2020年02月21日

R 沖縄は2月でも26℃!『黒森歌舞伎応援Tシャツ』&『黒森歌舞伎押絵』が、沖縄へ飛びましたー!♡♡♡



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

沖縄にお住まいの比嘉様から、こちらの写真を送っていただきましたー♡
先日、沖縄は暖冬のため、日中の気温が26℃まで上がったそうです!

昨年の酒田まつりの時に、カメラの七桜さんで、酒田市内の小條様が、『黒森歌舞伎隈取りTシャツ』をご購入してくださり、着用した写真をフェイスブックに投稿してくださったことがきっかけで、沖縄の比嘉様の目に止まりました。
最初は、隈取りTシャツの購入だったのですが、実際に着てみて、デザインだけでなく、品質や着心地をとても気に入ってくださり、何度もリピートをいただきました。
『くろもりんTシャツ』の存在もお伝えしたら、2枚ご購入いただき、ご主人様や息子さんへのプレゼントの分を含めると合計8枚もお買い上げをいただきました!
嬉しいです!本当に嬉しいっ♡♡♡
沖縄で、『SAKATA・YAMAGATA・JAPAN』とプリントされたTシャツを着てもらっていると思うだけで、ワクワクしますよね♡
『KUROMORI KABUKI』って何?と話題になってもらえたら嬉しいですね!
『雪中歌舞伎』って言ったら、沖縄の人はどんな反応なのでしょうか?(笑)



昨年、こちらのTシャツの写真が比嘉様から送られてきました。
これは、某ショップのTシャツで、1枚2,500円だったので、2枚購入されたそうです。
「1回着て洗濯しただけで、こんなによれよれになってがっかり!同じ2,500円でも、『黒森歌舞伎Tシャツ』は、形崩れしなくてとてもいい!」と比嘉様から、『黒森歌舞伎Tシャツ』への大絶賛のメールが届きました。

酒田市砂越『FUN-K』の佐野さんへTシャツプリントを相談した際に、「Tシャツ生地のグレードはいかがいたしますか?」と聞かれました。
一番形崩れしにくい5.6オンスのしっかりした生地のTシャツにプリントをお願いしました。
デザインも大事ですが、品質も大事です!
好感が持てる商品であることが、『黒森歌舞伎』への応援につながると信じて、クオリティの高いものを佐野さんへお願いしました。
プリントされていればいいというものではありません!
佐野さんも、地元の伝統芸能を応援したいということと、冨樫前座長に、昔、お世話になったので恩返しがしたいということで、コストを抑えて納品していただいているおかげで、両面2色プリントで2,500円(税込)という販売価格が実現しました!

佐野さんが、1枚1枚丁寧にプリントし、きれいにたたんで、くろもりんの商品タグをつけて、袋に入れるまで丁寧に取り扱って納品してくださいます。
職人の思いというかプライドが伝わってきます。
佐野さんには、心より感謝を申し上げます。




そして、こちらの写真も、比嘉様からお送りいただいたものです。
比嘉様は、私のフェイスブックを毎日ご覧くださり、『くろもりん押絵倶楽部』のみなさんが、みんなで『黒森歌舞伎押絵』を作っている姿を見て、ご予約くださいました!
正月公演が終わってから、押絵が発送され、無事に届いたので、ご主人様から、リビングに飾ってもらいましたという喜びのメールと共に写真をお送りいただきました。
白い壁のリビングに映えますね♡
比嘉様から、「素晴らしい出来映えに驚きました!本当に買ってよかった♡」とのメールに安堵いたしました。

『くろもりん押絵倶楽部』のみなさま、沖縄のリビングに飾って楽しんでもらえて、嬉しいですね♡
『黒森歌舞伎押絵』をプロデュースされた冨樫前座長にも、押絵が沖縄へ飛んだことを報告したいと思います。




『黒森歌舞伎押絵』は、立体的なので、飾るととてもお部屋が豪華になります!
押絵は、手作りのぬくもりがあり、日本の伝統文化の良さを感じます。

3/8(日)の酒田公演(希望ホール)でも、こちらの『黒森歌舞伎押絵』を販売いたします。
今年は、桜の押絵がポイントになっています。
お店などに飾ると、お客さんとのコミュニケーションツールにもなりますので、ご商売をされていらっしゃる方にもおすすめいたします。

額入り4,000円(税込)
額なし2,800円(税込)

『くろもりん押絵倶楽部(黒森コミュニティセンター内)』
TEL0234-92-2255





酒田公演では、こちらの『黒森歌舞伎応援Tシャツ』の販売もいたします。
売り上げの一部を『黒森歌舞伎妻堂連中』への寄付金とさせていただきます。
応援をよろしくお願いいたします。






比嘉様は、「元気なったら、山形へ行きますね!」とおっしゃってくださいました。
ぜひ、『黒森歌舞伎』をお楽しみいただきたいと願っております。
その日を楽しみにしていますので、お元気になれることを祈っております。
比嘉様、たくさんお買い上げをいただきまして、誠にありがとうございました。

ご縁を繋いでくださった小條様にも、お礼を申し上げます。
ありがとうござました♡



↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ



  


2020年02月20日

R 新聞各社に掲載!令和2年『黒森歌舞伎正月公演』&黒森小学校6年生制作『歌舞伎ブック/黒森』



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

大大盛況だった令和2年『黒森歌舞伎正月公演初日』が、『山形新聞2020.2.16』の表紙に、カラーで大きく掲載されました!
写真は、『義経千本桜/伏見稲荷鳥居前の場』の荒事の狐忠信とコミカルな早見藤汰のベテラン役者2名と軍兵2名です。
「歌舞伎を屋外からたくさんの観客が楽しんでいる」ところを伝えたいという記者の思いが伝わってきました。

見出しに『酒田・黒森歌舞伎』と書かれているのが、さすが!と思いました。
酒田市内の方には、『黒森』というだけでどこなのかが伝わりますが、市外の方には、『黒森』って、一体どこなのかさっぱりわかりません!
『伝え方が9割』ということで、私もこれからブログやSNSで発信するときは、山形県酒田市『黒森歌舞伎』と必ず記載するように心がけたいと思います。

先日の正月公演の際に、東京からお越しくださった映像制作会社の三村さんから、「黒森歌舞伎の近況をネットで調べると、Ricoさんのブログしか出てこないんです!Ricoさんのブログの情報、とても助かりました!」とお声掛けをいただきました。
その時、私は初対面だったのですが、三村さんは、私のブログを見ていたためか、「やっと会えました!」という感じで、親しみを込めてごあいさつをいただき、とても嬉しかったです。

日々、天に向かって発信しているような気持ちでブログを綴っていますが、誰かのお役に立てていたのであれば、ありがたいと思いました。




こちらは、『朝日新聞2020.2.16』の山形欄に掲載された記事です。
知人が、教えてくれたのですが、『黒森歌舞伎』の写真が、朝日新聞にこんなに大きく載っていたのは見たことがないということでした。
朝日新聞に掲載されている写真は、『義経千本桜/伏見稲荷鳥居前の場』の源義経と静御前と家来衆です。
黒森歌舞伎の若手役者たちが朝日新聞を飾ったというのは、嬉しい出来事です!
同じ『黒森歌舞伎』の記事でも、どの場面の写真を掲載するかで印象が違いますね!
こちらは、桜の木の前で、主役の義経と女方の静御前の姿で、地芝居とは思えないとても豪華な印象が伝わってきます。
それもまた、『黒森歌舞伎』の魅力です!




こちらは、『コミュニティ新聞2020.2.21』の表紙に掲載された記事です。
限られたスペースでしたが、大立ち回りの力強い狐忠信の姿が印象に残る写真で引きつけます。
コミュニティ新聞さんは、正月公演前に、『黒森歌舞伎』のことを2度も取り上げてくださっていたので、今回は、公演がこのように行われたという結果報告的な取り上げ方となっています。
コミュニティ新聞様には、公演開催の告知にもご協力をいただきまして、心より感謝を申し上げます。





そして、こちらは、山形県酒田市立黒森小学校6年ブルースカイ学年のみなさんが制作した『歌舞伎ブック/黒森』です。
A4サイズで、全カラー12ページ。
小学生が制作したとは驚くほど、充実した内容となっています。
本当によくここまで頑張りましたね!素晴らしいです!

予算の関係で、モノクロ印刷したものを正月公演の会場で、子どもたちが、観客の皆様へ無料配布しました。
表紙の左上のロゴマークは、『日本・ポーランド国交樹立100周年記念/黒森少年歌舞伎・少年太鼓シンボルマーク』として、子どもたちが考えたのだそうです。思いがいっぱい詰まっているマークですね!

3/8(日)の黒森歌舞伎酒田公演(希望ホール)でも、無料配布いたしますので、是非とも手にとっていただけますようお願いいたします。
6年生にとっては、最後の公演となりますので、応援してあげてください!





↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ


  


2020年02月17日

R 逆回転投稿!令和2年『黒森歌舞伎正月公演』2日目・『義経千本桜/渡海屋の場・大物浦の場』素晴らしかった!



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2020年2月17日(月)
令和2年『黒森歌舞伎正月公演』2日目が無事に終了しました!
2日目は、最初からではなく、あえて最後の記録写真から逆回転で投稿させていただきます!

最後に撮影した打ち上げの記念写真です!
全員で力を合わせてやり抜いた!という晴れやかなお顔が素敵でした♡

素晴らしい黒森歌舞伎をご披露いただきまして、誠にありがとうございました。
冨樫久一前座長も、みなさんの弾ける笑顔を見て、喜んでいることと思います。




『くろもりん押絵倶楽部』のみなさんと、ポーランドの大学教授/イガさん、そして、ポーランド公演で、通訳をしてくださったアル君です。




令和2年『黒森歌舞伎正月公演』2日目終了のごあいさつです。
時折、雨が降るあいにくの天気でしたが、最後まで応援してくださる観客が例年よりも多くて、とても嬉しかったです!




本狂言『義経千本桜/摂州大物浦の場』
ラストは、弁慶の法螺貝で〆るのですが・・・お化粧で唇が乾いてしまい、リハーサルのように吹けなかったと弁慶役の中村健さんが悔しがっていました。
お稽古の時、とてもいい音色で法螺貝を吹いていたのを私も知っていたので、お気の毒に思いました。
本番、何があるのかわからないものですね!





本狂言『義経千本桜/摂州大物浦の場』
平知盛の壮絶な最期は、大イカリを身体に縛りつけ、その重みで、背後の海へ背中から落ちていくというとても危険な演技でした。
これまで、危険すぎるので、黒森歌舞伎ではやってこなかったのですが、今回、平知盛役の笹本敬さんが、新たな伝説を作りました!

『足の裏を観客へ見せながら、海へ身を投げる』という姿が、バッチリと決まっていました!
歓声が上がり、境内に拍手が響き渡りました!
迫真の演技に、心打たれました!

この素晴らしい平知盛をぜひとも、3/8の酒田公演で、たくさんの方々に観ていただきたいと切に願っております。




本狂言『義経千本桜/摂州大物浦の場』
平知盛と弁慶です。
今回、弁慶役に中村健さんが、ピッタリだったと思います。




本狂言『義経千本桜/摂州大物浦の場』
今回、大活躍の現役高校生4人です!
普段はあどけないのに、今日は、バッチリ決まっていて、みんなカッコよかったです!
真剣さが伝わってきました。




本狂言『義経千本桜/摂州大物浦の場』
平知盛と源義経一行。
源義経役は、尾上貴基さんでした。

15日の会場で、私は、女性から声を掛けられました。
女性「すみません。義経役は、尾上貴基さんでしょうか?」
私「はい、そうです。」
女性「貴基さんという方は、二人いらっしゃるのでしょうか?佐藤さんという方もいますよね?」
私「貴基さんは、お一人ですよ。本名が佐藤貴基さんで、役者名が尾上貴基さんなので、同一人物です」
女性「ああ、そうなんですか!私、貴基さんのファンなんです!よろしく伝えてください!!」

貴基さん押しのファンがご来場くださっていました。
なので、誰ですか?今日、「貴基さんの影が薄い」と野次ったのは!(笑)




本狂言『義経千本桜/摂州大物浦の場』
笹本 敬さんの平知盛は圧巻でした!
これを見ずに帰った方々は、本当にもったいないと思いました。




本狂言『義経千本桜/摂州大物浦の場』
本当に高校生なの?!とビックリするくらい熟練の役者っぷりを披露してくれた光陵高校の中村優史くん!(右)
黒森歌舞伎が大好きで、歌舞伎を続けたいために、地元企業への就職を決めたという頼もしい青年です!
歌舞伎ことをよく勉強されているので、わからないところは、すぐに教えてくれます。




本狂言『義経千本桜/摂州大物浦の場』
相模五郎役の岩井克之さんは、パワーのある演技で、場を盛り上げてくれる大事な存在です。
スピード感あふれるキレのある演技はさすがでした!




本狂言『義経千本桜/摂州大物浦の場』
女形が主役のような場面は、歌舞伎には珍しいらしく典侍局役の市川絋也さんは、かなりプレッシャーだったようです。
いつもしっかりと演じられていらっしゃるので、終わってから、苦労したお話しをお聞きできてよかったと思います。




大人気の『黒森歌舞伎おこし』です。
とってもおいしい手作りです!
1袋200円です。
酒田公演でも販売いたします。




くろもりんの押絵キットと根付けの販売もありました。
根付は、裏のちりめんの色を選ぶことができます。




地元の消防団のお兄さんが、あつあつの振る舞いコンニャクをテントまで届けてくださいました。
『お・も・て・な・し』の優しさにあふれていました♡
心からあったまりました♡




本狂言『義経千本桜/摂州渡海屋の場』
お囃子部のみなさんです。
役者の動きに合わせて生演奏をしています。
東京からきたお客様へその話しをしたら、「えっ!CDじゃなかったの?」と驚かれてしまいました!
他の地芝居とは、黒森歌舞伎は違います!!!

ちなみに笛を吹いているのが、酒田東高の佐藤日和ちゃんです!




本狂言『義経千本桜/摂州渡海屋の場』
謡(うたい)という能のような舞をしている場面です。
お囃子も、鼓や笛で能のような演奏をします。
歌舞伎は、能の要素も盛り込んであるので、面白いです。

今回のこの衣装は、着付けが大変で、衣装部泣かせだったそうです。
楽屋で何人も着付けをしなければならない方々は、本当に大変だったと思います。




本狂言『義経千本桜/摂州渡海屋の場』




本狂言『義経千本桜/摂州渡海屋の場』




『くろもりん押絵倶楽部』のみなさんと『黒森歌舞伎応援プロジェクト』として参加した私。
『黒森歌舞伎プレミアム金隈取りTシャツ』は、おかげさまで、いい感じに売れまして、酒田公演では売り切れごめん!ということになりそうです。
幕間に、売店案内のアナウンスをさせていただいたおかげで、効果はありました!

今日は雨のため、下がデロデロデュ〜状態でした。
物を落としたらアウト!
ピチャピチャとスパネが上がらないように気をつけながら歩きました(笑)




お世話係をしてくださった田村高広さんとアル君。

他にも雨の中、交通整理をしてくださった方々のご苦労を思うと頭が下がります。
大変お疲れ様でした。




今年の黒森小学校6年生へのインタビューコーナーです。
3/8の酒田公演も頑張ってね!





『青砥稿花紅彩画/稲瀬川勢揃いの場』
黒森小学校の『黒森少年歌舞伎』です。
大人顔前に頑張っている子供たちをたくさんの観客が見守りました!

立派な『白浪五人男』でした!




今年初出店の『食房 一洋』さんのあったかいおそば1杯500円です。
私の両親会場へ来て、おそばを食べていました。
あったかくて、おいしかったと喜んでいました。




『食房 一洋』の菅井清洋子さんです。
ご主人の菅井儀一さんが、黒森歌舞伎保存会の会長を務められています。

今、重大なことに気がつきました!
『 一洋』の店名は、ご夫妻の名前の一文字を合わせたものだったのですね!




本日も、星川ふじさんが作った『きなこ餅』を美味しくいただきました。
黒糖&きなこは、黒森ではスタンダードな食べ方なのだそうです。
作り方を教わったので、今度、作ってみたいと思います。





『式三番叟』
子供たちも、立派に大役を果たしました!




黒森日枝神社の佐藤宮司が神事を行いました。
朝は、暴風と雨だったので、どうなるのかと心配したのですが、神事をはじめた頃から、風も雨も止み始めました。




『歌舞伎文字勘亭流書道』は、横浜の桂田久壽(ひさじゅ)先生と2名の方々で手書きされたものです。
毎年、これだけの大作を仕上げていただいて、頭が下がります。
15日に、先生がわざわざ会場へ足を運んでくださいました。




黒森小学校の子供たちが、黒森小学校6年生が制作した『黒森ブック』を無料で配布しました。




神楽の支度中です。




『黒森少年太鼓』
雨でしたが、楽しく叩いている様子が伝わってきました。




黒森歌舞伎酒田公演へも、ぜひとも足をお運びいただけますようお願い申し上げます。



↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ














  


2020年02月15日

R 約800名の超満員御礼!暖冬の令和2年『黒森歌舞伎正月公演』初日が無事に終了しました。



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2020年2月15日(土)
雪が全くないあたたかい日となり、令和2年『黒森歌舞伎正月公演』初日は、入れ換えの人数を含めて約800名の方にご来場いただいたそうです!
近年、これほどの人が集まったことがなかっただけに、驚きと嬉しさとで、いっぱいになりました。

黒森歌舞伎は、黒森歌舞伎日枝神社への奉納余興ということで、全ては神事から始まります。
私も、最初に参拝をさせていただき、お札や御神酒、そして、黒森歌舞伎まんじゅうを頂戴しました。



今年から、リニューアルした黒森歌舞伎まんじゅうが、神社の中へ納品となりました。
『黒森歌舞伎まんじゅう』は、ご利益のあるありがたいおまんじゅうです。
2/17も、100箱販売いたしますので、ご来場記念にどうぞ。




10:00〜黒森少年太鼓が始まりました。
黒森小学校の子供たちが、長い期間練習した成果を披露しました。




神事の後の神楽です。
出演している自分の子供を見つめているお母さんの姿が印象に残りました。




地元の消防団のみなさんが無料でふるまってくださる『玉こん』ならぬ『角こん』です!
ちょうど、大道具の安達さんが鍋を持っていたのでパチリ!
あつあつでおいしいこんにゃくをごちそうになりました♡




私は、黒森歌舞伎応援プロジェクトとして、Tシャツやキーホルダーの販売をさせていただきました。
私は、ブログ用に写真を撮らなければならないし、私のために、毎年、マス席をとってくださるみごい家の皆さんのところへも行きたいしで・・・正直、自分の身体が3つあったらいいのに!という慌ただしい状態でした。




黒森歌舞伎応援プロジェクトメンバーの『カメラの七桜』北村 薫さんにも、午前中、販売の御協力をいただきました。
「真冬に、屋外でTシャツを売る!」という初めての無謀な挑戦でした!
でも、おかげさまで、まずまずの売り上げだったと思います。
黒森歌舞伎をTシャツで応援したいというみなさんの熱意を感じました。
プレミアム金隈取りTシャツはおかげさまで好評でした!
お買い上げいただいたみなさまへ、心より感謝を申し上げます。

東京からお越しの映像制作会社の三村さん(女性)は、Tシャツを2枚もご購入くださいました!
2/10〜18まで、酒田に滞在して、黒森歌舞伎を密着取材されていらっしゃいました。
ポーランド公演にも同行され、すっかり黒森歌舞伎フリークになっていただき、嬉しい限りです!
どんな映像に仕上がるのか、楽しみにしています♡




こちらは、式三番叟です。
叟とは、翁という意味だったんですね!




写真の左から、酒田市長/丸山至様、衆議院議員/加藤鮎子様、ポーランド・ポズナン大学教授/イガ・ルトコフスカ様、黒森歌舞伎妻堂連中/五十嵐良弥座長です。
黒森歌舞伎への愛を感じるごあいさつをいただきまして、誠にありがとうございました。




こちらは、呉汁と甘酒を無料でふるまっていた黒森地域の女性会のみなさまです!
私があいさつへ行くと、「お父さんは元気?」と声を掛けられました。
父は昔、黒森へ勤めていたので、一緒に働いたことがあるという方々が結構いらっしゃるんですよね!
退職してかなり経つのですが、覚えていてもらっていることをありがたく思います。




呉汁と甘酒をごちそうになりました!
『くろもりん押絵倶楽部』の星川ふじさんから、とてもおいしい『きなこ餅』をごちそうになりました。
あまりにもおいしいので、この餅はどうしたのか?と聞いてしまいました。
前日、家でついたお餅をご持参くださったということでした。
おかげさまで、力もちとなりました!ごちそうさまでした。




歌・パーカッション&エレクトーン『旬風』の池田勝則さんが、応援に駆けつけてくださいました!
勝則さんには、黒森歌舞伎応援Tシャツの販売にご協力をいただきました。
「こんなはずじゃなかったのに!」というところを無理にお願いしてしまいましたm(_ _)m
ちなみに、昨年、黒森歌舞伎の衣裳代のクラウドファンディングの際、勝則さんからは、1万円もご協力をいただきました!
本日も、『黒森歌舞伎おこし』や『黒森歌舞伎まんじゅう』なども、いろいろお買い上げ下さいました。
黒森歌舞伎妻堂連中はじめ、黒森地域のみなさま、どうぞ池田勝則さんをお見知り置きくださいませ!!!

勝則さんへ
本当にいつも助けていただきまして、誠にありがとうございます。深謝いたしますm(_ _)m




黒森少年歌舞伎『青砥稿花紅彩画/稲瀬川勢揃いの場』を今年は、黒森歌舞伎演舞場の中から撮影してみました。




黒森小学校のみんな、よく練習して頑張りましたね!
『白浪五人男』の6年生のみなさん、大人顔負けでした!




楽屋の様子もパチリ!
高校生たちも、甲冑を着て、男前になっていました!
小道具部の実さんが、お忙しそうでした!



衣裳部の綺麗どころ3人が、静御前の衣裳の着付けをしていました。
次は、弁慶の衣裳の着付け・・・
楽屋では、こうして、役者さん一人一人の衣装を黙々と着付けていて、かなりの重労働だと思いました。




床山部のみなさんが、静御前のカツラをつけているところです。
見えないところで、いろんな人が支えているおかげで黒森歌舞伎が上演できていることをしみじみ感じました。




いよいよ本狂言『義経千本桜/伏見稲荷鳥居前の場』です。
この幕は、令和2年は、今回一回かぎりの上演となります。
黒森歌舞伎若手を中心に配役を構成されていました。




義経と弁慶です。
義経役は、中村慶祐さん!イケメンの若手のエースです!
『きなこ餅』をごちそうしてくださったふじさんの息子さんです。
弁慶役は、中村健さんです。はまり役でした!
健さんのお父様は、市議会議員の五十嵐英治さんです。
親子関係がわかると、見ている歌舞伎がますます楽しくなるものですね!




早見藤汰は、超ベテランの松本貴史さんで、軍兵は、ベテランの市川靖さんの他は、全て高校生でした!
貴史さんのさすがのアドリブで、場内が沸きました!
『ガストがベスト!』(笑)




狐忠信は、いつも色男役の尾上貴基さんが演じました!
力強い中にも、貴基さんらしい品格を持ち合わせた見事な佐藤忠信で感動でした!
いろんなプレッシャーをはねのけて、本当に素晴らしかったです!




ここに雪がハラハラと落ちてくれれば、カメラマンさんたちは大喜びだったんでしょうけどね〜!
今年は、海外からのメディアも多く駆けつけていました。
やはり昨年11月の黒森歌舞伎ポーランド公演の影響を感じました。




でた!『ダブル鳥居!』
この写真を見てわかりますか?
4本の槍でも、鳥居の形を作っています。
歌舞伎には、こうした粋な演出が散りばめられているんですって!




初音の鼓と狐忠信!
バッチリ決まりました!




今年は、練習の時から、見学させていただいていたので、楽しいだけでなく、ハラハラドキドキ感もありました。
がんばれ〜!といつの間にか応援している自分がいました。

メインの狐六法のところは、写真を撮るのはやめて、肉眼でしっかりと楽しませていただきました。
しっかりと脳裏に繊細な動きを刻みました。
お囃子のドロドロドロドロ〜♪というサウンドと共に。
やっぱり生演奏はいいものですね!




二幕目は、『摂州渡海屋の場』の上演でした。
こちらは、17日も上演されます。




お〜い!安徳帝〜!(笑)
いよいよここから!ということろで、本日は、幕でした。
続きは、17日に!
いよいよ17日は、平知盛が暴れます!(笑)
乞うご期待くださいませ!




令和2年2月15日『黒森歌舞伎正月公演』初日が無事に終わりました。
五十嵐良弥座長になって初めての正月公演でした。
ポーランド公演から正月公演へと、今までに体験したことのないハードスケジュールの中、本当に大変だったと思います。
本日はお疲れ様でした。




片付けが終わってからの直会です。
座長の奥様が、みんなのためにおでんやご飯を作って用意してくださっていました。
疲れたみなさんにとって、最高のごちそうですね!

私は、くろもりんTシャツの在庫を七桜さんへ取りにいかなければならなかったので、直会の参加はご遠慮させていただきました。
おかげさまで、くろもりんTシャツも、売れました!
くろもりんの可愛い系と隈取りのかっこいい系の2種類のTシャツを作らせていただいてよかったと思っています。
売り上げの一部は、黒森歌舞伎への寄付金とさせていただきます。




帰宅してから、『黒森歌舞伎まんじゅう』を食べながら、家族へ今日の報告をしました。
おみやげがあるといいものですね!
それにしても、小豆の皮をむいて潰した『むきあん』たっぷりのまんじゅうは、上品な味わいで、とてもおいしかったです!
家族にも好評でした!
17日にも販売いたしますよ!




『黒森歌舞伎押絵』も、好評発売中です!




↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ











  


2020年02月06日

R【源氏パイvs平家パイ】コミュニティ新聞に黒森歌舞伎『義経千本桜』正月公演の情報掲載されました!



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

源氏と平家のネーミングで、思わず衝動買いしてしまった『源氏パイ』と『平家パイ』。
『源氏パイ』は、昔からあった記憶がありますが、『平家パイ』は、初めてです!
どうして、『源氏と平家』というネーミングにしたのかは謎です!

これは、どちらを買うか、迷いますよね〜!
私のように選びきれず、両方購入する方も多いのではないでしょうか?(笑)





コミュニティ新聞2020年2月7日号に、『黒森歌舞伎/義経千本桜』正月公演の情報が掲載されました!
見どころがしっかりとまとめられていて、さすが!という内容でした!
都落ちする源義経一行と復讐に燃えて散る桜のごとく命を散らす平家勢を描いたお話しです。

2/15は、狐忠信の妖艶な動きを見ていただきたいし、2/17の平知盛の壮絶な最期に感動してもらいたいしで、できれば2日間とも、正月公演会場へ足をお運びいただきたいと願っております。
これだけ素晴らしい歌舞伎を無料で観覧できるのですから、すごいことだと思います。
黒森日枝神社への奉納余興だからこそ、無料で観覧できるのです!
ですから、黒森歌舞伎正月公演の際は、是非とも、黒森日枝神社への御参拝もおすすめいたします。





今年の黒森歌舞伎押絵は『義経千本桜/源義経』です。

ただいま、ご予約を承っております。(限定100部)
額入り4,000円(税込)
額なし2,800円(税込)

『くろもりん押絵倶楽部(黒森コミュニティセンター内)』
TEL0234-92-2255

正月公演/黒森歌舞伎演舞場(2/15・17)・酒田公演/希望ホール(3/8)の会場で販売を行いますので、よろしくお願いいたします。







↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ

  


2019年06月14日

R 黒森歌舞伎応援キーホルダー2種が完成しました!いよいよ6月16日に新発売です♪



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

カメラの七桜さんが、プリント技術を活用して作ってくださっている黒森歌舞伎応援キーホルダー2種は、いよいよ袋つめの段階へとなりました。




ジャ〜ン!
こちらは、出来立てホヤホヤの黒森歌舞伎応援キーホルダーです!
裏面には、黒森歌舞伎の紹介ということで、鶴岡の宮田浩之カメラマンさんの写真を使わせていただきました。
『雪中芝居』らしい、雪がビュービューでゅう黒森歌舞伎のインパクトのある写真です!(笑)




キーホルダーは、6月16日に開催される『中町わいわいマーケット』の七桜さんのブースで、新発売となります1
日曜日は、雨模様ですが、アーケードの中ですので、ご安心くださいませ。




●『くろもりん&いろどりんキーホルダー』は、内寸50mm×35mm、外寸58.5×43.5mm、1個800円(税込)です。
収益金の一部は、『黒森少年歌舞伎&黒森少年太鼓』への寄付金とさせていただきます。

●『黒森歌舞伎キーホルダー』は、内寸45mm×45mm、外寸53×53mm、1個800円(税込)です。
収益金の一部は、『黒森歌舞伎ポーランド公演』への寄付金とさせていただきます。





『黒森歌舞伎応援Tシャツ』も、同時販売いたします!
●『くろもりんTシャツ』
●『隈取り(くまどり)Tシャツ』
S、M、L、XL、XXL
各2,500円(税込)
収益金の一部は、『黒森歌舞伎ポーランド公演』への寄付金とさせていただきます。

ご協力・応援をよろしくお願いいたします。


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
  


2019年06月08日

R 新発売決定!黒森歌舞伎オリジナルキーホルダー2種!『6/16中町わくわくフリーマーケット』にて販売します♪



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

黒森歌舞伎応援プロジェクトのメンバー・カメラの七桜さんが、『黒森歌舞伎オリジナルキーホルダー』2種類を作ってくださいました!
プリント技術を活かした手作りグッズです!
このように、地元企業が黒森歌舞伎応援グッズを考えて商品化してくださるのは、とても嬉しいですね!




こちらは、黒森少年歌舞伎&黒森少年太鼓公認の『くろもりん&いろどりんキーホルダー』です!
黒森少年太鼓のキャラクター『いろどりん』は、黒森小学校のみんなで考えたとっても可愛いキャラクターです。
こちらのキーホルダーは、内寸50mm×35mm、外寸58.5×43.5mm、1個800円(税込)です。
収益金の一部は、『黒森少年歌舞伎&黒森少年太鼓』への寄付金とさせていただきます。





こちらは、ビートルズ/アヴィロードのジャケット風の写真&『黒森』の角字の上に隈取りロゴがかっこいい『黒森歌舞伎キーホルダー』です!
外国の方にも、受けそうなジャパニーズキーホルダーですよね!
こちらのキーホルダーは、内寸45mm×45mm、外寸53×53mm、1個800円(税込)です。
収益金の一部は、『黒森歌舞伎ポーランド公演』への寄付金とさせていただきます。

発売予定日は、『6/16中町わくわくフリーマーケット』と決定いたしました!
カメラの七桜さんが、清水屋前のアーケードに出店いたします。
黒森歌舞伎オリジナルキーホルダーと黒森歌舞伎応援Tシャツを販売していただきます。
他に、その場で出来るワークショップでは、オリジナル缶バッジやキーホルダー作り体験ができます。






出店者がいっぱいで、ステージイベントもあるそうです。
6/16は、中町へ足を運んでみてくださいね♡


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
  


2019年04月29日

R 黒森日枝神社【春例大祭】2019「黒森歌舞伎子供山車/義経千本桜」&「神宿渡し」



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2

2018年4月29日(日)11:30〜快晴
黒森日枝神社【春例大祭】へお邪魔させていただきました。

来年の黒森歌舞伎正月公演の演目「令和2年正月公演狂言/義経千本桜」の衣装を着て、山車に乗る黒森小学校の子供達です。

来年の黒森歌舞伎押絵の主役は、源義経?平知盛??どちらになるのでしょうか?





黒森小学校の女の子たちは、山車の上で、日本舞踊を披露しながら、黒森地区を練り歩きます。

今日は、暑くて大変でしたが、みんなよく頑張りました!

私は、黒森歌舞伎演舞場で、『黒森歌舞伎くろもりんTシャツ』の販売をさせていただきました。




前日から、お神輿担ぎは、あっちへ行ったり、こっちへ来たりで、大忙しでした!




黒森小学校の女の子たちが、とっても可愛かったので、思わずパチリ!
最近は、子供たちの方から、気軽に声をかけてもらえるようになり、嬉しいです♡




荘内日報さんが、『黒森歌舞伎くろもりんTシャツ』販売の取材に来てくださいました!
売上金の一部を『2019年黒森歌舞伎ポーランド公演』への寄付金にさせていただきますということをお伝えさせていただきました。
黒森歌舞伎妻堂連中の冨樫久一座長より公認をいただいている『黒森歌舞伎くろもりんTシャツ』です!

『黒森歌舞伎くろもりんTシャツ』1枚2,500円(税込)

限定200枚ですが、おかげさまで、100枚は、黒森地域のみなさま方にお買い上げいただいております。
一般の皆様への販売は、5月15日からとなります。

<取扱先>
●黒森コミュニティーセンター0234-92-2255
●アパレルショップ『FUN-K』http://fun-k.jp (酒田市砂越)

<ネット通販>
●くろもりん公式ホームページhttp://www.kuromorin.com
※こちらは、現在、申込みは可能ですが、商品の発送は、5月15日以降となります。
※クレジットカード決済・コンビニ決済・ATM(ペイジー)決済・銀行振込・代金引換などが選べます。
※ネット通販の場合は、送料手数料300円がプラスで、1枚2,800円(税込)となります。

『黒森歌舞伎くろもりんTシャツ』で、ぜひとも、『黒森歌舞伎ポーランド公演』への応援をよろしくお願いいたします。




13時半頃に、黒森地区のみごい家へお邪魔して、『祭りごっつぉ』をごちそうになってしまいました!
私の大好物ばかりがずらり!すご〜い!!大変美味しくいただきました♡




フェイントですが、初孫『令和誕生』で、お祝い♡

みごい家より、Tシャツの売れ行きはどうか?と質問されてしまいました。
「黒森歌舞伎のみなさまや黒森コミセンのみなさまのおかげで、私の予想を超えた売上枚数になりました」とご報告をさせていただきました。
もしも、Tシャツが売れなかったら、全部買い取って、あっちこっちへ配ることを考えていてくださったそうです。
心配をおかけしてしまい、申し訳ない気持ちになりましたが、そこまで心配していただけることに感謝の気持ちで胸がいっぱいになりました。

黒森地域のみなさま方に、私は、本当によくしていただいております。
デザインの力で、黒森地域のみなさまへお礼をしたいと考えています。




ギャッ!何コレ?!
18:00に黒森歌舞伎演舞場へ戻ると、顔に落書きを始めた方々がいらっしゃいました!

これは、化け物なのだそうです。
自由に化け物メイクをして、着物を着て、『神宿渡し』という行事が始まるところでした。




化け物たちが、御神木を持ち、太鼓と掛け声で、黒森地域を練り歩きました。




化け物をやっている人たちが一番楽しそうでした!(笑)




今年の『神宿』当番の人たちだけで、練り歩きます。




外に顔を出してくださった方へお神酒を振る舞っているところです。




再び、黒森歌舞伎演舞場へ戻り、来年の当番の組の人たちと向かい合い、『神宿渡し』の儀式が始まりました。




今年の例大祭が無事に終わったことを報告しています。
本人たちは、いたって真面目です!(笑)

カメラを持つ私の手が、笑いで震えてしまいました。ププププッ!




向かい合って座っているみなさんたちも、思わずププププッ!

私は、こんな面白い『神宿渡し』を見たのも聞いたのも初めてだったので、衝撃的でした!
この後、直会が行われました。

この2日間、Tシャツ販売のために、長時間、お邪魔させていただいたのですが、いろんなことを行っていることを知ることができてとてもよかったと思います。

Tシャツの販売に、たくさんのご協力をいただきまして、誠にありがとうございました。



↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ  


2019年03月24日

R ありがとうございます♡『ほしいも工房かけみや/ほしいも』&『黒森小学校6学年PTA/卒業記念DVD』



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

いつも大変お世話になっている方から、おいしいおいしい超おいしい『ほしいも』を1箱1kgも頂戴してしまいました!

普通の『ほしいも』は、表面を焼くと甘みが増して、おいしくなるのですが、この『ほしいも工房かけみや/ほしいも』は、焼かずにそのまま食べても、十分に甘くておいしくて驚きました!
適度なしっとり&ねっとりした食感が、絶品でした〜!!!!
これはお見事♡




パッケージはこちらです。
『第1回ほしいも品評会/大賞受賞』した『ほしいも工房かけみや/ほしいも』は、完全予約販売のみ。
干し芋のメッカ/茨城で、大賞受賞するほどの品物は、やっぱり旨いです!

毎年、予約開始がスタートするとすぐに予約でいっぱいになるという競争率が高い逸品とのこと。
知人は、「ネット予約開始とともに予約して、ゲットすることができた!」という貴重な貴重な『ほしいも』なのに、ど〜んと1箱をおすそ分けしてくださいました。

長期保存したい場合は、冷凍庫でということなので、小分けにして、冷凍保存して、長く楽しませていただきたいと思います。
添加物・保存料などを一切使用していない自然のおいしさをいただくと、パワーが出てきますね!
元気が足りない時に、パワーチャージでいただきたいと思います。
この度は、誠にありがとうございました♡




それから、『黒森小学校6学年PTA』のみなさまより、『卒業記念DVD』を頂戴しました!
みなさまのお気持ちが嬉しくて、すぐに拝見させていただきました!

DVDの中で、この写真が一番印象に残りました!
勝手に、ブログにアップしてすみません!
でも、この写真は、本当にすごいですよ!!!

黒森小学校のグラウンドから、鳥海山がこんなに綺麗に見えるなんて、とても驚きました!!!
こんなに素晴らしい運動会の写真を見たのは、初めてだったので、衝撃を受けました!

私も、酒田市内の小・中学校でしたが、グラウンドから、鳥海山は全く見えませんでしたよ!

ぜひとも、黒森小学校を卒業されたみなさんには、鳥海山が素晴らしく綺麗に見えるグラウンドで運動会をしたことを自慢していただきたいと思います。
大人になるにつれ、故郷の山の存在は、偉大に感じることと思います。




『黒森歌舞伎押絵』を発表しているシーンもありましたね!
どんな風に発表してくれたのかなぁ〜?
発表の題材にしてもらえて、デザイナー冥利に尽きます♡
ありがとうございましたm(_ _)m






最後は、大人顔負けの『黒森少年太鼓』と『黒森少年歌舞伎』の写真で、メッセージを伝えてくれました。
立派な姿の子ども達でしたが、入学式からの可愛い成長過程をDVDで拝見させていただき、感動で涙が溢れました。
まるで、我が子たちの成長を見ているかのような気持ちになりました。
子どもの成長って、素晴らしいですね!





中学校でも、黒森っ子のみんなのご活躍を期待しています!

このDVDを編集してくださった方は、さぞ大変だったこととお察し申し上げます。
おかげさまで、子ども達の成長のストーリーを楽しませていただきました♡

私にまで、わざわざ送付してくださった『黒森小学校6学年PTA』のみなさまへ、この場を借りて、厚く御礼を申し上げます。
誠にありがとうございました。





↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ



  


2019年03月17日

R 祝・卒業!黒森小学校5・6年生のみなさん、メッセージをありがとうございました♡




『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2019年3月16日(土)
酒田市立黒森小学校5・6年生の担任/石垣裕子先生が、みんなからのメッセージを届けるために、わざわざ私の自宅へお越しくださいました。
私は、總光寺『書道教室』参加で、留守中だったので、Ricoママが代わりに受け取りました。

卒業式前でお忙しいというのに、石垣先生はじめ、みんなからのお気遣いがありがたくて、嬉しくて、感激しながら、メッセージを読ませていただきました。
一人一人の顔を思い浮かべながら、何度も何度も読み返しました。
ありがとうございました。




思い起こせば・・・
黒森歌舞伎、少年歌舞伎、少年太鼓を多くの方々に観ていただきたいという黒森小5・6年生の熱意が、いろんなカタチになって、素晴らしい発信力になりました!
昨年の缶バッジ&マグネットの収益金で、横断幕やウェルカムボードを作ったり、そして、今年も、缶バッジ&マグネットの販売を頑張りました!



みんなで、地元のハーバーラジオでの告知も頑張りましたよね!

酒田市教育委員会の方が、「今年は、正月公演も、酒田公演も、観客が多くてよかったです!いろどりんも、いいですね!」と喜んでいらっしゃいました。

私は、みなさんから、たくさんのことを教わりました。
一緒に考えて、ドキドキワクワクしたことや楽しかったことを当ブログで紹介させていただきました。
黒森小の子供達も、このブログを見てくれていたことをみんなからのメッセージで知りました。
保護者の皆様方からも、ご協力をいただいていたことを知ることができました。
本当に嬉しいです。心より感謝を申し上げます。




こちらは、今年1月、新キャラクター『いろどりん』のイラストをみんなに発表した瞬間の写真です!
みんなの歓声とキラキラと目を輝かせながら、とっても嬉しそうな姿が、強く印象に残っています。
みんなと一緒に『いろどりん』を作り上げた喜びは、私にとっても、大切な宝物となりました。
ありがとう!!!




こちらの写真は、今年の3月3日黒森歌舞伎酒田公演(希望ホール)で、6年生のみんなと一緒に撮ったものです。
『黒森少年歌舞伎&少年太鼓』は、お見事で、拍手大喝采でした!!
私は、2年続けて、黒森小学校5・6年生の総合学習の授業でお話しをさせていただいたので、特にこの学年のみんなには、思い出がたくさんあります。
本当にお世話になりまして、ありがとうございました。
みんなのおかげで、とっても楽しかったです!




卒業するみなさんへ
ご卒業おめでとうございます。
黒森少年歌舞伎や少年太鼓で力を合わせて頑張った経験は、これからどこへ行っても自慢の出来る経験です。
みんなは、『くろもりん&いろどりん』を活用して、黒森歌舞伎を盛り上げたパイオニア(開拓者)です!
中学へ行っても、面白いアイデアがあったら、どんどん私に教えてくださいね!
これからも、みなさまの成長を応援しています!


石垣裕子先生へ
この度は、お忙しい中、わざわざお手紙とメッセージをお届けいただきまして、誠にありがとうございました。
この場をお借りして、御礼を申し上げます。
私は、石垣先生より子供達とのご縁をいただいて、この上なく幸せだと思っています♡
これからも、「お役に立てることがあれば、ぜひ、よろこんで!」と思っていますので、お気軽にお声掛けいただけますようお願い申し上げます。

久松理子より


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ  


2019年03月10日

R 黒森歌舞伎『ご神撰の儀』&『太夫振舞』/2019黒森歌舞伎ポーランド公演記念缶バッジ



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2019年3月10日(日)11:00〜
酒田市黒森日枝神社にて、来年の本狂言の演目を決める『ご神撰の儀』が行われました。
今年のご神撰者として選ばれたのは、菅井雅哉さんでした。




お天気に恵まれ、今年は、ギャラリーもいっぱいでした!




井戸水を7回半、頭から浴び、身を清めます。
ギャラリーからは、「頑張れ!」という声援が飛び交いました。




今年は、こちらの3つの演目が選ばれていました。
この番号を書いた小さい紙を折りたたみ、ご神撰者が、この3つの中から一つだけ紙を引き上げる儀式を行います。




お米を入れた升の上に、3つのくじがおかれ、その上に、ご神撰者が、細長い紙を垂らします。




昨年は、秒速で、くじが吸い上げられましたが、今年は、なかなか引き上がりませんでした。
これは、ご神撰者の意志で引き上げられるものではないのです。
神様がお選びになられたくじだけが吸い上げられるので、焦らず、その時を待ちます。

今年は、神様も迷われたご様子で、ようやく引き上がったくじは、『3番』でした!




決まった演目は、
『義経千本桜』でした。
平成22年に公演され、黒森歌舞伎の十八番と言われている演目です。
そして、今年11月の黒森歌舞伎ポーランド公演では、『義経千本桜』の鳥居前を演じる予定なので、神様は、ちゃんと見ていてくださっていることを感じました。
五十嵐副座長の「ポーランド公演があるから、今年は神様が、忖度してくれたんだと思うよ」とのお言葉に、思わず納得でした!

黒森歌舞伎保存会の菅井儀一会長が、達筆で、決まったばかりの演目名を書いてくださいました。
『神撰者 菅井雅哉』さんは、儀一会長のお孫さんということなので、きっと今日は、嬉しかったことと思います。




黒森歌舞伎演舞場にて、『太夫振舞』が行われました。
今年は、参加者が多かったので、驚きました。
ポーランド公演があるおかげだと思うのですが、いい感じで盛り上がっている『氣』を感じました。




『太夫振舞』は、黒森歌舞伎妻堂連中のみなさまと黒森歌舞伎を支える方々の交流の場です。
一年に一度しか、ここでお会いしてゆっくりとお話しをできない方もいらっしゃいますので、とても大事な行事だということを知りました。




昨年は、黒森歌舞伎ポーランド公演のポスターを制作し、寄贈させていただきましたが、今年は、こちらの記念缶バッジ100個を作成させていただきました。
本日、ご参加くださった方へ、お一人様一個ずつ、ご挨拶を兼ねて、お配りさせていただきました。
今年しか作れないプレミアム缶バッジで、非売品です!
直径76mmの大判タイプです!
目立つよね〜!というより、目立ってもらわないと困るのです!!!

ぜひとも、ポーランド公演を成功していただきたいという気持ちを込めて作らせていただきました。
また、このくろもりんの缶バッジで、ポーランド公演を盛り上げていただきたいという願いもあります。

いつも素晴らしい黒森歌舞伎を楽しませていただいているお礼として、これからも、デザインの力で応援をさせていただきたいと思っています。




こちらは、酒田市黒森『清水商店』さんの豪華なごちそうです。
『太夫振舞』で、私にまで、こうして振る舞っていただきました。
「もっけだの〜」と思いつつも、「黒森歌舞伎には、遠慮しない!」という覚悟を決めました!(笑)
なので、黒森歌舞伎のみなさまも、私に相談事などがありましたら、遠慮せず、お気軽にお声掛けくださいませ!

それから、来年の黒森歌舞伎押絵のデザインを考えるためにも、『平成22年義経千本桜』ビデオ上映会をお願いしたいと思っております。
楽しみにしていますので、どうぞよろしくお願いいたします。

本日は、『太夫振舞』で、お世話になりまして、誠にありがとうございました。
お一人ずつご挨拶ができて、とても嬉しかったです。
きっと神様も、黒森歌舞伎を通じて、みんなが仲良く楽しくしている姿を見て、お喜びになられていらっしゃることと思います。



↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
  


2019年03月05日

R 平成最後の『黒森歌舞伎酒田公演』本狂言『ひらかな盛衰記』梶原源太景季&樋口次郎兼光の二つのお話し。



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2019年3月3日(日)
平成最後の『黒森歌舞伎酒田公演』が、希望ホールで開催されました。
本狂言は、『ひらかな盛衰記』二幕でした。

こちらは、すべての公演を終えて、大汗をかきながらも、ようやくゆっくりした表情になられた『樋口次郎兼光役の笹本 敬さん』と、偶然に通りかかり、ひょっこりはん的に微笑んでくださった『畠山庄司重忠役の尾上貴基さん』のツーショットです!
黒森歌舞伎の双璧が、こんなに晴れやかなお顔をしている写真はとても貴重なショットだと思い、本日のトップにアップさせていただきました。
大役をやり抜いた直後の本当に良いお顔ですね!

『ひらかな盛衰記』素晴らしかったです!
とても楽しませていただきまして、誠にありがとうございました。




本日の時間割を酒田市教育委員会の方で用意してくださいました。
これがあると、観客もわかりやすくて助かりますよね!
『くろもりん&いろどりん』を効果的に使っていただいて嬉しいです♡
やっぱりここにキャラクターがあるとないとで印象が全く違いますよね!




佐藤日和ちゃん(酒田東高2年)は、お囃子部の新星として、鳥屋にて、演奏を頑張りました!
前回よりも、さらに上達していたので、日和ちゃんの努力に心から拍手を送りました。
ぜひとも、11月の黒森歌舞伎ポーランド公演でも、日本のサウンドをお届けして欲しいと願っています。




黒子姿でくつろいでいた黒森歌舞伎妻堂連中の副座長/星川州さんです。
現在は、黒子専門とおっしゃっていました。
黒子といっても、舞台に上がれるのは、役者の経験がある星川さんと、もう一人の副座長/五十嵐良弥さんだけなのだそうです。
役者の経験がないと、役者の立場になってのサポートが難しいということなんだそうです。
なるほど〜!黒子は、誰にでもできることではなかったんですね!
勉強になりました。




綺麗どころの『千鳥役の市川司さん』がお支度中でした。
普段のお姿を知っているだけに、まるで別人の変身ぶりにただただびっくり!
女形は、本当に大変だと思います。
ベテラン床山部の西岡さんも、大忙しでした!




バックヤードでは、座長、副座長、保存会会長などが、真剣な表情で舞台のモニターを覗き込んでいらっしゃいました。
本狂言が始まる緊張感がバックヤードに溢れていました。




黒森歌舞伎妻堂連中には、大道具部さんと小道具部さんがいます。
どれ一つ欠けても芝居にならないということで、全員のチームワークで歌舞伎は成り立っているんですね!




本狂言『ひらかな盛衰記』一幕目/梶原館源太勘当の場です。
源太の弟『梶原平次景高役の坂東烈矢さん』が、たくさんの笑いをとっていました!
滑稽に振る舞えば振る舞うほど、主役の梶原源太景季のかっこよさを引き立てるという重要な役になります。
連日の練習の成果が出ていたと思います。とてもいい演技をされていらっしゃいました!




黒子がさっとやってきて、梶原源太景季の烏帽子を止めているピンをささっと外していました。
話しの流れがわかっていないと、どのタイミングでサポートすれば良いのかがわからないので、黒子のお仕事って、大変なんだなぁ〜と、感心しながら観賞しました。
もし、このタイミングがずれてしまったら、烏帽子が外せなくなり、舞台が止まってしまいますよね!




浄瑠璃のお二人。
豊竹 公志太夫
豊竹 貴史太夫




主役の梶原源太景季が着替えに入ったタイミングを見計らって、『2019年11月黒森歌舞伎ポーランド公演』の告知を入れてくれました。
場内にいた私の両親も、くろもりんのポスターを見て、とても喜んでいました。

写真左の『横須賀軍内役の玉川 辰さん』と『順齋役の中村慶祐さん』は、平次の家来で、どちらも笑わせ役で楽しませてくれました。




『梶原源太景季役の尾上貴基さん』は、見事に品格のある鎌倉一の美男子役をやり抜かれました。

最後は、源太と恋人・千鳥の二人は勘当されつつも、ハッピーエンドなお話しに、拍手喝采でした!




二幕目『福島松右衛門 内 同裏手船中』です。
ここは、なんといっても、『権四郎役の岩井克之さん』の喜びから一転の悲しみ、そして怒りといった激しく変わる感情が、とても人間らしくて、面白いところです。




二幕目『福島松右衛門 内 同物見の松』では、舞台下手(しもて)から撮影させていただきました。
大立ち回りは、主役と家来役の息を合わせなければならないので、人数が多ければ多いほど、練習が必要だったことと思います。




今回は、この大立ち回りが大きな見どころでした!
バッチリ決まると、場内から、大きな拍手と声援が飛びました!
観客と一体になっているライブ感がすごく楽しかったです!




それにしても、樋口次郎兼光役の敬さんの気迫がすごかったです!
プロの役者さんだと思って見ていた方もいたようです。




木曾義仲四天王といわれた樋口次郎兼光!
かっこよくて、しびれました〜!
大立ち回りは、『THE 歌舞伎!』という感じで、見ごたえがありました!




ここで、畠山庄司重忠の登場!
あっ!また黒子がさりげなく椅子を用意している!
黒子のお仕事って、結構忙しいんですね!




忠義に厚い樋口に、情ある言葉をかける畠山氏は、「なんていい人なんでしょう!」と、最後はほっこりするお話しでした。




最後に、冨樫久一座長からのごあいさつ。
黒森歌舞伎妻堂連中は、舞台を支える人の数を含めて、総勢40名なのだそうです。
約280年、一度も休むことなく続けてきた伝統芸能。本当に素晴らしかったです!
前売券500円!「こんなに楽しませていただいて、もっけだの〜!」とただただ感動でした。




朝早くから、ホワイエにて、『黒森歌舞伎押絵』と『くろもりん押絵根付け』の販売を頑張ったくろもりん押絵倶楽部の皆さんと一緒に記念撮影をしました。

今年の押絵と根付けは、おかげさまで完売し、ホッとしたお顔のみなさんでした。
お疲れ様でした〜!


これより先は、2019年2月21日(木)BSプレミアム『英雄たちの選択』で木曾義仲が取り上げられた話題です。
黒森歌舞伎正月公演を観てから、酒田公演までの間にオンエアされた番組で、『木曾義仲』のことを学び、今回の『ひらかな盛衰記』の時代背景をイメージすることができました。
樋口兼光は、義仲四天王の一人。
木曾義仲が朝日将軍を呼ばれたことも、この番組で知りました。
やはり史実を知ってから、歌舞伎を楽しんだ方が、何十倍も楽しめますね!
黒森歌舞伎にご縁をいただいたおかげで、歴史を知る喜びを楽しませていただいております。
新たな楽しみが増えて、ありがたいと思っています。
私は、歌舞伎のことがよくわからないから、これから知る喜びがたくさんある!と感じています。
みなさまから、いろいろと教えてきただきたいと思っておりますので、よろしくお願い申し上げます。










↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ  


2019年03月04日

R 平成最後の『黒森歌舞伎酒田公演』/黒森少年歌舞伎&少年太鼓で、黒森小学校のみんなが頑張りました♪の巻



2019年3月3日(日)快晴
平成最後の『黒森歌舞伎酒田公演』が、希望ホールで開催されました。
希望ホールの外観を見て、改めていいホールだなぁ〜と改めて思いました。




中へ入ると、『ちびっ子くろもりん&いろどりん』がいっぱいいて、めんこぐで、思わずパチリ!




黒森小学校の低学年の子供達は、この姿で、先輩たちの黒森少年歌舞伎&少年太鼓を応援したり、缶バッジ&マグネットの販売のお手伝いをしました。
『ちびっ子くろもりん&いろどりん』のアイデアには脱帽です!
黒森小学校の皆さんは、キャラクターの活用が本当にお上手です。
今年から、いろどりんが加わったことで、可愛さがさらにアップしたように感じました♡
嬉しいですね〜♪




入場して、すぐに『くろもりん&いろどりん』の缶バッジ&マグネットをお買い求めくださる方がたくさんいらっしゃいました。
昨年から、黒森小学校の5・6年生がプロデュースして販売を始めた缶バッジは、すっかり定着しつつあるようです。




定番の『黒森歌舞伎おこし』や『黒森納豆』などの販売も行われました。




くろもりん押絵倶楽部のコーナーでは、黒森歌舞伎押絵やくろもりん押絵根付けが販売されました。
今年の『ひらかな盛衰記・梶原源太景季』の黒森歌舞伎押絵は、おかげさまで完売いたしました。
『くろもりん押絵根付け』は、今年初めての試みでしたが、爆発的な人気で完売いたしました。
たくさんの方々にお買い上げいただきまして、誠にありがとうございました。




正午から、『黒森少年太鼓』がスタートしました。
【曲目】
●四季黒森
●風
●彩




黒森小学校の女の子たちの姿は、まるで、『いろどりん』ちゃんでした!
みんなお揃いで可愛いですね〜♡




鳥屋前で、出番を控えている黒森少年歌舞伎の『白浪五人男』を発見!
ピリリとした緊張感が伝わってきました!




花道への出番待ち。
じ〜っと出番を待つ子もいれば、「緊張すっちゃ〜!お客さんから、拍手もらえるかな?」とそわそわする子に、五人五様でした!




一人ずつ花見へと送り出す現場を拝見し、ひな鳥の巣立ちの様に感じてしまいました。
6年生の子供達は、これが、最後の歌舞伎出演となります。
これから、どんどん大きな世界へ羽ばたいていくことでしょう。
故郷の黒森歌舞伎のことは忘れることはないと思います。




私は、すぐに2階へ移動して、花道に並ぶ『白浪五人男』の写真を撮りました。
大人顔負けの素晴らしい役者さんの姿になっていました。




『青砥稿花紅彩画/稲瀬川勢揃いの場』
バッチリ、『少年歌舞伎』の傘の文字が綺麗に並びました!




何度も黒森小学校へお邪魔させていただいたので、普段の子供達の顔がわかるだけに、まるで、自分の子供を見守るような気持ちで応援をしてしまいました。
ドキドキ、ドキドキ・・・




たくさんのお客様から、たくさんの拍手をいただき、うるうると感動しました。
本当に、よく練習をして、頑張りました!みんな、素晴らしい!!!




公演が終わり、6年生たちへ、黒森歌舞伎妻堂連中の五十嵐良弥副座長よりインタビューコーナーが始まりました。
おきまりの「今朝は、何を食べてきましたか?」に、さて、みんなはどう答えたのかなぁ〜?(笑)




今年は、前売券がたくさん出たということでしたが、最終的にどれくらいの観客数になったのでしょうか?

私の両親は、高齢のため、毎年酒田公演の方へ足を運ばせていただいております。
黒森地域の皆さんも、やはり高齢の方々は、酒田公演へお越しになられているようです。
酒田公演開催のありがたさを感じますね。




子供達がインタビューを受けている間、舞台転換で大忙し!
たくさんの人の手で、黒森歌舞伎が支えられていることを感じます。




バックヤードでは、ちょうど5年生の子供達が記念撮影をしていました。

黒森小学校の保護者の方々から、「いつもブログを見ています!」とお声掛けをいただきました。
学校での子供達の様子や少年歌舞伎や少年太鼓で頑張っている姿をブログにアップすることを楽しみしてくださっていることを知り、とても嬉しく思いました。
そして、子供たち自身が、自分の写真がブログに載っていることを喜んでいるということで、お役に立たせていただいているのであればありがたいです。




無事に公演を終えて、ホッとしたみんなの顔!
「よく頑張りました!」と黒森歌舞伎妻堂連中の冨樫久一座長より、お褒めのお言葉をいただきました。




黒森歌舞伎妻堂連中のみなさん宛に、みんなの寄せ書きを白浪五人男で日本駄右衛門を演じた佐藤太誠くんが、冨樫座長へ手渡しました。
「ご指導をいただいてありがとうございました」という立派な挨拶でした。
大人と小学校の交流がこれだけしっかりと出来ている地域は、今や貴重だと思います。
『黒森歌舞伎』がつなぐコミュニケーションは素晴らしいです!




黒森小学校の佐藤校長先生のお話しを真剣な眼差し聞く子供達。
いい子たちですね!
自然に応援したくなってしまいます!




6年生のみんなと、私も一緒に記念撮影させていただきました。
『いろどりん』の顔を考えてくれた渡部蒼矢くんが偶然、私の隣でした!
そして、その隣の佐藤太誠くんが、『いろどりん』という名前を考えてくれました。

子供達とコラボする機会を与えてくださった担任の先生方に、心より感謝を申し上げます。

そして、現在は、酒田二中の校長先生ですが、前黒森小学校の校長/岩本校長先生も、足を運んでくださっていました。
私のブログを見て、黒森小学校のみんなのことを見守ってくださっていたそうです。
黒森小学校を離れた方々にも、当ブログを見ていただいていることを知り、嬉しく思いました。




幕間のホワイエは、こんなに賑やかでした!
お弁当や軽食の販売があり、みなさんお食事を楽しまれています。
新鮮野菜などの売店コーナーもありました。




出演が終わった子供達は、また缶バッジ&マグネットの販売を開始しました。
おかげさまで、今年も、完売となり、子供達が大喜びしていました。


この後、本狂言『ひらかな盛衰記』が始まるのですが、今日は、ここまで。
本狂言は、明日のブログでアップさせていただきます。

酒田公演当日の朝、『所さんの目がテン』で、黒森歌舞伎が取り上げられたということで、話題になっていました。
黒森歌舞伎の皆さんは、公演準備で、朝から忙しかったため、「見逃した!」という声が多かったので、こんな感じだったということを画像でお伝えいたします。
酒田に1週間移住生活を体験した金丸慎太郎さんという方が、黒森納豆本舗を訪れ、黒森歌舞伎の稽古を見学し、後日の本番に出演するという展開でした。
黒森歌舞伎本番は、移住生活の番外編という形でしたが、大きく時間をとって放映してもらえて嬉しかったです♡
『くろもりん』も、全国に発信されましたよ〜♪
それから、オレンジのチェックの毛布を頭かぶって、黒森歌舞伎を観賞している私の後ろ姿も写っていました!(笑)
確かに、見たことのない役者さんだなぁ〜と思って見ていたのですが、こういうことだったんですね!










































移住を体験された金丸さんは、酒田の人はあたたかいとおっしゃっていました。
私も、そう思います。
その中でも、黒森のみなさんのあたたかさは、ダントツだと思います!
私のような者でも、あたたかく歓迎していただいて、まるで黒森が、自分の故郷のようになっています。
金丸さんから、黒森歌舞伎の素晴らしさを体験していただき、紹介してもらい、とても嬉しかったです。


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ




  


2019年02月21日

R 鶴岡エスモール『クリスマスローズ展』で『黒森歌舞伎写真展』同時開催決定!2/22(金)〜25(月)



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2019年2月21日(木)
鶴岡エスモールで開催される『クリスマスローズ展』の会場で「黒森歌舞伎の写真を展示してみませんか?」と主催の季楽会様よりお声掛けをいただきました。




写真左が、主催/季楽会の齋藤幸子さん。
写真右が、酒田市黒森地区のクリスマスローズ生産者『フラワー・プラム』の梅木昭裕さん。

先日の黒森歌舞伎正月公演の私のSNSを見た齋藤さんが、黒森少年歌舞伎『白浪五人男』で南郷力丸役を好演した梅木大智くんの写真を見つけ、大智くんのお父さんが出展される今回の『クリスマスローズ展』で、黒森歌舞伎の写真展を一緒にできないかしら?とご相談をいただきました。

3月3日の黒森歌舞伎酒田公演のPRを兼ねて、鶴岡のみなさまへ黒森歌舞伎を知っていただくには、グッドタイミングだと思い、私は、黒森歌舞伎保存会(酒田市教育委員会)へ写真パネルをお借りできないかと相談してみました。
御快諾をいただき、写真パネルの他に配布資料まで、いろいろご提供いただきました。
本日夕方から、私は、搬入のお手伝いをさせていただきました。




黒森地区で生産されたクリスマスローズと黒森歌舞伎写真のコラボレーション!
梅木さん親子が結んでくれたご縁です。
季楽会のクリスマスローズ展は、今回で11年ということで、齋藤さんはもちろんですが、エスモールのご担当者の方も、「大智くんを小さい時から知っていますよ!」ということでした。




酒田市教育委員会の担当の方が、今回のために、急遽、こちらの3月3日黒森歌舞伎酒田公演のチラシを作成してくださいました。
先日の正月公演の写真を使い、ぜひとも鶴岡のみなさま方にも、希望ホールへお越しいただきたいと願っていらっしゃいました。




TAKE FREEのコーナーもあります。
こちらを読むと、本狂言『ひらかな盛衰記』のあらすじが書いてあります。
これを読んでから、酒田公演を観ると楽しさ倍増です!
どうぞ手にとってみてください。

『くろもりん&いろどりん』も待ってるよ〜♪





ところで、クリスマスローズですが、初めてみた私は、驚きました!




400〜500鉢並んだクリスマスローズなのですが、全部違うんです!!




梅木さんにお聞きしてみたら、元は、一つの苗なのだそうです。
遺伝子が安定していない=咲いてみないとどうなるのかわからない摩訶不思議な魅力!
「花びらに見える部分は、実はガクなんです」と教えられて、私は、ちんぷんかんぷんでした。
とにかく育ててみなければ、どう育つのかがわからないものだということはよくわかりました。
クリスマスローズ栽培にはまる人って、結構いらっしゃるんでしょうね!




ほらね〜!全部違うでしょ!葉っぱの形も違いました!
摩訶不思議なクリスマスローズにびっくりです!




可愛らしい色合いのものもありました。
開催期間中、齋藤さん、梅木さんは会場にいらっしゃいますので、詳しいことは、直接お聞きしてみてください。




エスモール『ヒカリの広場』は、吹き抜けになっていて、開放感があっていいですね!
お買い物を楽しみながら、クリスマスローズに癒されてはいかがでしょうか?




エスカレーターの脇のスペースで開催されます。
クリスマスローズの世界をお楽しみくださいませ。




こちらの写真は、2月17日(日)黒森歌舞伎正月公演の際に、黒森少年歌舞伎『白浪五人男』で南郷力丸役を演じた梅木大智くん(黒森小学校6年生)です。
大智くんは、今年で黒森小学校を卒業なので、3月3日(日)酒田希望ホールでの黒森歌舞伎酒田公演の出演が、最後になります。
本当に素晴らしい役者っぷりですので、多くの方々にご覧いただきたいと願っています。
今回のクリスマスローズ展へ黒森歌舞伎写真展のお話しのきっかけを作ってくれたのは、大智くんが演じる南郷力丸の写真でした!
大智くんのおかげです!ありがとう!
それにしても、イケメンっぷりは、親子そっくりですよね!

最後に、この度、お声掛けくださった季楽会の齋藤幸子様へ、心よりお礼を申し上げます。



↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ

  


2019年02月17日

R 平成最後の黒森歌舞伎正月公演!『ひらかな盛衰記』イケメン源太と男前樋口に惚れ惚れ〜の巻



2019年2月17日(日)10:00〜
平成最後となる黒森歌舞伎正月公演の会場となる黒森日枝神社へ行ってまいりました。

私は、冬が大っ嫌いです。
大嫌いな冬の中で、唯一の楽しみが、この『黒森歌舞伎』です。
ここに足を運ばなければ、出会えない方々がたくさんいます。
私にとって、黒森歌舞伎を観る場所というだけでなく、たくさんの知り合いに会いに行く場所となっています。




酒田市黒森小学校の児童による『黒森少年太鼓』が始まっていました。
時折、雪がちらつく中、元気に太鼓の音を轟かせていました。
みんなで息を合わせて、よく練習を頑張ったと思います。
お見事でした♪




地元の消防団のみなさんが、大量のこんにゃくを煮て、場内のお客さんに無料で振る舞っていました。
「好きなだけ食べてくれ!」と大判振る舞い!
毎年恒例のことなのですが、初めてのお客さんは、びっくりしていました。
だって、普通は、こんにゃく1本100円で売っている時代ですから、「自由に取ってくれ!」と言われたら、驚きますよね!
私も、遠慮なく2本頂きました。
あっつあつで、フーフーしながら、美味しくいただきました。
「もっと、食べれ!」と言われましたが、無料の呉汁や甘酒もあったので、2本でやめておきました!(笑)




黒森小学校の子供達が、黒森歌舞伎のキャラクター『くろもりん』と黒森少年太鼓のキャラクター『いろどりん』の缶バッジ&マグネットを1個100円で販売を始めました。




昨年の5・6年生が、この缶バッジ&マグネットを自分たちで考え、販売することを始めました。
昨年とは、色が違います。
買ってもらえるかどうか、ドキドキしているのが伝わってきました。




去年の先輩が、缶バッジを購入してくれていました。
黒森小学校を卒業しても、後輩たちの頑張りを見に来て、応援してくれるって嬉しいですね!

今年誕生したばかりの『いろどりん』が、バカ売れで、子供達も大喜びでした!
新キャラクターの誕生をたくさんの方々に喜んでいただくことができて、嬉しいです♡




子供達を呼び止めて、ご購入くださる方々もたくさん!
缶バッジの販売を通して、地元の子供達とのふれあいが、黒森歌舞伎の風物詩になってもらえたら、嬉しいですね!




黒森日枝神社へお札をいただきに行きました。
古札を持って行ったのですが、古札の回収は、12月20日前後に回収しているとのことでした。




神社の中では、黒森少年歌舞伎の子供達が支度をしていました。




会場のテント内の『くろもりん押絵倶楽部』のブースです。
今年誕生した『くろもりん押絵根付け』1個300円は、飛ぶように売れ、激レア商品となりました。
「酒田公演へ向けて、明日から、また作ります!」と気合いが入っていました。

おかげさまで、『黒森歌舞伎押絵』も、好調にお買い上げいただき、酒田公演での販売は、残り数部となりました。
くろもりん押絵倶楽部のみなさんが一番苦労されたつまみ細工の梅の花の華やかさが人気だったようです。
頑張った甲斐がありました!よかった!よかった!!!

すでに、来年の『黒森歌舞伎押絵』のご予約もいただいているそうです。
嬉しい反面、気持ちが引き締まります!




『式三番叟』です。




こちらは、テント内で温められていた『呉汁』です。
地元のお母さんたちが、前日から準備していたものです。
無料で振る舞われるこの『呉汁』を楽しみに、会場へお越しになられる方がたくさんいらっしゃいます。
私も、つらつけねぐ、お代わりしていただき、身体があったまりました♡




すっかり定着した『黒森歌舞伎まんじゅう』です!
1箱6個入り800円です。
こちらも完売いたしました。




おこしの会のみなさんの手作り『黒森歌舞伎おこし』200円と黒森納豆各種も販売されました。




今日は、時折雪がちらつくお天気となり、『雪中芝居』を激写しようと、たくさんのカメラマンが詰めかけていました。
境内に自由に入れて、撮影も自由にできるイベントとして、カメラマンの方々に人気です。




きゃーかわいい♡
黒森小学校の低学年の子供達は、赤い法被と頭に『くろもりん&いろどりん』のお面をつけて、売り子さんをやっていました。
場内をめんこい子供達が歩き回ってくれると、賑わいが出て、とってもいいです!
寒い中、黒森歌舞伎のムードメーカーになってくれて、ありがとう♡




大道具さんも、かわいい子供達に目尻が下がりっぱなし!
「これだば、買てやらねばねの!」と言いながら、子供達から「ありがとうございます」と言われて、とっても嬉しそうでした♡

この写真の小屋の中で、地元の消防団のみなさんが、こんにゃくを煮ています。




大判焼き屋さんも人気でした!




今年の演目と配役です。




酒田市で新調したテントです。
ここに、『くろもりん&いろどりん』のキャラクターも入れて欲しかったなぁ〜。。。
ます席のお客さんは、特製歌舞伎弁当を召し上がられていました。




『黒森少年歌舞伎』が始まりました。




『白浪五人男』が花道から登場!
みんな超かっこいい〜!
普段とは別人のようでした!




なんと!ステージには、ポーランドの国旗と日の丸が!!!
2019年11月『黒森歌舞伎ポーランド公演』のために、ポーランド日本大使館の大使とご家族の皆様が会場へお越しくださっていたので、歓迎の演出だったようです。
激レアな『青砥稿花紅彩画/稲瀬川勢揃いの場』となり、感激しました!




みんなのことがわかるだけに、私は、保護者のような気持ちで、ハラハラドキドキしてしまいましたが、みんな見事な演技で、心から拍手をおくりました。




南郷力丸役の梅木大智くんの目力と腹の底からの声は、大人顔負け!
場内からたくさんの喝采をいただいていました!




今日は、観客がこ〜んなにいっぱい!
とっても嬉しかったです!
ご来場いただきまして、誠にありがとうございました。




『黒森少年歌舞伎』が終わり、本狂言へ向けて、舞台転換となりました。




『白浪五人男』役の子供達は、まるでアイドル並みの人気でした!




大役を終えて、ホッとした表情の子供達。
素晴らしかったです!
黒森小学校のみんなに出会えたことを誇りに思いました。




私は、今年も黒森のみごい家(屋号)にお世話になりました。
親戚の皆さんが集まる中、私も、遠慮なく手料理の数々をご馳走になりました。

手作りの海老マヨ&豚の角煮は、特に絶品でした〜!
毎年、豪華なおもてなしをいただいて、もっけだの!





みごい家の方が予約してくださった『ます席』にて、本狂言観賞させていただきました。
座布団、湯たんぽ、毛布、お土産、特製歌舞伎弁当が、支給してもらえます。

地元民の黒森歌舞伎の楽しみ方は、ポットに熱燗、熱いお茶。そして、おつまみセット。
今年も私の大好物のチーズをご用意してくださっていました。もっけだの!

黒森のお酒『菊勇』&『爽やか金龍』を飲んでいる私たちの前に座っていた方の背中に『NPO法人 岡山県断酒新生会』のロゴが!(笑)




本狂言『ひらかな盛衰記』一幕目 梶原館源太勘当の場
鎌倉一のイケメン・梶原源太景季と千鳥




みごい家のご親戚の坂東烈矢さんは、梶原平次景高役でした。




舞台の裏では、酒田東高校2年の佐藤日和ちゃんが、笛や太鼓、三味線で、大奮闘していました!
女性は、表には出られない世界ですが、私は、しっかりと日和ちゃんが奏でる音を聞いていましたよ!
短い練習時間でしたが、よく頑張りましたね!
あっぱれでした!
ぜひとも、ポーランドでも奏でていただきたいと願っています。




浄瑠璃のお二人。
写真左の豊竹 貴史太夫さんは、19年前の『ひらかな盛衰記』で、この梶原源太景季役をされました。
本日は、感情移入がハンパないって感じでした。




本狂言の中でも、『ポーランド公演』のお知らせがありました。
昨年、私が作成させていただいたポスターをご活用くださり、とても嬉しかったです。
ポーランド公演の成功を心から願っています。




本日は、ご来賓として、ポーランド日本大使館の大使とそのご家族様、参議院議員・中曽根弘文様、衆議院議員・加藤鮎子様、酒田市長・丸山至様がお越しくださっていました。




梶原源太景季と横須賀軍内。
「源太は殺さぬ、手ばかり動く」という名セリフを聞くことができて感無量でした!




『ひらかな盛衰記』二幕目 福島松右エ門内 同裏手船中 同物見の松が始まりました。

福島松右エ門役は、笹本 敬さんです。
この時点では、いい婿さんっぷりだったのですが・・・




この時点になると化粧も加わり、樋口次郎兼光の表情になっています。
素晴らしい演技力!
さすが!

権四郎のコロコロ変わる感情の起伏を見事に演じられた岩井克之さんも、お見事でした。




お話しの内容に触れると長くなってしまうので、触れませんが・・・
こちらの写真は、樋口次郎兼光が見得を切っている瞬間です!
目が、しっかりと見得を切っていて(片目だけが寄り目)、『THE 歌舞伎』という場面を楽しませていただきました。




時折、いい感じに雪がちらつきました。
『雪中芝居』になり、風情がありました。




またもや、場面が転換し、今度は、突然、子供になっていました!(裏手船中)
と、これが、歌舞伎特有の遠近法なんです。
遠くの船の様子なので、舞台に小さな船を用意して、体の小さな子供を乗せて、さも、遠くの船でお話しが展開しているように見せています。
昔の人は、よくこんな演出を考えましたね!
歌舞伎って、面白いですね〜!

能には、こういう演出ってあるのかしら???




いよいよ、クライマックスの物見の松が始まりました。




花道を使って、スケール感がありました。




樋口次郎兼光の気迫に圧倒されまくりでした!




忠義に厚く、男前な役どころ!
今年の『黒森歌舞伎押絵』の顔が、源太か?樋口か?で、なかなか決まらなかった理由がよくわかりました。
樋口を『黒森歌舞伎押絵』にしたデザインが、私の頭の中に浮かんできました。
全てを観賞させていただき、『ひらかな盛衰記』は、一度で二度美味しい狂言だったと感じました。




最後に出演者が揃ってのごあいさつでした。
冨樫久一座長の観客のみなさまへのあたたかい挨拶は、ありがたいものでした。
舞台の裏側には、これ以上の人たちが支えています。
みんなで作り上げている黒森歌舞伎の世界を存分に楽しませていただきました。




公演が終わってから、みごい家にて、黒森名物『黒森生そば』をごちそうになりました!
昨年、いただいて、やみつきなりました!(笑)
1年ぶりにいただきましたが、やっぱり美味しかったです!
ごちそうさまでした。




帰宅してから、持たされた手土産を広げてみたら、びっくり!
黒森のみなさんの愛情をいっぱいいただいてまいりました。




『黒森歌舞伎まんじゅう』や『黒森歌舞伎おこし』をいただきながら、このブログを書いています。
お世話になった黒森地区や黒森歌舞伎のみなさまへ、私は、どうお礼をしたら良いのかと思案しています。

たくさん楽しませていただいた上に、お腹いっぱいごちそうになりまして、誠にありがとうございました。


<お知らせです>
「黒森歌舞伎は見たいけれど、寒いのは嫌だ!」という方は、3/3(日)の酒田公演(希望ホール)12:00〜があります。
前売り500円(当日700円)で、素晴らしい歌舞伎の世界をお楽しみくださいませ。


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ  


2019年02月08日

R 沖縄・今帰仁村の小学生のみなさん、黒森小学校へようこそ♪ 沖縄の黒糖と庄内米で、「おこし」作りで交流の巻♪



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2019年2月7日(木)
昨年の黒森小学校5・6年生がプロデュースし、販売した『くろもりん/缶バッジ&マグネット』の収益金で、今年の5・6年生がこちらの『黒森少年歌舞伎&少年太鼓』ののぼり旗を作りました!
アイデアを考えたのは子供たちで、私は、データ制作のお手伝いをさせていただきました。
自分たちで考えたのほり旗が完成して、大喜びする子供たちの笑顔を見ることができて、とても嬉しかったです♡





そして、こちらの『黒森小学校ウェルカムボード』の材料も、缶バッジ&マグネットの収益金を活用して、子供達が作成しました!
片面が『くろもりん』。
片面が『いろどりん』。
リバーシブルで使えるウェルカムボードです!
タイヤを付けて、可動式になっているところが素晴らしいですね!
とっても上手にキャラクターを描いてくれて嬉しいです♡





ウェルカムボードやのぼり旗を並べて、再度、黒森小学校5・6年生のみんなの写真を撮りました。
「黒森少年歌舞伎・少年太鼓を観に来てください!」という熱意が伝わってきます!
ただいま、一生懸命練習していますよ!




平成最後の黒森歌舞伎公演で、黒森小学校のみんなが販売する『缶バッジ&マグネット』は、こちらになるそうです。
四角いのがマグネットで、各種75個限定で100円で販売します。

メディアのみなさまへ
黒森小学校の子供たちは、「黒森歌舞伎・少年歌舞伎・少年太鼓をたくさんの人から見て欲しい!」という願いで、このように頑張っています。
『缶バッジ&マグネット』の収益金も上手に活用しています。
この取り組みを是非とも、メディアで取り上げていただけますようお願い申し上げます。




そして、本日2019年2月8日(金)は、酒田市交流事業として、『沖縄・今帰仁村(なきじんそん)の小学生(35名)』が、黒森小学校を訪れました。
午後からは、黒森小学校5・6年生のプロデュースで、『沖縄の黒糖と庄内米で「おこし」作り』の交流会がランチルームにて開催されました。




みんなで手を洗いました。
手洗い場には、酒田市のキャラクター『もしぇのん&あののん』。
そして、黒森歌舞伎のキャラクター『くろもりん』と黒森少年太鼓のキャラクター『いろどりん』が素敵にディスプレイされていました。
誕生したばかりの『いろどりん』が、違和感なく、しっかりと全体のバランスを作り出していますよね!




『おこし』の作り方
1.鍋に水あめとサラダ油を入れ、そこに、沖縄の黒砂糖を投入します。




2.よくかき混ぜてから火にかけ、グツグツと焦げないように煮立たせます。




ちょうど見学に来ていた『食房 一洋』のお母さんを見つけたので、煮詰め具合をチェックしていただきました。




3.煮詰めた黒糖の鍋に、庄内米のポン菓子(地元で作ってもらいました)を投入し、よくかき混ぜます。




4.青きな粉を入れたボールに移しまぶします。




5.食べやすい大きさに手で丸めます。




男の子たちも、真剣です!





個性豊かに、どれも美味しそうに完成しました♡




出来立ての生あたたかい『おこし』の試食会!
沖縄の子供達は、初めて見る『おこし』をじっくり観察してから、口に運んでいました。




「お味はいかがですか?」と沖縄の子供に質問してみました。
すると、「初めて食べたけど、美味しい!」と嬉しそうな笑顔を見せてくれました。




黒森小の星川明海ちゃんが、「リコさん!見て〜!ハート型に作ったの!」とVサインで教えてくれました!
ハート型おこしとは、なんて素敵なんでしょう♡
沖縄の子供と先生と一緒にパチリ!

せっかく写真を撮りましたが、沖縄の子供達の写真は、保護者様の掲載確認がとれませんので、顔にぼかしを入れさせていただきます。せっかくいい表情での交流会なのですが、ご了承くださいませ。
ちなみに黒森小学校の子供達の当ブログへの顔出しは、学校の先生から了解をいただいております。




『おこし』作りが大成功して、みんな嬉しそうでした。
それにしても、沖縄との交流事業で『おこし』作りのアイデアとは素晴らしいですね!
食べきれなかった子は、お持ち帰りとなりました。

私も、試食させていただきましたが、美味しかったです!
おやつに最高ですね〜♪





沖縄の子供たちへ、庄内米、おこし、くろもりん缶バッジが、黒森小学校からおみやげとして渡されました。
『くろもりん』が沖縄へ渡る日が来るとは、びっくりです!
大人よりも、黒森小学校の子供達の方が、キャラクターを上手に活用していますよね!
私は、子供達から、教わることばかりです!

早速、完成したばかりの『のぼり旗』が、沖縄の子供達を歓迎するツールとして、役立っていたのが嬉しかったです♪




沖縄の子供達を見送った後の洗い場です。
後片付けも、黒森小の子供達がちゃんとやりました!
今回、『おこし』作りをするにあたり、黒森小の子供達は、何度も事前に練習をしたそうです。
なかなかくっつかなくて、バラバラになったり、固まらなかったりと、失敗を重ねたということで、今日の『おこし』作りは成功してよかったと喜んでいました。

沖縄から来てくれた子供達をおもてなしする黒森小の子供達のみんなの姿は、とても素晴らしいものでした。
きっと、沖縄の子供達へ、その思いは伝わったことと思います。
おみやげの『くろもりんの缶バッジ』を見たら、黒森小学校のことを思い出して欲しいなぁ〜と願います。

今日は、日中でも、-3℃という地吹雪で視界が悪い天候でした。
沖縄の子供達は、雪国の厳しい冬の中での暮らしを体験できたことと思います。

黒森小学校のみんなは、この寒い天気の中、黒森少年歌舞伎や少年太鼓を野外で演じるわけですので、『根性』『辛抱』が鍛えられますよね!
どうぞ2月15・17日は、黒森歌舞伎演舞場へ足をお運びいただき、黒森小学校のみんなを応援してください。よろしくお願いいたします。


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ

  


2019年01月25日

R NEWS!黒森小学校5・6年生が、ハーバーラジオ・スポットCMに出演します♪



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

酒田市立黒森小学校の生徒たちは、
2月15・17日の黒森歌舞伎正月公演と3月3日の酒田公演(希望ホール)に、『黒森少年歌舞伎』と『黒森少年太鼓』で出演します!

黒森小学校の5・6年生は、自分たちの日頃の成果を黒森地域以外の方々にも、会場へ足を運んで、観てもらいたいということで、昨年度から、PR大作戦を行っています。
今年は、『黒森少年太鼓』のキャラクター『いろどりん』をみんなで考え、ものすごく盛り上がっています♪
その勢いで、来週は、なんと、みんなで、『ハーバーラジオデビュー』するそうです!
4班に分かれて、約1分くらいのスポットCMを1日4〜5回、1/28(月)〜2/1(金)の5日間オンエアされるそうです。
おおよその時間帯を教えてもらいましたので、勝手にポスターを作っちゃいました!(笑)
頑張っている黒森小の子供達を陰ながら応援してあげたいですね!
「たくさんの方々へ、子供達の声が届きますように♡」

伝統芸能を引き継ぐ子供達の声を聞ける貴重な機会です!
子供達がどんなことを話すのか、ドキドキワクワクしますね〜!
ぜひとも、ハーバーラジオ 酒田FM76.1へ耳を傾けていただけますようお願い申し上げます。

※緊急ニュースがあった場合などは、オンエアが中断されたり、中止になることもありますが、その際は、ご了承くださいませ。

子供達にどんどん社会体験をさせていらっしゃる黒森小学校の先生方の熱意に頭が下がります。
小学校の時に、ラジオデビューした体験は、生涯忘れることのない自信につながると思います。
子供達のまっすぐな情熱に、私も、たくさんの学びをいただいております。


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ  


2019年01月18日

R 新キャラ『いろどりん』誕生!黒森小学校5・6年生のみんなと一緒にクリエイティブワークの巻♪




『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2018年1月18日(金)14:00〜
酒田市立黒森小学校5・6年生の総合学習の時間にお招きをいただきました。

今日は、5・6年生のみんなが考えた黒森少年太鼓のキャラクターを私がイラストデータ化した作品を発表しました!

ジャーン!
黒森少年太鼓の新キャラクター
『いろどりん』です!!
(写真左)

黒森少年太鼓は、黒森小学校の女子生徒が中心となって活動しています。
たくさんの人から、黒森少年太鼓を見てもらうためにPRする『いろどりん』というキャラクターをみんなで考えました。

写真左から、
●ネーミングを考えた『佐藤太誠くん』
●顔のデザインを考えた『渡部蒼矢くん』
●衣装のデザインを考えた『佐藤柚那さん』
そして、みんなのアイデアをイラストデータ化した私。

子供達の素晴らしい感性に感激しました!





『くろもりん』にかわいい仲間が増えて嬉しいです♡
『いろどりん』は、とっても素晴らしいキャラクターだと思います。
今回、子供達のアイデアを形にするお手伝いをさせていただいて、楽しかったです♪

これからは、『くろもりん』と『いろどりん』で、『黒森少年歌舞伎と少年太鼓』を応援していきますので、よろしくお願いいたします!




こちらの写真は、『いろどりん』を発表した時の子供たちの様子です!
とっても嬉しそうに笑っている子、身を乗り出している子、手を叩いて喜んでいる子。
自分たちで考えたキャラクターが、具体的な形になった瞬間の喜びは、感動的だったと思います。

子供達の喜ぶ姿を拝見できて、私は幸せでした♡


『いろどりん』のデザイン発表が終わってから、今日は、キャリア教育(進路)の一環ということで、私の仕事や音楽活動についてのお話しをさせていただきました。
子供達から、次々に質問の手が上がり、積極的な姿勢に驚きました。
黒森小学校の子供達のパワーは凄いです!
歌舞伎や太鼓でたくさんの地域の大人と関わっているから、相手が大人でも、臆せず質問ができるのだと思います。





こちらは、現在、黒森小学校5・6年生のみんなが製作しているウェルカムボードです。
昨年、『くろもりん』の缶バッジとマグネットを子供達がプロデュースして販売した売上金で、ウェルカムボードの材料を買って製作中とのこと。
『くろもりん』というキャラクターを上手に活用している子供達!
大人顔負けです!素晴らしい!!

今年の2月15・17日の黒森歌舞伎正月公演でも、缶バッジとマグネットの販売を考えているそうです。
子供達が、黒森歌舞伎、少年歌舞伎、少年太鼓へたくさんの方々から来てもらいたいという熱意を感じ取ってもらえたらありがたいです。


黒森小学校の校長先生はじめ、担任の石垣裕子先生のおかげで、子供達と一緒にクリエイティブワークをさせていただく機会をいただきまして、誠にありがとうございました。
今日、産声をあげた『いろどりん』をこれから、子供達がどんな風に活用していくのか、一緒に見守らせていただきたいと思っております。
今後ともどうぞよろしくお願い申し上げます。



↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ