2017年03月30日

R 庄内浜のお魚講座vol.1『ホウボウと金頭』の見分け方の巻♪



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

父が、漁師さんのお手伝いをして、またまたお魚をたくさんいただいて帰宅しました。

写真は、ウマヅラ、ホウボウ、金頭(カナガシラ)です。

こんなに大きなウマヅラですが、見た目が悪かったから、いただいてきたのでしょうね。
良型であっても、傷があったりして、見栄えが悪いお魚は、市場へ出荷できないこともあります。
どっちにしても、ウマヅラは、皮をはがして調理するので、味には全く影響しないのですが、見た目が悪いと商品価値が低くなってしまいます。
もったいないので、我が家では、ありがたくいただきました。

ホウボウと金頭ですが、私には、全く見分けがつかなかったので、父から、見分け方のポイントを教えてもらいました。




ホウボウと金頭に分けて並べてもらいました。
左がホウボウで、右が金頭です。

こうして並べてもらえば、なんとなくわかりますよね!

金頭は、鱗が大きいため、胴体がザラザラしています。そして、口先に透明の針のような突起が2か所に付いていて、触るとチクッとしてとても痛いです。刺さると血が出るかも!
良質なタンパク質の白身魚で、よくお味噌汁にして妊婦さんに食べさせるとよい滋養のあるお魚と言われています。
小骨が多く、ちょっと食べにくいお魚ですが、出汁は、抜群に良いお味です。




そして、こちらが、ホウボウです。
ホウボウは、鱗が細かいため、つるんとした手触りの魚です。
特徴はなんといっても、この胸ビレです!
胸ビレを広げてみると、まるで孔雀の羽根のような美しい文様になっています。
ホウボウは、よくお刺身でいただきますが、こんなに美しい胸ビレがあることを知らずにこれまでいただいていました。
それにしても、ホウボウのお刺身は、やっぱり美味ですね〜♡
都内の日本料理店で、このクオリティのホウボウのお刺身を食べたら・・・時価、おいくらくらいになるのでしょうか???(^^;

我が父の『庄内浜のお魚講座』は、当ブログで、これからシリーズ化していきたいと思います。
皆様にも、庄内浜のお魚のことを少しでも知っていただき、より美味しく召し上がっていただければと願っています。


<今日の俳句>
ホウボウや 孔雀の羽根 似てるヒレ


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
  


Posted by Rico at 23:23Comments(0)庄内浜のお魚講座