2015年05月21日

R『幻の仙台筆』をお譲りいただきました。『仙台遊筆会/講師:岡本光平先生』

R『幻の仙台筆』をお譲りいただきました。『仙台遊筆会/講師:岡本光平先生』

『Rico's Room2』へ、ようこそ♪kao2icon23

2015年5月20日(水)エル・パーク仙台13:00〜
書家の岡本光平先生が講師を務める『仙台遊筆会』に参加させていただきました。

私が、仙台の博報堂時代に一番お世話になった先輩の高橋さんは、現在、仙台でフリーランスでクリエイティブディレクターをされています。
ゴールデンウィークに、たまたまお電話をいただいたので、『仙台遊筆会』へお邪魔するという話しをしたら、「え?書道やってんの!?」とビックリされてしまいました。
実は、彼のお爺さま(他界されて25年)は、仙台筆の職人だったということで、筆を保管していた伯父さんが亡くなられたことをきっかけに遺品整理をしていたら、大量の筆が出てきて、処分に困っているというお話しで、私もビックリしてしまいました。
国産の筆は、貴重なので、処分する前に、岡本先生から筆を見ていただいた方がよいのでは?とおすすめしました。

というわけで、『仙台遊筆会』の会場にお爺さまの筆を持ってきていただき、岡本先生から見ていただきました。
参加されていたみなさんも、興味津々で、みなさんが集まってきました。
みなさんも、『仙台筆』を見るのは初めてということで、感激されていました。



R『幻の仙台筆』をお譲りいただきました。『仙台遊筆会/講師:岡本光平先生』

大小様々な種類の筆がありました。
筆は、たんぱく質でできているので、劣化する消耗品なのだそうです。
お爺さまがお亡くなりになられてから、年月が経っているので、劣化が心配され、検品の必要があるということでした。
「全体的に長穂で作られた筆が多く、上級者向けの筆が多いですね」という岡本先生のコメントでした。
高橋さんが、お母様に確認したところ、お爺さまは、書家や先生クラスの方から注文を受けて製作をされていたということで、岡本先生の見立ては大当たりでした!



R『幻の仙台筆』をお譲りいただきました。『仙台遊筆会/講師:岡本光平先生』

岡本先生の筆についての講座タイムが急遽設けられました。
筆についてのお話しを聞ける機会は、これまで全くありませんでしたので、大変勉強になりました。
江戸時代に、和紙を用いて、日本独特の筆を作っていた歴史を初めて知りました。
ただ、開国と共に、その筆は姿を消してしまい、現在、日本でその筆を作れる人は一人しかいないということでした。
仙台筆についても、現在、作られていらっしゃる方はいるのかどうか??
どちらにしても、国産の筆は、大変貴重なものになっています。



R『幻の仙台筆』をお譲りいただきました。『仙台遊筆会/講師:岡本光平先生』

高橋さんから、筆を譲っていただき、早速、筆下ろししてみました。
書いていると背筋がゾクゾクして、鳥肌が立ちました。
この筆を作られたのが、仙台でお世話になった高橋さんのお爺さまだと思うと、感激でいっぱいになり、涙があふれました。
大変書きやすい筆で、私には、いままで一番しっくりくる感じの書き味でした。
藤原行成の柔らかい書体にピッタリマッチしていました。
私は、まだまだ、この筆をコントロールできておりませんので、これから練習に励みたいと思います。

今まで、半紙にばかり書いていたので、半切という大きさの紙に書いたのはこれが初めてでした。
大きい紙書くと、気持ちがいいものですね!
岡本先生から、次は全紙に書いて、全紙の感覚をつかむようにというアドバイスをいただきました。

今までは、手習いだから、半紙で練習をするだけでよいと思っていたのですが、仙台筆を手にしたことにより、ちゃんと作品を仕上げることが、高橋さんのお爺さまへのご供養になるような気がしてきました。



R『幻の仙台筆』をお譲りいただきました。『仙台遊筆会/講師:岡本光平先生』

『仙台遊筆会』が終わってから、岡本先生と食事をしながら、今後の筆の扱い方を相談させていただきました。
岡本先生は、高橋さんのことを東北人にはいないイメージで楽しい人だね〜!と喜んでくださいました。
そして、高橋さんは、岡本先生の凄さにただただビックリ!ということで、ご紹介させていただくことができて、私も、とても嬉しかったです。

最後に記念写真!岡本先生の満面の笑顔がステキですね〜!
大量の仙台筆が入った紙袋を肩に下げた高橋さん。
あれ?おや?えー???うそ〜!?
私と高橋さんとの間に、トレンチコートを着た高齢者が横向きに立っているのがハッキリと写っているんですけど〜!
足は透けていてありません!
もしかして、高橋さんのお爺さまなの???
すぐに高橋さんに電話を入れて、メールで確認しようとしましたが、「ぎゃー!怖い〜〜〜!夜は怖くてパソコンが見れない〜〜〜!」と言われてしまい、明日への保留となりました。

そういえば、当日、エル・パーク仙台のエレベーターで、偶然に高橋さんの妹さんと入れ違いになりました。
お互いに、どうしてここにいるの?という感じでしたが、今思えば、その偶然もまるでドラマのようなことで、不思議なことだと思いました。
あと1本、エレベーターが違っていたら会えなかったわけですから。
高橋さんの妹さんと私は、十何年ぶりの再会でした。
もしかしたら、高橋さんのお爺さまが引き合わせてくださったのかもしれませんね。
押入れの中で長年眠っていた筆を実際に使ってもらえたことを喜んでくださっているように私は感じました。

そういえば、高橋さんと私の出会いも、不思議でしたね。
私が18歳で学生の頃に、仙台のデザイン事務所へアルバイトへ行った時に、ふらりと高橋さんが入ってきました。
帰られてから、「あの人は、日本人なの?どこへお勤めされている方なんですか?」と事務所の社長へ質問したことを覚えています。
「博報堂仙台支社の高橋さんだよ」と教えてもらいましたが・・・その数年後に、私は、その高橋さんの隣の席で、Gデザイナーとして、一緒にお仕事をすることになるとは、人生とはなんて不思議なんだろうと思いました。
そして、今、また、筆を通じてご縁をいただくとは、本当に驚きです!
最幸に嬉しい記念写真となりました。


<今日の俳句>
仙台筆 魂宿る 書きごこち


↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



 あなたへのお薦め記事
同じカテゴリー(SHO)の記事画像
R 『令和マイオリジナル固形墨』で年賀状!差出人不明の年賀状に困ってます!
R ポーランド国内用『黒森歌舞伎ポーランド公演』B1ポスター&フライヤーデザイン完成!黒森歌舞伎クラウドラストスパート!
R 黒森歌舞伎クラウドファンディング目標金額達成!次のゴールへ挑戦中!&『歌舞伎文字勘亭流書道』の先生からのプレゼント♡
R 『歌舞伎文字勘亭流書道』&『狐忠信の隈取り』THEクールジャパン!ラインアートの世界♪
R 私の宝物が完成♡『改元記念揮毫墨』新元号・令和と揮毫した固形墨を作っていただきました♪
R 筆耕の依頼にびっくり!の巻
同じカテゴリー(SHO)の記事
 R 『令和マイオリジナル固形墨』で年賀状!差出人不明の年賀状に困ってます! (2020-01-02 07:11)
 R ポーランド国内用『黒森歌舞伎ポーランド公演』B1ポスター&フライヤーデザイン完成!黒森歌舞伎クラウドラストスパート! (2019-10-14 17:35)
 R 黒森歌舞伎クラウドファンディング目標金額達成!次のゴールへ挑戦中!&『歌舞伎文字勘亭流書道』の先生からのプレゼント♡ (2019-10-09 23:58)
 R 『歌舞伎文字勘亭流書道』&『狐忠信の隈取り』THEクールジャパン!ラインアートの世界♪ (2019-08-26 23:56)
 R 私の宝物が完成♡『改元記念揮毫墨』新元号・令和と揮毫した固形墨を作っていただきました♪ (2019-07-30 23:57)
 R 筆耕の依頼にびっくり!の巻 (2019-07-24 23:55)


この記事へのコメント
Ricoさん、こんにちわ゛
風流な文人墨客は、日本ならではのものですが…
かれらの作品(結晶体)を縁の下から支える、名も無き職人さんのことを忘れては生けませんね
その、見えない職人芸は芸術家と同等のレベルを要求されます
笑い話ではありませんが、法隆寺を建てたのは聖徳太子ではなく…
無名の大工さんですよね♪
― あの、鳥海山Tシャツのロゴは素的だと思いました
中国古代の、あれはテン書とゆーのでしょーか?
以前に、岡本先生がずらりとお書きになって並べ立てた「鳥海山」が手本になっているのかしら…
でも、「山」の象形などはRicoさんの筆跡の方がよろしいと私なんかは感じました
わが邦で「書道」とゆー呼び方が出来る前は、「入木道」と云われていたと聞きます
王羲之の故事から由来する言葉ですが…
書聖・羲之の道士的筆法は代々伝承され、智永や虞世南~~韓方明を経て弘法大師へと伝わり…
わが日本にもたらされます
行成もそーであったか?
連綿と明治期の山岡鉄舟へと伝承され、いまは『筆禅道』の名のもとに谷中の全生庵あたりで行じられています
書道と禅の一致、筆禅一如です
主宰されていた寺山旦中居士は亡くなられたらしいのですが、彼は荘内南洲会にもおいでになったことがありました
大森曹玄老師や横山雪堂翁(山形県出身)の、「墨氣」の見立ては格別だったなと思います
書道は、道具までが面白い
『仙台筆』のご紹介ありがとう御座いました
Posted by 真帆 at 2015年05月24日 07:22
>真帆さんへ

お久しぶりです。
記念写真を高橋さんのお母様にお見せしたところ、写り込んでいる人物は、お爺さまみたいということでした。外出するときは、よく帽子を被り、着ている上着は、お母様が手作りした服のようだということで、更にビックリでした!

高橋さんのお爺さまは、心臓の病で突然倒れて他界されたということで、残された筆がずっと押し入れの中に入れっぱなしになっていたことが気がかりだったのかもしれません。25年ぶりに、孫が、この筆をなんとかしなければということで持ち出して、光りをあててくれたことを喜び、私たちに姿を見せてくださったのではないでしょうか?
しっかりとご供養をさせていただくことにします。
お爺さまの戒名をお聞きしたら、「筆匠居士」とありました。筆作りの生涯にふさわしい素晴らしいお名前ですよね。

真帆さんがおっしゃる通りに、表には出てこないけれど、いろんな職人さんの技術の支えがあって、よいものはカタチになって残っているんですよね!
そのことを胸に刻ませていただけるありがたい体験をこの度させていただいたと思っています。

書道といっても、3つのジャンルに分けられます。
1.実用書道
2.古典書道
3.芸術・創作・デザイン書道
鳥海山のTシャツロゴは、3に当たります。
岡本先生からは、「異体字を書いてはいけない」とご指導をいただいております。ですから、必ず『書体字典』で、漢字のルーツを確認してから創作することを心掛けています。

それから、現在、古典書道を学んでいるのは、幅広い筆使いをマスターするためです。やはり基礎がしっかりしていないと、創作書道も薄っぺらな表現力しかできなくなってしまいますので、これから、頑張りたいと思っているところです。

藤原行成は、平安時代に屏風に描くためのインテリアとしての優美さを意識した癒し系の書体です。王羲之のような力強い書体では、毎日の生活がリラックスできませんので。というわけで、行成は、平安文化と共に発展した日本オリジナルの書体となります。

空海の風信帖は、今の私にはとても書ける気がしません。あの方は、天才だと思いますね。
そういえば、岡本先生が、2012年に、荘内南洲会にある副島種臣先生の書を拝見したいということがきっかけで、私は、荘内南洲会に入会させていただきました。岡本先生との出会いがなければ、真帆さんとの出会いもなかったということです。
というわけで、荘内南洲会でのお勉強もこれからということになります。
今後とも、ご指導・ご鞭撻をいただけますようお願い申し上げます。

なんだか、話が尽きませんね!とりあえず、今日はこの辺で(^^;
Posted by RicoRico at 2015年05月24日 23:14
ブログの記事に関連のないコメントはご遠慮ください。
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。