2012年05月18日

花鳥風月ワンタンメン&あけもん・あわ〜2012飛島ツアーズ2

花鳥風月ワンタンメン&あけもん・あわ〜2012飛島ツアーズ2

先日の日曜日のこと。
もがみ元気市から酒田に戻ったら、夕方5時過ぎでした。
とても寒い一日だったため、ラーメンが無性に恋しかったので、夕方5時でも営業をされている『花鳥風月』さんへ直行しましたf01

酒田では、お昼しか営業していないラーメン屋さんが多いという話しをゴールデンウィークにいらっしゃった遊筆会のみなさんにお話しをしたら、大変驚かれてしまいました!
「自家製麺なので、お昼の営業でお店を閉めて、翌日の仕込みをするお店が多いためですよ」と説明すると、『自家製麺』に驚かれてしまいました。酒田ラーメンは、そこが基本なんですけど、県外の方には、「ラーメンなのに、手打ちそば屋みたいな感覚だね!」と言われてしまいます。
作り立ての自家製麺ラーメンをごく普通に食せる酒田って、つくづくラーメン天国だと思いますicon12


『花鳥風月』さんには、いろいろなメニューがあるのですが、私は、スタンダードなワンタンメン(正油)をオーダーしました。


花鳥風月ワンタンメン&あけもん・あわ〜2012飛島ツアーズ2

ん〜、さんぶい日のラーメンは、身体に染み込みますね〜kao2

『花鳥風月』さんは、鯛ダシのスープなので、スッキリした味わいです。
網焼きチャーシューに気合いを感じますね!
ワンタンのひき肉もゴロンと大きくて、食べ応えがありましたkao2icon23



花鳥風月ワンタンメン&あけもん・あわ〜2012飛島ツアーズ2

すっかり完食して、身も心もあったまりました〜kao2
ごちそうさまでしたicon12




花鳥風月ワンタンメン&あけもん・あわ〜2012飛島ツアーズ2



ところで、遊筆会のあけさんの4コマまんが『あけもん・あわ〜2012』飛島ツアーズの続編を描いてくれましたicon12
河北新報SNSふらっとにアップされています。kao2

4コマまんがの続きは、こちらをクリックしてご覧下さい!http://flat.kahoku.co.jp/u/f-manga/WRDLaoSrybhwI8sOX2CZ/

ちなみにこの漫画に描かれているラーメン屋さんは、『新月』さんです!
仙台の友人から、このように酒田のことをまんがに描いてもらい、河北新報SNSふらっとで配信してもらえるって、本当に嬉しいですicon06
あけさんは、内容満載の飛島ツアーズを4コマまんがにまとめるのに苦労されているようです。まとめられる才能がすごい!
楽しみにしていますので、頑張ってくださいねkao2icon23


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村



 あなたへのお薦め記事
同じカテゴリー(FOOD)の記事画像
R 生クリーム事件!鶴岡『ぼんじゅーる』チョコパリジャンパフェ&カフェオレ
R 父80歳のイエーイ!『時を奏でる宿 若葉旅館』で、80回目の誕生日のお祝いをしました♪
R 約800名の超満員御礼!暖冬の令和2年『黒森歌舞伎正月公演』初日が無事に終了しました。
R うまうま焼肉ラーメン&できたておこし!酒田市黒森『食房 一洋』
R デザート和菓子♪酒田『栗原甘泉堂』の『いちご大福』でもぐもぐタイム♪
R おうちごはん!【ジャンボロールキャベツ&珈琲寒天パフェ】
同じカテゴリー(FOOD)の記事
 R 生クリーム事件!鶴岡『ぼんじゅーる』チョコパリジャンパフェ&カフェオレ (2020-02-18 23:56)
 R 父80歳のイエーイ!『時を奏でる宿 若葉旅館』で、80回目の誕生日のお祝いをしました♪ (2020-02-16 23:56)
 R 約800名の超満員御礼!暖冬の令和2年『黒森歌舞伎正月公演』初日が無事に終了しました。 (2020-02-15 23:53)
 R うまうま焼肉ラーメン&できたておこし!酒田市黒森『食房 一洋』 (2020-02-14 23:51)
 R デザート和菓子♪酒田『栗原甘泉堂』の『いちご大福』でもぐもぐタイム♪ (2020-02-10 23:56)
 R おうちごはん!【ジャンボロールキャベツ&珈琲寒天パフェ】 (2020-02-09 23:54)


この記事へのコメント
花鳥風月もなかなか いい味出していますよね!
好きなラーメン店のひとつです。
酒田ラーメンに 薄皮のワンタンは必須ですね!!
うーーーん 食べたくなってきた!?

応援pp。
Posted by kokoko1965 at 2012年05月18日 19:15
>kokoko1965さんへ
花鳥風月さんのラーメンは、とっても上品ですよね。
仙台からお越しのみなさまは、新月と川柳のワンタンメンを召し上がられたのですが、ワンタンの皮の薄さに驚いていました。
確かに、仙台で見たワンタンは、焼売の皮のようなごわっとした厚さがありましたものね!
やっぱりワンタンは、雲呑の字のごとく、雲を呑むような繊細な皮でなければワンタンと言ってならないと思います。
Posted by Rico at 2012年05月19日 00:25
ブログの記事に関連のないコメントはご遠慮ください。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。