2011年08月23日

我が家のごっつお!『庄内沖で獲れたワタリガニのペスカトーレ』



父が、漁師さんのカニ網外しのお手伝いに行き、たくさんのワタリガニを頂戴してきましたkao2

ワタリガニの中に、ハイカラな模様のカニが1匹混ざっていました。
これも、ワタリガニなのでしょうか???
「きがねカニだけ!(=凶暴なカニだった)手どご挟まっで、痛でけ!」と話す父。
父が格闘してくれたおかげで、ありがたくいただくことができましたkao2

親戚からいただいたナスやピーマンなどの夏野菜もたっぷり入れました。
具だくさんのソースをかけたら、パスタが見えなくなってしまいましたicon10

食の都 庄内の我が家のごっつおです!icon12

庄内の恵みに感謝ですねkao2




ところで、数日前から、仕事が急激に忙しくなりました。他にも、いろんな方から、相談を受けたり、様々なお願いが集中的に重なって驚いていますkao17

嫌な人に相談したり、お願いすることはないわけなので、このように声を掛けていただけることは、とても嬉しいことですkao2
しかし、身体は一つしかないので、同時にすべてを私一人で抱え込んでしまうと、かえってご迷惑を掛けてしまうという場合もあります。
そういう時には、冷静になって、誰かにお願いした方がよいものと、私でなければできないことの整理をさせていただいて、対応するようにしています。それから、今でなければならないものなのか、少し時間をおいてもよいものなのかも、お聞きするようにしています。

一日にできること、一週間でできること・・・自分の限界があります。
そんな時に、理解をしてくれる人、協力をしてくれる人がいるおかげで、助けていただいております。
その感謝の気持ちを自分の働きで還元していきたいと思います。

「相手のおかげによって、自分が生かしていただいている。
人とは、持ちつ持たれつの間に、生かされるのが人間。(長尾弘先生)」


たくさんのことをひとりで抱え込んでしまっている方がいます。
頑張ることは、もちろん大切ですが、時には、頭を下げて、協力をお願いすることも、必要なことだと思います。
必要とされた人は、必要とされたことによって、生かされるということもあります。
遠慮しすぎると、そこで、流れが止まってしまいます。
どうか頑張り過ぎて、身体を壊さないようにして下さいと祈るばかりです。






同じカテゴリー(FOOD)の記事画像
R バースデーのケーキ!ケーキ!ケーキ!をいただきました!『銀座コージーコーナー』
R 庄内野菜と魚介のシチリア食堂『ベッダシチリア』で、バースデーランチの巻♪
R さんまの蒲焼の缶詰を使った炊き込みご飯〜♪南極探検隊の料理人のレシピより
R 函館グルメ回転寿司『函太郎 鶴岡店』
R 大好物!笹かまぼこをたくさんいただきました〜♡『松島蒲鉾本舗』
R 庄内食楽/ル・ポットフーイベント記念パンフ完成♪& Restaurant Nico のディナー
同じカテゴリー(FOOD)の記事
 R バースデーのケーキ!ケーキ!ケーキ!をいただきました!『銀座コージーコーナー』 (2018-07-13 23:52)
 R 庄内野菜と魚介のシチリア食堂『ベッダシチリア』で、バースデーランチの巻♪ (2018-07-12 23:40)
 R さんまの蒲焼の缶詰を使った炊き込みご飯〜♪南極探検隊の料理人のレシピより (2018-07-10 23:47)
 R 函館グルメ回転寿司『函太郎 鶴岡店』 (2018-07-07 23:13)
 R 大好物!笹かまぼこをたくさんいただきました〜♡『松島蒲鉾本舗』 (2018-07-05 23:48)
 R 庄内食楽/ル・ポットフーイベント記念パンフ完成♪& Restaurant Nico のディナー (2018-07-03 23:53)


この記事へのコメント
まったくそのとおりですね。
できること、できないこと、今でなくてもいいことを
きちんと整理して取り組むことも大事なのですね。

頼まれたり、頼りにされたりすると
ついそれに応えてやりたいという気持ちになってしまいます。

もう少し自分の力量と容量を考慮しないといけませんね。
Posted by nezugaseki at 2011年08月24日 16:06
>nezugasekiさんへ
情があるので、ついなんでもやってあげたくなるのですが、安請け合いという結果にならないように気を付けたいと思っています。

自分よりも適任者がいたら、タスキを渡す、そのおかげで、無事にゴールできれば、一緒に喜べるのですから、それで、十分に自分の役目を果たしたことになると思います。
タスキをいつになっても、誰にも渡さないから、ゴールできないということもあります。

もちろん、自分がタスキを受け取って、走らなければならない場面もありますよね。そこは、息が上がり切らない様に、ペース配分して、走り続けなければなりません。
まあ、実際は、しんどいことばかりですけどね!

真面目な人ほど、頑張り過ぎには、気を付けないと、危険だと思っています。
Posted by RicoRico at 2011年08月24日 23:18
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。