2017年05月10日

R 庄内浜のお魚講座vol.3 『天然の鯛の見分け方』&『魚のウロコの外し方』



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

父が、漁師さんのお手伝いをして、こちらの鯛をいただいて帰宅しました。
というわけで、庄内浜のお魚講座の第三弾です!

本日は、『天然の鯛の見分け方』&『魚のウロコの外し方』についてです。




鯛の目のすぐ下に『鼻孔』と呼ばれている穴があります。
天然の鯛には、左右2つずつ、合計4つの『鼻孔』があります。

ところが、養殖の鯛は、左右に1つずつ、合計2つしか『鼻孔』がありません!

その理由は、未だに解明されていないということです。
自然に対して、人間がわかっていることというのは、極々一部なのかもしれませんね!





それから、鯛の種類にもよりますが、やはり天然の鯛は、美しいですよね。
どうして、こんなに神秘的な色をしているのだろう?と見入ってしまいます。
学生時代、魚のリアルイラストレーションを描くバイトをやったことがあります。
鯛のウロコを一枚一枚描いた時に、すごく大変だったけれど、鯛の美しさに感動した記憶があります。





魚のウロコを取る方法はいろいろありますが、我が家では、ペットボトルのフタを使っています。
包丁で、ウロコを取ろうとすると、あっちこっちにウロコが飛び散ってしまい、掃除が大変です!
ところが、ペットボトルのフタを押し当ててスライドさせると、この写真のようにウロコが飛び散らなくて、とてもありがたいです。
ぜひ、お試しくださいませ〜!

明日の朝は、久しぶり『鯛めし』で〜す!
『鯛めし』の炊ける匂いで、目が覚めるのが、今から楽しみです♡ふふふ


<今日の俳句>
天然鯛 鼻孔4つに 神秘色


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



同じカテゴリー(FOOD)の記事画像
R 『日本料理 村上』玉手箱ランチで会食会♪
R『宮内庁内売店』の銘菓桃山/菊の園&『京・祇園 やよい』のちりめん山椒
R『秋の特別西洋会席コース』フランス風郷土料理 ル・ポットフーで、定例会食会♪
R 『栗ごはん』ヤバイ!酒田市楢橋産『和栗』の巻♪
R『酒田のラーメンexpo 2017』9/17(日)にルリアールで出演させていただきました♪
R『酒田のラーメンexpo 2017』いよいよ開催!9/17にルリアールで出演します♪
同じカテゴリー(FOOD)の記事
 R 『日本料理 村上』玉手箱ランチで会食会♪ (2017-09-21 23:59)
 R『宮内庁内売店』の銘菓桃山/菊の園&『京・祇園 やよい』のちりめん山椒 (2017-09-20 23:55)
 R『秋の特別西洋会席コース』フランス風郷土料理 ル・ポットフーで、定例会食会♪ (2017-09-19 23:55)
 R 『栗ごはん』ヤバイ!酒田市楢橋産『和栗』の巻♪ (2017-09-18 23:55)
 R『酒田のラーメンexpo 2017』9/17(日)にルリアールで出演させていただきました♪ (2017-09-17 23:51)
 R『酒田のラーメンexpo 2017』いよいよ開催!9/17にルリアールで出演します♪ (2017-09-15 23:55)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。