2014年11月23日

R 南三陸町へのチャリティーコンサート2014/余目第一公民館



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

『南三陸町へのチャリティーコンサート2014』
2014年11月23日(日)余目第一公民館で開催されました。

庄内町のシンガーソングライターTOYOさんが、「東日本大震災の被災地/南三陸町の被災者のために、何か私達に出来る事はないか?」と企画したチャリティーコンサートです。みんなで音楽を楽しみながら、被災されたみなさんを応援するあたたかいコンサートにしたいということで、毎年開催されています。

会場は満席(100名位)となり、大盛況のコンサートでした。

トップバッターは、『くれんめ』さんの予定でしたが、ヴォーカルの方が、インフルエンザということで、急遽、ピアノを担当されている柴田貴庸さんが、弾き語りでご出演されました。よく緊急対応されたと感心しました。
どれほど、『くれんめ』のお二人でご出演したかったことだろうと思います。
ヴォーカルの方も、お気の毒に思います。
1曲だけ、佐藤しおりさんが歌で参加され、歌とピアノでの演奏となりました。
突然、歌を頼まれたしおりさんの堂々とした唄いっぷりも素晴らしいと思いました。

私も、突然、エレクトーンを一人で演奏をしなければならなくなったことがあり、その時の心境と重なり、心臓がバクバクしました。
これから、インフルエンザの時期がやってくるので、恐怖を感じています。今年、これから5回の公演を控えていますので。
出歩く時は、マスクを着用して、予防しますので、どうか、私がマスクだからといって、風邪だと思わないで下さいね!
インフルエンザ&風邪を流行らせないようにみんなで予防しましょう!





オカリーナひびきさん
庄内町響ホール育成支援事業で結成した愛好者の会。発足丸3年。

本日は、総勢11名による厚みのあるオカリナの響きをお届け下さいました。
「♪砂山」などは、オカリナのあたたかみのある音色にピッタリで、あの雰囲気はオカリナならではだと思いました。

ピアノは、柴田貴庸さんでした。





佐藤しおりさん
天使の唄声と評判のしおりさんの歌を初めてお聞きしました。
高音の清々しい響きは、まさに天使の唄声のようで、素晴らしかったです♪

これまで、ランチなどで、ご一緒は何度かさせていただいたことがありましたが、こんなに素晴らしい才能があったとは驚きました♪

「♪アメイジング・グレイス」は、高橋祐輔さんのピアノで、お届け下さいました。





日下部 富夫さん
庄内町在住の日下部さんは、20年前に独学でハーモニカを始められたそうですが、とても素直な演奏で、好感がもてました。
ハーモニカにぴったりな選曲でよかったです。

日下部さんは、Ricoママと同い年でした!(Ricoママは、ハーモニカをお休みしていますが・・・)その上、日下部さん宅のお嫁さんが、わんこ服を作っていらっしゃり、我が家のわんこ隊も何着か愛用させていただいていたという驚きの発見もありました。ご縁って、繋がっていて不思議ですね〜♪
ぜひとも、お嫁さんにもお会いしたいと願っています。





TOYOさん
今回は、上山出身の車いす女優/萩生田千津子さんの詩に、TOYOさんがメロディをつけた『誰かのために』という曲をご披露されました。
最近、『誰かのために』と突っ走ってきたことに疲れを感じはじめていた私にとって、歌からいい刺激を頂戴しました。
TOYOさん、ありがとうございました。
また、リセットして、『誰かのために』頑張らせていただきます!

ステージの大きな『絆』の文字は、TOYOさんが書かれたのだそうです。足が不自由な方がこれだけの大作を書くことは、相当大変なことだったはずです。
『誰かのために』と実行されているTOYOさんは、本当に凄い方だと思います。
このチャリティーコンサートを毎年続けられているパワーには、ただただ頭が下がります。





高橋祐輔さん
鶴岡市在住の全盲のピアニスト。1987年生(27歳)。
山形県立山形盲学校高等部を卒業後、現在、「作業所 月山」に通所されています。
平成15年「ヘレンケラー記念音楽コンクール」にて準優勝。

本日は、親しみのある選曲をお届けして下さいました。
目が見えないというハンデを乗り越えて、素晴らしいと感動しました。
音楽を心から楽しんでいらっしゃるのが伝わってきました。
また、ご両親のサポートが、素晴らしいと思いました。
これからも、いろんな所でのご活躍を期待しております。

ちなみに、こちらが、高橋祐輔さんのブログです↓
らくらくスマホIVのブログ
全盲なのに、どうしてブログが書けるの?と不思議だったのですが、今の時代は、音声入力でブログが書ける時代なのだそうです。
句読点や改行のバランスが読みやすいのはなぜ?と尋ねてみたら、盲学校で、「見た目のよい文章の音声入力」の授業があるのだそうです。
なるほどー!
今は、全盲でも、メールでやりとりができる時代だということを教えていただきました。
というわけで、祐輔さんは、当ブログも、ご覧(音声で)下さっているそうです。ありがとうございます。
私のブログは、写真が多いため、写真に頼った文章になっているため、文章だけでは分かりにくいのではないかと思います。
全盲の方にも伝わるような文章をこれから意識して書きたいと思います。





最後は、全員で、『花は咲く』の大合唱♪

私も一緒に歌っていると、被災地でお会いしたみなさんの顔が思い出されて、涙があふれました。
『花は咲く』を歌い出したとたんに、あの時の記憶が一瞬で甦り、音楽の力って素晴らしいと思いました。
3,11から、3年8ケ月が経ちました。でも、こうして、音楽を通して、被災されたみなさんへ思いを寄せるコンサートを「続ける」ことはこれからますます大切だと思います。
庄内町で、こんなにあたたかい気持ちのコンサートが行われたということを被災された方に思いが届いて欲しいという願いを込めて、私もブログにアップさせていただきます。

そして、皆様方からお寄せいただいた善意の義援金は・・・
98,857円でした!

後日、TOYOさんとオカリーナひびきの代表の方が、庄内町の原田町長のところへお届け下さるそうです。
庄内町から友好町である南三陸町へ義援金を届けていただきます。
庄内町のホームページなどで、義援金の報告をいただけることと思います。
本日ご来場いただいた皆様方に、私からも御礼を申し上げます。





出演のみなさまとビデオ撮影の齋藤武志さんです。
やり抜いた清々しい表情で、みなさん素敵ですね♪
あたたかいコンサートをありがとうございました。






私は、今回、このポスターとプログラムの制作をボランティアでお手伝いさせていただきました。
昨年は、『ルリアール』で出演をさせていただきましたが、こういう形でお手伝いをさせていただけることも、大変ありがたいことだと思っています。
復興支援は、人それぞれ、いろんな形があると思います。
できることを続けることが、これから、ますます被災者の皆さんへの励ましになると思っています。

本日、バックヤードをお手伝い下さった皆様方にも、御礼を申し上げます。
多くのみなさまのおかげで、大成功したコンサートでした♡



<今日の短歌>
ありがとう 心つながる コンサート
 日々の心の 疲れほぐれる
 

↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



同じカテゴリー(MUSIC)の記事画像
R 『なかせ/もちもち庵』をいただきながら、『モンキータンバリン』レッスンの巻♪
R ギャラリーなご美/写真と選曲『10songs 10photos』&黒森歌舞伎押絵『梶原源太景季』の素材集め
R 地下鉄のギタリストが地下レストランで地下を奏でる『レストラン﨔/地下の夕べ』12月10日(月)開催決定♪
R 神秘的なサウンド♪戸沢村『幻想の森』にて『地下鉄のギタリスト/土門秀明プライベートライブ♪』
R 酒田出身/南北アメリカ徒歩縦横断に成功した青年『池田拓君之像』へ、地下鉄のギタリスト・土門秀明氏と訪問の巻♪
R 超常現象ライブ〜!!!第6回 宝谷そばお花見カフェ『豊穣祈願音楽祭』の写真を宮田浩之さんからご提供いただきました♪
同じカテゴリー(MUSIC)の記事
 R 『なかせ/もちもち庵』をいただきながら、『モンキータンバリン』レッスンの巻♪ (2018-10-18 23:51)
 R ギャラリーなご美/写真と選曲『10songs 10photos』&黒森歌舞伎押絵『梶原源太景季』の素材集め (2018-10-06 23:55)
 R 地下鉄のギタリストが地下レストランで地下を奏でる『レストラン﨔/地下の夕べ』12月10日(月)開催決定♪ (2018-10-03 23:55)
 R 神秘的なサウンド♪戸沢村『幻想の森』にて『地下鉄のギタリスト/土門秀明プライベートライブ♪』 (2018-09-24 23:55)
 R 酒田出身/南北アメリカ徒歩縦横断に成功した青年『池田拓君之像』へ、地下鉄のギタリスト・土門秀明氏と訪問の巻♪ (2018-09-23 23:58)
 R 超常現象ライブ〜!!!第6回 宝谷そばお花見カフェ『豊穣祈願音楽祭』の写真を宮田浩之さんからご提供いただきました♪ (2018-09-16 23:58)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。