2015年06月29日

R『キャンドルナイト2015inしょうない』ルリアール出演させていただきました♪



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2015年6月27日(土)19:00〜
『庄内町節電プレイベント/キャンドルナイト2015INしょうない』が、悪天候のため、ウィンドーム立川(風車村/屋内ホール)にて開催されました。

私たちオカリナ&エレクトーン『ルリアール』の出演は、今年で、3年目となりました。
庄内町環境課 新エネルギー課のみなさまはじめ、風車村の村長さん、そして、庄内町音楽連盟の皆様のバックアップのおかげです。
一年ぶりに顔を合わせたので、ご挨拶をすると、「一年に一回ここで合う七夕みたいだね〜!」と庄内町音楽連盟の会長さんが、素敵な言葉をおっしゃってくださいました。
もしかしたら、お客様の中にも、一年に一回、ここでルリアールの演奏を聴いてくださる方がいらっしゃっていたのかもしれません。お一人でいらっしゃっている男性の方が意外に多かったように感じました。毎年、ロマンチックで素敵なイベントに出演させていただけることのありがたさを感じました。

雨風の中、わざわざ会場にお越しいただいた皆様には、本当にありがたいと思いました。





これまでの2年間は、二俣農村公園(ほたるの里)で開催していました。
野外だと、風でキャンドルが消えてしまうこともありましたが、屋内だとキャンドルが消える心配がなく、ゆらゆらとあたたかい光りに包まれたステージでした。

一番前の席に座ってくださった3名の方は、Ricoママの同級生さんたちです♪
ルリアールのライブに足を運んでくださったことがきっかけで、Ricoママと再会し、現在では、私が通っている總光寺さんの書道教室に、Ricoママと一緒にみなさんで通うようになりました。
私たちのライブへ毎回お誘いしてはご迷惑だろうと遠慮をしていたのですが、当ブログを見て、「今年も、キャンドルナイトへみんなで行くよ!何回聴いたっていいよ!」とおっしゃってくださり、一番前の席で、応援をしていただきました。
本当に嬉しかったです。ありがとうございましたm(_ _)m

他にも、ルリアールのライブに何度も足を運んでくださっている方もいらっしゃったので、今回のために新しい曲をご用意させていただきました。





アシスタント2号に、カメラをオート設定せずに渡してしまったため、写真がブレてしまい申し訳ありません。
実行委員会のみなさんが、綺麗なハート型にキャンドルを並べてくださり、そんな素敵な空間の中、みんなで歌ったりもしました。
みなさんがとても大きな声で歌ってくださったおかげで、感動的であったかい気持ちになりました。
本当に音楽が好きな方々が集ってくださったコンサートだったという印象でした。





「電気を消してスローな夜を」
というのが、キャンドルナイトのスローガンです。
となると、「電子楽器の使用はおかしいんじゃない?」という方もいらっしゃるようです。
それはいかがなものでしょうか?

この風車村は「風のまち」ということで、日本で一番最初に風力発電をはじめたところです。
「必要な電気は、自然エネルギーで作ろう!」と最初に取り組んだ町なのです。
キャンドルナイトは、みんなで、家庭の明かりを消して節電し、キャンドルナイトの会場に集まり、電気のこと、節電のこと、自然エネルギーのことを考えようというイベントです。
電気のありがたさ、大切さに感謝する日でもあります。
水や空気と同じ様に、電気も当たり前にあるものだと思いがちですが、電気は作らなければならないものなのです。
電気がなかったら、ルリアールのサウンドをみなさまにお届けすることができません。みんなで音楽を楽しむための電気の使用は、電気の無駄使いではないと思います。
照明は、LEDライト3個で、省エネです。真っ暗闇では、危険です。電気は安全のためにも必要なものです。
『必要な電気は上手に使い、無駄な電気を消しましょう』という日々の心掛けをお伝えするのがキャンドルナイトのコンセプトだと思っています。

電気って、凄いですよね!電気のない生活なんて考えられません。
私は、誰よりも電気のありがたさを伝えられる楽器を演奏させていただいていると思っています。
エレクトーンが誕生して、約50年。電気がなかったら、誕生していない楽器です。
これからも、電気にお世話になるためには、新しいエネルギーのことを私も一緒に考えていかなければならないと思っています。

土を焼いて作ったオカリナと電子楽器の最新鋭のエレクトーンのキャンドルナイトコンサートは、この『庄内町節電プレイベント/キャンドルナイト2015inしょうない』にピッタリなのではないかと感じています。





コンサート終了後に、ホタルの鑑賞会がありました。
これは、ホタルが飛び交っている写真なのですが、うまく撮ることができませんでした。
風車村の工藤村長が、ご来場くださるみなさまを喜ばせてあげたいということで、巨大な虫かごを作って、そこにホタルを60匹放っていました。
すでに、ホタルのシーズンは終わっているので、このホタルたちは、キャンドルナイトの開催日に合わせて、水温を低く管理して育てた貴重なホタルです。
ご来場者のみなさんと一緒にホタル観賞ができて、とても嬉しかったです。
小さい子どもさん連れの親子、ご年配の方々、お友達同士、若いカップルなどが、ホタルの幻想的な光りを見つめる姿は、世代を超えた感動でした。

この後、このホタルは東京・白金の子ども達へプレゼントされるそうです。
東京の子ども達は、ホタルを毎年楽しみにしているそうです。





それから、こちらの大粒のブルーベリーが、ご来場者全員にプレゼントされました♪
このブルーベリーは、風車村周辺に実ったものだそうで、スタッフのみなさんが、悪天候の中お越しくださるみなさまにプレゼントしたいということで、雨の中、収穫してくださったとれたてなのだそうです。
私たちも頂戴して、食べてみたのですが、ものすごく美味しかったです♡

他にも、風車村のラベンダー園で摘んだ「ラベンダーのブーケ」が抽選でプレゼントされていました。
私たちが演奏をしている時も、爽やかなラベンダーの香りがして、癒されました。
ラベンダーの香りを楽しみながら、「今日は、ラベンダー色の衣装にしてよかった!」と思いました。
ご来場者のみなさまは、おみやげ付で、大変満足されていたように感じました。

屋内でのキャンドルナイトは、私の予想を超えて、とてもいい感じだったので嬉しかったです。
音楽を楽しみにしていた方は、「屋内の方が、ゆっくり聴けてよかった」というご意見でした。





おまけの写真です。
リハーサルが終わってから、おにぎりの差し入れを庄内町様からいただきました。
あったかい握りたてのごはんで、とても美味しかったです。
みんなでほおばるとさらに美味しい!
庄内のお米は、本当に美味しいですね!

昨日、ブログにアップさせていただいたホテル八乙女のおにぎりとソックリだったので、偶然なのかもしれませんが、ものすごく不思議な気持ちになりました。
このあったかいおにぎりが、最高のおもてなしというのが、都会の方には、伝わるでしょうか?
炊きたての庄内のお米は、本当にごちそうですよ!

悪天候のために、ご来場者数は少ないキャンドルナイトでしたが、私にとって想い出に残る素敵なキャンドルナイトだったと思います。
お世話になりましたみなさま方に、御礼を申し上げます。


PS.コンサート終了後に、お声を掛けてくださったF.Sさん、またお会いできて嬉しかったです♪ありがとうございました♡



<今日の俳句>
電気ある ありがたさ知る 夏至の夜

↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



同じカテゴリー(ルリアール)の記事画像
R タイのテレビ局『チャンネル3』in肘折温泉ロケ/ルリアールライブ出演♪
R『台湾と土門秀明氏/T&Jリリース』&『タイとルリアール/チャンネル3(テレビ)in肘折温泉ロケ出演予定』のお知らせ♪
R 10/22『芋煮会&ルリアール軽音楽のひととき』仙台市茂庭台にて開催決定!
R『♪瑠璃色の地球』オカリナ&エレクトーン/ルリアール 音源データ制作中の巻♪
R 大人ライブ/オカリナ&エレクトーン『ルリアール』10/29開催させていただきます♪
R『酒田のラーメンexpo 2017』9/17(日)にルリアールで出演させていただきました♪
同じカテゴリー(ルリアール)の記事
 R タイのテレビ局『チャンネル3』in肘折温泉ロケ/ルリアールライブ出演♪ (2017-10-16 23:58)
 R『台湾と土門秀明氏/T&Jリリース』&『タイとルリアール/チャンネル3(テレビ)in肘折温泉ロケ出演予定』のお知らせ♪ (2017-10-12 23:53)
 R 10/22『芋煮会&ルリアール軽音楽のひととき』仙台市茂庭台にて開催決定! (2017-10-09 23:56)
 R『♪瑠璃色の地球』オカリナ&エレクトーン/ルリアール 音源データ制作中の巻♪ (2017-10-03 23:45)
 R 大人ライブ/オカリナ&エレクトーン『ルリアール』10/29開催させていただきます♪ (2017-09-29 23:58)
 R『酒田のラーメンexpo 2017』9/17(日)にルリアールで出演させていただきました♪ (2017-09-17 23:51)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。