2015年03月25日

R<四国・九州研修旅行レポ6>宮崎県都城市庄内町『都城南洲神社&交流会』



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2015年2月26日〜3月1日の公益財団法人 荘内南洲会主催研修旅行『明治維新の先賢に学ぶ』旅

<3日目>2015年2月28日(土)
いよいよ『都城南洲神社』に到着すると思ってバスに乗っていたら、『庄内』の看板を発見して驚きました!思わずパチリ!ギリギリセーフで、カメラにおさまりました〜!
「一体、どういうこと??」と思っていたら、『都城南洲神社』は、宮崎県都城市庄内町にあることを現地へ行って知りました。




周辺には、『庄内』の文字の看板がたくさんあり、初めての宮崎県都城市だったのに、自分の住む庄内に帰ってきたようなとても不思議な感覚になりました。
のどかな雰囲気も、まさに『庄内』っぽいんですよね〜!





庄内町に関する資料をいただいてありがたかったです!
庄内町というキーワードに親近感を感じました。





こちらは、『都城南洲神社』への階段です。
急勾配の石段を登るのはかなりきつかったです〜!





『都城南洲神社』建立の由来が書かれてありました。
昭和2年、西郷南洲翁没後50周年を記念して西郷先生の御霊と庄内出身(もちろんこの都城市庄内町という意味です)西南戦争戦没者56柱の霊を祀る神社として創建されました。その後、社殿は昭和53年に消失し、55年に再建され現在に至っているとのことです。





私達一行を都城南洲会や地域のみなさまが出迎えて下さいました。
荘内南洲会一行26名が参拝する姿やその後の交流会のことを地元メディア宮崎日日新聞さんが取材し、3/2の新聞記事にして下さいました。
地元のみなさまの歓迎ぶりに驚きました。

全国に『南洲神社』は4つ(鹿児島本社、沖永良部島、、宮崎県都城市、山形県酒田市)ありますが、私にとっては、ここ『都城南洲神社』の参拝で、全ての『南洲神社』をコンプリートさせていただいたことになりました。荘内南洲会様で、旅行を企画していただかなければ、一人では足を運ぶことは難しかったと思います。改めまして、荘内南洲会様に御礼を申し上げます。





参拝後、近くにある『三島通庸(みしま みちつね)公遺徳の碑』をご案内いただきました。
お恥ずかしながら、私は、三島通庸公のことを存じておりませんでした。
薩摩藩士・三島通純の長男として生まれ、明治の新政で、わずか2年の間にここ庄内の基盤を驚異的な早さで確立したという功績を残されました。
その後、酒田県令→鶴岡県令→山形県令→福島県令→栃木県令→警視総監という逸材であったということを学びました。
この庄内町の次に、山形県の庄内地方へという流れは、偶然にしてはすごいことですよね!

この石碑の向こう側に見えるのは、『庄内小学校』です。





『庄内空襲之碑』というのもありました。
先日、俳優/佐藤浩一さんがナビゲーションを努めたテレビ番組で、偶然、『都城・庄内空襲』の映像が流れました。
この『庄内空襲之碑』とその映像が頭の中でつながり、「こんなに緑豊かな穏やかな町に、空襲を仕掛けるなんて!」と、悔しくて、悲しくて涙があふれました。
戦争のむなしさを感じずにはいられませんでした。
庄内空襲で犠牲になられた方々へ改めてお悔やみを申し上げます。
そして、二度と戦争を起こしてはならないと思います。





その後、都城市庄内町西区自治公民館の住民のみなさまとの交流会を開催していただきました。
『南洲太鼓』のみなさんの力強い太鼓でのおもてなしに感動しました!




太鼓も素晴らしかったですが、この笛の音が、美しく素晴らしかったです♪
ぜひ、動画でお楽しみ下さい。





迫力ある太鼓の音で、音割れしてしまいまして、申し訳ありません。





『南洲太鼓』のみなさんは、鹿児島の『南洲神社』で開催される例大祭でも、この太鼓をご披露されるそうです。
西郷先生もきっと喜んで下さることでしょう!





そして、地元の食生活改善推進員のお母さんたちの手作りの減塩にこだわった郷土料理を振舞ってくださいました。
左上の揚げ物は、『がね』という郷土料理でした。
さつまいもを細く切って揚げたものなのですが、左右に飛び出しているさつまいもが、カニの足のように見えることから、カニがなまって『がね』という名前で呼ばれているそうです。

手前は、自家製のお味噌で作った豚汁でした。
すべて地元でとれた新鮮なお野菜を使っているということで、優しい味わいに癒されました。
ところが・・・Ricoママが、うっかりとこの豚汁を倒してしまい、自分の足にかけてしまいました。
地元のお母さんたちが、「大丈夫ですかっ!?」と大慌てで、タオルを持ってきて片付けて下さいました。
Ricoママは、「まがしてしまた〜!」と思わず言ってしまい、「あれ?『まがしてしまた〜』を標準語ではなんていうんだろう???」と頭の中は、そのことでいっぱいになってしまったそうです(笑)
おっちょこちょいで、みなさまにご迷惑をお掛けして、申し訳ありませんでした。
「他人さ、まがさねぐでいがった〜」とRicoママ。





そして、地元のお米(ブランド名を忘れてしまいました)のおにぎり!
これが、激うまで、ビックリしました!
ここ庄内町のお米はとても美味しいです!!!
今回、四国・九州と旅をしてきましたが、どこも美味しいお米を食べていることがわかり、「庄内平野は米どころ!」といばっていられないぞ!という危機感を覚えるほどでした。
とにかく、この真っ白でふわふわで、ねばりのあるおにぎりが最高に美味しかったです!
きっと地元のお母さんたちの愛情もプラスになっているからだと思います!!!





このお漬物などもすべて手作り!
あまりにも美味しかったので、作り方を教わってしまいましたkao2
お料理を通して、女性同士の交流ができたのことが、とてもよき思い出となりました♪
この手作りのお料理が、今回の旅行で一番印象に残っているお料理といっても過言ではありません!
全部おいしかったです!ごちそうさまでした♡

この度は、都城市庄内町西区のみなさまに、大変お世話になりまして、誠にありがとうございました。





公民館に、こんなに素敵なポスターが貼られてありました。
『都城』というネーミング自体が、ブランドですよね!
久しぶりにシンプルかつ心に残るポスターに出会えて嬉しかったです。





こちらは、『都城市のロゴマーク』です。
白い山のシルエットは、『霧島山』だと思います。
でも、このマーク、なんとなく見覚えがありますよね〜!





この写真は、3/8に、『酒田市 東日本大震災追悼の集い』の「癒しのコンサート」に、ルリアールで出演をさせていただいた時のものです。
オカリナのRumiさんの後ろの『酒田市のロゴマーク』になんとなく似ていると思いました。
蛍光灯の色で、全体が黄色っぽく見えますが・・・色合いも似ています。


宮崎県都城市庄内町・・・初めて行った土地なのに、「おかえり〜」と迎えていただいたようなそんな不思議なところでした。
旅は、地元の方々とのふれあいが何よりもありがたいものですね♡


いよいよ鹿児島目指して、バスは走りました〜♪


<今日の短歌>
庄内 つながり多し 面白き
 出会い喜び 都城



↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



同じカテゴリー(TRIP)の記事画像
R 若葉旅館の若旦那へ御礼に行ってきました♪&酒田最強ランチ『新芽ランチ』702円(税込)
R モテモテ納得!『幕末酒田の異才/本間郡兵衛』酒田市立資料館 第208回企画展【資料館調査員による展示解説】
R エノカマさん来庄!本日最終日!『西郷隆盛と志士たち/本間美術館』&鮮魚の旨さに感動!『笑快晴』の巻♪
R 神秘的なサウンド♪戸沢村『幻想の森』にて『地下鉄のギタリスト/土門秀明プライベートライブ♪』
R 酒田出身/南北アメリカ徒歩縦横断に成功した青年『池田拓君之像』へ、地下鉄のギタリスト・土門秀明氏と訪問の巻♪
R 国宝『羽黒山五重塔』特別拝観へ行ってまいりました!
同じカテゴリー(TRIP)の記事
 R 若葉旅館の若旦那へ御礼に行ってきました♪&酒田最強ランチ『新芽ランチ』702円(税込) (2018-10-29 23:57)
 R モテモテ納得!『幕末酒田の異才/本間郡兵衛』酒田市立資料館 第208回企画展【資料館調査員による展示解説】 (2018-09-29 23:54)
 R エノカマさん来庄!本日最終日!『西郷隆盛と志士たち/本間美術館』&鮮魚の旨さに感動!『笑快晴』の巻♪ (2018-09-25 23:57)
 R 神秘的なサウンド♪戸沢村『幻想の森』にて『地下鉄のギタリスト/土門秀明プライベートライブ♪』 (2018-09-24 23:55)
 R 酒田出身/南北アメリカ徒歩縦横断に成功した青年『池田拓君之像』へ、地下鉄のギタリスト・土門秀明氏と訪問の巻♪ (2018-09-23 23:58)
 R 国宝『羽黒山五重塔』特別拝観へ行ってまいりました! (2018-09-21 23:56)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。