2014年04月03日

R荘内藩九代当主/名君忠徳公『天保おすわり事件』を味園先生から賜る



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

昨日、「美しい鳥海山を鹿児島の味園先生にお見せしたいなぁ〜」と思い、ブログにアップさせていただきました。なんと、夕方になり、味園先生から郵便物が届きました!kao17

思いは通じるとはこのことでしょうか?
味園先生から頂戴したお手紙の中に、「私の心は何時も荘内を向いているのです。そうすると、月山、鳥海山が何時も私の眼の前にございます。」と書かれてあったので、本当に驚いてしまいました!

味園博之先生とは、日本空手道少林流円心会『味園博之道場』を主宰されている素晴しい先生です。
詳しくは、こちらのブログ記事をご参照下さい。
http://rico.n-da.jp/e505113.html

鹿児島の味園先生が私にわざわざお送り下さったのは、写真上の荘内藩九代当主/名君忠徳公(めいくんただありこう)『天保おすわり事件』です。
お手紙には、「最近、『名君忠徳公』、『荘内藩の徳行を語る』を拝読し、『南洲翁遺訓』が荘内という郷土に根付き、荘内の風土の所産だということが理解できました」とありました。
私は、庄内に住みながらも、『名君忠徳公』も『荘内藩の徳行を語る』も読んだことがありませんでしたし、その存在すら知りませんでした。
鹿児島の先生から教わるとは、恥ずかしいというより、そのご縁の素晴しさに感動しています。

ところが、この本は、現代語で書かれていないので、理解できるかどうかとても不安です。
味園先生のブログを毎日拝読させていただきながら、一つ一つ学ばせていただきたいと思っております。

※ちなみにこの名君忠徳公『天保おすわり事件』は、荘内南洲会で販売しています。ご興味のある方は、お問合せ下さい。




一緒に同封されていたのは、味園先生が、自叙伝「『誠心誠意』生き抜いて(仮)」のために現在執筆中の一部をお送り下さいました。
お手紙には、「これを読んで、これはやめた方がいいと思う時は、ブログのコメントに「やめて」と一言お書きくださいませ」とユーモアたっぷりに書かれていらっしゃいました。(笑)
厳しい中にも、ユーモアセンスがある味園先生だからこそ、小さな子供達をしっかりご指導することができるのだと思います。

苦難を乗り越えられた中から学び得た真の幸せの極意をぜひとも、本にしていただきたいと心から願っております。





そして、今回一番驚いたのが、こちらのDVDでした!
味園先生が39歳の時に、女形で、長唄「岸の柳」を踊られている映像が収録されてありました!
この写真を見てお分かりの通りに、現在75歳の味園先生が、下の写真で、上が、39歳で女形を舞っているお姿です。
全くの別人ぶりに驚いてしまいます。
品格のある振る舞いで、これほど素晴しい日本舞踊は見た事がありません。
これだけの踊りができる先生だからこそ、道場の子ども達に、空手の舞を指導することができるのだということがよくわかりました。
これは、私だけが楽しむには、あまりにももったいないDVDですので、次回の荘内南洲会の人間学講座の際に、お届けしたいと思います。


昨夜、味園先生に、本やDVDの御礼の電話を差し上げたところ、『味園道場』に通う男の子が、『ギフテッド』だというお話しをお聞きして驚きました。
ギフテッドとは、先天的に平均よりも顕著に高い能力を持っている人のことで、いわゆる天才児です。
パソコンを分解したり、組み立てたりしてしまう子どもなのだそうです。そういう子どもが実際にいるんですね!
私の知らない世界をたくさん教えて下さる味園先生との出会いに感謝致します。
わざわざ私のために、貴重な資料をお送り頂いたことに心より御礼を申し上げます。

いつか味園先生はじめ、道場の皆様を荘内にお迎えできる日がくることを願っています。





今朝の『月山』の写真です。
味園先生に、今日の『月山』の姿をお見せしたくて撮影しに出掛けたのですが・・・
雲はかかっていませんでしたが、霞んでいて、はっきり見えませんでした。

菅 実秀(すげ さねひで)先生の雅号は、『臥牛(がぎゅう)』と言います。
『臥牛(がぎゅう)』とは、寝そべっている牛という意味なのですが、菅先生は、郷土の山『月山』を寝そべっている牛のようだと表現し、自分の雅号にされたのだそうです。

このお話しは、荘内南洲会の阿曽事務局長から教えていただいたのですが、それ以来、私は、『月山』を見るたびに、菅先生のことを思い出すようになりました。
私も、菅先生のような感性で、自分の雅号を持ちたいなぁ〜とは思うのですが、さっぱり思い浮かびませんicon10


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



同じカテゴリー(荘内南洲会)の記事画像
R 『名菓 ひよ子』ひよ子本舗吉野堂を草加市の方から頂戴いたしました♪
R エノカマさん来庄!本日最終日!『西郷隆盛と志士たち/本間美術館』&鮮魚の旨さに感動!『笑快晴』の巻♪
R 酒田空襲と土崎空襲!<荘内南洲会・教学の旅2018レポ5>秋田市『土崎みなと歴史伝承館』
R<荘内南洲会・教学の旅2018レポ4>寒風山・なまはげ館・入道崎・八望台・石川理紀之助資料館
R<荘内南洲会・教学の旅2018レポ3>秋田温泉『さとみ』グルメレポ&『ぬれ華まめ』
R<荘内南洲会・教学の旅2018レポ2>真田ゆかりの地をめぐる・秋田県由利本荘市『天鷺村、天鷺ワイン城、 妙慶寺』
同じカテゴリー(荘内南洲会)の記事
 R 『名菓 ひよ子』ひよ子本舗吉野堂を草加市の方から頂戴いたしました♪ (2018-10-30 23:56)
 R エノカマさん来庄!本日最終日!『西郷隆盛と志士たち/本間美術館』&鮮魚の旨さに感動!『笑快晴』の巻♪ (2018-09-25 23:57)
 R 酒田空襲と土崎空襲!<荘内南洲会・教学の旅2018レポ5>秋田市『土崎みなと歴史伝承館』 (2018-08-14 23:54)
 R<荘内南洲会・教学の旅2018レポ4>寒風山・なまはげ館・入道崎・八望台・石川理紀之助資料館 (2018-08-13 23:45)
 R<荘内南洲会・教学の旅2018レポ3>秋田温泉『さとみ』グルメレポ&『ぬれ華まめ』 (2018-08-12 23:44)
 R<荘内南洲会・教学の旅2018レポ2>真田ゆかりの地をめぐる・秋田県由利本荘市『天鷺村、天鷺ワイン城、 妙慶寺』 (2018-08-10 23:21)


この記事へのコメント
天保おすわり事件の時に取り調べを行った町奉行矢部駿河守定謙さんを祀ったという荘照居成神社というのが大物忌神社蕨岡口之宮境内にあります。
毎年10月2日に荘照居成祭が開かれあの池田清水さんから来て貰って琵琶語りを聞きます。
それにしても女形の姿と空手拳法家の落差が大きくてそのつながりが信じにくいです。
Posted by あべ at 2014年04月04日 15:35
>あべさんへ
天保おすわり事件のこと、ご存知なんですね!
頂戴した本が、とても難しくて、理解するまでに時間がかかりそうです。
大物忌神社蕨岡口之宮境内は、鳥海山にあるのでしょうか?
毎年、荘照居成祭が行われていることも全くしりませんでした。もちろん、荘照居成神社の存在も、初耳です!
清水先生の琵琶語りは、『城山』しか聞いた事がないので、ぜひ、お聞きしてみたいです。

味園先生の女形の流し目の色っぽさは、凄いですよ〜!人は、見た目だけではわからないものですね!(^^;
Posted by RicoRico at 2014年04月05日 18:56
大物忌神社蕨岡口之宮の住所は遊佐町上蕨岡字松ヶ岡51で鳥海山ではありません。
荘照居成(そうしょういなり)神社はまったくマイナーな神社でしばらく前までは私自身もコンコンキツネの稲荷さんかと思っていました。
同じ村の近所の神社なのに。
10月2日の荘照居成祭は大物忌神社蕨岡口之宮の社殿で例年10時から開催され誰でも式典を見学できます。
最後に琵琶語り。
どっちにしてもマイナーであることにかわりはありません。
でも荘照居成で検索するといくつかの結果が出てくるので何となくわかるかも知れません。
Posted by あべ at 2014年04月06日 15:20
>あべさんへ
詳しい住所を教えていただいて、ありがとうございます。
確かに、「いなり」と聞くと、『稲荷』を想像してしまいますよね!
あべさんは、遊佐町の方だったんですか!
10月2日10時〜ということで、スケジュール帳に書いておきました!
その前までに、天保おすわり事件の全体を把握できるかどうか?(^^;;
荘照居成で、これから検索してみます。
清水先生にお聞きするのもよいかもしれませんね!
Posted by RicoRico at 2014年04月06日 21:30
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。