2014年06月10日

R 平成の徳の交わり!眞衣子さんと荘内南洲神社へお邪魔してきました♪




2014年6月10日(火)
昨日のブログにも書かせていただいた<食空間コーディネーター&フードスタイリスト&ボーカル&MC>の眞衣子さんと二人で、『荘内南洲神社』へお邪魔させていただきました。
九州から酒田へ昨年末にお嫁さんとしてお越しになった眞衣子さんとこの『徳の交わり』像の前で、お友達になった記念に写真を撮りたかったのです。
まさか、こんなに早くに実現するとは、嬉しかったです♡
『平成の徳の交わり』の写真が撮れたことを私の宝物にしたいと思っています。kao2


そして、眞衣子さんには、九州と荘内との仲の良さを知っていただきたいという願いもあり、『荘内南洲会』の水野理事長と阿曽事務局長から、丁寧にお話しを聞かせていただきました。
九州から荘内へ嫁いだお嫁さんということで、『荘内南洲会』のみなさま方より、大大歓迎をしていただきました♪





土井先生という歴史に大変詳しい方から、神社の参拝の仕方を教えていただきました。
『手水舎』にて、柄杓の扱い方を教えていただき、目からウロコでした。
知ることの喜びを感じました。

これで、日本全国、どこの神社へ行っても、堂々と参拝することができますicon22





土井先生から、鰹木が奇数の場合は、男性を祀っている神社だということを教わりました。
それから、屋根の左右にある千木の形も、上に向って尖っている形をしているのが、男性を祀っている神社で、伏せた形をしているのが、女性を祀っている神社であることも教えていただきました。
こういったちょっとしたことを知っているだけで、これからいろんな神社へ伺う楽しみが増えますよね!
土井先生、本日は、ご教授いただきまして、誠にありがとうございました。





阿曽事務局長から許可をいただき、神社の鍵をアップで撮影させていただきました。
左右に龍の顔がデザインされていました。
こういった写真も、神社では、真正面からは撮るべきではないのだそうです。
真正面というのは、神様が通る道でもあり、お払いした悪い氣を返す通り道でもあるので、真正面は避けるのが常識とのこと。
知らなかった〜!今まで、真正面からバシバシ写真を撮っていました(汗)
今日は、本当に勉強になりました。

鳥居にも意味があるのだそうですが、それは、後日、阿曽事務局長から、教えていただけることになりました。
そちらも楽しみです。





荘内南洲会の3万冊以上が収蔵されている書庫も特別に見学させていただきました。
そこで、眞衣子さんが偶然に手にした本がこちらの『女大学』です!





嫁いだ嫁としての心得が書かれてあり、この偶然に、眞衣子さんと顔を見合わせて、思わず吹き出してしまいました。
3万冊分の1で、この本を眞衣子さんが手にして開くって、すごくないですか?





「この本を書かれた『菅原兵治』さんって、誰ですか?」と聞いたとたんに、いつも柔和な阿曽事務局長が険しい表情に一変しました。





「この方です!」と会館に飾られていた写真を見せて下さいました。
「この方は、どなたでしょうか?」と尋ねてみると、
「『荘内南洲会』の初代理事長です!」と教えていただき、ビックリ仰天でした!
私は、初代理事長は、長谷川信夫先生だとばかり思っていました!

眞衣子さんが、『女大学』の本を手にして下さらなかったら、私は、この過ちに気がつかずに過ごすところでした!
眞衣子さん、ありがとうございましたm(_ _)m





『女大学』の本で盛り上がっていたところに・・・な、なんと、完成したばかりのこちらの『徳の交わり』のマンガ本がどど〜んと納品されました!

『徳の交わり』について、大変わかりやすく、しかも、詳しく描かれている素晴らしいマンガ本でした!
感動で、思わず涙する場面がたくさんありました。
西郷先生と菅先生の「魂のふれあい」がよく伝わってきました。

「眞衣子さんと一緒に、『徳の交わり』像の前で写真を撮りたい!」という願いが、通じたかのようなタイミングで届いたこの『徳の交わり』のマンガ本にとても感激しました。

こちらのマンガ本に対してのお問合せは、『荘内南洲会』TEL0234-31-2364へどうぞ。



私は、最近、『シンクロニシティ』を常に感じています。
『シンクロニシティ』とは、イギリスのロックバンド『ポリス』の・・・というのはもといですねicon10icon10icon10
『シンクロニシティ』とは、現在の科学で説明するのは難しいのですが、様々な事象が同時並行的に、一定の方向へ向って連続的に起きること。
「意味ある偶然の一致」と『シンクロニシティ』を定義している人もいます。
(例えば、噂をしていたら、その人から偶然に電話がきたというようなこと)

今日も、『荘内南洲会』へお邪魔したとたんに、「お〜!ちょうどいいところに来た!」と言われましたが、『荘内南洲会』へお邪魔するたびに言われているような気がします(^^;

眞衣子さんとの出会いも、『シンクロニシティ』であると私は感じています。
素敵な出会いに感謝♪

そして、眞衣子さんと一緒に、また歴史のお勉強をさせていただいたおかげで、
「すべて先人のおかげ、みなさまのおかげです」と改めて感謝する気持ちになりました。
さあ、これからは、私が、世のため、人のために何をすべきか…実践していかなければならないことですね。


<今日の短歌>
平成の 徳の交わり ツーショット
  同い年だよ シンクロニシティ♪

※鹿児島市と鶴岡市は、昭和44年に兄弟都市条約を結びました。

  
↓ランキング参加中!『クリック』で応援をよろしくお願い致します。

人気ブログランキングへ 

にほんブログ村 地域生活(街) 東北ブログ 庄内情報へ
にほんブログ村

このエントリーをはてなブックマークに追加



同じカテゴリー(荘内南洲会)の記事画像
R 『名菓 ひよ子』ひよ子本舗吉野堂を草加市の方から頂戴いたしました♪
R エノカマさん来庄!本日最終日!『西郷隆盛と志士たち/本間美術館』&鮮魚の旨さに感動!『笑快晴』の巻♪
R 酒田空襲と土崎空襲!<荘内南洲会・教学の旅2018レポ5>秋田市『土崎みなと歴史伝承館』
R<荘内南洲会・教学の旅2018レポ4>寒風山・なまはげ館・入道崎・八望台・石川理紀之助資料館
R<荘内南洲会・教学の旅2018レポ3>秋田温泉『さとみ』グルメレポ&『ぬれ華まめ』
R<荘内南洲会・教学の旅2018レポ2>真田ゆかりの地をめぐる・秋田県由利本荘市『天鷺村、天鷺ワイン城、 妙慶寺』
同じカテゴリー(荘内南洲会)の記事
 R 『名菓 ひよ子』ひよ子本舗吉野堂を草加市の方から頂戴いたしました♪ (2018-10-30 23:56)
 R エノカマさん来庄!本日最終日!『西郷隆盛と志士たち/本間美術館』&鮮魚の旨さに感動!『笑快晴』の巻♪ (2018-09-25 23:57)
 R 酒田空襲と土崎空襲!<荘内南洲会・教学の旅2018レポ5>秋田市『土崎みなと歴史伝承館』 (2018-08-14 23:54)
 R<荘内南洲会・教学の旅2018レポ4>寒風山・なまはげ館・入道崎・八望台・石川理紀之助資料館 (2018-08-13 23:45)
 R<荘内南洲会・教学の旅2018レポ3>秋田温泉『さとみ』グルメレポ&『ぬれ華まめ』 (2018-08-12 23:44)
 R<荘内南洲会・教学の旅2018レポ2>真田ゆかりの地をめぐる・秋田県由利本荘市『天鷺村、天鷺ワイン城、 妙慶寺』 (2018-08-10 23:21)


この記事へのコメント
理子さん♡
昨日はまた最高のデートでした。
ありがとうございました。
あまりに濃密で盛り沢山な内容に、頭が整理出来ずにいましたが、理子さんのブログを読んで改めて振り返ることができ、皆さんの温かさを思い出しては朝から一人ニヤけております。
「平成の得の交わり」意味のあるシンクロニシティ。
有難いご縁に素敵な花を咲かせられますように。(#^.^#)
Posted by Maiko at 2014年06月11日 08:00
>Maikoさんへ
長時間のお付き合いを誠にありがとうございました。
九州と荘内の仲の良さを感じていただけたのであれば嬉しいです♪
3月に、Maikoさんのご主人がお一人で訪れていらっしゃったのには、驚きました。
今度は、お二人で訪問するときっと喜んでくださると思いますよ(^^)

「夢の花プロジェクト」は、見えない力で支えられているような気がします♪楽しみながら頑張りましょうね♡
Posted by RicoRico at 2014年06月12日 01:43
Ricoさん、こんにちは
AS旦那からお聞きして、お訪ねしました
先日の、不肖の流した話をきちんとお聞きくださっていて、感心しました
また、すこぶる素適な、 南洲神社を訪なう記となっており、嬉しかったです
荘内南洲会の諸先輩がたは、「西郷先生」とお呼びしていますが…
私は、「西郷さん」と親しみをこめて発します
一休さんやお大師さん、お伊勢さんの、日本人の最高敬語の「さん」付けであるのです
西郷さんの或る逸話から、庄内人とおなじ慎ましさをお持ちだと強く感じました
それゆえにこそ、郷土の先人方が師表と仰いだのだと思います
いまは亡き先代・小野寺理事長が云われてました
“荘内の先人たちが、
(西郷先生に)直接ききたいことは何だったのか…
(故郷に)遺したかったことは何だったのか…”
これを味読せよと仰りたかったのだと察します
つまり、庄内人が『南洲翁遺訓』を読むとき…
身近な郷土の先達がた(ご先祖)に心寄り添えるとゆー特典があるのです
>「すべて先人のおかげ、みなさまのおかげです」
… Ricoさんの言葉には、ヒジョーに尊いものを感じました

―『紙兎ロペ』で、いつもの如くアキラ先輩と屯しているコンビニで、キャンペーン中の看板にこーありました
「鹿児島だらけの南国飯!!
西郷丼&おい丼」
長崎美人のM女史との第二プロジェクトに如何でせうか♪
Posted by 土井せんせえ at 2014年06月12日 10:47
>土井先生へ
コメントをいただきまして、誠にありがとうございますm(_ _)m
先日は、ためになるお話しをたくさん教えていただきまして、感謝しています。
今度、改めて『神社の参拝の仕方』を写真入りでブログで紹介できたらいいなぁ〜と思っています。

「西郷さん」と表現したいという気持ちになるほど、私は、まだまだ「西郷先生」のことを理解していないのだということを土井先生との会話の中から感じました。
「西郷さんを演じれる俳優はいない!」が、とても衝撃的な言葉でした。どれだけ西郷先生はすごい方だったのかしら???
今度、土井先生の講話をお聞きしてみたいと思うのですが、人間学講座でいかがでしょうか?

先代の小野寺理事長のお人柄についても、全く知りませんので、また機会があったら、いろいろと教えて下さいm(_ _)m


ところで、『紙兎ロペ』って、初耳でした!そんなキャラクターがあったとは!
どちらのコンビニでしょうか?
「鹿児島だらけの南国飯!!
西郷丼&おい丼」が販売中なんですか?
庄内でも手に入るのであれば、食べてみたいです。

それにしても、土井先生の博学には、頭が下がりますm(_ _)m
Posted by RicoRico at 2014年06月13日 02:18
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。