2019年06月29日

R 庭のえらぶゆりが開花!&『中岡慎太郎の行動から見た幕末維新/藤井一弘先生』が刊行されました!

R 庭のえらぶゆりが開花!&『中岡慎太郎の行動から見た幕末維新/藤井一弘先生』が刊行されました!

『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2019年6月29日(土)
今日は、時折、土砂降りの天気でしたね!
我が家の庭の『えらぶゆり』がようやく開花しました!
雨の中でも、凛とした美しさが際立つ『えらぶゆり』の花でした♡
大好きなお花です♡
今年も、元気に咲いてくれてありがとう♡
荘内南洲会様と沖永良部島の皆様とのご縁のおかげです。
西郷先生と荘内藩士とのご縁のおかげです。
懐古しながら、しみじみと観賞させていただきました。


R 庭のえらぶゆりが開花!&『中岡慎太郎の行動から見た幕末維新/藤井一弘先生』が刊行されました!

そんな中、こちらの『中岡慎太郎の行動から見た幕末維新』という本が届いたので驚きました!
いつもSNSでお世話になっているエノカマさんこと藤井一弘先生が刊行された本でした!!
藤井先生は、中岡慎太郎を長年研究され、この度、一冊の本にまとめ上げられました。

中岡慎太郎といえば、坂本龍馬とともに、近江屋事件にて、横死した人物というくらいしか、私には、知識がありませんでした。

私ごときに、この貴重な本をお送りいただきまして、恐縮いたします。
ありがたく頂戴いたします。

おそらく、私のような凡人レベルの知識しかない者にこそ、中岡慎太郎の幅広い活躍と人間性を知ってもらいたかったのではないでしょうか?



R 庭のえらぶゆりが開花!&『中岡慎太郎の行動から見た幕末維新/藤井一弘先生』が刊行されました!

土佐、長州、薩摩の志士との交流があったことなどが記されていて、今更ながら、こんなにすごい人だったんだ!と驚いています。
高知へ行った時に、桂浜の坂本龍馬像を見学に行きました。
その際に、室戸岬にある中岡慎太郎像と向き合うように建てられているというお話しをガイドさんからお聞きしましたが、結局、中岡慎太郎像の方へは立ち寄らなかったことを残念に感じています。

高知へは、ぜひとも、また行ってみたいと思っていますので、この本をしっかり読んで、次回は、室戸岬へ足を運んでみたいと思います。


藤井一弘先生のブログ『エノカマの旅の途中』で、詳しくこの本を紹介されていますので、ぜひともご覧くださいませ。
この本の注文案内もありましたので、興味のある方は、ぜひ手にしてみてはいかがでしょうか?
とても読みやすくまとまっていますよ!

藤井一弘先生へ、この度は、誠にありがとうございました。
本間郡兵衛の新しい発見がありましたので、また庄内へおいでの際は、ぜひともお声掛けくださいませ。
今後とも、ご指導・ご鞭撻のほど、よろしくお願いいたします。



↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ



 あなたへのお薦め記事
同じカテゴリー(TRIP)の記事画像
R<荘内南洲会・教学の旅2019レポ2>世界遺産・日光山『日光東照宮』
R 新商品『黒森歌舞伎 義経千本桜 友禅和紙フォトスタンド/狐忠信』& 9/16『MSCスプレンディダ』寄港
R<荘内南洲会・教学の旅2019レポ1>世界遺産・日光山『輪王寺/三仏堂』
R 新一万円札の顔!『渋沢栄一記念館』埼玉県深谷市へ行ってきました!
R『コミュニティ新聞/羽黒山五重塔Y&R令和元年特別奉納ライブ告知』&『エプタ/カナリヤは、ふたたび歌う。』
R 小江戸川越のおみやげ!『お菓子の紋蔵庵/川越ポテトサンド(レーズン&クリーム)』
同じカテゴリー(TRIP)の記事
 R<荘内南洲会・教学の旅2019レポ2>世界遺産・日光山『日光東照宮』 (2019-09-18 23:41)
 R 新商品『黒森歌舞伎 義経千本桜 友禅和紙フォトスタンド/狐忠信』& 9/16『MSCスプレンディダ』寄港 (2019-09-13 23:44)
 R<荘内南洲会・教学の旅2019レポ1>世界遺産・日光山『輪王寺/三仏堂』 (2019-09-03 23:56)
 R 新一万円札の顔!『渋沢栄一記念館』埼玉県深谷市へ行ってきました! (2019-08-29 15:24)
 R『コミュニティ新聞/羽黒山五重塔Y&R令和元年特別奉納ライブ告知』&『エプタ/カナリヤは、ふたたび歌う。』 (2019-08-07 23:50)
 R 小江戸川越のおみやげ!『お菓子の紋蔵庵/川越ポテトサンド(レーズン&クリーム)』 (2019-07-22 23:58)


ブログの記事に関連のないコメントはご遠慮ください。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。