2011年07月21日

『暑中見舞』のシーズン到来&切手『星座シリーズ第1集』

『暑中見舞』のシーズン到来&切手『星座シリーズ第1集』

この画像は、平成23年7月7日に発売された切手『星座シリーズ第1集』です。
凸版印刷株式会社にて製造された、きらきら光るとっても美しい、シールタイプの切手で、1シート(80円切手×10枚)800円で販売されていました。
郵便局で、ひとめぼれして、購入してきました。

こんなに綺麗な切手を手にすると、私は、「大事にコレクションしよう!」というタイプではなく、誰かに、この切手で、お手紙を書きたくなり、早く使い切りたくなるタイプなのです。


『暑中』とは、夏の土用の18日間で、
21日頃から立秋(8月8日頃)の前日まで
なのだそうです。

というわけで、暑中見舞いのお手紙を毛筆にて、数通書きました。

夏場は、すぐに墨にねばりがでてしまい、とても書きにくい時期ではありますが、久々に頑張りましたicon22
メールを送ることは誰にでもできることだけれど、毛筆は、気合いをいれないとなかなか書けない・・・つまり、伝えたいという思いが強くないと書けないものだと思います。

ようやく書き上げた封筒に、きらきら星座切手シールをペタンと貼ったら、なんて夏らしいのでしょうicon12ビューティフルicon12


さて、これから、ポストに投函しに行ってきます。
手紙を投函するドキドキ感は、いくら歳を重ねても、褪せる事がないような気がします。
相手の方から、どんな思いで受け取ってもらえるのかしら?と想像すると、本当にドキドキしますheart



 あなたへのお薦め記事
同じカテゴリー(SHO)の記事画像
R 私の宝物が完成♡『改元記念揮毫墨』新元号・令和と揮毫した固形墨を作っていただきました♪
R 筆耕の依頼にびっくり!の巻
R 隈取り(くまどり)原画の裏打に挑戦!
R 新しい天皇陛下が即位/時代は『令和』へ
R 新元号『令和』と発表されました!
R 總光寺『書道教室2019スタート♪』&『季節の御朱印2019』&『写仏・写経・坐禅体験』
同じカテゴリー(SHO)の記事
 R 私の宝物が完成♡『改元記念揮毫墨』新元号・令和と揮毫した固形墨を作っていただきました♪ (2019-07-30 23:57)
 R 筆耕の依頼にびっくり!の巻 (2019-07-24 23:55)
 R 隈取り(くまどり)原画の裏打に挑戦! (2019-06-04 23:54)
 R 新しい天皇陛下が即位/時代は『令和』へ (2019-05-01 23:57)
 R 新元号『令和』と発表されました! (2019-04-01 23:57)
 R 總光寺『書道教室2019スタート♪』&『季節の御朱印2019』&『写仏・写経・坐禅体験』 (2019-03-16 23:56)


この記事へのコメント
いろんな星座があるんですね。
中でも釣り針の星座?
どこにあるんでしょうかね。
Posted by かじおやじ at 2011年07月21日 06:26
>「大事にコレクションしよう!」というタイプではなく、誰かに、この切手で、お手紙を書きたくなり、早く使い切りたくなるタイプ
投函する時のドキドキ感!

同じです(*^^)v
でもワタシは手紙だと何度も書き直しが生じて便箋3~4倍ダメにします・・・・
だから簡単な文章にしたはがきが好きです

これの50円切手はないのかな?(*^_^*)

でもこの前娘のワカメに送った誕生日のお祝いはがきは、大雨(札幌に梅雨がきたみたいだったそうです)で所々流れていたそうですが・・・((+_+))
Posted by はあと♪はあと♪ at 2011年07月21日 10:33
>かじおやじさんへ
さすが、釣り人!「うおつりぼし」に目が行きましたね!(笑)
「うおつりぼし」は、国際天文学連合が定めた星座名とは別の「日本古来の星座名」で、夏の代表的な星座として紹介していますと、書かれてあります。
どこにあるのか・・・探してみましょう(^^;



>はあと♪さんへ
はい。私も、書き直ししましたよ!(^^;
やはり、手紙は残るものですし、自分が納得いかないものは、出したくないですよね。
毛筆の場合、一文字が大きくなるので、便箋の方が書きやすいです。ハガキに毛筆だと、伝えたいことが書き切れないことの方が多いです。

星座シリーズは、80円切手しか売っていませんでしたね〜。
第2集の発売も楽しみです!

娘さんに届いた手紙・・・気になるほど、字が流れていたのですか?なんとか濡らさない様に届けてもらいたいものですよね。
Posted by RicoRico at 2011年07月23日 01:46
ブログの記事に関連のないコメントはご遠慮ください。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。