2017年03月18日

R 今年初、残雪の松山!『總光寺/書道教室』&『自家焙煎珈琲店/草木舎』



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2017年3月18日(土)10:00〜
總光寺さんの今年度の『書道教室』が、スタートしました!
今年初めて、酒田市旧松山町へ行ったのですが、残雪がたくさんあって驚きました!!!

今日は、Ricoママと一緒に参加させていただきました。




久しぶりの『書道教室』ということで、書道道具に入っていた固形墨を並べてみました。
書くものに合わせて墨を選ぶわけですが、自然と好きな墨の減り方は激しくなるので、家に買い置きもしてあります。

やっぱり私は、中国の墨よりも、日本の墨の方が好きというか、しっくりきます。
今日は、あまり使っていない墨を使って書いてみたのですが・・・
テンションが上がりませんでしたね〜(^^;
墨との相性というのが、あるように感じます。




11:00になると、お茶の時間になります。
今日は、松山の菓子店『酒田屋』さんの『利久まんじゅう』&『味噌まんじゅう』でした♡

おやつ付きで、書道教室の参加費は、1回500円。
入会金、年会費、月謝など一切不要という手軽さがありがたいです。


Ricoママの同級生の方々も参加されて、久しぶりに再会することができて嬉しかったです!
同級生チームのみなさんは、『書道教室』が終わってから、みんなでランチへ行くことを楽しみにされています。
楽しく長く続けられれば、それが一番良いことだと思います。
書道教室が終わってから、Ricoママは、同級生チームのみなさんへ預けて、私は、帰りはフリーとなります。





というわけで、私は、總光寺さんからすぐ近くにある『自家焙煎珈琲店/草木舎』さんで、ホッと一息〜♪




3月限定コーヒー『マンデリン クイーンスマトラ』をオーダーしました。




自家製『チョコレートシフォンケーキ』が、250円だったので、一緒にいただきました。
11:00におまんじゅうをいただいたことは、内緒です!(笑)

『マンデリン クイーンスマトラ』は、とてもフルーティーなフレーバーを放ち、春らしい味わいのコーヒーでした。
コーヒーも、いろんなバリエーションがあって、楽しいものですね!

店主から、マンデリン族のお話しを聞きながら、ありがたい一杯をいただきました。
コーヒー豆を生産してくださる方がいるおかげで、こうして、いろんなコーヒーを楽しませていただけるのですね〜♪
やっぱり、珈琲専門店でいただくよさってありますよね!
ごちそうさまでした♡


<今日の俳句>
松山や フレーバーコーヒー 春の味


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

















  


Posted by Rico at 23:50Comments(0)FOODSHO酒田市松山地区

2016年11月07日

R 日本人でよかった〜!紅葉の『洞瀧山 總光寺』に感動の巻♡



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2016年11月6日(日)
『洞瀧山 總光寺』さんにお邪魔させていただいたところ、国指定名勝庭園『蓬莱園』の紅葉があまりにも美しくて感動しました!
私は、あいにくカメラを持参していなかったので、iPhone7 Plusのデュアルレンズカメラで撮影してみました。
まだ、よく使い方がわからず、自宅に帰って、パソコンへ繋いでみたら、この写真は、LIVE撮影設定になっていました。つまり、これは、動画の一部の画像です(苦笑)
LIVE撮影設定を解除すれば、もっと綺麗に撮影できたのかしら??いろいろな機能があって、よくわかりません!




iPhoneカメラ撮影時に映像を2本指で広げるピンチ(つまむ)操作をするだけで、ズームできることを初めて教えていただきました!
今まで、iPhoneカメラを使っていなかったので、ズームできることを知りませんでした(笑)

こちらは、庭園の紅葉をズーム撮影したものです。
やはりズームにした途端に、画像が荒れ始めますね〜!
こればかりは、仕方がありません。

でも、この小さいレンズでここまで綺麗に撮影ができるということに驚きました!
私のように、うっかりカメラを携帯し忘れたというときには、本当にありがたいです。
一眼レフのクオリティにはかないませんが、シャッターチャンスを逃さないということは、もっと大事なことだと思いますので、いつも携帯しているiPhoneでこれだけ撮影できるということは嬉しいです♡





境内は、紅葉真っ盛りで、どこを切り取っても美しくて、癒されました。
お寺と紅葉は、良いものですね。





酒田市重要文化財『總光寺 山門』と銀杏の木です。
黄色い絨毯が、晩秋の境内に彩りを添えていました。





總光寺さんのシンボル/山形県指定天然記念物『きのこ杉』は、一年中緑色をしています。
紅葉の景色とのコントラストが美しくただただ感動でした!

今年の秋は、紅葉狩りへのお誘いをいただいていたのですが、私が忙しすぎて、一緒にお出かけすることができませんでした。
そのストレスが溜まっていたのですが、總光寺さんのおかげで、十分に紅葉を楽しませていただくことができました。
やっぱり、日本人として、秋は、紅葉を楽しまなくっちゃ!と思いました。
気持ちが落ち着きますね。

ちょうど、酒田市内から初めて總光寺さんを訪れた方がいて、「酒田にこんなに素晴らしいお寺があったことを知らなかったよ!」と感激していらっしゃいました!
もう少しの間、總光寺さんの紅葉が楽しめますので、ぜひ、多くの方々に足をお運びいただきたいと思います。



<今日の俳句>
總光寺 紅葉嬉しや 風に揺れ


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
  


Posted by Rico at 23:34Comments(0)寺院酒田市松山地区

2016年09月17日

R 庄内平野2016秋〜總光寺「国指定名勝庭園と庫裏」「曼珠沙華」「県指定天然記念物きのこ杉」



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2016年9月17日(土)10:00
總光寺さんの『書道教室』へ参加させていただく前に、總光寺さんの『奥の院/峰の薬師堂』へ行って、黄金色の庄内平野を拝んで参りました。
ここからの眺めは、何度見ても、感動しますね♡
庄内平野を一望できる大パノラマです!
カメラには収まりません!

今年も、稲がすくすくと育ち、「実るほど、こうべを垂れる稲穂かな」状態になりました。
稲刈りがもう直ぐ始まりますね。
台風の影響がなく、無事に収穫できることを祈っています。




總光寺さんの書道教室では、国指定名勝庭園『蓬莱園』を眺めながらの手習いとなります。
庭園の滝の音を聞きながら心地よく筆を運び、とても贅沢な時間に癒されました。

『書道教室』は、1回ワンコイン500円というありがたさ!入会金・年会費も不要です!
参加したい時に、ふらっと参加すればOK!
しかも、お茶とお菓子付きなんですよ!
今日も、みなさんとお茶をいただきながら、いろんなお話しをしました。
小学校4年生の男の子のしっかりとしたお話しが素晴らしくて、大人が感心しきりでした!(笑)




『書道教室』が終わってから、彼岸花こと、『曼珠沙華』を見つけたので、パチリ!
ちゃんとお彼岸になると咲き始めるなんて、すごいお花だなぁ〜と思います。

私が、『曼珠沙華』を撮影していたら、岐阜ナンバーの車がすごい勢いでやってきて、観光資料を指差しながら、「すみません、この『大手門』ってどこですか?」と聞かれました。
「通り過ぎましたね。ここを戻って、右側にありますよ」とお伝えしたら、すごい勢いで、ビューっと飛んで行きました。
「え〜!この總光寺さんを見ないで帰っちゃうの!?」と思いましたが、その方が手にしていた観光資料には總光寺さんが載っていなかったようで、大変残念でした。こんなに見応えがあるお寺なのに、もったいないですよね〜!




田んぼ側から見た『山形県天然記念物/きのこ杉』のぽこぽこした姿が愛らしくて、思わずパチリ!
春夏秋冬、様々な風景が楽しめる總光寺さんは、素晴らしいお寺だと改めて思いました。合掌


<今日の俳句>
庄内平野 色づく 秋の風


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加  


Posted by Rico at 23:58Comments(0)寺院酒田市松山地区

2016年09月07日

R ギタリスト土門秀明氏と和牛料理『はんだ』ランチ♪&『總光寺/荘内忠魂堂』



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2016年9月7日(水)
酒田出身のギタリスト/土門秀明氏が帰省されたので、和牛料理『はんだ』ランチへお誘いしました。
土門氏にどうしてもお肉を食べていただきたかったのです。
というのも、数日前、土門氏が貧血で横になっている画像をSNSにアップされていたので、すごく心配になりました。
私の知り合いが、この夏、重度の貧血で、入院されました。
その際に、採血して調べてもらったところ、医師より「お肉を全く食べていませんね!ちゃんとお肉を食べてください」と言われたのだそうです。
お魚は食べていたのですが、お肉は1年近く食べていなかったのだそうです。
「お肉を長期間食べないと貧血になる」ということを初めて知りました。
その話しを土門さんにしたところ、土門さんが大変驚かれていました!
土門さんは、3ケ月前から、菜食主義(ベジタリアン)の食事をして、お肉は一切食べていなかったのだそうです。
でも、貧血になってから、無性にお肉が食べたくなり、この3日間は、お肉を食べていたということでした。

今日の『はんだ』の牛肉の細切りソテーを「美味しい!美味しい!」と頬張る土門氏を見て、ホッとしました。
「これからは、お肉もちゃんと食べるよ!」と言っていただけたので嬉しかったです。

現在、偏った食生活で、栄養失調になる方がとても多いのだそうです。
この飽食の時代に、栄養失調が増えているって、ショックなことですよね〜!

私は、糖質制限(炭水化物)ダイエットを続けていますが、やはりこうして友達とお食事へ出かけた時などは、一緒にごはんを美味しくいただいています。
だから、なかなか体重が落ちないのかもしれませんが、それよりも、健康が第一ですよね!
ダイエットのためにお肉を一切食べず、野菜だけというのは、健康を害する恐れがあるということをお伝えしたいです。





食後は、今年の春に土門さんのギターライブでお世話になった總光寺さんへお邪魔させていただきました。
ギターライブの時は、桜が満開だった庭園ですが、今は、緑一色で、癒されました。





そして、住職様より、『荘内忠魂堂』の中へご案内いただきました。





土門氏に作っていただいた總光寺のオリジナルソング『慕古(もこ)』を演奏していただきました。
お寺の雰囲気に、土門さんのギターの音色はぴったりマッチするんですよね〜♪
土門氏には、帰省中に滋養のあるものをたくさん食べて、元気になっていただきたいと願っています。
貧血では、いい演奏ができるはずがありませんもの!
心技体だと思います。

そして、こちらの『荘内忠魂堂』の秘仏は、平成30年にご開帳されるということでした。
『荘内忠魂堂』の中へはなかなか入れる機会がないので、ご開帳の時を楽しみにしていてくださいね。



<今日の俳句>
貧血や 食生活 要なり


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

  


Posted by Rico at 23:25Comments(0)FOOD寺院酒田市松山地区

2016年09月03日

R 總光寺『書道教室』再開!『日新公いろは歌』の続きを書くの巻♪



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2016年9月3日(土)10:00〜
總光寺さんの『書道教室』は、お盆の8月は休講していました。
9月より、再スタートということで、久しぶりに参加させていただきました。

境内には、毬栗がたくさん落ちていました。
日中は、まだまだ暑いですが、しっかり秋へと季節が移っていることを感じます。





總光寺さんといえば、山形県指定天然記念物『きのこ杉』がシンボルです。
本当に可愛らしいきのこの形をした杉ですよね!





『きのこ杉』は、それぞれ個性的な形をしているところも魅力の一つです。
いろんな『きのこ杉』があるので、何度見ても飽きませんね!





『書道教室』の先生は、『法秀寺』の五十嵐俊道住職です。
今日は、こちらの達磨さんの『無一物中無尽蔵』の書を五十嵐住職より頂戴いたしました。
『無一物中無尽蔵』の意味が、わかるようでわからなくて、理解できるようになるまで時間がかかりそうです。
こういうのをサラサラっと描けるようになりたいものです!


この『書道教室』では、各自、自分の書きたいものを自由に練習することができるのが嬉しいです♪

私は、『日新公いろは歌』を書にして欲しいというリクエストをRicoママからもらっていたのですが、昨年からピタリと手が止まっていました!
うっかりすると、今年は、一つも書かないで終わりそうな感じがしたので、焦りを感じて、久しぶりに続きを書かせていただきました。





『日新公いろは歌』は、天文14年(1545年)に伊作の領主、島津日斎忠良が作った教えで、神道、儒教、仏教の三つの教えをもとに、人として生きる道、特に武士として守らなければならない道を説いたものです。

『る』流通すと貴人や君か物かたり
 はしめてきける顔もちよそき


<訳>たとえ、自分の知っている話を目上の人がしても、初めて聞いたような顔をすることがその人に対する礼儀である。






『を』小車のわか悪業にひかれてや
 つとむるミちをうしと見るらん


<訳>人はつい、己の怠け心にずるずると引っ張られがちで、やがては自分のつとめる仕事もつらくなり、悪い癖となって下落してゆく。



<今日の俳句>
日新公 いろは歌まだ ちりぬるを


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

  


Posted by Rico at 23:51Comments(0)SHO寺院酒田市松山地区

2016年08月21日

R 總光寺『平成28年 森の山供養祭』へ参加させていただきました♪



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2016年8月21日(日)
『未来に伝えたい山形の宝(松山の宝)』に認定された總光寺『平成28年 森の山供養祭』へ友達と一緒に参加させていただきました。

深山幽谷の森の山は、夏の信仰のパワースポットとなっています。





こちらが、階段を上ったところにある受付です。





受付で、先祖供養や戒名供養などのご塔婆を書いていただきます。
私は、事前に申し込みを済ませていたので、すぐにご塔婆を受け取ることができました。





受付から、坂を上り、さらに階段を上ったところにある『歯骨供養塔』です。

私の母方の祖父の歯骨もこちらへ納めさせていただいております。
總光寺様にご縁させていただくまで、そのことを母も私も知りませんでした。





『森の山道場』にて、總光寺の原 崇弘 住職によるご法話が始まりました。
この法話を毎回楽しみに訪れる方もいらっしゃいます。

午前中に3回、法話とご供養があるのですが、私は、1回目に参加させていただきました。





7名の僧侶による餓鬼供養が始まりました。

私は、先祖供養をさせていただきました。

そして、友達のご主人が1年前にお亡くなりになられたので、私も一緒にご供養をさせていただきました。
今年は、二人で参列させていただけたことをありがたいと思いました。





森の山供養祭の時にしか発行しない特別な御朱印に人気が集まりました。
この御朱印をいただきたいということで、森の山へ足を運ばれた方々もいらっしゃいました。





そして、夕方から、佐々木聖紀氏に撮影していただいた總光寺の星空ポスター2点を掲示する作業を手伝いました。
この掲示板は、ベニア板が剥き出しだったので、佐々木さんと私の父から手伝ってもらい、黒いクロスを三人で貼りました。
悪戦苦闘の末、なんとかポスターを貼り終わり、最後にみんなでポスターを鑑賞しているところをパチリ。

二日間の森の山供養祭が無事に終わり、ホッとしたところにこのポスターが掲示され、みんなで癒されたひとときでした。
本当に素晴らしいポスターです!
ぜひ、みなさまも、總光寺さんでお楽しみくださいませ。



<今日の俳句>
森の山 友とご供養 行く夏に


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加





  


Posted by Rico at 23:48Comments(0)寺院酒田市松山地区

2016年08月15日

R 終戦の日『乗慶寺(庄内町)/佐藤幸徳中将の碑』『總光寺(酒田市)/荘内忠魂堂・忠魂碑』



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2016年8月15日(月)『終戦の日』
庄内町の曹洞宗『乗慶寺(じょうけいじ)』さんへお邪魔させていただく機会をいただきました。




インパール作戦にて、撤退の英断で、多くの兵士の命を救った地元の英雄『佐藤幸徳中将 追慕の碑』があります。
偶然にも、今日は、『終戦の日』ということで、考えさせられるものがありました。




『佐藤幸徳将軍追慕之碑』
つわものの生命(いのち)救いし 決断に
君は問われし 抗命の責め


インパール作戦のインド国コヒマ攻略戦において
将軍の撤退決断により生かされた
我らここに感謝の誠を捧げる

昭和六十年九月十六日

第三十一師団生存将兵有志建之





乗慶寺さんの鐘楼の豪華さには、驚きました!
乗慶寺の阿部副住職様は、曹洞宗山形県第三宗務所ボランティア協議会『友引会』の代表を務められていらっしゃり、来月、石巻の『法山寺幼稚園』様へ人形劇で訪問をされるということで、私たち『ルリアール』にも、お声掛けをいただきました。
昨年に引き続き、今年も、ありがたくご一緒させていただきたいと思っております。

このご縁を結んでくださったのは、『總光寺』の原住職様です。
ということで、この後、『總光寺』様へお伺いさせていただきました。




酒田市(旧松山町)/酒田市重要文化財『總光寺 山門』です。




こちらは、『總光寺 山門』の左側にある『荘内忠魂堂』です。
第二次世界大戦の戦没者供養のために建てられた建物です。





『終戦の日』ということで、『忠魂碑』に、手を合わさせていただきました。
合掌




国指定名勝庭園『蓬莱園』は、久しぶりの恵みの雨という感じでした。
雨のしっぽりとした庭園に癒されました。




昨年秋に、佐々木聖紀氏から撮影していただいた『總光寺×星空』の写真をB1ポスターにさせていただきました。
左【国指定名勝庭園『蓬莱園』と天の川】
右【峰の薬師堂(奥の院)と天の川】

このポスターは、掲示板に貼る予定で、拝観に訪れた方々に、楽しんでいただけたら嬉しいです♪
『總光寺』さんは、別名『星の寺』。(總光寺/峰の薬師堂のすぐ近くに、眺海の森天体観測館があります)
B1(728×1030mm)ポスターは迫力がありますよ!
それにしても、星の数って、すごいものですね!
引き込まれる感じがします。
素晴らしい写真を撮っていただけたことに感謝いたします。





今日は、總光寺にいきなり『害虫バスター』が登場して、びっくりしました!(笑)
胸には、ハエのイラストNGマーク!
ハエタタキのタテ二段重ねとフェイスフルマスクのアイディアに脱帽!
恐るべし幼稚園児!!
毎回、Jrには驚かされっぱなしです!(笑)
どんな大人になるのか、今から楽しみです♡





それから、本日2016年8月15日付『山形新聞5面』に、どど〜んと山形県指定天然記念物『總光寺参道のキノコスギ』が紹介されていました!
新聞を見て、参拝に訪れた方や問い合わせがあったということでした。
『總光寺』さんを知るきっかけになっていただけたら嬉しいですね。





今週末から、いよいよ『總光寺/森の山供養祭』が開催されます!
会場は、森の山道場で行われます。
今年は、友達も一緒に参加したいということで嬉しいです。
お天気も心配がないようなので、よかったです。
当日、会場で受付可能です。宗派問わず参加が可能です。
森の山だけの御朱印もありますので、御朱印帳をお持ちの方は、ぜひご持参くださいませ。


<今日の俳句>
佐藤幸徳 終戦の日 英雄碑 


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加


  


Posted by Rico at 23:01Comments(0)寺院酒田市松山地区

2016年08月07日

R 猛暑日!『江戸時代に使われた總光寺住職の籠』と『荘内忠魂堂』の撮影立会いの巻♪



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2016年8月7日(日)8:00〜
總光寺様で、『江戸時代に使われた住職専用の籠』が、約30年ぶり?にご開帳となりました。
總光寺の当時の住職様は、この籠に乗って、荘内松山藩/松山城のお殿様に謁見されたということです。
当時の總光寺の住職様は、お殿様待遇されるほど権力者であったと伝えられています。
籠が現存しているというお寺は、他にもあるのでしょうか?
これぞ、『松山の宝』だと思うのですが???
文化財レベルで保護できないものなのでしょうか?

籠は、本漆仕上げで、内装も豪華でビックリしました!
スラドドアの開閉もスムーズで、職人の技が感じられました。

おそらく、大人4人くらいで担いだのでは?という感じでした。
現在の總光寺住職様は身長が高いため、この籠に乗るのは、窮屈な感じがしました。
お盆期間は、この籠を展示されているそうですので、ぜひ、見に行ってみてください。





こちらは、總光寺様の『荘内忠魂堂』です。
第二次世界大戦でお亡くなりになられた方々をご供養するために建てられた建物で、現在のご住職の曾祖父にあたる住職様が、荘内中から寄付を集めて建立されたのだそうです。
大変立派な建物で、今日は、撮影のために初めて中に入らせていただきました。





こちらは、忠魂碑です。
ここで、たくさんの戦没者のご供養をされていることを初めて知りました。
もうすぐ、終戦の日がやってきます。
平和の尊さをしみじみ感じます。





扁額の揮毫は不明でしたが、立派なものでした。





狛犬と象の珍しいコラボレーションにビックリしました!





總光寺様では、申し込みがあれば、坐禅会をここで開催してくださるそうです。
外国人の坐禅体験会も受け付けていました。
住職の奥様チョコチョコさんは、英会話が堪能なので、外国人向けの観光名所として、總光寺さんをおすすめいたします。





本日の私は、クリエーティブディレクターという立場で、カメラマンさんの撮影に立ち会わせていただきました。
今日の酒田の最高気温は、37.2度まで上がった猛暑日でしたが、カメラマンさんは、『荘内忠魂堂』内部の撮影を頑張ってくださいました。

私の容赦ないダメ出しにも嫌な顔せずに撮影をしていただいて、本当にありがたかったです。
おかげさまで、納得のいく写真をたくさん撮っていただくことができました。

私は、カメラマンさんの撮影の邪魔をしないようにと、自分のデジ一眼レフカメラを久しぶりに持ち出して、『文殊菩薩』様を撮影させていただきました。
「智慧をつかさどる仏様」ということで、あやかりたいという気持ちでいっぱいでした!(笑)





とても良いお顔をされていらっしゃいました。
写真は肉眼を超える!という感じがしました。
仏像の写真を撮ると、思わず、巨匠/土門拳を思い出しますね!
久しぶりに、『土門拳記念館』へ行ってみたくなりました。

總光寺様での撮影は、これからもまだまだ続きます。
それだけ眠っているお宝がたくさんあるということです。
きちんとカラー画像データで記録をとり、管理をして、後生へお渡しできるような形にしていきたいと思います。



<今日の俳句>
セミの声 寺の撮影 鎮魂碑


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
  


Posted by Rico at 23:24Comments(0)CAMERA寺院酒田市松山地区

2016年07月24日

R 『總光寺』門柱を石柱で建立完成!『平成28年 森の山供養祭のご案内』



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2016年7月24日(日)
總光寺様の『總光寺』門柱がリニューアルしました!
以前は、トタンのような素材であったため、すぐにサビが目立つということで、看板屋さんとも相談させていただいた上で、石柱での建立をご提案させていただきました。

『總光寺』の書は、先代住職 全忠大和尚が書かれたものです。これまで通りに、この書を石柱に刻みたいというご希望でしたので、私が、書をトレースさせていただきました。
私も、大事な部分で関わらせていただいたということもあり、立派に完成した門柱を拝見して、嬉しさでいっぱいになりました。





石柱は、この先、何百年とここに鎮座するわけです。
後世へ残せるお仕事のお手伝いをさせていただいて、ありがとうございました。
私にとって、總光寺様が、ますます特別なお寺になったように感じています。





石柱の裏側には、建立された現在の住職様のお名前が刻まれています。

門柱リニューアルのご依頼をいただいてから、かなり時間がかかってしまいましたが、石柱にしてよかったと思います。
門柱は、お寺のお顔です!
現住職様の心意気が伝わってくるように感じます。





酒田市重要文化財『總光寺 山門』も、門柱が立派になったことで、ますます荘厳な感じが増したように感じました。
何度拝見しても、素晴らしい建築物ですね!
たくさんの方に観光で訪れていただきたいと願っています。





チョコチョコさんから、「これは、菩提樹の実で、これで、数珠を作るんですよ!」と教えていただきました!
へぇ〜!知らなかった〜!




この木の前を何度も通っていたのですが、これが菩提樹という木だったんですね!
そして、菩提樹の実は、なる年とならない年があるのだそうです。
春にお花が咲いたはずなのですが、全く気が付きませんでした。
まだまだ観察力が足りませんね〜!




そして、こちらは、總光寺の住職様が、境内で採れた梅で、初めて作った自家製の『梅干し』です!
今日、最後の天日干しで、完成したばかりなので、少し、味見をどうぞと頂戴いたしました。
住職自らが作られたありがたい『梅干し』をいただいてみると・・・しょっぱすっぱい、昔ながらの『梅干し』の味わいでした。
でも、とても肉厚で、綺麗に乾燥していて、お見事な出来栄えでした。
これから、汗ばむ季節の塩分補給に、お湯割りにしていただきたいと思います。
ありがとうございました。




久しぶりに、眺海の森の『峰の薬師公園』へ行ってみました。
雲の切れ間から夕日がちょっとだけ顔を出してくれました。
最上川に夕日が映り込む季節なんですね!




個性的な光景で、これもまたよし!
今日という日は、二度とありません。
夕日を見ると、1日のあっけさな、人生のあっけなさを感じますね。
私は、今、よりよき方々に恵まれて生かさせていただいていることに感謝したいと思います。
今日も、とても幸せな1日をありがとうございました。




今年も、『森の山供養祭』が開催されます。
宗派問わず、どなたでもご参加できます。
事前申込なしで、当日、直接会場へ向かっていただいて構いません。
見学でも、OKです。
森の山供養祭の御朱印もありますよ。


<今日の俳句>
後世へ 何残すかな 我が命


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加












  


Posted by Rico at 23:18Comments(2)寺院酒田市松山地区

2016年07月03日

R 酒田市美術館『主体美術展&中山みどりフェルトアート展』+總光寺『大般若祈祷会』



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪
美術の恩師から、7/3まで開催されている『主体美術展』のDMをいただいたので、本日ラストDAYということで、酒田市美術館へ駆け込みました!

まずは、先生にご挨拶をし、生存確認!(笑)
大病を何度も克服されて、現在も、創作活動に情熱を注がれるお姿は、年を重ねてますます強くなられているように感じました。

先生は、今年も、120号の大作2点を出展されていました。
無駄を削ぎ落とし、シンプルにメッセージを伝えるのが先生の持ち味です。
今年は、「スマホ」というタイトルで、子供3人が、スマホに夢中になっている作品でした!
先生から「スマホ」という作品が描かれるのは、意外で、面白い!と思いました。
おそらく、今の社会問題を切り取りられたのだと思います。
先生は、生涯を通して「いじめ」をテーマに描かれています。
「スマホ」を使っての「いじめ」の問題に着眼したのではないでしょうか?


主体美術の他の作家の皆様の作品も、独特の力強いメッセージを発信している大作ばかり、圧倒されました。
久しぶりに油絵の重厚な力強さと発色の美しさに、芸術の原点を感じさせられました。
良い刺激をいただきまして、ありがとうございました。





そして、酒田市美術館で、7/24まで開催中の『中山みどりフェルトアート展』の方も拝見させていただきました。
観察力の素晴らしさを感じました。
展示されている作品よりも、みどりさん自身で、ロケーション撮影された写真の方が、よりリアルに感じました。
やはり、背景やライティングで、その作品がより生き生きと演出されるのでしょうね。





午後からは、Ricoママと二人で、總光寺さんの『平成28年大般若祈祷会』に参加をさせていただきました。
雨に濡れる国指定名勝庭園『蓬莱園』の緑に癒されました。

庭園には、薄紫色の『ぎぼうし』と黄色い『金糸梅』、青い『あじさい』、白い『睡蓮』が咲いていました。
初夏の花々に囲まれ、水の流れる音を聞きながら、ここに佇むと、心が穏やかになりますね〜!





最初に、酒田市北俣『光傳寺』の庄司憲昭住職様による『ご法話』をいただきました。
「『光傳寺』の住職様の法話は素晴らしい!」という巷の評判を耳にしていたので、今日をとても楽しみにしていました。
終始落ち着いたテンポでお話しをなされ、言葉一つ一つを大切にお話しくださり、お見事でした!
私もこんな風に落ち着いて、わかりやすく思いを伝えることができるようになりたいものだと思いました。

『二つの月』や『相承(そうじょう)』のお話をいただきました。
『相承(そうじょう)』とは、「受け継ぎ、実践を通して、丁寧にお伝えしていくこと」という意味なのだそうです。
実際に、庄司住職様が実際に体験をされたお話しを通して、私たちにとても大切なことを教えてくださいました。
最後には、感動のあまり、思わず涙がこぼれました。
素晴らしいお話しを誠にありがとうございました。

テレビで、『ぶっちゃけ寺』という人気番組がありますが、このようにリアルにご法話を聞かせていただける機会があるというのは、本当にありがたいことだと思います。私は、總光寺さんの檀家ではありませんが、仏様の教えを聞きたいという方は、宗派問わず、お寺に足を運んで、お話しを聞いてみることをお勧めいたします。
多くの気づきのツボを刺激されますよ!





『平成28年 大般若祈祷会』の様子です。
14名の僧侶による『大般若経』600巻の『転読(てんどく)』(略して読む方法)が始まりました。
勢いよくバラバラとめくられる経典の風に当たると、一年間は無病息災になるといわれています。
三蔵法師様が、天竺から持ち帰えられた『大般若経』600巻を一気に読んでいただける誠にありがたい祈祷会です。
私は、昨年の古いお札を回収していただき、最後に、新しいお札を頂いて帰宅しました。
そのお札は、風通しの良いところに、一年間貼っておくとよいのだそうです。

この『大般若祈祷会』は、住職様のお父上の意志を継いで、平成26年から總光寺でスタートしました。
『大般若経』を持っているというお寺が、庄内には限られているのだそうです。
それだけ、ありがたい経典での祈祷会だということです。

今年で3年目でした。
私自身のことですが、この3年間は、『六星占術』によると『大殺界』なのだそうです。
總光寺様の『大般若祈祷会』で、毎年、お札を頂いているおかげでしょうか?
『大殺界』だぁ〜!困ったなぁ〜!どうしよう〜!
この3年間、そういう感覚がなく、半年を残して、『大殺界』を終えられそうな予感がします。
だから、占いというのは、確率の問題であり、やはりよきご縁に囲まれていると不安になることはないのだなぁ〜と私自身の体験を通して、人にお伝えできるように思います。
新しいお札を頂いたことで、明日からまた心機一転で、頑張らせていただきます。
メンタルチャージをさせていただきまして、本日は、誠にありがとうございました。


<今日の俳句>
大般若 お札授かり ありがたし 


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

  


2016年06月13日

R 酒田市重要文化財『總光寺 山門』楼上仏像撮影プロジェクト始動!



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2016年6月11日(土)のこと。
總光寺さんの山門の楼上に再び上がらせていただきました。

ありがたいことに、この仏像を安全に運び出して、楼上内で撮影できるように協力してくださる方が見つかりました!
この仏像19体を見た瞬間に、「こんなに素晴らしい仏像を作れる仏師は、東北にはいないと思います!」とその方の気持ちにスイッチが入ったのがわかりました!
總光寺寺史には、これらの仏像は、安置の年月日、作者、寄進の関係など、いずれも不詳であると書かれてあります。
となれば、調査するための資料作りが必要になるということで、写真撮影は必要なことになります。
山門は、酒田市重要文化財に指定されていますが、この仏像は、特に指定を受けていないということで、長い間、この楼上は開かずの扉となったままでした。
これから、この仏像にも光を当ててあげたいという気持ちになりました。





瞳には、水晶が使われ、とてもリアルです。今にも瞬きをしそうな精巧な造りとなっています。





住職様より、『楼上仏像撮影プロジェクト』にGOサインをいただき、いよいよ始動することになりました。
仏像を運ぶ方、カメラマン、そして、撮影助手&画像管理&編集の私の三人は、ライフワークとして、ご協力をさせていただきたいという気持ちでおります。
かなり時間がかかる作業になると思いますが、千里の道も一歩から!という気持ちで取り組ませていただきたいと思います。

この日撮影した釈迦如来様は、私の方を見て、にっこり笑ってくださっているように感じました。
お釈迦様が、ベストな人材を人選してくださったように思います。
とても気持ちの良い方々ばかりなので、楽しく撮影ができるような予感がします。





この山門の大扁額は、五代松山藩主 大学頭酒井忠禮公の揮毫です。
近くで見ると大迫力です!





釘を使わずに、複雑に組まれたこの様式美は、何度見ても圧倒されます。
この山門自体も、大事に保護していかなければならないものだと思います。





山門の楼上から見下ろした『きのこ杉』の参道は、とても美しいなぁ〜と見とれてしまいました。
田んぼも青々とした感じになってきましたね!



<今日の俳句>
楼上や 釈迦微笑む プロジェクト

↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

  


Posted by Rico at 23:40Comments(0)CAMERA寺院酒田市松山地区

2016年05月21日

R 酒田市重要文化財『總光寺 山門』の楼上にてカメラマンと打合せの巻



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪

2016年5月21日(土)
總光寺さんの書道教室の日でした。
今日は、書道教室へは参加せず、私は、カメラマンさんと一緒に、酒田市重要文化財『總光寺 山門』の楼上に、撮影のために、特別に許可をいただき、初めて入らせていただきました。

立派な釈迦如来様、迦葉尊者、阿難尊者の三尊と十六羅漢像がずらりと並んでいて、圧巻でした!
昔は、拝観できるようにされていたそうですが、心ない落書きなどがあったため、十数年もの間、閉ざされた世界となっていたそうです。

總光寺開山600年を記念して発行された『總光寺寺史』では、この仏像は、モノクロ写真での紹介だったので、現物は、こんなに美しい色をしていた仏像であったことに驚きました。そして、十六羅漢像は、一体を男性二人がかりでないと持てないスケールの大きさで、迫力がありました。





新緑の心地よい風に当たり、微笑んでいらっしゃるお釈迦様の穏やかな表情に癒されました。
東日本大震災の際に、一体も倒れることなくてよかったと思いました。
先月、熊本城が無惨な姿になったことを思うと、この仏像を今のうちに、きちんとカラー写真で記録に残しておくべきだと思いました。





今日は、久しぶりに、自分の一眼レフカメラとマクロレンズで、仏像を撮影させていただきました。
一緒に行ったカメラマンさんから、三脚の正しい使い方やカメラの操作などを丁寧に教えていただいたおかげで撮らせていただけた写真です。
やっぱりコンデジとは趣が違いますよね〜!

この仏像の口元が、犬?猫?みたいで面白いですよね!
何か意味があるのだと思います。
調べるためにも、こういった細部の資料が必要になってきます。






こちらも、これまた摩訶不思議な十六羅漢像でした!
自らのお腹をえぐったシュールな仏像で・・・





お腹の中から、お釈迦様がこんにちは〜!というインパクトありすぎな仏像ですよね!
一体ごとに個性が豊かなので、楼上にこもって、あっという間に2時間が過ぎました!

この先は、住職様とカメラマンさんと一緒に、撮影計画を立てて、時間をかけて撮影を進めていくことになりそうです。
とりあえず、今日は、その下見をさせていただいたわけですが、私の想像をはるかに超える見事な仏像に感動しました。





お釈迦様の目線の先には、このような光景が広がっていました。
山形県天然記念物『きのこ杉』の参道から、山門へやってくる人々を見下ろす位置に鎮座されていらっしゃいました。
これからは、ちゃんと一礼をして、山門をくぐろうという気持ちになりました。





山門から見下ろした『きのこ杉』も可愛らしいですよね!





扁額も、間近で見ると、その迫力に圧倒されますね!





はい。こちらが、酒田市重要文化財『總光寺 山門』正面の写真です。
外からは、楼上の中のお釈迦様の姿は暗くて見えませんでしたが、確かに、お釈迦様は、山門前を見下ろされていらっしゃいます。





今年、『未来へ伝える山形の宝(松山の宝)』に認定されたばかりの『總光寺 山門』です。
後世へどう伝え、残すべきか、真剣に考えなければならないと思いました。

これほど素晴らしい山門と仏像を残してくださった先人に敬意を表します。



<今日の俳句>
三尊と 十六羅漢 山門に

↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



  


Posted by Rico at 23:22Comments(0)CAMERA寺院酒田市松山地区

2016年05月15日

R『大井俊子さんを偲ぶ会』總光寺〜墓参〜焼肉千山閣山王店



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2016年5月14日(土)10:30〜
鶴岡の焼肉『千山閣』の大井ママさんこと、『大井俊子さんを偲ぶ会』を總光寺様で行わせていただきました。

2014年8月19日に『眼瞼下垂の会in庄内交流会』で、總光寺さんに集ったメンバーを中心にお声掛けさせていただきました。
大井家の方にも、お声を掛けさせていただいたところ、大井家のみなさまにも喜んでいただき、大井ママの娘さんが代表で、ご参加くださいました。

私は、大井家のみなさまへ、『大井俊子さんの肖像画』を描いて差し上げたいと思い、こちらのパステル画を描かせていただきました。
生前、大井ママさんが、お客様の似顔絵をパステルで描いて、店頭に貼っていたことを思いだしました。
きっと、「お客様に喜んでいただきたい」という気持ちで、大井ママさんも描かれていらっしゃったのでしょうね。
私は、大井ママさんに母共々お世話になったお礼の気持ちと、大井ママさんや大井家のみなさまから喜んでいただきたいという気持ちを込めて、大井ママさんとのことを思い出しながら、描かせていただきました。

大井ママさんの遺影にしていただいている写真は、私が、千山閣さんへ初めてお邪魔したときに、私が撮影したものです。
家族全員が、私のブログにアップしていた写真を見て、「遺影に使わせていただきたい」と意見が一致したのだそうです。
Facebookなどで、たくさん写真をアップしていた大井ママさんなのに、なぜか、私の写真を遺影にしたいというお話しになったので、意外で驚きました。
遺影の写真は、スナップ写真でしたので、青白い光と顔に影があるのが、私としては気になっていました。
そこで、肖像画は、青白い光をとって、顔の影を消して、パワフルで、あったかい人柄の大井ママさんの内面を描かせていただきました。
肖像画には、遺影写真にはないよさがあると思っています。

大井ママの娘さんが、この肖像画を見た瞬間に、目にいっぱいの涙をためて喜んでくださったので、とても嬉しかったです。





大井ママの娘さんが、立派な御位牌と遺影写真をご持参くださいました。
本当にありがたかったです。
近しい仲間同士で、ご供養をさせていただけることのありがたさを感じました。
ご供養中、一匹の蜂が、娘さんの周りをぐるぐる回っていました。
みんなで、「これは、きっと大井ママだよね!」とあったかい気持ちになりました。

そして、ご供養が終わってからの原住職様のお話しが、心に沁みました。
大井ママさんの戒名は、「俊恵=すぐれた恵みという意味の素晴らしいお名前ですね」というお話しで、この日集ったメンバーは、みんな大井ママさんから、たくさんの恵みをいただいたメンバーなだけに、ありがたい気持ちで、涙が溢れました。
「桜の花が咲いて、散ることと同じように、死ぬことは悪いことではないのですよ」というお話しにも、深く共感しました。
原住職様のありがたいお話しをいただけるとは思っていなかっただけに、感謝の気持ちでいっぱいになりました。





ご供養が終わってから、大井ママさんを偲びながらの会食会。
大井ママの娘さんが、大井ママさんの昔の写真をご持参くださったので、私が知らなかった若かりし日の大井ママさんのことを知ることができました。

穏やかお天気に恵まれ、国指定名勝庭園の水の音と、ギタリスト/土門秀明さんが作ってくださった總光寺のオリジナルソングをBGMに、和やかな偲ぶ会となりました。
みなさん、お忙しい方々ばかりなのですが、やはり大井ママさんを偲びたいという思いは同じだったようです。
これも、すべて、大井ママさんのお人柄ですよね!

Ricoママは、大井ママの娘さんより、『目のお守り』を頂戴して、とても喜んでいました。
目薬とお守りを一緒に持ち歩くそうです。
私の母に、優しいお気遣いをいただきましたことに心より感謝を申し上げます。





ちょうど1年前に、大井ママさんへお贈りしたものと同じ、佐藤錦のチョコ箱入りをお供物にご用意させていただきました。
大井ママさんと私が最後に話しをしたのが、この佐藤錦お礼の電話だったので、佐藤錦を見ると、大井ママさんを思い出します。
偲ぶ会のみんなで分け合っていただきました。





偲ぶ会が終わってから、總光寺さんの峰の薬師堂へ移動し、みんなでそこからの眺望を楽しみました。
「晴れ女だった大井ママが、きっとこんなにいい天気にしてくれたんだよの!」とみんなで、そうだ!そうだ!と共感しました。





この後、大井ママさんの墓参をさせていただきました。
ウグイスが、元気よく「ほほほほほほほー!」と鳴くので、思わずみんなで笑いながら、「あ!大井ママが笑ってるの!」とあったかい気持ちになりました。

『大井俊子さんを偲ぶ会』は、ここで終了ということで、解散となりました。
参加された方の中には、これから、酒田を離れる方がいたり、飲食店をオープンさせる方がいらっしゃったりと、本当に良いタイミングでの再会だったと思います。
これも、大井ママさんが引き寄せてくださったよきご縁だと感謝いたします。

大井ママさん、本当にありがとうございました。合掌





そして、夜は、大井ママさんを偲びながら、川越からわざわざご参加くださった『眼瞼下垂の会』理事/フレイクさんの歓迎会ということで、焼肉千山閣山王店へ移動しました。
總光寺ファミリーの皆様にもご参加いただけて嬉しかったです♪

こちらは、「つぼ漬けカルビ」です。





炭火焼で、フレイクさんが、しっかりと焼き奉行になってくださいました!(笑)
もう、美味しいという解説は不要な画像ですよね!





良質の和牛肉の美味しさに、感動しました!
大井ママさんが守ってきた味をこうして、息子さんが守り続けています!
大井ママさんのおかげで、私たちは、美味しい焼肉を楽しませていただけるのです。
大井ママさん、本当にありがとうございます♡





顔よりでかい一枚肉にテンションMAXのフレイクさん!
フレイクさんは、『NPO法人 眼瞼下垂の会』の理事をされていらっしゃいます。
生まれながらにして、片方が、眼瞼下垂症ということで、同じ悩みを抱える当事者やそのご家族の皆さんの気持ちに寄り添う活動をされていらっしゃいます。
Ricoママが老化による眼瞼下垂症で手術を受ける際には、何度も応援のメッセージをツイッターでいただきました。
そんなフレイクさんは、大井ママさんが、中耳炎の手術の失敗により、片方の顔面の神経が切り取られ、顔に障がいを負ったけれど、明るく前向きに生きた人生にリスペクトしてくださっています。

フレイクさん曰く、「こんなに美味しい焼肉を食べたことが今までにない!」ということで、焼肉千山閣さんで歓迎会をさせていただいてよかったと思いました。





食後、大井ママさんの息子さんと娘さんも合流し、大井ママさんの話しで、盛り上がりました。
息子さんは、「こんなにお話が面白い方だったんだー!」という印象でした。
私は、お通夜の時の息子さんと娘さんのお気の毒なお姿の印象しかなかっただけに、この日、お二人とゆっくりお話しをさせていただく機会をいただいて、よかったと思います。
1年という時間が、偲ぶ会にはちょうどよかったのかもしれませんね。

最後に、「記念写真を撮りましょう!」と言ってくださったのも、息子さんです。
帰宅してから、この写真を見て、大井ママさんの息子さんと娘さんが、こんなに嬉しそうな笑顔をされていることに驚きました!

大井ママさんが見守ってくださる中、この日集ってくださった方々とのよきご絆が深まったことに感謝しました。





大井ママさんの息子さんと娘さんより、肖像画は、千山閣山王店に飾らせていただきたいと言われて、驚きました。
大井家に差し上げたものですので、どこに飾っていただいても構いませんと申し上げました。

この写真の書は、大井ママさんが書かれたものです。
味があって、いいですね〜!ここにピッタリです!

今まで、私は、大井ママさんとの思い出のある千山閣城南店へばかり足が向いていましたが、これからは、山王店でも、大井ママさんが待っていてくれるような気がしますので、どちらにも足を運ばせていただきたいと思います。
これからも、美味しい焼肉を楽しみにしていますね!
お腹いっぱいごちそうさまでした!



最後に、『大井俊子さんを偲ぶ会』にご参加いただいたみなさまはじめ、總光寺のみなさまに、お世話になりまして、誠にありがとうございました。
そして、最高のよき日にしてくださった大井ママさん、本当にありがとうございました。合掌


その日の夜は、私は、お腹いっぱいで、バタンQでした。
すると、不思議な夢を見ました。
私が鏡を覗いたら、なぜか、自分の顔が真っ黒だったのです。驚いて、顔を触ると、パカパカと分厚く真っ黒な皮膚が剥がれ落ちて、中から、新しい皮膚が顔を出しました!
夢の意味はわかりませんが、新しい顔になったぞー!という清々しい気持ちの夢でした。

偲ぶ会で忙しかったため、ブログをお休みさせていただきました。
ご心配いただいたみなさま、私は、おかげさまで元気です!どうぞご安心くださいませ。


<今日の俳句>
大井ママ 偲んで嬉し ご縁かな


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加
  


2016年05月04日

R みどりの日!山形新聞に『總光寺参道(きのこ杉)』が紹介されました♪



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2016年5月4日みどりの日!
山形新聞2面に、總光寺さんの参道(きのこ杉)が、みどりの日にちなんで、ど〜んと掲載されていました。
いやぁ〜、いつもお世話になっている總光寺さんをこんなに大きく紹介していただけるなんて、嬉しくて、家族みんなで喜びました♪





こちらの紹介記事を読んで、思わず、苦笑いしてしまいました!

まずは、山形県指定天然記念物『きのこ杉』が樹齢約380年というのは、古い情報で、現在は、『樹齢約400年』ということになっています。

それから、「歴代の住職によりキノコのような形に整えられている」とありますが、總光寺の住職さんは刈っておりません!!!!(笑)
住職さん曰く、「私は、きのこ杉を刈っていないんですけど、昔から、なぜかこういう風に書かれてしまっているんですよね〜」と、以前からおっしゃっていました。
「きのこ杉は、人に頼んで、毎年刈っていただいております」と住職さんは、穏やかに笑っていらっしゃいました。
住職さんは、人の過ちを無用に咎める方ではないので、おそらく今回も、「あ〜また、私が刈っていると書かれてしまいましたね〜」と微笑みながら、受け流されていらっしゃることでしょう。

活字にするということは、いつまでも残ることなので、私も気をつけなければいけないと改めて思いました。





ところで、總光寺さんが、今年、『未来に伝える山形の宝(松山の宝)』に、登録されました!

1.山形県指定天然記念物「きのこ杉」
2.酒田市重要文化財「總光寺山門」
3.国指定名称庭園「蓬莱園」
4.總光寺本堂・庫裡
5.總光寺「森の山供養祭」

 平成28年の『森の山供養祭』は、8月20日(土)・21日(日)両日共に午前中のみ開催されます。

これも、嬉しいニュースで、飛び上がるほど嬉しかったです♡
ようやく、總光寺さんの素晴らしさに注目が集まり始めているような気運を感じます!

そういえば、3日間連続で、松山ネタを当ブログで投稿することになったのは、単なる偶然でしょうか?(笑)





そして、今年、平成28年の『大般若祈祷会』の日時が決まりました!
例年だと、6月下旬に開催していたのですが、住職様のご都合により、今年は、7月3日になったそうです。
毎年、家内安全、身体堅固、商売繁盛、交通安全を祈願させていただいております。
おかげさまで、この一年も、無事に過ごすことができそうです。
Ricoママの緑内障の件も、おかげさまで、手術が不要ということで、ありがたいです。

『大般若祈祷会』では、昨年のお札と新しいお札を交換していただきます。
一年が、本当に早いなぁ〜としみじみ思いますね。
毎日、いろんなことがありますが、笑いの耐えない日々というのは、本当にありがたいです。
心穏やかに過ごせるようご祈祷をお願いいたします。



<今日の俳句>
きのこ杉 刈るは誰かと 苦笑い


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

  


Posted by Rico at 23:10Comments(0)寺院酒田市松山地区

2016年05月03日

R 佐々木蔵治とうふ店の揚げたて熱々の絶品『あぶらげ』&松山産『孟宗』をいただきました♡



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

昨日の当ブログにて、酒田市(旧松山町)の『新館こうじ店』さんの『庄内特製こうじみそ』のことを書かせていただきました。
すると、かほり惣菜の香さんも、こちらのお味噌をご愛用されているということで、「本当に美味しいんだ!」と確信しました!20kgもいただいて、嬉しいです♡
香さんから、「お味噌は、このまま、半年位、熟成させてから食べた方がオススメ」というアドバイスをいただきましたので、素直にそうさせていただきます。
風通しの良い冷暗所がオススメということで、北側の部屋で寝かせることにします。
今年の晩秋あたりに開封してみたいと思います。
どんなお味なのか、楽しみです♡

そして、先日、酒田市(旧松山町)の『佐々木蔵治とうふ店』さんの揚げたて熱々の『あぶらげ(厚揚げ)』を頂戴したことをブログにアップしていなかったので、松山つながりということで、本日アップさせていただきます。

本当に、ここのお豆腐はおいしいです!中でも、この『あぶらげ(厚揚げ)』が絶品ですね!
酒田市内では、マルホンカウボーイで、蔵治さんの厚揚げを取り扱っていますが、お店で、揚げたてを買うのとでは、やはり出来立てのうまさにはかないませんね!
この日は、熱々の出来立てをいただいて帰宅し、すぐにプライパンで、『あぶらげ(厚揚げ)』を焼いて、小松菜と卵を炒めたものをトッピングして、上にかつお節をふりかけました。
フワッフワのお豆腐の喉越しと揚げの香ばしさが、後引く美味しさでした!





松山へ行った際には、『佐々木蔵治とうふ店』さんがオススメですよ♪
こちらは、以前撮影した『佐々木蔵治とうふ店』さんの看板写真です。





それから、こちらは、松山産の朝採り『孟宗』です!
『あぶらげ(厚揚げ)』と一緒に頂戴してしまいました!
『孟宗』は、大変柔らかく、美味しくいただきました。

どんどん松山の美味しい深みにはまっていく自分を感じました!
この度は、松山の美味しいものをいただきまして、誠にありがとうございました。



<今日の俳句>
松山の あぶらげ厚し うまさ増し


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加  


Posted by Rico at 23:22Comments(0)FOOD酒田市松山地区

2016年05月02日

R ドド〜ンと20kg!『庄内特製こうじみそ』を頂戴しました!



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

今日の夕方、「みそをあげたいから、これから届けるね」という電話を従姉妹からもらいました。
お味噌は、いつもスーパーから購入しているので、ありがたいと思い、楽しみにして待っていたら・・・
な、なんと〜!
20kgのみそをドド〜ンと玄関に置いていきました!

「20kgのお味噌って、こったげおぼでなんの〜!」と、Ricoママと顔を見合わせて、笑ってしまいました!(笑)

さあ、このお味噌をどこでどのように保管したらよいのでしょうか???
とても冷蔵庫には入りません!!!
我が家に味噌蔵などはありません!
なじょすっで〜!!!!


このお味噌は、酒田市の旧松山町の創業150年以上の老舗『新館こうじ店』へ、毎年注文して作ってもらっている『庄内特製こうじみそ』なのだそうです。
「とても美味しいから、食べてみて〜!」ということで、こんなにたくさん頂戴してしまい、もっけだの〜!

旧松山町に、老舗のこうじ店があったことを初めて知りました!
ここのこうじで『しょうゆの実』を作ったら、美味しいのかなぁ〜?
次回、總光寺さんへお伺いした時に、『新館こうじ店』を探してみたいと思います。

ディープ松山!まだまだ、ネタがあったんですね!





それから、新鮮なウドを親戚から頂いたおかげで、今季初『ウドの胡麻和え』をいただくことができました♡
「うう〜にが〜い!くぅ〜っ、んめのぉ〜!」
本当にこんなに苦くてクセのあるウドなのに、どうしてこんなに美味しいのでしょう?
不思議だなぁ〜と思いつつも、やめられないとまらない〜!

今年も、美味しいウドをいただくことができて幸せです♪
ごちそうさまでした(*^^*)



<今日の俳句>
なじょすっで〜 20キロの こうじみそ


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加  


Posted by Rico at 23:51Comments(0)FOOD酒田市松山地区

2016年03月17日

R 『慕古-moko-』ギタリスト土門秀明氏作曲(總光寺オリジナルソング)ミニアルバム制作中♪



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

酒田出身のギタリスト土門秀明氏より、總光寺様のオリジナルイメージソングを作っていただきました。
SEに、總光寺様の国指定名勝庭園『蓬莱園』の滝の音が入っていて、ヒーリングソングとなっています。
曲名は、總光寺の原 崇弘住職様から考えていたただきました。
この曲にふさわしい曲名ということで、かなり悩まれていらっしゃいました。

ようやく決まった曲名は・・・
慕古(もこ)です。
古きを慕う。という意味なのだそうです。

素敵な曲に素敵な曲名が決まったので、土門氏のオリジナル曲をプラスして、ミニアルバムCDを4/16の『土門秀明ギターライブ』の際に、発売することになりました。
そこで、私は、CDジャケット制作のお手伝いをさせていただきました。

『慕古』の題字は、書道教室の先生をしていただいている法秀寺の五十嵐俊道住職様にお願いをして書いていただきました。
やはり素敵な書が入るとグレードが高くなりますね!

こちらの『きのこ杉』の前でギターを弾く土門氏の写真は、土門氏の自撮り画像です。
画像をご提供いただいてありがとうございました。





こちらが、CDジャケットの裏面です。

ミニアルバム『慕古-moko-』には、全部で5曲入っています。

1.慕古-moko-總光寺オリジナルソング(SE:總光寺『国指定名勝庭園/蓬莱園』の滝音)
2.Mogami River(SE:最上川河口の水音)
3.Crane Girl(SE:最上川河口スワンパークの白鳥の鳴き声)
4.Amazing Grace
5.Adios-Rest In Peace-(SE:十六羅漢の波音)

5曲入り1,000円で販売の予定です。
4/16『土門秀明ギターライブ』当日お買い求めくださった方には、土門氏のサイン入りCDとなります。
庄内の自然の音がバックに優しく流れているので、庄内人の癒しのツボにはまります!
そして、土門氏の奏でるギターの旋律に、心が穏やかな気持ちになります。

特に、總光寺の書道教室へ通われているみなさまへおすすめしたいCDです!
ご自宅でこのCDを書けながら手習いすると、總光寺さんの庭園を思い出し、心を落ち着けて筆が運べると思いますよ!





土門氏のプロフィールも、しっかりと入っています!
頼まれもしないのに、私が勝手に、「好きな食べ物:酒田のラーメン」と入れました!
帰省の度に、酒田のラーメンばかり食べている土門氏です!(笑)
その気持ちは、よくわかります!(^^;




土門氏のアルバムの紹介コーナーです。





そして、『慕古-moko-』の曲を總光寺の原住職様から解説していただきました。
こちらのページは、24cm×24cmの大判となります。

『總光寺/峰の薬師堂と天の川』の写真は、佐々木聖紀カメラマンに撮影をしていただきました。
佐々木聖紀カメラマンは、私のご近所さんで、總光寺様にご紹介させていただいた際に、こちらの写真をお見せしたところ、あまりの素晴しさに原住職様が驚かれていらっしゃいました。
その写真をこのCDジャケットの中面で大きく使わせていただきました。
佐々木聖紀カメラマンの写真の力は大きいですね!
このCDを聴きながら、この写真を眺めて、「古きを慕う。」そんなひとときを持ちたいものです。

この 『慕古-moko-』は、土門氏はじめ、原住職様、五十嵐住職様、佐々木カメラマンのおかげで、完成することができたありがたいCDです。
私の生涯の宝物とさせていただきます!合掌





『土門秀明ギターライブ』
【日時】平成28年4月16日(土)13時〜
【会場】總光寺本堂
【入場料】一般/千円・檀家/五百円


『土門秀明ギターライブ』は、チケットは発行いたしませんので、どうぞ当日、總光寺の本堂へお気軽にお越しくださいませ。


<今日の俳句>
總光寺 古きを慕う 癒しの音


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加

  


Posted by Rico at 23:55Comments(2)寺院酒田市松山地区

2016年03月13日

R 酒田市『總光寺』さんで、『土門秀明ギターライブ』開催のご案内♪



『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2016年(平成28年)4月16日(土)13時より
總光寺さんで、
『土門秀明ギターライブ』を開催することが決まりました♪

土門秀明氏は、酒田市出身のギタリストで、日本人初のロンドン地下鉄演奏許可証取得者(バスカー)として、10年間ご活躍された方です。
酒田で、ソロライブを開催するのは初めてのことで、会場をご提供いただいた總光寺様には、心より感謝を申し上げます。

そして、この度、土門氏が總光寺様のために、作曲してくださった『慕古-moko-』という總光寺オリジナルソングをご披露していただけることになりました。

4月の第3土曜日といえば、昨年は、国指定名勝庭園『蓬莱園』の桜がちょうど満開でしたので、今年も、桜を愛でながら、土門氏のライブをお楽しみいただければと願っています。





こちらの写真は、2006年に酒田市希望ホール/小ホールで開催された『モンスターズ オブ ロック』にゲスト出演された時の土門氏のライブ写真です。
この時、私は、撮影スタッフとしてお手伝いしていて、この写真は、私が撮影したものです。
土門氏が、この写真を気に入ってくださったおかげで、それ以来、親しくさせていただいております。
ご縁とは、不思議なもので、私がいつもお世話になっている總光寺様で、土門氏のライブを開催できるようになるなんて、驚きです!

總光寺の原住職様が、若い頃にギターを弾かれていたという経験があり、土門氏の素晴しいギターの旋律に惚れ込んでくださったため、今回のライブ開催が決まりました!
私が、計算高く動き回ったわけでも何でもありません!
何かに引き寄せられるような感じで、ライブが実現する運びとなりました。





私は、この『最上川観音様』が、土門氏を總光寺さんに引き寄せてくださったのではないかと、勝手に思い込んでいます。
土門氏作曲の『Mogami River』という曲があるのですが、その曲が山形市で演奏されるということで、土門氏がたまたま酒田に帰省されたので、私が、昨年秋に、總光寺様をご案内しました。
拝観料を収めて、本堂へ入ったところ、土門氏が、本堂の片隅にあったこの『最上川観音様』を見つけて、手を合わせた姿を見て、驚きました!
私は、これまで、何度も本堂へ出入りしているのに、この『最上川観音様』の存在には気がつきませんでした!
この『最上川観音様』は、最上川から出現した不思議な観音様で、總光寺様に寄贈されたお話しが、これまた凄いお話しだったのでした!

当日は、この『最上川観音様』に光りをあてて、原住職様から、観音様のお話しをお聞きしたいとお願いしました。
そして、土門氏から『Mogami River』を演奏していただければ、きっと、この観音様もお喜びになられることと思います。
ありがたいお話しと癒しの音楽で、ほっこりとした気持ちになっていただきたいと願っています。


こちらの『最上川観音様』の写真を撮ってくださったKカメラマンは、私のすぐご近所さんです!
それも、昨年秋、偶然に、『庄内百景のFB5000いいね!』のイベントで、ご一緒させていただいてからのご縁で、總光寺様の写真を撮影お願いしたところ、快くお受けいいただき、撮影をしていただいております。
原住職様も、Kカメラマンの写真を大変気に入ってくださり、總光寺の四季の写真を撮っていただきたいとお願いしております。
すでに、いろいろと撮影していただいているのですが、鳥肌が立つほど素晴しい写真を撮影していただいております。
これから、少しずつご紹介できればと思っています。
この『最上川観音様』の写真も、すごく気に入っています。観音様の優しさがじわじわと伝わってきますよね♡
なんてよいお顔なんでしょう!
いつもは、ケースの中に入っている『最上川観音様』ですが、この撮影の時は、ケースから取り出し、光りと風を当ててもらえて、観音様が、嬉しそうに微笑んでいるように私は感じています。

きっと、この観音様が、『土門秀明ギターライブ』で、また新たなよきご縁を引き寄せてくださるような予感がします。
今から楽しみで仕方がありません。

『土門秀明ギターライブ』は、チケットは発行いたしませんので、どうぞ当日、總光寺の本堂へお気軽にお越しくださいませ。


『土門秀明ギターライブ』
【日時】平成28年4月16日(土)13時〜
【会場】總光寺本堂
【入場料】一般/千円・檀家/五百円





<今日の俳句>
ギターの音や 不思議観音 花を愛で


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加


  


Posted by Rico at 23:22Comments(0)寺院酒田市松山地区

2016年01月23日

R 第25回『雪の能/まつやま大寒能』山形県無形民俗文化財・山形県酒田市



『Rico’s Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2016年1月23日(土)山形県酒田市の『松山城址館』にて、第25回『雪の能/まつやま大寒能』が開催されました。
開演前に、ロビーでは、『松山茶道愛好会(裏千家)』のみなさまによる呈茶が行われ、私も一服頂戴いたしました。
お菓子は、地元の『菓子舗 櫻田』さんの「松山まんじゅう」でした。





毛氈がならび、さすが、城下町のおもてなしという印象を受けました。
嬉しいものですね。
結構な御点前で御座いました。

能楽堂は、満席で、約160名位ということでした。
今年は、椅子が用意されていたので、足のしびれを気にすることなく鑑賞できたのでありがたかったです。





最初は、子ども狂言『きのこ山伏』(松山子ども狂言の会)から始まりました。
子ども達が扮する『きのこ達』の動きや掛け声がとっても可愛らしくて、観客のみなさんの顔がゆるんでいました!
こういう可愛い演技は、子どもにしかできませんね!

狂言のみどころは、パンフレットに書かれている内容をそのまま掲載させていただきます。

子ども狂言
『きのこ山伏』
 夜になると、家の周りに大きな「きのこ」が生え、採っても採ってもなくならないので、何かのたたりではと百姓は山伏に祈祷を頼む。
 山伏はいばりくさって祈祷を始める。キノコは、ますます増えるばかりで、山伏や百姓に悪戯をして困らせる。また「鬼きのこ」も出てきて、山伏が折れば折るほど大暴れする。疲れ果てた山伏は「命あってのものだね」と遂に逃げ出してしまう。
 きのこ達が笠をかぶり、腰を落としてすり足で歩き回る姿が童話的である。この狂言は、小学校の学芸会でも上演できるように作られた「学校狂言」所載の台本を使用している。






続いて、狂言『千鳥』でした。
完全にお笑いの世界でした!
先人達も、この狂言をみて、同じ様に笑ったんだろうなぁ〜と思いながら見ていると、人間の本質は変わらないものだと思いました。


狂言
『千鳥』
 つけで酒を買ってくるように主人に命じられた太郎冠者(シテ)だが、支払いがたまっているため酒屋は酒を渡さない。一計を案じた冠者は津島祭りの話を始める。
 伊勢路で子どもが千鳥を採る様子を、酒樽を千鳥に見立ててまねるが、調子よく囃しながら酒樽に近づき持ち去ろうとするのを見とがめられる。今度は、酒樽を山鉾に見立てて引く真似をしながら持っていこうとするが、これも制止される。
 次に冠者は流鏑馬を再現することにし、馬に乗る真似をしながら走り回り、すきをみて酒樽を持ち上げるとそのまま逃げ去る。
 なんとか酒を手にいれようと、祭りの様子を身振りで演じる冠者の奮闘ぶりが見どころである。






いよいよメインの能『紅葉狩』です。

『紅葉狩』
 ある山で、上臈らしい女が侍女たちとともに、紅葉狩の酒宴をしていると、




従者を連れて鹿狩りに来た平維茂(たらのこれもち)が通りかかる。




馬を下り、道を変えて静かに通り過ぎようとすると、上臈は、維茂を引き留めて酒宴の仲間に誘い入れる。





美人の酌に思わず盃を重ね酔い臥してしまうと、女たちは姿を消した。



ここで、いつもお世話になっている總光寺さんの中学生の娘さんが、八幡大菩薩の使者役(アヒ)として登場し、上臈の正体が鬼であることを夢の中で告げます。

このセリフが長いのなんって!よく覚えられたなぁ〜!しかも、大きな声で堂々と!すごいなぁ〜!と感心しました。
もちろん、セリフに合わせて、ちゃんと動きもあるわけですから、心からの拍手を送りました。

チョコチョコさんは、母親として、かなりハラハラドキドキだったようで、無事に終わってホッとされている姿が印象に残りました。
演じる方も大変ですが、それを支える家族もまた大変なんですよね!よく頑張りました!




 やがて維茂は目を覚ますと、今までの女たちは恐ろしい鬼の本体を現して維茂を襲って来た。しかし、維茂は少しも騒がず、八幡大菩薩を念じながら立ち向かい、鬼を討ち平らげてしまう。

 松山能の特色の一つとして、酒宴の場で舞われる舞は、美女の優雅な「中の舞」である。維茂が眠り込むのを見届けると少しづつ調子が変化し、鬼の本性を垣間見せるところを、是非お楽しみください。





能演が終わってから、会場にテーブルが運び込まれて、『雪見の宴』が始まりました。
竹酒や納豆汁・豚汁などが振舞われ、役者さんや松山能保存会のみなさま方と交流しながら、楽しいひとときを過ごさせていただきました。
能のことがさっぱりわからない私にも、親切に教えていただき、勉強になりました。





その場で、『紅葉狩』の貴重な台本を拝見させていただきました。
台詞のところに、節回しなどの記号が書かれていて、楽譜のようにも感じました。
上の方には、立ち位置や動きなどが描かれていました。
これを見て覚える役者さんたちは、素晴しいと思います。




あっ!これと全く同じ場面がありましたよね!





紅葉の舞台セットも、資料通りに作られていたんですね。
能の伝統を守り続けている方々のお話しを直接お聞きする機会をいただけたことを嬉しく思います。
また、松山地区の方々との新たな出会いをいただいたことに感謝を申し上げます。


『未来に伝える山形の宝』に登録決定
松山城跡一帯を歴史公園として整備したことや「松山能」や「萩野流砲術」などの文化財を活用した様々な事業が認められ、「未来に伝える山形の宝」に登録されたそうです。
私も、總光寺様を通じて、松山にご縁をいただき、お世話になっている身として、何かの形でお手伝いさせていただけることがあればありがたいと思っています。


次回は、花の能「羽州庄内松山城薪能(たきぎのう)」(6月第2土曜日午後6時~)松山歴史公園で開催されます。


<今日の俳句>
雪の能 地域の顔が 集うよさ


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加  


Posted by Rico at 23:22Comments(2)酒田市松山地区