2015年01月31日

R 高齢者向けのメニュー!&寒鱈の昆布〆



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2015年1月31日
Ricoママが、「テレビで、高齢者向けの料理を紹介しったさげ、つぐてみだ!」とこちらの鍋料理??をお昼に出してくれました。

私「これのどこが、高齢者向けだな?」
Ricoママ「ニンジンや大根をピーラー(皮むき器)で薄くスライスすんなんど!」
私「なるほど、これだば、歯ごたえねぐで、食べやすの!歯の悪い人だったら、消化さいいがもの!」
Ricoママ「あと、ごはんをつぶして、鶏肉と豚肉と合わせて団子にしたなだ!つなぎに団子の粉を入れたよ」
私「あ〜、なるほど、最初からごはんを潰してもらってるから、噛まなくていいの!食べやすくて美味しいの!」
Ricoママ「それから、ワンタンの皮どご入れんなんけ〜!」
私「え?ワンタンの皮をそのまま入れるの?」
Ricoママ「んだんけ!ごはんが少ないから、ワンタンの皮で調節すんなんがも!」
私「つるつるった食感で、変化があって美味しいの!ワンタンの皮はありだの!」





Ricoママ「まだ、こったぎ団子にしたなが残ったさげ、次は、揚げて入れてみるの!」
私「それだば、カロリー高くなって、高齢者向けでねなんね?」
Ricoママ「揚げだ方がんめど思うよ!」
私「さすが、いきなりテーマ無視だよの!」(笑)

その後、団子を揚げて食べたRicoママが・・・
「やっぱり揚げだ方がんめけ!」

私「もう、高カロリーで、高齢者向けのメニューでねよの!」
Ricoママ「んめば、いなんね〜」
私「・・・。」





こちらは、前日頂戴した寒鱈の半身を昆布〆にしたものです。
上品な味わいで、喉がなりました♡
やっぱり鮮度の良い寒鱈のお刺身は美味しいですね♪
日本海は、白身魚のパラダイスだと改めて思います。
寒鱈は、冬の白身魚の王様という貫禄がありますね!
朝から美味しくいただきまして、ごちそうさまでしたm(_ _)m


<今日の短歌>
食材に 一手間込めて たべやすく
  高齢向けに なるほどの知恵


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加  


Posted by Rico at 23:56Comments(0)FOOD

2015年01月30日

R 『寒鱈2015』寒鱈汁と鱈の子炒りの夕餉



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2015年1月30日(金)
父が、お世話になっている漁師さんから寒鱈1本をどーんといただいて帰宅しました!

これは、オスでしょうか?メスでしょうか??

私は、顔を見ただけで、大体わかりますよ!
これは、メスですね!

寒鱈も、鮭も、オスは鼻先が尖っていて、鋭い顔をしています。
一方、メスは、鼻先が丸く、愛嬌のある顔をしています。
もちろん、中には例外もありますが・・・(^^;





メスということで、白子は入っていませんが、鱈の卵が期待されます!
しかし、産卵後かどうかは、解体してみないとわかりません!





わ〜い!立派な卵が入ってました♡
この卵をほぐして、醤油漬けにする「こづけ」という食べ方もありますが・・・





私は、断然、こちらの『鱈の子炒り』の方が好物です!
コンニャク、にんじん、椎茸と一緒に炒り付けると、ものすごいボリュームの『鱈の子炒り』が完成します♡
新鮮な卵で作った『鱈の子炒り』は、冷凍の卵とは比較にならないほどの美味しさです!
お弁当のおかずにも最高ですね♡





こちらが、『寒鱈汁』です!
本来は、豆腐や岩のりを入れるのですが・・・前触れもなく寒鱈を頂戴したので、家には材料がありませんでした。
味噌、酒粕、ネギ、あとは、寒鱈の切り身と肝臓のみのシンプルイズベスト!
すくっても、すくっても、寒鱈の切り身と肝臓しか入っていないというなんとも贅沢な『寒鱈汁』となりました。
新鮮な『寒鱈汁』は、全くクセがありません!
美味し〜い♡

Ricoママ「今日は、ごはんがないから、『寒鱈汁』だけで、腹いっぱいにしてくれの!」
私と父「えーっ!」
Ricoママ「んだが?んだば、昨日の残りのお好み焼きだばあんでも!」
私と父「食べる〜〜〜〜っ!!!」

どんなに美味しくて、食べ切れないほどの『寒鱈汁』があっても、やっぱり炭水化物がないと、お腹が落ち着きませんよ〜!(>_<)

今夜は、わんこ隊も、寒鱈をたらふくほおばっていました!

庄内の海の幸に感謝♪
漁師さんに感謝です♪


<今日の短歌>
寒鱈で 腹いっぱいの 幸せよ♪
  郷土の味覚 今年も旨し


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加  


Posted by Rico at 23:28Comments(0)FOOD

2015年01月29日

R 『木いちご珈琲店』(酒田駅前)のココア&太ももの会『玄丸』でぜんざい



『Rico‘s Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2015年1月29日(木)
仕事の合間に、『木いちご珈琲店』(酒田駅前)さんで、ココアでまったり〜♪
おいし〜い!生き返りました〜♡

今日は、クライアントさんから、「お忙しいんですか?疲れた顔をしていますね」と言われてしまいましたicon10
月曜日から3日間、缶詰めになって、ホームページ制作をして、深夜に完成したため、疲労が顔にでてしまったようです。
顔は疲れていたかもしれませんが、自分の中では、期限内にやりきった感があり、清々しい気持ちでした♡





帰宅すると、Ricoママが、昨年、親戚から頂いたあずきを煮て、『ぜんざい』を作ってくれました。
疲れた身体には、甘いものは、いいですね〜!
疲労がほぐれる味わいで、とても美味しかったです♡
おもちが、玄米入りだったためか、焼き目がとても香ばしくて、これまた絶品でした!





こちらが、『玄丸』という酒田市の太ももの会さんのおもちです。
Ricoママは、普通の白いおもちと勘違いして買ってしまったらしいのですが、『ぜんざい』には、この素朴な味わいがピッタリだったと思います。
庄内で獲れたあずきとおもちで作った『ぜんざい』は最高です♡


今週、あと一踏ん張り、二踏ん張り、お仕事頑張ります!!!
2月には、2月の予定がビッシリなので、1月中に仕上げられる仕事は仕上げなくては!
年が明けたばかりだと思っていたら、バタバタしているうちに、1月が終わろうとしています。
ちょっと〜!早過ぎませんか???



<今日の短歌>
疲れてる 顔してるよと 指摘され
  ホットココアと ぜんざいチャージ


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加  


Posted by Rico at 23:58Comments(2)FOOD

2015年01月28日

R 日新公いろは歌『は』『に』/ようやく完成〜♪




『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

昨年、鹿児島の『維新ふるさと館』の館長さんから頂戴した『日新公いろは歌』を書にして欲しいというRicoママからのリクエストの続きです。
『は』『に』をようやく書き上げました!
牛歩というより、なまけもののペースで書いてますicon10
千里の道も一歩から!!ゆっくりでも、歩みを止めずに、最後まで書き上げますよ!

『は』はかなくも明日の命を頼むかな
   けふもけふもと学ひをはせて

<訳>人間、明日のことは予測がつかない。勉学修養を明日にしよう明日にしようと引き延ばし、もし明日自分が死んだらどうするのか。今、その時その時に全力投球せよ。


昨日ブログでご紹介した『吉田松陰』が極刑前に『留魂録』を書く心境と、昨夜NHK Eテレで紹介した幕末の偉人『榎本武揚』が極刑前に己の知識を書き上げた心境と重なってしまいました。
『日新公(じっしんこう)いろは歌』は、天文14年(1545)に伊作の領主、島津日新斎忠良が作った教えで、神道、儒教、仏教の三つの教えをもとに、人として生きる道、特に武士として守らなければならない道を説いたもの。
武士は、常に死を意識していたからこその教えだったのだと思います。
でも、武士でなくても、我が命に限りがあることを意識して生きることは、今一瞬、一瞬を大切に生きることにつながるように感じました。






『に』似たるこそ友としよけれ交らハ 
   われにます人おとなしき人

<訳>人はえてして、自分と実力が同等の人と仲良くなるが、それではそれ以上の進歩は望めない。自分より資質の上であると感じる人と付き合うことで己の腕を磨くべし。

ありがたいことに、私の周りには、心から尊敬する方がたくさんいらっしゃいます。
尊敬する方の周りには、尊敬できる方の輪がさらにあるものですね。
己の教養のなさを知ると共に、少しでも、学びを得たいと願っています。


<今日の短歌>
命ある かぎり 世のため 人のため
幕末偉人 尊敬の念


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加  


Posted by Rico at 23:56Comments(0)SHO

2015年01月28日

R 吉田松陰『留魂録』現代語訳・解説:城島明彦(致知出版社)購入してみました。



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

今年のNHK大河ドラマは、『花燃ゆ』。
主人公は、吉田松陰の妹/文という女性です。
これまで、4話通して観ましたが、今ひとつ、私には『吉田松陰』のことがよくわかりませんでした。

そこで、「カリスマ・オブ・カリスマズ」といわれる『吉田松陰』のことを少し勉強してみたいと思い、致知出版社の『いつか読んでみたかった日本の名著シリーズ8』の吉田松陰『留魂録』を購入してみました。
このシリーズは、ビギナーにおすすめの現代語訳付きの読みやすい本です。


『留魂録(りゅうこんろく)』は、吉田松陰が、井伊直弼の恐怖政治「安政の大獄」によって投獄され、30歳という若さで処刑される二日前から執筆にとりかかったものなのだそうです。
私は、『留魂録』の存在を初めて知ったので、衝撃が走りました。

冒頭の辞世の句
身はたとひ武蔵の野辺に朽ちぬとも留置かまし大和魂(二十一回猛士)
※『二十一回猛士』とは、吉田松陰の号

『留魂録』は、僅か五千数百字にすぎないが、そこには“魂魄の叫び”とも称すべき激烈な遺志がある。
「わが屍(しかばね)を踏み越えていけ」との願いを込めて松下村塾の門下生たちに贈った渾身の檄文。

と解説されています。

『吉田松陰』から、学ぶべきこと。
たくさんありますね。
素晴らしいことが書かれてありました!
「明日死ぬ」とわかったら、私は、どんなことをブログに書くのかしら?と思わず考えてしまいました。


「松陰を語らずして維新を語るなかれ」
この本を読んだおかげで、次回からの『花燃ゆ』は、見え方が違ってくるでしょうか???
『花燃ゆ』のストーリーも、この本を読んでわかってしまいました!
いずれにしても、歴史を学ぶことは、大事なことなのだと、この歳になって、ようやく思えるようになりました。



<今日の短歌>
明日死ぬと 分かった時に 何を書く
  吉田松陰 魂残す


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加  


Posted by Rico at 00:40Comments(0)荘内南洲会

2015年01月26日

R ごっつあんです!なんちゃってちゃんこ鍋&切り昆布のサラダ



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

今週は、今月中にUPしなければならないお仕事のために、ほぼ缶詰状態となります!
でも、昔から、缶詰状態って、嫌いではないんですよね!
制作に没頭できる幸せ♡を感じます。
そういう時、やはり自分は、ものづくりタイプの人間なんだろうなぁ〜と思います。

さて、こちらの写真は、Ricoママ特製なんちゃってちゃんこ鍋です!
テレビで、なんとか部屋のちゃんこ鍋を紹介していたのを観たRicoママが作ってくれたのですが・・・
Ricoママ「これ、なんとか部屋のちゃんこ鍋だど!」
私「うそだろ?ちゃんこ鍋さ、レンコンは入れねよの!」
Ricoママ「残った煮物どご使たなだ!」
私「やっぱりの!リメイク料理だば、お母さんさかなわねもんの!」
Ricoママ「鶏だんごどご入れだなだ!鶏は、手が土に付かないから、お相撲さんには縁起のいい食べ物だんど!」
私「結局、残った煮物さ、鶏だんごと豆腐どご入れただけだよの!」
Ricoママ「んだ!なんちゃってちゃんこ鍋だの!(笑)」





Ricoママ「これ!切り昆布どご使ったサラダをテレビで紹介しったさげ、作ってみだよ!」
私「これも、切り昆布だけが同じで、キャベツもキーウィも、家さあったから使ったんよの?」
Ricoママ「んだ!家さあたなで作ったなだ〜!」

一体、テレビでは、どんな食材で、どんな感じのお料理として紹介されたんだろうなぁ〜と推測しながら、美味しくいただきました。
よくRicoママに「料理の作り方を教えて下さい」と聞く方がいらっしゃいますが、無理です!
今、そこにあるもので料理は作るものだという考えですから、Ricoママにレシピなんてありませ〜ん!!!


<今日の短歌>
レシピ無視 てんげてんげで 出来上がり
  んめばいなだと リメイクの母


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加  


Posted by Rico at 23:54Comments(0)FOODRicoママ

2015年01月25日

R 松山城址館開館記念『まつやま大寒能 第24回雪の能』こけら落とし公演



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2015年1月24日(土)
午前中、酒田市松山地区の『總光寺』の書道教室へ参加させていただきました。
11:00の休憩時間に、チョコチョコさんが、お茶と酒田屋菓子店さんのお饅頭を蒸かしておもてなしして下さいました。
蒸かし立てのあつあつのお饅頭は、「あんまん」のようになり、餡がとろ〜りとなって、美味でした♡
寒い冬は、こういういただき方はいいですね!
ごちそうさまでした。





12:00になり、書道教室から『まつやま大寒能』へ行くみなさん7名と共に、お弁当開き!
このお弁当は、Ricoママおすすめの仕出し『網野』(酒田市緑町)さんの特注弁当です。
税込700円とは思えない豪華さに、みんな大喜びでした♡
ご飯は、白いごはんがよいか?かやくご飯がよいか?と聞かれたそうですが、今回は、すべてお任せしたそうです。
歌舞伎では、『幕の内弁当』というのがありますが、これは、『能の前弁当』という感じですね!(笑)

私「『總光寺』さんから『松山城址館』へ、相乗りして行きましょう!」
Ricoママ「みんなで1台に乗っていけるの!」
全員「えっ!・・・・・・。」

どうやって、普通乗用車に7名が乗って行けるのでしょうか???
お弁当を食べながら、天然炸裂のRicoママでした〜!(笑)





こちらが、2015年1月21日にオープンしたばかりの『松山城址館』です。
酒田市の税金2億6千万円を投じて建てられた建物だということでしたが、シンプルな佇まいに、みんなが「え?これ?」という感じでした。





外観はシンプルでしたが、能舞台は、豪華でした!
素晴らしいっ!
どこぞの文化会館は、超ド派手な外観で、これから90億円近くかけて建てることが決まったそうですが、それに比べて、外観はシンプルだけれど、能舞台はしっかりしている『松山城址館』にとても好感を持ちました。
できれば、観客スペースがもう少し広ければ・・・という感じもしましたが、維持することを考えたら、これくらいがちょうどよいのかもしれません。
他に、茶室と多目的スペースが併設されているそうです。





今回の入場料は、前売りで2,000円でしたが、1月上旬には完売するほどの人気でした。
やはりこけら落とし公演ということで、注目されたようです。

入場料には、能が始まる前に『呈茶』、そして、演能後に『納豆汁による直会』がセットになっています。
ロビーで、このように『呈茶』が振舞われました。





毛氈の長イスに座っていると、このようにお茶菓子が運ばれてきました。
お茶菓子は、毎年、松山地区のお菓子屋さんの持ち回りなのだそうで、今年は、『酒田屋菓子店』さんの『利休まんじゅう』でした。
そういえば、11:00頃に蒸かしていただいたばかりなんですけど・・・そんなことはお構いなしに、またパクリ!美味しい♡





お薄も、結構な御点前でございました♡
地元松山地区の茶人さん達の笑顔のおもてなしで、「あ〜、今日は、来てよかった〜♪」と、能を観る前から、ほっこりした気持ちになりました。






鶴岡からお着物でお越し下さった真弓さん。
午前中、荘内南洲会で、たっぷりお勉強をしていただいてから、『松山城址館』へお越しいただきました。
とっても素敵なお姿だったので、勝手にポスターにしちゃいました!
こうして、お着物でお出かけしたくなるスポットが出来たということは、着物好きにはとても嬉しいことだと思います。





いよいよ大寒能が始まりました。
能は『吉野天人』でした。
五色幕が、雅やかでとても素敵でした。
撮影は、フラッシュをたいたり、他のお客様の迷惑にならなければOKでした。
今の時代は、観客のみなさんから沢山写真を撮っていただいて、SNSで発信をして、松山能に興味関心を持っていただけるようにすることが有効だと思います。





夜になり天女の姿になって、桜とたわむれ舞を舞う場面です。
鼓、笛、太鼓、唄に合わせて舞います。
足袋が浮くか浮かないかのすり足の所作に、能の気品を感じました。





つづいて、子ども狂言『六地蔵』です。
『總光寺』の娘さんが出演されるということで、書道教室のみんなも楽しみにしていました。
堂々と元気よく大きな声で演じる姿は、とても素晴らしかったです!
これだけ知らない大人やカメラに囲まれた中で、ものすごい度胸だと思いました。




私の隣で、松山小学校の先生が、一生懸命カメラを撮りながら応援をされていました。
子ども達全員、見事な好演で、ホッとされた様子でした。
保護者やそのご家族のみなさんも、一生懸命に応援をされていました。
とても面白い内容の狂言だったので、場内は、笑いと拍手に包まれました。
Ricoママは、『六地蔵』が一番良かった
と大喜びでした♪




半能『小鍛冶』
能が始まる前に、演能のあらすじを解説していただけるおかげで、能ははじめてという方でも、安心して楽しめると思います。
なんといっても、衣装のきらびやかさは、見応えがありますね!

『松山能』の由来
酒田市松山地区に伝わる能楽で、かつては松山藩の式楽であった松山能は、江戸勤番の武士が観世流の能楽を習得し、持ち帰ったのが始まりとされている。
 松山藩の能楽は、徳川時代中期の宝暦の頃に、幕府の若年寄の要職にあった三代藩主の忠休(ただよし)公の時代に大いに進展したものと伝えられる。
 明治時代に入ってからは、かつての藩の祈祷所であった蔵小路に鎮座する皇大神社(神明様)の例祭に奉納するようになり、当地の篤志家の援助や能楽愛好者、氏子らの協力によって、境内に能楽堂を建て、そこを本拠として演能を続けてきた。
 江戸時代は観世流とされた松山能は、明治以降は、宝生流や黒川能などの影響を受けて大きく変貌していったと考えられ、今でも随所にその影響が残っている。
 その松山能のは、昭和55年に、山形県無形民俗文化財の指定を受けた。
 現在は、演能団体の「松諷社」に引き継がれ、今日に至っている。






稲荷明神の化神子狐。
このお面の迫力には、ビビりました!





頭の上の狐の装飾にもビックリ!
とても華やかな衣装のデザインに引き込まれました。





最後に一例をして、能が終わります。
凛とした空気が能舞台に漂っていました。





能が終わると、『雪見の宴(直会)』の会場準備ができるまで、観客は一旦、ロビーに出てました。
ロビーには、地元松山地区のお菓子屋さんの出店がありました。

酒田屋菓子店さんの『鳥海山 種まきじいさん』というお菓子に目が止まりました。
真弓さんが、「ちょっと〜!これ、全部手書きで、一つ一つ微妙に絵が違う〜!」と大笑い。
酒田屋のお父さんが手書きされたのだそうで、微笑ましくて、つい笑ってしまいました。
笑っただけでは申し訳ないので、ちゃんと購入しましたよ!
シュー皮がラスクのような食感になっている不思議なお菓子でした。





『雪見の宴(直会)』が始まりました!
能舞台の前で、演能者や関係者、そして、観客の大交流会です!
なごやかな雰囲気がとってもよかったです♡





竹酒が振舞われ、竹のおちょこで乾杯!
おそらく地元の方が、ご来場者のために、山から竹を切ってきておもてなしとして考えて下さったのでしょう!





おちょこは、記念品として、持ち帰りOK!
車できたので飲めないという方は、家に帰ったら、この竹のおちょこで今日は飲むぞ!と喜んでいらっしゃいました。





そして、地元のお母さん達の手作り『納豆汁』が、どんぶりで振舞われました!
わが家でいただく「からどり」のチープな『納豆汁』ではなく、「もだし」や「わらび」がたっぷりの『納豆汁』でした!
みんなで、「美味しいの!あったまるの!」と言いながら、なごやかに頂きました。

とっても高尚な能なのですが、知っている人が演能し、観客も、知り合いがいっぱいで、『納豆汁』をいただきながら、なんだかとっても、幸せな気分に包まれました。
地元の伝統芸能のよさはここにあり!なんだと思いました。

『松山城址館』がオープンしたことによって、松山地域のみなさんやそこに集った人達が一緒に楽しむことができて、本当によかったと思います。
地域の伝統は宝であり、人々に交流と活気をもたらしますね。

松山のみなさん、『總光寺』書道教室のみなさん、鶴岡の真弓さん、くろもりん押絵倶楽部の佐藤代表ご夫妻、おかげさまで、とても楽しい一日でした。ありがとうございました。


帰宅する車の中で・・・
Ricoママ「この前(1/21)、佐々木蔵治豆腐やさん(松山のお豆腐屋さん)が、火事で焼けてしまって、いつ頃再開すんなんでろの?」
同乗者「私が最後に豆腐を買いに行った時は、おからどごいっぱいサービスしてくれだんけよ!」
Ricoママ「それだばいいの!じゃあ、次の書道教室の時、買いさ行ご!」
私「・・・火事で焼けたばかりじゃん!」
と、最後の最後まで、天然炸裂のRicoママでした〜!

『佐々木蔵治豆腐店』さんの火災は、漏電が原因だったということで、誠に残念なことでした。
どうか頑張ってまた再開していただけますようお祈り申し上げます。


<今日の短歌>
城址館 こけら落としで 満席だ
  納豆汁で 皆ほっこりと


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加  


Posted by Rico at 22:09Comments(0)FOODTRIP

2015年01月23日

R 東京第一ホテル鶴岡主催『お取引先様新年会』YOSHIKO&RICO出演させて頂きました♪



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2015年1月23日(金)18:00〜
東京第一ホテル鶴岡主催『お取引先様新年会』に、ヴォーカル&エレクトーンユニット『YOSHIKO&RICO』をお招き頂きました。

会場は、東京第一ホテル鶴岡2F『鶴の間』でした。




ご依頼いただいた演奏時間が20分ということで、『YOSHIKO&RICO』の定番の選曲で構成しました。
久しぶりに、ボブヘアのYOSHIKO先生〜♪
ボブも似合います♡





鶴岡のホテルではこれまであまり演奏する機会のなかった『YOSHIKO&RICO』だったので、アウェーな空気かと思いましたが、酒田の知り合いもちらりほらり・・・。
最後は、たくさんの拍手とともに、アンコールを頂戴致しました。

アンコールは、お客様とYOSHIKO先生のデュエットで締めさせていただきました。

鶴岡のアトラクション事情はよくわからないのですが、ここでも、やはりエレクトーン(D-DECK)は、とても珍しがられました。
演奏が終わってから、エレクトーンに対する質問を頂きました。
楽器に興味を持って頂けるのは、大変嬉しいです♪

音楽教室の方にお聞きしたのですが、今、エレクトーンを習う方が少ないのだそうです。
少子化の問題もありますが、エレクトーンという楽器に触れる機会が少ないため、馴染みのない楽器になってしまっているのも原因のようです。
「こんなに万能でいい楽器なのに、習う人が少ないのは残念」とおっしゃっていました。





本日の控室は、こちらです。
これまたゴージャスな空間で、たじろぎました。
ただ、着替えをするだけなのに、立派なお部屋をご用意いただきまして、ありがとうございましたm(_ _)m



<今日の短歌>
鶴岡の ホテル久しい ショータイム
  馴染みのエール アウェー感なし


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加  


Posted by Rico at 23:56Comments(0)YOSHIKO&RICO

2015年01月22日

R『ライオンズクラブ6合同新年会』に、『ルリアール』出演させていただきました♪



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪

2015年1月22日(木)18:30〜
『ライオンズクラブ6合同新年会』が、『アトラーム酒田(酒田勤労者福祉センター)』で開催され、アトラクションとして、私達オカリナ&エレクトーン女性音楽ユニット『ルリアール』をお招きいただきました。

6クラブとは・・・
●酒田ライオンズクラブ様
●余目ライオンズクラブ様
●酒田みなとライオンズクラブ様
●酒田山王ライオンズクラブ様
●酒田シーサイドライオンズクラブ様
●酒田さわやかライオンズクラブ様
です。




酒田のライオンズクラブ様には、以前お世話になったことがありましたので、その時の演奏曲目とは少し変えて演奏をさせていただきました。
新しく取り入れた曲への反応がよくて嬉しかったです♪

特に、Rumiさんのオカリナ&タンバリンと、私のエレクトーンの効果音を使った『太陽にほえろ!のメインテーマ』は、盛り上がりました〜♪
古き良き昭和を知っている世代には、今でも、しびれる音楽だと思います(笑)

「せっかく演奏してもらったのに、酒の席で、うるさくして、申し訳ありません」とよく言われるのですが、私達は、最初からそれを理解して、出演をお受けしておりますので、心配ご無用です。
むしろ、そういう賑やかな宴席でないとなかなか演奏できない曲というのもあります。
例えば、『太陽にほえろ!のメインテーマ』は、クリスマスコンサートやキャンドルナイトなどでは、演奏できません!(笑)
賑やかな場には、賑やかで楽しめる音楽を演奏し、私達も一緒に楽しませていただいておりますので、どうぞご安心いただきたいと思います。





音楽に合わせて、みんなでバンザ〜イも、一体感があって、楽しかったです♪

今日は、新年会ということで、私達は、着物風のオリジナルステージ衣装で出演をさせていただきました。
日の丸の前で、この衣装で演奏をさせていただけたことを嬉しく思っています。

一番前の席で、庄内出羽人形芝居の津盛 柳貳郎先生が、ニコニコと微笑みながら、私達のステージをご覧下さっていました。
津盛先生の人形芝居をはじめるきっかけとなったお話し「大丈夫!大丈夫!!」は、『ルリアール』として、活動をさせていただいた頃からのバックボーンになっています。
その津盛先生に『ルリアール』の演奏をお披露目することができて、感慨無量でした。





じゃ〜ん!
まるで、ドラマのワンシーンのようなこちらの会場が、本日の控室でした!
椅子の数もすごいですが、こんなに大きな1枚テーブルど〜んは、初めて見たような気がします!!!
こんなに広いお部屋をご用意していただきまして、誠にありがとうございましたm(_ _)m





そして、レストラン凰花園のお弁当をアシスタント2号の分まで、ご用意いただいてしまいました。
中華風のお弁当で、とっても美味しかったです!!
ごちそうさまでしたm(_ _)m
記念品として頂戴したワインは、後日、ゆっくり頂きたいと思います。
ライオンズクラブ様には、大変お世話になりまして、心より感謝を申し上げます。


<今日の短歌>
新年の 懇親深め 和やかに
  生演奏で 宴華やぐ


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加  


Posted by Rico at 23:56Comments(2)ルリアール

2015年01月21日

R 平成27年の黒森歌舞伎は『忠臣蔵』!くろもりん押絵倶楽部、頑張ってます!



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

平成27年度の黒森歌舞伎の正月公演の演目は、『仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)』です!
主役の『大星由良之助(おおぼし ゆらのすけ)』のサンプル押絵が、ようやく完成しました!
(歌舞伎では、大石内蔵助や吉良上野介という呼び名ではありません。ちなみに、悪役は、『高武蔵守師直(こうむさしのかみもろなお)』という名前です!)

額あり/4,000円(税込)
額なし/2,500円(税込)
限定50部!
ただいま、ご予約受付中です!
お早めにどうぞ!


デザイナーの私の仕事は、デザイン画を制作し、型紙データを作り、サンプル作品を製作します。
型紙やちりめんなどの材料の手配は、株式会社ブルー(書の庵)の齋藤健太郎さんに担当していただいております。
色紙のシルク印刷は、羽田スクリーン印刷様にお願いしています。
サンプル完成品と押絵キットが揃ってから、『くろもりん押絵倶楽部』のみなさんの製作がスタートします。
みんなの力が合わさって、ようやく押絵作品が誕生します!
チームワークが、とってもいい感じです♪





今年は、生地にこだわりました!
兜や頭巾のところに、表具用の高級な生地を使用し、楽しく鑑賞していただけるように工夫してみました。
こちらの写真は、株式会社ブルー(書の庵)さんにて、生地を選んでいる時の様子です。





サンプル帳には、豪華な生地がいろいろあって、目移りしました!





こちらの2種類の生地に決定しました!
日本の伝統の文様や色合いの美しさにうっとりしました。
材料費は高くなってしまいましたが、その分、これまでにない高級感のある押絵作品に仕上がったと思います。





昨夜、2015年1月21日、黒森コミュニティセンターにて、『くろもりん押絵倶楽部』のみなさんが集まって、製作が本格的に始まりました。
三年目の押絵製作ということもあって、『くろもりん押絵倶楽部』のみなさんに余裕があり、とても頼もしく感じました。
私も、みなさんと一緒に『黒森歌舞伎』に関わらせていただけることをとても嬉しく思っています。





しっかり作業しながらも、わいわいおしゃべり!
『くろもりん押絵倶楽部』のみなさんの和気あいあいとした雰囲気がとても好きです。

自家製『ばんぺいゆ』と『紅ショウガをカブで巻いた酢漬け』を持って来て下さった方がいらっしゃいました。
私は、どちらもはじめていただいた食べ物だったので、とても興味深かったです!

こんな感じで、楽しく三年目の押絵作りがスタートしました!
『くろもりん押絵倶楽部』のみなさんの願いは、「押絵で、『黒森歌舞伎』を応援したい!」です。
おかげさまで、「今年も、『黒森歌舞伎押絵』を注文したい!」と、デザインが決まっていないうちから、黒森コミセンに問合せがあったということで、嬉しい限りです。

今回、『黒森歌舞伎押絵』を3種類1セットで、お得なお値段で販売することも決まりました!
詳しくは、『くろもりん公式ホームページ』にて
http://www.kuromorin.com



平成27年度『黒森歌舞伎』正月公演は、2月15日(日)・17日(火)、酒田市の黒森日枝神社境内にて開催されます。<入場無料>
10:00~ 少年太鼓、神事、神楽、三番叟
12:00~ 少年歌舞伎「菅原伝授手習鑑(すがわらでんじゅてならいかがみ)」
        吉田社頭車引の場(よしだしゃとうくるまひきのば)
13:00~ 本狂言「仮名手本忠臣蔵(かなでほんちゅうしんぐら)」(17:00頃終了予定)
        足利館殿中松の間の場(あしかがやかたでんちゅうまつのまのば)、祇園町一力茶屋の場(ぎおんまちいちきりぢゃやのば)、
        高家討入りの場(こうけうちいりのば)

「仮名手本忠臣蔵」は、元禄時代に起こった赤穂浪士による仇討ちを劇化した演目です。
今回の黒森歌舞伎では、松の廊下で有名な三段目と、遊興に耽るふりをして相手の目をくらまそうと努力する大星由良之助ではあるが、味方にもなかなか本心を明かさない心のやりとりが見せ場の七段目、そしていよいよ討入りをし、本懐を遂げて数々の苦労が報われることになる十一段目。
 大星の揺らぎない仇討ちへの思いを感じて頂ければ幸いです。            
黒森歌舞伎では平成16年以来11年ぶりの上演となります。            

『雪中芝居』と呼ばれている『黒森歌舞伎』ですので、当日は、どうぞ防寒着をがっちり着込んでお越し下さいませ。
みんなで、歌舞伎を楽しみましょう♪


<今日の短歌>
忠臣蔵 雪中芝居 大人気
 歌舞伎演目 伝える押絵


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加  


2015年01月20日

R ア・ラ・キリコプロジェクト!九州で撮影が終わりました♪



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

昨年、荒木眞衣子さん(MAIKOさん)との出会いのおかげで、酒田市内の企業様のお仕事をア・ラ・キリコプロジェクトということで、二人で手掛けさせていただいております。

MAIKOさんからブランディングしていただいた商品は、昨年11月に、東京ドームでお披露目し、発売がスタートしました。
おかげさまで、御歳暮や御年始のギフトとして、好調な売れ行きということで、大変嬉しく思っております。

もっと多くの方に、この新商品を広めるために、ホームページ制作のご依頼をいただきました。
そこで、商品イメージの撮影は、食空間コーディネーターのMAIKOさんが、撮影チームを組まれている九州(佐賀県)で撮影していただいた方が、クオリティも効率もよいだろうということで、九州で撮影をお願い致しました。

そして、昨日、2日間かけて撮影していただいたデータが、私のところに届きました!




こちらは、九州の撮影現場の雑然とした様子の写真です。リアリティがありますね!
撮影場所は、ある程度の広さが必要になってきますので、場所の確保が大きな問題となってきます。
また、テーブルコーディネートには、小物や食材を用意したり、お料理を盛りつけたりと、見えない部分で時間と労力がかかります。
プロのコーディネーターMAIKOさんにすべておまかせ致しました。




女性カメラマンさんに撮影をしていただき、女性の感性で作品を仕上げていただきました。
いつも、有田焼などを撮影されていらっしゃるスペシャリストの女性二人が撮って下さった写真は・・・




じゃ〜ん!
これは、ほんの一例ですが、このように、有田焼の本場で、こんなに素敵に撮影をしていただきました♡
私のイメージ以上のクオリティで、大変感動しました!!!
やはり、その道のプロにお願いしてよかったです。
お二人には、本当によく頑張っていただきました。誠にありがとうございました。
佐賀県有田町と山形県酒田市の距離があっても、よきご縁のおかげで、こうして、お仕事をご一緒できたということを嬉しく思っています。
もっともっと、たくさんの写真があるのですが、ホームページが完成したら、そちらでお楽しみいただきたいと思っております。

というわけで、今週末から来週にかけて、私は、ホームページ制作を頑張ります!!
公開できるようになるまで、もうしばらくおまち下さいませ♡



ちなみに、MAIKOさんとルリアールでコラボさせていただいた時のライブレポはこちら→http://rico.n-da.jp/e575465.html

今年も、仕事&音楽をMAIKOさんとご一緒できることを楽しみにしています♪


<今日の短歌>
有田焼 本場撮影 プロまかせ
  女子力花 開く感性


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加  


Posted by Rico at 23:49Comments(0)ア・ラ・キリコ

2015年01月19日

R 京美人から最高のプレゼント♪『言志四録』をお贈りいただきました♡



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2015年1月19日(月)
京都で、『生い立ち学』を主宰されている京美人の原田良子さんから、本を頂戴しました!

『言志四録』抄録
渡邉五郎三郎 訳/勝川華舟 浄書/世良田嵩 編






人生訓、座右の銘のオンパレードのものすごい本で、ビックリしました〜!

著者の佐藤一斎(1772~1859)美濃国(現在の岐阜県)の儒学者。朱子学から陽明学まで学び『陽朱陰王』と呼ばれました。
『言志四録』は、「言志録」「言志後録」「言志晩録」「言志耋録」の4部から構成され、総数1133条。一斎が、42歳から80歳にわたり記した随想録です。
指導者のための指針の書とされ、西郷隆盛先生の終生の愛読書でした。

この本は、原文を浄書し、現代語訳があり、更に参照文まで添えられてあります。
美しい書を楽しみながら、学べる『最強の人生指南書』といった感じです。

1ページ目の<参照>に、私が、『南洲翁遺訓』の中で一番大好きな西郷先生の言葉が書かれてあり、とっても嬉しかったです♡

人を相手にせず、天を相手にせよ。
天を相手にして己を尽くし人を咎(とが)めず、
我が誠の足らざるを尋ぬべし

(「南洲翁遺訓」)

西郷先生は、佐藤一斎の『言志四録』を何度も読み、自分の言葉で、荘内藩士達に、わかりやすく学びを教えてくださったのでしょう。
荘内藩士達は、西郷先生の教えを『南洲翁遺訓』としてまとめ、世の中に広めた気持ちがよく理解できます。
私も、これを読んで、多くの人々に広めたいという思いで、このブログ記事を書かせていただいております。


良子さんとのそもそものきっかけは、以前のブログで書かせていただきました。
西郷先生と荘内とのつながりを知っていただきたいと思い、私の方から『南洲翁遺訓』と漫画『徳の交わり』を良子さんへ差し上げました。良子さんは、そのお返しに、西郷先生のバイブルだった『言志四録』をわざわざ私のためにお贈り下さいました。
これは、私の生涯の宝物です♡
生きるための勇気とパワーをいただいたような気持ちです。
良子さんの素晴らしいお心遣いに感謝を申し上げます。ありがとうございました。





封筒の中に、こちらの和紙の小物も同封されていました。
いかにも京都らしいお気遣いで、嬉しいですね♡

2月28日(土)に、鹿児島で、良子さんとお会いする約束をしました!
鹿児島の味園道場のみなさまと荘内南洲会の旅行団との交流会に、わざわざ京都から駆けつけて下さるのだそうです!
ものすごいパワーの良子さん!
とっても知的で、素敵な方なんですよ♪
鹿児島の西郷隆盛研究家の安川あかねさんと原田良子さんの美人のお二人にお会いするのが、今からとても楽しみです♡

西郷先生のおかげで、こんな風にご縁が広がるとは・・・まさかまさかの展開に、夢を見ているようです。



<今日の短歌>
西郷の つながり広く 京都から
  言志四録を 頂戴する


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
  


Posted by Rico at 23:31Comments(2)荘内南洲会

2015年01月18日

R 『SM58用グリルボール&マイクケーブル&充電器』『徒然草現代語訳』



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

またまた音響機材を購入しました!
以前、SHURE SM58マイクを落とされてしまい、思いっきりヘッドが凹んでしまったのですが、故障はしていなかったので、グリルボールの部分だけを購入しました。
「ヘッドだけ購入することができる」という情報を教えて下さった音響のM先生に感謝致しますm(_ _)m

それから、マイクのウィンドスクリーンも購入しました。風の音などのノイズを拾いにくくするためのマイクカバーです。
でも、これをつけても、強風だとやはり音を拾ってしまいますけどね。
以前も購入したことがあったのですが、どこへしまったのか忘れてしまい、再購入です(T_T)

それから、1mの短いマイクケーブルも3本購入しました。
ワイヤレスセットとミキサーの距離は1mのケーブルがあれば充分ですので。

そういえば、今朝の『がっちりマンデー』は、ワイヤー業界のお話しでした。注目の音響ケーブルを作っている会社が紹介され、その会社で製造された音響ケーブルでオーディオをつなぐと、クリアな音がするという優れものの紹介でした。
地味でありながらも、ワイヤーやケーブルなどが、私達の生活に非常に重要な部分を支えているという内容で、感心しました。





こちらは、乾電池の充電器セットです。
ワイヤレスマイクを常にフル充電した乾電池を使用したいということで購入しました。

なぜ、このようなマニアックなことをブログに書くのかといえば、ライブは、プレイヤーや楽器などにとかく注目をされますが、それだけでは、ライブはできないということをお伝えしたいと思いました。
様々な音響機材を作ってくださる方々のおかげで、ライブは成り立っています。
たくさんの技術が集結して、ライブをさせていただいているということに感謝したいと改めて思います。


ところで、偶然ネットで見つけた【グっとくる】徒然草の現代語訳がわかりやすくて心に染みる!に感動しました!

<徒然草、第百五十段の現代語訳>

これから芸事を身につけようとする人は、

とかく「ヘタクソなうちは誰にも見せたくない。こっそり練習して、ある程度見られるようになってから披露するのがカッコいい」

と言うものだけど、そういうことを言っている人が最終的にモノになった例はひとつもない。

まだ未熟でヘタクソな頃から、上手くてベテランな人たちに混ざって、バカにされて笑われて、それでも恥ずかしがらずに頑張っていれば、特別な才能がなくても上達できる。

道を踏み外したり、我流に固執することもないだろう。

そのまま練習し続けていれば、そういう態度をバカにしていた人たちを遙かに超えて、達人になっていく。

人間的にも成長するし、周囲からの尊敬も得られる。

いまは「天下に並ぶ者なし」と言われている人でも、最初は笑われ、けなされ、屈辱を味わった。

それでもその人が正しく学び、その道を一歩一歩進み続けてきたおかげで、多くの人がその教えを授かることが出来るようになった。

どんな世界でも、同じである。



『徒然草』に、これほどまでに、私自身に当てはまることが書かれていたとは驚きました。
ベテランYOSHIKO先生のおかげで、私は成長をさせていただいております。
人前で演奏させて頂いて、いっぱい恥をかいて、「よし!次こそは!」という思いで必死に練習をして、少しずつ少しずつ進歩させていただいているように思います。
本当に、これまで思い出したくもない恥をライブでいっぱいかかせていただきましたよ〜!(汗)
これからも、精進致しますm(_ _)m


それから、1/17にオンエアされた関ジャニの仕分け∞2時間SPで、『第1回ピアノ王No.1決定戦』というのがありました。
その中で、ピアニストの清塚信也氏が、「プロのピアニストでも、ミスのない完璧な演奏というのは、まずない」という感じの発言をされていたので、少しホッとしました。
対決を拝見してみると、プロでもミスタッチはあるのだということがわかりました。
テンポを落とさず、演奏を最後までやりぬくと、本人以外は、ミスしていることに気がつきにくいということが番組を観て勉強になりました。
ミスがないように演奏するのは当たり前のことですが、もっと大事なのは、ミスを恐れて、音楽性を見失ってはいけないということだと感じました。

偶然、見つけたネットの『徒然草の現代語訳』とテレビの『第1回ピアノ王No.1決定戦』だったのですが、音楽へ向き合うための『こころ得』を教えていただいたことに感謝したいと思いました。

もちろん、このことは、音楽だけでなく、何事にも共通することだと思います。


<今日の短歌>
こころ得を 徒然草に 教えられ
  拍手の数 エールいただく


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

  


Posted by Rico at 23:35Comments(0)MUSIC

2015年01月17日

R 『ビストロ・デ・ポン』(三川町)で、リーズナブルランチ♪



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪

2015年1月16日(金)
三川町へお邪魔したついでに、久しぶりに『ビストロ・デ・ポン』で、リーズナブルランチ1,080円をいただきました。

あつあつカボチャのスープがたっぷりサイズで、体がほっこりと温まりました〜♡





パンとライスが選べましたが、私はパンをお願いしました。
ハイジの白パンを思い出すようなパンでした。
パックリ割ると、湯気がほわ〜っと!
あつあつで美味しかったです♡





この日は、『チキンのソテー きのこのソース』でした。
パリッパリによく焼けたチキンの皮の香ばしさが、絶品♡
久しぶりに、ジューシーで美味しいチキン料理をお腹いっぱいいただきました。

写真では、白とびしてしまい、写っていませんが、マッシュポテトも、なめらかで、コクのあるグレイビーソースにピッタリ!!!





食後のコーヒーも、たっぷりな上にあつあつで提供されて、とても温まりました♪
そういえば、最初に出していただいた「あつあつ」のおしぼりも、私の冷たい指先を温めることができて嬉しいおもてなしでした♡
「あつあつ」これが、最高のおもてなしですよね!

これで、1,080円とは、まさに、リーズナブルランチだと思います。
ごちそうさまでした♡





店内もあったかい雰囲気でした。
『ビストロ・デ・ポン』のオーナーさんは、2013年鶴岡に誕生した欧風酒場『バルデ』さんのオーナーさんでもあります。
オーナーさんは、普段は、『ビストロ・デ・ポン』の方にいらっしゃるそうです。

オーナー自ら秋田県へ出向き、仕込んで熟成させた『生ハム』を次回は頂いてみたいと思います。
『生ハム』って、熟成に2年もかかるんですって!そんなに手間暇がかかるとは知りませんでした!


<今日の短歌>
ビストロで 美味しいチキン 久しぶり
  あつあつ嬉し おもてなしなり


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

  


Posted by Rico at 23:49Comments(0)FOOD

2015年01月16日

R『白寿会 新年会』三本木公民館(三川町)/YOSHIKO&RICO新春初ライブ♪



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2015年1月16日(金)
『白寿会 新年会』三本木公民館(三川町)に、ヴォーカル&エレクトーンユニット『YOSHIKO&RICO』で、『新春歌謡ショー♪』を開催させていただきました。

YOSHIKO&RICOにとって、今年のライブ初めとなりました。

『YOSHIKO&RICO』って、誰?
『エレクトーン』ってどげだ音すんな??
最初は、みなさんの警戒心モードが漂っていました。

でも、ショーが始まると、みなさんのお顔から、不安がどんどん消えて、お顔の色が明るくなり、温和な雰囲気に包まれました。
『音楽の力』って、すごいですね〜♪

この上の写真ですが・・・掛け軸のだるまさんとYOSHIKO先生の見つめる方向がリンクしているので、笑えました〜!
YOSHIKO先生は、みなさんを和ませたいと、爆笑トークの連発!
『綾小路よしこまろ』といった感じで、笑いをどっかん!どっかん!頂いておりました。
新年一発目のライブから、舌好調のYOSHIKO先生でした♡(笑)





みなさんと一緒に歌うコーナーも、ものすごく盛り上がりました♪
「お腹から大きな声を出して、みんなと一緒に歌う♪」とっても大事なことだと思います。
本当に、みなさんとっても楽しそうで、私にとっても、幸せなひとときとなりました♡

「たまげだのぉ〜!おもしぇのぉ〜!」

そんな声が聞こえてきて、嬉しかったです。
1時間のショーでしたが、「あっという間で、1時間経ったとは思わんね!」と言われました。
そう言って頂けるのは、とてもありがたいことです。

みなさん、名残惜しい感じで、「まだ、来てくれの〜!」とお声を掛けていただきました。
はいっ!元気で、またお会いしましょう♡





演奏が終わってから、こちらの手作り卵寒天とようかんを「これ、食べでくれ〜」と、持ってきて下さったお母さんがいました。
生まれて初めて生でエレクトーンの演奏を観たお母さんは、かなり「おぼげだ」みたいでした。
「ものすごく楽しかった」という気持ちを言葉だけでは表し切れないというお母さんの気持ちが伝わってきて、ありがたいと思いました。

(帰宅してから、抹茶と共に、ようかんを美味しくごちそうになりました)





写真の右が『三本木公民館』で、左が『八坂神社』です。
今日は、公民館からのみなさんの楽しそうな歌声が、この神社への奉納になったのではないかと思います。

公民館の入口のところに、『シルバーカー(手押し車)』4台が、きちんと並んでいました。
私達の演奏を楽しみに、この『シルバーカー』を押しながら歩いてお集り下さった方々がいらっしゃったのだと思うと、感謝の気持ちでいっぱいになりました。
今日は、1月とは思えないお天気に恵まれて、本当によかったです!

とっても楽しく『YOSHIKO&RICO』の今年のライブ初めができたことを嬉しく思います♪
今年も、一つ一つのライブと出会いを大切に活動させていただきたいと願っております。
本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。


<今日の短歌>
公民館 皆の歌声 楽し気に
  新年神が 好日恵む


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
  


Posted by Rico at 23:58Comments(0)YOSHIKO&RICO

2015年01月15日

R ステンドグラスアーティスト/菅原喜佐子先生宅へ訪問させていただきました♪



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

昨年12月、さかた街なかキャンパスにて、『ステンドグラス【彩り】展』を開催されたステンドグラスアーティスト/菅原喜佐子先生のお宅へ、ポストカード制作の打合せで、お伺いさせていただきました。

この写真の作品は、私が、作品展の中で、一番のお気に入りでした。
そのことを先生にお伝えしたところ、現在制作中のスタンドの途中経過を見せて下さいました。





半球のモールドに、デザインの型紙を貼った状態です。
全てのパーツに番号がふられています。
どれ一つ欠けても完成することができません。
先生の頭の中には、もう出来上がりのイメージが出来上がっていらっしゃるのでしょうね!





ガラス板の上に、型紙を貼って、切り抜くのだそうです。
厚さが5mmもあるとは驚きました!
紙を切るように簡単ではありません!
角はヤスリをかけて丸くなめらかに形成するのだそうです。
考えただけでも、気が遠くなる作業ですよね!
切り取ったガラスパーツをハンダ付けしていく作業も、球面となると難しそうです!
最後に、半球体のモールドを外すのだそうですが・・・
私が気に入ったというスタンドは、半球体ではなく、先の方がすぼんだデザインです。
こうなると、さらに技術が必要で、タテ半分ずつに分けて作るのだそうです。

ものづくりの視点で、改めて作品を拝見させていただくと、ますます作品が愛おしく感じられます。
ステンドグラス作りの現場を拝見させていただくことができてよかったです。

先生には、これから、またたくさんの作品を作っていただき、ぜひまた、作品展を開催していただきたいとお願いをしてまいりました。
ステンドグラス作りに挑戦をしてみたいという方は、菅原先生が主宰されている酒田市総合文化センター「ガラス工芸教室」を覗いてみてはいかがでしょうか?

素晴らしい先生との出会いに感謝いたします。



<今日の短歌>
儚さと 暖かみある ステンドグラス
  気が遠くなる 制作過程


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加


  


Posted by Rico at 23:34Comments(0)DESIGN/ART

2015年01月14日

R ㈱イグゼあまるめ様『2015年新春懇親会』クラッセ/ルリアール新春初ライブ♪



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2015年1月14日(水)18:30〜
庄内町新産業創造館クラッセ内『やくけっちゃーの』で開催された ㈱イグゼあまるめ様『2015年新春懇親会』の席に、オカリナ&エレクトーン女性音楽ユニット『ルリアール』をお招きいただきました。

私達『ルリアール』にとって、2015年新春初ライブとなりました。
専属ファッションデザイナーの由美子先生から、新作ステージ衣装を仕立てていただいたおかげで、気持ちを新たに初ライブに望むことができました。





こちらが、㈱イグゼあまるめの佐藤一良社長です。
鯉川酒造の社長でもあります。
㈱イグゼあまるめさんは、まちづくりの会社です。
あまるめほっとホーム、アクア庄内、レストランやくけっちゃーの、なんでもバザールあっでば、庄内町ギャラリー温泉『町湯』などをまちおこしのために、多角経営されていらっしゃいます。

実は、佐藤社長は、キーボードを演奏される方で、以前から、音楽でお世話になっております。
今は、忙しさのあまり、全く音楽ができないと嘆いていらっしゃいました。非常にもったいないです!!!
事業が軌道にのりましたら、ぜひまた、演奏を聴かせていただきたいと願っています。





今日は、年末に購入した『SHUREワイヤレスセット』をフル活用してみました。
驚くほど感度がよく、ワイヤレスピンマイクでも、しっかりとオカリナの音色を拾いました。

マイクスタンドなしでオカリナを演奏するRumiさんは、今までとは違い、自由に体を動かせるため、ストレスフリーになり、楽しそうに演奏をされていました。
これほど、オカリナ演奏の表現に違いがでるとは思っていなかっただけに、思いきって、購入してよかったと思いました。
ワイヤレスのおかげで、今年は、『ルリアール』の演奏がパワーアップしますよ♪♪♪




ワイヤレスマイクも、感度がよく、バッチリでした!
早速、ワイヤレスマイクの特性を生かして、Rumiさんから、お客様の各テーブルに回っていただき、ご挨拶&握手をさせていただきました。
ステージから遠いテーブルのみなさまとコミュニケーションがとれて、やはり、今までのライブとは違います!
清水の舞台から飛び降りて正解でしたね!

新年を祝い、みんなで音楽に合わせてバンザ〜イ♪
息がピッタリ合っていて、さすがでした!

『ルリアール』のライブも盛り上がり、みなさまの会話も弾み、とても和やかな雰囲気でした。





演奏が終わってから、楽屋にて、お食事を頂きました。
『亀の尾の米粉を使った焼野菜ピッツア』は、今までに食べたことのないピッツアでした!
ごちそうさまでした。

『やくけっちゃーの』のみなさまも、音楽がお好きなようで、お仕事をされながらも、私達の演奏を楽しんで下さっていました。

庄内町の皆様とお話しができたことも嬉しかったです♪
本年も、どうぞよろしくお願い申し上げます。


クラッセ内の余目製パンさんのパンをおみやげに購入したら、Ricoママが、「美味しい!」と大喜びしていました。
また、買いに行きたいと思います。


<今日の短歌>
バンザイと 皆で元気に 盛り上がる
  ワイヤレスルリ 今年もイグゼ!


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
  


Posted by Rico at 23:54Comments(0)ルリアール

2015年01月13日

R やっぱり『味龍』はうまかった!三元豚チャーシューの『中華そば』



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪

2015年1月13日(火)
久しぶりに、酒田市錦町の『味龍』さん。
仕事で、近くまで行ったので、寄らせていただきました。
スタンダードな『中華そば』をいただきました。

ものすごくアツアツの『中華そば』が運ばれてきました!湯気がモウモウで、撮影が大変なほどでした!
『味龍』さんは、色が濃い醤油を使用しているため、一見、しょっぱそうに見えますが、実際は、見た目ほどではありません。
酒田ラーメンではなく、『中華そば』です!
ブランド豚『三元豚』を使った贅沢なチャーシューは絶品です!




コシがしっかりした自家製麺は、堂々たる味わいです。
ん〜、やっぱり美味しいです!

化学調味料不使用なので、後味がスッキリ!あと引く美味しさです。

特別遠くへ出掛けなくても美味しいラーメン屋さんに恵まれている酒田に住める幸せを感じます。

ごちそうさまでした。



仕事では、「まさか!」ということがあり、焦りましたが、『結果オーライ!』丸く納まり、ホッと胸をなで下ろしました。
日々、いろんなことがありますが、些細なことに腹を立てず、西郷先生のように、「よか!よか!」と器の大きな人間を目指すよう心掛けています。
そうすることで、よい方向への道が必ず開けてくることを日々実感しています。
おかげさまで、今日もよい一日となりました。ありがとうございました。



<今日の短歌>
久々に アツアツ中華 味龍
 三元豚の チャーシュー旨し


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
  


Posted by Rico at 23:55Comments(0)FOOD

2015年01月12日

R『PIZZARIAピザリア酒田店』こぴあコープ酒田店<新規開店>



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2015年1月11日(日)
昨年12/25にオープンしたばかりの『PIZZARIAピザリア酒田店』こぴあコープ酒田店へ、Ricoママと二人で行ってみました。
注文してから、ピザ生地を伸ばし、石窯で焼いてくれます。





飲物は、隣のブースの『自家焙煎珈琲カフェ101(珈琲島)』で、ワンコイン100円で購入することができました。





ピザ生地を手で伸ばしながら、くるくると回転させる技がお見事で、思わず見入ってしまいました。
薄いのによく破れませんよね!
やはりこの技は難しいそうで、誰にでもできるわけではないそうです。





こちらが、この店のオーナー(社長)さんです。
『希望ホール』で催事があるたびに、ホワイエにて、『珈琲島』カフェコーナーで出店されているので、社長には、『希望ホール』でいつもお世話になっております。

その社長が、こちらの石窯ピザリアさんを始められたのを知って、驚きました!

社長曰く、「今は、冷凍のピザ台もあるんだけれど、毎日、生地を発酵させて、作った方が美味しいので、こうして、1枚ずつ手作りしているんです」ということでした。
それは、当然でしょう!
でも、手間がかかっている分、本格石窯ピッツアはどうしてもお値段が高くなってしまうのですが・・・この店の価格は、1枚400〜600円が主流というリーズナブルさで驚きました!!!





こちらは、私が大好きな「クアトロフォルマッジ」600円(税別)
生クリーム、モッツァレラチーズ、ゴーダチーズ、チェダーチーズ、パルメザンチーズ、オリーブオイル
4種類のチーズと生クリームのハーモニーが絶妙です!!!

この安さで、「クアトロフォルマッジ」の焼きたてが食べられるなんて夢のようです♡
社長自慢のピザ生地も、熱々、もちもち、パリパリで、美味しかった〜!!!
持ち帰りもできますが、やはりイートインコーナーで、出来たてをパクパク頬張った方が美味しいですよね♪





こちらは、「イタリアンミート」600円(税別)
<マリナーラソース>ミックスチーズ、オニオン、ボローニャ、サラミ、ソーセージ、ブラックペッパー

店長イチオシということで、食べ応えがありました!
気取らずにピッツアを楽しめるって、嬉しいですね♡

Ricoママと半分ずついただいたのですが、「1人で1種類食べるより、2〜3人で、2〜3種類を分けて食べた方が楽しいよの!今度、お父さんさも食べさせっでがら、つでこねばねの!」とRicoママ。
またお伺いしたいと思います。





こちらが、営業案内です。
社長曰く、「まだ、この店がオープンしたことが、全然知られてなくて〜」ということで、お困りのようでした。

本格石窯ピッツアが、400〜600円で気軽に楽しめるお店ということで、おすすめですよ〜♪
次は、「照りマヨチキン」600円(税別)を食べてみたいなぁ〜♪♪♪


<今日の短歌>
ピザリアで クアトロ安い 600円
  くるくる生地を 伸ばす凄技


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
  


Posted by Rico at 23:39Comments(6)FOOD

2015年01月11日

R 『「齋藤治兵衛家の家族」と清河八郎』TOYOさんライブ♪&『らーめん屋です』



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2015年1月10日(土)
總光寺『書道教室』が終わり、『肉うどん松山』にて昼食を頂いてから、公益財団法人 荘内南洲会主催『人間学講座』に参加をさせていただきました。
今回は、公益財団法人 清河八郎記念館の廣田幸記館長による『「齋藤治兵衛家の家族」と清河八郎』のご講演と、『清河八郎』を唄う庄内町のシンガーソングライター/TOYO(中村豊一)さんのミニライブが開催されました。

荘内南洲会でのご講演ということで、庄内町(清川)出身の『清河八郎』の政治的な活動は、みなさんご存知であるという前提でのお話しをして下さったおかげで、1時間、知られざる『清河八郎』の実家『齋藤治兵衛家』の家族のディープなお話しをお聞きすることができました。
これは、なかなか貴重な内容の講演会だったと思います。





こちらが、廣田館長さんです。
『清河八郎』のことを語らせたら、日本一のお方です!
未だに『清河八郎』が記した書き物で解読されていないものがまだまだあるそうで、庄内町では、解読に力を注いでいるということで、これから新しい発見があるかもしれません。

私は、まだ、正式に『清河八郎記念館』へお伺いしたことがないので、年内には、お伺いさせていただきたいと思っています。


維新の扉は清河八郎が開け、坂本龍馬が閉じた(司馬遼太郎)

34歳という短い生涯でしたが、新選組の基礎を作った『清河八郎』。
『清河八郎』がいなければ、明治維新はどうなっていたことでしょう?





廣田館長のご講演の後に、TOYOさんから、『清河八郎』、『お蓮』、『お蓮のこころ』の3曲を唄っていただきました。
講演会とミニライブのセットというのは、『人間学講座』始まって以来の試みでしたが、ものすごくよかったです。
廣田館長が、「講演とライブがセットでねばダメだなや〜」とおっしゃっていた意味がよくわかりました。
当時をイメージしながら、唄を心に刻むことができました。





TOYOさんは、お身体に障がいを持ちながらも、『清河八郎』のCDを自作し、いろんな会場でライブをし、その際のCDの売り上げをすべて『清河八郎記念館』に寄贈されていらっしゃいます。
気持ちがまっすぐな方で、それこそ、幕末の志士のように、突進するパワーには、驚かされるばかりです。
これからも、お身体をご自愛の上、ご活躍されることをお祈り申し上げます。





TOYOさんのライブが終わり、帰宅する頃には、17時になりました。
「頭を使ったら、お腹がすいた!『らーめん屋です』の野菜みそらーめんが食べたい!」とRicoママ!(ええーっ!お昼に、肉うどんを食べたのに!?)
Ricoママにとっては、今年初の『らーめん屋です』さんで、大満足の様子でした。(笑)

お店のオーナーご夫妻に、「あけましておめでとうございます。今年もお世話になりますので、よろしくお願いします」と、深々と挨拶をしていたRicoママの姿に、思わず苦笑いしてしまいました(^^)





私は、あまりお腹が空かなかったので、「しおらーめん小盛」にしました。
あっさりしお味に癒されました。





私よりも、食欲旺盛なRicoママには驚かされます!

荘内南洲会の研修旅行『明治維新の先賢に学ぶ』旅の予定がまとまりました!
今年は、高知市(坂本龍馬ゆかりの地)、延岡市、都城市、南九州市、鹿児島市を3泊4日で、2月下旬から巡ります。
只今、荘内南洲会で、参加者を募っていますので、興味のある方は直接お問合せ下さい。

Ricoママと私が、毎年、研修旅行に参加していることを知った叔父が、「俺も行きたい!」と言い出しています。
桂浜も知覧へも何度も行っているそうですが、「何回行ってもいいじゃないか!」と。
確かに、いろんなツアーはあると思いますが、荘内南洲会の研修旅行ほど、中身が濃いものはないと思っていますので、叔父にはぜひ参加していただきたいと思っています。

とはいえ・・・叔父とは、Ricoママの兄です!
この二人の最強コンビの面倒を見なければならないという覚悟を私は決めなければなりません!(笑)
二人には、「恥ずかしいこと」をしないようにお願いしたいところです。


<今日の短歌>
清川の 偉人に触れる 家族秘話
  歌で深まる 無念の思い


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
  


Posted by Rico at 23:17Comments(4)FOOD荘内南洲会