2018年07月12日

R 庄内野菜と魚介のシチリア食堂『ベッダシチリア』で、バースデーランチの巻♪



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2018年7月12日(木)
数日前のこと。
Ricoママが、愛用のiPadで、鶴岡市羽黒町の庄内野菜と魚介のシチリア食堂『ベッダシチリア』を見つけて、私の誕生日ランチをここでご馳走したい!と言い出しました。
通常のランチではなく、パスタ抜きで、魚・肉料理のコースを予約させていただきました。

本日、私の誕生日ということで、テンション高めのRicoママと二人で、私は約1年ぶりにお伺いさせていただきました。




こちらは、前菜2名分です。
野菜の素材の美味しさが際立つ前菜ばかりで、Ricoママは大喜びでした!





サラダもたっぷりで嬉しかったです。
とても美味しいドレッシングで、やはり市販のドレッシングとは、全く違いました。
Ricoママは、「こういうドレッシングを家でも作れたらいなんでもの〜!」とぼそっとつぶやきました。





お魚料理は、『スズキのソテー ケッタソース』でした。
トマトの酸味が抜群に美味しいソースで、スズキの焼き方も、絶品!
本当に美味しい時って、「おいしい」という言葉しか出てこないものなんですよね〜!





お肉料理は、牛肉をお願いしたので、『山形牛ランプ肉のステーキ ヴィンコットソース』が登場!
初めて聞きた『ヴィンコットソース』とは、ワインを煮詰めてから、年月をかけて熟成させてものということで、バルサミコ酢とは似ていて非なるものでした。
私は、この『ヴィンコットソース』がとても気に入りました。バルサミコ酢よりも好きな味でした。





焼き方もさすがプロの仕上がりで、赤身肉の美味しさをしっかりと堪能させていただきました。
添えてある舞茸も、カリカリした香ばしさが素晴らしく美味しかったです。

「イタリアンの料理が、こんなにおいしいとは、感激だの!
こんなにおいしいお肉料理が食べられて幸せだの〜!
あ〜、お父さんにも食べさせたかった!
死んだ兄にも食べさせたかった!」と悔しがるRicoママ。

亡くなった食通の伯父のことまで思い出させる一皿って、すごいなぁ〜と思いました。





そして、ドルチェには、なんと私の名前が入っていたので驚きました!
私は、予約した時に、自分の誕生日とは伝えていなかったのですが、おしゃべりなRicoママが、スタッフの女性に、「今日は、娘の誕生日なの!」とペラペラしゃべっちゃったんですよね〜!
なんだか、サービスをさせてしまったようで、申し訳ありませんでした。

思いがけない出来事だったのですが、窓の外の瑞々しい緑の田園風景とバースデープレートの光景が、なんとも言えない幸せのシーンに見えて、感激しました。
そして、すべておいしくいただきました。
ごちそうさまでした。





オーナシェフの古門浩二さんとは、昨年5月の庄内の食を楽しむ会にて、ご一緒させていただいたことがあったのですが、まさか、私の名前まで覚えてくださっているとは思ってもいなかったので、驚きました!

予約の電話では、苗字しか伝えなかったのですが、覚えてもらえていて、嬉しさ倍増でした!
ありがとうございました。





こちらは、『ベッダシチリア』を10年前にオープンさせる前に発行された古門シェフのレシピ本です!
私は、こんなにすごい有名なシェフとは知らなかったので、驚きました!

いい意味で、カリスマぶらない普通にいい人という印象の方だっただけに、「能ある鷹は爪を隠す」ということわざを思い出しました。

ちなみにこちらの本をネットで検索して、著者紹介を見つけました。
【著者紹介】
古門浩二 : 1976年、神奈川県生まれ。料理人歴14年目。19歳の頃より料理の道を志し、西麻布のイタリア料理店『ラ・ベンズィーナ』で6年間修行。その後、数々のイタリアンレストランの立ち上げに携わり、フランス料理も経験後イタリアへ。約3年に亘り、シチリア、イスキア、フィレンツェなどで本場の文化と料理を学び、スペイン、ポルトガル、フランス南欧の食もおおいに堪能し、2005年に帰国する。イタリア料理店『トンマズィーノ』(外苑前)および、同店が生まれ変わった『トラットリア シチリアーナ・ドン チッチョ』(渋谷)でシェフの右腕として活躍する。『ドン・チッチョ』が開店前の準備期間に行ったイタリア料理教室『Cucciolo(クッチョロ)』が好評で、出張料理や出張教室を各地で重ねる一方、企業のレシピ開発なども行っている。現在は独立して山形に居を構え、食に関わる仕事を続けている。『Cucciolo』料理教室は不定期にて開催中(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


中古本の評価が高くて、安くても4,000円〜でした。一番高いのは、新品同様の本で、18,000円代でした!
それだけ、発行から時間が経っても人気のあるレシピ本ということですよね!

高かったけれど、4,000円の中古本を注文しました!
Ricoママにプレゼントします!
早速、この本を見て、作る気満々でしたので!
きっと、わからないところがあったら、古門先生のところへ食べに行きながら、勉強することになると思います。


今日は、私の誕生日だったのですが、Ricoママは自分の誕生日かのように、母の方がテンションが高くて、大喜びしていました。(笑)
古門シェフにも、母はベラベラとしゃべっていましたが、嫌な顔せず相手にしていただいて、ありがたいと思いました。





誕生日とは、私が生まれた日なわけですが、私のために、Ricoママがおなかを痛めて頑張ってくれた日なんですよね〜!
だから、今日は、これで、よかったと思います。
今日は、『お母さん、ありがとうの日』で、間違いありません!
『母から、命をいただいたありがたい日』を母から祝ってもらえて、なんて幸せなんだろうと思いました。
いただいた命を大切に生ききりたいと思います。

私「お母さん、おいしいもの食べに歩けるうちに食べておかないと、食べられなくなるからの!」
Ricoママ「わがたっ!」

パワフルなRicoママの姿を見て、私の方が先にくたばらないように頑張らなければならない!と思いました。(笑)





スペシャルなお知らせです!
2018年8月4日にこちらのイベントを開催されるそうです。
酒田花火大会と重なってしまうので、私は行けませんが、興味のある方は、お問い合わせくださいませ。

3名のシェフ(キッチンfitaba、ポムドテール、ベッダシチリア)と1名のパティシエ(オーボクナイユ)のコラボレーション!

お問合せ/『ベッダシチリア』090-1808-3420



<今日の俳句>
Ricoママや 古門シェフの ファンなりて

↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村



同じカテゴリー(FOOD)の記事画像
R 博多の味『福さ屋』の辛子めんたい&おかゆさん
R バースデーのケーキ!ケーキ!ケーキ!をいただきました!『銀座コージーコーナー』
R さんまの蒲焼の缶詰を使った炊き込みご飯〜♪南極探検隊の料理人のレシピより
R 函館グルメ回転寿司『函太郎 鶴岡店』
R 大好物!笹かまぼこをたくさんいただきました〜♡『松島蒲鉾本舗』
R 庄内食楽/ル・ポットフーイベント記念パンフ完成♪& Restaurant Nico のディナー
同じカテゴリー(FOOD)の記事
 R 博多の味『福さ屋』の辛子めんたい&おかゆさん (2018-07-16 23:44)
 R バースデーのケーキ!ケーキ!ケーキ!をいただきました!『銀座コージーコーナー』 (2018-07-13 23:52)
 R さんまの蒲焼の缶詰を使った炊き込みご飯〜♪南極探検隊の料理人のレシピより (2018-07-10 23:47)
 R 函館グルメ回転寿司『函太郎 鶴岡店』 (2018-07-07 23:13)
 R 大好物!笹かまぼこをたくさんいただきました〜♡『松島蒲鉾本舗』 (2018-07-05 23:48)
 R 庄内食楽/ル・ポットフーイベント記念パンフ完成♪& Restaurant Nico のディナー (2018-07-03 23:53)


上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。