2015年03月14日

R 荘内南洲会『第203回人間学講座』庄内藩と大庄屋/杉原丈夫先生&『中国書家』

R 荘内南洲会『第203回人間学講座』庄内藩と大庄屋/杉原丈夫先生&『中国書家』

『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2015年3月14日(土)14:00〜
荘内南洲会『第203回人間学講座』が開催されました。

前半は、堀 健悦 先生による『論語のことば』でした。



R 荘内南洲会『第203回人間学講座』庄内藩と大庄屋/杉原丈夫先生&『中国書家』

後半は、杉原丈夫先生による『庄内藩と大庄屋』でした。



R 荘内南洲会『第203回人間学講座』庄内藩と大庄屋/杉原丈夫先生&『中国書家』

江戸時代、庄内藩では、『大庄屋』を置かなければならなかった理由など、庄内藩特有のコアな歴史について、お話しをして下さいました。



R 荘内南洲会『第203回人間学講座』庄内藩と大庄屋/杉原丈夫先生&『中国書家』

『庄内絵図』をご紹介して下さいました。
日本海側から、東の方角を見たように描かれた地図でした。



R 荘内南洲会『第203回人間学講座』庄内藩と大庄屋/杉原丈夫先生&『中国書家』

最上川、日向川、赤川など、昔も今も変わらない地図を拝見させていただいて、とてもありがたかったです。



R 荘内南洲会『第203回人間学講座』庄内藩と大庄屋/杉原丈夫先生&『中国書家』

他にも、貴重な資料をご持参下さり、ご披露していただきました。
杉原先生は、庄内藩の歴史のスペシャリストと申し上げるべきでしょう!
貴重なご講演を誠にありがとうございました。



R 荘内南洲会『第203回人間学講座』庄内藩と大庄屋/杉原丈夫先生&『中国書家』

そして、今月の月例展示は『中国書家』でした。
拓本作品が多かったのですが、クオリティの高い作品がずらりで、圧巻でした。
このダイナミックで力強い書は、大陸で培われたスピリットを感じます。
この三点は、どれも素晴らしいですね!
これを原寸で臨書したら、相当力がつくことと思いますが・・・なかなかその勇気はありません。



R 荘内南洲会『第203回人間学講座』庄内藩と大庄屋/杉原丈夫先生&『中国書家』

こちらは、小筆ですが、丸みがあり、あたたかみを感じる書だと思います。
毎月、展示内容が変りますが、荘内南洲会館で、たくさんの書を見て学ばせていただいております。
書の奥の深さを感じさせていただいております。
これらの作品も、全て無料で拝観させていただくことができます。
大変ありがたいです。

今日は、夕方から仕事に戻らなければならなかったので、解説をお聞きする時間がなく残念でした。
また、お邪魔させていただきたいと思っております。



<今日の短歌>
大庄屋 庄内藩 特有の
  役職と知る 学ぶ喜び


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加







 あなたへのお薦め記事
同じカテゴリー(荘内南洲会)の記事画像
R えらぶゆりが満開の『荘内南洲神社』♡ 会津からの参拝客でいっぱい♪
R 庭のえらぶゆりが開花!&『中岡慎太郎の行動から見た幕末維新/藤井一弘先生』が刊行されました!
R 雨にいやされて・・・『えらぶゆり』と『芍薬』のつぼみ
R 鶴岡市『菅家庭園』へお伺いさせていただきました♪vol.2『菅公廟としだれ梅』
R 鶴岡市『菅家庭園』へお伺いさせていただきました♪vol.1『満開の江戸彼岸しだれ桜』
R 3/20『荘内南洲会館臨時休館』& 『Ricoママ・背中と腰の圧迫骨折』と『白紅』のお話し
同じカテゴリー(荘内南洲会)の記事
 R えらぶゆりが満開の『荘内南洲神社』♡ 会津からの参拝客でいっぱい♪ (2019-07-02 23:16)
 R 庭のえらぶゆりが開花!&『中岡慎太郎の行動から見た幕末維新/藤井一弘先生』が刊行されました! (2019-06-29 23:50)
 R 雨にいやされて・・・『えらぶゆり』と『芍薬』のつぼみ (2019-05-28 23:57)
 R 鶴岡市『菅家庭園』へお伺いさせていただきました♪vol.2『菅公廟としだれ梅』 (2019-04-20 23:54)
 R 鶴岡市『菅家庭園』へお伺いさせていただきました♪vol.1『満開の江戸彼岸しだれ桜』 (2019-04-19 23:44)
 R 3/20『荘内南洲会館臨時休館』& 『Ricoママ・背中と腰の圧迫骨折』と『白紅』のお話し (2019-03-19 23:55)


ブログの記事に関連のないコメントはご遠慮ください。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。