2017年05月10日

R 庄内浜のお魚講座vol.3 『天然の鯛の見分け方』&『魚のウロコの外し方』



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

父が、漁師さんのお手伝いをして、こちらの鯛をいただいて帰宅しました。
というわけで、庄内浜のお魚講座の第三弾です!

本日は、『天然の鯛の見分け方』&『魚のウロコの外し方』についてです。




鯛の目のすぐ下に『鼻孔』と呼ばれている穴があります。
天然の鯛には、左右2つずつ、合計4つの『鼻孔』があります。

ところが、養殖の鯛は、左右に1つずつ、合計2つしか『鼻孔』がありません!

その理由は、未だに解明されていないということです。
自然に対して、人間がわかっていることというのは、極々一部なのかもしれませんね!





それから、鯛の種類にもよりますが、やはり天然の鯛は、美しいですよね。
どうして、こんなに神秘的な色をしているのだろう?と見入ってしまいます。
学生時代、魚のリアルイラストレーションを描くバイトをやったことがあります。
鯛のウロコを一枚一枚描いた時に、すごく大変だったけれど、鯛の美しさに感動した記憶があります。





魚のウロコを取る方法はいろいろありますが、我が家では、ペットボトルのフタを使っています。
包丁で、ウロコを取ろうとすると、あっちこっちにウロコが飛び散ってしまい、掃除が大変です!
ところが、ペットボトルのフタを押し当ててスライドさせると、この写真のようにウロコが飛び散らなくて、とてもありがたいです。
ぜひ、お試しくださいませ〜!

明日の朝は、久しぶり『鯛めし』で〜す!
『鯛めし』の炊ける匂いで、目が覚めるのが、今から楽しみです♡ふふふ


<今日の俳句>
天然鯛 鼻孔4つに 神秘色


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



同じカテゴリー(FOOD)の記事画像
R 色とりどりの鍵盤『クラヴィエコロレ(クリームサンドクッキー)』ジャケ買いの巻♪
R 黒森産露地栽培『いちご』を頂戴しました!&『いちごのヘタ取り器』
R 日本料理『ほたる』にて『くろもりん押絵倶楽部』黒森歌舞伎押絵大反省会の巻
R 今年初、飛島産『夏イカ』キターッ!!『シリコンフライパンシート』で『イカぽっぽ焼き』の巻♪
R 酒田の銘菓!『菓匠 菊池/抹茶生どら』の販売が始まりました♡
R コウ静子先生をお呼びして美と健康そして手軽な山菜料理を楽しもう!(庄内食楽)
同じカテゴリー(FOOD)の記事
 R 色とりどりの鍵盤『クラヴィエコロレ(クリームサンドクッキー)』ジャケ買いの巻♪ (2017-05-27 23:37)
 R 黒森産露地栽培『いちご』を頂戴しました!&『いちごのヘタ取り器』 (2017-05-26 23:23)
 R 日本料理『ほたる』にて『くろもりん押絵倶楽部』黒森歌舞伎押絵大反省会の巻 (2017-05-25 23:56)
 R 今年初、飛島産『夏イカ』キターッ!!『シリコンフライパンシート』で『イカぽっぽ焼き』の巻♪ (2017-05-24 23:56)
 R 酒田の銘菓!『菓匠 菊池/抹茶生どら』の販売が始まりました♡ (2017-05-23 23:58)
 R コウ静子先生をお呼びして美と健康そして手軽な山菜料理を楽しもう!(庄内食楽) (2017-05-22 23:58)

上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。