2012年09月18日

日中国交正常化40周年記念『契丹展』&書道博物館へ行くの巻♪

日中国交正常化40周年記念『契丹展』&書道博物館へ行くの巻♪

2012年9月14日(金)の朝8時半頃、Facebookのメッセージに、元同僚で、現在は岩手在住の先輩から連絡がありました。
先輩は、出張で東京へ向う新幹線の中で、Facebookを見て、私が東京に滞在している事がわかり、「10時頃に着くので、時間がとれたら、朝食を一緒に食べよう!」と連絡を入れて下さいました。
まさか、東京で岩手にお住まいの先輩にお会いできるとは思っていなかったので、お声を掛けてもらえて嬉しかったです。
指定された待ち合わせ場所のセルリアンタワー東急ホテルへ向かい、久々の再会に喜びましたkao2

お会いできたのが嬉しくて、私は、メニューを選ぶのが面倒だったので、適当に「アメリカンブレックファースト!」と注文をしてしまいました。飲み物や卵の調理法などをオーダーしてから、パッと料金を見たら、な、なんと3,000円の文字がっ!!!げっ!そんなに高いとは思わなかった〜!icon10というか、それだけ格のあるホテルだということを知らなかった自分の無知さを恥ずかしく思いましたicon10

私が、「アメリカンブレックファースト」の料理写真を撮っていると、先輩から「こんなのも撮るの?」と聞かれてしまいましたkya-
「私にとっては、先輩と再会できて、しかも、こんなにすごいホテルの朝食をいただけることが、大大大ブログネタなんですよ〜」とお答えしました。おそらく、私にとって、こんなに高価な「アメリカンブレックファースト」を頂くのは、最初で最後でしょうから、大切な記念写真なんですicon10

お話しをしたいことがたくさんあって、あっと言う間の楽しい1時間でしたkao2
結局、先輩にごちそうになってしまいまして・・・本当にありがとうございましたm(_ _)m
是非とも、酒田にも、遊びに来てもらいたいと願いますkao2icon23
食の都庄内では、3,000円でフルコースが食べられるワンダフルな土地柄ですので、今回の御礼にごちそうしてあげたいです!(笑)



日中国交正常化40周年記念『契丹展』&書道博物館へ行くの巻♪

しっかり朝食をいただいてから、上野へ向いました。
上野公園を歩いていると、東京都美術館では、「フェルメール展」。
上野の森美術館では、「ツタンカーメン展」。
とんでもない人が並んでいるのを横目に、上野駅から一番遠い東京藝術大学美術館まで、ずーっと歩いて行きました。


日中国交正常化40周年記念『契丹展』&書道博物館へ行くの巻♪
書家の岡本光平先生がおすすめして下さった日中国交正常化40周年記念『契丹(キッタン)展』を観に行きました。
2012年9月17日(祝)までの開催ということだったので、これは見逃せない!と思いました。

「東洋版ツタンカーメンの墓、遂に発見せり!」とまで言われた2003年に発掘されたばかりのトルキ山古墳などから出土した至宝が世界初公開されました!!!


日中国交正常化40周年記念『契丹展』&書道博物館へ行くの巻♪
ちょうど1000年前。日本が平安時代の頃に、広大なモンゴル草原で生まれた遊牧民を主体とした強大な王朝で、滅亡まで約200年続いたのですが、古墳などが発掘されるまでは、謎だらけだったのだそうです。
これは、一見の価値ありでした!
素晴らしかったです。

日中国交正常化40周年記念 特別展の文字が、単なる飾りの言葉にならないように、今は、ただひたすら願うしかありません。



日中国交正常化40周年記念『契丹展』&書道博物館へ行くの巻♪

次は、鶯谷にある書道博物館へ足を運びました。
画家・書家である中村不折コレクションって、何だろう?と思っていたら・・・こんな収蔵品がズラリと展示されていて、腰を抜かしそうになるほど、驚きました!

中村不折さんって、ものすごい人物だったのですね!
これから、臨書に挑戦しようと思っている私にとっては、中国書道史の原点(本物)を拝見することができて、大変勉強になりました。


日中国交正常化40周年記念『契丹展』&書道博物館へ行くの巻♪

2012年9月19日(水)までの企画は、こちらの「この人、どんな字?ー近代日本の文豪たちー」展でした。
夏休みのこどもさんを意識してだと思うのですが、解説がこども向けにわかりやすくて、助かりましたkao2


日中国交正常化40周年記念『契丹展』&書道博物館へ行くの巻♪

夏目漱石さんが、中村不折さんへ宛てた手紙が公開されました。
「中村不折さんが『我が輩は猫である』の挿絵を描いてくれたおかげで、初版が20日で売り切れました」という御礼の内容が印象的でした。
まさか、後に大ベストセラーになるとは、夏目漱石さん自身もこの時はわかっていなかったはずです。
明治の文豪たちのライブ感を手紙のやりとりの中から感じることができて、とても親近感が沸きました。
直筆の手紙には、その人の人柄が滲みでていて、やっぱり手紙は、味があっていいなぁ〜と改めて思いました。

書道博物館は、機会があれば、また足を運びたいところです。
1泊2日の東京ひとり旅でしたが、足の感覚がマヒするほど、歩いて歩いて、歩き回って、五感でいろんなものを見て吸収してきました。
これをこれからどう生かせるか・・・それが課題ですicon10


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村



 あなたへのお薦め記事
同じカテゴリー(SHO)の記事画像
R 私の宝物が完成♡『改元記念揮毫墨』新元号・令和と揮毫した固形墨を作っていただきました♪
R 筆耕の依頼にびっくり!の巻
R 隈取り(くまどり)原画の裏打に挑戦!
R 新しい天皇陛下が即位/時代は『令和』へ
R 新元号『令和』と発表されました!
R 總光寺『書道教室2019スタート♪』&『季節の御朱印2019』&『写仏・写経・坐禅体験』
同じカテゴリー(SHO)の記事
 R 私の宝物が完成♡『改元記念揮毫墨』新元号・令和と揮毫した固形墨を作っていただきました♪ (2019-07-30 23:57)
 R 筆耕の依頼にびっくり!の巻 (2019-07-24 23:55)
 R 隈取り(くまどり)原画の裏打に挑戦! (2019-06-04 23:54)
 R 新しい天皇陛下が即位/時代は『令和』へ (2019-05-01 23:57)
 R 新元号『令和』と発表されました! (2019-04-01 23:57)
 R 總光寺『書道教室2019スタート♪』&『季節の御朱印2019』&『写仏・写経・坐禅体験』 (2019-03-16 23:56)


ブログの記事に関連のないコメントはご遠慮ください。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。