2011年09月29日

えなりくんと私。『渡る世間は鬼ばかり(最終回)』

えなりくんと私。『渡る世間は鬼ばかり(最終回)』

今夜、とうとうこの日を迎えてしまいましたkao13


えなりくんと私。『渡る世間は鬼ばかり(最終回)』

渡る世間は鬼ばかり(最終回)


20年前にスタートしたこのドラマ・・・


えなりくんと私。『渡る世間は鬼ばかり(最終回)』

最近では、おやじバンド結成で、現在の自分の音楽活動と印象が重なり、とっても親近感のあるドラマで、私が唯一、毎週楽しみに見ていたドラマでした。


えなりくんと私。『渡る世間は鬼ばかり(最終回)』

特に、最終回の主役だったしんちゃんこと「えなりかずき」くんは、私にとって、特別な存在でした。

「えなりかずき」くんが、子役デビューしたばかりの頃、私は、大手広告代理店に勤務していました。
テレビCMの撮影のために、私は、12人の子役のオーディションに立ち会いました。
その時のオーディションというのは、子供が水面に顔をつけて、セリフを言うというものでした。
10歳くらいの子供でも、水に顔をつけただけで、取り乱してしまったり、泣いてしまったりという感じで、子供に水中でセリフを言わせるというのは、イメージ通りにはなかなかいきませんでしたicon10
そんな中、一番小さかった当時4歳くらいの「えなりかずき」くんの素晴らしい好演技に、スタッフ全員一致で、「採用」が決まりましたicon12
「えなりかずき」くんのおかげで、とてもよいCMを撮影することができましたkao2

その後、「えなりかずき」くんは、『渡る世間は鬼ばかり』に採用され、あれよあれよという間に、子役スターとして、お茶の間の人気者になりました。

あれから20年・・・

今夜の「えなりかずき」くんの結婚式での挨拶のシーンには、思わず涙があふれましたkao9
このドラマを通して、「えなりかずき」くんの成長を見てきたので、なんだかドラマの中の他人事とは、思えませんでした。
「演技?じゃないよね!これは、正に「えなりかずき」くんの本当の結婚式だよね!」という思いで見入ってしまいましたkya-
しっかりした大人になった「えなりかずき」くんの姿を観ることができて、今日は、本当に嬉しかったですkao2

私が生きている間に、これだけの感情移入ができる大作ドラマを続けて下さったことに心から感謝しましたicon06


えなりくんと私。『渡る世間は鬼ばかり(最終回)』

橋田壽賀子さんは、『おしん』をはじめ、昨年の『JAPANESE AMERICANS』など、時代背景に合わせて、人間模様をしっかりと書ききれる素晴らしい脚本家です。
橋田さんの作品を通して、人を見る目が養われるように思います。

橋田壽賀子さん、長い間、本当にお疲れさまでした。
ぜひ、これからも健康でお過ごしいただき、また、私たちに必要な人としての生き方を書き上げていただきたいと願うばかりです。


初代 岡倉大吉役をされた藤岡琢也さんには、テレビ局にてお会いしたことがありましたが、残念ながら、2006年にお亡くなりになられてしまいました。改めて、ご冥福をお祈りいたします。

たくさんの役者さんが、このドラマをいろんな形で支えてきたのですね。
20年間、ホームドラマを続けることの凄さを改めて感じます。

今夜、最終回だったのに、『渡る世間は鬼ばかり』続きを楽しみにしている私がいますkao2

人気ブログランキングへ
にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村



 あなたへのお薦め記事

この記事へのコメント
大好きで長年見ていた番組が終わってしまうなは、本当に寂しいもんですよの
ましてや、オーディションから知ってる役者さんがいたらなおさら

今、Ricoさんとお母さんの胸の中にはぽっかり穴が空いているのでは。

来週の木曜日9時に、テレビのチャンネルを合わせるお母さんが目に浮かびます
Posted by 仏壇屋のおばちゃん♪ at 2011年09月30日 07:03
私も「わたおに」は毎週楽しみにしておりました。ちょっと前まではドキドキハラハラすることも多かったこのドラマでしたが、最近では安心して見れるようになったと感じています。

昨日のはなまるマーケットのゲストが泉ピン子で「きっとスペシャルがあるんじゃないかしら」と言ってました。

ピン子さんもスペシャルを期待しているようですが、私もスペシャルを期待している一人です。

みーんなハッピーで終わってよかったですよね。そしてやっぱり幸楽には赤木春恵がいなくっちゃ!としみじみ思いました。
Posted by みゆみゆ at 2011年09月30日 10:11
ほとんどTVドラマを見ない私なので・・・この最終回も見ていないのですが・・・ Ricoさんの思い入れの強さに「もらい感激」しました!

応援していきますp。
Posted by kokoko1965 at 2011年09月30日 18:16
>仏壇屋の姐さんへ
本当にえなりくんは、幼い頃から、味のある演技で素晴らしかったです!
20年のドラマに幕というのは、こんなに悲しいものなのかと思います。
一緒に生きて来たような感覚になっていますので。

来週から、木曜日の楽しみがなくなってしまうことに、今、気がつきました(@o@;)w


>みゆさんへ
ラストに赤木さんの存在は、やっぱり偉大でしたね!(^^;
最終回には、森光子さんもご出演されるものと思って楽しみにしていたのですが・・・ご出演が難しい体力なのかと、そちらの心配をしてしまいました。
このドラマに関わられた方々が、お亡くなりになられたり、ご病気になられたりしていますものね〜(>_<)

スペシャル!きっとやってくれるものと祈っています!「わたおに」フォーエバー!!
こういうドラマは、もう二度とないでしょう!


>kokoko1965さんへ
『渡る世間は鬼ばかり』は、他のTVドラマとは、別格でした!
一緒に生きているというライブ感がありましたね〜!
4歳のえなりくんは、たくさんのカメラマンやスタッフに囲まれても、しっかりとした役者さんでした!
「もらい感動」ですか・・・ははははっ(^^;
Posted by Rico at 2011年09月30日 23:49
ブログの記事に関連のないコメントはご遠慮ください。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。