2015年03月23日

R<四国・九州研修旅行レポ4>初大分県!佐伯港〜ホテル金水苑

R<四国・九州研修旅行レポ4>初大分県!佐伯港〜ホテル金水苑

『Rico‘s Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2015年2月26日〜3月1日の公益財団法人 荘内南洲会主催研修旅行『明治維新の先賢に学ぶ』旅

<2日目>2015年2月27日(金)
『宿毛(すくも)港』(高知県宿毛市)から、宿毛フェリーに乗船し、16:00出港しました。
目指すは、『佐伯(さいき)港』大分県佐伯市へ約3時間10分の船旅の予定でした。

ところが、波浪警報が発令し、途中から船の揺れがひどくなり、船酔いする人が続出しました!
私も、船酔いしましたが、軽い方だったようで、数名の女性陣は、トイレの前に青ざめた顔でぐったりされていて、お気の毒でした。
大型の船だからと思って、船酔い止めの薬を飲まずに油断したことを反省しました。
予定よりも40分以上遅れましたが、無事に『佐伯港』に到着しました。

宿泊先のホテル金水苑さんに到着するとロビーに、鹿児島の南国交通のドライバーさんとバスガイドさんがお出迎えをしてくださいました。
1年ぶりにベテランバスガイドの岩戸みち子さんに再会することができて感激しました!
岩戸さん曰く、「波浪警報がでたので、欠航になるんじゃないかと心配していました!無事に到着されてよかったです!」ということで、そんなに大変な天候になっていたことを後から知らされ、驚きました!
日本海の荒波をいつも見ている私からしたら、たいしたことがないと思ったもので(^^;



R<四国・九州研修旅行レポ4>初大分県!佐伯港〜ホテル金水苑

到着してすぐに夕食をいただきました。
前日の高知の郷土料理『皿鉢(さわち)料理』の豪快な大皿料理とは一転し
、『懐石料理』でした♡
テーブルに和紙が敷かれていたり、器も素敵で、女性的な雰囲気でした。



R<四国・九州研修旅行レポ4>初大分県!佐伯港〜ホテル金水苑
R<四国・九州研修旅行レポ4>初大分県!佐伯港〜ホテル金水苑

おなかがペコペコだったので、わつわつと食べていたら、正面の村上先生が、料理には全く手を付けず、床の間を鋭い形相で見つめていたので驚きました。
「どうして食べないのだろう?」と思っていたら、床の間の掛け軸を書き写していて、どういう意味なのかと、給仕の方に質問をされていました。
夜8時半にもなり、お腹が空いているはずなのに、食欲よりも知識欲の方が勝っている89歳の村上先生を素晴らしいと思いながらも、私は、箸を休めることなくごちそうをいただいてしまいました(汗)
村上先生は、その後、ゆっくり食べ始めていらっしゃいました。「戦時中、食べるものがなかったから、今は、本当にありがたいと思います」と一つ一つ丁寧にいただく姿に昔の日本人の所作の美しさを感じました。



R<四国・九州研修旅行レポ4>初大分県!佐伯港〜ホテル金水苑

次々と素敵な器に盛られたお料理が運ばれてきました。



R<四国・九州研修旅行レポ4>初大分県!佐伯港〜ホテル金水苑

色がとても濃くてしょっぱそうに見えますが、こちらで使用しているお醤油は、たまり醤油なのか、色が濃いけれども、しょっぱくはありませんでした。
ただ、普段私が食べ慣れているお醤油とのテイストの違いを感じました。



R<四国・九州研修旅行レポ4>初大分県!佐伯港〜ホテル金水苑

おこげあんかけ!美味しかったです♡
もうこの辺りで、私はお腹が一杯になりました!



R<四国・九州研修旅行レポ4>初大分県!佐伯港〜ホテル金水苑

さらに天ぷらが続き・・・


R<四国・九州研修旅行レポ4>初大分県!佐伯港〜ホテル金水苑

にぎり寿司まで!



R<四国・九州研修旅行レポ4>初大分県!佐伯港〜ホテル金水苑

最後はお吸い物!
お椀の千鳥のデザインがとても素敵だったので、パチリ♪

今回お世話になった旅行代理店の添乗員さんが、「お料理がたくさん出てよかったぁ〜!初めて利用したホテルだったから、心配だったんですよ〜!」と胸をなで下ろされていたのが印象的でした。
私達が、ゆっくりと旅を楽しませていただける陰には、苦労をして下さる方がいるおかげだということを忘れてはいけませんね!
おかげさまで、お腹いっぱいごちそうをいただき、このホテルのごちそうが、大分県の唯一の思い出となりましたよ!ありがとうございました。



R<四国・九州研修旅行レポ4>初大分県!佐伯港〜ホテル金水苑

こちらは、翌朝の朝食です。
前日遅くにあれだけの量を食べたのに、朝もよくこれだけ食べられたものだと思います。
しっかり身について、人生MAX体重を更新しました〜!icon10

私の親戚に、大分県から酒田にお嫁さんになってやってきた方がいます。
大分県は、こんなに遠いところだったんだ〜と、彼女の気持ちを思いやることができました。

ホテルをバスで出発して、東九州自動車動を南下し、宮崎県延岡市へ向いました。



<今日の短歌>
大分の ごっつぉえっぺ 腹くずけ〜
 酒田はるばる 遠くにありて


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加




 あなたへのお薦め記事
同じカテゴリー(TRIP)の記事画像
R ダイヤモンド・プリンセス号_酒田出港/お見送りへ行ってみました♪
R 風評被害に負けないで!『時を奏でる宿 若葉旅館/山形県酒田市の中心にある宿』の酒田最強ランチ『新芽ランチ800円』
R 酒田『山居倉庫』に『おしん人形ギャラリー』誕生!除幕式ウェルカム生演奏でおもてなしの巻♪
R 酒田『山居倉庫』と新緑のケヤキ並木
R 鶴岡市『菅家庭園』へお伺いさせていただきました♪vol.1『満開の江戸彼岸しだれ桜』
R カナダのお土産『ポット スタンド(鍋敷き)』が出てきてびっくり!
同じカテゴリー(TRIP)の記事
 R ダイヤモンド・プリンセス号_酒田出港/お見送りへ行ってみました♪ (2019-06-23 23:57)
 R 風評被害に負けないで!『時を奏でる宿 若葉旅館/山形県酒田市の中心にある宿』の酒田最強ランチ『新芽ランチ800円』 (2019-06-20 23:49)
 R 酒田『山居倉庫』に『おしん人形ギャラリー』誕生!除幕式ウェルカム生演奏でおもてなしの巻♪ (2019-06-13 23:55)
 R 酒田『山居倉庫』と新緑のケヤキ並木 (2019-06-11 23:58)
 R 鶴岡市『菅家庭園』へお伺いさせていただきました♪vol.1『満開の江戸彼岸しだれ桜』 (2019-04-19 23:44)
 R カナダのお土産『ポット スタンド(鍋敷き)』が出てきてびっくり! (2019-04-03 23:48)


この記事へのコメント
"船酔いに 負けること無く Ricoさんは
      佐伯に着けば ぱくぱくぱくと!"

おなかを壊すなどと言うことはないということですね。
Posted by あべ at 2015年03月24日 21:42
>あべさんへ

船酔いも ごちそう目にし 復活だ
 食べ過ぎ苦し これも辛いよ
 
Posted by RicoRico at 2015年03月25日 05:05
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。