2021年07月10日

R 山形県酒田市『公益財団法人 荘内南洲会・人間学講座』&『岡本光平先生・特設書籍コーナー』



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2021年7月10日(土)
山形県酒田市『公益財団法人 荘内南洲会』の人間学講座に参加させていただきました。

第一講は、和賀敏章先生のお話しでした。

「『積み重ね』が大事である。」という最後のお話しが特に心に響きました。

学びはもちろん、書も、エレクトーンも、そして、ダイエットも、『積み重ね』が大事なんですよね!

そうして、積み重ねた人だけが、『大器晩成』になるというお話しも納得でした。





第二講は、東山昭子先生でした。

コロナ禍で世界は大きく変わりました。いつの時代も歴史を知らない者は滅びゆくと言われます。
「変えていくべきもの」と「変えてはいけないもの」を、どこで判断してゆくべきか、その学びと感性を「志」と「思いやり」に活かして、自身の生きる地域に「新しい風を興す」ことが求められてきているのではないでしょうか。


東山先生のメッセージは、いつもありがたいです。





東山先生は、今年、85歳になられたそうです。
とてもお元気なので、85歳には見えません!
庄内に、こんなに素敵な女性の先輩がいらっしゃると思うと、私もまだまだ頑張らなければという気持ちになります。





来月の人間学講座でご講演していただく現代書家・岡本光平先生の特設書籍コーナーが設けられています。

正面の『南洲翁』の拓本は、平成24年(2012)に、岡本先生が荘内南洲会へおいでになられて採られたものです。

現在取り扱っている岡本光平先生の本をご紹介いたします。
なくなり次第終了となります。
興味のある方は、是非とも、南洲会館にて、手に取ってご覧ください。
入館は無料です。




『2016 王羲之ってなんだ?』
御物「喪乱帖」の超絶技法
・皇室に伝わった王羲之の最高峰と言われる「喪乱帖」の計算されつくした書技を解明する
2,000 円




『2017 空海ってなんだ?』
空海筆・国宝「風信帖」を読み解く
・空海が最澄に宛てた現存する三通の手紙の内容とその書の見どころ
2,000 円




『2018 空海ってなんだ?Vol.2』
空海筆・国宝「灌頂記」物語
・空海が日本で初めて執り行った密教の「灌頂」の儀式の肉筆メモの意味するもの
2,000 円




『2019 岡本光平の書』
・岡本光平先生の作品 59 点を収蔵
2,000 円




『2020 岡本光平の書』
・岡本光平先生の作品 59 点を収蔵
2,000 円




『臨書百筆』
・岡本光平先生が中国・日本の書 の古典100 余点を臨書した作品集
10,000 円



↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ  


Posted by Rico at 23:58Comments(0)荘内南洲会BOOK

2021年07月08日

R 山形県飽海郡遊佐町『石原莞爾墓所』に、『えらぶゆり』が咲きましたよ♪



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2021年7月8日(木)
山形県飽海郡遊佐町『石原莞爾墓所』に、『えらぶゆり』が咲きました♪

石原莞爾顕彰会 代表/歌川博男先生から、ご連絡をいただいてから時間が経ってしまったため、『えらぶゆり』の花は、終わりに近づいていました。
最後に、きれいに咲いている『えらぶゆり』の花が待っていてくれたので、墓所と一緒に撮影することができました♡

荘内南洲会とのご縁で、ここに『えらぶゆり』の球根が、初めて植えられました。
『えらぶゆり』は、南洲翁(西郷隆盛先生)の『敬天愛人』が誕生した地『沖永良部島』の島花です。

『永久平和』を願った石原莞爾先生の墓所に『えらぶゆり』はぴったりですね!
ここに眠る石原莞爾先生と銻子夫人は、さぞお喜びになられたことでしょう。





黄色いテグスのようなものが何本も張られていますが、これは、カラス除けのために設置されています。
お供物を散らかしてしまうということで、このような対策が取られていました。





昨年、クラウドファンディングで、全国のみなさまから寄せられたお金で建て替えられた記帳所の前に、看板が取り付けられていました。
これで、新記帳所は、完成となります。

コロナが収まれば、日本国内だけでなく、海外からも、ここへ墓参に訪れる方がたくさんいらっしゃることでしょう。



『永久平和』
都市解体
農工一体
簡素生活

(石原莞爾)


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ  


Posted by Rico at 23:58Comments(0)NEWS荘内南洲会

2021年06月30日

R 山形県酒田市『南洲神社』の『えらぶゆりの花』が見事でした♡/公益財団法人 荘内南洲会



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

山形県酒田市『南洲神社(公益財団法人 荘内南洲会)』の『えらぶゆり』の花が見事でした♡

こちらの写真は、2021年6月28日(月)に撮影したものです。

「今日(6/30)になれば、満開になっているかも!」と思い、足を運んでみたのですが、残念ながら、『えらぶゆり』の花が間引きされており、この写真の手前のところはスカスカになっていたので撮影せずに帰ってきましたkao9




『えらぶゆり』は、南洲翁(西郷隆盛先生)の流刑の地『沖永良部島(おきのえらぶじま)』の島花です。




南洲翁(西郷隆盛先生)が、沖永良部島で『敬天愛人』の精神を確立されました。
『敬天愛人』とは、天を敬い人を愛すること。

沖永良部島は、『敬天愛人』誕生の地。
そして、庄内は、『敬天愛人』の精神を広めた『南洲翁遺訓』誕生の地ということで、現在でも、沖永良部島と庄内は交流があります。




先日、酒田にお越しいただいた沖永良部島の武さんが、毎年、たくさんの『えらぶゆり』の球根をお送りくださっています。
そして、荘内南洲会の皆さんが、『南洲神社』の境内に丁寧に植えて、管理されています。
『えらぶゆり』は、沖永良部島と庄内との「徳の交わり」の象徴となっています。

『えらぶゆり』の花言葉は、『純潔』と『威厳』です。
私にとって、特別なお花です。
今年も、たくさんの『えらぶゆり』に癒されました。
ありがとうございました。



↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ  


Posted by Rico at 23:57Comments(0)CAMERATRIPNEWS荘内南洲会

2021年06月24日

R 沖永良部島より、はるばる庄内へお越しいただきました♪山形県酒田市『料亭 香梅咲』で懇親会♪



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2021年6月24日(木)
『荘内南洲会』でお世話になっている沖永良部島の宗さんと武さんのお二人が、庄内へお越しくださることになり、『おいしい庄内空港』へお迎えに行ってまいりました。

東北も梅雨入りしたはずなのに、お天気に恵まれて、嬉しかったです。




『おいしい庄内空港』にて、記念写真をパチリ。
写真左より、水野理事長(荘内南洲会)、宗さん(沖永良部島)、武さん(沖永良部島)、三柏理事(荘内南洲会)。




沖永良部島より、はるばる庄内へ。
おさらいのために日本地図で確認すると、これだけの距離があります!

南洲翁(西郷隆盛先生)で結ばれたご縁に感謝いたします。




沖永良部島から毎年お送りいただいている『えらぶゆり』の球根の花が、今年も、酒田市『南洲神社』でちょうど咲き始めました。
まるで、お二人を歓迎するかのように咲き始めてくれてとても嬉しいです♡




山形県酒田市『料亭 香梅咲』で懇親会を開催しました。

私は、これまで一度もご縁のなかった高級料亭です。




2階のイス・テーブル席の部屋に通されました。
窓から見える青紅葉の初夏の美しさにうっとりしました。




水野理事長よりご挨拶をいただきました。




初夏の清涼感のある前菜やお造りでした。




鮭の幽庵焼きが、とてもよいお味でございました。
一つ一つが丁寧で、さすが料亭の味ですね!




アワビのバター焼きが、やわらかくて、美味しかったです♡
揚げなすで包んだ料理も、手が込んでいて、熱々でした♡




熱々の料理の後に運ばれてきた冷たい『むきそば』が、最高でした♪
酒田名物といいながらも、普段の生活では、あまり作らないので、久しぶりに味わいました。




山形牛のフィレステーキが登場しました!
焼き加減が抜群でした!
上質のお肉に舌鼓♡




あつあつの弁慶飯とデザート。
さくらんぼで、沖永良部島のお二人をおもてなしできてよかったです♪




酒田のおみやげということで、お二人に、黒森歌舞伎隈取りTシャツをプレゼントさせていただきました。
ノリのよい武さんは、すぐに着てくださったので、記念写真を撮らせていただきました。
濃いお顔にとっても似合いますよね!(笑)
沖永良部島では、11月までTシャツで過ごされるということですので、黒森歌舞伎隈取りTシャツを着て、酒田を思い出していただけたら嬉しいです。

武さんとは、昨年、奄美大島でお会いし、SNSで交流もしているので、お互いに「なんか、久しぶりという感じがしないよね〜!」という感じでした。
SNSが、いいのか?悪いのか??
沖永良部島と酒田の距離を埋めてくれるツールであることを感じています。




こちらは、武さんが、沖永良部島から持参してくれた『パッションフルーツ』です。
タネだらけで驚きましたが、さわやかな香りと酸味で、とても美味しかったです。
これは、いろんな料理に活用できそうなフルーツでした。




香梅咲さんは、酒田のおもてなし料理を丁寧に作られていて、素晴らしかったです。
1階から見る中庭も素敵でした♡
私まで、香梅咲さんを初体験させていただきまして、誠にありがとうございました。

お二人には、庄内の滞在を楽しんでいただきたいと願っています。



↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ  


Posted by Rico at 23:58Comments(0)TRIP荘内南洲会

2021年06月21日

R 酒田市立資料館『国史跡指定記念・山居倉庫は日本一!!』第220回企画展最終日に間に合いました!



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2021年6月21日(月)
酒田市立資料館で、4月10日より開催されていた第220回企画展『国史跡指定記念・山居倉庫は日本一!!』の最終日にお伺いさせていただきました。

酒田市を代表する観光スポット『山居倉庫』は、令和3年3月26日に、国史跡指定に認定されたばかりです。
今回の展示では、『山居倉庫』の土木工事が、どれほど大掛かりなものだったのかがよくわかり、先人の方々への感謝の気持ちでいっぱいになる素晴らしい内容でした。




『山居倉庫』が設立される以前のお米に対する歴史的な背景や「米券倉庫」時代の貴重な資料などが展示されてあり、米都酒田の繁栄を知ることができました。

この素晴らしい企画展へ、もっと早くにお伺いしていれば、もっとたくさんの方々へ、ご案内ができたのに・・・と、申し訳なく思いました。




今日の『山居倉庫』です。
新緑が美しいケヤキ並木ですが、これは、強い日差しの西日から倉庫を守るために植えられています。
令和の時代のケヤキは、こんなに太くて立派ですが、昭和の写真を見ると、かなりスリムでしたよ!




こちらは、先日アップしたばかりの山形県酒田市『荘内南洲会・南洲神社』の境内にある『徳の交わり』像です。
対話している二人が座っているという珍しい座像ですが、右が、南洲翁(西郷隆盛先生)で、左が、臥牛翁(菅 実秀先生)です。

臥牛翁(菅 実秀先生)は、『松ヶ岡開墾』や『山居倉庫』設立に貢献された人物です。
『山居倉庫』建設のために、たくさんの旧庄内藩士たちが、鶴岡から酒田へ通い、工事を行ったそうです。
その苦労話しを臥牛翁(菅 実秀先生)の玄孫である菅 秀二先生から教えていただきました。

南洲神社では、南洲翁(西郷隆盛先生)と臥牛翁(菅 実秀先生)のお二人を祀っています。
『山居倉庫』と『南洲神社』のつながりを是非とも多くの方々に知っていただきたいと願っています。

『米どころ庄内』は、先人の努力のおかげで全国へ広がったことを忘れてはならないと改めて思います。



↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ  


Posted by Rico at 23:22Comments(0)NEWS荘内南洲会

2021年06月18日

R 山形県酒田市『公益財団法人 荘内南洲会』評議員会&『仕出し 網野』さんのお弁当



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2021年6月18日(金)10:00〜
山形県酒田市飯森山『公益財団法人 荘内南洲会』の評議員会が開催され、初めて出席させていただきました。

私は、令和3年6月18日から4年間、評議員として任命されました。
新参者で、何もわからないのですが、皆様方よりご指導をいただきながら、努めさせていただきたいと思います。




理事の方々をご紹介いただきました。
荘内南洲会が、これほど大きな組織であったということを初めて知りました。

水野貞吉理事長と阿曽昇常務は続投と決まり、これまで通りにお世話になります。





南洲神社境内に植えられいる『えらぶゆり』が、1輪開花していました。
これから、次々と咲き始めるのが楽しみです♡




閉会後、『仕出し 網野』さんのお弁当を頂戴しました!
蓋を開けたとたんに、「わぁ〜!」と声をあげてしまうほど、初夏を感じる美しいお弁当でした♡
さすが、網野さんですね♪
期待を裏切らない美味しさでした♡
ごちそうさまでした〜♪



↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ

  


Posted by Rico at 23:55Comments(0)荘内南洲会

2021年04月24日

R クラウドファンディング成立おめでとうございます!山形県飽海郡遊佐町『石原莞爾墓所』新記帳所完成♡



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

山形県飽海郡遊佐町『石原莞爾墓所』へ、初めてお伺いさせていただきました。
こんなに美しい鳥海山が見える場所に、石原莞爾先生のお墓がありました。




ちょうど、『石原莞爾顕彰会』の代表・歌川博男先生が墓所の管理のためにいらっしゃり、お話しをいろいろとお伺いすることができました。
歌川博男先生のお名前『博男』は、石原莞爾先生から、名付けていただいたというご縁があるそうです。

それにしても、こんなに嬉しそうな歌川先生のお顔を拝見したのは初めてだったので驚きました!
歓迎していただいて、ありがとうございました。




こちらは、ほぼ完成した新記帳所です。
昨年(2020年)、クラウドファンディングで、こちらの新記帳所を建て替える費用を募ったところ、日本全国から応援をいただき、予想を上回り、約240万円が集まったそうです。
歌川先生自身が、「こんなに多くの方々からたくさんのご寄付をいただけるとは思っていなかった」と、驚いていらっしゃいました。

皆様からのご支援のおかげで、こんなに立派な記帳所が出来上がっていました。




現在は、こちらの案内板が立っていて、これから、記帳所の中を整備されるそうです。
5月10日以降になったら、改めてお伺いさせていただきたいと思います。




『石原莞爾墓所』から、こんな風に鳥海山が見えます。
素晴らしい環境ですよね!
ここには、世界中から、石原莞爾先生のファンが訪れています。
(現在は、コロナ禍のため、国内からちらほらという感じです)




このお墓には、石原莞爾先生と奥様のお二人が眠っていらっしゃいます。
以前のお墓が、この近くにもあり、そちらのお墓と分骨をされているそうです。

円形に土を盛った上に、『南妙法蓮華経』の碑が立っています。
「このお墓のデザインは、誰がされたのですか?」と質問したところ、石原莞爾先生自らが生前に自分の墓はこのようにするようにと指示されたそうです。
ただし、この形にどういう意味があったのかまでは不明とのことでした。

以前のお墓も同じ形をしているということだったので、歌川先生から、『旧石原莞爾墓所』の場所を教えていただきました。
それから、石原莞爾先生の住まいの近くにあった『日輪講堂(日輪舎)』の移築場所も教えていただきました。




お墓の脇に、『荘内南洲会』より分けていただいた『えらぶゆり』の球根を植えられたそうです。
鳥海山をバックに『えらぶゆり』が咲くのが楽しみですね♡




『永久平和』の石碑の現物を初めて見たのですが、私の身長よりもはるかに大きくて、大変立派でした!
やっぱり写真で見るのと、実際に足を運んでみるのとでは、印象が全く違いますね!




こちらは、裏側になります。
石原莞爾先生の『永久平和』の意思を後世へ伝えるために、同志によって建てられました。




次は、『日輪講堂(日輪舎)』へ向かいました。
途中、道に迷ったけど、こんなに素晴らしい景色に出会えて嬉しかったです!




こちらが、『日輪講堂(日輪舎)』です!!
3度目の移築場所とのことです。
鳥海温泉『遊楽里』の近くにあります。

日本に現存している『日輪舎』は、4つだけとなりました!
●長野県安曇野市の建物(長野県南安曇農業高等学校第二農場日輪舎)は、2009年に国の登録有形文化財に認定
●石川県中能登町の建物(滝尾「日輪舎」)は、2013年に町の有形文化財に認定
●山形県金山町の日輪舎は、2016年に町の有形文化財に認定
●山形県遊佐町『日輪講堂(日輪舎)』

ということで、なんと、2つも山形県に現存しているということは、すごいことです!
「日輪舎」を近代遺構として登録しようという動きがあったにも関わらず、遊佐町には、その動きはないようです。




『日輪講堂(日輪舎)』の脇に、鑑賞用の桃の花が咲いていました。
珍しいので、思わずパチリ!




道の駅『ふらっと』の第2駐車場からさらに上へ行ったところへ、『旧石原莞爾墓所』がありました!
ここは、なかなかわかりにくい場所でした!
だから、現在の場所へ墓所を移されたのでしょうね!

石原莞爾先生のご意思のままに、円形に土を盛った上に、『南妙法蓮華経』の墓碑が立っていました。




墓碑の脇の山桜が満開で、とても情緒的な世界でした。




「都市解体」「農工一体」「簡素生活」
『永久平和』のために必要な三要素が刻まれていました。
令和に生きる私たちへ向けての強いメッセージだと感じます。




石碑の裏側です。
私が知らなかったことが書かれてありました。




『旧石原莞爾墓所』の周りに咲く山桜の楚々とした美しさに感動しました。




『石原将軍墓所が永久平和を希求する人たちの祈りの場として育つように願っております。石原莞爾顕彰会』

私も、世界平和を祈りました。合掌


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ  


Posted by Rico at 23:58Comments(0)NEWS荘内南洲会

2021年04月11日

R 酒田FMハーバーラジオ『庄内歴史探訪』・『歴女のお時間』にゲスト出演させていただきました!



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2021年4月11日(日)8:30〜
酒田FMハーバーラジオ『庄内歴史探訪』の収録へ行ってまいりました!
今回、「女性をゲストに呼ぼう!」ということで、『歴女のお時間』というタイトルで特別に企画されたそうです。
本日は、第1回目のゲストということで、お招きをいただきました。

パーソナリティは、庄内歴史情報センター長の奥羽辰蔵さんとアシスタントの中澤今日子さんのお二人です。

『歴女のお時間』とは、なかなかインパクトがあるタイトルですよね!(笑)
歴女というほど、歴史には詳しくない私がゲストということで恐縮でしたが、奥羽さんと中澤さんと楽しくおしゃべりをさせていただきました。
朝の収録ということで、ちょっと声が眠かったかもしれませんが、30分くらいですので、ラジオをお聞きいただければ幸いです。

オンエア日時
酒田FMハーバーラジオ76.1MHz
2021年4月19日(月)16:00〜
再放送4月24日(土)15:30〜




収録が終わってから、新井田川沿いの桜が綺麗だったので、お散歩しながらパシャリ!
今朝は、最高のお花見日和となりました♡


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ  


2021年03月30日

R 山形県酒田市『荘内南洲神社の春・2021』啓翁桜と梅が満開♪



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2021年3月30日(火)
山形県酒田市『荘内南洲神社』の境内にも、春がやってきました!

満開の啓翁桜と『西郷南洲翁と菅臥牛翁(徳の交わり像)』をパチリ!

やっぱり桜は、いいですね〜♪
サクラ色に癒されました♡




桜もいいけれど、梅の花もいいですね〜♪
なんといっても、実がなる楽しみがあります!(笑)

西郷南洲翁と菅臥牛翁の談話にも、花が咲いているように感じました。

春は、やっぱりいいですね♡


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ  


Posted by Rico at 23:52Comments(0)CAMERATRIP荘内南洲会寺院

2021年03月23日

R 疫病神からのおわび文!『仁賀保金七郎・疫病払いのお札』(江戸時代に流行した疫病除け)/秋田県にかほ市・仁賀保家



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23


仁賀保金質(七)郎様へ

一枚(証文を)差し上げます。
私たち二人(疫病神)は、屋敷に勝手に入ってしまいましたが、
お叱りを受け反省しました。
私たちの命を助けてくだされば、私たちはもちろんのこと
仲間にも金質(七)郎様のお名前のあるところへは
今後一切立ち入らないと絶対に申し合わせます。

疫病神より



こちらは、江戸時代後期、関東一円で書き写し大流行した疫病除けのお札をデザインしたステッカーです。
今日、荘内南洲会へお伺いしたところ、阿曽常務からこちらをご紹介いただきました。




『仁賀保金質(七)郎』とは、秋田県にかほ市の領土を治めた仁賀保家の実在の武士の名前とのこと。

こちらの新資料は、栃木県鹿沼市に仁賀保金質(七)郎詫び証文が二通、保管されていることがわかり、写真データでの提供をいただいたそうです。
※栃木県鹿沼市教育委員会所蔵・鈴木成雄家文書




※栃木県鹿沼市教育委員会所蔵・小森武夫家文書

〈解説〉
仁賀保金七郎様
仁賀保大膳様へ

これは二人の疫病神が旗本仁賀保家の江戸屋敷に侵入して捕らえられ、
罰金を差し出し命を許されたことに感謝して書いたものです。
「今後は、仁賀保金七郎様と仁賀保大膳様の名前があるところには
決して入り込まないし、それを仲間の疫病神にも伝える」と約束して、
このおわび状を作りました。

文政3年 辰9月
疫病神より



コロナ禍に、面白い二通が見つかりましたね!
疫病除けのお札ステッカーは、『仁賀保勤労青少年ホーム(齋藤宇一郎記念館)』で入館された方へ配布されているそうです。
疫病神が入れないように、入り口などにこのステッカーを貼るのだそうです。


3月21日に、緊急事態宣言が解除されてから、宮城県(仙台市)や山形市では、このところ、新型コロナウイルス感染症のPCR検査陽性者が急増しています。
庄内地方へコロナが入らないように、このお札の巨大な看板を建てたい気分です!



↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ  


Posted by Rico at 23:55Comments(0)NEWS荘内南洲会

2021年03月16日

R 沖永良部島から、『えらぶの花(えらぶゆり・トルコギキョウ)』が届きました♡



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2021年3月12日(金)に、沖永良部島の武様より、『えらぶの花(えらぶゆり・トルコギキョウ)』が届きました♡

突然のことで、びっくり仰天でした!
「島の花、おくりますので、楽しんでください。」との手書きのメッセージが添えられてありました!

つぼみの状態で届いたので、花が開くのを待って、撮影しました。
美しすぎて、ただただ感激で、涙があふれました。

凛と咲く純白の『えらぶゆり』の花言葉は、『純潔』と『威厳』です。
私の大好きなお花です♡

西郷南洲翁の『敬天愛人』発祥の地・沖永良部島のお花だと思うと、敬意の念がわいてきます。
たくさんの方々のご縁のつながりのおかげで、我が家へ『えらぶの花』がやってきたことへのありがたさをしみじみ感じます。


沖永良部島の武様には、2013年の『荘内南洲会の西郷南洲翁の遺徳を訪ねる旅』に参加させていただき、初めて沖永良部島へ行き、大変お世話になりました。
昨年は、奄美大島にて再会いたしました。
次は、是非とも、酒田でお会いしたいと心から願っています。




沖永良部島産『手作り純黒糖』も入っていました。
ピュアで、素朴な味わいの純黒糖は、チョコレート感覚で、そのままパクリ!
ブラックコーヒーや渋いお茶によく合います。

沖永良部島で、『さとうきび工場』や『えらぶの花出荷工場』を見学させていただいたことを思い出しながら、毎日少しずついただきたいと思います。




『えらぶの花』の箱は、長さが1メートルもありました!
武様には、心より感謝を申し上げます。
ありがとうございました。

早速、SNSにアップして、『えらぶの花』の美しさを多くのみなさまへお伝えさせていただきたいと思います。
私一人で楽しむのは、もったいないですから!


ちなみに、『えらぶの花出荷工場』では、「真空予冷」して箱詰めし、日本全国へ出荷されています。
山形県は、出荷量第5位というお得意様なのだそうです。
特に、冬場は、『えらぶの花』がたくさん山形へ集荷されています。
山形へは、航空便を使って仙台空港へ運ばれ、陸送して、3日かかるそうです。
船便は、4日かかるそうですが、今は、インターネットの普及のおかげで、コンテナ船に積まれて輸送している間に、インターネットで競りが行われるようになってきたそうです。
出来るだけ新鮮なお花がお客様の手元に届くようにいろんな努力をされています。
もし、お花屋さんなどで、沖永良部島産のお花を見かけたら、どうぞよろしくお願いいたします。


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ  


Posted by Rico at 23:57Comments(0)TRIPNEWS荘内南洲会

2021年03月13日

R 『天地人』『人生に苦あり』山形県酒田市『荘内南洲会・人間学講座』に参加して、『南洲翁遺訓に学ぶ』



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2021年3月13日(土)
山形県酒田市『荘内南洲会』の人間学講座へ参加させていただきました。

第一講は、和賀敏章先生による『人の上に立つ人の実学』(第1章『學ぶ』とは)でした。

第二講は、水野貞吉理事長による『南洲翁遺訓に学ぶ』でした。




『南洲翁遺訓に学ぶ』の本をみんなで学ぶという内容でした。




その中に、私の大好きな言葉『天地人』が出てきました!

「天の時、地の利、人の和」

まさに、今日も仕事を通じて、『天地人』の大切さを実践で感じる出来事がありました。

コロナ禍の中、世の中がひっくり返るようなことが次々と起きていますが、『天地人』を信じて、前進していきたいと思います。




こちらは、大変貴重な掛け軸です。
『水戸光圀公遺訓』が書かれてあります。




『水戸光圀公遺訓』には、「苦は楽のたね 楽は苦のたねと知るべし」といったことが書かれてありました。

これを読んで、テレビ『水戸黄門』のテーマ曲『人生に苦あり』を思い出しました!

♪〜人生、楽ありゃ苦もあるさ〜

この歌詞は、この『水戸光圀公遺訓』から生まれたものだったのですね!

今日も、新たな発見があり、嬉しかったです♡

荘内南洲会へ足を運ぶたびに、たくさんの学びをいただいています。
知る喜び・楽しさというのには、年齢は関係ないものですね!

また、自分が知った喜びを誰かに教えたくなるというのが、私の性分です!(笑)


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ  


Posted by Rico at 23:57Comments(0)荘内南洲会

2021年01月18日

R 書家・岡本光平先生より、書画・色紙『野牛』を頂戴いたしました♡



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

書家の岡本光平先生より、こちらの書画・色紙『野牛』を頂戴いたしました!

これまで、たくさんの牛のイラストを見てきましたが、『野牛』というタイトルの牛は初めてでした。さすが、岡本先生!

のびのびとした自然の中で、元気にたくましく生きる牛さんの姿だなぁ〜と、『野』の一文字のもつ言霊のパワーのすごさを感じました。

庄内では、また暴風雪の大荒れになるようですが、この『野牛』のように、のびのびと豊かな気持ちで過ごしたいと思います。

岡本先生、誠にありがとうございました。


実は、岡本先生とは、しばらくご無沙汰してしまいました。
昨年も、仙台の藤崎で開催された個展の案内を頂いたのですが、コロナが怖くて、仙台へは行けませんでした。

昨年末に発行された公益財団法人 荘内南洲会の機関紙『敬天87号』に岡本光平先生が、『南洲翁』の拓本を採って寄贈してくださったことを掲載させていただきました。




こちらが、掲載された記事です。
掲載紙を岡本先生へお送りしたところ、大変、喜んでくださいました。
当時の思い出について、メールでやりとりさせていただきました。
岡本先生はじめ、仙台『遊筆会』のメンバーの皆様と一緒に、飛島へ行った時のことなど、本当に楽しく、中身の濃い旅でした。
コロナが収束したら、また酒田へおいでいただけるということで、楽しみにしています。

荘内南洲会『敬天87号』へ、岡本先生のことを掲載していただいたおかげで、再び、連絡をするきっかけを頂いたことに感謝いたします。
岡本先生曰く、「東京のコロナはヒドイ状況で、家を出る時は、戦場へ乗り込むような気持ちです。」とのことでした。
ご無事であることを祈るばかりです。
一日も早くコロナが収束し、岡本先生と元気に再会できることを心から祈っております。


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ  


Posted by Rico at 23:56Comments(0)SHO荘内南洲会

2021年01月09日

R 山形県酒田市・記録的な大雪!『荘内南洲会・人間学講座(石原莞爾さんて、どんな人?)』



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2021年1月9日(土)、山形県酒田市は、記録的な大雪で、大変な1日でした!
酒田市では、豪雪対策本部が設置されました。




今日は、『公益財団法人 荘内南洲会』の人間学講座の日でしたが、やはり、雪の影響で、参加者の数が少なめで残念でした。



南洲神社の『徳の交わり像』も雪ですっぽり!
阿曽常務曰く、『徳の交わり像』が雪で隠れてしまうのは、初めてのことだと驚かれていました。




第一講は、和賀敏章先生による『人の上に立つ人の実学』でした。
和賀先生のお話しは、とてもわかりやすくて、人気の講座となっています。
この大雪の中、山形市からお越しいただいて、本当にありがたいと思いました。




第二講は、石原莞爾顕正会・代表/歌川博男先生による『石原莞爾さんて、どんな人?』でした。
昨年、石原莞爾墓所記帳所建て替えのクラウドファンディングに協力させていただいたことがきっかけで、もっと石原莞爾先生のお話しをお聞きしてみたいと思い、私の方から、荘内南洲会様へ、講演のリクエストをさせていただきました。
その願いが実現して、とてもありがたかったです。




石原莞爾先生は、山形県鶴岡市生まれ。
幼い頃は、かなりやんちゃだったそうです。




本などに書かれていないエピソードをたくさん盛り込んだ内容で、とても親しみを感じました。

『永久平和思想』で、現在もファンの多い石原莞爾先生。
遊佐町にある墓所には、全国各地からたくさんの方々が訪れています。
クラウドファンディングで集まったお金で、今年の春から記帳所を新しく建て直します。
5月中には、完成予定とのことです。
完成したら、是非とも、墓参させていただきたいと思います。
本日は、貴重なお話しをありがとうございました。




こちらは、令和2年12月復刻版として完成した本です。
『薩摩紀行・石川静正』
『南洲翁訪問旅日記・小華和太郎人業脩』



南洲翁(西郷隆盛先生)にお会いするために、明治8年に庄内から8名で旅をした時の貴重な日記です。
一行の氏名は、菅実秀、松平久厚、大島範古、小華和業脩、石川静正、山口三彌、春山安勸、本間(源吉)光輝。

当時の貴重な資料として、大変人気があったので、公益財団法人 荘内南洲会で再版されました。
荘内南洲会館で、1冊1,000円(税込)で販売中です。
一般の書店での取り扱いはありません。




石川静正氏が、実際に南洲翁(西郷隆盛先生)にお会いしたのちに描かれた肖像画です。
現存する西郷先生の肖像画は、イメージで描かれたものですので、本人に会ったことのある石川静正氏が描かれたこの肖像画は、大変貴重なものだと思います。




本日おまけの画像です。
荘内南洲会館のつららがすごかったです!
巨大な『南洲翁遺訓』の石碑も、ここまで雪に埋まっていました!
今年の冬は厳しいですね〜!


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
  


Posted by Rico at 23:47Comments(2)荘内南洲会

2021年01月05日

R『黒みつきな粉バター餅』& 山形県酒田市『南洲神社/雪だるまの南洲翁』



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

山形県酒田市『東根菓子舗』さんの『バター餅』をトースターで焼いて、きな粉と黒みつをかけていただきました♡
『黒みつきな粉バター餅』は、間違いのないおいしさです♡




こちらは、『東根菓子舗』さんから、お年賀で頂戴した干支飴です。
黒糖味で、こちらもおいしくいただきました♡




今朝、山形県酒田市『荘内南洲会』の阿曽常務より、LINEで、『南洲神社』の写真が送られてきました。
一晩で、かなり雪が積もって驚きました!




雪だるまのような南洲翁(西郷隆盛先生)のお姿に、失礼ながら、思わず笑ってしまいました。
お正月の福笑いですね♪
とても貴重な写真だと思います。

阿曽常務へ、「面白い写真をお送りいただきまして、ありがとうございました。」




雪の徳の交わり像。
今年は、がっつり降りましたね!
暖冬続きだっただけに、久々の降雪にてんてこまいです。
みなさまも、除雪作業の際には、足腰を痛めないようにお気をつけくださいませ。



↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ  


Posted by Rico at 23:29Comments(0)荘内南洲会

2020年12月22日

R 公益財団法人 荘内南洲会の機関紙『敬天87号』が完成しました!& 今年一番の思い出♡



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2020年12月22日、公益財団法人 荘内南洲会の機関紙『敬天87号』が完成しました!
読み応えのある20ページです!

『敬天86号』より、デザインオフィス キャットミントで、制作のお手伝いをさせていただきました。




機関紙『敬天』の発行人でもいらっしゃる荘内南洲会の水野貞吉理事長のお姿です!

私は、『敬天』制作のお手伝いを通して、水野理事長の素晴らしさをたくさん発見しました!
今年、米寿になられたそうですが、巻頭文をMyノートパソコンで作成されたり、LINEで連絡をいただいたりで、ITを見事に使いこなされていらっしゃいます!
鶴岡から荘内南洲会まで、車を自ら運転して通われていらっしゃることにも驚きます。

そして、『漢文が読める』ことに、尊敬いたしました!
漢文は、学校で習ったという遠い記憶は残っていますが、私にとっては、外国語と同じです!
さっぱりわかりません。。。

校正作業も、水野理事長は、常に至誠をもってチェックしてくださり、仕事に対するお手本を示してくださいました。

この度は、学びをいただきながら、お手伝いをさせていただきまして、誠にありがとうございました。
まだまだ勉強不足ですが、漢文を少しずつ読めるように努めますので、これからもよろしくお願いいたします。





2020年も残りわずかとなりました。
今年を振り返り、私の一番の思い出は、『島津家第32代当主/島津修久氏』にお会いできたことでした!

2020年2月<荘内南洲会/南洲翁の遺徳を訪ねる旅2020『奄美大島・鹿児島』>に、参加させていただきました。

ご当主より、島津斉彬公をお祀りしている『照国(てるくに)神社』と『史跡 福昌寺跡』を案内していただき、生涯忘れることのない素晴らしい思い出になりました。

全ては、荘内南洲会の水野理事長・阿曽常務のおかげです!
2020年、コロナ禍直前の最高に幸せなひとときでした♡
この記念写真は、家宝にさせていただきます!
(SPに囲まれた中での写真です)

今年一年、お世話になりまして、誠にありがとうございました。
また、来年も、よろしくお願いいたします。


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ  


Posted by Rico at 23:57Comments(0)DESIGN/ART荘内南洲会

2020年11月03日

R 2020文化の日!『幕末の三舟(泥舟・海舟・鉄舟)』展示中・山形県酒田市『荘内南洲会(南洲神社)』にて



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

令和2年文化の日。
山形県酒田市『公益財団法人 荘内南洲会(南洲神社)』へお邪魔いたしました。

南洲翁(西郷隆盛)像のアップ写真です。




こちらは、臥牛翁(菅実秀)の像です。




『徳の交わり』像は、全国的にも珍しい座像です。
いよいよ晩秋となりましたね。




今日から、荘内南洲会館の講堂にて、『幕末の三舟(海舟・鉄舟・泥舟)』の展示が始まりました。〜11月末まで。(入館無料)

こちらの2点は、高橋泥舟の真筆です!
↓ウィキペディアはこちらです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/高橋泥舟




写真左が、勝海舟の真筆。
写真右が、山岡鉄舟の真筆。
『幕末の三舟』の真筆を庄内で揃って拝見できるとは、すごいことだと思います。
この方々のおかげで、『江戸無血開城』になったのかぁ〜と思いながら、しみじみと書を拝見させていただきました。

↓ウィキペディアはこちらです。
https://ja.wikipedia.org/wiki/勝海舟
https://ja.wikipedia.org/wiki/山岡鉄舟

清河八郎と山岡鉄舟のつながりをもっと詳しく知りたいです。
清河八郎記念館へお伺いしてみたいですね。


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ  


Posted by Rico at 23:58Comments(0)SHO荘内南洲会

2020年10月11日

R 「恥からの始まり!」山形県酒田市『荘内南洲会・人間学講座』&『南洲神社』安岡正篤先生の揮毫



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2020年10月10日(土)14:00〜
山形県酒田市『公益財団法人 荘内南洲会』の人間学講座へ参加させていただきました。

第1講は、和賀敏章先生による『人の上に立つ人の実学』で、
テーマは、『恥(はじ)からの始まり』という非常に面白い内容でした。

「恥の感情」は、人間にしかない感情。
『無恥(むち)』=恥を知らない者は、罪を犯す
『恥を知らないことこそが最大の恥』
『恥ずべきことは恥じなければならない』

5つの文献から『恥』に関する内容を抜粋し、わかりやすく解説していただきました。

日頃、恥のかきっぱなしでどうしようもない私ですが、
「真の学びは、失敗も含めて体で覚えて行くもの」ということで、
これからも、自分の恥を隠さず、受け止めながら成長していきたいと思います。




第2講は、堀 健悦先生による『東洋思想について』の後半でした。
今回、安岡正篤先生のお話しもありました。




荘内南洲会館の講堂には、安岡正篤先生が書かれた『寒梅月裏香』の大きな扁額があります。
安岡正篤先生は、荘内南洲会を訪れ、何回か講演をされたことがあるそうです。




こちらの『南洲神社』を揮毫されたのは、安岡正篤先生です。

安岡先生は、『平成』の元号を考案をされた偉大な先生です。

それから、昭和20年8月15日に昭和天皇の肉声で発表された「終戦の詔勅(しょうちょく)」(玉音放送)に加筆されたということでも知られています。




『南洲神社』の石碑の側面の写真です。

『昭和丙辰五月吉日 安岡正篤 敬書』と刻まれています。
昭和丙辰(ひのえたつ)とは、昭和50年のことですね。

素晴らしい先生方のおかげで、南洲神社が建立されたことを感じます。




安岡正篤先生の本を久しぶりに読み直してみたいという気持ちになりました。
酒田へ何度もおいでくださったということで、嬉しいですね!

本日も、たくさんの学びをいただきまして、誠にありがとうございました。


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ


  


Posted by Rico at 02:25Comments(2)SHO荘内南洲会

2020年10月06日

R『敬天愛人』は、南洲翁(西郷隆盛)が造った言葉ではない!衝撃の事実を山形県酒田市『荘内南洲会』で知るの巻!



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2020年10月6日(火)、山形県酒田市『荘内南洲会』へお邪魔しました。

阿曽常務より、こちらの南洲翁(西郷隆盛)書『敬天愛人』(複製)を拝見させていただきました。

本物は、鹿児島の南洲神社所蔵で、現在は、西郷南洲顕彰館に展示されています。
明治8年3月、鹿児島四方学舎のために揮毫されたもので、昭和42年に鹿児島県指定文化財となっています。

こちらの『敬天愛人(けいてんあいじん)』という言葉は、南洲翁(西郷隆盛)の座右の銘として有名です。
『敬天愛人』は、南洲翁(西郷隆盛)が作られた言葉ではないということは知っていましたが、
では、一体誰が作った言葉なのか?までは知りませんでした。

「この四文字は、旧幕府昌平校教授『中村正直先生』の造語である」と、西郷南洲顕彰館の資料にしっかりと書かれてありました。
明治元年、儒教に基づき『敬天愛人説』(上下)を発表。

南洲翁の『敬天愛人』の教えは、中村説に触発されてはいるものの、儒教の仁愛、仏教の慈悲、キリスト教の愛を統合した普遍の価値として認識する必要があると言われています。

南洲翁遺訓24条「道は天地自然の物にして、人はこれを行ふものなれば、天を敬するを目的とす。天は人も我も同一に愛し給ふゆえ、我を愛する心を以って人を愛するなり」

道というものは、天地自然のものであり、
人はこれにのっとって生きるべきものである。
ゆえに人は、何よりもまず、天を敬うことを
生きる上での目的としなければならない。

天は、他人も自分も平等に扱い、愛してくださる。
それと同じく、自分を愛する心をもって他人を愛することが大事である。




現在、荘内南洲会の講堂に、中村正直先生『号・敬宇(けいう)』の書が展示されています。〜10月末まで、入館無料。

ウィキペディアの情報はこちらになります。
https://ja.wikipedia.org/wiki/中村正直
1832〜1891(没60歳)

本日は、思いがけず、大変貴重な情報を知ることができて嬉しかったです。
西郷どんファンも、おそらく知らない人が多いのではないでしょうか?
阿曽常務には、いつもたくさんの学びをいただき、心より感謝を申し上げます。




南洲神社の芳名帳には、鹿児島、京都、大阪、東京、岩手、北海道などから訪れている記録が残っていました。
『GoTo南洲神社!』といった感じでしょうか?


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ

  


Posted by Rico at 23:57Comments(0)SHONEWS荘内南洲会

2020年09月12日

R 荘内南洲会『人間学講座』&土門拳記念館『畠山秀樹・花の作品展示/木と金属と花と』(白サギとの出会い)



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2020年9月12日(土)14:00〜16:00、『公益財団法人 荘内南洲会/人間学講座』へ参加させていただきました。

第1講は、和賀敏章先生の『人の上に立つ人の実学/第1章』2.学ぶとはというテーマでした。
これは、今、まさに私が必要としている学びでした!
それから、『孔子と老子の考え方の違い』を大変わかりやすく解説していただきました。
和賀先生は、毎月、山形市からお越しくださっています。
無料で受講させていただけることに、心より感謝を申し上げます。




第2講は、堀 健悦先生の『東洋思想について』というテーマでした。
とても難しい内容ということで、今月と来月の2回に分けて、解説していただけることになりました。
『中国古典』は、私は、触れたことのない世界でした。




人間学講座が16:00で終了してから、すぐに『土門拳記念館』へ飛んで行きました!
閉館17:00だったので、間に合ってよかったです!

土門拳没後30年特別企画で、今日から、『畠山秀樹・花の作品展示/木と金属と花と』が、9月18日(金)まで開催されています。

畠山さんのアートな花の作品と土門拳記念館のコラボは、とてもよかったです!




どこを切り取っても絵になりますね!
本当に素敵な空間でした♡




いつもの柱が、見事なアート作品の一部になっていました!




庭園/勅使河原宏先生の『流れ』をiPhone11Pro Maxでパノラマ撮影してみました!




メインの展示室も、iPhone11Pro Maxでパノラマ撮影!
おもしろ〜い!!!
『古寺巡礼』の書までもしっかりと入れました!
土門拳先生も、携帯電話のカメラ機能でこんな風に撮影ができるすごい時代になったことをおそらく驚かれていらっしゃるのではないでしょうか?




ちょうど、私の大好きな『室生寺』を展示中でした。
特に金堂の十二神将のシリーズを鑑賞させていただき、感無量でした!
モノクロ写真の中に、畠山さんのお花がとてもよく合いました。
素晴らしいですね!




イサム・ノグチ氏作『土門さん』の彫刻の周りにも、畠山ワールドが広がっていました。




1時間ほどの滞在でしたが、とても豊かな気持ちになりました。




拳湖から、建物の方を見ると、先ほどの花器の前に、白サギが1羽。
じっと私の方を見ていました。
私が、シャッターを切った途端に・・・




なんと、私を目がけて飛んできてくれたのです!
しかも、しっかりとカメラ目線で!(笑)




白サギの優雅な美しさに感激でした!




私のところに、あいさつをしにきてくれた白サギさん。
「写真を撮らせてもらってもいいですか?SNSで発信してもいいですか?」って声をかけてみたら、
「どーぞ!」と言わんばかりのドヤ顔で、ポーズをキメてくれました!(笑)

土門拳先生は、被写体に真摯に向き合われました。
私もそうありたいと、今日、白サギさんと会話しながら、改めて思いました。




現在、『土門拳の室生寺』を展示中です。
これは、足を運ぶ価値があります!



『畠山秀樹・花の作品展示/木と金属と花と』
2020年9月12日(土)〜18日(金)




土門拳記念館とフラワーアーティスト/畠山秀樹さんのコラボを是非ともお見逃しなく!!!

本日は、たいへん素晴らしいアート作品を楽しませていただきまして、誠にありがとうございました。



↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ

  


Posted by Rico at 23:57Comments(0)DESIGN/ARTCAMERATRIPNEWS荘内南洲会