2015年03月15日

R<四国・九州研修旅行レポ1>龍馬誕生町歩き(龍馬像だらけの巻)

R<四国・九州研修旅行レポ1>龍馬誕生町歩き(龍馬像だらけの巻)

『Rico‘s Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2015年2月26日〜3月1日までの公益財団法人 荘内南洲会主催研修旅行『明治維新の先賢に学ぶ』旅に、参加させていただいたレポートをそろそろはじめたいと思います。

<1日目>2015年2月26日(木)
庄内空港〜羽田空港を経由して、『高知龍馬空港』に到着しました!
空港で、坂本龍馬像が出迎えてくれました!



R<四国・九州研修旅行レポ1>龍馬誕生町歩き(龍馬像だらけの巻)

私にとって、初めての四国旅行でした!
高知市内をバスで移動しました。
『とさでん交通』の<ごめん行き>の路面電車を発見しました!
1904年(明治37年)から市内を走っていて、現存する路面電車としては日本最古のものです。
雪国にはない路面電車が市内を走る光景に胸がワクワクしました!



R<四国・九州研修旅行レポ1>龍馬誕生町歩き(龍馬像だらけの巻)

『桂浜』や『高知駅』などの看板を見つけて、「ここは、本当に高知なんだぁ〜!」とようやく高知にやってきたという実感が沸きました。



R<四国・九州研修旅行レポ1>龍馬誕生町歩き(龍馬像だらけの巻)

高知の観光のシンボルといえば、『はりまや橋』ですが・・・この写真の中央にある赤い橋が、あの有名な『はりまや橋』です!
バスガイドさんからの説明でようやく発見することができました。
こんなに小さい橋とは思ってもいませんでした。
実際に足を運ぶって、大事なことですね!



R<四国・九州研修旅行レポ1>龍馬誕生町歩き(龍馬像だらけの巻)

最初に向ったのは、高知市立『龍馬の生まれたまち記念館』でした。
地元ボランティアガイドさんによる館内見学、そして、坂本龍馬誕生町歩きということで、ガイドしていただきました。



R<四国・九州研修旅行レポ1>龍馬誕生町歩き(龍馬像だらけの巻)

入口の坂本龍馬像。
このあと、高知市内の至る所に、坂本龍馬像があることを知るのでした・・・。



R<四国・九州研修旅行レポ1>龍馬誕生町歩き(龍馬像だらけの巻)

現在のこっている龍馬の写真(全6種類)の中で、最晩年に撮影されたものとみられている写真です。



R<四国・九州研修旅行レポ1>龍馬誕生町歩き(龍馬像だらけの巻)

上の写真をもとに、中庭に建てられた坂本龍馬像と姉・坂本乙女像です。
坂本龍馬の姉、乙女さんは、剣術や長刀、三味線や舞踊など、文武において高い能力を持っていたそうです。
身長は、176cm、体重は、約112kgということで、「坂本のお仁王さん」と呼ばれていたそうです。
当時の日本人の身長の平均が、155cmだったということですから、どれだけどでかいお姉さんに見えたことでしょうね!



R<四国・九州研修旅行レポ1>龍馬誕生町歩き(龍馬像だらけの巻)

『龍馬さんとせいくらべ』ということで、横に立って写真を撮ることができました。
ここでは、龍馬の身長は、173cmだったと書かれてありますが・・・翌日に訪問した『坂本龍馬記念館』の学芸員さんのお話しによると、179cm説もあり、そちらの方が有力なのではないか?ということでした。
どちらにしても、坂本龍馬も乙女ねえやんも、当時にしては、大柄な姉弟だったということは間違いありません。



R<四国・九州研修旅行レポ1>龍馬誕生町歩き(龍馬像だらけの巻)

『龍馬』の名前の由来をはじめて知りました。
龍馬のお母さんが、龍馬を身ごもった時に、空をかける龍が胎内に飛び込んだ夢を見たことや、生まれた時に、背中にびっしりと毛が生えていたころから、『龍馬』と名付けられたということです。
時代を経ても、『龍馬』という名前は、かっこいい名前ですよね!



R<四国・九州研修旅行レポ1>龍馬誕生町歩き(龍馬像だらけの巻)

おっと!坂本龍馬人形を発見!
銅像じゃないと違和感を感じるのは私だけでしょうか???



R<四国・九州研修旅行レポ1>龍馬誕生町歩き(龍馬像だらけの巻)

『龍馬の生まれたまち記念館』近くにある『坂本龍馬誕生の地』の記念碑です。
龍馬の実家は、裕福で、家屋敷も広かったということでした。
私達が泊った『龍馬の宿/南水ホテル』も、この碑の近くにあり、坂本家の屋敷内に建つホテルということで、とても嬉しかったです。



R<四国・九州研修旅行レポ1>龍馬誕生町歩き(龍馬像だらけの巻)

『龍馬郵便局』です!
平成11年局名を改称、全国で唯一の実在した人物の名前がついた郵便局でした!



R<四国・九州研修旅行レポ1>龍馬誕生町歩き(龍馬像だらけの巻)

『龍馬郵便局』前にあったその名も『龍馬ポスト』です!
町中、至る所に龍馬像やらのぼりや看板などを発見し、『坂本龍馬』で潤っている町だという印象でした!
現在でも、『坂本龍馬』人気の高さをビンビン感じてきました。

旅レポは、つづく。


<今日の短歌>
高知市内 右も左も 龍馬が
 ずらり出迎え 驚くばかり


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加





 あなたへのお薦め記事
同じカテゴリー(TRIP)の記事画像
R きんぴらごぼうが楽チン!『ごぼうの皮むき手袋』& 新型コロナ渡島自粛要請に山形県酒田市『飛島』も!
R 奄美大島みやげ『田中一村/パパイヤとゴムの木』&『本場大島紬/名刺入れ』
R<荘内南洲会/南洲翁の遺徳を訪ねる旅2020『鹿児島』>vol.5『照国神社/福昌寺跡/仙巌園/鶴嶺神社』
R<荘内南洲会/南洲翁の遺徳を訪ねる旅2020『鹿児島』>vol.4『K10カフェ/南洲神社/西郷南洲顕彰館』
R<荘内南洲会/南洲翁の遺徳を訪ねる旅2020『奄美大島』>vol.3『奄美パーク/ネイティブシー奄美(交流会)
R<荘内南洲会/南洲翁の遺徳を訪ねる旅2020『奄美大島』>vol.2『西郷流謫地跡・愛加那墓参/奄美大島酒造/鶏飯』
同じカテゴリー(TRIP)の記事
 R きんぴらごぼうが楽チン!『ごぼうの皮むき手袋』& 新型コロナ渡島自粛要請に山形県酒田市『飛島』も! (2020-04-09 23:57)
 R 奄美大島みやげ『田中一村/パパイヤとゴムの木』&『本場大島紬/名刺入れ』 (2020-03-27 23:53)
 R<荘内南洲会/南洲翁の遺徳を訪ねる旅2020『鹿児島』>vol.5『照国神社/福昌寺跡/仙巌園/鶴嶺神社』 (2020-03-08 23:58)
 R<荘内南洲会/南洲翁の遺徳を訪ねる旅2020『鹿児島』>vol.4『K10カフェ/南洲神社/西郷南洲顕彰館』 (2020-03-07 23:58)
 R<荘内南洲会/南洲翁の遺徳を訪ねる旅2020『奄美大島』>vol.3『奄美パーク/ネイティブシー奄美(交流会) (2020-03-06 23:52)
 R<荘内南洲会/南洲翁の遺徳を訪ねる旅2020『奄美大島』>vol.2『西郷流謫地跡・愛加那墓参/奄美大島酒造/鶏飯』 (2020-03-06 07:38)


ブログの記事に関連のないコメントはご遠慮ください。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。