2011年06月28日

仙台発・大人の情報誌『りらく』2011.6月号に仙台遊墨の会

仙台発・大人の情報誌『りらく』2011.6月号に仙台遊墨の会

こちらは、仙台発・大人の情報誌『りらく』2011年6月号です。

仙台には、こういったハイソな大人向けの地元情報誌があるのですね〜!
購入する読者がいるから、発行ができるわけで・・・庄内では、こういった読み物は、無料配布するしかない状況で・・・ん〜、ちょっとその辺を考えさせられますねicon10



仙台発・大人の情報誌『りらく』2011.6月号に仙台遊墨の会

この『りらく』に、仙台遊墨の会の仲間たちが、特集で紹介されましたkao2
今年の1月のワークショップの時に取材された模様が掲載されています。
1日目が、臨書。2日目が創作・英文を書くがテーマでした。
私も、参加したかったけれど、お休みしました。
その時、ちょうど山形は、家屋が倒壊するほどの大雪で、本当に大変な時でしたicon10

次の3月のワークショップの前日は、大震災で・・・本当に今年は、自然災害が襲いかかって来た恐ろしい年でした!kao13


結果的に、仙台遊墨の会は、4月に解散ということになりましたが、このように『りらく』に取り上げていただけたことは、思い出に残り、とても嬉しいことであります。

仲間たちが、岡本光平先生と一緒に並んで写っている写真は、特に貴重に感じます。

そういえば、私には、岡本先生や仲間たちと一緒に撮った写真は一枚もありません!

「いつでも、また会える」という気持ちがあったから、記念写真を撮ろうという発想が全くありませんでした。

「何事も、一期一会なのだなぁ〜」と、しみじみ思いながら、この記事を読ませていただきました。

「袖触れ合うも、多生の縁!」仙台遊墨の会が解散したからと言って、ご縁が切れるわけではありません!

そう信じて、酒田からも、折りをみて、また、みなさんに働きかけてみたいと思います。


まずは、仙台の真の復興、東北の復興を祈ります。

『りらく』さん、仙台遊墨の会を取り上げていただきまして、誠にありがとうございました。



 あなたへのお薦め記事
同じカテゴリー(SHO)の記事画像
R 『一陽来復(いちようらいふく)』
R 山形県酒田市『總光寺』2021年3月28日(日)より開館スタート!友禅和紙の筆ペン付き『写仏・写経体験キャンペーン』
R 書家の岡本光平先生より書籍を頂戴しました。/山形県指定有形文化財『絹地切 伝道風筆』(酒田市・本間美術館)
R 書家・岡本光平先生より、書画・色紙『野牛』を頂戴いたしました♡
R アダンの筆で、デザイン筆文字制作!
R 新年明けましておめでとうございます♪ 2021年は『夢』をカタチに!
同じカテゴリー(SHO)の記事
 R 『一陽来復(いちようらいふく)』 (2021-04-10 23:58)
 R 山形県酒田市『總光寺』2021年3月28日(日)より開館スタート!友禅和紙の筆ペン付き『写仏・写経体験キャンペーン』 (2021-03-27 23:43)
 R 書家の岡本光平先生より書籍を頂戴しました。/山形県指定有形文化財『絹地切 伝道風筆』(酒田市・本間美術館) (2021-02-12 23:58)
 R 書家・岡本光平先生より、書画・色紙『野牛』を頂戴いたしました♡ (2021-01-18 23:56)
 R アダンの筆で、デザイン筆文字制作! (2021-01-07 23:52)
 R 新年明けましておめでとうございます♪ 2021年は『夢』をカタチに! (2021-01-01 06:03)


ブログの記事に関連のないコメントはご遠慮ください。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。