本太功記』の写真をくろもりん押絵倶楽部ホームページhttp://www.kuromorin.comにアップさせていただいております。是非とも、『黒森歌舞伎』の素晴らしさを写真でお楽しみくださいませ。


<今日の俳句>
もっけだの 黒森まつり 腹いっぺ


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加  


2017年04月18日

R『高田のばばぁ!』もとい『高田馬場十八番切』DVD鑑賞会/黒森歌舞伎演舞場にて



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2017年4月16日(日)夜7時〜
この日の私は、朝から大忙しでした!
夜は、黒森歌舞伎演舞場へお邪魔させていただきました。
来年『平成30年黒森歌舞伎正月公演/高田馬場十八番切』に決まったということで、平成13年に演じられた『高田馬場十八番切』のDVDを黒森歌舞伎妻堂連中のみなさまと一緒に鑑賞を楽しませていただきました。

『高田馬場十八番切』は、黒森歌舞伎の十八番と言われており、中央の歌舞伎界では、あまり演じられることがない狂言なのだそうです。
そのため、黒森歌舞伎押絵を作らせていただいている私としては、主役の『中山安兵エ』の資料を入手することが難しいということで、DVD鑑賞会に参加をさせていただきました。

この『テレビデオ』が、すごく懐かしいですよね〜!

みんなで真面目に鑑賞するのかと思ったら、最初から最後まで、ツッコミを入れまくりで、ゲラゲラと笑いの絶えない鑑賞会で、とても楽しかったです(笑)





こちらが、黒森歌舞伎妻堂連中のみなさまです。
私は、まだ、みなさまの顔とお名前がわからないのですが、ほとんどの方が役者さんのようでした。
この中に入るまでは、伝統芸能ということで、高尚で堅苦しい雰囲気なのかと思っていたのですが、実際は、こんな風にとってもフランクな雰囲気でとてもいい感じでした。
勇気を持って、一歩中へ入ってみて良かったと思います。





こちらが、平成13年度の時の台本です。
この頃は、少年歌舞伎がなかったということで、5幕も演じられていたんですね!
貴重な映像を拝見させていただきました。

冨樫座長が、突然、『高田のばばぁ!』のお話しを始めました!
「嫌われ者のばあさんが、集会所へ行ったら、みんなに無視されて、頭にきて、18人を斬ったという話しなんだ!」というので、みんなが大爆笑!
いやぁ〜、一番面白いのは、座長さんでしたね〜!(笑)

座長が、「伝統芸能を守ることはもちろん大事なことだけれど、今を生きる我々が楽しむことが大事なんだ!」と以前、私にお話ししてくださったことをしっかりと実践されていらっしゃいましたね!


主役『中山安兵エ』の二刀流のかっこよさにしびれたDVD鑑賞会でした!
来年は、どなたが、『中山安兵エ』を演じられるのでしょうね?
役者さんの顔を少しずつ覚えてくると配役も楽しみになってくるものですね。

さて、私は、主役『中山安兵エ』の押絵をデザインしなければなりません。
DVDを拝見させていただいたおかげで、今までよりは、イメージを作りやすくなりました。
今年は、11月までには、サンプルを仕上げたいと思います。
くろもりん押絵倶楽部のみなさまにご迷惑を掛けないように頑張ります!

黒森歌舞伎妻堂連中のみなさま、先日は、お世話になりまして、誠にありがとうございましたm(_ _)m




そして、こちらの写真は、平成29年黒森歌舞伎『絵本太功記』酒田公演3/5に、佐々木 聖紀氏(庄内PHOTOS)が撮影されたものです。
尾田春長(史実の織田信長)役の岩井克之さんの楽屋での写真です。
役に入り込んでいる表情ですよね!




一幕目『本能寺の場』では、こんな感じで演じられました。
農民芝居とは思えないきらびやかな黒森歌舞伎の素晴らしさに圧倒されました。
舞台美術も豪華ですよね!
こちらの写真も、佐々木 聖紀氏が撮影されたものです。

佐々木 聖紀氏が撮影してくださった黒森歌舞伎の写真は、
くろもりん公式ホームページのフォトグラフ_佐々木氏撮影
http://www.kuromorin.com/h29_2017_sasaki.htmlにアップさせていただいておりますので、ぜひご覧いただければ幸いです。




こちらの写真は、鶴岡の宮田浩之氏(庄内PHOTOS)が撮影されたものです。
二幕目『尼ヶ崎閑居の場』で、主役の武智光秀が登場した場面です。
宮田さんの写真も、くろもりん公式ホームページのフォトグラフ_宮田氏撮影
http://www.kuromorin.com/h29_2017_miyata.htmlにアップさせていただいております。
たくさんの写真で、黒森歌舞伎の素晴らしさを感じていただければと願っています。


このように、黒森歌舞伎を撮影して、応援してくださる仲間も増えて、嬉しい限りです。
私は、こうして、ネットで配信するお手伝いをさせていただいております。
もちろん、黒森歌舞伎のみなさまが、撮影にご協力してくださるおかげで、画像を配信させていただいております。
それぞれにできることで、地元の伝統芸能のお役に立たせていただけるのであれば、ありがたいと思っています。
冨樫座長のお言葉の通りに、「まず、自分が楽しまなくては!」と改めて思います。
歌舞伎のことは、まだまだわからないことだらけですが、みなさまから、いろいろと教えていただきながら、楽しんでいきたいと思います。


<今日の俳句>
フランクな 黒森歌舞伎 テレビデオ


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加  


2017年03月12日

R 黒森歌舞伎『ご神選の儀』にて、平成30年正月公演の演目決定!&『太夫振舞』



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2017年3月12日(日)11:00〜
酒田市黒森日枝神社にて、『平成30年黒森歌舞伎正月公演』の本狂言の演目を決める『ご神選の儀』が行われました。

今年の神選者は、黒森地区にお住いの『佐藤艶輝(よしき)』さん(18)が選ばれました。
艶輝さんのお母様と私は知り合いだったので、とても嬉しかったです♪




井戸水を8回、頭から浴びせられ、身を清めます。
今日は、割と天気が良かったとはいえ、水をザッパァ〜!と浴びせられると、沿道の人たちから、思わず「うわっ!」という声が上がりました。
もっと水が弾けている写真もあるのですが、艶輝さんのお顔が見える写真をチョイスさせていただきました。




こちらの3つの演目の中から、どれかが選ばれます。





お米を入れた升の上に、演目が書かれてある小さな紙が3つ置かれてあります。
ご神選者が、このように細長い紙を垂らして、3つの紙の上をなぞるように動かします。
どれか一つがくっついて持ち上がるということなのですが、今年は、なかなかくっつきませんでした。
時間をかけてようやく、吸い上げられるように決まったのが、『3番/高田馬場十八番切』でした!

決まった瞬間、「よっしゃー!」という声が聞こえました。




すぐさま、決まった本狂言の演目が、大きな紙に書かれました。
『高田馬場十八番切』と、素晴らしい達筆で書かれていくのを拝見し、とても感動しました。

黒森歌舞伎の演目が決まる瞬間に立ち会わさせていただけたことに感謝いたします。





神社の隣にある黒森歌舞伎演舞場にて、『太夫振舞』が行われました。
私は、来年の『黒森歌舞伎押絵』の押絵デザインのために、『高田馬場十八番切』の情報をいただきたいと思い、こちらにも顔を出させていただきました。

すると、副座長さんから、「みなさんに紹介してあげるから、もっと顔を売りなさい!」と言っていただき、私をご紹介いただきました。
そして、私の知人のカメラマン2名もご紹介していただき、とてもありがたかったです。





その上、「席があるからどうぞ座ってください」と、私たち3名も同席をさせていただくという驚きの展開となってしまいました。
このお礼は、私は、押絵でお返しさせていただきますし、カメラマンは、写真でお返しをさせていただくことしかできません!
今日から、来年の正月公演へ向けて、頑張ります!

というわけで、早速、黒森歌舞伎妻堂連中の皆様から、『高田馬場十八番切』についてお話しをお聞きしました。
『高田馬場十八番切』は、他の歌舞伎ではほとんどやらない演目なのだそうです。
黒森歌舞伎ならではの演目ということでした。
なので、『高田馬場十八番切』の歌舞伎の資料は少ないだろうというお話しでした。
ならばと、2011年に黒森歌舞伎で演じられた『高田馬場十八番切』のビデオ上映会を後日、この演舞場にて、開催してほしい!とあつかましくもお願いをしてしまいました。快くOKをいただきました!上映会を今から楽しみにしています♡

これまで、一人で悶々と悩んで押絵デザインをしていたのですが、今年は、黒森歌舞伎の皆様に直接相談をさせていただきながら、さらによりよい作品に仕上げていきたいと思っています。
すでに、来年の『黒森歌舞伎押絵』にご予約をいただいております。そのご期待に添えるように頑張らせていただきます。
もちろん、押絵の製作は、これまで通りに『くろもりん押絵倶楽部』の皆さんです。
私は、『くろもりん押絵倶楽部』の皆様から、押絵のデザイン依頼を頂いている立場であるということを忘れてはいけないと思っています。


今日は、黒森歌舞伎の皆様からあたたかく迎えていただき、とても幸せな気持ちでいっぱいでした。
私の人生の中で、こんなに素敵なご縁をいただけたことに、心より感謝を申し上げます。


『高田馬場十八番切』は、18人をバッサバッサと斬る名場面があるのだそうです。昨日、『荘内南洲神社』にて、「居合いをやらないか?」とお誘いをいただき、日本刀の話しをしたばかりだったので、『刀』というキーワードが私の頭の中をぐるぐる駆け巡っています。『刀』を押絵にデザインすることになるのかしら???そんな予感がしています。ただの偶然ではなく、やはり神様がお決めになっていることのように感じています。


<今日の俳句>
神選ぶ 演目決まりて 酒交わす 


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
  


2017年03月05日

R 平成29年度『黒森歌舞伎正月酒田公演/絵本太功記』勉強になりました♪



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2017年3月5日(日)
平成29年度『黒森歌舞伎正月酒田公演』希望ホール(酒田市民会館)が開催されました。
くろもりん押絵倶楽部さんが、『黒森歌舞伎押絵』を販売されるということで、お邪魔させていただきました。




ホワイエに『黒森歌舞伎押絵』が5枚展示され、とても華やかな歌舞伎の雰囲気を演出していたと思います。
足を止めてご覧くださる方がたくさんいて、とても嬉しかったです。
以前は、押絵がなかったわけですから、こうして、黒森地区の女性たちが応援している姿が年々大きな形になってきていることを感じます。
黒森歌舞伎公演前のPRに、この押絵が活躍しているのは間違いありません。
押絵のデザインを担当させていただいている私としては、もっともっと、黒森歌舞伎の勉強をさせていただかなければならないと気持ちになりました。




オープニングは、『少年太鼓』からスタート。
黒森小学校の女子児童のみなさんによる見事な太鼓でした。

私は、黒森小学校の校長先生にお会いしたくて、館内を探し回ったのですが、お会いすることができなくて残念でした!
もし、このブログを関係者の方がご覧くださっていましたら、私が、校長先生を探していたことをよろしくお伝えくださいませ。




今日は、黒森歌舞伎妻堂連中の座長に、私の知り合いのカメラマン2名をご紹介させていただき、黒森歌舞伎を撮影させていただきました。
私のへなちょこ写真は、当ブログ用ということで、ちゃんとしたカメラマンさんから撮影していただいた写真は、後日、くろもりん押絵倶楽部さんのホームページに、写真ページを開設して、アップさせていただきますので、お楽しみいただければと思います。

ちなみに、こちらは、尾田春長(史実/織田信長)役の菅井さんのお化粧中に撮影をさせていただきました。
「目力がすごいですね」とお声をかけさせていただいたら、「昔は、全然ダメで、訓練したんです」というお返事に驚きました。
私は、もともと目力がある方だと思っていただけに、今日は、役者さんと直接お話しをさせていただいて、ありがたかったです。
本当に素晴らしい役者さんです。本日は、お邪魔させていただいてありがとうございました。




つづいては、黒森小学校のみなさんによる少年歌舞伎『菅原伝授手習鑑』より「吉田社頭車引きの場」です。
梅王丸・松王丸・桜丸の三兄弟が、敵味方に分かれて戦う名場面を大人さながらに見事に演じられていました。
みんなかっこよかったです!!!




子供達は、よく頑張りました!
そして、小学校の子供達にこれだけの演技を指導された方々に頭が下がりました。
心から拍手を送りました。

私は、初めて酒田公演を拝見させていただいたのですが、お天気に左右されずに観賞できるというのは、ありがたいものですね。
また、照明などが美しいので、農民芝居というイメージは全く感じませんでした。
それは、それで、素晴らしいのですが、黒森歌舞伎演舞場のあの雰囲気も、ほっこりした感じで、いいんですよね〜!
野外で熱燗を飲んだり、黒森歌舞伎まんじゅうを食べながら観る楽しさも捨てがたいので、私は、両方楽しみたいですね!




希望ホールホワイエの主のような存在の『珈琲島』の本間社長さん!
会場に来ていたRicoママも、「幕間に、『珈琲島』のコーヒーとクリームパンを買って食べたら、すごくゆっくりできた!」といって喜んでいました。
他にも、おそばやお弁当などが販売されました。
お客さんは、幕間も楽しんでいらっしゃる様子でした。




そして、黒森歌舞伎の時に、黒森地域の女性のみなさんで手作りした『黒森歌舞伎おこし』も大量に販売されました。
このボリュームで、1袋200円(税込)なので、大人気です!
私も、このおこしが大好きなので、購入しましたよ♡




平成29年度黒森歌舞伎本狂言『絵本太功記』より『本能寺の場』が上演されました。
私は、舞台袖で拝見させていただいたので、間近に見た殺陣の緊迫感に圧倒されて、足がすくみました。
近くで見ると、殺陣の演技の恐ろしさを感じますね。

尾田春長公に、おひげも付いてました!
衣装が、これまた信長っぽくて、いいですよね〜!




二幕目は、『尼ヶ崎閑居の場』。
私は、2/15の初日に拝見させていただきましたが、今回が3度目の公演ということで、役者さんが、ますます上手になられていました。
「中央の歌舞伎と同じだの!」とRicoママも、大絶賛していました。
配役もピッタリで、衣装も綺麗で素晴らしかったと。
場内からも、拍手や歓声が飛び交っていました。
黒森歌舞伎は、素晴らしい!と改めて思いました。




今回の主役『武智光秀』が、謀反を起こした後、母親と息子を亡くし、陣扇で顔を隠しながら、男泣きするという名場面です。
光秀、無念なり〜









役者の皆さんが、お見送りしてくださるというサービスもありました!
演技が終わったばかりの役者の皆さんの額には汗が!
どれだけ演じることが大変なのかということが、近くで見るとよくわかるものですね。
本当に、素晴らしい公演をありがとうございました。
大変、楽しませていただきました。




最後に、『くろもりん押絵倶楽部』の皆さんと一緒に記念撮影♪
いい人たちに囲まれて、私は、幸せだなぁ〜と心から感謝しています。
皆さんが、楽しんでいらっしゃるのが、最高ですね♡
押絵のデザインを通して、もっと、黒森歌舞伎の応援をさせて頂ければと思っておりますので、今後とも、よろしくお願いいたします。


<今日の俳句>
楽屋にて 黒森歌舞伎 支える手


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加  


2017年02月20日

R 2月20日は、『歌舞伎の日』ということで、隈取りのお話し



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2月20日は、『歌舞伎の日』なんだそうです。
1607年2月20日、出雲の阿国という女性が江戸城で徳川家康らに初めて歌舞伎踊りを披露したのが始まりとのこと。
女性が最初だったということにちょっと驚きですよね!

私は、くろもりん押絵倶楽部の皆様から、いろいろと黒森歌舞伎のことを教えていただきながら、押絵のデザインを担当させていただき、おかげさまで、5年になりました。

歌舞伎のことをさっぱり知らなかった私ですが、今日は、歌舞伎の隈取りのお話しを簡単に書かせていただきたいと思います。

こちらの黒森歌舞伎公認キャラクターの『くろもりん』は、『菅原伝授手習鑑』の主役『梅王丸』の隈取りをしています。
この赤には、『正義』や『勇気』といった意味が込められています。





一方、今年の黒森歌舞伎本狂言『絵本太功記』の主役『武智光秀』は、青い隈取りをしています。
青には、『非道』とか『妖術使い』などの意味があります。
『武智光秀』は、『妖術』を使うことはありませんが、主君を討った『謀反人』であり、母親や息子を死に追いやってしまうというヒール役ということで、青い隈取りとなっています。

黒森歌舞伎での『武智光秀』は、青い隈取りですが、中央の歌舞伎では、茶色の隈取りを用いている場合もあります。
あくまでも、黒森歌舞伎には、黒森歌舞伎の伝統的な隈取りがあるということを今回、初めて知りました。


役者さんがパッと登場した瞬間に、赤い隈取りだったら、『正義』でいい人(主役)です!
青い隈取りだったら、『非道』で悪い人(妖怪の場合もあり)です。

歌舞伎は、大衆に楽しんでもらえるようにわかりやすく隈取りでサインを送っていたんですね!
歌舞伎をちゃんと見たことがないという方がおそらく多いことと思います。
隈取りの色で、役を見分けるというビギナー知識があるだけで、親しみを感じながら、歌舞伎を楽しんでいただけるのではないでしょうか?


今年の黒森歌舞伎酒田公演(希望ホール)は、3/5(日)12:00〜開催されますので、どうぞお気軽に足を運んでみてくださいね〜♪
前売券500円、当日券700円です。
このお値段で、歌舞伎が楽しめるってびっくりです!

私は、新歌舞伎座で、18,000円のチケットをゲットして、ようやく入場することができました!
すごい人気で、チケットがなかなか取れないんですよ!
それを思うと、黒森歌舞伎で気軽に楽しませていただけることをしみじみありがたいと感じています♡



<今日の俳句>
隈取りや 赤青意味あり 歌舞伎の日


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
  


2017年02月15日

R 平成29年度『黒森歌舞伎正月公演2/15』本狂言『絵本太功記』へ行ってきました♪



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2017年2月15日(水)12:00〜
酒田市黒森地区は、今がお正月!ということで、黒森の知人宅で、お正月礼に私もちゃっかりとお邪魔させていただきました。
料理が得意な知人が、ローストビーフ3種や伊達巻、からがい、豚汁、唐揚げなど手料理でおもてなしをしてくださいました。
見た目は、『男の手料理』という感じですが、お味は、抜群に美味しいのです!

YOSHIKO先生のお母様のご実家ということで、今年も、YOSHIKO先生のお母様と一緒にご馳走をいただいて、とても楽しかったです!
今年は、ご親戚のカナダ人のジェームスさんもいらっしゃり、私の隣に座られました。
ジェームスさんは、お肉が一切NGということで、ローストビーフを頬張る私の隣で、お魚料理を箸で召し上がられていました。
そして、日本酒オンリーで、これまたビックリでした!




こちらは、黒森の郷土料理『塩なすの煮物』です。
毎年、この塩なすを黒森歌舞伎弁当に提供していたそうなのですが、今年から、弁当の作り手が集まらないということで、黒森歌舞伎弁当の歴史に幕が閉じられてしまいました。
このように、黒森のご家庭で、この煮物をいただくことができるのは、とても貴重なことなのだと思いながら、ご馳走になりました。
お腹いっぱい、美味しくいただきまして、ごちそうさまでした!





お昼をみなさんと一緒に頂いてから、『黒森歌舞伎演舞場』へ足を運びました。
知人が、わざわざ『ます席』を予約してくださっていました。
『ます席』には、ふかふかの座布団とひざ掛け、そして、湯たんぽが4名分用意されていました。
そして、今年から、正座しなくても良い座り方ができるような工夫がされていたので、大変ありがたかったです。
『ます席』のサービスも、年々向上していることを感じて嬉しいです。

他に、4名分の幕の内弁当やパンフレット、お神酒、黒森納豆、黒森歌舞伎おこし、黒森歌舞伎ポストカードなども用意されていました。





10:00〜少年太鼓や少年歌舞伎が行われ、黒森小学校の子供達が頑張ったのですが、私は、正月礼参加のため、拝見することができませんでした。
2/17にも、公演が行われますが、私は、3/5の酒田公演『希望ホール』の方で、観覧させていただきたいと思っています。

今日、境内にて、黒森小学校の岩本校長先生にお会いしました。
歌舞伎に出演する子供達は肉断ちをして、精進料理を1週間食べ続けてるということを教えていただき、ビックリしました!
黒森歌舞伎は、黒森日枝神社への奉納演舞であることは知っていましたが、役者さんが、精進料理を食べていることまでは知りませんでした!
子供達は、給食を食べず、精進弁当を持って登校しているのだそうです。保護者の皆さんの協力も必要ですよね!
2/17の公演が終わったら、お肉が食べられるということで、子供達も、頑張っていましたよ!
黒森歌舞伎に関わって成長した子供達は、きっと忍耐強い大人になることでしょうね!

平成29年度 黒森歌舞伎正月公演 本狂言『絵本太功記』
第一幕目『本能寺の場』が始まりました。





尾田春長の家臣/蘭丸が、謀反を起こした武智光秀側の武将の首を討ち取って、春長の元へ戻ってきた場面です。

蘭丸役は、YOSHIKO先生の甥っ子さん。やっぱり似ていますね〜!
黒森歌舞伎に欠かせない、名役者さんです。

先日、黒森歌舞伎のお稽古にお邪魔させていただいたとき、私の足元にこの生首が転がっていたので、心臓が止まるかと思うほど、ビックリしました!
夢に出てきそうで、怖かったです〜(笑)





『本能寺の場』の後半に、雪がちらほらと降ってきました!
カメラマンにとっては、美味しい場面になったと思います。
やっぱり、『黒森歌舞伎』と言えば、『雪中芝居』らしい写真が必要ですからね!

今日は、穏やかな天候でした。雨にならなくてよかったです。
雨だと、観客は、座っていられなくなりますので。
平日でしたが、境内には、200名くらいの人で賑わっていました。
カメラマンの数は、ちょっと少なめでしたが、テレビ局の報道カメラの数は多かったように思います。





幕間に、『くろもりん押絵倶楽部』の皆さんのブースを覗きに行ってみました。
毎年、ここに足を運んで、『黒森歌舞伎押絵』を購入してくださる方がいらっしゃるということで、とても嬉しかったです。
今年の『武智光秀』の押絵デザインも好評とのことでホッとしました。

『くろもりん押絵倶楽部』の皆さんが、今年も頑張って製作したおかげで、たくさんのメディアに取り上げていただき、『黒森歌舞伎』のPRに役立っていました!
今年は、『本能寺の変』が題材になっているという話題作りがしっかりとできたおかげで、平日にも関わらず、たくさんの方々が境内に足を運んでくださったのではないでしょうか?
もちろん、『くろもりん押絵倶楽部』だけでなく、『黒森歌舞伎保存会』の皆様や、酒田市の方でも、たくさんPRしてくださった総合力だと感じています。


境内で、お久しぶりの知人とバッタリ再会し、「Ricoさんのブログを見てますよー!」と声を掛けていただき、とても嬉しかったです!
また、知らないおじさんから、「いつもありがとうございます」と笑顔でお礼を言われました。
いつの間にか、黒森の皆さんから、顔を覚えていただいているようで、ありがたいと思いました。





黒森の知人が、ポットに熱々の麦茶や熱燗を入れて、持参してくれました!(笑)
私の前に座ったジェームスさんが、熱燗をぐびぐび飲みながら、真剣に歌舞伎を楽しんでいたので、不思議な感じがしました。
セリフは、わからないはずなのですが?一所懸命に写真を撮ったり、メモを取ったり・・・
黒森歌舞伎も国際的になってきて、そろそろ英語の解説も必要になってくるのでは?

幕の内弁当は、お腹がいっぱいだったので、持ち帰りさせていただきました。





YOSHIO先生のお母様から、こちらの『黒森歌舞伎おこし』をいただいてしまいました!
これ、とっても美味しいんですよ!
黒森のお母さんたちの手作りで、公演の時にしか販売しません!





今年からのニューフェイス『黒森歌舞伎まんじゅう』を知人が私のために予約してくださっていました。
私が、この『黒森歌舞伎まんじゅう』の掛け紙やしおりのデザインをさせていただいたことを知らなかったようです。←私が言わなければわからないですよね〜(笑)
『黒森歌舞伎』の様子を描いて、しおりにしてみました。
『黒森歌舞伎まんじゅう』の売り上げは、好調とのことで、こちらも、ホッとしました!

『黒森歌舞伎』を観ながら、おやつにいただきました。
『黒森歌舞伎保存会』の会員になっている小松屋さんの黒糖まんじゅうを黒森日枝神社にお供えしたご利益付きの特別なお饅頭です!
とっても、美味しいんですよ!これは、一度食べたら、リピートしたくなるおまんじゅうです!

偶然、私の隣に、知り合いが座ったので、このおまんじゅうを差し上げました。
一緒におまんじゅうを食べていると、知り合いが、「黒森歌舞伎の黒、黒川能の黒、羽黒山の黒。キーワードが『黒』って何故なんだろう?」という面白い疑問を投げかけてきました。
「なるほど〜!庄内ブラックですか!全く気が付きませんでした!」
『黒』が付いているのは、偶然か否か?ご存知の方はいらっしゃいますでしょうか?

このおまんじゅうの焼印『黒』の文字をしみじみと眺めてしまいました。





第二幕目『尼ヶ崎閑居の場』が始まりました。

武智十次郎です!(光秀の息子)
黒森歌舞伎の役者さんは、イケメン揃いで、カメラマンの皆様も、撮りがいがあったことでしょう!
無料で、歌舞伎役者さんを撮れる環境って、本当に貴重だと思います。
中央の歌舞伎では、ありえませんから!
そこが、黒森歌舞伎の面白さだと思います。





今回の主役『武智光秀』の登場です!!!

主役のオーラが全開でしたー!
やっぱり、敬さんの役者っぷりは、凄みがありますね!
本物の歌舞伎役者さんのように、目力が凄かったです!
ます席のおかげで、真近に観ることができて、迫力満点でした!





瀕死の十次郎の名演技!
悲しくも美しい十次郎。。。
う〜ん、本当に切ない場面でした〜!

この時、「光秀が憎い」という気持ちになりましたので、やはり、光秀は、ヒール役の青い隈取りになるんでしょうね!





瀕死の重体のため、目が見えなくなってしまった十次郎の側に駆け寄る初菊。
めじょけね(かわいそう)場面で、観客の涙をそそります!





ラストは、真柴久吉(史実/羽柴秀吉)と加藤正清(史実/加藤清正)が登場!
戦場での再会を約束する。





黒森歌舞伎妻堂連中/冨樫久一新座長の新体制での初公演でした。

初日ということで、ハプニングもありましたが、一生懸命に取り組まれている姿に、心打たれました。
2/17(金)も公演いたしますので、ぜひとも、多くの方々に、『黒森歌舞伎』をお楽しみいただきたいと思います。





『黒森歌舞伎まんじゅう』のデザインのお手伝いをしたお礼に、黒森日枝神社のお札とお神酒と黒森歌舞伎まんじゅうを頂戴してしまいました♡
ありがたいですね!ものすごいご利益がありそうな予感がします♡
『黒森歌舞伎』は、黒森日枝神社への奉納演舞ですので、公演を楽しむ前に、演舞場脇の神社へご参拝いただきたいと願います。





私は、たくさんのおみやげをいただいて帰宅しました!
広げてみたら、びっくりしました!





自家製の漬物、干し柿、黒豆・・・そして、カナダのおみやげのメープルクッキーまで!(笑)
くろもりん押絵倶楽部のみなさまからは、今年の押絵を頂戴してしまいました。

黒森地域のみなさまのあたたかさに包まれた最幸の1日でした♡
お世話になりまして、誠にありがとうございました。





本日のラスト画像は、特製黒森歌舞伎『幕の内弁当』です。
黒森地域の仕出し屋さんが作る『幕の内弁当』で、業者が毎年変わるので、お弁当の内容も毎年変わるようです。

黒森太りした食べまくりの1日でした〜!
ごちそうさまでした!
お世話になりまして、誠にありがとうございましたm(_ _)m


<今日の俳句>
本能寺 黒森歌舞伎 雪が降る


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加