2017年03月27日

R『第1回碧い惑星を旅する庄内人たち』@mamma cafe Bremenに参加させていただきました♪



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2017年3月26日(日)のブログ更新が遅れました!
というのも、日曜日は、完全に『脳疲労』だったので、無理にブログを更新するのを控えました。
ドローン撮影相談をはじめ、午後からは、クライアント様とカメラマンさんと新しい仕事のブレーンストーミングを行い、夕方には松山にてロケハンという超ハードスケジュールでした。

そして、17:00〜『mamma cafe Bremen(マンマカフェ ブレーメン)』さんにて開催された
『第1回碧い惑星を旅する庄内人たち』に、参加をさせていただきました。

ブレーメンさんのスペシャルスパイスカレー2種をいただきながら、鶴岡の女性3名の海外旅行談を写真と共にお聞きするという非公開企画でした!
いつもの私ならば、このお料理に刺激され、どんなスパイスを使って作ったのかと、マンマさんへお聞きするはずなのに、さすがに、昨日は、頭が疲れきっていたので、そのバイタリティが沸いてきませんでした。
「これは、かなり重度の『脳疲労』だなぁ〜」と自覚するほどでした。
自分が行ったことのない3つの海外旅行談を聞いたわけですから、もう頭の中はパンパンですよね〜!

というわけで、当ブログをお休みしたということで、ご心配いただいている方々へ、私は、大事をとって、頭を休めさせていただいたことをお伝えさせていただきます。
『脳疲労』といっても、「充実しすぎた」という意味ですので、良い意味でとっていただければありがたいです。





お話のトップバッターは、
『本間 真弓さん/ニューヨークへステーキ食べに飛びました♪」でした。

息子さんとの二人旅でしたが、随所に真弓さんらしい旅のあり方が感じられて、とても勉強になりました。
体験した人の興奮が、生で感じられる機会をいただいたことがありがたいと思いました。

私が一番印象に残ったのは、ニューヨークのデザイナーズホテルのルームキーやミネラルウォーターのボトルデザインなどでした。
いかにも、ニューヨークという感じのデザインに興味津々でした!
「デザインによるおもてなし」は、日本は、まだまだこれからだと感じました。




続いて、
『田中 梓さん/死ぬまでに行きたかったふたりの夢の場所 〜360度鏡の世界 ウユニ塩湖〜』でした。

新婚旅行で、二人が行きたかったボリビアの『ウユニ塩湖』へのツアーへ参加されたお話しでした。
高山病対策のお話しが、興味深かったです!富士山よりも標高が高いところにあるボリビア/ラパスの『エア・アルト国際空港』の存在には、ビックリでした!




私が、一番興味を持ったのが、こちらの『ウユニ塩湖』で撮影されたこちらの360℃パノラマの星空写真でした!
宇宙の美しさに感動しました!
iPadに写し出されたこの写真を指でグルグル回すと、360℃グルグルとこの写真が動くのです!
こんなすごいカメラがあるなんて!とビックリしました!
梓さんのご主人から、これを撮影したカメラを教えていただきました。
『Ricohシータ』というカメラでした!
「うわぁ〜!このカメラが、欲しいっ!」って思いましたが、先日、広角レンズを買ったばかりなので、今は、無理ですね〜(へ〜ん)
このカメラをドローンに付けて撮影したら、素敵なんじゃない?と思った次第です。




ラストは、
『馬場 合さん/友達に会いに行く旅 ータイ&ラオス編ー』でした。

正直、「ラオスってどこよ?」という感じで、全く地理関係もわからない国でした。
でも、合さんのおかげで、ラオスの位置も、お国柄も、しっかりと認識することができました。
やっぱり、生でお話しをお聞きできるって、ありがたいですね〜!

合さんは、なんと、女性一人旅です!
すごい行動力だなぁ〜と感心しました。
それだけに、彼女の下調べの念入りさが半端でないことがわかりホッとしました。
海外へ行くための自己責任感が、しっかりとされているところが素晴らしいと思いました。




合さんは、現地の方々が利用されているマーケットへ足を運ぶのが好きで、そこに、国民性が如実に現れていました。
こちらの写真は、とあるマーケットで、購入したという『ピー』という「精霊の人形」なのだそうです。
「え?呪いの人形じゃないの?」と思わず口走ってしまって、大変失礼いたしましたm(_ _)m
ラオスのおばちゃんが、オリジナルで作っている「精霊の人形」なんですって!(笑)
こういうのは、生涯忘れることのない旅の思い出になるお土産ですよね〜(^^;
世界でたった一つのお土産です!(笑)


こうして、ゲストスピーカーの方々から、なかなか行くことのできない旅のお話しを熱く語っていただきました。
一緒に旅した気分で、楽しませていただきました。

こんなに素敵なイベントを企画していただきまして、誠にありがとうございました。
第一回ということですので、次回も楽しみにさせていただきます♡


飲み物と軽食付きということでしたが、しっかりとしたお食事にデザートまでついて、しかも、飲み物のお代わりまでありました!
Bremenさんのサービスに、心より感謝を申し上げます。


<今日の俳句>
脳疲労 豊かな刺激 世界旅


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

  


Posted by Rico at 23:58Comments(0)FOODCAMERATRIP

2017年02月15日

R 平成29年度『黒森歌舞伎正月公演2/15』本狂言『絵本太功記』へ行ってきました♪



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2017年2月15日(水)12:00〜
酒田市黒森地区は、今がお正月!ということで、黒森の知人宅で、お正月礼に私もちゃっかりとお邪魔させていただきました。
料理が得意な知人が、ローストビーフ3種や伊達巻、からがい、豚汁、唐揚げなど手料理でおもてなしをしてくださいました。
見た目は、『男の手料理』という感じですが、お味は、抜群に美味しいのです!

YOSHIKO先生のお母様のご実家ということで、今年も、YOSHIKO先生のお母様と一緒にご馳走をいただいて、とても楽しかったです!
今年は、ご親戚のカナダ人のジェームスさんもいらっしゃり、私の隣に座られました。
ジェームスさんは、お肉が一切NGということで、ローストビーフを頬張る私の隣で、お魚料理を箸で召し上がられていました。
そして、日本酒オンリーで、これまたビックリでした!




こちらは、黒森の郷土料理『塩なすの煮物』です。
毎年、この塩なすを黒森歌舞伎弁当に提供していたそうなのですが、今年から、弁当の作り手が集まらないということで、黒森歌舞伎弁当の歴史に幕が閉じられてしまいました。
このように、黒森のご家庭で、この煮物をいただくことができるのは、とても貴重なことなのだと思いながら、ご馳走になりました。
お腹いっぱい、美味しくいただきまして、ごちそうさまでした!





お昼をみなさんと一緒に頂いてから、『黒森歌舞伎演舞場』へ足を運びました。
知人が、わざわざ『ます席』を予約してくださっていました。
『ます席』には、ふかふかの座布団とひざ掛け、そして、湯たんぽが4名分用意されていました。
そして、今年から、正座しなくても良い座り方ができるような工夫がされていたので、大変ありがたかったです。
『ます席』のサービスも、年々向上していることを感じて嬉しいです。

他に、4名分の幕の内弁当やパンフレット、お神酒、黒森納豆、黒森歌舞伎おこし、黒森歌舞伎ポストカードなども用意されていました。





10:00〜少年太鼓や少年歌舞伎が行われ、黒森小学校の子供達が頑張ったのですが、私は、正月礼参加のため、拝見することができませんでした。
2/17にも、公演が行われますが、私は、3/5の酒田公演『希望ホール』の方で、観覧させていただきたいと思っています。

今日、境内にて、黒森小学校の岩本校長先生にお会いしました。
歌舞伎に出演する子供達は肉断ちをして、精進料理を1週間食べ続けてるということを教えていただき、ビックリしました!
黒森歌舞伎は、黒森日枝神社への奉納演舞であることは知っていましたが、役者さんが、精進料理を食べていることまでは知りませんでした!
子供達は、給食を食べず、精進弁当を持って登校しているのだそうです。保護者の皆さんの協力も必要ですよね!
2/17の公演が終わったら、お肉が食べられるということで、子供達も、頑張っていましたよ!
黒森歌舞伎に関わって成長した子供達は、きっと忍耐強い大人になることでしょうね!

平成29年度 黒森歌舞伎正月公演 本狂言『絵本太功記』
第一幕目『本能寺の場』が始まりました。





尾田春長の家臣/蘭丸が、謀反を起こした武智光秀側の武将の首を討ち取って、春長の元へ戻ってきた場面です。

蘭丸役は、YOSHIKO先生の甥っ子さん。やっぱり似ていますね〜!
黒森歌舞伎に欠かせない、名役者さんです。

先日、黒森歌舞伎のお稽古にお邪魔させていただいたとき、私の足元にこの生首が転がっていたので、心臓が止まるかと思うほど、ビックリしました!
夢に出てきそうで、怖かったです〜(笑)





『本能寺の場』の後半に、雪がちらほらと降ってきました!
カメラマンにとっては、美味しい場面になったと思います。
やっぱり、『黒森歌舞伎』と言えば、『雪中芝居』らしい写真が必要ですからね!

今日は、穏やかな天候でした。雨にならなくてよかったです。
雨だと、観客は、座っていられなくなりますので。
平日でしたが、境内には、200名くらいの人で賑わっていました。
カメラマンの数は、ちょっと少なめでしたが、テレビ局の報道カメラの数は多かったように思います。





幕間に、『くろもりん押絵倶楽部』の皆さんのブースを覗きに行ってみました。
毎年、ここに足を運んで、『黒森歌舞伎押絵』を購入してくださる方がいらっしゃるということで、とても嬉しかったです。
今年の『武智光秀』の押絵デザインも好評とのことでホッとしました。

『くろもりん押絵倶楽部』の皆さんが、今年も頑張って製作したおかげで、たくさんのメディアに取り上げていただき、『黒森歌舞伎』のPRに役立っていました!
今年は、『本能寺の変』が題材になっているという話題作りがしっかりとできたおかげで、平日にも関わらず、たくさんの方々が境内に足を運んでくださったのではないでしょうか?
もちろん、『くろもりん押絵倶楽部』だけでなく、『黒森歌舞伎保存会』の皆様や、酒田市の方でも、たくさんPRしてくださった総合力だと感じています。


境内で、お久しぶりの知人とバッタリ再会し、「Ricoさんのブログを見てますよー!」と声を掛けていただき、とても嬉しかったです!
また、知らないおじさんから、「いつもありがとうございます」と笑顔でお礼を言われました。
いつの間にか、黒森の皆さんから、顔を覚えていただいているようで、ありがたいと思いました。





黒森の知人が、ポットに熱々の麦茶や熱燗を入れて、持参してくれました!(笑)
私の前に座ったジェームスさんが、熱燗をぐびぐび飲みながら、真剣に歌舞伎を楽しんでいたので、不思議な感じがしました。
セリフは、わからないはずなのですが?一所懸命に写真を撮ったり、メモを取ったり・・・
黒森歌舞伎も国際的になってきて、そろそろ英語の解説も必要になってくるのでは?

幕の内弁当は、お腹がいっぱいだったので、持ち帰りさせていただきました。





YOSHIO先生のお母様から、こちらの『黒森歌舞伎おこし』をいただいてしまいました!
これ、とっても美味しいんですよ!
黒森のお母さんたちの手作りで、公演の時にしか販売しません!





今年からのニューフェイス『黒森歌舞伎まんじゅう』を知人が私のために予約してくださっていました。
私が、この『黒森歌舞伎まんじゅう』の掛け紙やしおりのデザインをさせていただいたことを知らなかったようです。←私が言わなければわからないですよね〜(笑)
『黒森歌舞伎』の様子を描いて、しおりにしてみました。
『黒森歌舞伎まんじゅう』の売り上げは、好調とのことで、こちらも、ホッとしました!

『黒森歌舞伎』を観ながら、おやつにいただきました。
『黒森歌舞伎保存会』の会員になっている小松屋さんの黒糖まんじゅうを黒森日枝神社にお供えしたご利益付きの特別なお饅頭です!
とっても、美味しいんですよ!これは、一度食べたら、リピートしたくなるおまんじゅうです!

偶然、私の隣に、知り合いが座ったので、このおまんじゅうを差し上げました。
一緒におまんじゅうを食べていると、知り合いが、「黒森歌舞伎の黒、黒川能の黒、羽黒山の黒。キーワードが『黒』って何故なんだろう?」という面白い疑問を投げかけてきました。
「なるほど〜!庄内ブラックですか!全く気が付きませんでした!」
『黒』が付いているのは、偶然か否か?ご存知の方はいらっしゃいますでしょうか?

このおまんじゅうの焼印『黒』の文字をしみじみと眺めてしまいました。





第二幕目『尼ヶ崎閑居の場』が始まりました。

武智十次郎です!(光秀の息子)
黒森歌舞伎の役者さんは、イケメン揃いで、カメラマンの皆様も、撮りがいがあったことでしょう!
無料で、歌舞伎役者さんを撮れる環境って、本当に貴重だと思います。
中央の歌舞伎では、ありえませんから!
そこが、黒森歌舞伎の面白さだと思います。





今回の主役『武智光秀』の登場です!!!

主役のオーラが全開でしたー!
やっぱり、敬さんの役者っぷりは、凄みがありますね!
本物の歌舞伎役者さんのように、目力が凄かったです!
ます席のおかげで、真近に観ることができて、迫力満点でした!





瀕死の十次郎の名演技!
悲しくも美しい十次郎。。。
う〜ん、本当に切ない場面でした〜!

この時、「光秀が憎い」という気持ちになりましたので、やはり、光秀は、ヒール役の青い隈取りになるんでしょうね!





瀕死の重体のため、目が見えなくなってしまった十次郎の側に駆け寄る初菊。
めじょけね(かわいそう)場面で、観客の涙をそそります!





ラストは、真柴久吉(史実/羽柴秀吉)と加藤正清(史実/加藤清正)が登場!
戦場での再会を約束する。





黒森歌舞伎妻堂連中/冨樫久一新座長の新体制での初公演でした。

初日ということで、ハプニングもありましたが、一生懸命に取り組まれている姿に、心打たれました。
2/17(金)も公演いたしますので、ぜひとも、多くの方々に、『黒森歌舞伎』をお楽しみいただきたいと思います。





『黒森歌舞伎まんじゅう』のデザインのお手伝いをしたお礼に、黒森日枝神社のお札とお神酒と黒森歌舞伎まんじゅうを頂戴してしまいました♡
ありがたいですね!ものすごいご利益がありそうな予感がします♡
『黒森歌舞伎』は、黒森日枝神社への奉納演舞ですので、公演を楽しむ前に、演舞場脇の神社へご参拝いただきたいと願います。





私は、たくさんのおみやげをいただいて帰宅しました!
広げてみたら、びっくりしました!





自家製の漬物、干し柿、黒豆・・・そして、カナダのおみやげのメープルクッキーまで!(笑)
くろもりん押絵倶楽部のみなさまからは、今年の押絵を頂戴してしまいました。

黒森地域のみなさまのあたたかさに包まれた最幸の1日でした♡
お世話になりまして、誠にありがとうございました。





本日のラスト画像は、特製黒森歌舞伎『幕の内弁当』です。
黒森地域の仕出し屋さんが作る『幕の内弁当』で、業者が毎年変わるので、お弁当の内容も毎年変わるようです。

黒森太りした食べまくりの1日でした〜!
ごちそうさまでした!
お世話になりまして、誠にありがとうございましたm(_ _)m


<今日の俳句>
本能寺 黒森歌舞伎 雪が降る


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加  


2017年01月22日

R 冬の『玉簾の滝』カラーLEDライトアップに感動〜♪の巻



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2017年1月22日(日)
山形県酒田市『玉簾の滝』にて、ライトアップを行っているという情報を酒田市のfacebookページで知り、10年以上ぶり?で行ってきました。

酒田市街地の道路には雪がなかったのですが、八幡地区からは、すっかり雪景色となりました。

私は、冬の『玉簾の滝』を見たのは初めてだったのですが、あまりにも美しく幻想的な世界に圧倒されました!
寒さを忘れて、しばらく見入ってしまいました。
こんなに寒くても、ものすごい水量で、水が枯れることなく流れ続ける雄大な自然のパワーに感動しました。

本来ならば、厳寒期の今頃は、『氷瀑』となる予定だったのだそうですが、今年は、暖冬ということで、今日は、『氷瀑』を見ることができませんでした。
酒田市役所の観光課の方が、「『氷瀑』が見れなくて、残念でしたね!今週冷え込めば、『氷瀑』が見られるかもしれないので、酒田市のホームページに情報を載せますので、ぜひ、また見に来てください」とおっしゃっていました。
冬の『玉簾の滝』ビギナーの私には、『氷瀑』でなくても、十分に感動しましたけどね!
『氷瀑』になると趣が全く違うらしいのです。
次の楽しみがあるということで、それもまたよし!だと思います。




冬の玉簾の滝カラーLEDライトアップを動画でお楽しみください。
カラーLEDでのライトアップは、今回が初めてだということでした。

次回のライトアップは、平成29年1月27日(金)〜29日(日)17:00〜21:00です!
この大迫力は、実際に足を運んで体感していただきたいと思います。




『御嶽神社』も、ちゃんと参拝できるように照明がついていました。
ありがたいですね。




昔、カンジキを履いて、『玉簾の滝』ツアーに参加した人の話を聞いたことがあったのですが、今は、時代が違うんですね〜!
今年は、例年よりも、雪が少ないとはいえ、何度も除雪をして迎えてくださったスタッフの皆様方に頭が下がりました。
楽しい思いをさせていただけたということは、頑張ってくださった方々がいるおかげなんですよね。ありがとうございましたm(_ _)m
ならば、もっともっとたくさんの方々に、この素晴らしい『玉簾の滝』のライトアップを楽しんでいただきたいと切に願いつつ、ブログにアップさせていただきます。
一見の価値ありですよ!!!


<今日の俳句>
玉簾 雪こそ光る LED


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加  


Posted by Rico at 23:57Comments(0)CAMERATRIP

2016年09月13日

R『ポイズンリムーバー』&『水なしで飲める乗物酔いの薬』購入



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

お見苦しい私の足の画像で、申し訳ありません。
先日、「蚊に刺されて、痒いよぉ〜!」とFacebookに投稿したところ、たくさんの方々から、対処法や虫に刺されない方法などを教えていただきました。
その中でも、仙台の友人が教えてくれた『ポイズンリムーバー』というものに興味を持ったので、すぐにAmazonで注文して取り寄せました。





『ポイズンリムーバー』は、蜂、蚊、毒虫、蛇などに刺されたら、マウスピースを傷口にあて、吸引作用で毒液や毒針を抽出する器具です。
医師の手当てを受けるまでの応急処置として、刺されてから、2分以内に使用するのだそうです。30分以上になると毒が体に回り、『ポイズンリムーバー』で吸引してもダメということでした。

林業の方にとっては必需品なのだそうですが、私は、こんなに便利なものが世の中に存在していることすら知りませんでした。
アウトドアでなくても、今回の私のように、家の中にいながらにして、蚊に刺されてこんなに腫れ上がることもありますので、いざという時のために備えておきたいものだと思いました。

この夏、私はアブに3か所刺されたので、その時に、この『ポイズンリムーバー』があったらよかったのに〜と思いました。





今度、飛島へ行く時は、必ず『ポイズンリムーバー』を持参します!!!
ちなみに、こちらの『ポイズンリムーバー』は、フランス製の『エクストラクター』という商品で、吸引力が強いタイプでした。
同じものがあるかどうかわかりませんが、ホームセンターなどでも、『ポイズンリムーバー』を売っているそうです。
もちろん、『ポイズンリムーバー』を使わずに済むことを祈るばかりです。





それから、酒田市中町の佐藤伝兵ヱ薬局さんへ行って、『水なしで飲める乗物酔いの薬』を購入したところ、こちらの乗り物酔いのアドバイスを頂戴しました。
乗り物に乗る前は、脂っこくて消化の悪い物やオレンジジュースなどの柑橘系のジュースは、控えた方がよいのだそうです。
船酔いは、酔うと大変なことになるので、こちらも備えあれば憂いなしです。

佐藤伝兵ヱ薬局さんへ行くと、こうした大切な知識を教えていただけるので、本当にありがたいです。
せっかく良く効く乗物酔いの薬を買っても、それをオレンジジュースで飲んでは、ダメだということですよね!(^^;


ちょっとした情報がデッド オア アライブになることがあります。
SNSで発信するとありがたい情報を寄せていただけるので、とても助かっています。

そういえば、昨日、『定期船とびしま』のことをFacebookにもアップしたら、なんと『定期船とびしま』の船長さんからメッセージを頂戴して、ビックリしました。
次回、乗船する際には、船長さんにお声がけさせていただきたいと思います。
でも、『さんらいなぁ2』は、北海道の船員さんで運行されるのだそうです。
台風が3つ発生したので、天気予報と見ながら、飛島行きの日程を決めたいと思います。
今年は、台風が多いような気がするのは、私だけでしょうか?
被害がないことを祈ります。


<今日の俳句>
SNS SOS出し 助けられ


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
  


Posted by Rico at 23:50Comments(0)TRIP

2016年09月13日

R 本日より『定期船とびしま』は、定期点検のため『さんらいなぁ2』で運行します!



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2016年9月12日(月)
今朝、父が漁師さんのお手伝いから帰ってきて、開口一番に、
「『定期船とびしま』は、今日から定期点検さ出したさげ、『さんらいなぁ2』で運行すんなんど!」と教えてくれました。

今週か来週中に、飛島へ行きたいと思っていた私にとっては、とても大事な情報でした!

『さんらいなぁ2』が、小さくて遅い船だったら嫌だなぁ〜と不安になったので、今日の夕方に、停泊している『さんらいなぁ2』を見に行ってきました!
ちょうど、乗組員さんがいたので、声を掛けてみたら、こちらの『さんらいなぁ2』は、今日から10/2まで運行するということでした。
『定期船とびしま』より一回り小さいけれど、スピードが出る船だということで、『定期船とびしま』と同じ1時間15分で、飛島へ到着するそうです。
それを聞いて、安心しました。
波の高さがない日を狙って、乗船したいと思います。





定期航路旅客ターミナル周辺には、『鳥海山・飛島ジオパーク構想』が、9月9日に『日本ジオパーク』に認定されたということで、祝いののぼりがたくさん立っていました。
山形県で初めての認定となり、とっても嬉しいです♡





『日本ジオパーク』とは、珍しい地形や地質が残る自然公園のことをいい、『鳥海山・飛島ジオパーク』は、酒田市、遊佐町、秋田県にかほ市、由利本荘市の4市町村がエリアとなっています。
その資料が、英訳入りで作成され、ターミナルにきちんと並んでいました。
エリアごとに分けられたこの資料を頂いてきたのですが、とても感激しました!
にかほ市や由利本荘市エリアに、私が知らなかった魅力的なところがたくさんあったんですね!
にかほエリアの「元滝」や「奈曽の白滝」、由利本荘エリアの「法体の滝」へ行ってみたいなぁ〜!
もちろん、これから行く「飛島」は、不思議アイランドですよね!島には、東北じゃないような光景が広がります!
遠くへ旅するのもいいけれど、もっと自分の住んでいる地域の豊かな自然を楽しんでみたいなぁ〜と、この資料を見て思いました。





前日のイベントとの賑わいが信じられないほど、人気の少ない『みなと市場』でした。
久しぶりに市場の中を覗いてみたら、鮮魚店の方々から、「魚いらねが?」と声を掛けられましたが、我が家には、父が漁師さんから頂いてきた、ヒラメやワタリガニがあるので、申し訳ないけれど、買う気にはなれませんでした。
たくさんの鮮魚が並んでいたのに、すみません。。。





鳥海高原ソフトクリームの『抹茶ソフト』を頂いて、まったりして帰ってきました。
イベントがある日とない日のギャップがすごいな〜と思いました。


<今日の俳句>
ジオパーク 飛島へ行く さんらいなぁ


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
  


Posted by Rico at 01:35Comments(2)TRIP

2016年07月10日

R 亜門ゆきさんと行く『致道館』&『日本料理 村上』





『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2016年7月10日(日)
前日、『天音里望さん/つわぶき新曲発表リサイタル』で共演をさせていただいた歌手の『亜門ゆきさん』を鶴岡の『致道館』へご案内をさせていただきました。




お昼は、庄内の美味しいものをお召し上がりいただきたいと思い、予約していた日本料理 村上さんへ。

扇子のセンスがとっても素敵な夏らしい前菜に、二人で、大感激でした!(笑)





三川産の『焼き鮎』は、たっぷりの子持ちで、とても美味しかったです。
鮎の子持ちを初めていただきました♡





『かぼちゃ入り冷製茶碗蒸し』は、夏らしい一品でした♡





親方自ら栽培されたという『丸茄子の味噌焼き』は、グラタン風で、茄子の皮まで、美味しくいただきました!





特大の天然『岩ガキ』が運ばれてきて、テンションMAXでした!!
東京からお越しくださったゆきさんも、大喜びでした〜♪




レモンをキュッと絞って、一口!二口!
ポン酢につけて、一口!二口!

美味しい!しか言葉が出てきませんでした(^^;;
やっぱり旬の美味しさには、かないませんね〜!




『黒鰈と大根の煮物』
やっぱりプロの煮物は違いますね〜!
大根は食べやすいように一口ずつカットされていて、優しさを感じました。




国産牛ステーキです。
いつも私がお肉をお願いしているので、今回も入れてくださいました。
嬉しかったです♡




食事は、ご飯かお蕎麦を選べたので、冷たいお蕎麦をお願いしました。
村上さんで、初めてお蕎麦をいただきました。
夏は、冷たいお蕎麦が嬉しいですね♡





デザートは、ゆずのシャーベットと青梅のパンナコッタ風でした。
コーヒーも付いて、大・大・大満足の懐石コースでした♡

美味しいお料理をいただいて、豊かな気持ちになりました。
ゆきさんとも、ゆっくりとお話しができてとても楽しかったです♪




亜門ゆきさんは、今年1月にデビューされました♪
東京を中心に活動をされていらっしゃいますが、秋田県出身の秋田美人です!
CD『時のかけら』を購入させていただき、サインまでいただいちゃいました♪
また、ご一緒させていただける機会があることを願っています。

私自身、5連チャンライブが無事に終わり、ゆきさんと美味しいお料理をいただきながら、ホッと一息できたことがとても嬉しかったです。
さあ、また気持ちを入れ替えて、頑張ります!!!



<今日の俳句>
夏来る 日本料理 堪能し


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加


  


Posted by Rico at 23:15Comments(0)FOODTRIP

2016年06月12日

R『丸池様とぽぉ〜』&『牛渡川の梅花藻の花』(遊佐町)



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2016年6月12日(日)
友人の案内のおかげで、以前から行きたいと思っていた遊佐町の『丸池様』へ、ようやくたどり着くことができました!
モデルは『ぽぉ〜』ちゃんです!
ヘビがいるということで、バスケットから一歩も出さず、ほぼ森の妖精化した『ぽぉ〜』ちゃん!(笑)





撮影したのは10時頃で、日差しがとても強く、気温が30度を超える暑さとなりました。
丸池様の色が飛んでしまって、残念です!
もっと朝早かった方が良かったのかもしれません。
こういう時に、PLフィルターがあればよかったのでしょうけれど、新しいレンズのPLフィルターはまだ購入していませんでした!(涙)

どんなに暑くても、ぽぉ〜は平然と涼しい顔をしていました。
ぽぉ〜のモデルっぷりは、あっぱれでした!
やっぱり私の自慢のわんこです!





牛渡川の梅花藻の花がちょこちょこ咲いていて、とても愛らしかったです♪
お昼になるにつれて、たくさんの人で駐車場がいっぱいになりました。
人気スポットなんですね〜!
大型バス観光ツアーにも組み込まれているそうです。



<今日の俳句>
丸池様 森の妖精 現れる

↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

  


Posted by Rico at 23:44Comments(0)DOGCAMERATRIP

2016年06月04日

R『足湯カフェ/ChittoMotche チットモッシェ』(あつみ温泉)へ行ってきました♡




『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2016年6月4日(土)18:30〜
来月、あつみ温泉『萬国屋』さんにて、演奏させて頂くことが決まり、下見を兼ねて、一人でふらりとあつみ温泉へ行ってきました。
そして、以前から、行ってみたいと思っていた『足湯カフェ/ChittoMotche チットモッシェ』さんへ、念願が叶ってお伺いすることができました。
これまで、あつみ温泉での演奏は、『たちばなや』さんなどで、何度か機会があったのですが、時間がなかったり、休館日だったりということで、チットモッシェさんには、なかなかご縁がありませんでした。




外の営業案内板には、『毎週土曜日のみ夜カフェ営業中!』と書いてあったので、驚きました!
私は、毎日、夜カフェをやっていると思っていたのですが、土曜日だけだったんですね!
今日は、偶然、土曜日だったので、ラッキーでした!




入館しなくても、店内で提供されているメニューが外で確認できるようになっているのは、すごくいいですね〜!
ランチメニューも、土曜の夜は、頂くことができました!




こちらは、カフェの店内です。
広くてゆったりとした空間で、とっても落ち着きました。





館内には、ギャラリーコーナーがあり、地元の手作り作家さんの作品がずらりと並んでいました。
食事をオーダーしてから、待ち時間にゆっくりとこちらを拝見させていただくことができて、ちょうど良かったです。





こちらは、『LOCOMOCOプレート』です。
生姜醤油で味付けされたハンバーグが、和テイストで和みました!
季節野菜のオーブン焼きが、ポイント高かったです!
野菜の旨味を楽しめるありがたいワンプレートでした!
美味しかったです♡





食後の美味しいコーヒーをいただきながら…
BGMは、エリック・クラプトン『チェンジ・ザ・ワールド』や映画バグダット・カフェの『コーリング・ユー』といった大人タイムにぴったりの曲が流れてきて、私は、骨抜きに癒されました〜♪





「今日は、なんていい日なんでしょう!」とまったりしていたら、「あら!かわいい♡」コーヒーがこんなことになっていました(*^^*)
この後、さらに、驚く仕掛けのあるコーヒーカップでした!
コンビニの紙コップのコーヒーも手軽でいいけれど、やっぱりカフェならではの良さってあるよなぁ〜としみじみ思いました。

そして、イケメンスタッフさんが、私に素敵な情報を教えてくださいました♪
そういうさりげないサービスがありがたいものですね!
大きな収穫をいただき、「わざわざあつみ温泉まで行ってよかった!」と大満足でした♡





夜カフェ営業中の『足湯カフェ/ChittoMotche チットモッシェ』さんの外観です。
素敵でしょ〜♡
日没が19:00ということで、19:30でも、結構明るかったです。
「テラス席は、わんこ同伴OKですので、今度、ぜひ、わんちゃん連れでどうぞ」とご案内をいただきました。





こちらは、来月、演奏会場としてお世話になる『萬国屋』さんです。
浴衣姿で、あつみ温泉街を歩いているカップルが何組かいらっしゃいました。
風情があって、いいですね〜!

来月、機材搬入前に時間が取れるようであれば、また『足湯カフェ/ChittoMotche チットモッシェ』さんへお邪魔したいなぁ〜と思います。
宿泊以外でも、あつみ温泉へ立ち寄れるスペースがあることを知って嬉しかったです。


<今日の俳句>
あつみの夜カフェ クラプトン聴き 風情よし

↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
  


Posted by Rico at 23:55Comments(0)FOODTRIP

2016年05月18日

R フレイクさんとプチ鶴岡観光!『貝喰の池/人面魚』〜『羽黒山/ごへい茶屋』



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪

2016年5月14日(土)のこと。
焼肉千山閣の大井ママさんの墓参を済ませた後、『大井俊子さんを偲ぶ会』は、お開きとなりました。

その後、川越からお越しくださったフレイクさんと、romeo mammaさんと、Ricoママと私の4人で、プチ鶴岡観光をさせていただきました。

まずは、大井ママさんの墓地公園のすぐ近くにある『人面魚』で一世風靡した『貝喰(かいばみ)の池』へ。

と言っても、Ricoママは、前日、転んで足をくじいてしまったので、Ricoママと私は、車の中で待機していました。
私は、ちょうど仕事の電話が入ったので、車の中で電話やメールチェックをしていました。

しばらくすると、Facebookにフレイクさんが、こちらの『人面魚』の写真をど〜んとアップされたので、思わず、「おお〜!すごい!本当にいたんだ〜!」とiPhone片手に叫んでしまいました!
あまりにも感動したので、こちらの画像をフレイクさんからお借りし、ブログで紹介させていただきます。
地元の方々も、最近の『人面魚』の様子は、なかなか見たことがないと思います。

ちょうど、餌を与えていた地元の方がいて、この人面魚は、あの話題になった人面魚の子孫の鯉だと言われたそうです。
ちゃんと人面魚のDNAが受け継がれていたようですね!





このフレイクさんのはじけた笑顔が見れて嬉しかったです!
かつて、『貝喰の池』で、こんなにはじけた方がいたでしょうか?というくらい、カエルやナマズなどが大好きなフレイクさんは大喜びされていました。

フレイクさんに、「羽黒山山頂には、『鏡池』があって、そこはモリアオガエルの生息地なんですよ!」とお話したら、「え〜!行きたい!行きたい!!」とカエルに食いつきました!(笑)





羽黒山山頂に着いて、フレイクさんとromeo mammaさんは、『鏡池』へ。
足の腫れているRicoママと私は、駐車場近くの『ごへい茶屋』さんで、待たせていただきました。

『ごへい茶屋』さんにお邪魔すると、なぜか知人がそこにいらっしゃり、びっくりしました!
世間は狭いというか、偶然というのは、本当に面白いものですね〜!
ちょうど、お伝えしたいことがあったので、本人に直接お伝えすることができて、助かりました!





こちらの『開運茶』を試飲させていただいたところ、Ricoママがすっかり気に入って、ごっそり買い込んでいました!
このパッケージが、いかにも開運って感じで、いいですよね〜!
お土産にピッタリです!!





こちらが、『ごへい茶屋』さん名物の『やまぶしだんご』です!
一口サイズになっているので、お口を汚すことなく、女性でも食べやすいのがいいですよね〜!
焼き立てをごちそうになりました。





そして、この日は、『ごへい茶屋』の看板犬のジャスちゃんがご出勤中でした!
とってもおとなしい子で、Ricoママが大喜び!
Ricoママがべたべた触りまくるので、ちょっとウザがられていました(笑)
ジャスちゃん、Ricoママのお相手をしていただいて、ありがとうございました〜!





参拝を終えたフレイクさんとromeo mammaさんが戻ってきました!
『ごへい茶屋』さんにあったけん玉を手にしたフレイクさんが、大技を披露し始めたので、みんなビックリしました!
玉の穴に、一回転したけんがピタリと刺さるのです!

すごーい!とみんなが見ていても、冷静にけん玉をするフレイクさん!
日頃から、人前でやっていないとここまではなかなかできませんよね!





だんだん調子に乗ってきたフレイクさんは、けん玉の技を解説しながら、技を披露してくれました。
羽黒山山頂で、けん玉をするフレイクさんの記念写真です!!!(笑)

私も、目の前でこんなに上手にけん玉ができる人を初めて見ました。

『NPO法人 眼瞼下垂の会』理事のフレイクさん!
なかなか、個性的で、面白い方です!
今回で、2度目の来庄のフレイクさんですが、だんだんお互いのことがわかってくると、親しみが湧いてきて、本当のお友達になれたように思います。

そもそも、Ricoママが、眼瞼下垂症になっていなかったら、大井ママさんとの出会いは、なかったかもしれません。もちろん、フレイクさんとは、おそらく交流することはなかったと思います。
そして、この度も、Ricoママが足を捻挫したため、羽黒山山頂の茶屋へ行き、用事がある知人にバッタリ会ったり、フレイクさんのけん玉の才能を知ることができました。
もしかしたら、Ricoママが、一番すごいのかも!
Ricoママの病気や怪我は、人をつなげるパワーがあるとか?
おかげさまで、Ricoママの足は、すっかり腫れも引いて、今は普通に歩けるようになりましたので、どうぞご心配なく。





こちらは、『ごへい茶屋』さんから買ってきた、『佐徳』の「からし漬け」と「粕漬け」です。
店内で試食させていただいた美味しかったので、買ってきました。





こちらの『巨峰の郷』という大粒の干しぶどうですが、先月、母が秋田のお土産品から買ってきて、とっても美味しかったので、また欲しいと思っていたら、『ごへい茶屋』さんの店頭でも販売していました!
欲しかった商品が手に入り、とても嬉しかったです♪
本当に、これ、オススメですよ!

『ごへい茶屋』さんは、とっても素敵な女性オーナーさんがあたたかく迎えてくださいます。
羽黒山山頂へ行けば、会いたい人がいるって、ありがたいことだと思います。
ごちそうさまでした♡

私が、Ricoママの相手をしている間に、フレイクさんをご案内いただいたromeo mammaさんにも、この場をお借りして、お礼を申し上げます。
ありがとうございました。

フレイクさん、Ricoママが元気なうちに、また庄内に遊びにいらしてくださいね♪
この度は、遠いところ、お越しいただきまして、誠にありがとうございました。


<今日の俳句>
人面魚 もてなし受ける 旅路なり

↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加


  


Posted by Rico at 23:36Comments(0)FOODTRIPRicoママ

2016年03月24日

R JR酒田駅内『びゅうプラザ酒田』へRicoママ初めて行くの巻♪



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

来月、新潟大学病院へ緑内障の検査入院が決まったRicoママ。
前回同様に、わんこ隊も一緒に、車で送ろうかとも思いましたが、やめました!
というのも、車で母を病院へ送ってから、母を車に乗せずに酒田へ帰宅しようとしたら、同乗しているわんこ隊が「お母さんが、車に乗っていないよ!大変だ!」とパニックになることが予想されるからです。
一緒に行った家族が車に戻らないと心配するんですよね〜!まして、帰宅してから、5日間も母が不在したら、わんこ隊は、心配で仕方がなくなり、元気がなくなってしまうかもしれません。わんこは、ちゃんとわかるんですよね!

それから、新潟大学病院の駐車場は満車状態だったので、車よりも、特急いなほ利用の方が、便利だということが、前回通院してみて感じました。
というわけで、次回は、特急いなほを利用して、父から母を送ってもらうことにしました。
前回、いなほに乗るのが不安で、ショック性全身じんましんになった母でしたが、一度、車で通院をしてみたら、少し不安は和らいだようなので、もうじんましんは出ないと思います(笑)

今日は、特急いなほの乗車券の買い方を教えるために、久しぶりにJR酒田駅へ行きました。
Ricoママにとっては、酒田駅内は、何年ぶりなんでしょうかね?





JR酒田駅は、改札口が一カ所しかないので、迷うことがないのでよいのですが・・・新潟となると改札口がいろいろあるので、とたんに不安になるようです。
わからなければ、駅員さんから教えてもらえば大丈夫!と言っているのですが、それでも、母は不安そうでした。





乗車券を買うために『びゅうプラザ』へ。
母は改札脇の窓口で買うものだと思っていたようです。
もちろん、そちらでも乗車券は買えますが、『びゅうプラザ』へ行けば、お得なびゅう商品を購入することができます。
カウンターのイスに座り、担当してくださった方から、親切丁寧にお得なびゅうプランを教えてもらったRicoママは、『駅』に対しての恐怖心が少しやわらいだようでした。





現在、こちらの『ワンデー新潟』というお得な日帰りプランがありました。
入院するRicoママは、片道利用なので、対象外ですが、父は、同日新潟往復なので、対象となります。
母の片道(特急券+乗車券/自由席)が、4,750円だったのに対し、父の分は、『ワンデー新潟』で往復(特急券+乗車券/自由席)で、なんと7,800円!しかも、新潟駅NEWDAYS(キヨスクみたいなところ)のお買い物券1,000円分が付いてきました!
「わぁ〜!すご〜い!!」と『びゅうプラザ』で大はしゃぎするRicoママ。
「特急いなほに乗るのが不安だ」といって、全身じんましんになった人だとは思えないテンションの高さに、びっくりぽんでした!(笑)

ちなみに、『ワンデー新潟』にびゅう宿泊プランを追加することができました!
『びゅうプラザ』は、9:30〜17:00の営業で、日曜・祝日はお休みということでした。
当日早朝に、乗車券を窓口から買えばよいと思っていた両親でしたが、こういうこともあるので、事前に『びゅうプラザ』へ問い合わせた方がよいということを知って、喜んでいました。
私の両親のように、『びゅうプラザ』を利用したことのない方って、結構いるのかもしれませんね〜!

それから、Ricoママの「改札で切符を切ってもらう」発言に驚きました!
「今は、自動改札機に乗車券を差し込むんだよ」という説明をしました。
あっ!裏表を間違えないようにと言い忘れました!
あ〜、本当に、昔の感覚なんですね〜。
さすがに、父は、自動改札機は経験済みですから、二人で新潟へ行くのは大丈夫だと思います。
新潟駅といえば、『ステラおばさんのクッキー』をお土産にお願いしようかしらね?


<今日の俳句>
切符切る 昭和感じ 懐かしく


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
  


Posted by Rico at 23:56Comments(2)TRIPRicoママ

2015年12月21日

R 本日は、天童温泉泊まり!



『Rico's Room2』へようこそ♪

2015年12月21日(月)
天童温泉某ホテルにて、YOSHIKO&RICOで演奏をさせていただきました。
夕食に、こちらの豪華楽屋弁当を頂きました〜‼︎
ごちそうさまでした*\(^o^)/*





機材撤収が終わったら、21:00を回っていたので、そのまま、天童温泉の某ホテルに宿泊して帰ることにしました。
「久しぶりの温泉で、日ごろの疲れをゆっっくり癒してください」と、アシスタント2号こと、我が父親孝行をさせていただいております。
もちろん、いびきのうるさい父親とは別室です!
今夜は、広いお部屋を独占して、私もゆっくり休ませていただきます(*^^*)
展望露天風呂で、天童市街地の夜景を見下ろしながら、ぽかぽかあったまりました。やっぱり、温泉はいいですね〜(^_−)−☆
私も、しっかり休んで、風邪を完治させたいと思います(*^^*)

この度は、天童温泉にて演奏をさせていただける機会をいただきまして、誠にありがとうございました*\(^o^)/*
おやすみなさいませ(*^^*)  


Posted by Rico at 23:17Comments(0)TRIP

2015年10月21日

R 『らーめん屋です』→『眺海の森』→『總光寺』→『草木舎』



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2015年10月21日(水)
酒田に帰省された「地下鉄のギタリスト」こと土門秀明氏と再会。
『らーめん屋です』(酒田市大町)さんで、「野菜みそ」650円をいただきました。





私のブログを見て、ここの「野菜みそ」が食べたいとリクエストした土門氏でしたが、「美味しい!美味しい!」と完食されまして、ホッとしました♪
ロンドン滞在中も、私のブログを見て、しっかり飲食店チェックをされていらっしゃった土門氏は、東京で暮らす現在も変わりはないようです。
酒田に帰省したら、まずラーメン!その気持ちは、よくわかります。





食後、お天気がとてもよかったので、眺海の森を案内させていただきました。
まずは、庄内平野の中を最上川が蛇行しながら日本海へ注ぐ風景を楽しめるビューポイント『峰の薬師堂』へご案内しました。
お天気がよく、日本海もはっきり見えたのですが・・・稲刈りが終わってしまい、黄金色のじゅうたんをお見せすることができなくて残念でした。





『野外音楽堂』周辺も、すっかり秋の落ち着いた雰囲気に染まっていました。





そして、總光寺さんへ。
山形県指定天然記念物『きのこ杉』を見たとたんに、土門氏は、「これはすごい!」とテンションがアップしてビックリしました!





お寺を拝観させていただき、国指定名勝庭園『蓬莱園』の水が流れる音を気に入ってくださった土門氏。
私は、友達として、図々しくも、「土門さん、この『蓬莱園』の水が流れる音を入れて、曲を作ってもらえないかしら?」と提案してみました。
すると「いいですよ!」とご快諾いただくことができ、すぐに、土門氏持参の録音機で、『蓬莱園』の水が流れる音の録音が始まりました。





いつも見慣れている『蓬莱園』の滝まで土門氏が近づいてくれたおかげで、この滝の大きさがようやくわかりました。
身長180cm位の土門氏と上段の滝の高さは同じ位ですから、私が想像していたよりも大きな滝だったんですね!
今日は、住職様が不在されていたため、23日に改めて、土門氏をご紹介させていただくことになりました。
その時は、土門氏にギターを持参していただく予定です。

今日の夕方、總光寺様に置いてきたCDをお聴きになられた住職様より、「お寺に合う癒し系の曲がたくさんあって、ビックリしました!これから、展開して、広めていけたらいいですね♪」という喜びのお電話を頂戴しました。気に入っていただけて、とても嬉しかったです♪
どんな曲が完成するのか、今からとても楽しみです♪


總光寺様からの帰りに、自家焙煎珈琲『草木舎』さんで、美味しいコーヒーをいただきました。
車に乗ったとたんに、私に手を振る女性がいたので誰だろう?と思ったら、『草木舎』さんを私に教えてくださった方だったので、ビックリしました!
酒田市街地でなかなかお会いできないのに、旧松山町でお会いできるなんて。
總光寺さんが、いろんな人とのご縁を結んでくださっているように感じています。



<今日の俳句>
人の縁 集めて早し 總光寺 


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
  


Posted by Rico at 23:58Comments(0)FOODTRIP寺院

2015年07月19日

R 總光寺『樹齢400年 きのこ杉』『峰の薬師堂(奥の院)』と浴衣のわんこ隊



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪

2015年7月19日(日)
雨のおかげで、暑さが少し和らいだ一日でした。
そこで、昨年からの念願だった總光寺さんの山形県指定天然記念物『樹齢400年 きのこ杉』とわんこ隊の写真を撮りに行きました。

夕方の気温は23℃ということで、浴衣でおめかし!(虫除けにもなっています)
わんこ隊がちょこんと座ると、いつも見慣れている『きのこ杉』がやけに大きく感じられました(笑)





バックショットも、ドヤ!って感じで(笑)

撮影をしていたら、ちょうど總光寺のご住職様が通りかかり、車から降りて、お声を掛けてくださいました。





その後、總光寺さんの奥の院『峰の薬師堂』へ行き、こちらでも記念撮影をさせていただきました。






ここからの庄内平野の眺めは最高です!
今日は最上川が夕日で輝いていました。

今年、わんこ隊とお出かけがなかなかできなかったので、本当に久しぶりの記念写真です。
わんこ隊の堂々のモデルっぷりが、微笑ましかったです。
たくさんのご縁のおかげで、ここでわんこ隊との撮影ができたことに感謝を申し上げます。
私は、この庄内平野で、この可愛い子たちと一緒に暮らせて、とても幸せです。ありがとうございます♡

『いつか必ず別れはやってくる かけがえのない時間・・・』という言葉を胸に刻みながら、シニアの仲間入りをしたわんこ隊との時間を大切にしたいと思います。



<今日の俳句>
セミの声 奥の院にて わんこ隊

↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

  


Posted by Rico at 23:04Comments(0)DOGTRIP

2015年07月18日

R『清正公大祭お逮夜(丸岡城址・加藤清正公墓碑)』に参列させていただきました。



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2015年7月18日(土)18:30〜
山形県鶴岡市『天澤寺(てんたくじ)』で開催された『清正公大祭お逮夜』に参列させていただきました。
清正公とは、大阪城・名古屋城・熊本城の日本三大名城を築城した治水土木の神様と信仰されている肥後守熊本54万石の大名/加藤清正公のことです。

私は、2014年3月に熊本城と加藤清正神社を参拝させていただきました。旅レポはこちら
その際に、熊本城のあまりの素晴らしさに感動し、地元庄内にある加藤清正公墓碑を墓参させていただきたいと願っていました。

總光寺様の書道教室でご一緒させていただいている櫛引の『常楽院』の桜井住職様より、『清正公大祭お逮夜』の詳細情報を教えていただいたおかげで、ようやく墓参の念願が叶いました。

御朱印もお願いしてよかったです。
「清正公」の文字が大変ありがたいです。





丸岡城址周辺には、「清正公」ののぼりがたくさん立てられていました。
地元では、「清正公様(せいしょうこうさま)」の愛称で呼ばれているそうです。





こちらが、『加藤清正公墓碑』です。





この五輪塔の下に、清正公が眠られていらっしゃいます。
どんな思いで、ここに眠られていらっしゃるのでしょうか?





本堂の前に、『清正公像』と『忠廣公像』が置かれていました。
『清正公大祭お逮夜』では、このご本尊を二つの山車に乗せて、丸岡地区を練り歩く巡行が予定されていましたが、雨天のために、天澤寺前のみの巡行となりました。





こちらが、『清正公像』です。
清正公は、生前、日蓮宗を信仰されていたということで、体の中心に「南妙法蓮華経」の文字が刻まれているのだそうです。





こちらは、『忠廣公像』です。
清正公の嫡子・忠廣公は、徳川幕府のいわれなき罪をかぶせられ、出羽庄内の丸岡に改易配流させられました。
いつの日にか、熊本へという思いをいだきながら、22年間、わびしい生活を送り、生涯を閉じられたそうです。
忠廣公が、清正公の遺骨をひそかに運び、この地に葬ったという言い伝えがあり、昭和24年に発掘調査の結果、清正公の遺骨と判断されました。
偉大な父親の亡き後、この地に配流させられた忠廣公は、さぞ無念の生涯であったことでしょう。





ご本尊様を巡行させる前にお経が読まれました。
ちなみに翌日が、『清正公大祭』の本祭となり、清正公忠廣公尊霊供養はじめ、大祈祷法要が営まれるそうです。




こちらが『天澤寺』本堂入口となります。
ご本尊様はここから巡行に出発されました。





巡行行列が戻ってきたところの写真です。





本来は、山車に乗せるご本尊様ですが、雨のため山車を出さずに、ご本尊様のみで巡行されました。





雅やかな衣装をまとった地元の子ども達。
境内には、カメラを手にしたお母さん達がたくさんいました。





お天気がよければ、丸岡城跡公園で行われる予定だった芸能奉納ですが、雨のため、本堂で行われました。
まずは、櫛引西小学校に平成元年から伝わる『西小太鼓』が六年生のみなさんで披露されました。





続いて、『丸岡桐箱踊り』という伝統的な踊りが披露されました。
改易配流となった忠廣公母子を村人が踊ってなぐさめたと伝えられています。





このお祭りに参列するまでは、清正公忠廣公がお気の毒で仕方がないという重い気分だったのですが、こうして、丸岡の人々によって、清正公忠廣公を大切にご供養されている光景を見て、あったかい気持ちになりました。
雨でしたが、参列させていただいて本当によかったと思いました。
そして、できることであれば、もう一度、熊本城・加藤清正神社へ行ってみたいという気持ちになりました。
歴史を学ぶことは楽しいことですね。
この度は、常楽院/桜井住職様にお誘いいただいたことに心より感謝を申し上げます。


<今日の俳句>
清正公 出羽庄内 眠る今

↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

  


Posted by Rico at 23:44Comments(0)TRIP御朱印帳

2015年05月30日

R 『国見山 玉川寺』山形県鶴岡市羽黒町/国指定名勝庭園『玉川寺庭園』拝観



2015年5月30日(土)14:00〜
お仕事でお世話になっている方と一緒に、『国見山 玉川寺』へお伺いしました。

玉川寺さんを拝観するのは、15年ぶり???それくらい久しぶりでした。
以前とはすっかり変り、拝観受付所が山門のところに出来ていて、観光寺のパイオニアという印象になっていました。

中に入ったとたんに、「あれ?Ricoさん?」と副住職様からお声を掛けていただき、ビックリしました。
玉川寺の副住職様とは、昨年夏、石巻『法山寺幼稚園』慰問演奏でご一緒させていただいたり、『赤い羽根共同募金応援クリスマスコンサート』でご一緒させていただいたりと、お世話になっておりました。





新緑の風が心地よい素晴らしい空間に癒されました。
外国からのお客様も多く訪れていました。





お抹茶とお菓子をいただきました。
日本人でよかったとしみじみ感じる優雅なひとときでした。





いろんな緑のコントラストが楽しめる庭園に息をのみました。
この池にはホタルが生息しているそうですが、今年は、例年よりも早く6月10日頃に飛ぶのではないかと言われていました。





何気に飾られていた書に、心が奪われました。

十億の人に
十億の母あれど
わが母にまさる
母はなし


じ〜ん。。。

十億の人に
十億の母あれど
Ricoママにまさる
天然はなし

あははは〜。




こちらは、玉川寺名物の『九輪草(クリンソウ)』です。
開花時期は、例年5月〜6月上旬と言われていますが、今年は、九輪草の開花も早いようで、終わりかけになっていました。
それでも、愛らしい九輪草を愛でることができて嬉しかったです♪




玉川寺では、九輪草が群生し、見頃の頃は、多くのカメラマンが訪れます。
花言葉は、『幸福を重ねる』だそうです。
いい花言葉ですね♪





境内に『玉川遺跡資料館』がありました。
昔もあったはずですが、中に入ったことがありませんでした。





玉川遺跡があったというのは聞いたことがありましたが、出土したヒスイの勾玉や石器などの現物が展示されているとは思っていなかったので驚きました!





3万年前の石器だそうです。
3万年前の人類って、どんなだったんでしょう?
一気に古代へのロマンへタイムスリップしました。
玉川寺の庭園と玉川遺跡展示で、一度で二度おいしい感じがしました!(笑)

ご一緒した方から、「Ricoさん、今日は、ここに連れて来てもらってよかった!ありがとうございます!」と御礼を言われてしまうほど、とても喜んでいらっしゃったので、嬉しかったです♪





参拝記念に御朱印を頂いてまいりました。
最近、参拝をせず、御朱印だけをいただく非常識な人がいるそうです。
御朱印は、スタンプラリーではありません。
本来は、写経を納めた際の受付印だったと言われています。現在は、御朱印料を納めればいただけいるようになりましたが、『奉拝』と書いていただくわけですから、参拝するのは、マナーというか、当たり前のことだと思うのですが、いかがでしょうか?



<今日の俳句>
庭園の 緑とりどり 癒し風


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加  


Posted by Rico at 23:56Comments(0)TRIP

2015年05月29日

R 總光寺/酒田市重要文化財『山門』&焼肉『千山閣』大井ママのお通夜



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪

2015年5月29日(金)
總光寺さんへサイン関係のデザインのお仕事の打合せのためにお伺いさせていただきました。

ここから眺める樹齢約400年の『きのこ杉』とその向こうに見える『山門』の景色は、何度見ても素晴らしいと思います。
山形県天然記念物『きのこ杉』です!みなさん、ここは撮影スポットですよ♪





酒田市重要文化財『山門』は、約200年ほど前に立てられました。
県外の国指定重要文化財の『山門』を拝見したことがありますが、總光寺さんの『山門』は、それ以上の価値があるように感じました。
国指定重要文化財として保護するべき貴重な遺産だと思うのですが、どこへどのように申請すればよいのか、ご存知の方がいらっしゃいましたら、情報をお願い致します。





『山門』の中の仁王像です。
ボディの彫り方がかなり個性的ですね。
仁王様は、邪気を取り払ってくださる存在です。





「松山あるある」では、「悪い子は、總光寺の仁王様のところに捨ててくるぞ!」と昔から言う事をきかない子どもを叱りつける時に言われているそうで、今でも、月に1回位、ここで子どもが泣いていることがあるそうです!(笑)
親の言う事を聞かない悪い子は、仁王様にこらしめられるぞ〜!おっかね〜!
こういうお話しが今でも残っていることを知り、ほっこりした気持ちになりました。





總光寺さんでは、毎日夕方5時に鐘を突いているそうです。
書道教室でお世話になっているのですが、こうして境内の中をじっくりと見学させていただいたのは初めてでした。
開山630年の素晴らしいお寺であることを改めて知りました。
もっともっと、たくさんの発見があったのですが、少しずつご紹介させていただきたいと思います。





總光寺さんから、一旦自宅へ戻り、Ricoママと二人で、鶴岡玉泉院へ向いました。

故 大井俊子さんのお通夜でした。
焼肉『千山閣』の大井ママさんで、Ricoママと私の恩人で、当ブログでも、何度もご紹介をさせていただきました。

突然、脳梗塞で倒れ、5月26日(火)8時18分、享年71歳で永眠されました。
あまりにも突然過ぎて、言葉がありません。

私が、大井ママさんと最後に電話で会話をしたのは、5月15日夜でした。
大井ママさんは、私が贈ったさくらんぼを受け取って、大喜びしてくださり、御礼のお電話をくださいました。
私が、まだ時期が早いさくらんぼを大井ママさんに贈ったのには、理由があります。
とあるテレビでキャリアのある女性経営者が、「女性はとかく自分の今のポジションは自分が頑張ったからだと思ってしまいがちで、お世話になった方々への感謝を忘れてしまう人が多い」というご指摘をされました。
それを見て、「あ!私は、大井ママさんにちゃんと、これまでの御礼をしなくてはいけない!」と思い、すぐに、贈答用のさくらんぼをこれまでの御礼の気持ちとして発送しました。さくらんぼのシーズンまで待てなかったのです!
さくらんぼを受け取った大井ママさんに、ご縁をいただいてから、これまでの御礼を電話を通じてですが、きちんとお伝えさせていただきました。
そして、「改めまして、これからも、よろしくお願い申し上げます」とお願いしました。

大井ママさんは、ご自身のFacebookに、私からさくらんぼを頂いたことを喜んで記事にされていました。
その最後に、「長生きできそうです。ありがとうございます。」と締めていた言葉に、何か、私にはひっかかるものがありました。
その後、訃報の知らせをFacebookで知り、このことをすぐに思い出してしまいました。
私には、言葉がありません。


亡くなられた翌日、大井ママさんの娘さんから、面識はなかったのですが、ご連絡をいただきました。
遺影に私が撮影した写真を使わせていただきたいというお願いでした。
もちろん、それはOKなのですが、どの写真かとお聞きしたら、私のブログにアップした千山閣のユニフォームを着て、はつらつとお仕事をされている大井ママさんのお写真でした。
生前、大量の写真を撮られていた大井ママさんなのに、私が撮った写真をご家族のみなさんが気に入ってくださったというのは、大変光栄なことだと思いました。

そのブログ記事は、2013年3月28日の記事でこちらです。
http://rico.n-da.jp/e434633.html

初めてみんなで焼肉『千山閣』へ行った時の記事でした。
この時も、Ricoママの天然っぷりに、大井ママさんが、大爆笑していました。
大井ママさんは、Ricoママの天然っぷりを「おもしろーい」と気に入ってくださり、このあとも、よくお食事にお誘いいただき、仲良くさせていただいておりました。


大井ママさんは、幼いころから壮絶な人生を歩み続け、片耳が聞こえず、顔半分の神経を医療ミスで切られてしまいました。
誰よりも、辛い経験を乗り越えた方だからこそ、誰に対しても、慈悲の心を持ち、あたたかく接してくださった菩薩様のような素晴らしい女性でした。

5月31日に鶴岡市山王町に焼肉『千山閣』2号店をオープンする予定でした。
大井ママさんが、それはそれは、2号店のオープンを楽しみにされていた矢先のことだったので、悔やまれます。
上の『千山閣』の文字は、その2号店の看板にするために、大井ママさんが書き上げた素晴らしい書です。
書に念が込められていますね!

焼肉『千山閣』2号店をオープンは、6月12日へと延期になりました。
大井ママさんとご主人の二人で始めた焼肉『千山閣』。
狂牛病問題など幾度となく、経営が大変な時期もあったそうですが、今では、「庄内で一番美味しい焼肉屋さん!」と認知される人気店となりました。
大井ママさんへの最大のご供養は、焼肉『千山閣』1号店&2号店の商売繁盛だと思います。
新店舗がオープンしたら、大井ママさんを偲びながら、美味しい焼肉をいただきたいと思います。

大井ママさん、どうぞ安らかに。
心よりご冥福をお祈り申し上げます。


<今日の俳句>
時空越え 魂宿る いつの世も


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加  


Posted by Rico at 23:39Comments(0)TRIPNEWS

2015年05月23日

R 鳥海山の甌穴(ポットホール)『船石』が、『酒田市立 光丘文庫』前にあります。



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2015年5月22日(金)15:30
『酒田市立 光丘文庫』に勤務されている杉原丈夫先生のところへお伺いさせていただきました。
厚かましくも、「久松のルーツ」について、お調べいただいておりました。

光丘文庫は、見れば見るほど、鳥居のような寺院のような摩訶不思議なデザインの魅力的な建築物だと思います。
耐震構造も素晴らしく、大きな地震があっても、ビクともしなかったそうです。
本間家三代目の当主/光丘の遺志を継ぎ、八代目当主/光弥が、巨額を投じて建設に当たったのがよくわかります。





光丘文庫の入口の前に、こちらの鳥海山産『船石』というのがあります。
杉原先生から解説していただいたのですが、この岩は、鳥海山にあったもので、自然の滝が長い年月をかけて岩に当たり、そこに礫が入り、渦流によってその石が回転し丸みを帯びた円形の穴に拡大したものなのだそうです。これを甌穴(おうけつ)、又は、ポットホールと呼ぶそうです。
人工的に岩をくり抜いたものではなく、これは、自然が造り出した造形美です。自然の力って凄いですね!
そして、鳥海山にあったこの岩をそっくりそのまま光丘文庫前に運んできたということに更にびっくりしました!
どれくらいの人手で、どれくらいの時間をかけて、どのように運び込まれたのでしょうか???
本間家八代目当主が、どれだけの思いを込めてこの光丘文庫の建設にあたったのかという思いの強さを感じます。
さすが本間様!の財力の凄さを感じますね。





『方寸』第14号/酒田古文書同好会篇
こちらを1冊購入させていただきました。

この題字は、杉原先生の姉上/佐々木信風様(日展書家)の書ということでした。
素敵ですよね!

表紙写真は、酒田市大宮白鳥神社の絵馬ということでした。
酒田に白鳥神社という神社があるということを初めて知りました。

この本を開いてみると庄内のことを研究されていらっしゃる方々がそれぞれに調べられたことを寄稿されていて、そのマニアックぶりに驚きました!
私は、『酒田古文書同好会』という存在も知りませんでしたし、書かれてある内容も知らなかったことだらけです!
私自身の教養のなさを恥じるばかりです。

この『方寸』や『ジュニア版 酒田の歴史』を拝見したら、杉原丈夫先生は、「ものすごい先生だったんだ!」ということがわかりました。
知らないというは、恐ろしいというか、知らないからこそ大胆なことができるというもので、「久松のルーツについて、調べて欲しい」と気軽にお願いしてしまったことを恐縮に感じてしまいました。
いつの間にか、庄内の歴史の大先生との出会いをいただいていたとは、人生とは不思議なものですね〜!


<今日の俳句>
甌穴の 自然美優雅 文庫前


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
  


Posted by Rico at 23:22Comments(0)TRIP

2015年05月19日

R 酒田まつり(山王例大祭)『宵まつり』2015



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2015年5月19日(火)
酒田まつり(山王例大祭)『宵まつり』へ、主人と二人で行ってきました!
日和山公園には、た〜くさんの人・人・人でした!
公園にこんなに人が集まっているのは、これまでで一番のような気がします。

秋田の竿燈を生で見てみたいという人が多かったようです。
立て山鉾と竿燈のコラボレーションは、遠くからでも圧巻で素敵でした♪
八波会の御神輿も写真に写っていますがわかりますか?





立て山鉾を見て、「家がある!」と言っていた人がいました。
これは、家ではなく、日枝神社なんですよ!
酒田まつり(山王例大祭)は、上・下の日枝神社のお祭りです。





というわけで、下日枝神社へ参拝させていただきました。
はい。こちらの『山王鳥居』の御神額は、西郷隆盛先生が揮毫されたものです。





ライトアップされた『随神門』は、日中見る印象と全く違っていました。
『随神門』の中で手を叩くと、竜が鳴いているような音の共鳴が楽しめました。





『随神門』の前に、解説の看板が設置されていました。
わかりやすく書かれていて、これはよかったです。
若い女性が、「あれ?西郷さん??」と言ってしっかりと読まれていました。





参道には、たくさんの灯篭が並んでいてとても綺麗でした。
雨が降らなくて本当によかったと思います。





こちらが、下日枝神社です。
参拝に訪れる方がたくさんいました。

不思議に思ったのが、
賽銭箱の上に鈴がないのはなぜ?
お祭りの日なのに、正面のガラスの扉が閉ざされたままなのはなぜ?
ということでした。
理由をご存知の方は、いらっしゃいませんか?

御朱印をいただきたいと思ったのですが、残念ながら、宮司様が不在ということでいただくことができませんでした。

暗くて写真が撮れませんでしたが、「神明さん」にも、久しぶりに参拝をさせていただきましたよ!





酒田まつりといえば、屋台です!




一際混んでいた『やきとりや』さん。
煙モウモウとしていて、この美味しそうな『やき鳥』の文字が魅力だと感じました。
屋台のデザインも大事なことだと思いました。





優しそうなお母さんが焼いていた中国のおやき『シャーピン』400円を主人が買いました。
熱々で美味しかったですよ!





買い食い大好きな主人は、こちらの牛串も食べていました。
明日が、酒田まつりの本祭りですが、残念ながら、酒田不在のため、見に行く事ができません。
お天気もよさそうなので、きっと賑やかなお祭りになることでしょう。
きっと神様が喜んでくださることでしょう!!



<今日の俳句>
立て山鉾 竿燈コラボ 沸くまつり


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

  


Posted by Rico at 23:57Comments(2)TRIP

2015年04月18日

R『總光寺/蓬莱園で花見』『松山城大手門で武者体験』『佐々木蔵治とうふ店』『草木舎』



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2015年4月18日(土)
總光寺書道教室へ久しぶりに参加させていただきました。
ちょうど満開の桜と重なり、ラッキーでした!
名物きのこ杉と桜のショットが撮れました(*^^*)





国指定名勝庭園『蓬莱園』の桜も満開でした!




水が流れる音を聞き、春を感じながらの書道教室となりました。
墨を擦っていると、穏やかな気持ちになりました。
こんなに素晴らしい環境の中で筆をとらせていただけることに感謝です。





今日は、新しい方が3名も増え、総勢16名となり活気がありました。
鶴岡からは、3名の方がご参加されていました。

昨年は、先生、總光寺の住職様、奥様、娘さん、そして私の5人で、この桜を愛でながら手習いをさせていただいたことを思い出しました。
總光寺の奥様が、ブログやFacebookで書道教室のことを発信したおかげで、こんなに賑やかな教室になったことをとても嬉しく思います。
1回ワンコイン500円で、第1・3土曜日に、どなたでも予約なしで参加できる書道教室です。





書道教室が終わってから、『仕出し網野』さんのお弁当700円(税別)をとって、みんなでお花見をしました。
天気がよければ、外で花見ができたのかもしれませんが、今日は、冷たい風が吹く日だったので、總光寺さんの中で、お弁当開きをさせていただきました。





窓から、満開の桜がちょうど見えたので、最高のお花見となりました。
住職のみなさま方と和気あいあいとした雰囲気で、手作りの美味しいお弁当をほおばりました。
とってもよいひとときとなりました。





食後に解散してから、Ricoママと私は、『松山城大手門』の桜を見るために足を運びました。





すると、酒田市の職員の方が、「この大手門の二階を見学できますので、どうぞ。」と案内をしてくれました。
初めて大手門の中に入らせていただきました。





二階は畳敷きになっていて、立派な甲冑がありました。
「どうぞ、無料ですので、着てみませんか?」と声を掛けられたので、初めて、武者姿を体験させていただくことにしました。
それにしても、この全パーツを装着しなければならないということに驚いてしまいました。
ちゃんと着付けをしてくださる方々がいて、私は着せ替え人形状態でした(笑)





私の横で、大人と子どもの武者が記念写真を撮っていました。
おお〜!カッコいいなぁ〜!





じゃ〜ん!
ブログ魂で、武者姿初披露!(笑)
(カメラマン/Ricoママ)
この甲冑のモデルは誰なのかはわかりませんでした(わかる方がいたら教えて下さい)が、【赤備え】を着せてもらえて嬉しかったです♪
武田軍、真田幸村、徳川四天王筆頭に数えられる猛将・井伊直政、などなど・・・【赤備え】は、強いイメージがありますよね。
この甲冑は、強化プラスチックでできているため、当時に比べたら、かなり軽量化されていると言われましたが、私には、重くて動き回るのが大変でした。
「よくこの格好で、戦えたものだ!」と不思議なくらいでした。
戦国武将に生まれなくてよかったと心の底から思いました。
一度、この武者体験をすると、大河ドラマなどのイメージが変わりますね!
演じている役者さんはもちろんですが、武者姿のエキストラのみなさんも凄いと思います。
刀を抜いてみたかったのですが、私の腕の長さでは、長過ぎて抜けませんでした!(苦笑)
草履も、初めて履かせていただきました!(くつ下で、サイズも合わず無理やりでしたが)

なんとも、格好悪いざまですが、『松山城大手門』と満開の桜をバックに記念撮影できたことは、生涯の想い出になると思います。
明日4/19も、無料で武者体験ができるそうですので、興味のある方はぜひ!
抹茶のふるまいもありましたよ!





そして、5月1日には、ここで『松山まつり』が開催されます!
私は、一度も見たことがないのですが、砲術演武もあるようですね!




メインは、約120名による『武者行列』!
「体験武者」大募集!ということで、ポスターが貼られていましたが、申込締切りが4月6日だったので、すでに定員10名の方は決まったことでしょう。
約2時間、武者姿で歩くのだそうです。私には、絶対に無理です!!
雨の場合は、体育館で行われるそうです。




大手門の近くにある『佐々木蔵治とうふ店』へ初めてお邪魔しました!
昨年末、漏電のため、二階から出火しましたが、お店の方は、無事だったようで、営業再開しました。
営業再開してもらえて、嬉しいです!




ここのお豆腐や油揚げは、絶品です!
熱々、揚げたての厚揚げを購入しました!





うわぁ〜、ものすごい量のお豆腐ですね!
蔵治さんのお豆腐は、松山のソウルフードなんですって!





それから、自家焙煎珈琲店『草木舎(そうもくしゃ)』さんにも初めて寄って、コーヒー豆を購入しました。
店内には、コーヒーの香りが充満していました。
今度、店内でコーヒーをいただいてみたいです。

松山には、魅力的なスポットがたくさんあるんですね!
今日は、すっかり松山(山形県旧松山町)を楽しませていただきました。
いい1日でした♡



<今日の俳句>
松山藩 武者と桜 初体験


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



  


Posted by Rico at 23:42Comments(2)SHOTRIP

2015年04月14日

R 『鳥海山』×『mont-bell(モンベル)』オリジナルTシャツ4/25より発売開始♪



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

『とがしスポーツ モンベルルーム酒田店』の代表/佐藤香奈子氏プロデュースにより、
『鳥海山』×『mont-bell(モンベル)』オリジナルTシャツ
作ることになりました。

ある日突然、「斎染さんの『楽譜柄手ぬぐい』って、久松さんがデザインをしたんですか?」と、香奈子さんからお電話をいただきました。
元々知り合いではあったのですが、私が、筆でデザインすることはご存知なかったそうです。『楽譜柄手ぬぐい』を見て私のデザインと知り、「筆で『鳥海山』を描けませんか?」というご相談をいただきました。

ご相談をいただいて嬉しかった反面、プレッシャーを感じながらも、こんな感じに『鳥海山』のイラストと筆文字を描かせていただきました。
香奈子さんからは気に入っていただいたのですが、一番心配だったのが、モンベル側の審査でした!
おかげさまで、無事にモンベルさんからも、Tシャツの製作許可をいただくことができました♪
デザインを採用していただいて、とても嬉しいです♡





そして、こちらも、『鳥海山』のイラストです!
これは、秋田県象潟から見た『鳥海山』の姿です!
山形県側のみなさまには馴染みがない『鳥海山』の姿に、「???」という感じだと思いますが、秋田県側のみなさまにとっては、これが本当の『鳥海山』の姿なのです。

香奈子さん曰く、秋田県民と山形県民で『鳥海山』の姿の話しをはじめると、どちらも譲れない!ということになってしまうのだそうです。
私も、いつも見ている『鳥海山』の形が、私の『鳥海山』なので、それを思うと、秋田県のみなさまの気持ちもわからなくはありません。

「秋田県側から見た『鳥海山』のTシャツも作ってあげたい!みんなで仲良く『鳥海山』を語り合ってほしい」というのが、香奈子さんの願いでした。
そういう視点は、とてもいいなぁ〜と共感しました。





Tシャツの背面には、さりげなく「mont-bell」のロゴが入るそうで、かっこいいですね〜♪icon12

Tシャツの色は、白、ブルー、グレーなどにプリントするそうです。
「とがしスポーツ モンベルルーム酒田店」にて、4/25〜発売開始ということで、Printing Now!
価格は、1枚2,400円(税別)。

「この鳥海山Tシャツ、いいよね〜♪」って、デザインした本人が言ってはいけないかな(^^;
アウトドアはもちろんだけれど、タウン着としても、粋な感じがしますよね!
ファッションとして楽しんで、『鳥海山』を楽しんでいただき、「『鳥海山』っていい山だよの!」と思っていただけたら幸いです。
県外へ旅行へ行く時やおみやげにもよさそうですね♡
今は、県外にお住まいの方にも、ふるさとの山『鳥海山』をファッションで親しんでいただけたらと願います。

ふるさとの山『鳥海山』を描かせていただけたことに心から感謝致します♡
佐藤香奈子さん、この度は、ご指名をいただきまして、誠にありがとうございましたm(_ _)m
Tシャツの完成を楽しみにしています♪

きっかけを作っていただいた斎染さんにも、感謝を申し上げますm(_ _)m





『とがしスポーツ モンベルルーム酒田店』さんは、4/25(土)〜5/5(火)まで、『オープン1周年 アウトレットセール』を開催されます。
この機会に、足を運んでみてはいかがでしょうか?



<今日の俳句>
モンベルと 鳥海山の コラボよし


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

  


Posted by Rico at 23:38Comments(2)DESIGN/ARTTRIPNEWS